ノウハウ:第二新卒

マイナビエージェントの登録方法は?最新画像を使って手順を詳細解説!

近年、転職エージェントサービスが増えてきているが、種類が多すぎてどれを使えばよいか分からない人も多いだろう。そこでおすすめしたい転職エージェントが「マイナビエージェント」だ。

本記事ではマイナビエージェントの登録方法について、登録フローの各画像を使いながら詳細を解説していく。

マイナビエージェントの概要・利用するメリット・口コミなども合わせて紹介していくので、これからマイナビエージェントを利用してみたい人はぜひ一読して欲しい。

【無料】マイナビエージェントに登録する

マイナビエージェントとは

運営会社名株式会社マイナビ
設立1973年8月15日
本社所在地東京都千代田区一ツ橋1-1-1
提供サービス内容就職・転職サイト運営、転職サポート事業、人材派遣事業など

マイナビエージェントを運営する株式会社マイナビは、1973年に創業(創業時の社名は株式会社毎日コミュニケーションズ)した大手人材・広告企業だ。

新卒求人サイト「マイナビ」や転職求人サイト「マイナビ転職エージェントサーチ」など、就職・転職関連の求人サイトを数多く運営している。

特に新卒求人サイト「マイナビ」は競合のリクナビと並んで、新卒求人サイトの「二大巨頭」として扱われるほど大規模なサービスとなっている。

マイナビエージェントは、専属の転職アドバイザーが自身にあった求人を探して紹介してくれるサービスだ。通常の転職サイトの場合では、求人の検索から応募、面接対策まで自分一人で行わなければいけないが、マイナビエージェントであれば転職活動に関わる各種サポートを受けることができる。

転職活動を一人で行うのが不安な方に、マイナビエージェントは最適なサービスといえるだろう。

マイナビエージェントの登録方法

それでは早速、マイナビエージェントの登録方法を確認していこう。

まずは「マイナビエージェント」の公式ページにアクセス。トップページに記載されている「転職支援サービス申し込み」をタップしよう。

すると、各種質問項目が1ページごとに表示される。各画面の質問に回答していこう。

質問項目の終盤に、現在の勤務先での職務内容について記述する項目が出てくる。

こちらは登録審査の際にチェックされるので、可能な限り具体的に、細かく記述するようにするのがポイント。最大5000文字まで記載できるので、複数の職務を抱えている人でも余裕をもって記述できる。

各種情報の入力・記述が完了したら、最後に「無料転職支援サービスに申し込む」のボタンをタップ。

これでマイナビエージェントへの登録は完了だ。質問項目が多いが、スマホでサクサクと回答できるので、所要時間は10分ほど。仕事の休憩時間など空き時間を使っても無理なく登録できる。

【無料】マイナビエージェントに登録する

マイナビエージェントを利用するメリット

マイナビエージェントを利用するメリットとして、下記の点が挙げられる。

  • 転職アドバイザーの対応が丁寧
  • 第二新卒向けの求人が充実している
  • 中小企業の求人も豊富に扱っている

それぞれ詳細を確認していこう。

転職アドバイザーの対応が丁寧

マイナビエージェントの転職アドバイザーは、丁寧かつ熱心に対応してくれると評価されている。自身の希望条件に合った求人をスピーディーに紹介してくれるので、初めての転職でも安心して利用可能だ。

担当の転職アドバイザーによっては、求人内容の細かな分析や面接対策までフォローしてくれる。アドバイザーの質の高さは、他の転職エージェントよりも一段抜けてていると考えてよいだろう。

ただし、マイナビエージェントの転職アドバイザーの中にも一部、あまり熱心に対応をしてくれないアドバイザーも存在する。

自分と肌が合わない、対応の質に疑問を持った場合などは、遠慮なく担当アドバイザーの変更を申し出るようにしよう。

第二新卒向けの求人が充実している

マイナビエージェントでは、第二新卒向けの求人が充実している。運営会社のマイナビは、新卒採用サービスで競合のリクナビを凌ぐ実績を保有しており、若手採用の分野でノウハウを蓄積している。

大手企業とのつながりも多数あるので、第二新卒求人でも大手企業を中心に充実した求人が揃っている形だ。

未経験者でも応募できる求人が多いので、キャリアの再スタートを切りたい20代の人にもマイナビエージェントはおすすめといえる。

中小企業の求人も豊富に扱っている

マイナビエージェントは、中小企業の求人も豊富に扱っている。業種を問わず、様々な企業の求人が掲載されているので、自身の希望に合った求人を見つけやすい。

中には、競合のリクナビやdodaに掲載されていないような、独自の案件も掲載されている。

幅広い選択肢の中から、求人を比較して選びたい際にもマイナビエージェントは最適だ。

マイナビエージェントを利用するデメリット

マイナビエージェントを利用する際に気にすべきデメリットもある。具体的には以下だ。

  • 公開求人数がそこまで多くない
  • 登録できないケースがある
  • 連絡が頻繁にくる
  • ハイクラス求人は少ない

求人数がそこまで多くない

マイナビエージェントは、競合のリクルートエージェントと比べると公開求人数は少なめだ。マイナビエージェントの公開求人数が「約26,000件マイナビエージェント公式より)」であるのに対して、リクルートエージェントの公開求人数は「約110,000件リクルートエージェント公式より)」。

8万件以上の差となっており、求人数の面ではマイナビエージェントは遅れをとっている形だ。

マイナビエージェント非公開求人の割合が高いという事情もあり、合計の求人数ではここまでの差ない。ただし、自分で探せる求人数には差があることを留意する必要がある

登録できないケースがある

マイナビエージェントでは、利用の際に登録審査が行われる。職歴・経歴によってはマイナビエージェントに登録できないこともあるので要注意だ。

登録可否の基準について具体的な情報は公開されていないが、利用者の口コミを見てみると「職歴がパート・アルバイトのみ」の場合だと登録できないケースが多いようだ。

マイナビエージェントを利用するためには、まずは正社員として職歴を積む必要があるといえるだろう。

連絡が頻繁にくる

マイナビエージェントは、転職アドバイザーが熱心である分、連絡が頻繁にくることもある。自身のペースで転職活動をしたい人にとっては、少々窮屈に感じるかもしれない。

また、転職アドバイザーの中には少なからず紹介ノルマに追われている人も存在する。そのため、求人への応募を無理に催促してくるケースも時折見られる。

マイペースに転職活動をしたい場合は、その旨をあらかじめ担当の転職アドバイザーに伝えるようにしておこう。

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントでは、30代以上のハイクラス求人は少なめだ。20代向けの未経験可能求人は豊富だが、経験・職歴が求められる求人は全体的に少ない形だ。稀にハイクラス求人の紹介を受けられることもあるが、過度に期待するのは避けた方が無難だろう。

ハイクラス求人への応募を希望する場合は、ハイクラス求人を専門的に扱う求人サイトに登録するのがおすすめだ。

【無料】マイナビエージェントに登録する

マイナビエージェントの利用がおすすめな人

マイナビエージェントの利用がおすすめな人は、下記の項目に当てはまる人になる。

  • 20代前半で未経験の業種で働きたい
  • ブランクをつくらずに転職したい
  • 求人情報を集める時間がない

20代前半で未経験の業種で働きたい

現在20代前半で、未経験の業種で働きたい場合にマイナビエージェントは最適だ。マイナビエージェントでは、未経験でも応募できる求人が豊富に揃っている。「未経験」である点がハンデになることはほとんどない。

「20代前半で転職すると、企業側から不信な目で見られるのでは」と心配になる人もいると思うが、企業側にも「フレッシュな若手人材が欲しい」というニーズがある。

20代前半で転職する理由を説明できれば、転職時に不利になることはないと考えてよいだろう。

ブランクをつくらずに転職したい

現在の仕事からブランクをつくらずに転職したい人にも、マイナビエージェントはおすすめだ。マイナビエージェントのアドバイザーは、レスポンスよく対応してくれる点で評価を集めている。

スムーズにやり取りを行えるので、求人紹介から応募・面接まで1週間以内に終えることも可能だ。

転職アドバイザーに「なるべく早く転職を行いたい」旨を伝えれば、すぐに面接案内できる求人を紹介してもらえることもある。転職活動を早く終えたい方にとって、マイナビエージェントは最適といえるだろう。

求人情報を集める時間がない

日中、仕事で忙しくて求人情報を集める時間がない場合でも、マイナビエージェントは心強いサポーターになってくれる。

マイナビエージェントのアドバイザーは、希望条件に合った求人を多数紹介してくれるからだ。こちらから情報を集める必要がないので、求人情報を集める暇がなくても安心だ。

アドバイザーとのやり取りはメールで行うことが可能なので、夜間の連絡でも問題ない。気になった求人情報をメールで伝えれば、応募・面接設定までスムーズに進められる。

マイナビエージェントの評判・口コミ

次に、マイナビエージェントの評判・口コミを見ていこう。

「特別なスキルがないので転職活動はすごく嫌でしたし、自信もありませんでした。ただ現職の未来があまりにないので、ちゃんと安定して働けるような会社を見つけるために転職活動をしようと決意しました。

いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。

それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。」

引用元:みん評

「初めての転職だったので、20代、第二新卒向けと聞いたマイナビに相談に行きました。担当は若い人で少し不安でしたが丁寧に対応してくれました。初めての転職だったからなのか、前職の仕事内容の他にもバイト経験や大学の学部を選んだ理由なども聞かれました。

面接でも何回か聞かれたので話す練習になりました。私は技術職希望だったのですが、思うような求人は少なく退会しましたが、20代半ばで「転職したいなー」と軽く思ってる人にはお勧めのエージェント会社だと思います。強要されないので気軽に面談に行けると思いますよ。」

引用元:みん評

「Uターンで転職をしたいと思い登録して使い始めましたが、希望している勤務地と全く違う勤務地の会社を紹介されたり、勤務地が合っていても業種が全く希望していない業種を紹介されたりして、色々と言っても直らないので散々でした。

対応は丁寧でしたが、メルマガ等も多くてちょっと困っていたのと、上記の理由で紹介の連絡が来る度に私自身のストレスが余計に増えてしまい、こちらは退会をして、違う転職エージェントを使い始めました。」

引用元:みん評

口コミ評価で多かったのが「転職アドバイザーが親切で熱心」という意見。他の転職エージェントと比較しても、マイナビエージェントのアドバイザーが一番良かったという意見も多数見られた。

ネガティブな評価としては「連絡が多すぎる」という意見が多かった。これは熱心な転職アドバイザーであるがゆえに、たくさん求人情報を紹介してしまうことが逆効果になっているともいえる。

担当アドバイザーにも当たり・ハズレがあるという意見も見られたので、担当のアドバイザーと肌が合わないと感じたらすぐに担当を変えてもらうことをおすすめする。

まとめ

マイナビエージェントは、転職アドバイザーの質が高い点で評価を集めており、初めての転職でも安心してサポートを受けることができる。20代向けの求人も豊富に取り扱っており、第二新卒の転職でも心強い。

自分一人で転職活動を行うのが不安という人は、ぜひマイナビエージェントを利用してみて欲しい。

マイナビエージェントへの登録はスマホから簡単に行える。10分ほどで登録完了できるので、ちょっとした空き時間で登録可能だ。

マイナビエージェントを活用して、理想の転職を実現していこう。

【無料】マイナビエージェントに登録する

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部のおすすめ転職サービスランキング