手取り50万の年収と仕事!家賃や貯金額など生活レベルを調査

手取り50万の年収と仕事

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

「手取り50万円って本当に可能なの?」

「手取り50万円にはいくら額面が必要? 」

手取り50万円を手に入れるためには、月の総支給額が約68万円必要です。月給68万円は簡単に稼げる額面ではなく、厚生労働省の賃金構造基本統計調査(令和4年)によると、40代過ぎでも平均月給は約37万円です。

当記事では、手取り50万円以上を達成している職業や仕事内容、貯金や家賃、どんなところに住んでいるかなどの生活レベルの調査結果を記載しています。

手取り50万円を目指せる仕事と就き方についても、徹底的に解説しています。ビズリーチを使った高収入を狙う転職方法など、具体的な解決策も提示しているので、キャリアプランの参考にしてください。

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

手取り50万円は額面でいくら?

手取り50万円は額面で67万円以上の給与

手取り50万円には額面67.8万円/月が必要
支給額 677,500
所得税 40,475
住民税 38,883
社会保険料 97,540
手取り 500,601

参考:国税庁日本年金機構全国健康保険協会厚生労働省

手取り50万円以上欲しい場合は、額面で67万円以上が必要です。所得税や住民税、社会保険料を月の総支給額から引いた額が、手取りになります。

扶養家族や昨年度年収などによって税率が変わりますが、手取り50万円を目指すなら、月収67万円以上は目指すべきだと覚えましょう。ざっくり手取り額を知りたい場合は、総支給額のおおよそ8割(0.8掛け)で計算できます。

▼給与明細から学ぶ手取り額の計算方法(タップ)

手取り額の計算方法【総支給額-控除額=手取り額】

手取り50万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 667,500円 健康保険 34,000円
住宅手当 10,000円 厚生年金 59,475円
雇用保険 4,065円
所得税 40,475円
住民税 38,883円
総支給額 677,500円 控除額合計 176,898円
月の手取り額
500,601円

参考:国税庁日本年金機構全国健康保険協会厚生労働省

手取り金額は、総支給額(額面)-控除額=で計算することができます。総支給額とは基本給に各種手当を足したもの、控除額は主に住民税と所得税、社会保険料を指します。

給与明細を見ればパっと見で分かりますが、ざっくり計算したい場合は、総支給額から7.5割~8.5割計算したものが手取りになります(総支給額300,000✕0.85など)。

額面50万円の場合は手取りが約38.4万円

額面が50万円の場合は、手取り額は約38.4万円です。額面✕80%でおおまかな手取り額が出せます。

手取り38.4万円は、上位約20%に入る収入帯です。さらに収入アップを狙うなら、ハイクラス求人を多数扱うリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。求人の3分の1が年収1,000万円を超えるため、高収入を狙えます。

ハイキャリア向けの転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

手取り50万円の年収はいくら?

ボーナスなしの年収は約813万円

手取り50万円は、年収約813万円で実現します。額面67.75万円✕12ヶ月=約813万円という計算です。ざっくり年収820万円あれば、毎月50万円の手取り収入が見込める状態です。

額面年収800万円以上稼ぐ方は全労働人口の10%もいないため、希少なハイクラス人材とよべる年収額だと言えます。

ボーナスありの年収は約1,000万円

ボーナスありの場合は、年収1,000万円が射程範囲になります。ボーナス1ヶ月✕2回が支給される場合は年収945万円、ボーナス1.5ヶ月✕2回が支給される場合は年収1,000万円を超えます。

手取り50万円=月給67.7万円の仕事につける場合は、ボーナス換算することで憧れの1,000万プレイヤーを狙えるということです。年収1,000万円は労働人口の4.3%しかいないため、非常にレアな人材です。

▶年収1000万円を稼げる職業・仕事一覧

手取り50万の家賃相場

手取り50万の家賃相場

手取り50万円なら家賃15万円以上でも余裕

手取り50万円の収入がある場合、16万円前後の家賃が相場です。一般的に手取り金額の3分の1程度が家賃目安と言われているため、50万円✕33%=16.5万円以内の家賃であれば、余裕をもって住めます。

