転職サイト

リクナビNEXTは転職に使うべき?評判1,000件から解説

リクナビNEXT評判
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

「リクナビNEXTは自分にあってる?」

「リクナビNEXTはめんどくさいって本当?」

リクナビNEXT(リクナビネクスト)は、転職サイトのなかでもズバぬけた会員数と求人数を誇っています。転職者の8割が使用している王道の転職サイトですが、使うのが面倒だったり、自分にあっているかどうかわからないという口コミも見受けられます。

当記事では、リクナビNEXTの使い方はもちろん、評判・口コミを整理して、自分にあっているかどうかを判断できるようにまとめています。

他の転職サイトとの違いや、メリット・デメリットを解説しているので、リクナビNEXTを使う参考にしてください。

リクナビNEXTの評判の結論

  • 約300,000件の求人数で業界No.1
  • 転職成功実績 37万人の実績
  • 「転職1~3回目」「20~50代」がおすすめ
転職関連おすすめ記事
転職エージェントおすすめ 転職サイトのおすすめ

目次

結論:リクルートエージェントは20代~50代全ての転職者におすすめ

1,000万人以上が利用する転職サイト

おすすめ年代 20代~50代
求人数 50,988件
得意分野 全業種・業界に強い
会員数 1,000万人
費用 0円
新着求人日 水曜日と金曜日に更新
便利機能 ・強みが分かる無料診断
・検索機能が充実している
・アプリが使いやすい
運営会社 リクルート

リクナビNEXTは、人材業界の最大手リクルートが運営する転職サイトです。会員数1,000万人を誇り、転職者の8割が使っていて、転職するならまず始めに登録すべきサイトだと言えます。

リクルート社の長い歴史と実績から企業とのコネクションが強く、求人案件の85%がリクナビNEXTの限定情報なので、ここでしか見つけられない転職先もあります。

公開求人数が業界トップクラス

求人数ベスト3の転職サイト
dodaDODA転職 リクナビNEXTリクナビNEXT マイナビ転職マイナビ転職
95,961 50,988 15,226件

リクナビNEXTの求人数は、DODAに次ぐ2位です。常時50,000件以上の求人があり、転職に充分な情報が掲載されていているため、年令問わず、様々な業種・業界の仕事を探すことが可能です。

未経験分野の転職から、ハイクラス求人まで取り揃えている上に、全国の求人が掲載されているため、勤務地を自由に選べることもポイントです。さらにたくさんの求人を見たい場合は、リクナビNEXTとDODAどちらも登録するのがおすすめです。

リクナビNEXT公式サイトはこちら

リクナビNEXTをおすすめできる人・できない人

おすすめな人おすすめできない人

リクナビNEXTをおすすめできる人

こんな人がおすすめ

  • 20代~50代すべての方におすすめ
  • なるべく多くの求人を比較したい人
  • 中小企業から大企業まで興味のある人

リクナビNEXTは、職種・業種が幅広く網羅されているため、転職を考える人には登録必須と言える転職サイトです。

膨大な求人数がありながら、検索がしやすいため、自分の希望条件にあった職場が探しやすいので転職初心者も安心して利用できます。職種や勤務地、雇用形態などの基本的な条件や、従業員数、設立年数などの細かい条件まで指定可能です。

転職利用者実績も国内No.1であり、誰にでも使いやすいのがリクナビNEXTです。

属性別のおすすめ転職サイト

属性 サービス名 特徴
20代~30代 リクナビNEXT 転職者の8割が利用
DODA 公開求人数No.1
ハイクラス ビズリーチ 年収800万円以上の求人
IT・Web Green IT業界最大級の求人数
女性 女の転職
@type
女性特化の転職サイト

リクナビNEXTの登録は必須として、できればもう一つ転職サイトに登録して、転職先の情報をできるだけ獲得しましょう。すべて利用料金は無料です。

リクナビNEXTをおすすめできない人

こんな人にはおすすめできない

  • 自分で求人情報を選ぶ自信のない人
  • プロのサポートをうけて転職したい人
  • 年収600万円以上の求人に絞って転職したい人

リクナビNEXTは、多くの求人情報から、自分に合った転職先を見つけるのに適しています。しかし、転職サイトの情報を見て、自分自身で応募して面談対策を行い、内定までたどり着く必要があります。

キャリアのプロに相談して、転職活動をサポートしてもらいたいのであれば、リクナビNEXTなどの転職サイトだけではなく、転職エージェントの併用をおすすめします。

エージェントは、自分にぴったりの転職先を一緒に探してくれたり、面談の調整や内定後の年収交渉まで代行してくれます。自分ひとりの転職に不安があれば、転職エージェントも一緒に利用しましょう。

属性別のおすすめ転職エージェント

属性 サービス名 特徴
20代~30代 リクルート
エージェント
転職支援実績No.1
DODA
エージェント
転職者満足度No.1
ハイクラス JAC
リクルートメント
年収600万円以上に特化
IT・Web レバテック
キャリア
初回提案内定率90%
女性 type女性の転職
エージェント
女性に特化

転職エージェントは内定まで二人三脚で転職をサポートしてくれます。リクナビNEXTに登録して、転職エージェントも1~2社使うだけで転職成功率が上がります。

リクナビNEXT公式サイトはこちら

リクナビNEXTのメリット

リクナビNEXTのメリット

求人情報数が業界トップクラス

リクナビNEXTの管理画面

リクナビNEXTは、2021年12月現在50,000件を超える求人数を掲載しています。景気の好不況に関わらず、安定して多くの求人件数を抱えているため、誰にでもおすすめできる転職サイトです。

マイボイスコムの調査によると、転職サイトを使う理由の50%以上が「求人情報の多さ」であり、リクナビNEXTを使うことは必然であると言えます。

業種・業界の偏りなく充実

業種・業界の偏りなく充実

リクナビNEXTは、幅広く業種・職種の求人を取り扱っています。探している職種が見当たらないことが稀であり、希望する職種がほぼ間違いなく掲載されているのもリクナビNEXTの良い点です。

さらに、未経験歓迎の求人からミドル・ハイクラスの求人もあるため、検索条件を絞ると求人がヒットしない・・・といったこともありません。逆に特定の業種業界の仕事だけ見たい方は、特化型エージェントも利用するのがおすすめです。

