25歳の平均年収・月収はいくら?手取りや中央値に男女・学歴別の差を解説

25歳の平均年収・月収はいくら?

「25歳の平均年収はどれくらい?」

「自分の年収が高いのか低いのか気になる」

25歳は多くの人にとって、年収が気になってくる年でしょう。20代の分岐点という理由はもちろん、ストレートで大学を卒業した人にとっては、入社3年目で第二新卒ラストという理由もあります。

3年間会社に所属すれば、給与の上がり幅も現実的に把握でき、昇給する人がどんな人間なのかも分かります。自分がその会社で活躍できる人物像とフィットしなかった場合、転職を考えるのも当然です。

この記事では、25歳の平均年収を紹介し、年収アップの方法についても解説します。25歳は転職市場で有利です。自身の年収が気になる人や、転職を迷っている人に、一歩踏み出すべきか考えるヒントになれば幸いです。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

25歳の平均年収は約360万円

25歳の平均年収は約360万円

属性 全体 男性 女性
平均年収 357万円 362万円 345万円
平均月収 24.2万円 24.4万円 23.6万円
平均賞与 67.13万円 69.3万円 62万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

25歳の平均年収は約360万で、平均月収は24.2万円です。データは所定の給与と賞与のみで、諸手当や残業代などは含みません。

平均年収を参考に、自分の市場価値を客観的に知っておくのは重要です。ハイクラス層からの支持が厚いビズリーチに登録すれば、自分の適正年収がわかるので、転職するべきか判断できます。

年収に関係なく登録でき、無料でも十分使えるので登録しておいて損はありません。

中央値は348万円

学歴 中央値
高卒 259万円(平均賞与込:337万円)
大卒 284万円(平均賞与込:368万円)
院卒 301万円(平均賞与込:340万円)
281万円(平均賞与込:348万円)

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

25歳の年収の中央値は約348万円で、平均年収をやや下回ります。賞与の中央値に関するデータがないので、平均賞与で代替して計算しており、賞与を除いた中央値は281万円です。

大学院卒の場合、25歳は勤務初年度にあたるため、賞与が低くなっています。

【平均値と中央値の違い】
・平均値:対象者の年収計を対象者数で割ったもの
・中央値:年収を順に並べた際に、ちょうど順番が真ん中になる値

25歳で年収500万円の割合は約2%

学歴 男女計
高卒 0.6% 0.8% 0%
大卒 2.8% 2.7% 2.8%
院卒 3.2% 3.2% 3.4%
2.2% 2.3% 2.1%

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

25歳で年収500万円を稼いでいる人の割合は、2%強と予想できます。年収500万から、ボーナスの平均額約67万を引くと433万円、月収だと約36万円になります。

厚労省の調査では、25歳で月の賃金が36万円を超えているのは男性で約2.3%、女性では約2.1%です。

データには残業代が含まれていませんが、25~29歳の平均残業代3万円(厚労省データより推測)を加味しても、年収500万円を超えるのは全体の4%程なので、年収500万円を稼いでいれば、賃金面では25歳のトップ層と言えます。

学歴や経歴を踏まえて年収を考える

一般的な年収で比較するよりも、業界や学歴を踏まえて、自社の年収が高いかどうかを考えるべきです。世間で名の知れた大学を出ているのであれば、年収400~500万をベンチマークにしていいでしょう。

外資コンサルや外資金融なら、25歳の平均を大きく上回り、3年目から1,000~1,500万円を稼ぐことも普通です。日系でも三菱商事は4年目で1,000万を超える若手がおり、東京海上日動は2年目からボーナスが100万円を超えます。

また、大手でなくとも、ベンチャー企業の3年目でマネージャーや事業責任者につき、年収600万を超える若手は多いでしょう。学歴や経験に自信があれば、転職で25歳の平均を大きく超える年収を十分狙えます。

20代大卒の平均年収はいくらなのか

【学歴別】25歳の平均年収

学歴別-25歳の平均年収

【高卒】25歳の平均年収は約346万円

高卒25歳 男女計
平均年収 345.8万円 358.4万円 308.2万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

高卒の場合、25歳の平均年収は約346万円です。25歳時点では高卒者は勤務年数が高いため、全体平均との差は少なく、男性では全体平均を上回っています

【大卒】25歳の平均年収は約378万円

大卒25歳 男女計
平均年収 378万円 381.4万円 374.2万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

25歳時点での平均年収では、大卒者が最も高く378万円です。高卒者に比べ初任給が高く、入社後一定の経験を積んでいることもあり、より勤続年数の長い高卒者よりも高い収入を得ています。

【院卒】25歳の平均年収は約367万円

院卒25歳 男女計
平均年収 347.6万円 346.8万円 352.1万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