東京で家族と住むことはもちろん、郊外にでれば大きな家に住むのに充分な手取り収入額だと言えます。管理費込で16万円で住むのなら、東京であれば1LDKから3LDKまで選択肢が豊富です。

年収で考えるなら20%から25%が家賃相場

手取り金額から家賃相場を計算するのが面倒な場合は、年収の25%を目安に家を借りましょう。例えば年収800万円であれば、25%計算して12ヶ月を割った数である16万円が家賃目安ということになります。

家賃15万円はどんな家に住める?

手取り50万円の家賃目安である15万円を払えると、タワーマンションに住むことも可能です。実際に東京で検索すれば、39棟120部屋のタワマンが該当します。

タワマンなどの高級賃貸マンションに住むことはもちろん、1軒家含めて多くの選択肢から物件を探すことが可能です。

手取り50万円のマイホーム事情と住宅ローン

手取り50万円でマイホームはあり?住宅ローンを解説

マイホームを余裕を持って考えられるレベル

手取り50万円あれば、誰もが一度はマイホームを考えるようになります。頭金をいくら入れるか、ローンの返済期間をどう考えるかにもよりますが、5,000万円以上のマイホームを持つことが可能です。

賃貸と持ち家どっちが良い?

賃貸と持ち家のどちらが得か損かについては、昔から決着がついていません。そもそも生活環境や将来設計によってメリット・デメリットが変わるため、よく吟味する必要があります。

住宅ローンは5,500万前後が妥当

手取り50万円で賃貸を借りる場合、家賃相場は16万円です。住宅ローンの返済額を同じく16万円、返済期間を35年で計算した場合、金利1%だと借入可能額は約5,500万円です。

都内郊外問わず広めな一軒家を持つことが可能です。もしマイホームを検討するのであれば、以下のシミュレーションツールで住宅ローンと利息含めた総返済額を確認しましょう。

参考:フラット35 年収から借入可能金額を計算
参考:月々の支払い可能額から借入可能額を計算

ハイキャリア向けの転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

実際に手取り50万円以上もらっている方にインタビュー

男性アイコン 33歳|4人家族(扶養者3人)
仕事内容 インターネット事業
役職 事業部長
月給 69万円(年収800万円)
家賃 11万円※住宅ローン
生活費 家賃       11万円
水道光熱費      4万円
食費         7万円
携帯代含む通信費   2万円
交通費                  1万円
趣味含む娯楽費      2万円
保険         3万円
ペット用品代         1万円
日用品など雑費      3万円
貯金                   11万円
投資                       5万円
小遣い                    6万円
節約方法 お弁当、ペットボトルは買わないこと
転職は考える? 考えない
手取りに満足? 満足
専門家
キャリハイ
手取り50万円をもらっている方に仕事内容や生活費などを伺いました!
求職者
Mさん
何が参考になるかはわかりませんが、包み隠さずお伝えします。

-簡単に自己紹介をお願いします

現在4人家族、妻と子供が二人います。月収が70万円弱であり、1年ほど前から似た金額の給与をいただいています。

工業高校を出た後に工場に勤務。毎日のルーチンワークが嫌でデザインを学び、デザイナーとして不動産に転職しました。その後先輩に誘われて2度目の転職先が現在の勤務先です。

-手取り50万円もらえる職業はどんなお仕事でしょうか

インターネットのメディア事業を統括しています。現在は少数精鋭のチームをマネジメントする立場ですが、最高では100名以上の部署を統括していました。

具体的には、複数のメディアの企画から立ち上げ、予算の設定も行います。toC系のメディアをつくることが多く、広告運用することで売り上げを上げています。

毎月役員報告会で数字を報告して、会社全体の数字も確認するといった業務も行います。

-大企業ですか?初めから給与が多かったですか

いまでは正社員数500名を超える大企業ですが、入社時は50名弱だったかと記憶してます。もちろん給与は今ほど多くなく、たしか23万円からスタートだったとおもいます。

デザイナーとして入社したのですが、デザイン業務外の仕事も進んでやるようにしていたら即ご評価をいただき、リーダー職として出世を重ねてきました。

工場勤務の時は、出る杭が打たれる環境だったので、今の会社は出れば出るほど評価されて良かったです。

-マンションは購入されたんですよね?

