転職エージェント

【専門家監修】コンサルに強い転職エージェント8選|比較表

専門家監修コンサルに強い転職エージェント8選

「コンサル転職でおすすめの転職エージェントは?」

「後悔しないコンサル転職をしたい」

コンサル業界は、年々規模を拡大しており、就職・転職者からの人気も高い業界です。しかし、コンサルへの転職を考えているけど、数が多く、どこを使えばいいか分からない。

そこで、この記事では、コンサル転職におすすめの転職エージェントを領域別に紹介しています。

各転職エージェントの特徴やコンサル業界の体験談についても解説しているので、自分に合った転職エージェントを見つけて、転職を成功させる参考にしてください。

目次

【目的別】コンサル転職におすすめエージェント比較表

転職エージェント 詳細 おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数 総合評価 ヒアリング力 提案力 親切・親身 サポート 対応エリア 特徴 評判・口コミ 運営会社
アクシス
コンサルティング
総合
公式 30代~50代 非公開 非公開 3.8
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.6
★★★★☆
3.9
★★★★☆
全国2拠点 コンサルタントの
転職支援数No.1
詳細を見る アクシスコンサルティング
コンコード
総合戦略
公式 20代~40代 1,082件 4,328件 3.8
★★★★☆
3.8
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.7
★★★★☆
4.2
★★★★☆
東京のみ 日本ヘッドハンター大賞MVP コンコードエグゼクティブグループ
ムービン
ストラテジックキャリア
総合戦略
公式 20代~40代 369件 1,476件 3.7
★★★★☆
3.5
★★★☆☆
3.8
★★★★☆
3.5
★★★☆☆
3.8
★★★★☆
東京のみ コンサル転職支援で20年以上の実績 ムービンストラテジックキャリア
ビズリーチ
総合
公式 30代~50代 127,000件 195,000件 3.0
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
3.1
★★★★☆
2.8
★★★☆☆
2.7
★★★☆☆
全国8拠点 年収1,000万円以上の求人が1/3以上 詳細を見る BIZREACH
リクルート
ダイレクトスカウト
総合
公式 30代~50代 68,780件 103,170件 2.9
★★★☆☆
2.8
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
2.9
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
全国16拠点 転職決定年収 平均900万円以上 詳細を見る リクルート
JACリクルートメント
総合
公式 30代~50代 11,562件 17,343件 2.8
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
2.6
★★★☆☆
全国9拠点 知⼈・友⼈にJACを勧めたい⽅94.7% 詳細を見る ジェイエイシーリクルートメント
ランスタッド
総合
公式 30代~50代 7,887件 11,831件 2.7
★★★☆☆
2.7
★★★☆☆
2.9
★★★☆☆
2.5
★★☆☆☆
2.9
★★★☆☆
全国33拠点 世界最大級の転職エージェント 詳細を見る ランスタッド
リクルートエージェント
IT
公式 20代~50代 112,458件 182,458件 3.5
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.5
★★★☆☆
全国16拠点 転職支援実績No.1 詳細を見る リクルート
▼ランキング選定基準詳細(タップで開閉)
ランキング選定基準
・求人数
・ヒアリング力
・提案力
・サポート
・その他


コンサル転職におすすめの転職エージェントについて、上記4項目とその他コンサル転職への対応力などを加味して、総合的にランキングしています。

コンサル転職を本格的に目指すのなら、コンサル転職に特化した「アクシスコンサルティング」「コンコード」「ムービンストラテジックキャリア」のいずれかを利用しましょう。

コンサル転職のノウハウやケース対策の充実度が高く、高い転職成功率を望めます。ただし、コンサル以外の求人が乏しいため、コンサルを中心にしつつ幅広く求人を見たい場合は、他エージェントの利用もおすすめです。

【総合系】コンサルおすすめ転職エージェント8選

総合系コンサルおすすめ転職エージェント8選

アクシスコンサルティング

コンサル業界No.1転職エージェント

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングの特徴

  • コンサル特化の転職エージェント
  • 非公開求人が多数
  • ハイクラス向け転職エージェント
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 非公開 非公開
ヒアリング力 提案力 サポート
3.9/5点 3.9/5点 3.9/5点
拠点
全国2拠点(東京/大阪)

アクシスコンサルティングのメリット

コンサル特化でNo.1の転職実績
アクシスコンサルティングは、コンサル業界特化のエージェントで、No.1の実績を誇る転職エージェントです。コンサル経験者のキャリアアドバイザーが、幅広い知識や経験で、未経験の人含めコンサル転職へのサポートをします。

コンサル特化の充実した支援が特徴で、フェルミ推定やケース問題などコンサル特有の面接対策や転職後のキャリアサポート、フリーランスのコンサルタントの支援まであります。平均支援期間が3年と、長く活用できるのが特徴です。

【フェルミ推定やケース問題とは】
フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。
ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。
優良企業の非公開求人が多数
アクシスコンサルティングの求人は、77%が非公開の求人です。一般に非公開求人は優良求人であることが多く、他転職エージェントで見つからなかった、希望に沿った求人が見つかる可能性があります。
キャリアアドバイザーの情報を閲覧できる
アクシスコンサルティングは、キャリアアドバイザーの経歴や利用者の口コミなどの情報を見ることができます。自分でアドバイザーの質や相性を、事前に判断できるので安心感があります。
専門家 専門家 コンサルへの転職を考えているなら、まず登録すべき転職エージェントです。

アクシスコンサルティングのデメリット

メールが多い
アクシスコンサルティングは、1日に数件のメールが来ます。スカウトのお知らせだけでなく、Web履歴書の更新の催促や、転職エージェントの面談の日程調整などの内容が送られてくるため、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

メールの配信は会員登録をしている間は止められないので、メールがたくさん来るのが苦手だという方にはデメリットです。

求人の閲覧には会員登録が必要
アクシスコンサルティングは、求人の閲覧には会員登録が必要です。会員登録不要で求人情報を閲覧できる転職エージェントが多い中、相対的にデメリットです。

アクシスコンサルティングの評判と口コミ

男性アイコン
はじめさん|20代前半|男性|保険|2021.08.24
良い点
|コンサル業界に強い
現役コンサルタントの転職実績がNo. 1ということもあり、コンサルタント転職に関しては欠かせないほど素晴らしいサービスだと思います。業界を熟知しているエージェントと繋がることができ、非常に転職をする上では頼りになりました。
悪い点
|コンサル業界以外は弱い
かなりコンサルタント業界に特化しているサイトでもあるので、それ以外の業界の求人は少ないですし、かなり偏りがあるのがデメリットだと思いました。コンサルタント業界以外の転職を考えている方にはおすすめできないと思います。
男性アイコン
転職者Aさん|20代後半|男性|IT関連|2021.03.19
良い点
|コンサルティング業界への転職で信頼度高い
コンサルティング業界への転職、コンサルティング業界経験者の「ポストコンサル」キャリアに関しては、国内でも高い知名度と実績あり。当然ながら優秀なアドバイザーが集まっており、コンサルティング業界への初めての転職を目指す者に向けたアドバイスもとても親身で、丁寧だった。私が利用した際も、多くの有益なアドバイスをもらい、参考にさせてもらった。
悪い点
|自分に強みがないと辛い。結局頑張るのは自分
元いた会社でキャリアや専門性、実績を身に着けておかないと、当然ながら向こう側での優先順位も下がる。また、コンサルティング業界へ転職するには、ある程度地道な予行練習も必要になる。それは結局最終的には自分独りで根気強くやらねばならない。それを消化する気力と、体力、そして時間が用意できる状況の方だけが当社と協力して上手く転職できると思う。

アクシスコンサルティング公式サイト

コンコード

コンサル合格率NO.1

コンコード

コンコードの特徴

  • コンサル経験者が多数
  • コンサル転職への独自特別ルート
  • 質の高いキャリア相談
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~40代 1,082 4,328
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.7/5点 4.2/5点
拠点
国内1拠点(東京)

コンコードのメリット

ヘッドハンター大賞MVP
コンコードは、ビズリーチ主催のヘッドハンター大賞のコンサルティング部門でMVPを受賞しています。コンサル出身者を擁するコンコードは、コンサル転職に高い実績を持ち、第三者からも評価されています。
極秘案件やスピード選考などの特別選考ルート
コンコードでは著名なコンサル企業と緊密な関係を築き上げており、幹部ポジションや面接回数の少ない特急選考など、独自の限定求人の紹介があります。
コンサルの選考ポイントを完全把握しており、個別指導の選考対策や独自ルートで、高いコンサル転職成功率を誇ります。
東大で講義を行うキャリア戦略論
コンコードのキャリア戦略論は、高い評価を得ており、東京大学で正規講義を行うほどです。応募者の望む人生を実現するために、どんな考えで行動すべきか、質の高い相談に乗ってもらえます。

コンコードのデメリット

利用にはある程度のキャリアや学歴が必要
コンコードの求人は、コンサルをはじめとする難関企業が中心のため、ある程度のキャリアや学歴がなければ紹介できる求人が限られます。

コンコード公式サイト

ムービンストラテジックキャリア

日本初のコンサル特化型転職エージェント

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリアの特徴

  • コンサル転職支援で20年以上の歴史
  • 数十万の面接経験から抽出したノウハウ
  • 数百社以上のコンサル企業がクライアント
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~40代 369 1,476
ヒアリング力 提案力 サポート
3.5/5点 3.8/5点 3.8/5点
拠点
国内1拠点(東京)

ムービンストラテジックキャリアのメリット

長い歴史で培ったノウハウ
ムービンはコンサル業界への転職支援で20年以上の実績があり、長い歴史で培ったコンサル転職のノウハウがあります。過去の選考内容が共有されており、面接内容や選考課題を事前に知ることができ、面接を有利に進められます。
コンサル経験者がキャリアアドバイザー
ムービンのキャリアアドバイザーには戦略・総合系コンサルOBがおり、業界に実情や裏話を聞くことができ、応募先に合わせた質の高いケース対策の指導などを受けられます。
国内コンサル企業をほぼ網羅
ムービンは日本初のコンサル特化の転職エージェントとして、コンサル業界に関する圧倒的な情報量があります。クライアント企業は数百以上あり、国内のコンサル企業をほぼ網羅しているネットワークの強みが魅力です。

ムービンストラテジックキャリアのデメリット

コンサル以外の求人は乏しい
ムービンはコンサル業界に関しては圧倒的な情報量や求人がありますが、コンサル業界以外の求人は少ないです。コンサルを中心に他業界も幅広く見たい場合には、あまり向いていません。
転職の成功可能性が低い場合は利用できない場合も
ムービンは、コンサルへの転職の見込みが薄い場合、サポートを受けられない場合があります。出身大学を重視するコンサルの求人が多数のため、学歴によっては紹介できる求人がないため、サポートを受けるためには一定の学歴が必要です。

ムービンストラテジックキャリア公式サイト

ビズリーチ

年収UPや市場価値把握のために必ず登録を

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 優良企業やヘッドハンターから直接オファーが届く
  • 年収アップに期待できる有力サイト
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 127,000 195,000
ヒアリング力 提案力 サポート
3.0/5点 3.1/5点 2.7/5点
拠点
全国8拠点

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターからオファーメッセージが届く転職サイトです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。

普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。

希望職種をコンサルにすることで、コンサルに強いヘッドハンターやコンサル企業からのスカウトが望め、転職活動を効率的に進められます。

コンサル転職で年収600万円超を狙う方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。現在年収が400~500万クラスであっても、コンサルへの転職で年収アップできる可能性は充分にあります。

スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。

無料で充分活用できる
ビズリーチに無料の「スタンダートプラン」と優良の「プレミアムプラン」があります。優良にすることで年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになりますが、無料プランでも充分な連絡がもらえるため、まずは無料プランで試してみることをおすすめします。
NOIMAGE専門家 無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、リクナビNEXTやDODAに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
usagitukimiさん|40代前半|男性|経営者・役員|2021.10.14
良い点
|自分に合った仕事を紹介して貰えました
年収UPが目的でこのサイトを利用しました。
提案される求人は全て待遇の良い物ばかりです。
求人の数も多く私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えました。
頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。
悪い点
|求められるスキルや経験が高すぎるものもあります
求人の内容を見ると私にはそぐわない高度な技術やスキルが求められる職もありました。
もう少し選別してスカウトしてくれれば良かったです。
また、中には適切な説明が受けられない求人もありました。
有料会員になっていたのでこの点だけは残念です。
男性アイコン
きんぴらさん|30代後半|男性|営業|2021.10.13
良い点
|年収が高い求人案件が豊富に取り扱っている
ビズリーチを利用して良かった点は、「高年収求人案件が豊富に取り扱っており、前職と比べても年収を上げやすい」ところです。年収1000万円以上で求人案件を検索してみたのですが、「300件以上」もの求人案件が検索されました。さすがに、自分のキャリアでは無理だと感じたので、年収1000万円の求人案件に応募はしませんでしたが、前職よりも100万円以上上がったのでビズリーチを利用して良かったです。
悪い点
|サポート体制があまり良くない
ビズリーチを利用して悪かった点は、他のエージェントと比べても「サポート体制があまり良くない」ところです。スカウトなどは行ってくれるのですが、書類や日程の調整など全部自分でやらなきゃいけないので大変だと感じました。

ビズリーチ公式サイト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートのハイクラス向けサービス

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • リクルート運営のハイクラス転職サービス
  • 転職決定平均年収は約900万円
  • トップクラスのハイクラス向け求人数
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 68,780 103,170
ヒアリング力 提案力 サポート
2.8/5点 3.1/5点 3.0/5点
拠点
国内16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人数が豊富

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職エージェントです。

コンサル求人はもちろん、年収800万円を超える管理職や専門職、さらには年収2,000万円以上のCEO求人などが多数掲載されています。

ハイクラス求人に特化しているため、求人の質も高く、誰もが知っている大手企業や一般には公開されていない優良求人などに、安心して応募することができます。

自分でヘッドハンターを選択可能

リクルートダイレクトスカウトでは、担当するヘッドハンターを自分で選んで指名することができます。コンサルOBやコンサル中心の求人が多い、好みのヘッドハンターを選んで依頼することが可能です

リクルートダイレクトスカウトと提携している転職エージェントや、ヘッドハンターのランキングも定期的に展開しており、様々な部門から評価の高いヘッドハンターを見つけて、担当者のページへ直接進ことができます。

ハイクラス案件を自由に検索

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけではなく、転職者自身で検索して希望の求人へ応募することができます。

業種や職種、勤務地に希望の年収を入力して、気になるコンサル企業の求人をチェックして応募できるので、スカウトを待つ間にも積極的に転職活動が可能です

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

ヘッドハンターと相性が悪い場合がある

リクルートダイレクトスカウト自体には転職サポートがなく、ヘッドハンターにお願いする必要がありますが、ヘッドハンターとの相性が悪い場合、自分で新しいヘッドハンターを探す必要があります。

応募書類の添削や面接対策を自身で行う自身がない方は、転職サポートが充実している転職エージェントと併用して、万全な対策を取って転職活動に臨むことをおすすめします。

年収600万円未満の転職は難しい

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を多く扱うハイクラス向けの転職エージェントです。コンサル転職で年収を一気に上げたいと考えている場合には、使いにくいサービスです。

どなたでも無料で登録できますが、現職での年収が600万円以下になると応募できる求人が限られてしまい、スカウトがこない可能性があります

リクルートダイレクトスカウト公式サイト

JACリクルートメント

キャリアアップや年収アップにおすすめ

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系企業でへの転職で抜群の実績
  • 求人の8割が年収800万円以上
  • 利用者の94.7%が周りに勧めたいと回答
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 11,562 17,343
ヒアリング力 提案力 サポート
3.2/5点 3.2/5点 2.6/5点
拠点
国内9拠点(東京/埼玉/神奈川/愛知/静岡/大阪/京都/兵庫/広島)

JACリクルートメントのメリット

ハイクラス求人が多数
JACリクルートメントが取り扱う求人は、コンサルを始め、外資系や管理職など待遇が良くハイクラスな求人が多数あります。求人の8割が年収800万円で、年収アップを狙った転職が可能です。
人に教えたいと答えた転職者が94.7%
JACリクルートメントを実際に利用した転職者の中で、94.7%の方が知人や友人にJACを勧めたいと回答しました。

利用者の満足度も高く、ハイキャリアを目指すなら利用必須と言って良いサービスです。

JACリクルートメントだけの限定求人
JACリクルートメントでは独占求人を多く抱えています。豊富な経験を持つ人材を採用する場合は、企業もエージェントやヘッドハンターを活用することが多くなるため、役職が上がれば上がるほど、求人がサイト上に公開されないのです。

JACリクルートメントの求人のうち60%は非公開求人なので、他では紹介してもらえない求人を多数紹介してもらえる可能性があります

JACリクルートメントのデメリット

20代の転職には向かない
JACリクルートメントは、経験や実績も少ない20代の転職には向きません。今のキャリアを活かして転職をする方向けの転職エージェントのため、未経験や年収600万円未満の場合、紹介できる求人が少ないです。
転職の意思が弱い人には向かない
JACリクルートメントで扱う求人はハイクラス求人がほとんどなので、転職に熱心に取り組まない人には向きません。なぜなら、「何事にも熱心に取り組めない人」とみなされ、すぐに見切りをつけられてしまう可能性があるからです。

そのため、JACリクルートメントを利用して転職をする場合は、「年収アップをしたい」「キャリアアップをしたい」という明確な目標と、転職への熱心な気持ちが重要です。

JACリクルートメントの評判と口コミ

男性アイコン
ももともさん|40代前半|男性|IT関連|2021.06.05
良い点
|キャリアアドバイザーの質が高い
製造業のITエンジニア求人を探していたのですが、キャリアアドバイザーの質が高いので面談での説明が分かりやすく安心しました。また、求人ごとに専門の担当者が付き基本的にはその方とのやり取りになりますので、その求人への質問をしてもレスポンスが早かったです。
悪い点
|アフターフォローがイマイチ
大手のエージェントサービスと比較して求人数は少ないかと思います。どちらかというと大手エージェントサービスと併用する方が良いと思います。また、書類選考に通過しなかった際、そのあとの担当者のフォローがほとんどなく若干冷たく感じました。
男性アイコン
もんちゃんさん|30代前半|男性|営業|2021.06.04
良い点
|目指していた業界への転職が見込めそうではあった
他のエージェントに比べて、比較的その業界に通じた感じがあり、メディカル業界ならメディカルに通じた人から、求人情報について紹介をいただける為、目指している業界がぼんやりしていない人であれば、非常に使い勝手の良いと思います。担当の方から連絡をもらえて、話もわかりやすい為、面倒は無いように感じます。
悪い点
|担当者が何人もいて、いろんな人から連絡がきます。
最初に窓口担当として連絡した人とはその後一切連絡は取らず、業界に精通した人たちから個別に連絡がきます。個別に連絡をする人は本当に各々で連絡が来る為、業界の中でも興味がないような分野でも遠慮なく求人を送ってくるような傾向があると感じました。また、担当者も一人ではなくいくつかの人から連絡が来る為、誰に何の話をしていたのか分からなくなったり、何人かから同じ求人を送ってこられることもあります。

JACリクルートメント公式サイト

ランスタッド

ハイクラスや外資系転職に特化

ランスタッド

ランスタッドの特徴

  • ハイクラスや外資転職に特化
  • 世界ベスト5に入る総合人材サービス業が母体
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 7,887 11,831
ヒアリング力 提案力 サポート
2.7/5点 2.9/5点 2.6/5点
拠点
国内33拠点(▶拠点一覧はこちら)

ランスタッドのメリット

外資系企業の求人が多い
ランスタッドは海外法人が母体の企業なので、外資系企業の求人を多く抱えています。他社との大きな違いは、外資や海外転職求人でも、未経験採用をしている企業と繋がっている点です。

外資系企業に興味はあるが、未経験で不安を抱えている方でも挑戦しやすい求人を紹介してもらえるのがメリットです。もちろん、ハイクラス求人も多数抱えています。

アドバイザーが高品質
ランスタッド自体も外資系企業であり、入社難易度が高いです。英語スキルが必要なことはもちろん、シニアコンサルタントレベルになると、年収600万円は貰えるような人材が担当になります。

他の転職エージェントよりも、担当となるアドバイザーのビジネスレベルが高いため、キャリアの相談にのってもらうのに最適です。

転職の方向性に合わせてサービスを選べる
サービス内容 おすすめする人
キャリアアップ転職 転職によるスキルアップを目的としている方
プロフェッショナル転職 転職において”年収”や”給与”にフォーカスしている方

ランスタッドではキャリアアップを目的に転職する方向けの「キャリアアップ転職サービス」と、年収600万円以上を目指す方向けの「プロフェッショナル転職サービス」と、2種類のサービスがあります。

他の転職エージェントでは、数多くの求人から、自分に合う求人を探す必要があります。ランスタッドでは、初めからコンサル転職の方向性を選べるので、求人を選びやすいのもメリットです。

ランスタッドのデメリット

スキル不足だと求人が少ない
ランスタッドは、ハイクラス求人を主に取り扱う転職エージェントのため、スキルや経験値がなければ紹介求人も少なくなります。
電話が多い
ランスタッドに限った話ではありませんが、アドバイザーからの電話が多いという点は難点です。電話が苦手な方は、予めメールでのやりとりを所望しておけば、無駄に多くの電話に対応しなくてすみます。

ランスタッドの評判と口コミ

女性アイコン
みきさん|40代前半|女性|その他|2021.05.14
良い点
|初めての仕事の時は頻繁に連絡が来る
派遣に登録する時や初めて仕事をする時など、分からないことが多かったのですが、頻繁に電話連絡をしてくれて教えてもらえたので良かったです。私はブランクが長くて不安だったのですが、どのような仕事を選ぶと良いかなど、アドバイスもしてくれました。
悪い点
|仕事が少ない
大手の派遣会社なので、仕事がたくさんあることを期待していました。しかし実際には募集されている仕事が少なくてがっかりしました。応募しても、不採用になってしまうことも多く、なかなか仕事が決まらず不安になることも多いです。自宅から近い職場が殆どないのも残念です。
女性アイコン
ぴんざさん|30代後半|無回答|事務員|2021.05.05
良い点
|長期案件だと担当営業の方の対応が良いと思います。
もともと単発で利用している時期がありましたが間が空き、久しぶりに長期の案件で利用しています。長期での利用は初めてです。
他の派遣会社で長期で働いた時に担当営業の対応に少し不安(連絡が遅い、忘れているなど)があったため、それと比較してもランスタッドの担当営業さんは親切で話が早いと感じます。また、今回の案件が決まるまで他の派遣会社で面接を受けましたが、その段階でもランスタッド担当営業の方の対応は落ち着いていて安心して話を進める事ができました。その時の他社の担当営業の方はどこか高圧的で面接の返事を早くするようプレッシャーをかけられたので、余計にランスタッドの対応の良さが感じられたのだと思います。
悪い点
|単発の案件だと仕事内容が少し不充分です。
単発での利用は10年前から時々利用していました。当時から、研修がもっと行われるべき職種でも1日2日の座学で現場に出されて、いる意味がないと文句を言われるような案件もありました。少し前には冷凍庫に入るのに「涼しい現場」と書かれていたため少しの厚着で行ったら寒すぎて軽くしもやけになってしまったことがありました。取り扱う案件が多いので一件ずつ仕事内容を確認するのが難しいとは思いますが、仕事内容の記載が不充分で困ることがありました。

ランスタッド公式サイト

【IT系】コンサルおすすめ転職エージェント4選

IT系コンサルおすすめ転職エージェント4選

アクシスコンサルティング

コンサル業界No.1転職エージェント

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングの特徴

  • コンサル特化の転職エージェント
  • 非公開求人が多数
  • ハイクラス向け転職エージェント
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 非公開 非公開
ヒアリング力 提案力 サポート
3.9/5点 3.9/5点 3.9/5点
拠点
全国2拠点(東京/大阪)

アクシスコンサルティングのメリット

コンサル特化でNo.1の転職実績
アクシスコンサルティングは、コンサル業界特化のエージェントで、No.1の実績を誇る転職エージェントです。コンサル経験者のキャリアアドバイザーが、幅広い知識や経験で、未経験の人含めコンサル転職へのサポートをします。

コンサル特化の充実した支援が特徴で、フェルミ推定やケース問題などコンサル特有の面接対策や転職後のキャリアサポート、フリーランスのコンサルタントの支援まであります。平均支援期間が3年と、長く活用できるのが特徴です。

【フェルミ推定やケース問題とは】
フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。
ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。
優良企業の非公開求人が多数
アクシスコンサルティングの求人は、77%が非公開の求人です。一般に非公開求人は優良求人であることが多く、他転職エージェントで見つからなかった、希望に沿った求人が見つかる可能性があります。
キャリアアドバイザーの情報を閲覧できる
アクシスコンサルティングは、キャリアアドバイザーの経歴や利用者の口コミなどの情報を見ることができます。自分でアドバイザーの質や相性を、事前に判断できるので安心感があります。

アクシスコンサルティングのデメリット

コンサル業界以外の求人が少ない
アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化したエージェントのため、コンサル以外の業界の求人は少ないです。コンサル以外への転職も考えている場合は、ビズリーチやリクルートエージェントなど他転職エージェントの利用が必要です。
求人の閲覧には会員登録が必要
アクシスコンサルティングは、求人の閲覧には会員登録が必要です。会員登録不要で求人情報を閲覧できる転職エージェントが多い中、相対的にデメリットです。

アクシスコンサルティングの評判と口コミ

男性アイコン
はじめさん|20代前半|男性|保険|2021.08.24
良い点
|コンサル業界に強い
現役コンサルタントの転職実績がNo. 1ということもあり、コンサルタント転職に関しては欠かせないほど素晴らしいサービスだと思います。業界を熟知しているエージェントと繋がることができ、非常に転職をする上では頼りになりました。
悪い点
|コンサル業界以外は弱い
かなりコンサルタント業界に特化しているサイトでもあるので、それ以外の業界の求人は少ないですし、かなり偏りがあるのがデメリットだと思いました。コンサルタント業界以外の転職を考えている方にはおすすめできないと思います。
男性アイコン
転職者Aさん|20代後半|男性|IT関連|2021.03.19
良い点
|コンサルティング業界への転職で信頼度高い
コンサルティング業界への転職、コンサルティング業界経験者の「ポストコンサル」キャリアに関しては、国内でも高い知名度と実績あり。当然ながら優秀なアドバイザーが集まっており、コンサルティング業界への初めての転職を目指す者に向けたアドバイスもとても親身で、丁寧だった。私が利用した際も、多くの有益なアドバイスをもらい、参考にさせてもらった。
悪い点
|自分に強みがないと辛い。結局頑張るのは自分
元いた会社でキャリアや専門性、実績を身に着けておかないと、当然ながら向こう側での優先順位も下がる。また、コンサルティング業界へ転職するには、ある程度地道な予行練習も必要になる。それは結局最終的には自分独りで根気強くやらねばならない。それを消化する気力と、体力、そして時間が用意できる状況の方だけが当社と協力して上手く転職できると思う。

アクシスコンサルティング公式サイト

リクルートエージェント

転職初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 112,458 182,458
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.3/5点 3.5/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントのメリット

全国どの職種でも求人が見つかる
リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、第2位のdoda10万件を大きく引き離しています。求人件数だけ見ても、転職を考え始めたら初めに登録すべきエージェントだと言えます。
初めての転職にも便利なサポート
リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。
転職エージェントが年収などを交渉
転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。
NOIMAGE専門家 日本が誇る会社だけあってユーザー評価が段違いに良い!コーディネータも愛想が良く、面談内容も高品質だと評判です。

リクルートエージェントのデメリット

3ヶ月の期間限定
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。
紹介先の豊富さはデメリットにもなる
リクルートエージェントでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。
総合・戦略コンサルには不向き
リクルートエージェントではコンサルに特に強みがあるわけではないので、総合・戦略コンサルで課されるケース問題の対策には不安があります。

サービス提供機関が3ヶ月と短いこともあり、ケース問題のないITや人事コンサルは問題なくとも、総合・戦略コンサルへの転職には不向きです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29
良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
男性アイコン
シルシルさん|40代前半|男性|事務員|2021.01.22
良い点
|圧倒的な紹介求人数
業界最大手だけあって紹介される案件数はほかのエージェントと比べて圧倒的に多いです。また、幅広い業種の案件の紹介を受けられるので、様々な業種の中から希望の求人を見つけることができます。ただし、こちらの指定した条件以外の案件も紹介してくるので中身の精査が必要となります。
悪い点
|担当者のスキルは玉石混交
担当者によってスキルにばらつきがあるように思います。また、コミュニケーションも逐一連絡をくれる担当者もいればこちらから連絡しない限りコミュニケーションをとってこない担当者もいます。こちらから積極的にコミュニケーションをとって必要な情報を引き出し、要望をしっかり伝えてこちらの要望通りに担当者を動かすくらいの気持ちが必要だと思います。

リクルートエージェント公式

ビズリーチ

年収UPや市場価値把握のために必ず登録を

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 優良企業やヘッドハンターから直接オファーが届く
  • 年収アップに期待できる有力サイト
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 127,000 195,000
ヒアリング力 提案力 サポート
3.0/5点 3.1/5点 2.6/5点
拠点
全国8拠点

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターからオファーメッセージが届く転職サイトです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。

普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。

希望職種をコンサルにすることで、コンサルに強いヘッドハンターやコンサル企業からのスカウトが望め、転職活動を効率的に進められます。

コンサル転職で年収600万円超を狙う方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。現在年収が400~500万クラスであっても、コンサルへの転職で年収アップできる可能性は充分にあります。

スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。

無料で充分活用できる
ビズリーチに無料の「スタンダートプラン」と優良の「プレミアムプラン」があります。優良にすることで年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになりますが、無料プランでも充分な連絡がもらえるため、まずは無料プランで試してみることをおすすめします。
NOIMAGE専門家 無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、リクナビNEXTやDODAに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
usagitukimiさん|40代前半|男性|経営者・役員|2021.10.14
良い点
|自分に合った仕事を紹介して貰えました
年収UPが目的でこのサイトを利用しました。
提案される求人は全て待遇の良い物ばかりです。
求人の数も多く私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えました。
頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。
悪い点
|求められるスキルや経験が高すぎるものもあります
求人の内容を見ると私にはそぐわない高度な技術やスキルが求められる職もありました。
もう少し選別してスカウトしてくれれば良かったです。
また、中には適切な説明が受けられない求人もありました。
有料会員になっていたのでこの点だけは残念です。
男性アイコン
きんぴらさん|30代後半|男性|営業|2021.10.13
良い点
|年収が高い求人案件が豊富に取り扱っている
ビズリーチを利用して良かった点は、「高年収求人案件が豊富に取り扱っており、前職と比べても年収を上げやすい」ところです。年収1000万円以上で求人案件を検索してみたのですが、「300件以上」もの求人案件が検索されました。さすがに、自分のキャリアでは無理だと感じたので、年収1000万円の求人案件に応募はしませんでしたが、前職よりも100万円以上上がったのでビズリーチを利用して良かったです。
悪い点
|サポート体制があまり良くない
ビズリーチを利用して悪かった点は、他のエージェントと比べても「サポート体制があまり良くない」ところです。スカウトなどは行ってくれるのですが、書類や日程の調整など全部自分でやらなきゃいけないので大変だと感じました。

ビズリーチ公式サイト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートのハイクラス向けサービス

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • リクルート運営のハイクラス転職サービス
  • 転職決定平均年収は約900万円
  • トップクラスのハイクラス向け求人数
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 68,780 103,170
ヒアリング力 提案力 サポート
2.8/5点 3.1/5点 3.0/5点
拠点
国内16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人数が豊富

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職エージェントです。

コンサル求人はもちろん、年収800万円を超える管理職や専門職、さらには年収2,000万円以上のCEO求人などが多数掲載されています。

ハイクラス求人に特化しているため、求人の質も高く、誰もが知っている大手企業や一般には公開されていない優良求人などに、安心して応募することができます。

自分でヘッドハンターを選択可能

リクルートダイレクトスカウトでは、担当するヘッドハンターを自分で選んで指名することができます。コンサルOBやコンサル中心の求人が多い、好みのヘッドハンターを選んで依頼することが可能です

リクルートダイレクトスカウトと提携している転職エージェントや、ヘッドハンターのランキングも定期的に展開しており、様々な部門から評価の高いヘッドハンターを見つけて、担当者のページへ直接進ことができます。

ハイクラス案件を自由に検索

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけではなく、転職者自身で検索して希望の求人へ応募することができます。

業種や職種、勤務地に希望の年収を入力して、気になるコンサル企業の求人をチェックして応募できるので、スカウトを待つ間にも積極的に転職活動が可能です

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

ヘッドハンターと相性が悪い場合がある

リクルートダイレクトスカウト自体には転職サポートがなく、ヘッドハンターにお願いする必要がありますが、ヘッドハンターとの相性が悪い場合、自分で新しいヘッドハンターを探す必要があります。

応募書類の添削や面接対策を自身で行う自身がない方は、転職サポートが充実している転職エージェントと併用して、万全な対策を取って転職活動に臨むことをおすすめします。

年収600万円未満の転職は難しい

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を多く扱うハイクラス向けの転職エージェントです。コンサル転職で年収を一気に上げたいと考えている場合には、使いにくいサービスです。

どなたでも無料で登録できますが、現職での年収が600万円以下になると応募できる求人が限られてしまい、スカウトがこない可能性があります

リクルートダイレクトスカウト公式

【戦略系】コンサルおすすめ転職エージェント3選

戦略系コンサルおすすめ転職エージェント3選

コンコード

コンサル合格率NO.1

コンコード

コンコードの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~40代 1,082 4,328
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.7/5点 4.2/5点
拠点
国内1拠点(東京)

コンコードのメリット

全国どの職種でも求人が見つかる
リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、第2位のdoda10万件を大きく引き離しています。求人件数だけ見ても、転職を考え始めたら初めに登録すべきエージェントだと言えます。
初めての転職にも便利なサポート
リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。
転職エージェントが年収などを交渉
転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。

コンコードのデメリット

3ヶ月の期間限定
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。
紹介先の豊富さはデメリットにもなる
リクルートエージェントでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。

コンコード公式サイト

ムービンストラテジックキャリア

日本初のコンサル特化型転職エージェント

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリアの特徴

  • コンサル転職支援で20年以上の歴史
  • 数十万の面接経験から抽出したノウハウ
  • 数百社以上のコンサル企業がクライアント
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~40代 369 1,476
ヒアリング力 提案力 サポート
3.5/5点 3.8/5点 3.8/5点
拠点
国内1拠点(東京)

ムービンストラテジックキャリアのメリット

長い歴史で培ったノウハウ
ムービンはコンサル業界への転職支援で20年以上の実績があり、長い歴史で培ったコンサル転職のノウハウがあります。過去の選考内容が共有されており、面接内容や選考課題を事前に知ることができ、面接を有利に進められます。
コンサル経験者がキャリアアドバイザー
ムービンのキャリアアドバイザーには戦略・総合系コンサルOBがおり、業界に実情や裏話を聞くことができ、応募先に合わせた質の高いケース対策の指導などを受けられます。
国内コンサル企業をほぼ網羅
ムービンは日本初のコンサル特化の転職エージェントとして、コンサル業界に関する圧倒的な情報量があります。クライアント企業は数百以上あり、国内のコンサル企業をほぼ網羅しているネットワークの強みが魅力です。

ムービンストラテジックキャリアのデメリット

コンサル以外の求人は乏しい
ムービンはコンサル業界に関しては圧倒的な情報量や求人がありますが、コンサル業界以外の求人は少ないです。コンサルを中心に他業界も幅広く見たい場合には、あまり向いていません。
転職の成功可能性が低い場合は利用できない場合も
ムービンは、コンサルへの転職の見込みが薄い場合、サポートを受けられない場合があります。出身大学を重視するコンサルの求人が多数のため、学歴によっては紹介できる求人がないため、サポートを受けるためには一定の学歴が必要です。

ムービンストラテジックキャリア公式サイト

アクシスコンサルティング

コンサル業界No.1転職エージェント

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングの特徴

  • コンサル特化の転職エージェント
  • 非公開求人が多数
  • ハイクラス向け転職エージェント
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 非公開 非公開
ヒアリング力 提案力 サポート
3.9/5点 3.9/5点 3.9/5点
拠点
全国2拠点(東京/大阪)

アクシスコンサルティングのメリット

コンサル特化でNo.1の転職実績
アクシスコンサルティングは、コンサル業界特化のエージェントで、No.1の実績を誇る転職エージェントです。コンサル経験者のキャリアアドバイザーが、幅広い知識や経験で、未経験の人含めコンサル転職へのサポートをします。

コンサル特化の充実した支援が特徴で、フェルミ推定やケース問題などコンサル特有の面接対策や転職後のキャリアサポート、フリーランスのコンサルタントの支援まであります。平均支援期間が3年と、長く活用できるのが特徴です。

【フェルミ推定やケース問題とは】
フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。
ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。
優良企業の非公開求人が多数
アクシスコンサルティングの求人は、77%が非公開の求人です。一般に非公開求人は優良求人であることが多く、他転職エージェントで見つからなかった、希望に沿った求人が見つかる可能性があります。
キャリアアドバイザーの情報を閲覧できる
アクシスコンサルティングは、キャリアアドバイザーの経歴や利用者の口コミなどの情報を見ることができます。自分でアドバイザーの質や相性を、事前に判断できるので安心感があります。
専門家 専門家 コンサルOBのアドバイザーは他2社の方が充実しており、戦略コンサルへの転職ではおすすめ度がやや下がります。

アクシスコンサルティングのデメリット

コンサル業界以外の求人が少ない
アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化したエージェントのため、コンサル以外の業界の求人は少ないです。コンサル以外への転職も考えている場合は、ビズリーチやリクルートエージェントなど他転職エージェントの利用が必要です。
求人の閲覧には会員登録が必要
アクシスコンサルティングは、求人の閲覧には会員登録が必要です。会員登録不要で求人情報を閲覧できる転職エージェントが多い中、相対的にデメリットです。

アクシスコンサルティングの評判と口コミ

男性アイコン
はじめさん|20代前半|男性|保険|2021.08.24
良い点
|コンサル業界に強い
現役コンサルタントの転職実績がNo. 1ということもあり、コンサルタント転職に関しては欠かせないほど素晴らしいサービスだと思います。業界を熟知しているエージェントと繋がることができ、非常に転職をする上では頼りになりました。
悪い点
|コンサル業界以外は弱い
かなりコンサルタント業界に特化しているサイトでもあるので、それ以外の業界の求人は少ないですし、かなり偏りがあるのがデメリットだと思いました。コンサルタント業界以外の転職を考えている方にはおすすめできないと思います。
男性アイコン
転職者Aさん|20代後半|男性|IT関連|2021.03.19
良い点
|コンサルティング業界への転職で信頼度高い
コンサルティング業界への転職、コンサルティング業界経験者の「ポストコンサル」キャリアに関しては、国内でも高い知名度と実績あり。当然ながら優秀なアドバイザーが集まっており、コンサルティング業界への初めての転職を目指す者に向けたアドバイスもとても親身で、丁寧だった。私が利用した際も、多くの有益なアドバイスをもらい、参考にさせてもらった。
悪い点
|自分に強みがないと辛い。結局頑張るのは自分
元いた会社でキャリアや専門性、実績を身に着けておかないと、当然ながら向こう側での優先順位も下がる。また、コンサルティング業界へ転職するには、ある程度地道な予行練習も必要になる。それは結局最終的には自分独りで根気強くやらねばならない。それを消化する気力と、体力、そして時間が用意できる状況の方だけが当社と協力して上手く転職できると思う。

アクシスコンサルティング公式サイト

失敗しない!コンサル向け転職エージェントの4つの選び方

失敗しないコンサル向け転職エージェントの4つの選び方

ケース問題などの面接対策の充実度

コンサル向け転職エージェントは、面接対策が充実しているものを選びましょう。コンサルの面接はケース問題やフェルミ推定、プレゼンなど独特な内容が多く、対策なしで選考通過は不可能です。

コンサルOBや、コンサル業界に精通したアドバイザーが多く、対策を手厚く行ってくれる転職エージェントを選びましょう。

【フェルミ推定やケース問題とは】
フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。
ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。

どの領域のコンサルに強いか支援実績を確認

領域 転職エージェント
総合 アクシスコンサルティング
IT アクシスコンサルティング
戦略 コンコード
ムービン

転職エージェントごとに総合や戦略、ITなど得意分野があります。各転職エージェントのHPで、内定実績やアドバイザーの経歴公開している場合もあるので、確認して自身の志望領域に合った転職エージェントを使いましょう

アクシスコンサルティングはコンサル転職全般に強いですが、戦略コンサルへの転職ではコンコードムービンにやや分があります。

求人数の多さ

求人数が多いほど、選択肢が広がり、良い転職につながります。非公開の求人が多いですが、登録前に求人をザっと確認することで、求人の傾向はつかめます。魅力的に感じる求人が多い転職エージェントに登録しましょう。

総合系の転職エージェントは避ける(総合・戦略)

コンサルやハイクラス専門でなく、総合的に求人を扱っている転職エージェントはおすすめしません。総合的な転職エージェントは、コンサルの求人はあっても、ケース面接などの対策が弱いです。

対策が不十分なままで、コンサルの面接に臨んでもいい結果にはなりません。ITコンサルなどでケース問題がない場合は構いませんが、総合・戦略コンサル志望の場合は、コンサル・ハイクラス専門の転職エージェントに絞って選びましょう。

【体験談】コンサルに転職した人の声

現役コンサルのインタビューまとめ

インタビュー概要
  • ・特定のプログラミング言語が書けるだけで評価されて内定が出ることもある
  • ・経歴が評価されると、前職と親和性の高い部署に配属される可能性が高い
  • ・アクセンチュアの場合は、異動先の部署と交渉できていれば比較的異動のハードルは低い
  • ・アクセンチュアの労働環境はホワイト、働きたくても働けない
  • ・コンサルの強みは年収。大手メーカーから転職して年収+150万
  • ・デロイトの魅力は他のコンサルよりも親しみやすく、議論を活発化しようと促してくれたところ
  • ・最初の6ヶ月は順応するのが厳しかったが、仕事の根本(相手が求めていることを提供する)は一緒だと思った
  • ・中途に手厚く指導する余裕はない
  • ・3ヶ月程度で成果を上げる必要がある
  • ・エリート転職者も1年以内に多くが辞めていく
  • ・エリート転職者より新卒1年目の方が作業が速い
  • ・生半可な覚悟では後悔する

複数のインタビューをまとめた結果としては、現在はコンサルといっても各社で働き方は異なり、残業したくてもできない人や長時間の激務の人など様々です。

傾向としては総合コンサルは比較的ホワイトな働き方、戦略コンサルは激務とインタビュー結果では言えそうです。特に戦略コンサルは少数精鋭のため、1人に掛かるプレッシャーが高いと言えます。

Twitterでの声

現役コンサルのインタビュー記事
アクセンチュアの現役コンサル 現役戦略コンサル
デロイト出身者

未経験でもコンサルへ転職できる?

未経験でもコンサルへ転職できる?

未経験でもコンサルへの転職は可能です。未経験のコンサル転職はこちらの記事でも扱っていますが、多くのコンサル企業がコンサル未経験の方も積極的に採用を行っており、40代未経験であっても不可能ではありません。

転職するに当たっては、ロジカルシンキングを鍛えることと、転職エージェントの利用が重要です。問題解決を業務として行うコンサルは、問題解決能力の前提となるロジカルシンキングを面接で重視します。

面接では、論理的整合性やケース問題を問われるため、対策のために転職エージェントの利用は必須です。面接を非常に重視するコンサルを、ケース面接などの対策をせずに受けるのは無謀とも言えます。

コンサル向け転職エージェント利用の流れと面接対策

転職エージェント利用の流れ

転職エージェント利用の流れ

  • STEP1

    転職エージェントへ登録

    転職エージェントへ登録

    転職エージェントには、スマホやパソコンから登録できます。自身と同じ大学OBや希望領域に絞った相談が可能なこともあります。金銭的負担はないので、人気のエージェントに複数登録して転職を有利にしましょう。

  • STEP2

    エージェントから連絡

    エージェントから連絡

    登録内容を見て、エージェントから面談の日程調整の連絡がきます。連絡は、エージェント登録即日から数日以内にくるのが目安です。登録内容によっては、日程調整と同時に求人情報を紹介してもらえることもあります。

  • STEP3

    キャリアアドバイザーと面談(オンライン可能)

    キャリアアドバイザーと面談

    キャリアアドバイザーと呼ばれる、志望業界や職種に精通したコンサルタントと面談します。改めて希望条件を確認して、その場で求人を紹介してもらえたり、今後の紹介企業を探す目安をお互いに把握します。

    転職の方向性を明確化

    キャリアアドバイザーと面談します。改めて希望条件を確認して、その場で求人を紹介してもらえたり、今後の紹介企業を探す目安をお互いに把握します。アドバイザーはコンサルOBが多く、コンサルの実態や裏事情を知ることもできます。

    コンサル対策の指導

    コンサルへの転職は長い場合、年単位で考えて行うこともあります。対策として読んでおくべき本の紹介や、現職でどのような実績を残してから転職活動を行うべきかなどのアドバイスを受けられます。

  • STEP4

    企業紹介・職務経歴書添削・面接対策

    企業紹介・職務経歴書添削・面接対策

    キャリアアドバイザーが面談内容をもとに、企業を紹介します。少なくても1~3社、多いときは5~6社の紹介があるため、相性を確認して、選考に進むか否かを決定しましょう。もちろん、志望と合わなければ断れます。

    志望した企業に合わせた、職務経歴書の添削や面接の対策も行ってくれます。ケース問題やフェルミ推定といった、コンサル特有の面接に対する勉強方法、模擬面接を通したフィードバックなどのサポートがあります。

  • STEP5

    応募・書類選考・面接

    応募・書類選考・面接

    志望した企業の選考に進んでからも、エージェント企業のサポートは続きます。書類選考を代行したり、面接日の調整などは全てエージェント側が行ってくれます。合格した場合、見送りになった場合どちらであってもフィードバックを貰えるため、転職活動がスムーズに進行できます。

  • STEP6

    内定・入社調整・退職交渉

    内定・入社調整・退職交渉

    めでたく内定をもらったあとの交渉も、エージェントがサポートします。希望に従い、入社日の設定を行うだけでなく、現在勤めている企業があれば円満退職できるようにアドバイスをもらうことが可能です。

コンサル転職の面接対策

問題解決能力・知識を身に付ける

コンサルの面接では、問題解決能力を試すケース面接があります。面接では提示された問題に対する、解決すべき問題の選定や論理的な解決案が求められるので、前提として問題解決に関する能力や思考方法が必要です。

競合との違いを説明できるようにする

応募先と競合の違いを理解し、論理的に話せる準備が必要です。ロジックを重視するコンサルでは、なぜその企業を選んだか、事実ベースで論理的に説明できなければなりません。エージェントと相談しながら、面接で話せるよう時間を割いて準備しましょう。

転職エージェントを有効活用する7つのテクニック

転職エージェントを有効活用する7つのテクニック

連絡はこまめにとる

転職エージェントに登録後は、こまめに連絡を取るようにしましょう。連絡がない場合、担当者が外れたり、転職先が決まったものとして対応が後回しにされてしまいます。少なくとも2週間に1度は連絡を取るようにしましょう。

転職希望時期はすぐ

転職エージェントに、「転職希望時期はすぐにでも」と伝えましょう。転職エージェントは応募者が転職しないと売上が上がらないため、転職意思の強い応募者を優先的に対応します。転職に強い希望を見せることで、担当者からの優先順位を上げましょう。

合わなければ担当を変える

担当者が合わないと感じたら、遠慮せず変更を申し出ましょう。転職は自身の人生にも大きく関わるので、不安は少しでも無くして転職活動を進めるべきです。

他の人の話を聞いてみたい、色々な意見を参考にしたいといった旨で変更の希望を伝えてみましょう。

推薦文を確認

転職エージェントが、応募書類とともに企業に提出する推薦文は自分でも確認しましょう。担当者によっては、おざなりな推薦文のこともあるので、場合によっては担当者の変更もお願いしましょう。

経歴やスキルは正直に

経歴やスキルは正直に書きましょう。虚偽の内容がある場合、担当者が適切な求人を紹介できず、入社できたとしても自身が辛い目にあいます。また、バレた際に担当者からの信用も失うので、転職成功のためには、経歴やスキルは正直に書きましょう。

経歴やスキルが足りなくとも、担当の推薦で応募できたり、足りないなりの対処法を教えてもらえます。

疑問点や不安点は全て確認

転職活動時に感じた疑問点や不安点は、全て確認・解決すべきです。転職は人生を左右するものなので、後悔のないよう行いましょう。もし担当者が質問を多くして嫌がるようなら、担当者の変更をお願いすべきです。

ケース面接対策などは何度でも

コンサル転職でのケース問題は、非常に難易度が高いです。疑問や不安があれば何度でも対策をお願いして、万全の状態で面接に臨めるよう準備しましょう。

同じ求人に別転職エージェントから応募しない

同じ求人に複数個所から応募する「二重応募」はご法度です。求人企業に、自己管理ができない人材と評価されたり、採用が滞ってしまったりする可能性があるからです。

実際、トラブル調整に1か月かかりその間に応募が終わってしまったという例もありました。複数のエージェントに登録している場合は、二重応募をしてしまう可能性があるので、エクセルなどを使って応募企業をしっかり自己管理することが重要です

礼儀やマナーは守る

礼儀やマナーは守って、担当者とは接しましょう。相手も1人の人間なので、礼儀に欠けた応募者とは真面目に向き合う気がなくなります。転職をサポートしてくれる仲間なので、いい関係で転職を進められるよう、礼儀やマナーはしっかりしましょう。

コンサル転職に関してよくある質問

コンサル未経験でも採用される??

採用されます。多くのコンサル企業が、コンサル未経験の方も積極的に採用を行っており、未経験者も多数活躍しています。コンサル以外の経験だと、経営企画やマーケティングの業務経験があると有利です。

コンサル業界の年収はどのくらい??

国内で上場している、コンサルティング企業の平均年収は1,138万円です(参考:コンサルタントの年収・給与|ムービン)。日本の平均年収が433万円の3倍弱なので、高年収を期待できます。

総合系コンサルとは?

総合系コンサルは、特定の領域だけでなく、戦略から人事・業務、ITなどのサービスを、業界問わず幅広く行っているコンサルティング企業です。

IT系コンサルとは?

ITコンサルは、IT分野に特化したコンサルで、ITを利用した顧客の問題解決を行います。近年は企業へERPやCRMなどのシステムを導入する案件が多く、SIerとの区別がなくなりつつあります。

戦略系コンサルとは?

戦略コンサルはコンサルティングサービスの中でも、経営コンサルティングに限ったサービスを提供しています。少数精鋭で、企業の重要な意思決定に絞った業務を行えることが魅力です。

転職エージェントは何をしてくれるの?

キャリア設計の相談や非公開求人の紹介、面接対策や内定後の交渉まで、転職活動の入り口から出口までサポートしてくれます。特にコンサルへの転職の選考は、1人では対策困難なケース面接やプレゼンがあり、転職エージェントの利用は必須です。

転職エージェントは無料で利用可能?

無料で利用できます。転職エージェントは、紹介先企業から報酬を貰う仕組みなので、応募者の金銭的負担はありません。

コンサルの転職エージェントは複数利用がおすすめ

転職を成功させるためには、最低でも2つ以上の転職エージェントと1つ以上の転職サイトに登録するべきです。各転職エージェントでそれぞれ強みがあるので、上手く使い分けましょう。

アクシスコンサルティングはコンサル転職全般に強いですが、戦略コンサルへの転職ではコンコードムービンにやや分があります。

また、コンサル中心にしつつ、幅広く求人を見たい場合は、他転職エージェントの併用がおすすめです。

まとめ|コンサル転職は転職エージェントの利用が必須

コンサルは未経験でも転職可能で、高給を狙える魅力的な仕事ですが、転職難易度も高く転職エージェントの利用は必須です。

ケース問題やプレゼンなど、コンサルの選考は1人では対策困難なため、転職エージェントを活用しましょう。

また、コンサルにも様々種類があり、志望する業界に強い転職エージェントを併用しながら転職活動を進めてください。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス