ノウハウ:転職エージェント

【2021年最新版】転職サイトtypeの登録方法を画像付きで徹底解説!

数ある転職サイトの中でも、老舗の転職サイトとして知られているのが「転職サイトtype」だ。電車のつり革広告で「転職フェア」の広告を見たことがある人も多いかもしれない。この転職フェアはtypeが主催しているイベントになる。転職サイトに加えて、エージェントサービスや転職フェアの開催など、幅広いサービスを提供している点が、typeの特徴だ。

本記事では、転職サイトtypeについて、登録方法や利用するメリットなど詳細を解説していく。typeを利用してみたい人、typeについて知りたい人はぜひ一読して欲しい。

typeとは

会社名株式会社キャリアデザインセンター
設立1993年7月8日
本社所在地東京都港区赤坂3-21-20赤坂ロングビーチビル
提供サービス内容人材紹介事業、転職情報サイトの運営、転職フェアの開催 など

転職サイトtypeは「ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト」をスローガンに求人紹介を行っている。typeの運営会社である「株式会社キャリアデザインセンター」は1993年に設立されており、転職支援業界の中では老舗の企業だ。提供サービスは転職サイトtype以外に、下記のものが挙げられる。

  • エンジニアの転職type:エンジニア求人に特化した求人サイト
  • 女の転職:女性限定の正社員転職サイト
  • エンジニアtype:技術者のためのキャリア・転職情報発信サイト
  • 20’s type:20代社会人向けのキャリア情報サイト
  • type転職エージェント:専任の転職エージェントによる転職サポートサービス

老舗の転職サイト運営会社ということもあり、転職関連のサービス・WEBメディアを多数扱っている。特に、世代や性別、職種に特化したサービスが多い点が特徴だ。

typeの登録方法

それではtypeの登録方法について確認していこう。

まずはtypeの公式ホームページにアクセスする。画面右上に表示されている「新規会員登録」をクリックしよう。

すると新規会員登録の画面に移る。画面右側に表示されている「メールアドレスで登録」をクリックしよう。

氏名・メールアドレス・パスワードの入力、性別の選択を行い、完了したら「会員登録する」をクリックする。

次に基本情報の選択・入力を行っていく。画面に表示された質問に沿って回答していこう。

基本情報の入力が完了すると、「入力ありがとうございました!」という表示が出てくる。

引き続き、スキル・資格・勤務先の入力を行っていく。勤務先の入力欄では、職務内容の入力欄があるので、なるべく具体的に職務内容を記載しておこう。最大2000文字まで記載することが可能だ。

これで情報入力はすべて完了となる。登録後、すぐにtypeで求人検索・応募が可能だ。

typeを利用するメリット

typeを利用するメリットとして、下記の4点が挙げられる。

  • IT系、営業系職種の求人が充実している
  • 「転職ノウハウ」の記事コンテンツが無料で閲覧できる
  • 「転職フェア」や「type転職エージェント」を併用できる
  • スカウト機能で企業から直接メッセージが届く

それぞれ詳細を確認していこう。

IT系、営業系職種の求人が充実している

typeではIT系・営業系職種の求人が充実している。2021年6月20日現在、typeに掲載されている求人数は全部で「3,045件」で、そのうちIT系の求人数が「1,328件」、営業系の求人数が「465件」となっている(type公式サイトより引用)。特に、IT系の求人は開発言語や勤務形態など、条件を細かく指定することが可能だ。希望年収からリサーチすることもできるので、転職で年収アップを実現したい場合もtypeの利用はおすすめといえる。

「転職ノウハウ」の記事コンテンツが無料で閲覧できる

typeには、転職前の準備や書類作成・面接対策など「転職ノウハウ」に関する記事コンテンツが掲載されている。typeの登録者は記事コンテンツをすべて無料で閲覧することが可能だ。転職のみならず、仕事全般のコラムも掲載されているので、転職後にも活用することができる。

また、記事コンテンツに加えて「動画」による転職ノウハウの解説も行われている。大手有名企業の人事が出演している動画も多数あり、転職現場のリアルな意見・情報を知ることが可能だ。

「転職フェア」や「type転職エージェント」を併用できる

typeでは求人サイトのみならず、「転職フェア」や「type転職エージェント」といった転職希望者をサポートしてくれるサービスも提供されている。転職フェアは、大手企業を含めた数十~数百社の企業が集結して、企業説明会や面接会を実施する転職イベントだ。特に「エンジニア転職フェア」は業界最大級の転職フェアとなっている。

type転職エージェントでは、専属のキャリアアドバイザーが自分の希望条件に合った求人を紹介してくれる。書類作成や面接対策のサポートも行ってくれるので、type転職サイトと合わせて利用するのがおすすめだ。

スカウト機能で企業から直接メッセージが届く

typeには「スカウト機能」が搭載されている。企業側から直接メッセージが届くので、自分で求人を探す手間を省くことが可能だ。企業側はスカウトを行う際に、登録情報を参考にしている。特に「資格・スキル・勤務先」の情報はよく見られる部分なので、なるべく詳細に記載しておくようにしよう。

typeを利用するデメリット

typeを利用する際は、メリットのみならずデメリットも少なからず生じてくる。typeを利用するデメリットは下記の3点だ。

  • 面談、履歴書添削、面接対策などのサポートはなし
  • 掲載求人は東京、大阪など首都圏が中心
  • マッチングされた求人が自分に適しているとは限らない

面談、履歴書添削、面接対策などのサポートはなし

typeでは「面談・履歴書添削・面接対策」などのサポートは実施されていない。求人を探すことはできるが、応募後の各種やりとりはすべて自分で行う必要がある。サポートを受けたい人にとっては、少々心細いかもしれない。

面接対策などのサポートを受けたい場合は、前述した「type転職エージェント」の併用をおすすめする。type転職エージェントを利用すれば、履歴書添削・面接対策などの各種サポートを行ってくれるので、初めての転職活動でも安心だ。

掲載求人は東京、大阪など首都圏が中心

typeに掲載されている求人は、東京や神奈川、大阪など首都圏を勤務地とする求人が多い。一応、「日本全国対応」とサイトには掲載されているが、地方の求人は首都圏の求人と比べると圧倒的に少ない。地方での転職を希望している人は、他の転職サイトも合わせて登録しておくことをおすすめする。

マッチングされた求人が自分に適しているとは限らない

typeでは「AI」が自分に最適な求人をマッチングして提案してくれる機能が搭載されている。ただし、マッチングした求人が必ずしも自分に合っているとは限らない。中には、自分の希望条件を満たさない求人が表示されることもある。マッチングの精度は完璧ではないので、過信しないよう注意して欲しい。

typeの利用がおすすめな人

typeの利用がおすすめな人は、下記の項目に当てはまる人になる。

  • エンジニア、営業職への転職を希望している
  • 自分のペースで転職準備を進めたい
  • 都心部の企業に転職をしたい

エンジニア、営業職への転職を希望している

エンジニア、営業職への転職を希望している人は、typeの利用が最適だ。typeではエンジニア・営業職の求人が豊富に扱われている。特にエンジニアの求人数は全体の求人数の半分近くを占めているので、自分の希望に合った求人を探しやすい。姉妹サイトの「エンジニアの転職type」でもエンジニア求人が扱われているので、通常のtypeと合わせて登録することでより効率よく求人を探すことが可能だ。

自分のペースで転職準備を進めたい

自分のペースで、計画的に転職準備を進めたい人にもtypeはおすすめだ。typeでは求人の応募から企業との面接まで、すべて自分で行っていく。自分が納得のいく形で転職活動を進めることが可能だ。typeに掲載されている「転職ノウハウ」の記事コンテンツを読めば、初めて転職活動を行う人でも無理なく転職準備を行うことができる。

都心部の企業に転職をしたい

東京や神奈川、大阪など都心部の企業に転職したい人にもtypeの利用はおすすめだ。typeに掲載されている求人の多くは「都心部が勤務地」となっている。地方から都心部に出て仕事をしたい、都心部から離れたくないという人にとって、typeに掲載されている求人は最適といえるだろう。ただし、都心部エリア内での転勤が生じる職種(特に、客先常駐のエンジニア)もあるので、応募前に確認するようにしよう。

typeの評判・口コミ

次に、typeの評判・口コミについて確認していく。

(引用元:Twitter
(引用元:Twitter
https://twitter.com/ryan_outdomony/status/1404623874579337217
(引用元:Twitter

良い評価としては、「検索条件が充実している」といった評価が多く見られた。ユーザーの利便性を考えて検索条件が設定されている点、高評価に繋がっている模様だ。

悪い評価としては、「掲載されている企業の対応が悪い」といった意見が見られた。掲載企業のすべてが優良企業という訳ではない。「対応の良し悪し」をもとにして、実際に面接を受けるか否か判断していこう。

全体的には、type自体のサービスに対して悪い評価はほとんど見られない。typeは安心して利用できる転職サイトと考えて良いだろう。

typeを利用する際のポイント

typeを利用する際は、下記のポイントを押さえるようにして欲しい。

  • 自分が希望する職種の求人が掲載されているか
  • 自分で求人探しを行うのに抵抗がないか
  • 企業との交渉・やり取りをこまめに行う

自分が希望する職種の求人が掲載されているか

typeに自分が希望する職種の求人が掲載されているか、確認するようにしよう。求人の検索は、typeに登録する前でも行える。希望する職種の求人がない場合は、別の転職サイトへの登録をおすすめする。

自分で求人探しを行うのに抵抗がないか

typeはスカウト機能によって企業からメッセージが届くが、基本的には自分で求人を探す必要がある。自分で求人探しを行うのに抵抗がない場合は問題ない。ただ、求人をすべて紹介して欲しい場合は、転職エージェントサービスを利用する必要がある。typeでもエージェントサービスである「type転職エージェント」を提供しているので、合わせて利用してみて欲しい。

企業との交渉・やり取りをこまめに行う

求人に応募したら、企業との交渉・やり取りを進めていくことになる。最初はメッセージでのやり取りが中心になるが、顔が見えないやり取りである分、こまめに連絡を取り合うことが企業からの評価アップに繋がると考えて良い。メッセージのやり取りで、すでに採用選考が始まっていると認識しておこう。

まとめ

typeはエンジニア、営業職を中心に幅広い職種の求人を扱っている。勤務地や年収、保有スキルなど細かい条件を設定して求人を絞ることが可能だ。履歴書添削や面接対策など、転職支援のサポートは受けられないので注意して欲しい。各種転職サポートを受けたい場合は、姉妹サービスである「type転職エージェント」への登録もおすすめする。

typeへの登録は5~10分ほどで完了できる。スマホ、PCいずれからも登録可能だ。登録は「無料」で行えるので、これを機にぜひtypeへ登録してみて欲しい。

編集部のおすすめ転職サービスランキング