2回目の出産を期に住居を考えるようになり、一人目の子供も大きくなったことから購入を決断しました。

注文住宅や建売での一軒家も視野にいれましたが、広くて立地も良い部屋が見つかったので、奥さんと相談して引っ越しました。

-住宅ローンの金利などは覚えてますか?

まったく覚えてないです、よくないとは思いますが。あまりお金の事で考えたことはなく、今もどこの住宅ローンか思い出せないくらいです。当時もしっかり調べませんでしたね。

今の収入があることはもちろん、20代早々には株などで資産形成もしていたので比較的貯金も多いことから、金銭にまつわる不安を感じたことすらないです。

-手取り収入を上げたい人にアドバイスはありますか

自分より稼いでいる方はたくさんいるので偉そうなことは言えませんが、普通に頑張れば給与は上がると思います。会社だって優秀な人を手放したくないのは当たり前なので、成果をだせば昇給していくのは必然です。

ただし、私自身も工場勤務時代に経験しましたが、自主的に動いたり、スキルアップしても評価されない会社はあります。

そんな会社ではいつまでも給与が上がらないので、よほどの理由がない限りは転職は視野にいれるべきかなと思います。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていませんか?年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することです。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高いです。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されています。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、ぜひ活用しましょう。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

手取り50万円をもらえる仕事と生活費の調査

手取り50万円をもらえる仕事と生活費の調査

調査方法
調査対象:240名の在職中の男女
調査期間:2021年10月~
調査方法:インターネットによる記述式アンケート

会社役員(自営業)の出費や生活満足度

男性アイコン 50代男性|4人家族(扶養者2人)共働き
仕事内容 小売り自営業
家賃 持ち家のため0円
貯金 1,000万円
生活費 家賃       0万円
水道光熱費   2.5万円
食費       8万円
携帯代含む通信費 3万円
交通費      1万円
趣味含む娯楽費  3万円
日用品など雑費  2万円
節約方法 出来るだけ外食を控え自炊するようにしている
転職は考える? 考えていない
手取りに満足? 満足している

小売業をしている方の生活レベルです。自営業を引き継いでいるため、家賃がかかっていないことが大きなポイントに見えますが、実際には、食費や娯楽費などを抑えることが大事で、貯金はすでに1000万円を超えるそうです。

製造業で働く方の出費や生活満足度

男性アイコン 40代女性|4人家族(扶養者3人)
仕事内容 製造業
家賃 12万円
生活費 水道光熱費      2万円
食費         7万円
携帯代含む通信費   2万円
交通費                  2万円
趣味含む娯楽費      8万円
日用品など雑費      3万円
貯金                     3万円
投資                       1万円
節約方法 お弁当、ペットボトルは買わないこと
転職は考える? 考えない
手取りに満足? 満足

大手製造メーカーで働いている方の生活レベルです。ご家族がいるため、娯楽費が高いですが、食事に使うお金を節約していることが分かります。

大企業は中小企業に比べて年齢があがると給与が高くなりやすく、結果的に平均年収も高いです。手取り50万円以上を狙う場合は、大手企業への転職を視野にいれるとよいでしょう。

フリーランスで働く方の出費や生活満足度

男性アイコン 40代女性|4人家族(扶養者2人)共働き
仕事内容 フリーランスのライター
家賃 10万円
貯金 1,000万円
生活費 水道光熱費      2.5万円
食費          8万円
携帯代含む通信費   2.5万円
交通費         1万円
趣味含む娯楽費     2万円
日用品など雑費         1万円
節約方法 特売日にまとめて買う、ポイントをためる
転職は考える? いいえ
今の手取りに
満足してる?
満足していない

フリーランスのライターされている方のインタビュー結果です。生活に余裕がありながら、趣味や娯楽費に使うお金を抑え、特売日にまとめて買い物をするなど工夫をしています。

貯金は1,000万円以上ありますが、現在の手取り収入に満足しているわけではないとのことでした。

手取り50万円は多い?平均月収と比較

手取り50万円は高い?平均月収と比較

20代で手取り50万は超勝ち組

年齢 平均月給 手取り(×0.8)
~19歳 18.4万円 14.7万円
20~24歳 21.9万円 17.5万円
25~29歳 25.1万円 20.1万円
30~34歳 28.1万円 22.5万円
35~39歳 31.3万円 25.0万円
40~44歳 33.4万円 26.7万円
45~49歳 34.9万円 27.9万円
50~54歳 36.5万円 29.2万円
55~59歳 37.0万円 29.6万円
60~64歳 29.6万円 23.7万円
65~69歳 25.8万円 20.6万円
70歳~ 23.8万円 19.0万円
全年代 31.2万円 24.9万円

出典:令和4年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

手取り50万円=月給67.7万円以上は、どの年齢層と比較しても高い月収をもらっていることになります。厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」では、55~59歳でも平均月給37.0万円と、50万円を超えることはありません。

どの年代でも手取り50万円を実現できれば金銭的には勝ち組、平均よりも高い月給を稼げていることになります。

30歳以降でも手取り50万円は難しい

30歳以降も、手取り50万円を稼げる仕事に就けることは稀です。国税庁の「民間給与実態調査」によると、令和4年の1年を通じて勤務した約5,967万人の給与所得者数のうち、年収1,000万円以上を得ている人口はたったの6.1%です。

国税庁調べでは年収上位1割に入る年収であり、他の調査機関ではさらに上位のレイヤーだと集計されています。

▶30代からの転職活動を徹底解説!

女性で手取り50万円は数少ないハイクラス人材

年収 全体 男性 女性
~100万円 7.8% 3.4% 14.0%
100~200万円 12.7% 6.2% 21.5%
200~300万円 14.1% 9.8% 20.0%
300~400万円 16.5% 15.5% 17.9%
400~500万円 15.3% 17.7% 12.1%
500~600万円 10.9% 14.2% 6.4%
600~700万円 6.9% 9.5% 3.4%
700~800万円 4.8% 7.1% 1.7%
800~900万円 3.3% 5.0% 1.0%
900~1,000万円 2.2% 3.4% 0.6%
1,000~1,500万円 4.0% 6.2% 1.0%
1,500~2,000万円 0.8% 1.3% 0.3%
2,000~2,500万円 0.3% 0.4% 0.1%
2,500万円~ 0.3% 0.5% 0.1%

出典:令和4年分民間給与実態統計調査|国税庁

国税庁の「民間給与実態統計調査」では、手取り50万(年収1,000万)以上の女性は、男性の約1/6しかいません。額面年収1,000万を超える女性は、労働者人口のうちの1.5%であり、希少な人材です。

男性よりも女性のほうがライフステージが仕事に及ぼす影響が大きいことや、出産後に正社員復帰する割合が低いことが原因です。

▶女性が働きやすい会社ランキングはこちら

【平均年収との比較】日本全体の平均年収を上回る

日本全体
平均給与
458万円

出典:民間給与実態統計調査結果(令和4年)|国税庁

国税庁が発表している給与実態統計調査結果によると、日本の平均年収は458万円です。手取り50万円=年収約813万円(ボーナスなしでの額面)であるため、日本全体の平均年収を大幅に上回っています。

ボーナスありの年収であれば、日本の平均年収の2倍以上給与をもらっていることになります。手取り50万円を達成するためには、現職での昇給を目指すのが無難ですが、会社によっては難しいこともあります。

リクルートダイレクトスカウトに登録すれば、自分の市場価値がわかります。登録後はスカウトを待つだけでも大丈夫なので、スカウトを貰って、現職よりも収入が上がる見込みをつけてから転職を考えるといった使い方も可能です。

ハイキャリア向けの転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

手取り50万円がきつい場合の節約術

手取りが50万円あっても、都心で暮らしていると、思ったよりも生活費がかかってしまう場合があります。お金に余裕がない人は、以下のような方法でライフスタイルを改善するのがおすすめです。

出費の管理を行う【家計簿アプリを活用】

節約を始めるなら、まずは出費を管理することから始めましょう。無駄な出費を把握すれば、節約の見通しが立てやすくなります。「マネーフォワード ME」のような家計簿アプリを活用するのがおすすめです。

出費に意識を向けることで、必要のない日用品の購入や外食など、普段気にしていなかった無駄遣いを減らせます。また、通信費や保険料、サブスクなどの固定費で必要以上の支払いがある項目にも気づきやすいです。

「マネーフォワード ME」には、クレジットカードや口座と連携して支出を管理できる機能があります。自動で収支が記録されるため、家計管理が簡単にできます。

▶「マネーフォワード ME」のアプリはこちら

キャッシュレス決済でポイントを貯める

キャッシュレス決済を使うことで、支払金額の0.5~1%がポイントとして還元されます。貯まったポイントは、1円分として他の買い物に利用できるため、現金で支払うよりも断然お得です。

また、電子マネー決済はクレジットカードと紐づけることで、1回の支払いで得られるポイントを多くできます。電子マネーの決済時だけでなく、クレジットカードからチャージするタイミングでもポイント還元されるためです。

中でもおすすめなのは、楽天ペイやd払いです。楽天ペイは還元率が1%と高く、カードとの併用で最大1.5%分のポイントが付与されます。d払いはクレカやポイントカードの併用で、最大3.5%分のポイント還元があります。

クーポンアプリを使い倒す

クーポンアプリを使うことで、買い物や食事などの際に割引や特典サービスが受けられます。1回あたりの割引率や値引き額は少ないですが、毎日利用すれば大きな節約につながります。

クーポンアプリは、ダウンロードするだけですぐに利用できる手軽さが魅力です。また、ポイント機能があるクーポンアプリを使えば、よりお得に買い物を楽しめます。

節約したい人は、無料でダウンロードできるクーポンアプリがおすすめです。有料のクーポンアプリの場合は、お店の利用頻度や割引率を加味して利用すべきかを検討しましょう。

食費を節約するために自炊

外食の多い人は、自炊をすることで食費を節約できます。「イエプラコラム」の調査によると、自炊中心の人の1ヶ月の食費は3万円でした。外食中心の人の食費は5.5万円です。自炊で2.5万円の節約が期待できます。

自炊で節約する際には、毎月の食費をあらかじめ決めておくことが重要です。予算を決めておくことで、不必要な食材の購入を避けられます。節約のための自炊なのに、贅沢をしてしまっては意味がありません。

また、スーパーのセールを上手く使うのもおすすめです。セール日に食材をまとめて購入して冷凍しておけば、いっそう食費を抑えられます。

格安SIMなどで通信費を安くする

大手キャリアのスマホを契約している場合、格安SIMに乗り換えることで毎月4,000円以上の節約が見込めます。

総務省の実施した家計調査によると、単身世帯の通信費の平均は6,610円、総世帯では10,133円です。格安SIMの平均月額は約2,000円と言われており、通信費の大幅な削減が期待できます。

ガス代・電気代はセット割などを検討

ガス会社の提供している新電力を利用することで、ガス代・電気代のセット割を受けられる場合があります。例えば、東京ガスは、同社の提供している「東京ガスのでんき」とあわせて使えば、0.5%の割引を受けられます。

ガス代・電気代は、様々な事業者で取り扱えるよう自由化が進んでおり、従来のプランを見直すことで固定費の削減が可能です。

総務省の実施した家計調査によると、単身世帯のガス代・電気代の平均は10,085円、総世帯では14,749円です。毎月の支払額が平均よりも多いのであれば、一度料金プランを見直してみましょう。

保険は見直すだけで割安にできる

保険に加入している場合、プランを見直すだけで固定費の削減が期待できます。保障プランは年々新しくなっており、従来のサービスよりも保険料の支払額を安く抑えられるケースが多いです。

固定費の削減では、必要性が低い保険を解約することも1つの方法です。例えば、独身の場合、死亡保険に加入する優先度は低いです。また、若いうちは長期入院のリスクが低いため、医療保険に加入するメリットは少ないと言えます。

プランによっては、契約の自動更新で、気付かないうちに保険料が上がっていることも考えられます。保険に加入して何年も経過しているなら、プランの種類や保障内容を見直す機会を設けましょう。

収入を手取り50万円以上に増やす方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 独立・起業する
  4. 投資する
  5. 給料が高い会社に転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

収入を手取り50万円以上に増やすなら、昇進や昇格することで給与を上げることがまず選択肢になります。しかし、きちんと給与が上がる職場環境であるかの確認が必要です。

成果を出したり、上司の求める目標を達成していても昇級や昇進がない環境であれば、転職することをおすすめします。

2.副業を行う

クラウドワークやフリーランスのサイトなどで、副業を行いやすい社会になっています。ネット系ビジネスであれば、コロナ禍であっても自宅からでも取り組みやすいです。

ただし、労働集約型の副業は長続きしにくく、どれだけ頑張っても月5万円を稼ぐのがやっとです。。

本質的に給与を上げるのであれば、現職場で通用するスキルを高めるか、狙いの転職先にあわせた資格取得などに通じる副業を行いましょう。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

独立起業することで、利益を年収に反映させることも選択肢の1つです。会社では他の従業員の給与やオフィスの維持費など、様々なコストによって利益が減りますが、自分で会社をつくれば利益を上げやすいです。

しかし、起業したからといって、必ず成功するとは限りません。起業してから5年たって会社が生き残る確率は10~15%、10年後までに存続できる起業は5%前後と言われているため大きなリスクがあります。

まずは、副業でフリーランスとして腕試しを行い、年収が確実に上がりそうであれば選択肢にすることで、リスクを低くすることが可能です。

フリーランス関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資を活用した資産形成で、年間の収入を増やすことも考えられます。最近ではロボアドバイザーのように半自動で資産形成してくれるアプリもありますので、初心者の方でも簡単に投資をすることができるでしょう。

また、つみたてNISAやiDeCoのように、少額でローリスク・ローリターンな資産形成をしていくことも可能です。

とはいえ、投資に絶対はありませんので、もともとの掛け金から減ってしまうこともあります。余裕資金があっても、まずは勉強から始めるのがおすすめです。

5.給料が高い会社に転職する

給料が高い会社に転職することは、最も現実的な選択肢です。もちろん現職で給与が上がる見込みがあれば、転職するリスクをとらない方が懸命かもしれません。

しかし、出世の見込みがなかったり、福利厚生などが整っていない場合は、転職することで給与が上がる確率は高いです。

リスクをなるべく低減させるために、在職中から転職先の目星をつけておきましょう。給与目的であれば、転職サイトや求人欄の最低給与額をチェックして、月収67.7万円か年収813万円以上であるかを確認すべきです。

経験を活かしたキャリアチェンジを推奨

年収アップのために転職するのであれば、現在の経験やスキルを活かすべきです。例えば、営業経験を長くもっているのであれば、別に業界、例えば平均年収の高いIT業界で営業職を勤めるだけで年収があがりやすいです。

同じように管理職の経験があれば、成長産業に転職することで年収を上げやすいです。いずれにしても、未経験職につくよりも、過去培った経験を活かすことで、転職による年収アップ確率を上げられます。

ビズリーチを利用すれば成長産業からのスカウトを受けられ、自身のどんな経験が評価されるのかも分かります。具体的に転職を考えていなくても、オファーを待つだけなので、登録だけはしておいて損はありません。