▼業界特化型のおすすめエージェントはこちら

検索機能が使いやすい

検索機能が使いやすい

リクナビNEXTは、検索しやすさもトップレベルです。例えば、職種や勤務地といった検索条件だけでなく、年収や従業員規模、設立年数で転職先探しをすることが可能です。

さらに、残業時間や休暇、服装自由などの「働き方」から細かい条件まで指定できます。大量の求人情報のなかからでも、自分の理想の転職先を見つけやすいことも、リクナビNEXTが転職者に選ばれる大きな理由です。

こだわり検索条件を一部公開

  • 固定給35万以上、離職率5%以下、17時までに退社可、ワークライフバランス、在宅ワーク、2年連続売上10%以上UP!、子育てママ活躍中

アプリもサイトもわかりやすい

リクナビNEXTのアプリ

リクナビNEXTのサイトはシンプルで、初めての転職サイト利用者にも優しい設計です。業界の老舗かつ最大手のノウハウが存分に活かされていて、直感操作がしやすくなっています。

アプリもアップデートを行ったことで、「求人検索」「気になる企業メモ」「自分の行動履歴」が使いやすくなりました。プッシュ通知のおかげで、企業とのやりとりに遅れない仕組みになっているのも嬉しいポイントです。

自己分析ツール「グッドポイント診断」が有料並の性能

自己分析ツール「グッドポイント診断」が有料並の性能

リクナビNEXTには会員限定のツールが豊富に用意されています。そのなかでも「グッドポイント診断」は、30分時間を要する本格的な自己分析ツールで大人気です。

約300問の選択式の質問に答えていくと、自分では気づかなかった強みや特徴を言語化してくれます。面接や経歴書作成に活かせるので、リクナビNEXTに登録したら必ず使うべきツールです。

経歴書・履歴書の作成機能が優秀

リクナビNEXTの履歴書・職務経歴書テンプレート(Excel・Word)無料ダウンロード

リクナビNEXTでは、転職に必要な職務経歴書と履歴書を簡単につくれる機能があります。テンプレートをダウンロードできるのはもちろん、書類の書き方や見本も用意されています。

転職活動では、できれば企業毎に職務経歴書を変えることが内定をもらうには重要です。リクナビNEXTは職種毎の経歴書サンプルがあるので、時短で書類をつくることが可能です。

現職にバレないブロック機能

リクナビNEXTのレジュメブロック機能

リクナビNEXTは、転職活動がいま働いている企業にバレないように設定できます。レジュメの非公開設定を行えば、勤め先や取引先に自身の情報は公開されないのでご安心ください。

レジュメの非公開は、サイト上部にある『各種設定』→『レジュメ公開ブロック』を選ぶだけで簡単に調整可能です。登録時に職務経歴をしっかり書いていれば、自動的に公開ブロックが設定されてるのもリクナビNEXTの優れている点です。

転職成功ノウハウが満載

転職成功ノウハウ

リクナビNEXTは、会員登録しなくても見れる「転職ガイド」が秀逸です。転職の準備から履歴書の作成ポイント、面接対策、内定・退職準備まで、転職に必要な情報が充実しています。

リクルートでは、他にも役立つQAコンテンツが豊富に記載されていて、例えば「年収を聞かれたら、手取り額と総支給額のどちらを答えるべき?」といった転職者の実態に基づいた気になる質問に答えています。

※ちなみに答えは「総支給額」

リクナビエージェントとかんたんに併用可能

リクルートダイレクトスカウト

リクナビNEXTに登録すると、同じIDで「リクルートエージェント」にも登録できます。エージェントでは18万件以上の非公開求人から、求職者にあった転職先をコーディネーターに無料で探してもらえます。

以前は別アカウントが必要でしたが、リニューアルによって同時登録が可能になりました。リクナビNEXTの会員登録後やログイン時にも登録をおすすめされるので、先に承認することを推奨します。

リクナビNEXT公式サイトはこちら

リクナビNEXTのデメリット

リクナビNEXTのデメリット

自分が希望していないオファーがくる

リクナビNEXTでは自分が希望していないオファーがくる

リクナビNEXTで最も大きなデメリットは、大量のオファーが毎日くることです。情報登録している自分の情報にそぐわない企業から連絡がくるため、めんどうに感じることがあります。

企業から直接くるオファーはもちろん、転職エージェントやヘッドハンターからも連絡がくるため、あまりにも通知が多い場合はOFFに設定して、週イチでまとめて見ることをおすすめします。

リクナビNEXTのオファーの種類

  • 企業からのスカウト
  • 転職エージェントやヘッドハンターからの紹介メール
  • リクナビNEXTに公開されてない非公開求人の案内

オファーは3つの種類があります。全て見るのは時間がかかりますが、中には自分にぴったりの企業からのお誘いがあったり、「書類選考が免除」の求人もあるため、隙間時間に確認しましょう。

オファーに対して連絡したのに返信がこない

企業側からオファーをくれたにも関わらず、連絡したのに返信が来ないこともあります。企業側が、求職者にオファーを一斉送信することによって、返信を漏らしている可能性が高いです。

ただし、きちんと連絡がとれない会社を見つけられることは、むしろラッキーです。採用に真摯でない企業を発見できた!とポジティブに切り替えて、他の会社へ転職志望を移しましょう。

登録内容が多くて面倒

リクナビNEXTは、登録すべき項目が多いことをデメリットに感じる方もいます。実際、登録画面には「5分で完了!」と記載されていますが、筆者は10分ほど時間がかかったのが事実です。

ただし、入力はプルダウンであり入力はかんたんでした!登録作業は、最適な求人情報を見つけやすくするのに欠かせません。企業側から良いスカウトがくる可能性もあがるので、しっかり登録をしておきましょう。

求職者が想像する3つの面倒を解決!

