月給17万の手取りは?税金の計算方法や生活費モデルを紹介

月給17万円の手取りは?

「月給17万円の手取りを知りたい」

「月給17万円は一人暮らしで生活できない?」

月給17万円は高卒の平均初任給よりやや高い程度で、正社員としては少ないです。ただし少ないとは言っても、手取りや年収はいくらか、一人暮らしができるのか気になりますよね。

この記事では、月給17万の手取り額や、税金・保険料がいくら引かれるかについて解説しています。月給17万円の生活レベルや、収入アップの方法についても紹介しているので、参考にしてください。

年収アップを目指して転職をするなら、サポートの手厚いマイナビエージェントには必ず登録しましょう。また、求人が豊富なリクルートエージェントも併用すれば、効率よく転職活動を進められ、転職成功率も大幅に上がります。

この記事の結論

  • 月給17万円の手取りは約13万円
  • 一人暮らしで生活は可能
  • 家賃目安は4~5万円
【年収UPにおすすめ】転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒に◎】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーターや離職中に!
  • ・無料で使える
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

月給17万円の手取りはいくら?

月給17万円の手取りは13~14万円

月給17万円(額面)の手取りは13~14万円です。差分の約3万円は、所得税・住民税などの税金や、健康保険・厚生年金などの社会保険料で控除されます。ただし新社会人は住民税の負担がないことが多く、5,000円ほど手取りが増えます。

ちなみに、手取りで17万円が欲しい場合は、月給21~22万円程度、大卒の初任給ほどは必要です。ざっくり手取り額を知りたい場合は、額面の80%が手取りになると考えれば大丈夫です。

手取りが少ないと感じる場合は、転職を考えてみましょう。月給17万は高卒の初任給程度なので、転職で容易に給与を増やせるでしょう。興味があればマイナビエージェントなどで、一度相談してみるのを勧めます。

ボーナスの手取りもほぼ同じ

ボーナスの手取りも、月の手取りとほぼ変わらず、月14万円ほどです(ボーナス1ヶ月分の場合)。月給と同じく社会保険料と住民税を除く税金が引かれるため、月の手取りより住民税分の5,000円程度が増えるのみです。

月給17万の手取り計算方法

月給17万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 160,000円 健康保険 8,338円
住宅手当 10,000円 厚生年金 15,555円
雇用保険 510円
所得税 2,391円
住民税 5,625円
総支給額 170,000円 控除額合計 32,419円
月の手取り額
137,581円

※参考:税金・保険料シミュレーション

月給17万円の場合、およそ3万円が控除され、手取りは13~14万円です。手取り額は総支給額(額面)から、税金と社会保険料を引いて計算できます。

総支給額は基本給に残業代や住宅手当などを足したものです。また、住民税や所得税、社会保険料を差し引くことを控除と言い、額面から引かれる額が控除額です。

総支給額の内訳

総支給額の内訳
・基本給
・残業代
・各種手当(交通費、住宅手当、育児手当 等)

総支給額とは、基本給に加え、残業代や各種手当を合計したものです。手当には、交通費・住宅手当・育児手当・資格手当などが挙げられ、会社で決まっている条件を満たすと手当を受けられます。

資格手当などは、仕事にも活用でき収入も増えるため、積極的に活用しましょう。資格は現職だけでなく、転職活動でも有利に働きます。資格取得なら自宅で手軽に学べるユーキャンがおすすめです。

控除額の内訳

控除額の内訳
・健康保険、厚生年金、雇用保険、介護保険
・所得税、住民税

控除額の内訳は、健康保険や厚生年金などの社会保険と、所得税・住民税です。扶養家族がいると、所得税や住民税に対しての控除があるため、手取りは独身に比べ数千円増加します。

反対に年齢が40歳以上の場合は、控除に介護保険料が加わるため、月手取りから5,000円程多く引かれます。

ふるさと納税を活用すると、所得税の還付(返還)や住民税の控除があります。控除額が減れば、それだけ手取りも増えるため、現状で手取りを増やしたいなら活用してみましょう。

