転職したいけどスキルがない20代が知っておくべきこと!20代前半と20代後半の転職方法

転職したいけどスキルがない20代

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

「転職したいけどスキルがないから不安…」

「20代はスキルがなくても転職できる?」

20代はスキルがなくても転職できます。しかし、スキルや資格がないから転職に不利なのでは、と不安になる人も多いです。

そこで、この記事では転職したいけどスキルがない20代に向けて、転職できる理由や転職の進め方を解説していきます。転職を成功させるコツなども解説しているので参考にしてください。

転職する際にはマイナビエージェントなどの転職エージェントの利用は必須です。特にスキルがない場合、転職エージェントのサポートがあれば転職成功率が上がります。無料で利用できるので、登録しておきましょう。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

転職したいけどスキルがない20代が知っておくべきこと

転職したいけどスキルがない20代が知っておくべきこと

  • スキルがなくても20代なら転職できる
  • スキルよりも伸びしろが求められる傾向にある
  • 資格勉強より転職活動を始めることが重要
  • 年齢によって転職難易度は変わる

スキルがなくても20代なら転職できます。企業側は20代の転職者に対して、スキルや資格よりも伸びしろを求められる傾向にあるからです。

スキルがなくても、今後活躍してくれる人材を育てたいと多くの企業は考えています。また、人間性や仕事への熱意などのポテンシャル面も参考に採用を決めています。

ただ、同じ20代でも前半と後半では転職の難易度が変わります。自分の年齢に合った転職活動を進めるのが重要です。

20代前半から半ばまでの転職ではスキルより伸びしろを重視される

スキルがなくても25,6歳までなら転職に支障はありません。採用する企業側は現状のスキルや資格よりも、今後の伸びしろを重視しているためです。

会社への熱意や意気込み、人柄などが伝われば採用される確率が上がります。

加えて、20代半ばまでなら第二新卒枠で採用される可能性が高いです。転職を考えている人は早め行動しましょう。

【第二新卒とは】
大学卒業後の新卒入社から社会人経験2~3年程度の若手世代を指す

20代後半からの転職は難易度が上がる

27~29歳の20代後半は、転職の難易度が上がるので対策が必要です。企業側が、入社後すぐに即戦力になれる人材を求めているためです。

「自分の強み・アピールポイント」を伝えるために自己分析をしたり、転職先の企業理念を理解して採用担当者からの質問に回答できるようにしましょう。企業側へ熱意が伝わり、採用の可能性が高まります。

また「入社して何年後にはこの役職に就きたい」といったキャリアイメージを伝えるも、良い印象を持たれるのでおすすめです。

20代の転職活動でよくある悩み

20代の転職活動でよくある悩み

みんなはどんな理由で転職をしている?

厚生労働省の調査によると20代は「労働条件が悪かった」「会社の将来が不安だった」「人間関係が悪かった」などを理由に転職を決めています。

このような理由で転職するのは問題ありません。30~40代でもよくある転職理由なので、気負わないようにしましょう。

20代男性の転職理由まとめ

20代前半 20代後半
1位 労働時間・休日等の労働条件が悪かった 労働時間・休日等の労働条件が悪かった
2位 仕事の内容に興味が持てなかった 会社の将来が不安だった
3位 会社の将来が不安だった 職場の人間関係が好ましくなかった

参照:厚生労働省「令和4年雇用動向調査結果の概要」

20代女性の転職理由まとめ

20代前半 20代後半
1位 労働時間・休日等の労働条件が悪かった 労働時間・休日等の労働条件が悪かった
2位 職場の人間関係が好ましくなかった 給料等収入が少なかった
3位 給料等収入が少なかった 職場の人間関係が好ましくなかった

参照:厚生労働省「令和4年雇用動向調査結果の概要」

何回目の転職から採用に不利になる?

転職回数は多いほど不利になります。リクナビNEXTの調査によると3回目から転職歴を気にする企業が一気に増えます

転職回数が多いほど「うちの会社でもすぐに辞めそう」「長続きしないなら採用しない方がいい」などネガティブな印象を持たれます。

企業側が転職歴を気にする回数の調査結果【リクナビNEXT調べ】

リクナビNEXT 転職歴は何回目から気になるかアンケート調査のグラフ拡大する

※参照:リクナビNEXT「転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

転職活動を始めるのは在籍中?退職してから?

転職活動は在籍中に始めましょう。退職後に転職活動を始めると収入がなくなるので、焦って転職先を決めてしまいがちです。

また、在籍中に転職活動をすればブランク期間を作らずに済みます。ブランク期間がある転職者は企業から悪い印象を持たれます。退職後の転職活動はおすすめしません。

「在籍中に転職活動をする時間がない」という人は、マイナビエージェントを利用しましょう。求人紹介や書類添削のサポート、面接の日程調整などをしてくれるので仕事に集中して転職活動ができます。

スキルがなくても転職できる理由

  • 20代はポテンシャルが重視されている
  • 若さゆえの柔軟性を期待されている
  • 企業側の負担が楽に済む
  • 今後を支える若手を育てたい

20代はポテンシャルが重視されている

厚生労働省 正社員の採用選考で重視した点のまとめグラフ拡大する

参照:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査」

20代はスキルがなくても転職できます。厚生労働省の調査では企業が採用選考で最も重視したのは「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」のポテンシャル面だったためです。

一方で「業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)」を重視したのは30%程でした。20代の転職なら、スキルがないことに不安を感じる必要はありません。

ただ、同じような年齢や経歴の転職者同士で面接を受けた場合、スキルがないと不利になるのは事実です。転職先の企業の情報収集や自己PRの作成などをして、準備を万全にするのがおすすめです。

若さゆえの柔軟性を期待されている

スキルや資格がなくても20代なら転職できます。若年層は前職の職場にまだ染まりきっていないので、柔軟性を企業が期待しています。

一方で、30代以上の求職者は柔軟性を期待してもらいづらいです。「考え方が固まっている」「経験が邪魔になる」などの理由で、採用後の育成がやりづらいと考えているためです。

20代は職務経験が短い分、今までの経験が邪魔をしません。柔軟に物事を考えられる20代は育成がやりやすく覚えも早いので、企業は積極的に採用しています。

企業側の負担が楽に済む

  • スキルが高い人材の採用には高収入の提示が必要
  • ビジネスマナーの教育がいらない

スキルや資格がなくても20代なら転職できます。スキルが高い30~40代よりも高収入を提示する必要が無いので、企業の負担が軽くなります。

また、前職の会社でビジネスマナーの教育は済んでいるので、入社直後に実務の研修ができるのも負担が楽になる1つです。

今後を支える若手を育てたい

中小企業庁 従業員規模別の人材確保状況のグラフ拡大する

参照:中小企業庁「令和4年の中小企業の動向」

スキルがない20代でも転職できます。少子高齢化の影響により働ける人材が減っているので、若手を育てておきたいと企業は考えています。実際に、中小企業庁の調査で約50~70%の企業が人手不足で悩んでいます。

ただ、人手不足の理由が「会社の成長・事業拡大」の企業を選びましょう。「労働環境が悪い」といったブラックな理由で人手不足の企業は避けるべきです。

ブラック企業の見分け方がわからない人は、マイナビエージェントなどの転職エージェントの利用がおすすめです。各業界の内部事情に詳しい転職のプロから、働きやすいホワイトな求人を紹介してくれます。

スキルがない20代の転職の進め方

  1. 「本当にやりたい仕事」はなにか整理する
  2. スキル以外の自分の強みを考える
  3. 転職エージェントに登録する
  4. 興味を持った業界を調べる
  5. 興味をもった企業の理念や社員の口コミを調べる

1.「本当にやりたい仕事」はなにか整理する

「本当にやりたい仕事」を探す方法

  • 「やりたくないこと」をまとめる
  • 求人情報から興味が出たものを見つける
  • 転職・就職フェアに参加してみる
  • 自分が会社に求める条件を明確にする など

スキルがない20代が転職を進める際には、最初に自分が「本当にやりたい仕事」を整理しましょう。やりたい仕事を整理しないと、曖昧な転職活動になってしまい就職後に「こんな仕事はしたくない」と後悔してしまいます。

やりたい仕事の整理ができれば求人の絞り込みができるので、転職活動がより効率的に進められます。

2.スキル以外の自分の強みを考える

スキルがない20代は転職を進める際に、自分の強みを考えましょう。「リーダーシップがある」「チャレンジ精神がある」「気配りができる」などが上げられます。

「自分には強みがない」と思っている人は「得意なこと」や「自信があるもの」に置き換えると、イメージしやすくなります。

また、友人などの目線から意見を聞いてみるのもおすすめです。第三者目線の意見は、自身の強みと言えます。

転職活動で使えるスキル以外の「強み」の例

コミュニケーション
能力
他者との意思疎通が得意
リーダーシップ 集団をまとめて目標へ導ける
気配り 他者の意見を汲み取るのが得意
継続力 失敗を改善して継続できる
主体性 自分の意思・責任で行動できる

3.転職エージェントに登録して求人を紹介してもらう

スキルがない20代は転職エージェントに登録して求人を紹介してもらいましょう。1人で転職活動するよりも効率的に進められ、失敗する可能性が低くなります

また、転職エージェントでは自己分析のサポートもしてくれます。自己分析の結果からより自分に合った求人を紹介してくれるので、やりたい仕事に出会える可能性が上がります。

20代の求人に強い「マイナビエージェント」や未経験者・第二新卒向けの「ハタラクティブ」など多数あります。複数のエージェントを併用するとより多くの求人を紹介してもらえるのでおすすめです。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

4.興味を持った業界について調べる

転職エージェントからの紹介で興味を持った業界について調べましょう。「この業界は今後も成長するだろう」「市場規模が衰退がしているからこの業界への転職はやめよう」などの、判断材料になります。

また、業界について事前調査ができれば業務内容もイメージしやすくなります。「この業界でこんな仕事がやりたい」と、面接でアピールできれば採用担当者の印象も良くなります。

5.興味をもった企業の理念や社員の口コミなどを調べて深掘りをする

興味をもった企業を見つけたら、理念・社風や社員の口コミを調べましょう。企業の理念や社風を理解できれば、志望動機をより明確に作成できます。

また、openworkといった評判口コミサイトから実際に現場で働いている社員の声を確認すれば、入社後の働くイメージがより具体的になります。

採用担当者がスキルがない20代をチェックする際のポイント

採用担当者のチェックポイント

入社後の伸びしろがあるか

採用担当者はスキルがない20代をチェックする際に、入社後の伸びしろを重視しています。スキルがないため「成長してくれるか」「会社の主軸になる人間になれるか」などのポテンシャル面を見ています。

また、前職までの経歴や人柄、社会人としてのマナーが身に付いているかなども採用担当者は見ています。仕事への取り組み方や姿勢を上手く伝えられるようにしましょう。

「ハキハキ話せない」「優遇面を気にしすぎている」「前職の文句が多い」などを見せると、伸びしろを感じられないと判断されるのでやめましょう。

伸びしろを判断しているポイント

  • 人柄や熱意
  • 企業について下調べしている
  • 入社後にしたいことを考えている

社風に合っている人間か

採用担当者はスキルがない20代をチェックする際に、社風に合った人間なのか重視しています。社風が合っていないと、入社後に転職者の能力が十分に発揮されないためです。

例えば、昔からの事業や伝統を重視している企業へ「事業拡大にチャレンジしたい」とアピールしても、活動が難しく本来の能力を出せません。

企業は活躍してくれる人材を求めています。自分のやりたいことと、社風にあった企業に転職するのがおすすめです。

企業の社風の一例

  • 新しいことにチャレンジできる
  • 上下関係が厳しい・体育会系
  • 完全実力主義 など

能力を活かして仕事ができるか

採用担当者はスキルがない20代をチェックする際に、能力を活かして仕事ができるか判断しています。企業側は転職者の強みや得意な業務から、今後の成長や活躍を判断しています。

逆に、スキルや資格を持っていても企業が能力を活かせないと判断すれば不採用になる可能性もあります。

自分の強みや得意なことをアピールできるほど、採用率も上がります。面談前には伝えたいことを必ず整理しておきましょう。

スキルがない20代が転職を成功させるコツ

スキルがない20代が転職を成功させるコツ

転職先の企業理念を理解する

転職先の企業理念や方針、社風は必ず理解しましょう。面談では志望動機をよく聞かれるので、曖昧な回答をすると評価が落ちてしまいます

また、理念や方針を理解していないと入社後のギャップを感じて「こんなはずではなかった」と短期で転職を繰り返す恐れもあります。

自分の強み・アピールポイントを考える

転職を成功させるなら自分の強みやアピールポイントを考えましょう。企業へ熱意・やる気が伝わり、志望動機や自己PRもより明確に作成できます。

また、自分の強みが伝われば「この業務を任せられそう」「すぐに戦力になってくれそう」など、企業への期待値も上げられます。

転職理由をポジティブに言い換える

転職理由はポジティブに言い換えましょう。ネガティブに伝えると採用担当者に「また同じ理由で辞めそう」「他責感が強い」などのマイナスな印象を持たれます

また、人間関係や労働条件の悪さを転職理由として言い換える際には「改善しようと努力をした」「改善を試みたが難しかった」などを加えましょう。「できるだけのことはやったな」と好印象をもたれやすいです。

転職理由のポジティブな言い換え例

ポジティブな例
給料が低かった 実績を認めてもらえる環境で働きたい
やりがいが無い
達成感が無い
適切な目標設定をして達成したい
人間関係が悪い チームワークの良い環境で働きたい
残業・休日出勤が多い 仕事のオンとオフをはっきりさせて働きたい
やりたい仕事では
なかった
別の業務で貢献できる環境で働きたい

志望動機をしっかり書く

志望動機はしっかり書くのがおすすめです。志望動機があやふやでは「会社のことをわかっていない」といったマイナスイメージを持たれます。

志望動機をしっかり書くコツは「転職先の魅力」に触れることです。「なぜ、この会社の面接を受けようと思ったのか」を箇条書きしてみると、わかりやすいです。

採用担当者は志望動機から、会社に合った人間なのか、今後活躍してくれるのかを判断しています。より具体的な志望動機を作成してアピールしましょう。

職務経歴書から強みをアピールする

スキルがない20代は、職務経歴書から自分の強みをアピールしましょう。前職で携わった業務や実績、培った能力をより具体的に採用担当者に伝えられます

経歴を書く際には「具体的な実績」を載せるのがおすすめです。「頑張ってきました」よりも「1ヶ月で◯万円の売上を出しました」の方がより自分の実績が伝わります。

転職エージェントを利用する

スキルがない20代が転職活動を始めるなら、転職エージェントを利用しましょう。転職のプロが、求人探しから面接の日程調整、年収交渉まであらゆるサポートをしてくれます。

また、転職エージェントではが書類添削や面接対策などのサポートも受けられます。面接でより好印象を伝えられるので、スキルがない20代でも転職ができます。

転職エージェントは20代の求人に強い「マイナビエージェント」や未経験者・第二新卒向けの「ハタラクティブ」など多数あります。複数のエージェントを併用するとより多くの求人を紹介してもらえるのでおすすめです。

スキルがない20代におすすめの転職先7選

スキルがない20代におすすめの転職先

ITエンジニア(プログラマー)

ITエンジニア(プログラマー)は、スキルがない20代におすすめの転職先です。人手不足の業界なのでスキルがない未経験でも採用されやすいです。

ITエンジニアは、コンピューターのプログラム開発・構築を行う仕事です。在宅ワークの企業も多く、経験を積めばフリーランスでも働けるので自由度が高いです。IT業界は今後も市場規模の拡大が見込めるのでおすすめです。

ITスキルを持っていない人は「ラクスパートナーズ」を活用してみましょう。3ヶ月間の研修が受けられるうえ、キャリアアップできる仕事にも配属してもらえます。まずは無料オンライン説明会から受けてみると良いでしょう。

▶ラクスパートナーズの公式サイトはこちら

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)は、スキルがない20代におすすめの転職先です。需要が高い職種ですが人手不足が続いており、未経験歓迎の募集が多いです。

ネットワークエンジニアは、サーバーやネットワークといったIT業界でのインフラを担う職種です。インフラの設計や構築、システムの運用・保守などを行います。

IT関連の職種で働けば、スキルを身につけて年収アップやキャリアアップも望めます。転職エージェントを利用するなら未経験者の求人に強い「ワークポート」やIT業界特化の「レバテックキャリア」がおすすめです。

Webデザイナー

Webデザイナーは、スキルがない20代におすすめの転職先です。資格が不要で未経験歓迎の求人が多く、研修制度が充実した企業も多いためです。

Webデザイナーは、Webサイトやホームページのデザインを行う仕事です。企業・個人から幅広く依頼が来るので需要が高い職種です。スキルを身につければ、独立してフリーランスでも働けます。

Webデザイナーに転職するなら「レバテックキャリア」に登録しましょう。希望企業への転職成功実績が96%と非常に高い、おすすめの転職エージェントです。

Webマーケター

Webマーケターは、スキルがない20代におすすめの転職先です。マーケティング職の中でも未経験から目指しやすい職種と言われています。

Webマーケターは、Webサイト・SNS・メルマガなどのWeb広告による集客や競合分析などを行う仕事です。Web広告費はTVの広告費を上回るほど市場規模が拡大しているので、今後も成長が期待できます。

転職エージェントを利用するなら未経験者歓迎の求人が多数ある「ワークポート」がおすすめです。求人紹介から応募書類の添削、面接対応まで徹底的にサポートしてくれます。

営業職

営業職は、スキルがない20代におすすめの転職先です。全業界で需要があり、未経験でも採用されやすい職種です。「住宅メーカー」「保険会社」「製造業」などさまざまな業界からの求人があります。

営業職は顧客に合わせた「商材・サービス」を売り込む仕事です。企業によって営業が扱う「商材・サービス」が異なりますが、商材を売り込む業務は同じです。スキルを身につければ異業種への転職もチャレンジできます。

転職エージェントを利用すれば、求人紹介や面接のサポートをしてくれます。おすすめは20代の転職に強い「マイナビエージェント」です。

医療事務

医療事務は、スキルがない20代におすすめの転職先です。医療事務に就くために必須の資格は特にないので、未経験でも転職できます。

医療事務は、医療機関で来院者への対応やカルテの管理、医療費の計算などを行う仕事です。働きながら知識やスキルが身につけられます。また、医療機関で働けるので安定性が高く、長期的に働けます。

医療事務へ転職するなら「マイナビエージェント」の利用がおすすめです。20代の転職実績が豊富なので、どんなユーザーに対しても個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが強みです。

CADオペレーター

CADオペレーターは、スキルがない20代におすすめの転職先です。人手不足により未経験歓迎の求人が多いので、スキルがない20代でも転職できます。

CADオペレーターは設計士やデザイナーのスケッチに基づき、PCソフトで図面を修正・調整・製作する仕事です。「自動車製造」「建設」「電子機械」「インテリア」などさまざまな業界で働けます。

転職エージェントを利用するなら「マイナビエージェント」がおすすめです。ものづくりやエンジニアに特化したコンサルタントが多数在籍しているので、自分に合った求人を紹介してくれます。

転職したいけどスキルがない20代は転職エージェントを使おう

マイナビエージェント

20~30代の転職なら断トツでおすすめ

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
評価 ★★★★★
求人数 非公開
得意領域 未経験、既卒・第二新卒
雇用形態 正社員、契約社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡)

※2023年8月時点

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、若手の求職者に人気の大手転職エージェントです。新卒就職で最大手のマイナビが運営し、着実に実績を積んできています。

志望業界ごとに専任のキャリアアドバイザーがいるので、業界の情報を踏まえて応募書類の添削や面接対策を丁寧にサポートしてくれるのが魅力です。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策をしてもらえます。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
そーさいさん|20代前半|男性|WEB業界|2021.01.31
良い点
|ヒアリングが丁寧でした
初回の面談時、まだ自分の中で転職の軸が定まっておらず、一からお話をすることになりました。 今の仕事の話で嫌なことや楽しいこと、大学時代の話や就職活動の時の話などを聞きながら、自分が何を大切にしているのか、なにが嫌なのかが明確になり、軸ができてきました。
悪い点
|レベル感が合わなかった
期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)「ちょっと挑戦的だけど、提案してみました」と言っていましたが、挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。
男性アイコン
ahoyさん|20代後半|男性|調理師・栄養士|2021.01.25
良い点
|転職エージェントの中では一番良かった。
大手と呼ばれるエージェントの中では一番親身で希望通りの求人を紹介してもらえました。担当者の方のレスポンスも早く、ストレスが無かったです。転職活動は上昇だけを目指して行っていたのでかなり贅沢な内容で探していましたが最後まで丁寧な対応でした。
悪い点
|後々に
後々に自分で見つけた求人の方がもしかして好条件ではって思うところがありました。勿論内情はしらないですしエージェントの方はプロですのでネットで拾えた求人より質は高いと信じていますが、そこだけが若干引っかかっている部分ではあります。
男性アイコン
しんさん|20代前半|男性|事務員|2021.01.16
良い点
|求人の多さ
求人は多く,他サイトと比較しても多く感じました。最初の希望だけは来てもらえた。メールで事前対応をしてもらったのですがそこは普通で特に不満な点はなかった。その他でいい点は特になかった。私自身の本位とは全くかけ離れた対応が目立った。
悪い点
|対応がひどい
面談を行ったが,私の目的を聞いても全く親身になってくれず,露骨にため息もつかれ最悪だった。志望する業界に対する知識不足感が素人目でも分かり,不信感が募るばかり。話し方も上から目線で偉そうで最低な対応。

ハタラクティブ

フリーターや高卒の転職に強い

ハタラクティブ

(出典:ハタラクティブ)

ハタラクティブのポイント

  • 未経験OKの求人が豊富
  • カウンセリング実績11万人
  • 大手企業の内定率80%超
評価 ★★★★☆
求人数 非公開
得意領域 未経験、既卒・第二新卒
雇用形態 正社員、契約社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (渋谷/池袋/秋葉原/大阪/横浜/埼玉/名古屋/福岡/千葉)

※2023年8月時点

ハタラクティブの特徴

ハタラクティブは既卒・第二新卒世代の20代におすすめ転職エージェントです。未経験者でも応募できる求人を多く取り扱っています。

そのため、他の転職エージェントで紹介できる求人がないと言われた場合でも、ハタラクティブであれば求人を紹介してもらえる可能性があります。

また、大企業への内定率が高く、転職者の86%が大企業の内定を獲得しています。就活の結果に心残りがある方でも、ハタラクティブを利用すれば大企業に転職し、再出発できる可能性が高いでしょう。

ハタラクティブの評判と口コミ

女性アイコン
ななこさん|20代後半|女性|広告|2021.03.12
良い点
|フリーターの正社員登用にはバッチリ!
フリーターの方が正社員を目指すためのサービス。なので、フリーターの方の行っている仕事(飲食店のホール、コンビニのレジ打ち、など)から正社員に登用されるためのスキルの洗い出しを親身に行ってくれます。例えば「飲食店のホール→誰とでもコミュケーションを図れ営業のポテンシャルがあります」、など。
悪い点
|フリーター以外の転職には不向き
逆にいうと、フリーターの方が再起を図るのを応援できるタイプの企業の求人しか抱えていないということであり、ハタラクティブで一般的なスキルを持っている人が転職する場合にはいずれかの面で不満が残るかと思います。新卒・第二新卒・スキルアップの転職を目的とされる場合には、他の会社を利用することをオススメします。
男性アイコン
Seiさん|20代後半|男性|自由業・フリーランス|2021.01.22
良い点
|親身になって相談に乗ってくれた
担当の方がとても親切な方で丁寧な説明をしてもらえました。出来る限り私の要望に対して答えようとする姿勢があり、とても頼りになりました。数社紹介していただき、その中から転職先を見つけることが出来ました。
悪い点
|あまり求人数が多くない
未経験の職場への転職ということもあってか、あまり求人数が多くありませんでした。勤務地や業界にこだわらなければありはしたのですが、他の転職サイトと比べても求人数の少なさは否めません。もっと多くの求人があれば文句の付け所はなかったのですが。

リクルートエージェント

業界トップクラスの転職エージェント

リクルートエージェント

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 公開・非公開求人数が業界トップクラス
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーがサポート
  • 書類の添削や面接対策が手厚い
評価 ★★★★★
求人数 596,882件
得意領域 幅広い業界・年代に対応
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • 丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

※2023年12月時点

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは、求人数・転職実績ともに国内トップクラスの転職エージェントです。非公開求人数も20万件以上を誇り、豊富な選択肢の中から自分に合った転職先を探せます。

書類添削や面接対策が充実しており、選考を通過しやすい書類の書き方や企業が見る面接のポイントなど、転職成功率を高めるサポートが受けられるのが強みです。

キャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングや、求職者に寄り添ったアドバイスなども評判が良く、年齢や業界を問わずおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
27歳|男性
良い点
|転職サポートが丁寧
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
32歳|女性
良い点
|理想の求人に巡り合えた
大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|地方在住の大卒以外だと使いにくい
地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

転職したいけどスキルがない20代によくある質問

転職したいけどスキルがない20代によくある質問

第二新卒っていつまで?

第二新卒の統一された定義は特にありません。ただ、新卒入社で2~3年勤務して転職活動をしている人や、新卒入社をしないで2~3年後に転職活動をしている人を「第二新卒」と呼ぶのが一般的です(参考:doda)。

転職したいけど何をしたらいいのかわからない

転職をしたいけど何をしたらいいのかわからない20代は大勢います。まずは、転職エージェントに登録してみましょう。転職のプロが自己分析から自分にあった求人を紹介してくれます。

転職は何歳までにするべき?

転職は若ければ若いほど有利です。ただ、転職に年齢制限は基本的にないので、何歳でも転職は可能です。選考の採否を年齢で決めるのは法律で禁止されているためです。

しかし、「長期的なキャリア形成のため」などの特定の条件がある場合は、年齢制限が設定されているケースがあります。

転職先を決めずに退職するとどうなる?

無職になるので収入源がなくなります。必ずハローワークで失業保険の申請をしましょう。失業保険の申請には退職から2~3週間後に届く離職票が必要です。

まとめ

スキルがなくても20代なら転職できます。採用する企業は20代の転職者に対して、スキルや資格よりも伸びしろを重視しているためです。

また、転職は若ければ若いほど有利です。スキルや資格の勉強に時間を使うよりも、早めに転職活動を始めましょう。転職エージェントを利用するれば、より自分に合った転職先が見つかります。

転職エージェントは20代の求人に強い「マイナビエージェント」や未経験者・第二新卒向けの「ハタラクティブ」など多数あります。複数のエージェントを併用するとより多くの求人を紹介してもらえるのでおすすめです。

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

年代別の関連記事(20代)
22歳の転職 23歳の転職 24歳の転職 25歳の転職
26歳の転職 27歳の転職 28歳の転職 29歳の転職
転職したいけどスキルがない(20代)
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事