  1. 登録が面倒→入力作業はプルダウンで楽ちん
  2. メールがたくさんきて面倒→通知オフで週イチでまとめて見ればOK
  3. 操作画面が複雑で面倒→実際は超シンプル

リクナビNEXTの良い評判・口コミ|2021年12月最新

良い口コミ ・グッドポイント診断で自己分析できた
・アプリが使いやすかった
・スカウト求人の質がいい

リクナビNEXT公式サイトはこちら

リクナビNEXTの悪い評判・口コミ|2021年12月最新

悪い口コミ ・退会してもメールが届く
・オファーシステムが使いにくい

口コミの実態調査|業界人しか知らないリクナビNEXT

リクナビNEXTは求人品質が悪い

求職者
求職者
質の低い求人が多いと聞いたんですけど本当ですか?
専門家
専門家
いえ、質の低い会社は掲載しづらいです!むしろ品質は高めです。

リクナビNEXTを調べていると、「リクナビNEXTは求人品質が悪い」といった求人のレベルが低いと見受けられる口コミが見受けられますが、真に受けてはいけません。

リクナビNEXTは、企業に対して掲載料金を頂いて運営をしています。実は、リクナビNEXTは掲載料金が高く、他社と比べて値引きを行わないため、企業レベルが低い会社は掲載したくても掲載しづらい傾向にあります。

もちろん、品質の低い企業がゼロではありませんが、他求人サイトに比べて品質は全体的に高くなる設計になっているのも求職者目線では有利になっています。

リクナビNEXTはブラック企業は多い

求職者
求職者
ブラック企業が掲載されてると聞いたので応募が怖い。
専門家
専門家
  1. 1.年収の幅を確認
  2. 2.試用期間の長さと給与を確認
  3. 3.口コミサイトで実態を確認

この3つでブラック企業を見抜けます。

リクナビNEXTに掲載されている企業のほとんどはホワイト企業です。求人原稿を細かくチェックされることはもちろん、リクルートや代理店が企業取材を行っているので必然とホワイト企業が多くなるからです。

しかし、まれにブラック企業が掲載されていることもあるので注意が必要です。例えば年収360万~1,000万などの表記がされていれば最低年収の方で内定応諾を迫ってくる可能性があります。

また、試用期間が4ヵ月以上あったり、試用期間中の給与が極端に低い求人もホワイト企業とは言いがたいです。企業実態が気になる場合は、口コミサイト『OpenWork』などで生の職場情報をチェックするのがおすすめです。

求人内容の正確性が低い

求職者
求職者
入社したら求人内容と違ったというのはよくある話ですか?
専門家
専門家
いえ、リクナビNEXTでは実態と乖離している会社は掲載できなくなります。

リクナビNEXTの求人から内定にいたったものの、入社したら書いている内容と違ったという口コミもあります。

しかしながら、リクナビNEXTでは求人原稿の正確性を担保するために仕組み化が行われています。原稿の審査部が存在していて、事実と異なりそうな内容があれば原稿の公開許可がおりません。

専門部隊を設けてしっかりと求人内容をチェックしているため、他の転職サイトに比べて求人内容の正確性は高くなっているので安心して利用できます。

地方求人が弱い

求職者
求職者
リクナビNEXTは地方に弱いと聞きました。
専門家
専門家
いえ、転職サイトでは圧倒的に多いのが事実です。

リクナビNEXTは、地方で利用しにくいという声もあり、実際に場所によっては求人数に不足を感じするかもしれません。しかし、リクナビNEXTは求人数が多く地方求人も他社の2~3倍の掲載量を誇ることも事実です。

もし、お住まいの地域でリクナビNEXTに情報がなかった場合は、さらに非公開求人18万件を抱える「リクルートエージェント」に登録したり、地元の求人誌を見ることをおすすめします。

オファーを信用しないほうが良い

求職者
求職者
企業から直接連絡がくるオファーメールは信用できないという噂を聞きました。
専門家
専門家
個人的には同意です。ほとんどが自分にぴったりの求人とは言い難いと思います。

リクナビNEXTでは、待っているだけで企業から連絡をもらえる「オファー」という機能があります。求職者が入力した会員情報や経歴書にあった企業から、お誘いのDMが届きます。

残念ながら、企業側はオファーを一括送信してるケースが多く、例えば「販売経験1年以上」の方向けにメールを大量送信しています。この仕組みである以上は、一人ひとりに適した求人情報は届きません。

もちろん、意外な人気企業からオファーがくることもありますが、全部の連絡を重宝する必要はありません。ザックリみて、自分に合う企業のみ返信するように心がけましょう。

転職エージェントと併用して転職を成功させる

転職エージェントの人気ランキング
1位 2位 3位
リクルートエージェントリクルートエージェント dodadodaエージェント マイナビエージェントマイナビエージェント
公式 公式 公式
4.0
★★★★☆
3.4
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆

リクナビNEXTの他に、必ず転職エージェントにも登録しましょう。転職エージェントは、転職サイトと違い、自分にピッタリに企業を紹介してくれたり、面接の調整を代行して行う転職のプロです。

転職エージェントは大小併せて数百社ありますが、大手2社を利用するだけで、転職の成功率を上げることができます。

動画配信専門家専門家 転職エージェントの利用は、「理想の転職」に欠かせません!

リクルートエージェント

転職初めに登録したいNo.1エージェント

リクルート エージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 112,458 182,458
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.8/5点 4.0/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントのメリット

全国どの職種でも求人が見つかる
リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、第2位のdoda10万件を大きく引き離しています。求人件数だけ見ても、転職を考え始めたら初めに登録すべきエージェントだと言えます。
初めての転職にも便利なサポート
リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。
転職エージェントが年収などを交渉
転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。

リクルートエージェントのデメリット

3ヶ月の期間限定
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。
紹介先の豊富さはデメリットにもなる
リクルートキャリアでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29
良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
男性アイコン
シルシルさん|40代前半|男性|事務員|2021.01.22
良い点
|圧倒的な紹介求人数
業界最大手だけあって紹介される案件数はほかのエージェントと比べて圧倒的に多いです。また、幅広い業種の案件の紹介を受けられるので、様々な業種の中から希望の求人を見つけることができます。ただし、こちらの指定した条件以外の案件も紹介してくるので中身の精査が必要となります。
悪い点
|担当者のスキルは玉石混交
担当者によってスキルにばらつきがあるように思います。また、コミュニケーションも逐一連絡をくれる担当者もいればこちらから連絡しない限りコミュニケーションをとってこない担当者もいます。こちらから積極的にコミュニケーションをとって必要な情報を引き出し、要望をしっかり伝えてこちらの要望通りに担当者を動かすくらいの気持ちが必要だと思います。

doda

リクルートと共に登録すべきエージェント

doda エージェント

dodaの特徴

  • リクルートに次ぐ10万件の求人数
  • 会員数も業界最大級の591万人
  • 転職者満足度No.1
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 84,150 35,456
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.2/5点 3.5/5点
拠点
全国12拠点(東京/札幌/仙台/横浜/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡)

dodaのメリット

国内大手エージェントの1社
dodaは、国内で2番目に多い求人を保有している最大手エージェントの1社です。豊富な求人数はもちろん、求職者への親切なサポートが口コミでも好評で、電通の口コミ数調べで「転職者満足度No.1」も獲得しています。
いち早くオンライン面談や転職フェアに着手
dodaは、コロナ禍に入る前からオンライン化に取り組んでいます。オンライン面談はもちろんですが、転職フェアをオンラインした「転職フェア セレクト」は会場などに向かわずに、希望する会社のお話を聞くことができます。
業界随一のイベントを開催
dodaはエージェントを通しての転職支援とは別に、各種イベントも活発に開催しています。例えば、300社以上が集まる国内最大級の転職フェアを開催していて、好きな会社の説明を聞くことが可能です。もちろん、転職やキャリアアップセミナーなども充実していて、サポート体制にぬかりがありません。
NOIMAGE専門家 リクルートエージェントとdoda。この2社だけは最低限登録して転職率を上げましょう。無料なのでデメリットがありません!

dodaのデメリット

3ヶ月の期間限定
doda転職エージェントは、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。dodaに限った話ではなく、3ヶ月サポートがエージェントサービスでは一般的(人件費の兼ね合い)なので、期間内に転職をできるだけ成功させなければいけません。
企業紹介メールが多い
doda転職エージェントに登録すると、転職サイトも一緒に利用できるようになります。1アカウントでどちらも使用できるのは便利ですが、一日に何十件もメールが届くようになってしまい、ブロックも難しいのが難点です。

dodaの評判と口コミ

女性アイコン
名無しさん|30代前半|女性|金融|2021.01.28
良い点
|担当者が熱心で応対が良い
登録したらすぐに担当者からの連絡がありました。
どのような業種が良いのか、転職をするうえで外すことができない条件はあるかなどしかっりと聞き取りをしてくれました。
また初めての転職活動であることを伝えると、経験談を交えながらアドバイスをして下さり励ましてくれました。電話終了後すぐにおすすめ求人を入れてくれており対応がはやいなと感じました。
悪い点
|都心部の仕事が多く田舎の求人が少ない
地方での転職活動でしたが求人情報が少なかったです。
サポート体制がしっかりしていたので前向きに検討していたのですが、条件にあう求人が見つからずに断念しました。営業やSEなどが多くもう少し事務の方充実させてもらえればなと思いました。
女性アイコン
ひめかさん|30代後半|女性|IT関連|2021.01.25
良い点
|クライアントファーストで満点!
転職活動時、3社の転職エージェントとお付き合いしましたが、求人数も書類選考通過数も圧倒的にDODAさんが一番でした。
クライアントのニーズや特性を正しく把握し、且つ企業側が求めている人材像とマッチするかどうかを、的確に判断いただいた結果だと思います。
また、毎日電話で状況確認や悩み事がないかどうかをヒアリングしてくれたり、本当にクライアントのことを考えて、フォローしてくれます。
手厚いサポートを受けたい方、働きながら転職活動してあまり自分で手を動かす時間がない方にはオススメの転職エージェントです。
悪い点
|ほぼないですが・・・
私は最初の内定が決まった後くらいに担当者が変更になりました。
最後どこを選択するか、あと転職先を決めた後の前職との退職交渉も難航したのですが、そこは別の担当者が引き継ぐことになってしまったので、過去の経緯等改めて説明したりと余計な工数が発生しました。
可能であれば最後まで同じ担当者に担当いただきたかったです。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制
  • 求職者の都合に合わせて夜間や土曜も対応
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~30代 32,527 32,228
ヒアリング力 提案力 親切・親身
3.2/5点 3.2/5点 3.3/5点
拠点
全国10拠点(京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/栃木/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡)

マイナビエージェントのメリット

新卒就活大手の強みを活かした若年層求人
マイナビエージェントは、20代~30代に向けた転職案件が豊富であり、20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれています。運営元のマイナビは、国内最大級の就職情報サイトも運営しているため、若手が欲しいという企業とのコネクションを活かした求人案件が豊富です。
企業情報や業界に精通したキャリアアドバイザー
マイナビエージェントでは、求職者が志望する業界毎に専任のアドバイザーが就任してくれます。転職ノウハウはもちろん、業界や企業毎の細やかなデータを所持しているため、求人票だけでは知りえない情報をもとに志望企業とのマッチング精度が高くなります。
未経験者の転職にも強い
マイナビエージェントは20代に対しての転職実績が豊富であり、未経験転職のサポートに精通しています。未経験転職向けの面接対策セミナーや職務経歴書へのアドバイス、模擬面接を回数制限なく受けられる手厚いサポートも人気です。

マイナビエージェントのデメリット

非公開求人数の割合が多い
マイナビエージェントは非公開求人数の割合が80%と多く、登録するまで20%の求人しか見ることができません。マイナビエージェントだけが非公開求人の割合が多いため「どのような企業を紹介してもらえるのか?」がすぐに見れないのが残念です。
40代以上であれば求人件数が少ない
マイナビエージェントは20代~30代向けの求人が強いですが、40代以降はリクルートキャリアなどに求人数で劣ります。

マイナビエージェントの評判と口コミ

女性アイコン
あきたさん|30代後半|女性|IT関連|2021.04.27
良い点
|手厚いサポート
エージェントの方にお会いしたのは初回カウンセリングの1回のみでしたが、
・説明が適切
・丁寧な聞き取り
・カウンセリング当日に多くの案件を紹介
という充実した内容で不安感はありませんでした。
その後もメールや電話でサポートいただき、(他社様では半年かかっても手ごたえがない状態でしたが)登録から2ヵ月で希望の会社に就職できました。
お世話になって本当によかったです。
悪い点
|エージェント間の引き継ぎをもう少しスムーズにしてほしかった
担当エージェントが休暇を取っている場合などは別の方からメールや電話をいただくケースがあったのですが、応募した覚えのない会社について「提出書類が揃っていません」というメール内容で混乱したことが何度かありました。
チームでサポートしてくれる体制だからこそなのかと思いますが、精神的にはりつめた転活というシーンでそのような事例があると不安になってしまうため、引継ぎや情報共有をもう少し徹底してくれたらなと思いました。
男性アイコン
まんねんさん|30代前半|男性|エンジニア|2021.03.16
良い点
|自分の専門性に即した求人を紹介してくれる
マイナビの転職エージェントということもあり、幅広い企業からの求人を抱えており、その中から自分の専門性にあった求人を紹介してくれる。

企業、自分双方のニーズが合致しやすい求人しか紹介されないため、効率よく転職活動ができたと感じる。
逆に言えば、専門性や手に職をつけていない人材はなかなか声がかかりにくいとも言える。

悪い点
|専門性がないと辛いかも
元居た会社である程度キャリア・専門性を身に付けておかないと、紹介すらされないこともあり得る。
求人を出している企業(特に大手)はどこも即戦力を期待して中途採用募集をかけている。
特に年収アップを望むのであれば、元居た会社でどのようなスキルを身に付け、希望先の会社でどのような分野で貢献できそうかということを整理しておかなければならない。

パソナキャリア

30代以上で年収アップしたい方におすすめ

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 顧客満足度3年連続No.1
  • 日本全国のネットワークを活かした案件が豊富
  • 転職後の年収アップ率67.1%
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 35,023 140,092
ヒアリング力 提案力 サポート
3.2/5点 3.3/5点 3.3/5点
拠点
全国6拠点(東京/大阪/名古屋/静岡/広島/福岡)

パソナキャリアのメリット

2021年度顧客満足度1位
パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で3年連続1位に選ばれる大手転職エージェントです。求人とキャリアアドバイザーが良質なことはもちろん、内定後の退職手続きまでサポートしてくれる徹底した顧客目線の転職サポートが人気です。
地方転職にも有利
パソナキャリアは、面談をうける拠点数は6箇所ですが、運営元のパソナグループは国内50拠点以上を有する大手企業です。全国数多の企業と直接求人を交渉してきているため、首都圏のみならず、地方での転職も質量ともに安心できる体制があります。
年収アップ率67.1%の実績
パソナキャリアでは、18万人以上の転職支援実績を公開しています。年収アップ率67%超えは驚異の実績であり、さらに1年以内の転職決定率が94%であることからも、専任キャリアアドバイザーのクオリティの高さが実証されています。

パソナキャリアのデメリット

若年層の転職実績は少ない
パソキャリアの20代求職者の転職支援実績は、全体の10%以下であり、他大手転職エージェントに比べて、少ない傾向にあります。30代以降で転職をする方におすすめしたいエージェントだと言えます。
未経験転職は他エージェントに劣る
パソキャリアの転職・再就職活動実績では、40代以降の求職者支援が全体の88%を占めています。必然的に経験者を求める企業とのひも付きが強く、未経験転職を志望する場合は、リクルートかマイナビエージェントへの登録を推奨します。

パソナキャリアの評判と口コミ

男性アイコン
うたさん|40代前半|男性|製造業|2021.04.17
良い点
|転職理由のアドバイスや、転職先のリサーチがを手厚くして頂いた。
同業種への転職で、転職回数が多い私ですが、私が考えた転職理由を更にポジティブな印象を持っていただけるように何度も丁寧にアドバイス頂いた。
私の希望に対して、様々な角度から転職先を紹介して頂き、私とどうマッチしているのか、マイナス面を含めても面白いのではないかと丁寧なアドバイスを頂きました。
悪い点
|求人数が少し少ない
転職サイトにいくつか登録して転職し活動をしていました。
大手の転職エージェントさんは書類選考が通らなくてもすぐ次の案件を持ってきていただきましたが、一旦手持ちの求人がなくなり次の求人が出るまでの待ち時間が少しありました。
女性アイコン
うりさん|20代後半|女性|IT関連|2021.04.16
良い点
|大手の求人が多くスムーズに転職活動できました
大手企業システム子会社のSEから、大手企業のIT部門への転職で利用しました。
担当者は非常にIT業界に詳しく、面談を通じて私の転職条件を詳細化していただけた上、職務経歴書も会社ごとにいくつかの区分を設けて添削してもらえました。
さらに、紹介してもらった求人は大手の有名どころが多く、福利厚生などの条件も満足いくものばかりでした。
また面接の前には、過去に他の人が聞かれた質問内容を教えてもらえたので、スムーズに面接に臨むことができました。
悪い点
|内定が出た後のフォローが薄かった
6社応募し、5社から内定をいただけました。
その中で条件などから自分で2社まで絞り込んでおり、あとは給与次第で決定すると担当者に伝えていたのですが、実際に給与交渉は行ってもらえずに、最初に提示された給与となってしまいました。フォローしていただけないのであれば、もっと自分で交渉したのにと思いました。

type転職エージェント

転職サイトのアクセス者数No.1

type転職 エージェント

type転職エージェントの特徴

  • IT、通信、Webエンジニアの転職に強い
  • 首都圏企業のパイプが太い
  • 毎週1対1の相談会を無料開催
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 3,025 15,125
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.4/5点 3.3/5点
拠点
1拠点(東京都港区赤坂)

type転職エージェントのメリット

IT・通信・Webエンジニアに強い
type転職エージェントは、アクセス者数No.1の転職サイト「type」を運営するキャリアデザインセンター(東証一部上場)のサービスです。転職サイトでの企業との関わりから、IT系を中心としたエンジニア職、クリエイティブ職の求人案件が豊富です。
首都圏中心の企業に影響力を持つ
type転職エージェントは、他の大手転職エージェントと異なり、拠点は1つのみです。20年以上首都圏で人材紹介を行っているため、他エージェントよりも細かい情報提供とキャリア提示、企業への交渉に期待できます。
無料の転職相談会や転職セミナーを毎週開催
type転職エージェントでは、毎週平日と土曜日に1対1の相談会を実施しています。「転職活動で何をすべきかわからない」「面接のアドバイスが欲しい」といった質問やキャリアに関する悩みなどを、キャリアアドバイザーに相談することができます。

type転職エージェントのデメリット

求人件数が少ない
type転職エージェントは、他大手転職エージェントと比較すると求人件数で見劣りします。首都圏かつIT系就職の方以外は、リクルートエージェントやDODAに登録したほうが転職に効率的です。
地方転職にはおすすめできない
type転職エージェントは首都圏(東京・ 横浜・ 大阪など)に強みをもつ転職エージェントなので、地方就職を考える方にはおすすめできません。

type転職エージェントの評判と口コミ

男性アイコン
キャリア満々さん|30代後半|男性|建築関連|2021.01.08
良い点
|専門的な仕事も紹介してくれた
きめ細やかさサポートを受けることが出来たので、安心して忙しい時でもどんどんと転職活動を進めることが出来ました。
専門的な仕事をしていましたが、自分の特殊なキャリアに合っている仕事を紹介してくれたので、利用してよかったと感じています。
悪い点
|求人数がもっと多いと良かった
他のエージェントのサービスを利用したことがありますが、少し全体的に求人数が少なかったように感じています。
自分は理想通りの仕事を紹介してもらうことが出来ましたが、もっと選択肢が多い方が、より働きやすい職場を見つけることが出来たかもしれないです。
男性アイコン
トミーさん|20代後半|男性|営業|2021.05.25
良い点
|経験値が高い人が多い
担当の方が、かなり経験のある方で、こちらの要望に対しても真摯に対応してくれました。転職サービスは担当者が合わないことが多く、どこを使っても変わらないと思っていましたが、このエージェントはプロの人が多いと感じ、利用しやすかったです。
悪い点
|求人が少ない
他の大手転職エージェントと比較すると求人が少ないような気がしました。もちろん大手の企業もたくさんあるのですが、母数である求人が少ないとその中から自分に合った企業を探さなければならないので、希望に見合った職種が見つからない可能性も高いです。

業界特化型のおすすめエージェント

業界特化型エージェントの特徴

転職する際に、特定の業種業界などのキャリアが決まっている方は、特化型転職エージェントがおすすめです。業界や企業に対する造詣があるため、専門的なアドバイスがもらえます。

職種 エージェントと特徴
エンジニアエンジニア
  • レバテックキャリア
  • ・エンジニア専門転職エージェント
  • ・透明度が高く書類通過率などを公開中
  • ▶公式サイトはこちら
webWeb
営業営業
  • マイナビ営業
  • ・大手マイナビの営業特化エージェント
  • ・メーカー/商社/人材/広告など求人多数
  • ▶公式サイトはこちら
管理部門管理部門
コンサルコンサル
  • アクシスコンサルティング
  • ・コンサル業特化エージェントの老舗
  • ・大手コンサルティング会社の実績多数
  • ▶公式サイトはこちら
アパレルアパレル
ファッション
タクシータクシー
ブライダルブライダル
  • リクシィキャリア
  • ・異業種からのブライダル転職実績多数
  • ・ブライダル→別業種転職もサポート
  • ▶公式サイトはこちら
薬剤師薬剤師
介護職介護職
医師医師
看護看護師
保育士保育士
製造製造
  • メイテックネクスト
  • ・製造系エンジニアの求人数No.1
  • ・独占求人も豊富の老舗エージェント
  • ▶公式サイトはこちら
地方就職地方就職
  • ヒューレックス
  • ・地元へのIターン・Uターン転職に強い
  • ・遠方転職ノウハウが唯一無二
  • ▶公式サイトはこちら
外資系外資系

リクナビNEXTの登録と内定までの流れ

リクナビNEXTの登録はめんどう?

転職しようと思って、リクナビNEXTを開いても会員登録が面倒…という経験は筆者もしています。しかし、10分で終える作業ですし、必要なものはメールアドレスだけなので簡単迅速です!

プロフィール入力などは、一見すると大変そうですが、すべてプルダウン選択なのでスーっと入力できます。職務経歴もテンプレートが用意されているので、重要部分を書き換えるだけ。

登録するだけで、無料で履歴書作成やグッドポイント診断など、便利なサービスを使えるのも魅力なので、めんどくさがらず会員登録を進めましょう!

リクナビNEXTの登録方法

  • STEP1

    公式サイトからメールアドレスを登録する

    image (165)

    公式サイトからメールアドレスを入力し、仮登録メールを受信します。転職専用のアドレスを、Gmailなどのフリーメールで用意しておくと便利です。

  • STEP2

    会員情報の入力

    Frame 4

    仮登録メールに記載の本登録用URLをクリックして、会員情報を入力します。

    最低限入力するのは、「氏名」「生年月日」「性別」「パスワード(6~20桁の半角英数字)」「住所」「電話番号」です。

    住所や電話番号は、会員情報登録の段階では必須項目となっていませんが、ログイン後に必ず入力しなければならなくなるので、登録の段階で設定しておきましょう。

  • STEP3

    プロフィールを入力

    image (169)

    現在の雇用形態や年収など、就業状況を入力します。入力項目はすべて選択式なので面倒ではありません。

    登録時に面倒であれば、ログイン後に変更することも可能なので、一旦は適当に入力しても結構です。

  • STEP4

    転職希望条件を入力

    image (170)

    希望の転職時期や勤務地、職種を入力します。

    image (171)

    職種に関しては、一覧から選択するだけなので入力する手間がありません。

    転職希望時期について

    本気で転職をしようと考えている方は、転職希望時期をできるだけ直近にしておくのがおすすめです。なぜなら、バッファを取ってしまうと対応を後回しにされてしまう可能性があるからです。

    時期が決まっていない方も、転職をしたいという意思があるのであれば近い時期にしておくようにしましょう。

    希望職種について

    希望職種は、登録の段階できちんと設定しておくのがおすすめです。ログイン後に変更することもできますが、設定した希望職種によっておすすめされる求人が変わってくるためです。

    効率的に転職活動をすためにも、希望職種を絞って求人を探すようにしましょう。

  • STEP5

    現職・スキルを入力

    image (172)現職や直近の勤務先の情報は正直に入力しましょう。社名入力が必須になっていますが、社名は現職等に一切公開されることはありません。むしろ、ここで設定することによって現職にバレない仕組みになっています。

    image (173)

    スキルの入力は任意ですが、資格があるのであれば入力しましょう。ただ、登録後にも入力や変更は可能なので、一旦は大雑把でも問題ありません。

    image (174)

    レジュメは非公開でも問題ありません。もし、転職エージェントからスカウトなどのオファーが欲しいと思ったら、ログイン後に公開設定することも可能です。

  • STEP6

    職務経歴を入力

    image (175)

    職務経歴書を入力します。テンプレートがあるので、必要な箇所を穴埋めしていきます。登録後に編集もできるので、登録の段階では大雑把でも問題ありません。

  • STEP7

    転職エージェントへの登録の有無

    image (176)

    リクルートエージェントへの登録は、情報収集の段階であれば登録しなくても差し支えありません。転職時期が決まっていて、本気で転職活動をしようと思っている方は登録しておきましょう。

    リクルートエージェントとは

    リクルートエージェントとは、リクナビNEXTと同じ運営会社「リクルート」が運営する転職エージェントです。

    リクルートエージェントでは、専任の転職アドバイザーがついて、求人を探してくれたり、面接対策から面接のセッティングを行い、内定までを徹底サポートしてくれます

  • STEP8

    資格・経験職務を入力

    image (177)

    持っている資格と経験職務を入力に関しても、登録後にも入力できるので登録段階では入力しなくても問題ありません。

  • STEP9

    希望条件アンケートを入力

    image (178)

    ABの2択式で質問される、転職条件に答えながら、転職条件を入力します。

    5項目ほどありますが、「これらの条件はスキップする」という項目をタップし、選択をスキップすることも可能です。

  • STEP9

    登録完了

    image (179)

    アンケートに答えたら登録完了です。登録後に内容を精査することができるので、まじめに登録しても5分、各項目を適当に入力するともっと早く登録できます

    登録後3日くらいは求人紹介のメールがたくさん来ますが、中には有益な情報がある可能性もあるので、目を通しておくとよいでしょう。

リクナビNEXTの使い方と内定までの流れ

リクナビNEXTの使い方と内定までの流れ

  • STEP1

    条件を絞って検索

    リクナビNEXTの希望勤務地 × 理想の働き方で探す

    リクナビNEXTに登録したら、まずは条件を絞って求人を探してみましょう。興味のある企業を見つけたら即エントリーするか「お気に入り」登録して、忘れないようにしておきましょう。

    職種や勤務地、年収から求人を検索できることはもちろん、リクナビNEXTでは「理想の働き方」から求人を探すことも可能です。

    求人検索をするときのポイント

    求人検索をする際は、条件を絞りすぎないのがポイントです。なぜなら、条件を絞りすぎてしまうと該当する求人も絞られすぎてしまい、かえって理想の求人に出会えない可能性があるからです。

    幅広い求人に目を通すことで、挑戦してみたいと思える職種が見つかることもあります。あらかじめ、絶対に譲れない条件と、譲歩できる条件を精査しておくとよいでしょう

    キーワードランキングに目を通す

    転職希望の業種などが決まっていない方は、人気のキーワードから、みんなが調べている求人を見てみましょう。転職のヒントが得られるかもしれません!

  • STEP2

    履歴書・職務経歴書を作成してオファーを待つ

    履歴書・職務経歴書を作成してオファーを待つ

    リクナビNEXT上で履歴書・経歴書を作成すれば、希望条件に合う企業からオファーが届くようになります。求人情報をみて、興味があれば掲載締め切りまでに「この求人に応募」「詳しく知りたい」ボタンを押します。

    返信する場合は、テンプレートが用意されているのでかんたんに連絡可能です。オファー内容に興味がない場合は断らなくて大丈夫で、興味があるけど今はタイミングではないという方は、「気になる」ボタンで保存しておけます。

    企業からのオファーが少ない場合

    企業からのオファーが少ない場合は、希望条件を絞りすぎている可能性があります。どうしても条件を譲れない場合は、転職エージェントを利用しましょう

    転職エージェントでは、転職サイト上には公開されていない非公開求人の扱いがあるので、これまで出会えなかった求人に出会える可能性が高くなります。

  • STEP3

    応募・書類選考・面接

    応募・書類選考・面接

    企業からのスカウトや求人検索などから、数社ピックアップして応募します。応募する際には「プロフィール」「学歴・語学・資格」「経験職務チェック」「職務経歴」が登録されていなければ応募できません。サイト右上の『各種設定』から設定を行いましょう。

    企業とのやり取りは、「メッセージ管理」から行います。面接日程を決めて面接に望みましょう。服装や職務経歴書の有無は、予め企業側に確認しておくと間違いがありません。

    このタイミングで、リクナビNEXTで見ることのできる「転職ノウハウ」は必ず確認してください。経歴書の作り方、面接時のマナーなど転職活動に役立つ情報満載です。

  • STEP4

    内定・入社調整

    内定・入社調整

    無事に内定をもらえたら、入社日の調整を行います。複数社から内定をもらっている場合の内定辞退の連絡は、電話やメールで丁寧に行いましょう。

    リクナビNEXTは特に退会する必要はなく、放置しておいて問題ありません。次回転職することも踏まえて、IDとパスワードは必ず保存しておきましょう。

    ちなみに転職を始めてから内定がもらえるまでの期間は、早い人で1ヶ月以内、平均で3ヶ月以内です。もし3ヶ月以上時間がたってしまう場合は、転職エージェントを使ってプロに相談するのがおすすめです。

初めての転職で不安な方へ

転職経験がない方は転職サイトだけでなく転職エージェントを併用するのが転職成功のポイントです。
求人のピックアップから、面接対策、書類添削、入社日の調整や退職交渉のアドバイスまでサポートしてもらえます。

リクナビNEXTの退会方法

リクナビNEXTの退会方法

リクナビNEXTの退会は、かんたんです。各種設定の最下部にある「退会する」のボタンを押して、手続き画面に移行しましょう。

退会理由を記載したり、数分で終わるアンケートの回答を求められますがスキップ可能です。注意点としては、無料サービスなので退会するメリットがないという点です。一度退会すると、再び使う際に最初から登録することになってしまいます。

オファーやメールが面倒な場合は、同じ画面内にある「情報配信設定」「スカウト」すべて停止とオフにすれば良いだけです。よほどの理由がなければ、放置しておきましょう。

リクナビNEXTで出来ない事とリクナビエージェントの違い

リクナビネクストで出来ない事

比較項目 リクナビNEXTリクナビNEXT リクルートエージェントリクルート
エージェント
キャリア相談
全て自分で行動

転職活動を全サポート
求人件数
多種多様な求人が掲載

非公開求人もある
気軽さ エージェント介入なし エージェント介入あり
成功率 自分次第 転職ノウハウが豊富
面接対策 自分次第 企業毎に対策可能
年収UP 自分次第 条件交渉してくれる
手間 一人で行う エージェントと二人三脚
マッチ率 情報が少ない 表にでない情報を入手

キャリア相談・サポート

リクナビNEXTでは、全ての転職活動を自分ひとりで行わなければいけません。それに対して、リクルートエージェントは、転職のプロが相談にのってくれ、転職成功へのプランを一緒に考えてくれます。

求人の紹介

リクナビNEXTは、自分で検索して求人を探すのが一般的です。リクルートエージェントの場合は、キャリア面談の結果を踏まえて、自分にぴったりの求人をアドバイザーが選んで紹介してくれます。

さらに、転職サイトには掲載のない非公開求人の情報ももっているため、リクナビNEXTでは見つけられなかった新しい求人に出会える可能性もあります。

履歴書・職務経歴書の添削

リクナビNEXTでは書類の一切を、自分自身で作っていかなければいけません。リクルートエージェントでは、企業毎に必要とされる情報などをアドバイスしつつ、履歴書などの添削を行ってくれます。

面接調整と面接対策

リクナビNEXTでの転職活動は、企業とメッセージを複数回やりとりして面接日の調整を行うことになります。リクルートエージェントでは、転職者の希望に合わせて、担当者が企業と面接の日程調整を行ってくれます。

さらに、面接を通るためのアドバイスを行ってくれたり、模擬面接などを行うことで内定率を高めてくれます。

年収交渉

リクナビNEXTを通して、自分で転職する場合、企業側に年収を交渉するのは難しいです。リクルートエージェントをはじめとする「転職エージェント」では、年収交渉まで代行してくれます。

【Q&A】リクナビNEXTのよくある質問

リクナビNEXTに登録したら現職にバレないですか?

リクナビNEXTでは、個人名や生年月日など、個人情報をどの会社も見れないように設定されています。ただし、レジュメを公開していると、経歴情報などから個人を推測されることもあります。

もし、心配であれば「レジュメ公開ブロック」という機能を使えば身バレすることはありません。『各種設定』→『レジュメ公開ブロック』から設定して、転職活動をバレずに行えます。

未経験で応募可能な仕事も掲載されていますか?

リクナビNEXTでは、未経験採用の求人も豊富です。実際に2021年12月時点では、5,2000件の求人のうち、1,4000件以上の求人が未経験者歓迎の求人です。

古い求人が掲載されてて、実際には応募できないって聞きました。

そんなことはありません。リクナビNEXTでは常に新着求人が豊富にあり、さらに掲載期間も決まっているので古い求人情報は消える仕組みになっています。

毎週3,000件の求人が新しく公開されているので、常に求人に積極的な企業と出会えます。新着求人は、毎週水曜日と金曜日に出稿されるので、水・金曜だけでも確認するのがおすすめです。

応募した企業から連絡が来ないことなんてありますか?

残念ながらあります。採用担当者が少人数の企業などは、大量の求職者から連絡がくると対応できなかったり、漏れてしまうことがあります。連絡が1週間以上こなければ再度連絡をとってみましょう。

オファーって何?

レジュメや希望条件を登録しておくと、企業やエージェントから連絡がくる仕組みを「オファー」と言います。求職者が企業を探すのではなく、企業側から求職者にアプローチする手段です。

オファーが届いたらどうしたらいいですか?

気になるオファーが届いたら、掲載締め切りまでに「この求人に応募」「詳しく知りたい」ボタンを押して返信しましょう。

ちなみに自分に合わないと思ったオファーは無視して放置しても大丈夫ですし、オファー右上の「×ボタン」を押せば削除可能です。

オファーを使わないと転職できない?

オファーを使わないでも転職できます。リクナビNEXTは、本来自分で求人を探して、気になる企業にエントリーする転職サイトです。

オファーに頼らずとも自力で良い企業を探しても良いですし、気になる企業からオファーがきたら対応することも選べます。

リクナビNEXTの求人にブラック企業はありますか?

ブラック企業の定義にもよりますが、リクナビNEXTには嘘の求人や釣り広告は掲載されづらい仕組みになっています。リクルートには原稿チェック専門の部隊がいるため、虚偽の内容を見抜いた上で掲載を許しません。

とはいえ、まれにブラック企業と呼ばれるような、労働基準法を守らない会社もいるかもしれないので、企業口コミサイト『OpenWork』などで、実際に働いた社員の評判を確かめるのがおすすめです。

リクナビNEXTの退会のやり方を教えてください

リクナビNEXTの退会は、かんたんです。各種設定の最下部にある「退会する」のボタンを押して、手続き画面に移行すればすぐに退会できます。

リクナビNEXTから迷惑メールがくることがある?

業者からの迷惑メールである可能性が高いです。2021年現在「リクナビよりご依頼です」というタイトルで、仕事紹介や個人情報の登録を求めるメールが届くことがあるようです。

不審に感じたら、メアドの@マーク以降を確認しましょう。少なくとも「.co.jp」でなければ法人以外からの迷惑メールの可能性があります。

応募したのに企業から連絡が来ないことがあります?

求人に応募したり、オファーメールに返信したのに相手からレスが来ないことがあります。リクナビNEXTの掲載企業は、大量の応募者とやりとりしていることもあり、掲載中に採用が終了してることもあります。

転職サイトだけではなく、転職エージェントと併用することで、コンタクトがとれる企業と出会える確率を事前に上げておきましょう。

まとめ

リクナビNEXTは、求人数が多いうえに検索もしやすいため、初めて転職するのに適した転職サイトだと言えます。業種業界も偏りがなく、自分にあった転職先を探せます。

また、転職活動が本格化していない段階でも「グッドポイント診断」など精度の高い自己分析ツールが使えます。無料なので、まずは登録しておくべきです。

ただし、リクナビNEXTだけだと面接対策や書類の添削ができません。併用して転職エージェントを活用することで理想の転職を叶えましょう。

リクナビNEXT公式サイトはこちら

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【20代・第二新卒におすすめ】
  • ・未経験OKの求人が豊富
  • ・カウンセリング実績11万人
  • ・大手企業の内定率80%超
関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス