ノウハウ:転職エージェント

ビズリーチのプレミアムステージとは?アップグレードすべきおすすめの人もご紹介!

ビズリーチはハイクラスの転職をしたい人なら一度は聞いたことがある転職サービスだろう。株式会社ビズリーチが運営している即戦力の人材と企業を橋渡しする転職サイトがビズリーチだ。

企業だけでなくヘッドハンターも活用しているサービスで、年収を上げたい、キャリアアップをしたい人に向いている。ただ、転職に使おうと思って調べてみると、ビズリーチにはプレミアムステージがあるのに気付くはずだ。

プレミアムステージとは一体何なのだろうか。この記事ではビズリーチにおけるステージとは何かを解説し、プレミアムステージを利用するメリット・デメリットを多角的に説明する。転職活動にビズリーチのプレミアムステージを使うのがおすすめの人も紹介するのでぜひ参考にして欲しい。

ビズリーチのプレミアムステージは有料プラン

プレミアムステージとはビズリーチが提供している有料プランだ。ビズリーチでは求人検索や閲覧、企業やヘッドハンターとのスカウトメッセージの送受信などをおこなえるのが特徴である。ただ、全てのサービスを誰もが利用できるわけではない。

ビズリーチでは会員属性と会員ステータスによって利用可能なサービスが制限されているのだ。まずは会員属性と会員ステータスによる違いを知っておこう。

ビズリーチの会員属性と会員ステータス

ビズリーチでは以下のように会員属性と会員ステータスが分類されている。

  • 会員属性:ハイクラス・タレント
  • 会員ステータス:プレミアムステージ(有料)・スタンダードステージ(無料)

登録した際に一般的なのはタレントでスタンダードステージになるパターンだ。会員属性がハイクラスかタレントかは、会員登録をしたときの審査で決定される。以前は現在の年収が750万円以上ならハイクラス、750万円未満ならタレントと定義されていたが、現在では審査基準が公開されていない。ただ、年収が高ければハイクラスになると考えることはできるだろう。

会員ステータスは任意で決めることが可能だ。無料会員登録をしただけならスタンダードステージだが、料金を支払うとプレミアムステージになれる。スタンダードステージでは利用できないサービスもプレミアムステージになれば使えるようになるのがメリットだ。

ステージによるサービスの違い

プレミアムステージとスタンダードステージでは利用できるサービスが以下のように異なっている。

プレミアムステージスタンダードステージ
求人情報の閲覧企業名は一部閲覧不可
求人への応募公募など一部のみ可能
スカウトメッセージの受信プラチナスカウトのみ内容確認が可能
スカウトメッセージへの返信プラチナスカウトのみ可能
ヘッドハンターへの直接相談×

このようにスタンダードステージでは求人情報を見て業務内容や年収、勤務地などを確認することはできるが、企業名を知ることも応募することもできない場合がほとんどだ。スカウトメッセージが企業やヘッドハンターから届いたのは確認できるが、内容を読んだり返信をしたりできるのはプラチナスカウトのみである。プラチナスカウトは企業やヘッドハンターがお金を払って出しているスカウトだ。詳細は以下の記事で詳しく説明しているので興味がある人は参照して欲しい。

ビズリーチのプラチナスカウトとは?概要と獲得のためのポイント

ビズリーチではヘッドハンターに求人紹介をしてもらえるのが魅力だが、ヘッドハンターに自分から相談できるのはプレミアムステージだけだ。

つまり、スタンダードステージでは公募などの一部の求人に応募できる程度で、後はプラチナスカウトを待つしか転職先を見つける方法がないのである。

プレミアムステージの料金

ビズリーチではプレミアムステージの有料会員になるにはいくらかかるのだろうか。プレミアムステージの料金は以下のように設定されている。

  • ハイクラス:30日間4980円(税抜)
  • タレント:30日間2980円(税抜)

ハイクラスの方が高い料金設定になっているのは特典があるからだ。以下の2点に違いがあるので留意しておこう。

  • タレントは年収1,000万円以上の求人に原則として応募できない
  • タレントはトップレベルのヘッドハンターに相談できない

ハイクラスとして認められるには以前は750万円以上の年収という基準があった。少なくともそのくらいの水準の人でなければ、転職で1000万円以上の年収になるのは難しいだろう。企業やヘッドハンターの負担を軽減しつつ、ハイレイヤーの人材からはまとまった会費を徴収する仕組みを用意しているのである。

ビズリーチのプレミアムステージを選ぶメリット

ビズリーチのプレミアムステージを利用するメリットは以下の3つである。

  • 求人への応募ができる
  • スカウトへの返答ができる
  • ヘッドハンターへのアプローチができる

プレミアムステージにならないとほとんどの求人に応募できない。ビズリーチに掲載されているハイクラス求人をただ見るだけで応募できないのでは使う意味がない。つまり、ビズリーチを使って転職するならプレミアムステージになるのは欠かせないことなのだ。

ヘッドハンターの利用については希望次第だ。ヘッドハンターのサポートを受けたい人にとっては自分で相手を選べるメリットが大きいので検討してみよう。

ビズリーチのプレミアムステージを選ぶデメリット

ビズリーチのプレミアムステージに進むデメリットは費用がかかることだけだ。他に特にデメリットはないので、本気で転職先を探したいならプレミアムステージにアップグレードした方が良い。求人を見ているだけで応募できず、プラチナスカウトが来るのを待つだけではビズリーチを使う意味が半減してしまう。

他の転職サイトや転職エージェントをメインで使うなら、ビズリーチのプレミアムステージは余計な出費になるのが問題になる。しかし、ハイクラス求人を多数抱え、優秀なヘッドハンターが大勢利用している転職サイトとして最も有名なのがビズリーチだ。本気でハイクラスを目指すなら多少の費用がかかるのを覚悟してプレミアムステージに進んだ方が良いだろう。

プレミアムステージの利用方法

プレミアムステージのメリットが大きいと感じたなら利用を始めたいだろう。プレミアムステージを始めるには以下のように二通りの方法がある。それぞれのやり方を順を追って確認しておこう。

  • プレミアムチケットを適用する
  • プレミアムステージにアップグレードする

プレミアムチケットを適用する

ビズリーチでは特定の条件を満たしたときにプレミアムチケットを付与する仕組みがある。プレミアムチケットを手に入れたら、自由にタイミングを決めて適用することが可能だ。プレミアムチケットを適用した日から一定日数だけプレミアムステージでビズリーチを利用できる。

プレミアムチケットはマイページの右側に一覧で表示されている。「利用する」のボタンをクリックするだけで適用することが可能だ。

プレミアムチケットは特定の条件を満たしたときやキャンペーン対象となったときに付与される。

  • 無料お試しの申し込みで7日分
  • 基本ステップ完了で30日分
  • スカウトを受けて1人とつながると10日分
  • スカウトを受けて合計5人とつながると20日分

この他にも新規会員登録キャンペーン、レジュメ更新キャンペーンなどで30日分のプレミアムチケットが付与されたことがある。

なお、基本ステップとはマイページに表示されているスカウトを受けるための必要ステップだ。

  1. 企業ブロック設定の確認と設定
  2. 希望条件の設定
  3. 職務経歴書の情報量を増やす(職務経歴、スキル、職務要約)

以上の3つのステップをクリアするとプレミアムチケットが付与される。

プレミアムステージにアップグレードする

プレミアムステージにアップグレードするにはマイページから設定画面に移動し、「購入状況」の「プレミアムステージアップグレード状況の確認・再購入・解約はこちら」から手続きをする必要がある。

ビズリーチでの会員料金の支払いはクレジットカードのみしか受けていない。プランの内容を確認した後、カードを登録すると手続きがおこなわれてプレミアムステージになる。これで晴れてビズリーチのさまざまな機能を利用できるようになる。

ビズリーチのプレミアムステージの注意点

プレミアムステージにアップグレードするとヘッドハンターにアプローチすることも、希望の求人に応募することも可能だ。ビズリーチのメリットを生かしてハイクラスの転職を目指せるだろう。しかし、プレミアムステージにアップグレードした際には注意しなければならない点が2つある。プレミアムステージにしたのを後悔しないために詳細を確認しておこう。

スカウトの数は基本的に変わらない

プレミアムステージになると企業やヘッドハンターからのスカウトを確認し、返信できるようになる。しかし、プレミアムステージになったからといってスカウトの数が増えるとは限らないので注意が必要だ。

プレミアムステージだからスタンダードステージの人材に比べて優秀だと言える根拠はない。企業やヘッドハンターは職務経歴書などを閲覧してコンタクトを取りたい人材にスカウトを送っている。そして、特にこの人とは会ってみたいというときにはプラチナスカウトを出す。企業やヘッドハンターが費用をかけてでも会う価値があると思った際には、会員ステータスにかかわらずプラチナスカウトを送るからである。

そのため、スカウトの数はアップグレードの前後で変わることは少ない。企業やヘッドハンターからの期待を受けているプラチナスカウトに対応できるのはプレミアムステージにならなくても同じだ。スカウトに関してはプレミアムステージになっても大きなメリットはないとも考えられるのである。

ただ、スタンダードステージでは内容を確認できなかったスカウトメッセージがたくさんあったという場合にはプレミアムステージにするメリットがある。興味を持ってくれた企業やヘッドハンターとのつながりを作れるからだ。ただ、プラチナスカウトほどの期待はされていない可能性が高いので注意しよう。

プレミアムステージにアップグレードすると自動更新になる

プレミアムチケットを使ってプレミアムステージにした場合には日数が不足すると自動的にスタンダードステージに切り替わる仕組みになっている。しかし、アップグレードをした場合には自動更新になるので注意が必要だ。

もしビズリーチのプレミアムステージを使う必要がなくなったなら、アップグレード状況を確認して解約しないと30日ごとに料金が発生してしまう。解約するにはマイページから設定画面に移動し、「購入状況」の「プレミアムステージアップグレード状況の確認・再購入・解約はこちら」をクリックしよう。そして、「自動更新しない」というボタンをクリックすれば解約は完了する。

転職先が決まったときに解約手続きを忘れることはよくある。無駄に費用がかかってしまうだけなので、プレミアムステージを利用する際には頭に入れておこう。

ビズリーチのプレミアムステージにアップグレードするのがおすすめの人

ビズリーチをプレミアムステージにアップグレードして利用するには費用がかかることを考慮すると、使って意味があるという確信が欲しいのがもっともなことだ。アップグレードして転職するのがおすすめなのは次のような人である。

  • 少し背伸びをしてハイクラスを目指したい人
  • ハイクラス層でヘッドハンターを使わずに求人に応募したい人
  • プレミアムチケットを使い果たしてしまった人

ビズリーチのプレミアムステージは通常でも37日間、スカウトを受けられれば67日間、キャンペーンがあれば97日間か127日間の利用が可能だ。この期間内に転職できなかったならプレミアムステージにアップグレードしなければビズリーチを最大限に活用できない。

ただ、突出した経歴を持っているハイクラスの人なら、待っているだけでもプラチナスカウトが来る。公開求人に応募したい場合にはプレミアムステージになる必要があるが、スカウトを期待するなら特にアップグレードしなくても問題はないだろう。

しかし、経歴や年収から考えて、少し背伸びをしなければハイクラスに入れないくらいの人はプラチナスカウトがなかなかない。この場合にプレミアムチケットを使い果たしてしまったなら、アップグレードをしてプレミアムステージにした方が良い。

ハイクラス転職ならビズリーチのプレミアムステージ

ビズリーチのプレミアムステージは無料で利用できる期間もあるが、転職活動が長引くと有料サービスになる。しかし、求人に応募するにもヘッドハンターにアプローチをするにもプレミアムステージになることが必要だ。ハイクラス求人を探して転職したいならプレミアムステージを使うしかない。

一度の支払いで30日間有効なので、この期間に集中して転職活動をすれば大きな出費ではないとも考えられるだろう。プレミアムステージの料金は転職によって年収を上げればすぐに取り返せる金額だ。ハイクラス転職をしたいならビズリーチのプレミアムステージを活用しよう。きっと費用対効果が高くて納得できる結果が得られるはずだ。

ビズリーチに実際に登録してみた。登録方法から活用事例まで解説

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部のおすすめ転職サービスランキング