29歳の平均年収や中央値は?男性・女性別の平均や手取りアップの方法を解説

29歳平均年収

「29歳の平均年収はいくら?」

「東京や男性・女性別の平均を知りたい」

29歳は20代最後の年齢で、結婚して家族を持つ人も多い年齢です。働き盛りの年齢ですが、家族や将来を考えると世間の29歳の年収や、自分の年収は周りと比べて高いのか安いのか気になりますよね。

この記事では、29歳の平均年収や手取り額について紹介しています。中央値や男性・女性別、東京と地方の29歳平均年収に関しても掲載しているので、自身の年収を考える参考にしてください。

高収入が狙える転職サービス3選
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える

リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト

  • 【ハイクラス向け転職サービス】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・転職決定年収が平均900万円以上
  • ・ヘッドハンターが3,000名以上在籍
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

29歳の平均年収は約420万円

29歳の平均年収一覧

※特に記載がなければデータは全て厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査を基に当サイトで推計

29歳の平均年収は約420万円です。厚労省のデータを基にした当サイトの推計で、ボーナスや残業代などを含んでいます。

ビズリーチでスカウトを受け取ったり、dodaミイダスなどの年収査定を受けたりすれば、自身の市場価値も分かります。平均年収や現在の年収、市場価値を比較して、転職すべきかなどの参考にしましょう。

サービスは無料で利用でき、いつでも退会自由、転職を強要されることもないので登録して損はありません。年収の目安を知ることで、転職活動を効率的に進められるのはもちろん、現職での仕事や給与交渉にも使えるでしょう。

29歳の手取り平均年収は330万円

29歳の平均年収は手取りだと約330万円です。年齢や扶養者の数によって、多少の増減はありますが、税金や保険料で90万円ほど引かれます。詳しい計算は省きますが、年収の0.8掛けでおおよその手取りは計算できます

29歳の年収中央値は411万円

年収(賞与除く) 約342.4万円
平均賞与額 約68.6万円
約401万円

※年収中央値は標準労働者のデータを利用し推計

29歳の年収中央値は411万円と、平均年収よりやや低い程度で、あまり差はありません。また、賞与を除いた年収中央値は約335万円です。

なお、賞与額に関しては中央値のデータがなく平均額で代用していますが、賞与除く年収の差は少なく、実際の中央値と大きな乖離はないと考えられます。

【平均値と中央値の違い】
・平均値:対象者の年収計を対象者数で割ったもの
・中央値:年収を順に並べた際に、ちょうど順番が真ん中になる値

29歳の平均月収は約29万円|手取り約23~24万

29歳の平均月収は約29万円で、手取りでは約23~24万円になります。ボーナスを均して考えれば、月約35万円、手取りでは27~28万円で、1人暮らしやカップルなら余裕ある生活を送れます。

ただし、計画的にボーナスを貯めていても都区部での子育ては苦しい生活になり、子供が複数人いる場合は貯金できる余裕が少なくなります。

節約だけでなく、家賃の安い地域への引越しや共働き、場合によっては転職を検討すべきでしょう。仕事にもよりますが、転職するだけで年収が数十万上がることもあり、生活を楽にするには手早く堅実な方法です。

【条件別】29歳の平均年収一覧

【条件別】29歳の平均年収

条件別目次
▼男女別 ▼学歴別 ▼雇用形態別
▼企業規模別 ▼業界別 ▼東京と全国の差

【男女別】29歳の平均年収

男性 約443万円
女性 約383万円

29歳男性の平均年収は443万円

29歳男性の平均年収は443万円で、月当たりでは約31万+ボーナスです。1人の収入で、パートナーや子供を養っていくのも可能ですが、余裕のある生活は難しいです。

29歳女性の平均年収は383万円

29歳女性の平均年収は383万円と、男性と比べて15%ほど低いです。理由として「女性の非正規率の高さ」や「勤続年数の短さ」があり、年齢が上がると差は更に広がります。

正規雇用と非正規では賃金格差が大きく、また勤務年数が短いと昇給しにくいです。結婚や子育てなどで、正規雇用率や勤続年数が低い・短い人が多い女性は、平均が低く出ています