▶ふるさと納税の申し込みはこちら

▼控除対象の金額や詳細(タップで開閉)
控除対象 詳細
健康保険 【額面の約5%】
17万×5%=8,500円
・自治体や組合によって変動あり
・加入により医療費の負担額が3割になる
厚生年金 【額面の9.15%】
17万×9.15%=15,555円
・額面の18.3%を会社と折半
・国民年金に上乗せされてもらえる年金
※標準報酬月額の等級を元に計算
雇用保険 【額面の0.3%】
17万×0.3%=510円
・農林水産、清酒製造、建設業は0.4%
・失業時に給付を受けるための保険
介護保険 5,500円/月ほど
・40歳以上の医療保険加入者が支払う
・介護が必要になった際に一時金が給付
所得税 2,400円/月ほど(月給17万円の場合)
・所得に応じてかかる税金
▶所得税の税率|国税庁
住民税 5,600円/月ほど
(月給17万円の場合)
・地域によって税率が多少異なる
・前年の収入に対してかかる
▼所得税の計算方法(タップで開閉)
所得税の計算式
所得税 = 課税される所得金額 × 所得税率 – 控除額
課税される所得金額 = 合計所得 – 所得控除
月給17万円(年収204万円)の場合、基本的に所得税率は5%、控除額は0円。

所得税は、合計所得から、所得控除されたあとの金額のことです。所得控除には様々ありますが、納税者の個人的事情に応じて、所得税負担を調整する制度と認識しておきましょう。

所得控除の大部分を占めるのが、給与所得控除・基礎控除・社会保険料控除です。月給17万円(年収204万円)の場合、給与所得控除が約69.2万円、基礎控除が48万円、社会保険料控除が約29.3万円です。

つまり、課税される所得金額は、204万-(69.2万+48万+29.3万)=57.5万円となります。よって、上記表から所得税は年間で57.5万円×5%=2.9万円となり、1ヶ月だと2.9万円÷12ヶ月=約2,400円です。

▶所得控除の種類(国税庁)はこちら

▼住民税の計算方法(タップで開閉)
住民税の計算式
住民税 = 均等割 + 所得割
均等割は一律で課される税(地域で異なる)
所得割 = 課税される所得金額 × 住民税率 – 控除額
住民税率はおよそ10%(地域で異なる)

住民税は、上記の計算式で算出できます。住民税の場合、基礎控除が所得税より5万円少ないので、課税される所得金額は所得税の対象額より5万円多いです。

月給17万円(年収204万円)の場合、課税される所得金額は約62.5万円となります。住民税率は地域で多少異なりますが、およそ10%なので、所得割は62.5万円×10%=5.8万円です。

ふるさと納税や、住宅ローンなどがあれば控除額が変わりますが、ここでは無視します。均等割を年間5,000円とすると、住民税は年間で5,000円+6.25万円=6.75万となり、1ヶ月だと12で割った=約5,600円です。

月給17万円はボーナスなしだと年収204万円

月給17万円は、年収では204万+残業手当など+ボーナスになります。残業やボーナスなどがない場合、単純に12倍した204万円が年収になります。

手取り年収は165万円

月給17万円の手取り年収は、ボーナスなしで考えると、165万円です。ざっくり計算したい場合は、手取りは額面の約80%と覚えておけば大丈夫です。

またボーナスの手取りに関しても、額面の約80%の認識で問題ありません。

月給17万円は少ない?

高卒の初任給と同程度

学歴 平均初任給
院卒(修士) 23.89万円
大卒 21.02万円
高専・短大卒 18.39万円
高卒 16.74万円

参考:賃金構造基本統計調査(初任給)|厚生労働省

月給17万円は、平均月給(約30万)の半分強で、高卒初任給の平均と同程度の安さです。時給換算では966円(1日8時間・月22日勤務の場合)と、東京や神奈川の最低賃金を下回り、生活自体が困難なこともあるでしょう。

地域や年齢にもよりますが、月給17万の場合は転職を考えるべきです。高卒の初任給程度の給与を提示する会社では、将来的にも高い賃金は見込みにくく、生涯年収的にも大きな損となります。

月給17万なら、転職で収入が上がる可能性は非常に高いので、マイナビエージェントなどの大手サービスを活用し、早めに行動するのを勧めます。

【男女年代別】月給17万円はどの年代・性別でも少ない

年齢 男性の平均月給 女性の平均月給
~19歳 18.3万円 17.4万円
20~24歳 21.5万円 20.9万円
25~29歳 25.3万円 23.3万円
30~34歳 28.9万円 24.7万円
35~39歳 32.8万円 25.9万円
40~44歳 36.1万円 26.8万円
45~49歳 38.8万円 27.1万円
50~54歳 42.0万円 27.5万円
55~59歳 42.0万円 27.1万円

出典:賃金構造基本統計調査|厚生労働省

月給17万円は、男女ともにどの年代でも平均を下回る額です。高卒初任給の平均程度の額なので、10代なら「普通」の範囲内の給与ですが、20代以降では明らかに少ないと言える給与です。

月給17万円の家賃目安は5万円弱

月給17万円の場合、家賃目安は約4~5万円です。家賃は手取りの3分の1が目安と言われており、月給17万は手取りだと約13~14万円なので、家賃は4~5万円弱となります。

4~5万程度の予算では、都区部だと一人暮らしでも部屋探しに苦労するため、郊外に住んだり他を節約して支払家賃を上げる必要があります。

東京以外でも4~5万弱では、部屋を見つけるには妥協が必要で、2人以上の暮らしでは生活が立ちゆきません。余程家賃の安い地域でなければ、家賃や生活費をやりくりするよりも、転職して手取りを上げるべきでしょう。

▼地域別の家賃相場(タップで開閉)
エリア 一人暮らし
(1K/1DK)
2人暮らし
(1LDK/2K/2DK)
3人・4人家族
(2LDK/3K/3DK)
東京23区 7~9万円 9~12万円 10~15万円
東京23区外 5~7万円 7~10万円 8~12万円
首都圏
(神奈川・埼玉・千葉)
5~7万円 6~9万円 7~10万円
主要都市
(大阪・名古屋・福岡)
4~6万円 6~8万円 7~10万円

参考:全国の家賃相場|SUUMO

月給17万円の生活レベル・家計簿は?

総務省の家計調査の結果を参考に、月給17万円の生活レベルを紹介します。

生活費の内訳2パターン
▼一人暮らし ▼実家暮らし

【一人暮らし】月給17万は節約生活

出費 金額 金額・備考
手取り 137,000円
家賃 47,000円
水道光熱費 10,000円
食費 30,000円 1日約1,000円計算
携帯代含む通信費 6,000円 格安SIM利用
交通費 3,000円
趣味含む娯楽費 18,000円
雑費 5,000円
貯金 18,000円

月給17万は、節約生活になりますが一人暮らしも可能です。ただし家賃の安い地方でなければ、繁華街から離れた地域や築古物件・シェアハウスを選ぶことになります。

食費も30,000円を目安に抑えるため、自炊や水筒の利用が基本で、外食は控える必要があります。趣味・娯楽や交際費に使えるお金も少なく、突発的な支出にも不安があります。

手取りの15%ほどの貯金目安を考えると、東京や大阪での一人暮らしは転職して年収を上げてからをおすすめします。月給17万なら収入アップは難しくなく、マイナビエージェントなどを活用して、手取り増を目指しましょう。

【実家暮らし】月給17万は余裕ある生活

出費 金額 金額・備考
手取り 137,000円
家賃 30,000円 実家に入れる分
食費 15,000円 外食費など
携帯代含む通信費 3,000円 格安SIM利用
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 25,000円
雑費 5,000円
貯金 55,000円

実家暮らしの場合は、贅沢はできませんが、月給17万円で不自由のない生活ができます。実家に月3万円入れるとしても、外食や趣味にお金を使いつつ、実家暮らしの目安とされる手取りの40%程の貯金が可能です。

食費と娯楽費の比率は自由に変えられますし、貯金や実家に入れる分を削れば、外食や趣味をより楽しむこともできます。ただし将来を考えれば、実家暮らしの間に、貯金や自己投資をしておくべきです。

月給17万円の気になるQ&A

貯金はどれくらいできる?

パターン 貯金可能額(目安)
一人暮らし 18,000円
実家暮らし 55,000円

月給17万円では、一人暮らしの場合は節約しながら1.8万円、実家暮らしなら趣味・娯楽を楽しみながら、5万円以上の貯金ができます。貯金目安である手取りの10~20%、実家暮らしなら40%を貯金に回せます。

しかし、金融広告中央委員会の調査によると、年収300万未満では貯金しない人が約半数で、月給17万では貯金が難しいようです。貯金には節約が必要で、突発的な出費も考えれば、継続的な貯蓄は難しいのが現実です。

少しでも生活や将来に不満・不安があれば、マイナビエージェントなどを利用し、今すぐの転職活動を勧めます。生涯賃金や自身の市場価値を考えても、安月給で仕事を続けるよりも転職すべきです。

貯金を増やす方法

  • 家計簿をつける
  • 食費を抑える
  • 水道光熱費を抑える
  • 通信費を抑える

収入を増やす以外に貯金を増やす方法は、節約しかありません。まずは家計簿をつけて、出費の把握・管理をしましょう。具体的な節約法として、自炊や弁当・マイボトルの利用、食材のまとめ買いなどで食費を削減できます。

光熱費は節水・節電や断熱シートなどの利用で減らすほか、電力・ガス会社の変更で大幅に光熱費が下がることがあります。携帯は格安SIMや格安プランを利用したり、WiFiの活用で、月数百円に抑えるのも可能です。

▼おすすめの格安SIM(タップで開閉)
格安SIM 料金・特徴
OCNモバイルoneOCN
モバイルONE
【料金】
770円/1GB~
【特徴】
・業界最低水準の料金
・格安SIMトップクラスの回線速度
exciteモバイルexciteモバイル 【料金】
880円/~3GBなど
【特徴】
・使った分だけの支払い
・料金プランが豊富
y.uモバイルy.u モバイル 【料金】
1,070円/5GB~
【特徴】
・高コスパ価格で高速通信
・U-NEXTとのセットが魅力

結婚して家族を養える?

月給17万円では結婚は可能ですが、子供を養っていくには厳しいものがあります。地域にもよりますが、子育てには少なくとも年収400万円ほどは必要で、夫婦ともにフルタイムでの共働きが必要となります。

出産後にフルタイムで働くのは現実的でなく、実家暮らしなどでなければ、月給17万円で子育ては無理と考えましょう。1人暮らしでも余裕はないため、子供がいなくとも安定した生活は厳しく、月給17万は共働きをすべき収入です。

主婦のパートで月給17万円稼ぐのは損?

損ではありません。月給17万だと年収200万以上で扶養控除の対象外となり、税金や保険料の支払いも発生しますが、世帯の年収が減るわけではありません。

パートの収入が年130万円を超えるかどうかなら、130万までに収めるよう気にすべきですが、200万以上なら扶養や税金などの損得は気にする必要ありません

収入を増やす方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

月給17万円以上なら、昇進・昇格を狙うのが1番現実的です。正社員ならば月給17万以上の給与は狙えるはずなので、昇給・昇格を目指し職務に励みましょう。ただし、会社の給与テーブルは確認しておくべきです。

月給17万円レベルだと会社自体の給与水準が低く、出世しても希望する賃金を得られない可能性があります。昇進・昇格の基準と、昇給した場合の給与を上司と確認・約束し、求める給与に届かない場合は転職を考えましょう。

正社員を目指す

現在非正規で働いていて、月給が17万円という場合は、社内もしくは転職で正社員を目指しましょう。初任給でも17万円以上貰えるのも珍しくはないので、正社員になるだけで収入を増やせる可能性は高いです。

2.副業を行う

副業も手取りを増やせる手段です。普通のアルバイトだけでなく、クラウドワークスやランサーズなど仕事を得る手段も増えており、フリマサイトへの出品やブログやnoteで稼ぐ方法もあります。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもなりません。今の仕事につながる案件や、フリーランス、起業・転職につながる副業を選んで、自身の市場価値アップにつなげるのがおすすめです。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業やフリーランスとして働くのも、手取りを増やす方法ではあります。起業は成功すれば大金を得られるチャンスもありますが、現職との両立が困難なうえに、短期的には収入が減るリスクも高いです。

また、フリーランスとして稼ぐにも最低限のスキルは求められ、活躍できるスキルがない場合は、スキルアップのための自己投資が必要になります。

スキルも自己投資の余裕もない場合、起業やフリーランスよりも、昇進や転職で手元の収入や貯金を増やす方がおすすめです。

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.転職する

転職は手早く、堅実に手取りを増やす方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、大きく給与体系が異なります。月給17万円からなら、未経験でも収入アップできる可能性が高く、転職は前向きに検討すべきです。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、見込みがなければ給料が高い企業への転職は、最も現実的な選択肢です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを活用しましょう。

収入アップにおすすめの転職エージェント3選

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

マイナビエージェント公式サイト

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

205,910件

非公開求人数

評価4

259,676件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

ハタラクティブ

平均2~3週間の内定スピード

ハタラクティブ

(出典:ハタラクティブ)

ハタラクティブのポイント

  • 未経験OKの求人が豊富
  • カウンセリング実績11万人
  • 大手企業の内定率80%超
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷/池袋/秋葉原/大阪/横浜/埼玉/名古屋/福岡/千葉

ハタラクティブのメリット

未経験でも応募可能な求人が豊富

ハタラクティブは、未経験でも応募可能な求人を豊富に扱っています。実際に、20代の転職者のうち、3人に2人が未経験での転職に成功しています。

内定獲得率が高いのも魅力で、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績を誇っています。経歴に自信が無い20代の方でも、転職できる可能性が十分あります。

転職者の86%が大企業に内定

ハタラクティブは、大企業への内定率が高い転職エージェントです。2020年8月から2021年1月までの約半年間の計測で、社員1,000名以上の大企業の内定を獲得した割合は86%です。

就活の結果に心残りがある方でも、ハタラクティブを利用すれば大企業に転職し、再出発できる可能性が高いでしょう。

内定まで最短2週間のスピード

ハタラクティブは、最短2週間で内定まで運んでくれるスピード感が魅力です。一般的な転職活動は、内定まで2~3ヶ月かかると言われていますが、ハタラクティブは平均2~3週間です。

いますぐに転職したいという20代の方に、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブのデメリット

求人数を公開していない

ハタラクティブは、求人数を公開していません。大手の転職エージェントは求人数を公開しているため、求人数が分からないのは不安に繋がるでしょう。

ただし、現にハタラクティブはカウンセリング数11万人、大企業の内定率86%など実績があります。20代向けの求人は間違いなく豊富にあるので、まずは無料登録してみましょう。

30代以降には不向き

ハタラクティブは、30代以降には不向きです。抱えている求人の多くが20代や未経験向けなので、キャリアアップや年収アップを重視したい30代以降の転職には向きません。

30代以降の方や、20代でもハイクラスな転職をしたい方なら、優良企業から直接オファーがもらえる「ビズリーチ」や、年収800万円以上の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

ハタラクティブの評判と口コミ

女性27歳

満足度

フリーターが正社員を目指すのにおすすめ

フリーターの方が正社員を目指すためのサービス。なので、フリーターの方の行っている仕事(飲食店のホール、コンビニのレジ打ち、など)から正社員に登用されるためのスキルの洗い出しを親身に行ってくれます。例えば「飲食店のホール→誰とでもコミュケーションを図れ営業のポテンシャルがあります」、など。

女性28歳

満足度

親身になって相談に乗ってくれた

担当の方がとても親切な方で丁寧な説明をしてもらえました。出来る限り私の要望に対して答えようとする姿勢があり、とても頼りになりました。数社紹介していただき、その中から転職先を見つけることが出来ました。

男性26歳

満足度

質の高い求人が多い

他の転職エージェントと比較すると質の高い求人が多いように思います。他では無かった非公開求人を案内してもらうことができたり、大手企業だけでなく中小企業も優良なものが多いので、安心してサービスを使うことができると思います。

男性28歳

満足度

あまり求人数が多くない

未経験の職場への転職ということもあってか、あまり求人数が多くありませんでした。勤務地や業界にこだわらなければありはしたのですが、他の転職サイトと比べても求人数の少なさは否めません。もっと多くの求人があれば文句の付け所はなかったのですが。

女性27歳

満足度

フリーター以外の転職には不向き

逆にいうと、フリーターの方が再起を図るのを応援できるタイプの企業の求人しか抱えていないということであり、ハタラクティブで一般的なスキルを持っている人が転職する場合にはいずれかの面で不満が残るかと思います。新卒・第二新卒・スキルアップの転職を目的とされる場合には、他の会社を利用することをオススメします。

ハタラクティブ公式サイト

関連記事
ハタラクティブの口コミ・評判

まとめ

この記事の結論

  • 月給17万円の手取りは13~14万円
  • 一人暮らしで生活は可能
  • 家賃目安は4~5万円

月給17万円の手取りは13~14万円です。節約や住まいへの妥協は必要ですが、一人暮らしをしながら、貯金や趣味への出費は可能です。ただし、生活に余裕はないので、パートナーとの同棲には共働きが必要と考えましょう。

月給17万円は日本の高卒初任給と同程度で、正社員としてはかなり安い水準のため、現職での昇給や将来性に不満があれば、積極的に転職活動をすべきです。

若年層の支援に強みがあるマイナビエージェントや、求人数国内最多のリクルートエージェントなどを利用すれば、転職して年収の大幅アップも見込めます。

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収300万 年収350万 年収400万 年収450万
年収500万 年収550万 年収600万 年収650万
年収700万 年収750万 年収800万 年収850万
年収900万 年収950万 年収1000万 年収1100万
年収1200万 年収1300万 年収1400万 年収1500万
年収1600万 年収1700万 年収1800万 年収2000万
年収2500万 年収3000万
手取り別の関連記事
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万 手取り20万
手取り21万 手取り22万 手取り23万 手取り24万
手取り25万 手取り26万 手取り27万 手取り28万
手取り29万 手取り30万 手取り31万 手取り33万
手取り35万 手取り40万 手取り45万 手取り50万
手取り60万
月収別の関連記事
月収17万 月収18万 月収19万 月収20万
月収21万 月収22万 月収23万 月収24万
月収25万 月収26万 月収28万 月収29万
月収30万 月収33万 月収35万 月収45万
月収50万 月収55万 月収70万 月収80万
月収100万
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス