手取り32万円の年収・額面は?4人家族では少ない?生活レベルは?

手取り32万の額面・年収は?

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

「手取り32万円の年収や額面はいくら?」

「手取り32万円で4人家族は養える?」

手取り32万円は、額面で約41万円必要です。50代男性の平均と同じくらいの手取り額ですが、生活レベルや家賃はどれくらいが適正なのか気になりますよね。

この記事では、手取り32万で働く人の年収や額面、生活レベル、家賃相場などを紹介します。また、住宅ローンの目安や収入を上げる方法なども記載しています。

手取り32万円以上を目指すならハイクラス求人が豊富な「ビズリーチ」や、手厚い転職サポートを受けられる「マイナビエージェント」には必ず登録しておきましょう。

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

手取り32万円の家賃相場は10.6万円

手取り32万円の家賃相場は10.6万円

手取り金額の33%が家賃相場

家賃の目安
34万円 112,000円
33万円 109,000円
32万円 106,000円
31万円 103,000円
30万円 100,000円

手取り32万円の家賃相場は10.6万円です。手取り額の33%が家賃相場と覚えておくと良いでしょう。手取りの33%を超えると食費や娯楽費を削ったり、貯金額が少なくなります。

家賃補助があるなら予算に上乗せできる

勤務先から家賃補助が支給されているなら、予算に上乗せして部屋を探せます。厚生労働省の「令和2年就労条件総合調査」によると、家賃補助の平均は1.78万円です。

ただし、家賃補助は企業の業績や都合によって打ち切られる可能性があります。家賃補助がなくなるリスクも踏まえて部屋を探すのがおすすめです。

地域別の家賃相場

エリア 1人暮らし (1K/1DK) 2人暮らし (1LDK/2K/2DK) 3・4人家族 (2LDK/3K/3DK)
東京23区 7~9万円 9~12万円 10~15万円
東京23区外 5~7万円 7~10万円 8~12万円
首都圏 (神奈川・埼玉・千葉) 5~7万円 6~9万円 7~10万円
主要都市 (大阪・名古屋・福岡) 4~6万円 6~8万円 7~10万円

参考:全国の家賃相場|SUUMO

家賃の予算を10.6万円で部屋を探した場合、1人暮らしなら東京23区内でも物件があります。東京23区外や近隣の県なら条件の良い物件を選べたり、生活費に余裕を持たせられます。

2人暮らし以上でも東京23区内に住めますが、築年数や住宅設備、駅までの距離などで妥協が必要です。

ホワイト企業に強い転職サービス
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【転職後の平均年収840万円】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP

手取り32万円の年収と額面

手取り32万円の年収と額面

手取り32万円でボーナスなしの年収は約494万円

手取り32万円でボーナスなしの年収は約494万円です。手取り32万円の額面は41.2万円なので、12ヶ月分で計算した494万円が年収になります。

手取り32万円でボーナスありの年収は582万円

手取り32万円でボーナス(1ヶ月分)が年2回ある場合の年収は約582万円です。

求人の年収がボーナス込みで記載されていた場合は、月収額面から手取り計算をすれば1ヶ月分の手取り額がわかります。

手取り32万円は額面で41.2万円必要

手取り32万円には額面41.2万円/月が必要
支給 控除
基本給 393,866円 健康保険 20,500円
住宅手当 17,800円 厚生年金 37,515円
雇用保険 2,470円
所得税 11,091円
住民税 20,050円
総支給額 411,666円 控除額合計 91,626円
月の手取り額
320,040円

参考:国税庁日本年金機構全国健康保険協会厚生労働省

手取り32万円を実現するには、額面(総支給額)で41.2万円必要です。基本給や各種手当などの総支給額から、所得税や住民税、社会保険料を引いた額が1ヶ月の手取りになります。

扶養家族の有無で税率が変わりますが、手取り額は額面のおよそ8割と覚えておくと簡単です。もし、手取り32万円以上を目指すなら転職エージェントの利用がおすすめです。

特に、ビズリーチは高年収の求人を多く保有しており、年収アップしたい求職者から人気があります。登録すると企業やヘッドハンターからのスカウトが届くので、登録してみましょう。

月収32万円なら手取りは25.2万円

月収が32万円の場合、手取り額は25.2万円になります。年収はボーナスの有無で変わりますが、ボーナスなしなら384万円、ボーナスが2ヶ月分なら448万円です。

手取り32万円は日本の平均月収よりも高い

平均月収 31.2万円
男性平均 34.2万円
女性平均 25.9万円

参考:令和4年賃金構造基本統計調査の概況|厚生労働省

手取り32万円は日本の平均月収よりも高いです。手取り32万円の月収は41.2万円なので、男性なら7.4万円、女性では15.7万円高い月収になります。

ホワイト企業に強い転職サービス
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【転職後の平均年収840万円】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP

手取り32万円は少ない?年齢・男女別の平均月収と比較

手取り32万は少ない?年齢・男女別の平均月収と比較

【年齢別】手取り32万円はどの年代でも平均以上

年齢 平均月給 手取り(×0.8)
~19歳 18.4万円 14.7万円
20~24歳 21.9万円 17.5万円
25~29歳 25.1万円 20.1万円
30~34歳 28.1万円 22.5万円
35~39歳 31.3万円 25.0万円
40~44歳 33.4万円 26.7万円
45~49歳 34.9万円 27.9万円
50~54歳 36.5万円 29.2万円
55~59歳 37.0万円 29.6万円
60~64歳 29.6万円 23.7万円
65~69歳 25.8万円 20.6万円
70歳~ 23.8万円 19.0万円
全年代 31.2万円 24.9万円

出典:令和4年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

手取り32万円(月収41.2万円)はどの年代でも平均以上の月収です。手取り32万円は少ないとは言えません。

20~30代で手取りが32万円なら金銭的には勝ち組と言ってもいいでしょう。55~59歳の平均月給よりも稼いでいます。

【男女別】手取り32万円は女性なら高収入

年齢 男性 女性 全体
~19歳 18.8万円 17.8万円 18.4万円
20~24歳 22.1万円 21.6万円 21.9万円
25~29歳 25.9万円 24.1万円 25.1万円
30~34歳 29.7万円 25.4万円 28.1万円
35~39歳 33.6万円 26.8万円 31.3万円
40~44歳 36.4万円 27.6万円 33.4万円
45~49歳 38.8万円 27.9万円 34.9万円
50~54歳 41.1万円 27.9万円 36.5万円
55~59歳 41.7万円 28.0万円 37.0万円
60~64歳 32.2万円 23.7万円 29.6万円
65~69歳 27.5万円 21.6万円 25.8万円
70歳~ 24.6万円 21.8万円 23.8万円
全年代 34.2万円 25.9万円 31.2万円

出典:令和4年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

手取り32万円(月収41.2万円)は女性なら高収入です。最も高い平均月給が28万円なので13.6万円も多く稼いでいます

男性は55~59歳と同じ平均月給を稼いでいます。20~30代の男性なら高収入と言って良いでしょう。

【平均年収との比較】手取り32万円は日本全体の平均年収を上回る

年収額
日本全体の年収 458万円
手取り32万円
(ボーナスなし)
494万円
手取り32万円
(ボーナスあり)
582.4万円

出典:給与実態統計調査結果|平均給与|国税庁

国税庁が発表している給与実態統計調査結果によると、日本の平均年収は458万円です。手取り32万円なら日本全体の平均を上回る年収を稼げています

手取り32万の生活レベルと貯金額

【独身・実家暮らし】手取り32万円は15万円ほど貯金できる

出費 金額 備考
家賃 65,000円 実家への生活費
水道光熱費 0円
食費 35,000円 外食費等
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 50,000円
雑費 5,000円
貯金 151,000円

手取り32万円で独身の実家暮らしなら、15万円貯金できるほどの余裕があります。実家への生活費で6.5万円を入れても生活に困ることはありません。

実家暮らしなら外食や趣味への出費を惜しまずに、結婚や老後に向けての貯蓄が可能です。

また、実家暮らしの場合、貯金は手取りの40%以上がおすすめです。手取り32万円の40%は12.8万円なので、節約を気にせず貯金ができます。

【独身・1人暮らし】手取り32万円は趣味を楽しみながら貯金ができる

出費 金額 備考
家賃 100,000円
水道光熱費 10,000円
食費 45,000円 1日1,500円計算
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 60,000円
雑費 6,000円
貯金 95,000円

手取り32万円で独身の一人暮らしなら、趣味を楽しみながら貯金ができます。家賃が10万円の部屋に住み、趣味で6万円使っても9.5万円貯金ができます

家賃や趣味の消費を抑えれば毎月10万円以上の貯金も可能です。結婚や出産、急な病気・怪我などに備えるなら、余裕があるときに貯めておくのがおすすめです。

【夫婦・カップル】手取り32万円は東京23区内や首都圏の広い部屋に住める

出費 金額 備考
家賃 100,000円
水道光熱費 15,000円
食費 75,000円 1日2,500円計算
携帯代含む通信費 16,000円 家族割加入
交通費 8,000円
趣味含む娯楽費 30,000円
雑費 10,000円
貯金 66,000円

手取り32万円で夫婦やカップルの二人暮らしなら、東京23区内や首都圏の広い部屋に住めます。家賃を10万円までに抑えておけば、娯楽に多少使っても貯金に回せるお金が残せます。

共働きの場合なら、生活のレベルを上げたりパートナーの収入を全て貯金に回すこともできます。

【家族3人(子供1人)】手取り32万円なら3人家族を養える

出費 金額 備考
家賃 120,000円
水道光熱費 20,000円
食費 75,000円 1日2,500円計算
携帯代含む通信費 16,000円 家族割加入
交通費 8,000円
養育費 20,000円
保険代 15,000円
雑費 15,000円
貯金 31,000円

手取り32万円なら家族3人を養えます。貯金が3.1万円になっていますが、家賃や食費などを節約すればもう少し貯蓄に回せます

子供にかかるお金は年々増えていきます。貯金を増やすために、共働きや家族手当が手厚い企業へ転職するなどを視野に入れておくのがおすすめです。

【家族4人】手取り32万円は4人家族だと貯金が難しくなる

出費 金額 備考
家賃 120,000円
水道光熱費 20,000円
食費 90,000円 1日3,000円計算
携帯代含む通信費 16,000円 家族割加入
交通費 8,000円
養育費 4,000円
保険代 15,000円
雑費 15,000円
貯金 16,000円

手取り32万円は4人家族を養えますが、貯金が難しくなります。節約をしても余裕がある生活とは言えないので、収入を増やす方向で将来を考えるべきです。

共働きをするのが現実的ですが、基本給が高い会社や、家賃補助や家族手当などの福利厚生が整っている会社への転職がおすすめです。

手取り32万円で組める住宅ローンはいくら?

手取り32万円で組める住宅ローンはいくら?

手取り32万円で住宅ローンを組む場合、3,500万円前後が妥当な金額です。住宅ローンの返済額を家賃の目安と同額の10万円、返済期間を35年で計算した場合、金利1%の借入可能額は3,542万円でした。

また、フラット35の試算では、年収580万円で借り入れられる最高限度額は約6,000万円でした。しかし、収入の半分以上をローンの支払いに費やすのでおすすめしません。

将来の貯蓄や子どもの教育費などを考慮し、無理のない範囲で住宅ローンを組みましょう。

手取り32万円で購入できる車の予算は?

手取り32万円で購入できる車の予算は?

手取り32万円で車を購入する場合、予算は250~290万円がおすすめです。年収の半分が無理なく購入できるとされている目安のためです。

手取り32万円の年収はボーナスなしで449.2万円、ボーナスありでは582.4万円なので半分を予算の目安にしました。

ただ、車の購入後は保険料や車検代、ガソリン代など多くの維持費がかかります。ローンを組む場合は利息も発生するので、今後の生活に支障が出ないか計算しておきましょう。

手取り32万円に近い給与帯の月収・年収目安

手取り32万円に近い給与帯の月収・年収目安を一覧でまとめました。東京都在住、ボーナスなし、扶養家族なしでシミュレーションしてあります。

それぞれの手取りをタップ(クリック)すると、対応する解説記事に移動できます。

月収 年収
手取り27万円 34.3万円 412万円
手取り28万円 35.7万円 429万円
手取り29万円 37.2万円 446万円
手取り30万円 38.4万円 461万円
手取り31万円 40.0万円 480万円
手取り32万円 41.1万円 494万円
手取り33万円 42.8万円 514万円
手取り34万円 44.0万円 528万円
手取り35万円 45.5万円 547万円
手取り36万円 46.8万円 562万円
手取り37万円 48.0万円 576万円
手取り38万円 49.5万円 595万円
手取り39万円 50.8万円 610万円

※実際の月収・年収は、手当の支給額や扶養家族の人数などによって異なります。あくまで参考程度に留めてください。

手取り32万円を上げる方法

収入のあげ方

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

手取りを上げたいなら、昇進・昇格を狙うのが現実的です。積極的に成果を上げて会社からの評価を得れば、昇進・昇格で手取りを上げられます。

注意点として、給与テーブル・昇給・昇格の基準は確認しておきましょう。給与テーブルによっては、目指す収入に届かないこともありますし、昇格基準が曖昧だと、努力したのに昇格に繋がらない場合もあります。

何を達成したら昇格、昇給後の給料はいくら、などを上司に確認すべきです。また、会社の給与形態が年功序列で、自身の努力で給与を上げられない場合は転職を考えても良いでしょう。

資格やスキルを習得する

資格やスキルの習得で手取りを増やせる場合があります。資格やスキルは昇進・昇格の武器になりますし、会社によっては資格手当で数千円から数万円の手当が付くこともあります。

またスキルによっては、副業・起業や転職にも活かせます。英語や中国語などの語学は汎用的に使えますし、簿記などの資格も社会人として持っていて損はありません。

2.副業を行う

副業を行うのも1つの手です。フリーランスのサイトなどで、副業を行いやすい社会になってはいますが、副業が許されている会社であることと、副業できる時間が確保できることが必須になってきます。

副業にも種類があるので、体に負担がかからないかつ、収入が高い副業をみつけましょう。しかし、副業ができる前提の話なので、副業が許されていない、時間が確保できない場合は、昇進昇格を目指すのが良いでしょう。

副業ができるなら、現在の仕事につながる仕事や、フリーランス・起業・転職につながる副業がおすすめです。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業・フリーランスとして働く

起業やフリーランスとして働く方法も、手取りを増やす方法です。特に起業は成功すれば大幅な収入アップも望めますが、その分初期費用がかかったり成功率も低いなどリスクが大きいです。

また、フリーランスとして稼ぐにも仕事の依頼が来ない事には始まらないので、自分を売り込むためのスキルアップは必要になります。

起業・フリーランスを考えているなら、まず副業としてビジネスを始め、見通しがついてから独立する選択肢を検討しましょう

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資をして収入を増やす方法もあります。最近では、ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクや、すぐに大きな収入にならないという欠点はありますが、手間をかけずに収入を増やせる可能性が高いので、余裕資産は投資に回すことをおすすめします。

手取り32万の場合、多額の投資資金を用意するのは難しいので、将来のための資産運用として小額から始めてみましょう。投資信託であれば、数千円から始められるものもあります。

5.転職する

手取りを上げるなら、給料が高い会社に転職することが最も現実的です。もちろん現職で給与が上がる見込みがあれば、転職するリスクをとらない方が懸命かもしれませんが、大幅に給与が上がる可能性は低いです。

もし給与が上がる見込みがなかったり、上がったとしても微々たるものであれば、早めに行動した方が良いでしょう。ただし、その際にはリスクを抑えるため、在職中に転職活動を行うのをおすすめします

まずはビズリーチに登録し、自分が市場でどれぐらいの価値があるのかを確認しましょう。市場価値を知ってからの方が効率的に転職活動を進められ、年収アップのチャンスも増えます。

ホワイト企業に強い転職サービス
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【転職後の平均年収840万円】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP

手取り32万におすすめの節税対策

【おすすめ節税対策】ふるさと納税を活用する

節税対策として「ふるさと納税」がおすすめです。ふるさと納税とはお好きな自治体に寄付をすることで、所得税の還付や返礼品がもらえる制度です。

実質自己負担額2,000円を差し引いた納税額が控除されます。また、ふるさと納税の上限額は年収によって定められており、家族構成によっても変わってきます。詳しくは各ポータルサイトで確認してください。

【おすすめ節税対策】iDeCoやNISAで資産運用をする

iDeCoやNISAといった、非課税の投資制度を利用することで、資産形成をしながら節税対策も行えます。iDeCoは掛金が全額所得控除になり、運用益が非課税です。ただし、原則60歳までは引き出せません。

つみたてNISAは運用益と分配金が非課税となります。通常の投資信託では約20%の税金がかかるので、投資によって資産形成を考えているなら利用してみましょう。

非課税の投資制度以外でも、資産形成を収入アップのために覚えることはおすすめです。最近ではロボアドバイザーのように半自動で資産形成してくれるアプリもあるので、初心者の方でも簡単に投資をすることができます

手取り32万円がきつい場合の節約術

手取りが32万円あっても、都心で暮らしていると、思ったよりも生活費がかかってしまう場合があります。お金に余裕がない人は、以下のような方法でライフスタイルを改善するのがおすすめです。

出費の管理を行う【家計簿アプリを活用】

節約を始めるなら、まずは出費を管理することから始めましょう。無駄な出費を把握すれば、節約の見通しが立てやすくなります。「マネーフォワード ME」のような家計簿アプリを活用するのがおすすめです。

出費に意識を向けることで、必要のない日用品の購入や外食など、普段気にしていなかった無駄遣いを減らせます。また、通信費や保険料、サブスクなどの固定費で必要以上の支払いがある項目にも気づきやすいです。

「マネーフォワード ME」には、クレジットカードや口座と連携して支出を管理できる機能があります。自動で収支が記録されるため、家計管理が簡単にできます。

▶「マネーフォワード ME」のアプリはこちら

キャッシュレス決済でポイントを貯める

キャッシュレス決済を使うことで、支払金額の0.5~1%がポイントとして還元されます。貯まったポイントは、1円分として他の買い物に利用できるため、現金で支払うよりも断然お得です。

また、電子マネー決済はクレジットカードと紐づけることで、1回の支払いで得られるポイントを多くできます。電子マネーの決済時だけでなく、クレジットカードからチャージするタイミングでもポイント還元されるためです。

中でもおすすめなのは、楽天ペイやd払いです。楽天ペイは還元率が1%と高く、カードとの併用で最大1.5%分のポイントが付与されます。d払いはクレカやポイントカードの併用で、最大3.5%分のポイント還元があります。

クーポンアプリを使い倒す

クーポンアプリを使うことで、買い物や食事などの際に割引や特典サービスが受けられます。1回あたりの割引率や値引き額は少ないですが、毎日利用すれば大きな節約につながります。

クーポンアプリは、ダウンロードするだけですぐに利用できる手軽さが魅力です。また、ポイント機能があるクーポンアプリを使えば、よりお得に買い物を楽しめます。

節約したい人は、無料でダウンロードできるクーポンアプリがおすすめです。有料のクーポンアプリの場合は、お店の利用頻度や割引率を加味して利用すべきかを検討しましょう。

食費を節約するために自炊

外食の多い人は、自炊をすることで食費を節約できます。「イエプラコラム」の調査によると、自炊中心の人の1ヶ月の食費は3万円でした。外食中心の人の食費は5.5万円です。自炊で2.5万円の節約が期待できます。

自炊で節約する際には、毎月の食費をあらかじめ決めておくことが重要です。予算を決めておくことで、不必要な食材の購入を避けられます。節約のための自炊なのに、贅沢をしてしまっては意味がありません。

また、スーパーのセールを上手く使うのもおすすめです。セール日に食材をまとめて購入して冷凍しておけば、いっそう食費を抑えられます。

格安SIMなどで通信費を安くする

大手キャリアのスマホを契約している場合、格安SIMに乗り換えることで毎月4,000円以上の節約が見込めます。

総務省の実施した家計調査によると、単身世帯の通信費の平均は6,610円、総世帯では10,133円です。格安SIMの平均月額は約2,000円と言われており、通信費の大幅な削減が期待できます。

ガス代・電気代はセット割などを検討

ガス会社の提供している新電力を利用することで、ガス代・電気代のセット割を受けられる場合があります。例えば、東京ガスは、同社の提供している「東京ガスのでんき」とあわせて使えば、0.5%の割引を受けられます。

ガス代・電気代は、様々な事業者で取り扱えるよう自由化が進んでおり、従来のプランを見直すことで固定費の削減が可能です。

総務省の実施した家計調査によると、単身世帯のガス代・電気代の平均は10,085円、総世帯では14,749円です。毎月の支払額が平均よりも多いのであれば、一度料金プランを見直してみましょう。

保険は見直すだけで割安にできる

保険に加入している場合、プランを見直すだけで固定費の削減が期待できます。保障プランは年々新しくなっており、従来のサービスよりも保険料の支払額を安く抑えられるケースが多いです。

固定費の削減では、必要性が低い保険を解約することも1つの方法です。例えば、独身の場合、死亡保険に加入する優先度は低いです。また、若いうちは長期入院のリスクが低いため、医療保険に加入するメリットは少ないと言えます。

プランによっては、契約の自動更新で、気付かないうちに保険料が上がっていることも考えられます。保険に加入して何年も経過しているなら、プランの種類や保障内容を見直す機会を設けましょう。

まとめ

手取り32万円は日本の平均年収からすると高収入です。生活レベルは1人や2人暮らしなら余裕がありますが、4人家族になると貯金が難しくなります。

もし、手取り32万円で生活が厳しいなら、年収アップを目指しましょう。基本的には昇給・昇格を狙うべきですが、年収アップが見込めないなら高収入の企業への転職がおすすめです。

ビズリーチは600万円以上の求人を多く保有しているので、手取り32万円以上の年収アップが望めます。

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収200万 年収250万 年収300万 年収350万
年収400万 年収450万 年収500万 年収550万
年収600万 年収650万 年収700万 年収750万
年収800万 年収850万 年収900万 年収950万
年収1000万 年収1100万 年収1200万 年収1300万
年収1400万 年収1500万 年収1600万 年収1700万
年収1800万 年収1900万 年収2000万 年収2500万
年収3000万
女性の年収別の関連記事
年収300万
(女性)
年収400万
(女性)
年収500万
(女性)
年収600万
(女性)
年収700万
(女性)
手取り別の関連記事
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万 手取り20万
手取り21万 手取り22万 手取り23万 手取り24万
手取り25万 手取り26万 手取り27万 手取り28万
手取り29万 手取り30万 手取り31万 手取り32万
手取り33万 手取り35万 手取り36万 手取り40万
手取り45万 手取り50万 手取り60万
月収別の関連記事
月収14万 月収15万 月収16万 月収17万
月収18万 月収19万 月収20万 月収21万
月収22万 月収23万 月収24万 月収25万
月収26万 月収27万 月収28万 月収29万
月収30万 月収31万 月収32万 月収33万
月収34万 月収35万 月収36万 月収37万
月収38万 月収39万 月収40万 月収41万
月収42万 月収43万 月収44万 月収45万
月収50万 月収55万 月収60万 月収70万
月収80万 月収90万 月収100万 月収150万
年齢別の平均年収の関連記事
22歳の年収 23歳の年収 24歳の年収 25歳の年収
26歳の年収 27歳の年収 28歳の年収 29歳の年収
30歳の年収 31歳の年収 32歳の年収 33歳の年収
34歳の年収 35歳の年収 36歳の年収 37歳の年収
38歳の年収 39歳の年収 40歳の年収 42歳の年収
43歳の年収 45歳の年収 46歳の年収 47歳の年収
50歳の年収

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事