【学歴別】29歳の平均年収

学歴 一般労働者全体
院卒 約506万円
(男:513万円、女:472万円)
大卒 約456万円
(男:473万円、女:425万円)
高専/短大卒 約399万円
(男:447万円、女:369万円)
専門卒 約386万円
(男:393万円、女:372万円)
高卒 約380万円
(男:410万円、女:310万円)
中卒 約358万円
(男:384万円、女:288万円)

29歳の平均年収は、学歴別で大きな差があり、院卒と中卒では約150万円、月12~13万円ほどの差があります。特に高専・短大までの差と大卒以上の差は大きく、大卒以上の方が平均以上の収入を得られる可能性は高そうです。

ただし、大卒・院卒以外でも、大卒以上の年収を稼ぐことは十分に可能です。プログラミングなどの専門スキルを身に付ければ、スキル次第で大卒以上の高年収を狙えます。

ワークポートウズウズは、プログラミングスクール併設の転職エージェントで、スキルを身に付けて転職するにはおすすめです。受講や転職サービスは全て無料なので、興味があれば一度相談してみるのを勧めます。

【雇用形態別】29歳の平均年収

正規 約434万円
非正規 約298万円

29歳の雇用形態別の平均年収は、正規雇用では約434万円、非正規では約298万円と30%近い差があります。非正規では、ボーナスなしの場合も多く、年数を重ねても給与が上がりにくいため平均給与が低いです。

また、非正規の場合は福利厚生も乏しく、実際に使える額は年収以上に差があります。現在非正規で収入アップを狙うのなら、正社員を目指して転職すべきです。

就職Shopウズウズなど、非正規のサポートに強い転職エージェントに、早めに相談しましょう。非正規向けの転職エージェントは、サービスを20代に限定していることが多く、29歳の場合は悩む前に話だけでも聞くべきです。

【企業規模別】29歳の平均年収​

大企業 468万円
中企業 410万円
小企業 362万円

※大企業は従業員1,000人以上、中企業は従業員100~999人、小企業は従業員10~99人で分類

企業規模別の29歳平均年収を見ると、大企業が468万円、中企業は410万円、小企業では362万円となっています。

企業規模によって年収が大きく異なり、大企業と小企業では100万円以上、月当たりでは約9万円の差があります。転職時でも、成長業界の大企業への転職を目指すことで、より高い年収や生涯賃金を狙えます

29歳ならポテンシャル採用として、未経験者を受け入れている大企業は多くあり、中小から大企業への転職チャンスは豊富です。ビズリーチなどのサービスを利用して、どんな企業を狙えるのか調べてみましょう。

【業界別】29歳の平均年収​ランキング

電気・ガス・水道 501万円
金融 494万円
学術研究
専門サービス
469万円
建設 466万円
IT・情報通信業 465万円
不動産 451万円
運輸・郵便 421万円
小売・卸売り 416万円
メーカー(製造業) 415万円
メディカル 413万円
宿泊・飲食 340万円
サービス 336万円

29歳の平均年収は、業界ごとに大きく異なり、業界別では特に「宿泊・飲食」と「サービス」業界の賃金水準の低さが目立ちます。

トップの「電気・ガス・水道」と比べると、150万円以上の開きがあり、同程度だった大卒初任給から大きな差になっています。給与の低い業界は、将来的にもあまり高給は望めないため、年収アップには転職がおすすめです。

同じ職種でも業界が異なれば給与も変わるため、別業界の営業や経理など、職種は変えずに業界だけ変える転職方法が、年収アップには効率的です。

【東京と全国の差】29歳の平均年収​

東京 約455万円
北海道 約381万円
大阪 約439万円
愛知 約445万円
福岡 約407万円
全国 約420万円

29歳の平均年収を東京とその他の地域で見ると、東京都内の平均年収が最も高く455万円でした。また、全国でも大阪や愛知などの大都市圏は、全国の平均を上回る年収となっています。

人口の集中している大都市地域の方が、平均年収が高い傾向にあり、家賃の差などはありますが、収入だけを考えれば、東京や大阪などへの転職を考えるべきです。

東京都内の平均年収が高い理由

給与水準の高い大企業や外資系企業は大都市、特に首都東京に集中するため、東京の平均年収が高くなります。人口や経済規模が大きい地域で活動できる分、企業の給与水準も上がります。

29歳の年収アップにおすすめの方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収アップを目指すなら、昇進・昇格を狙うのが1番現実的で一般的です。零細企業でなければ、仕事で実績を出して昇進・昇格すれば、平均以上の収入は得られるはずです。

給与について曖昧なことが多い日本で、昇給を目指すなら、上司と目標の共有を行い、昇進・昇格や給与の基準を確認・約束すべきです。具体的な達成すべき目標を定め、年収アップを目指しましょう。

ただし年功序列など、すぐの昇給や自身の努力で給与アップを望めない場合は、転職も考えましょう。年功序列が悪というわけではありませんが、若いうちに稼ぎたいという人には、不向きなシステムです。

資格やスキルを習得する

資格や語学などのスキル習得は、資格手当の受給が見込め、副業・起業や転職にも活かせるためおすすめです。英語や中国語などの語学は汎用的に使えますし、簿記などの資格も社会人として身に付けておいて損はありません。

働きながらの資格取得は大変ですが、ユーキャンなら通学不要で、手軽に資格の勉強ができます。仕事と勉強を両立する向上心は、現職だけでなく転職活動でも評価されるでしょう。

2.副業を行う

副業も手取りを増やせる手段です。クラウドワークスやランサーズなど仕事を得る手段も増えており、フリマサイトやブログ、noteなどで稼ぐ方法もあります。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもならないため、スキルの身につく仕事や活かせる副業をしましょう。

自身の価値を上げるには、現職につながる仕事や、将来的にフリーランス、起業・転職も見込める副業を選ぶ必要があります。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業やフリーランスも、手取りを増やす方法の1つとして考えられます。上手くいけば大幅な収入アップも望めますが、その分リスクも大きいです。

起業の場合、余程小さいビジネスでなければ、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながら成功を目指すのは困難です。また、兼業できるようなビジネスでは、手取りを増やせるようなものでもないでしょう。

本格的な起業は、サラリーマンの収入アップとは別の話になります。フリーランスの場合も含めてですが、まずは副業としてビジネスを始めて、見通しがついてから独立する選択肢を検討しましょう。

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資で収入を増やす方法もあります。ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクがあり、大幅に収入が増えるものでもありませんが、年収400~450万円程度が目標なら補助的な収入としておすすめです。ただし、家族持ちだと投資できる額も限られるため、独身に限りおすすめできます。

所帯持ちの場合は、投資などを考える前に、昇進や転職などで目の前の収入を増やすべきです。日々の生活に余裕ができてから、余裕資金で投資を行いましょう。

5.転職する

転職は手堅く、スピーディに手取りを増やせる方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、給与水準が変わります。29歳なら経験を活かした転職も、ポテンシャル採用も両方狙えるため転職におすすめの年齢です。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、見込みが薄い・昇給額が低い場合は、経験ある職種で給与水準の高い業界に転職するのが効率的です。

また未経験採用でも歓迎される年齢なので、早めに成長産業や平均年収の高い業界に転職するのも、トータルの収入を増やす手です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを活用しましょう。

29歳の転職で知っておくべきこと

29歳の転職で知っておくべきこと

29歳は転職で有利

29歳は20代として転職が可能で、求人も豊富なため、転職で有利です。社会人経験も積み、ビジネスマンとして1人で活躍できるスキルや経験があります。

また、若ければ新しい環境に適応する柔軟性があると企業は考えており、長く働けるということも併せて、企業から歓迎されます。

未経験転職も歓迎される

29歳なら未経験の転職でも歓迎されます。第二新卒ほどではないですが、20代なら未経験でも積極的に採用している企業は十分多いです。

「他に興味のある仕事がある」「今の業務が自分に向いていない」などと感じている人は、29歳なら新しい業職種に飛び込んでみましょう。

自身の市場価値を把握

29歳で転職を考えた際は、まずは自身の市場価値を把握しましょう。目標とすべき年収や必要な経験・スキルを認識すれば、転職に向けて現職での働きぶりを変えて、転職を有利に進めることもできます。

未経験転職であっても、周りの転職者を確認して、自身のポテンシャルがどの程度評価されるのか確認しておけば、求人を探しやすくなり、企業との年収交渉にも使えます。

市場価値については、ビズリーチなどで受け取るスカウトや、ミイダスdodaの年収診断ツールが便利です。自分が転職市場でどれほど評価されるのかを把握して、効率的に転職活動を進めましょう。

年収アップなら経験のある仕事に転職

年収アップ業界・職種

出典:doda

年収アップを第一に希望するなら、今までの経験やノウハウを活かした転職をすべきです。dodaの調べでも、転職で年収アップに成功した人で、最も多かったのは異業界・同職種の転職者でした。

例えば、営業経験が長くあるなら、別業界、例えば平均年収の高いIT業界で営業職を勤めるだけで年収が上がりやすいです。同じように管理職の経験があれば、成長産業に転職することで年収を上げやすいです。

過去培った経験を活かすことで、転職による年収アップ確率を上げられます。同じ仕事でも、業界や企業規模が変わるだけで、大きく年収が変わります。ビスリーチを使って自身の市場価値を調べてみましょう。

大手企業や成長業界は年収アップを狙いやすい

同じ仕事でも、給与は業界や企業の規模によって大きく異なります。年収アップが転職の一番の目的なら、より大手の企業や給与水準の高い業界へ、経験のある仕事で転職するのが効率的です。

転職エージェントを利用

転職を考えたら、転職エージェントには必ず登録しましょう。利用は最後まで無料で、求人の紹介だけでなく、スキルや経験の棚卸やキャリア戦略の立案、書類・面接対策など手厚いサポートを受けられます。

面接のフィードバックや企業との給与交渉なども行ってくれるため、転職成功のためには利用しないのは損です。

非公開求人に応募可能

転職エージェントを利用すれば、一般には公開されていない求人にも出会えます。非公開求人は一般的に質が良く、優良企業も多いです。

転職エージェントを使うことで、思ってもみなかった好求人を見つけられる可能性があります。

29歳におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

75,966件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

ビズリーチ公式サイト

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

205,910件

非公開求人数

評価4

259,676件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

マイナビエージェント公式サイト

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

29歳の年収事情で気になるQ&A

公務員の29歳平均年収は?

29歳の公務員の平均年収は390万円+残業代や各種手当と推計できます。特別高くはありませんが、公務員は豊富な各種手当が魅力です。また、国家公務員と地方公務員で差はほとんどありません。

※参考:総務省| 令和3年地方公務員給与実態調査結果等の概要人事院|令和3年国家公務員給与等実態調査

29歳で年収600万以上の割合は?

年収600万を月収40万以上の人と想定すると、29歳で年収600万円以上の割合は2%程です。厚労省の調査では、25~29歳で月の賃金が40万以上の人は1.9%なので、29歳に限定すると割合はやや増えると考えられます。

また、男女別の割合では、男性で2.4%、女性の場合は1.4%の人が年600万円(月収40万)以上の収入を得ています。

※参考:厚労省|令和元年賃金構造基本統計調査

29歳で年収1,000万は稼げる?

難易度は高いですが、稼げます。外資系エリート企業やインセンティブ比率の高い営業職なら、29歳でも年収1,000万は十分狙えます。

▶年収1,000万円を稼げる職業一覧

29歳での転職は遅い?

遅くありません。dodaの調査では、転職者の平均年齢は30歳を超えており、29歳は十分若いです。未経験やスキルなしでも、大手企業に転職できるチャンスのある年齢で、現状に不満があるなら積極的に転職を考えるべきです。

まとめ

29歳の平均年収は420万円で、手取りだと330万円です。ただし平均年収は性別や学歴、地域などによって異なり、平均が500万円を超える場合もあります。

「今の年収に不満」「自分はもっと稼げるはず」などと感じている場合は、転職を考えてみましょう。29歳は転職に有利な年齢で、20代の内に早めに行動することで、生涯年収的にも大きく稼げる可能性が高いです。

転職を考えたら、まずビズリーチに登録して自身の市場価値を把握しつつ、リクルートエージェントなどのサービスを併用しましょう。年収目安を知り、手厚い無料サポートを受けることで、効率的に転職成功に近づけます。

年代別の関連記事(20代)
22歳の転職 23歳の転職 24歳の転職 25歳の転職
26歳の転職 27歳の転職 28歳の転職 29歳の転職
年齢別の平均年収(20代)
22歳の年収 23歳の年収 25歳の年収 26歳の年収
27歳の年収 28歳の年収 29歳の年収
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス