ノウハウ:第二新卒

キャリトレの評判は?利用者の口コミからメリット・デメリットを解説

キャリトレはハイクラスの転職をサポートするビズリーチが運営している転職サービスだ。

キャリアにこだわりがある人にとって魅力的で斬新な転職サポートになると言われているが、キャリトレの評判は良いのかが気になる人も多いだろう。

今までにない新しいサービスとして知られているため、利用するのに不安を抱くことも珍しくはない。

この記事ではキャリトレの利用者から寄せられた生の声を紹介する。

口コミでの評判の良し悪しを詳しく確認して、転職活動に有効利用できるかどうかを検討してみて欲しい。

キャリトレの登録方法についても解説するので、自分に合うと思ったらすぐに登録してみよう。

キャリトレの特徴

まずはキャリトレがどんな特徴を持っている転職サービスなのかを確認しておこう。

一般的な求人サイトや転職エージェントとは違うことを念頭に置いて読み進めて欲しい。

20代がキャリア形成にチャレンジするのをサポート

キャリトレの基本的なコンセプトは20代のキャリア形成のサポートだ。

将来を見越して今のうちからキャリアアップにチャレンジをしたいと考えている若い人も多いだろう。

キャリトレはこれから経験を積み、スキルアップを進め、未来を輝かしいものにしたいという若手の転職サポートに特化しているサービスとなっている。

キャリトレで紹介される求人はトレンドの業種の企業、業界屈指の大手企業、スタートアップや成長盛りのベンチャー企業などが多い。

既成の枠組みにとらわれずに、純粋で柔軟な思考を駆使して新しいことに挑戦したいという生きのよい若手を探している企業が登録している。

若さを生かして飛躍したい人にとってうってつけの転職サポートになるのは明らかだろう。

レコメンド機能とスカウトで仕事を探せる

キャリトレはアプリとして提供されているのが特色で、求人を探す際にはレコメンド機能とスカウトを活用できる。

今までの職歴や経験、希望条件や興味などに基づいて毎日求人を選定して表示してくれるシステムがレコメンド機能だ。

登録の際に一問一答方式でほとんどの情報入力が終わり、すぐに仕事の紹介を受けられるのが魅力である。

また、キャリトレに登録したプロフィールは企業やヘッドハンターも着目している。

登録して待っているだけでもスカウトの連絡が届き、場合によっては書類選考なしで直接面談に進むことが可能だ。

若手を探している企業とのマッチングになるため、選考もスムーズに進むと期待できる。

「興味がある」とチャットで企業とやり取りできる

キャリトレではアプリを使って企業とやり取り可能なのが特色だ。

気になった企業にはアプリ上で「興味がある」をタップしておくだけで自分の意向が届くシステムになっている。

企業の採用担当者は「興味がある」の通知があると、プロフィールを確認してどんな人材なのかを吟味するのが一般的だ。そして、魅力のある人材だとわかったらスカウトが届くのである。

このように気軽に企業へのアプローチが可能なことに加え、その後の企業とのコミュニケーションはチャットを使うことができる。

メールや電話よりもカジュアルな雰囲気で採用担当者とやり取りができるのがメリットだ。

チャットアプリなら質問もしやすく、スマホでいつでもどこでもコミュニケーションを取れる。

通知機能もあるのでスカウトや連絡を見通すこともないだろう。

キャリトレの良い評判

キャリトレの利用者の声を探してみると良い評判が多数見つかってくる。

ここではTwitterのツイートに着目してキャリトレを高く評価している口コミを紹介する。

良い評判としては以下の3点が特に取り上げられているものだ。

  • アプリがシンプルで便利
  • 面談なしで応募できて簡単
  • 年収の高い求人が見つかる

それぞれについて具体的にどんなツイートがあるのかを見てみよう。

アプリがシンプルで便利

キャリトレはアプリを使う転職サービスなので、使い勝手が良くなくてはメリットが半減してしまう。使いやすさについてはシンプルで便利という定評があるのが実態だ。

ユーザーインターフェースは特に飾り気もなく、直感的に使いやすいようにできている。スマホを使い慣れていない人でも簡単に利用できるのが魅力だ。

また、チャット機能の評判は高く、アプリでスムーズに企業とやり取りできる点が評価されている。

LINEのメッセージを代表としてチャットでのコミュニケーションが常識化されてきた世代だからこそ、キャリトレのアプリは使いやすいのだ。

面談なしで応募できて簡単

転職活動では転職エージェントの利用が人気だが、最初に面談を受けなければならないのがストレスになる場合も多い。

相性が合わないと他の転職エージェントを検討したり、担当者の交代を申し出たりしなければならないのも煩わしいポイントだ。

しかし、キャリトレでは面談なしで利用できる。この点の評判は良く、Twitterでもよく言及されている。

自分で主体的に求人を探して転職活動を進められる人にとって手間がかからないのがキャリトレのメリットだとわかる。

シンプルなユーザーインターフェースになっていることもあって、キャリトレの評判が高くなるポイントになっている。

年収の高い求人が見つかる

キャリアについて考えている人は若手に限らず年収を意識していることが多いだろう。

キャリア構築をして大きな成果を上げ、高い評価を受けて年収を上げたいというのが典型的だ。キャリトレはこの点での評判が良いので口コミを見てみよう。

レコメンド機能で高年収の求人が紹介されたり、企業から給料が高いプラチナスカウトを得られたりしている様子がわかる。

若い人がステップアップするのに適している転職サービスだと理解できる口コミだ。

キャリトレの悪い評判

キャリトレを利用してみて良かったという声もあるのは確かだ。

しかし、Twitterでツイートしている利用者の声を確認してみると悪い評判も見つかってくる。

SNSでのコメントは不満の声がもともと多いので、キャリトレを低く評価しているツイートも決して少なくはない。

口コミでは以下の3点について悪い評判があるので詳細を確認しておこう。

  • アプリが使いにくい
  • 求人の質のばらつきが大きい
  • プラチナスカウトの質が低め

アプリが使いにくい

キャリトレのアプリは使いやすいという良い評判もあったが、使いにくいという口コミも少なくはない。

具体的に内容を見てみると着眼点が違うことがわかるだろう。

アプリのユーザーインターフェースやチャット機能については評判が良いが、それ以外の部分については不満も多いことがわかる。

プッシュ通知が余計に感じられたり、メッセージ機能が使いにくかったりするケースが目立っている。

使いやすいかどうかは実際に利用してみて判断する必要があるだろう。

求人の質のばらつきが大きい

キャリトレのレコメンド機能で紹介される求人には賛否両論がある。

以下の口コミからわかるように質のばらつきが大きくて期待通りになるとは限らないのだ。

給料が良くても他の部分が満足できないというツイートもある一方、給料が低いものばかりということもあり得るのである。

仕事の内容を優先したい人や、給料がもともと高い人にとっては魅力的な求人を見つけるのが難しい可能性もある。

自分に合う求人を丁寧に探すことが重要なサービスだと認識しておいた方が良い。

プラチナスカウトの質が低め

キャリトレではプラチナスカウトを受けられるのが魅力だが、必ずしも質が高いとは言えないという口コミが散見される。

どのようなケースがあるのかを口コミで確認してみよう。

プラチナスカウトは条件を満たしている人への自動送信という意見もある。

企業の採用担当者としては無数の人材のプロフィールを全て読みこなすのは大変なので、プラチナスカウトを出して興味を持ってくれた人と連絡を取り合うのはもっともな方法だろう。

このようなやり方をしている企業が多い影響で、自分に合わないスカウトが届くのが不満になる可能性はある。

ただ、さまざまな求人を見る機会になると前向きな気持ちを持つと、視野の広い人材に成長できるだろう。

キャリトレを利用すべき人

キャリトレには賛否両論があるのは口コミの評判からも明らかだろう。

誰もが皆、キャリトレを使えば納得できる形で転職活動を進められるとは限らないのである。

それでは、キャリトレを利用すべきなのはどんな人なのだろうか。

もし以下に該当するのならすぐにでもキャリトレを活用しよう。

  • 若手でキャリアアップを目指したい人
  • キャリアプランを自分で立てられる人
  • 自分なりのペースで仕事を探したい人

キャリアにこだわりがあって、将来には活躍したいと思っているならキャリトレはうってつけだ。

また、以下のようなタイプの人にもキャリトレはおすすめできる。

  • レコメンド機能とスカウトを活用して探したい人
  • 自分の市場価値を確認したい人

気軽に利用できるアプリを最大限に活用したい人も、企業からのスカウトを見て市場価値を理解したい人もキャリトレを使ってみよう。

キャリトレの登録方法

キャリトレは自分に合っているかもしれないと思ったなら登録に踏み切ろう。

キャリトレの登録ではアプリをインストールして基本的な情報を入力するだけの簡単なものだ。

基本情報、就職状況・希望条件、職務経歴詳細が必要項目となっている。

詳細な登録の仕方は以下の記事で紹介しているので参考にして欲しい。

キャリトレをもっと知るためのQ&A

キャリトレを転職サポートに活用しようと思ったなら、事前に詳しい情報を得ておきたいだろう。

ここではよくある疑問に対する回答を紹介するので、ぜひ確認した上で登録を検討して欲しい。

20代の人しか利用できないのか

キャリトレは20代のキャリアへの挑戦をサポートするサービスだ。

すると年齢制限が設けられていて20代の人しか使えないのではないかと思うかもしれない。

しかし、実際にはキャリトレの利用に年齢制限はなく、全年齢の人が登録して転職活動を進めることが可能だ。

キャリトレで紹介される求人にも厳しい年齢制限が設けられているものは決して多くはない。

シニア層の求人がないのは確かで、企業も若手を求めているのも事実だ。企業とのマッチングが難しいという意味では20代に有利なサービスである。

しかし、30代でもキャリア形成を進められるチャンスはあるので、キャリトレの活用を前向きに検討してみよう。

ビズリーチとの連携はあるのか

キャリトレの運営会社はビズリーチなので、主に30代をターゲットとしているビズリーチのサービスとの連携があるのではないかと期待するのも当然だろう。

20代後半から30代前半の人にとってはキャリトレもビズリーチも魅力的な転職サポートになるからだ。

しかし、運営会社が同じというだけで、キャリトレとビズリーチには特に連携サービスが作られていないのが現状である。

キャリトレとビズリーチでは人材を探す企業側の視点が異なる。

求職者側の視点ではどちらもキャリアアップできる求人を探すのに向いているサービスだ。

しかし、企業にとってキャリトレは将来有望な若手を探すサービスで、ビズリーチは経験豊富な即戦力の募集をするサービスとなっている。

このような違いがあるため、ミスマッチが起こらないようにサービスを明確に切り分けているのである。

将来性やキャリアを重視して転職活動を進めたい場合にはキャリトレとビズリーチの使い分けや併用を検討した方が良い。

明確な職務経験があるなら若い人でもビズリーチでハイクラスの転職が可能だ。

逆に30代でもチャレンジ精神がある人ならキャリトレで魅力的な企業とマッチングできる可能性が高い。

ビズリーチについては以下の記事でも紹介しているので参考にして検討して欲しい。

無料で利用できるのか

キャリトレは完全に無料で利用できるサービスなので安心だ。

ビズリーチは転職サービスとしては珍しく有料サービスとなっている。

そのため、運営会社が同じだからキャリトレも料金を取られるのではないかと思いがちだ。

しかし、キャリトレは全サービスを無料で利用できる仕組みになっている。

費用がかかるのならやめておこうと思っていた人も気軽にキャリトレを活用しよう。

キャリトレの評判を総括

キャリトレは20代のキャリアへの挑戦をサポートする転職サービスとして評判は良い。

面談不要で利用でき、高年収の仕事を手に入れて将来性を高められる可能性が高いのが魅力だ。

ただ、求人やスカウトの質にばらつきがあるため、自分で判断してより良い仕事を見つける力は求められる。

完全に無料で利用できるサービスなので、キャリアにこだわりがあるなら登録してみるのが賢明な判断だろう。

キャリアアップできる期待が大きい求人を手に入れるチャンスを獲得できるのはキャリトレを利用するメリットだ。

気軽に使用できるアプリを転職活動のサポートとして活用していこう。

編集部のおすすめ転職サービスランキング