手取り50万円を目指すなら転職がおすすめ

手取りを増やすなら転職がおすすめ

収入を上げる転職方法

  • 転職エージェントに給与交渉を相談
  • リクルートダイレクトスカウトに登録

転職エージェントに給与交渉を相談

転職するなら、転職エージェントの活用をおすすめします。転職する場合は、リクナビNEXTなどの転職サイトを使うことが通例ですが、同じく無料で使えるサービスに「転職エージェント」が存在します。

転職エージェントは転職のプロであり、求職者と面談してキャリアを整理して、最適な企業を紹介してくれます。面接日の調整や年収交渉も行ってくれるため、在職中で忙しい場合にもピッタリのサービスです。

リクルートダイレクトスカウトに登録

年収を上げるのであれば、リクルートダイレクトスカウトの登録は必須レベルだと言えます。会員登録しておくだけで、優良企業から直接連絡があったり、ヘッドハンターから転職の打診が入るサービスです。

年収800万円~年収2,000万円の求人が多数あり、「転職決定年収が平均900万円以上」の実績を持ちます。自分の市場価値を確かめるという意味でも、登録をおすすめできます。

自分には無理!と思うのは損

リクルートダイレクトスカウトのようなハイクラス転職サービスは敷居が高いと思われる方も多いです。しかし、実際には今の会社では目立てないけど、他業界や他会社であれば評価されることは良くある話です!

まとめ

手取り50万円の額面になるには…

  1. 年収813万円が必要
  2. 月収は額面で約67.8万円が必要
  3. 昇給か転職するのが現実的

手取り50万円の生活を送るためには、年収が813万円必要です。しかし、日本の平均年収が458万円であることを考えると、容易な年収ではありません。

スキルアップして年収を上げることはもちろんですが、そもそも年収のベースが高い会社か、給与アップが見込める成長産業にある企業に転職することも視野にいれるべきだと言えます。

リクルートダイレクトスカウトなら、今の収入やスキル・経験にあったオファーが届きます。もちろん希望条件を提示することもできるので、大きな年収ダウンを防ぐことも可能です。

ハイクラスな転職活動をするなら、まずはリクルートダイレクトスカウトに登録するのをおすすめします。

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収200万 年収250万 年収300万 年収350万
年収400万 年収450万 年収500万 年収550万
年収600万 年収650万 年収700万 年収750万
年収800万 年収850万 年収900万 年収950万
年収1000万 年収1100万 年収1200万 年収1300万
年収1400万 年収1500万 年収1600万 年収1700万
年収1800万 年収2000万 年収2500万 年収3000万
女性の年収別の関連記事
年収300万
(女性)
年収400万
(女性)
年収500万
(女性)
年収600万
(女性)
年収700万
(女性)
手取り別の関連記事
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万 手取り20万
手取り21万 手取り22万 手取り23万 手取り24万
手取り25万 手取り26万 手取り27万 手取り28万
手取り29万 手取り30万 手取り31万 手取り32万
手取り33万 手取り35万 手取り40万 手取り45万
手取り50万 手取り60万
月収別の関連記事
月収14万 月収15万 月収16万 月収17万
月収18万 月収19万 月収20万 月収21万
月収22万 月収23万 月収24万 月収25万
月収26万 月収28万 月収29万 月収30万
月収32万 月収33万 月収35万 月収40万
月収45万 月収50万 月収55万 月収60万
月収70万 月収80万 月収100万
年齢別の平均年収の関連記事
22歳の年収 23歳の年収 24歳の年収 25歳の年収
26歳の年収 27歳の年収 28歳の年収 29歳の年収
30歳の年収 31歳の年収 32歳の年収 33歳の年収
34歳の年収 35歳の年収 36歳の年収 37歳の年収
38歳の年収 39歳の年収 40歳の年収 42歳の年収
43歳の年収 45歳の年収 46歳の年収 47歳の年収
50歳の年収

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事