大学院卒の場合、25歳の平均年収は約347万円です。修士修了で25歳は入社1年目のため、大卒者よりは年収が低くなっています。また、院卒の場合、25歳では女性の方が平均年収が高いのも特徴です。

【産業別】25歳(20代)の平均年収

産業別-25歳の平均年収

業界 20代平均年収
金融 373万円
メーカー 369万円
建設・プラント
不動産
366万円
IT・通信 361万円
総合商社 353万円
インターネット
広告・メディア
347万円
専門商社 346万円
メディカル 338万円
サービス 319万円
小売・外食 304万円

出典:doda

産業別で25歳(20代)の平均年収を見ると、金融業界の平均年収が最も高く、メーカー、建設、IT業界が続きます。

1位:金融|平均年収373万円

25歳の平均年収が最も高かったのは金融業界で、平均年収は373万円です。金融業界は銀行や証券会社、保険会社などが当てはまりますが、中でも投資顧問や証券会社、信託銀行など投資関係の業種の年収が高いです。

2位:メーカー|平均年収369万円

25歳の平均年収では、メーカーが2番目に高く、平均年収は369万円です。メーカーは工場が地方にあることが多く、地方勤務なら生活費が安く済み、高い可処分所得が見込めることも魅力です。

3位:建設・プラント・不動産|平均年収366万円

25歳の平均年収で、建設・プラント・不動産業界は3番目の年収の高さでした。20代の平均年収は366万円で、業界内ではデベロッパーや不動産金融、ゼネコン・サブコンが上位を占めました。

4位:IT・通信|平均年収361万円

25歳の平均年収でIT・通信業界は、361万円で4位です。未経験でも転職しやすい業界ながら、高水準の年収が魅力です。IT人材は将来的にも不足すると予測されており、これからも高い給与水準が見込まれます。

5位:総合商社|平均年収353万円

25歳の平均年収で総合商社は5位でした。三菱商事や伊藤忠といった5大商社などでは、4年目でも年収1,000万円を超える社員がいるほど高水準な給与体系ですが、業界全体で見ると落ち着いた順位になっています。

平均年収に差ができる理由

平均年収に差ができる理由

学歴による差

学歴 平均給与
高卒 345.8万円
大卒 378万円
院卒 347.6万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

最終学歴によって、25歳時点での年収が異なり、高卒者と大卒者では30万円ほどの差があります。学歴によって収入に差がある理由としては、学歴が高いほど「能力がある」「努力ができる」と判断されるため、と言われています。

また大学院卒の場合、25歳は入社初年度になるため、平均給与は低くなっています。

雇用形態による差

雇用形態 20代平均年収
正社員 365.9万円
正社員以外 310.7万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

平均年収は雇用形態によっても異なり、正社員と正社員以外では約65万円の差があります。正社員では仕事がメインの生活になりますが、給与が高く、会社の福利厚生を受けられるなどのメリットがあります。

他にも社会的信用性や雇用期間に定めがないなど、言うまでもないですが、正社員のメリットは多いです。

正社員希望者におすすめの転職サービス

業界による差

業界 20代平均年収
金融 373万円
小売・外食 304万円

出典:doda

平均年収は業界によっても大きく異なり、1位の金融業界と最下位の小売・外食業界では約20%、70万円程の差があります。年収の高い業界は、事務や人事などあらゆる業界にある職種でも、年収が高い傾向です。

業務内容は変わらず、年収だけ高いといったことも普通にあり得るため、転職時は業界ごとの差にも注目しましょう。

地域による差

地域 平均年収
北海道
東北
369万円
関東 422万円
東海 393万円
関西 383万円
中四国 377万円
九州
沖縄
365万円

出典:doda

平均年収は地域によっても異なり、人口の集中している地域の方が平均年収が高い傾向にあります。大企業や外資系企業が大都市部に集中するためで、一番大きく差がある関東と九州・沖縄では20%弱も差が生じています。

女性の平均年収が低い理由

性別 平均年収
男性 362万円
女性 345万円

出典:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

25歳の時点でも、男女で年収に差がありますが、理由としては「女性の非正規率の高さ」「勤続年数の短さ」などが挙げられます。

事実、正規雇用率の差が少ない大卒・院卒の場合は、高卒者に比べ男女差が少なく、院卒では女性の方が給与が高いほどです。なお、記事中の厚労省のデータは標準労働者についてなので、勤続年数の違いはありません。

【標準労働者とは】
学校卒業後直ちに企業に就職し、同一企業に継続勤務しているとみなされる労働者のこと

25歳の平均月収(24万)での生活費

出費 金額 備考
家賃 70,000円
水道光熱費 10,000円
食費 30,000円 週7,000円計算
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 30,000円
雑費 10,000円 生活雑貨など
貯金・投資 36,000円

※東京で1人暮らしを想定

25歳の平均月収24.2万円、手取り約20万円あれば東京で1人暮らしをしながら、趣味や娯楽に費やす余裕があります。そのうえで貯金や、将来のための投資分も手取りの15%以上確保できます。

貯金に回す分を削れば、家賃を少し高く設定して好立地な場所に住んだり、たまに贅沢な食事をしたりもできます。ただし、毎日飲み歩いたりガチャを天井まで回したりなどは難しく、結婚や車の購入なども考えにくいです。

生活に大きな不自由はありませんが、編集部としては自己投資にお金を回し、昇進・昇格や転職で年収を上げることをおすすめします。生活を切り詰め年100万円程度貯めるよりも、年収アップを狙う方がリターンは大きいです。

年収をアップする方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収アップを目指すなら、昇進・昇格を狙うのが1番現実的です。社内を確認して、平均年収以上や目標の年収を目指せる環境なら、仕事で実績を出して昇進・昇格の努力をしましょう。

給与について曖昧なことが多い日本で、昇給を目指すなら、上司と目標の共有を行い、目標の年収を達成できる給与の約束をすべきです。

資格やスキルを習得する

資格や語学などのスキル習得は、昇進・昇格だけでなく、副業・起業や転職にも活かせるためおすすめです。英語や中国語などの語学は汎用的に使えますし、簿記などの資格もビジネスマンとして身に付けておいて損はない資格です。

2.副業を行う

副業も手取りを増やせる手段です。クラウドワークスやランサーズなど仕事を得る手段も増えており、ネット社会の現在はECサイトに個人で出品も用意にでき、ブログなどで稼いでる方もいます。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもなりません。自身の価値を上げるには、現在の仕事につながる仕事や、フリーランス、起業・転職につながる副業を選ぶ必要があります。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業やフリーランスも、手取りを増やすために考えられます。成功すれば大幅な収入アップも望めますが、その分リスクも大きいです。特に起業の場合、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながらというのは非常に困難です。

起業・フリーランスを考えているのなら、まず副業としてビジネスを始めて、見通しがついてから独立する選択肢を検討しましょう。

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資で収入を増やす方法もあります。ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクがあり、大幅に収入が増えるものでもありませんが、年収350~400万円程度が目標ならおすすめの手段です。

5.転職する

転職は手早く、堅実に手取りを増やす方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、大きく給与体系が異なります。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、見込みがなければ給料が高い企業への転職は、最も現実的な選択肢です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを活用しましょう。

経験を活かしたキャリアチェンジを推奨

年収アップ業界・職種

出典:doda

年収アップのために転職するのであれば、現在の経験やスキルを活かすべきです。dodaの調べでも、転職で年収アップに成功した人で、最も多かったのは異業界・同職種の転職者でした。

例えば、営業経験が長くあるなら、別業界、例えば平均年収の高いIT業界で営業職を勤めるだけで年収が上がりやすいです。同じように管理職の経験があれば、成長産業に転職することで年収を上げやすいです。

過去培った経験を活かすことで、転職による年収アップ確率を上げられます。同じ仕事でも、業界や企業規模が変わるだけで、大きく年収が変わります。ビスリーチを使って自身の市場価値を調べてみましょう。

収入アップなら転職がおすすめ

収入アップなら転職がおすすめ

転職がおすすめな理由

25歳は第二新卒のラストの年齢だと言われており、基礎知識も実践経験も持っていることから、転職市場においては十分有利です。今の会社で年収が伸び悩みそうなら、このタイミングで転職するのが最も合理的です。

ただし、転職することのハードルは低い分、より自分のキャリアを明確に描くことが必要です。25歳という若い段階で転職をする分、軽い気持ちで転職しているわけではないことを伝えましょう。

転職活動が上手くいくだけでなく、あなた自身のキャリア観が整理されるはずです。

転職エージェントに給与交渉を相談

転職するなら、転職エージェントの活用をおすすめします。転職する場合は、リクナビNEXTなどの転職サイトを使うことが通例ですが、同じく無料で使えるサービスに「転職エージェント」が存在します。

転職エージェントは転職のプロであり、求職者と面談してキャリアを整理して、最適な企業を紹介してくれます。面接日の調整や年収交渉も行ってくれるため、在職中で忙しい場合にもピッタリのサービスです。

ビズリーチに登録

年収を上げるのであれば、ビズリーチの登録は必須レベルだと言えます。ビズリーチは、会員登録しておくだけで、優良企業から直接連絡があったり、ヘッドハンターから転職の打診が入るサービスです。

ビズリーチには、年収600万円~800万円の求人が多数あり、実際に「年収600万円以上の方の支持No.1」の実績を持ちます。自分の市場価値を確かめるという意味でも、登録をおすすめできます。

自分には無理!と思うのは損

ビズリーチのようなハイクラス転職サービスは敷居が高いと思われる方も多いです。しかし、実際には今の会社では目立てないけど、他業界や他会社であれば評価されることは良くある話です!

収入アップにおすすめの転職エージェント

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

75,966件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

ビズリーチ公式サイト

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

205,910件

非公開求人数

評価4

259,676件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

マイナビエージェント公式サイト

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

25歳で転職するメリット・有利な理由

25歳で転職するメリット・有利な理由

社会人としての基礎を身につけている

25歳、入社3年目では社会人としてベースとなる知識を身につけ、一定の実践経験も積んだ状態になっています。研修費をかけずに即戦力となる若手が採用できると感じる企業から、大歓迎されることが多いです。

注意点としては、有利になる転職先は、研修や実践経験で学んできた領域に限られることです。未経験職種に挑戦することは可能ですが、その場合、1年目として考えられるため、年収は下がることが普通です。

年収UPを目的に転職を考えるのであれば、3年間の経験領域から選びましょう。

現実を知った転職活動ができる

25歳であれば、自身の会社はもちろん同期の会社などの話も聞き、会社の現実をしっかりと把握しているケースが多いです。そのため、転職時のミスマッチが起こりにくく、転職を受け入れる企業からも安心されます。

人気企業は上手い採用ブランディングを行っていますが、25歳の年齢ならイメージと実際の業務の地味さのギャップに愕然とする恐れが少なく、社会の現実を知った転職活動ができるのが有利な理由です。

高学歴を採用できるため企業が積極的

第二新卒の転職の場合、会社の肩書きよりも、できる仕事やワークライフバランスを優先して企業を選ぶ人が増えるため、採用企業は新卒採用時に獲得できなかった高学歴層を採用するチャンスと考えます

また、前職に染まり切っておらず、転職先にも馴染みやすいため積極的な採用活動を行う企業が多く、25歳の年齢は転職で有利です。「3年以内での離職はマイナス」などの話は誤りで、第二新卒での転職をためらうのは無意味です。

企業側は大歓迎であることを踏まえ、自信を持って進みましょう。転職時は信頼できる転職エージェントに登録するのがおすすめです。ビズリーチは年収アップの実績が豊富で、市場価値を客観的に理解して、転職活動を行えます。

関連記事

 

25歳で転職するデメリット・注意点

25歳で転職するデメリット・注意点

初心を忘れずに行動する

第二新卒は研修を受け、実践経験もあり転職で有利ですが、初心を忘れずに行動することが重要です。具体的には、学習意欲や向上心を持っているか、吸収力があるか、などです。

あくまでも「基礎知識を身につけている」と評価されるため、1年目に比べれば即戦力として採用できるとはいえ、スキルや経験は5年目以上の社員と比べれば劣っています。

企業、第二新卒に対し、入社時のスキル以上に5年後・10年後のスキルを期待しています。これから積極的に情報を取りに行こうとしている姿勢を、企業にアピールしましょう。

長く勤めることを示唆する

企業としては、長く働いてくれる人を採用したがるため、長く働くということは示しましょう。

3年で転職することをコンプレックスに思う必要はありませんが「どうせまたすぐにやめてしまうんだろう」と思われることには、細心の注意が必要です。

事前に、その会社に入ってからの10年間でどんなキャリアを描きたいのか言語化し、将来的にも活躍できる意欲を相手に伝えることが重要です。

まとめ

25歳の年齢で「年収が低い」「現職で将来が見えない」と、転職を迷っている人は今がチャンスだと思って挑戦すべきです。正しい情報を手に入れて行動するためにも、まずはビズリーチに登録するのがおすすめです。

具体的なアドバイスを聞きたければ、リクルートエージェントもおすすめです。業界No.1の実績で、豊富な転職ノウハウで転職をサポートしてもらえます。

またコンサル志望者や既に高収入を得ていて、更に年収を上げたい人はアクシスコンサルティングリクルートダイレクトスカウトも併用しましょう。自らの市場価値を把握でき、合格可能性のある具体的な案件を教えてもらえます。

年代別の関連記事(20代)
22歳の転職 23歳の転職 24歳の転職 25歳の転職
26歳の転職 27歳の転職 28歳の転職 29歳の転職
年齢別の平均年収(20代)
25歳の年収 26歳の年収 27歳の年収 28歳の年収
29歳の年収

このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収800万円を超える求人が豊富
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス