ノウハウ:転職エージェント

リクナビNEXTの評判は?利用者の口コミからメリット・デメリットを解説

リクナビNEXTの評判は?利用者の口コミからメリット・デメリットを解説

リクナビNEXT(リクナビネクスト)の評判はどうなのかと気になっている人はいないだろうか。

リクナビネクストは国内でもトップクラスのシェアを誇っている求人情報サイトであり、転職を検討するときには当然のように登録するものだと思っている人もいるだろう。

しかし、他にも求人サイトはたくさんあるので、本当にリクナビNEXTで良いのかが悩みになることも珍しくはない。

リクナビNEXTの評判は口コミを見てみると詳しく理解することが可能だ。

この記事ではリクナビNEXTの特徴をあらためてまとめた上で、利用者からの口コミを幅広く紹介する。良い評判も悪い評判もあるので、利用すべきサービスかどうかを検討してみて欲しい。

リクナビNEXTの特徴

リクナビNEXTは人材業界最大手として知られる株式会社リクルートが運営している求人サイトである。

長い歴史と実績を持っているリクナビが運営しているため、安心感があるサイトなのは確かだろう。求人情報サイトとしては次のような特徴があることが知られている。

公開求人数が業界でも最高水準にある

リクナビNEXTは業界最高水準の公開求人数を誇っているのが特徴だ。時期によって総数には上下動があるものの、約50,000件を維持している。

他の求人情報サイトではせいぜい10,000件少々しか公開されている求人がないのが普通だ。数千件程度というのが標準的なので、圧倒的な求人数があるのは明らかである。

求人数が多ければそれだけ多数の候補を検討できるため、転職によって満足できる職場に移れる可能性が高くなる。

リクナビNEXTではキャリアアップを狙いたい人のための求人から、未経験分野にチャレンジしたい人も応募できる求人まで幅広く取り扱っている。業種も職種も総合的に対象としているため、広い視野でキャリアを考えることが可能だ。

転職サポートはなく自分で探す

リクナビNEXTは転職サポートではなく、求人情報を提供するサービスである。転職エージェントと違って面談をする必要もなく、自由に検索をかけて希望の求人を探せるのが特徴だ。

ただ、リクナビNEXTはただ求人票を掲載して検索できるシステムを提供しているだけではない。転職したいと考えている人が自分で求人を探しやすいようにサービスを充実させているのが魅力である。

リクナビNEXTの公式サイトでは登録をすればログインをして利用することができる。ログインすると履歴書を作成したり、アップロードした職務経歴書を使ったりして求人に簡単に応募することができる。

また、履歴書などのプロフィールを公開して企業や転職エージェントからのオファーを募集するスカウト機能も搭載されている。他にも求人のお気に入り登録などもできるため、希望の求人を探しやすいシステムになっている。

リクルートエージェントとの連携がある

リクナビNEXTには転職サポートのサービスはないが、運営しているリクルートはリクルートエージェントという転職エージェントサービスも提供している。

リクナビNEXTの情報はリクルートエージェントと共有してもらうこともできるため、連携してサポートをしてくれるのも特徴である。

リクルートエージェントを使えばキャリアカウンセリングを受けたり、履歴書や職務経歴書の添削をしてもらったりすることも可能だ。

転職の不安について相談することも、求人を紹介してもらうこともできる。

自分で求人を探しつつ、転職エージェントによるサポート儲けたい人にとっては魅力が大きいだろう。エージェントが応募状況なども把握してくれるため、希望に合う求人を紹介してくれる可能性が高くなるからだ。

リクナビNEXTの良い評判

リクナビNEXTは多数の求人を候補にできる点で優れているので使いたいと思う人も多いだろう。

ただ、評判が良いかどうかは事前に確認しておきたいと思うのももっともなことだ。

ここではTwitterのツイートに着目して良い評判を探した結果を紹介する。以下のような良い評判があるので、内容を少し掘り下げてみよう。

  • 東京での求人が豊富にある
  • 履歴書の作成機能が魅力的
  • 多数のオファーを受けられる

東京での求人が豊富にある

リクナビNEXTは全国対応の求人情報サイトだが、特に東京での求人が豊富ということが口コミからわかる。

以下のツイートを参照してみると、いかに東京勤務の求人が豊富かが理解できるだろう。

東京を考えていた人も東京で働こうという気持ちが生まれているケースもある。

人気が高いエリアの東京では仕事の獲得競争が激しく、すぐに応募者がいて求人が取り下げられることも多い。

しかし、リクナビNEXTでは常に多数の東京勤務の求人を選べる状況を作り上げているのである。

履歴書の作成機能が魅力的

リクナビNEXTの履歴書や職務経歴書の作成機能は評判が良い。

転職活動を始めるときには書類選考のために必要な履歴書や職務経歴書を準備する必要がある。しかし、適切な内容を正しく盛り込んだ書類を用意するのは大変になりがちだ。

リクナビNEXTではその問題を克服できる自動作成サービスを提供しているのである。

情報登録をするだけで書類作成ができるのは簡便で評判が良いのは確かだが、内容についても評価は高い。

スムーズに転職活動を進めるにはリクナビNEXTを使うのが良いと考えられるだろう。

多数のオファーを受けられる

リクナビNEXTに関するツイートではとにかく多数のオファーを受けられる点に言及しているものが多い。

企業からの直接スカウトに加え、転職エージェントやヘッドハンターからのオファーがあることも以下の口コミからわかる。

多数のオファーがあれば魅力的な転職先を選び出せるのは明らかだ。

リクナビNEXTが候補をできるだけ増やして検討したい人から好評を得ている理由である。

リクナビNEXTの悪い評判

リクナビNEXTには以下に示すような悪い評判もあるので注意しよう。

Twitterでの口コミを見てみると、必ずしも良い評判ばかりではないのである。

  • 地方になると求人数が少ない
  • 企業や転職エージェントからのオファーの質にばらつきがある
  • オファーが希望に合わないことがある

良い評判と対になっている面もあるが、具体的な口コミを確認しながらどういう意味なのかを正しく理解しておこう。

地方になると求人数が少ない

リクナビNEXTは東京の求人が多い点で評判は良いが、地方になると求人数が少ないという問題が指摘されている。

もともと地方では求人の絶対数が少ないのは事実だろう。それでも地方での転職活動では不満の声が多いのは事実だ。

なかなか地方の求人が見つからずに苦労している様子が口コミから窺える。

地方での転職ではリクナビNEXTだけではあまり候補が多くないことを考慮し、リクルートエージェントなどの利用も検討する必要があるだろう。

企業や転職エージェントからのオファーの質にばらつきがある

オファーが豊富なのはリクナビNEXTのメリットだが、数は多くても質がばらついている点では評判が悪い。

以下のツイートを見てみると意味がよくわかるだろう。

企業からオファーを受けたら真摯な対応を取ってもらえると考えるのが当然だが、連絡を取れないことすらあるのが実態だ。

転職エージェントによる面談のオファーも手当たり次第に出している様子がある。

リクナビNEXT自体の問題ではないが、企業や転職エージェントの質には注意が必要だ。

オファーが希望に合わないことがある

リクナビNEXTには希望する年収や職種などを登録することができる。

オファーはその希望に沿ったものだと期待するのが当然だろう。しかし、実態としては希望に合わないものが多いことが口コミからわかる。

年収や職種などが希望から外れている点は評判が悪い。

オファーの数が多くても、全てを候補として前向きに検討できるわけではない点には留意しなければならない。

オファーによって候補を増やし、自分で厳選するという視点が重要だ。

リクナビNEXTを利用すべき人

リクナビNEXTの特徴や評判を考えるとどのような人が利用すべきサービスかが見えてきただろう。

以下の条件を満たすならリクナビNEXTに登録した方が良い。

  • 東京を中心として仕事を探したい人
  • マイペースで転職活動を進めたい人
  • スカウトを受けて転職エージェントを選びたい人

地方で仕事を探している人や、エージェントにペースを作ってもらいたい人にはリクナビNEXTはあまり向いていない。東京などの都市圏で自分なりに納得できる仕事を見つけて働きたい人に適しているのがリクナビNEXTだ。

また、以下のような人も業界最大手でオファーが多いメリットを生かせるので検討してみると良い。

  • 大手企業への転職を検討している人
  • オファーを通して視野を広げたい人

リクナビNEXTの登録方法

リクナビNEXTは会員登録をせずとも利用できるが、登録することで履歴書作成などの便利なサービスを使えるようになるのが魅力だ。

求人に応募するときにも会員登録が必要なので、リクナビNEXTを使うと決めたら登録を済ませておこう。

リクナビNEXTの登録は公式サイトから簡単におこなえる。

メールアドレスでリクルートIDを取得し、転職情報について入力するだけの手続きで登録が可能だ。5分~10分あれば全情報の入力を終えて登録手続きを完了できるだろう。

詳しくは以下の記事で紹介しているので参考にして欲しい。

リクナビNEXTをもっと知るためのQ&A

リクナビNEXTの会員登録をする前にもっと知っておきたいことがある人も多いだろう。

ここではリクナビNEXTの利用を検討している人がよく抱いている疑問に回答するので参考にして欲しい。

新着求人は豊富にあるのか

リクナビNEXTの求人は総数が多くても新しいものはないのではないかと疑問に思う人は多い。しかし、リクナビNEXTでは求人情報の更新をする度に2000件~3000件の新規求人を追加している。

すぐに人材を獲得したいという意欲がある企業からの求人を速やかに見つけられる点で魅力が大きいのがリクナビNEXTだ。

リクナビNEXTでは週に二回、水曜日と金曜日に求人情報を更新している。リクナビNEXTを利用するときには習慣化して水曜日と金曜日に検索をかけるようにしよう。

オファーを使わずに転職できるのか

リクナビNEXTの良い評判を見るとオファーが重要だと推測することができる。しかし、情報を登録して公開するのは転職活動のときに不安になることも多い。現職の会社に見つかってしまうリスクがあるからだ。

リクナビNEXTではオファーを使わなくても転職に成功できるかは疑問になりがちだが、オファーを使っていないケースも多いので心配はない。公開求人数が多いため、自分に合っている仕事に出会える可能性が高いからである。

口コミでの悪い評判からわかるようにリクナビNEXTのオファーの内容は玉石混淆だ。必ずしもスカウトがあったからといって、その企業に大きな魅力があるとは限らない。

オファーはあくまで選択肢を大幅に増やせるだけのサービスで、求人検索によって自分に合う仕事を探し出せる可能性も十分にあると理解しておこう。

未経験で応募可能な仕事も掲載されているのか

転職をするときには未経験の仕事に挑戦したいことも多い。リクナビNEXTの求人には未経験でも応募可能なものがあるかという質問もよくあるものだ。

実際にリクナビNEXTのサイトにアクセスしてみればすぐにわかるが、リクナビNEXTでは未経験の仕事に挑戦したい人のための求人が豊富にある。検索条件として「未経験者歓迎」を選択できるので絞り込むのも簡単だ。

リクナビNEXTの総数5万ほどの求人の中で、1万件以上が未経験者歓迎になっている。時勢によって求人数は変動する可能性があるが、リクナビNEXTが未経験者も応募できる求人の掲載に力を注いでいるのは明らかだ。

新たなキャリアを切り開きたい人はリクナビNEXTで仕事を探してみると良いだろう。

リクナビNEXTの評判を総括

リクナビNEXTは業界最大手の株式会社リクルートが運営している影響もあって、公開求人数もスカウトやオファーも多いのが魅力だ。

東京のように競争が激しいエリアで求人がたくさんあるのも評判が良い点だが、相対的に地方の求人が少ない点には留意して利用する必要がある。

リクナビNEXTでは多数のオファーを受けられるので、自分で検索して探した求人に限らずに幅広い視野で転職先を検討できる。多様な求人を見て視野を広げつつ、自分のペースで転職先を見つけ出したい人にはリクナビNEXTが最適だろう。

会員登録をすると使いやすくなるので、興味を持ったなら今から登録手続きをしておこう。

転職サポートも受けたい場合には情報共有による連携があるリクルートエージェントの利用がおすすめだ。

リクナビNEXTの会員登録手続きの中でリクルートエージェントへの登録もできるので検討しておこう。

リクルートエージェントの特徴は以下の記事で解説しているので参考にして欲しい。

編集部のおすすめ転職サービスランキング