年収500万を稼ぐ女性の割合は?実現できる職業・生活レベルを解説

女性で年収500万以上

「女性で年収500万以上の割合はどれくらい?」

「女性で年収500万稼ぐ方法は?」

年収500万は、日本の平均年収433万(令和2年|国税庁調べ)より高い年収です。

女性の場合、どの年代でも平均年収が500万を超えることは無いため、女性で年収500万を達成するのは難易度が高いと言えます。では、どんな女性なら年収500万円を達成できるのか、気になる人もいるでしょう。

この記事では年収500万円を達成する女性の職業や特徴を解説しています。年収500万の生活レベルも紹介しているので、参考にしてください。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える

転職エージェント
おすすめランキングはこちら

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

年収500万円の女性の割合は?

年収500万円台は全体の10.2%

年収 全体 女性 男性
100万円以下 8.4% 15.2% 3.6%
200万円以下 13.8% 23.4% 7.0%
300万円以下 15.5% 21.3% 11.5%
400万円以下 17.4% 17.3% 17.5%
500万円以下 14.6% 10.7% 17.3%
600万円以下 10.2% 5.7% 13.4%
700万円以下 6.5% 2.6% 9.2%
800万円以下 4.4% 1.5% 6.5%
900万円以下 2.8% 0.8% 4.1%
1,000万円以下 1.8% 0.4% 2.8%
1,500万円以下 3.4% 0.7% 5.2%
2,000万円以下 0.7% 0.2% 1.1%
2,500万円以下 0.2% 0.1% 0.4%
2,500万円以上 0.3% 0.1% 0.4%

出典:民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁

国税庁の調査によると、年収500万円~600万円の女性の割合は、全体の10.2%です。女性全体で見ると5.7%で、女性は年収500万円からがハイクラス層のボーダーラインと言えます

年収500万円以上の女性の割合は12.1%

年収500万円以上をもらっている女性の割合は12.1%です。つまり、年収500万円を超える女性は8人に1人程度です。

男性の場合は43.1%が年収500万円以上をもらっているため、やはり女性の年収500万円は難易度が高いと言えます。

年齢別の平均年収

年齢 女性 男性
19歳以下 115万円 146万円
24歳以下 242万円 277万円
29歳以下 319万円 393万円
34歳以下 309万円 458万円
39歳以下 311万円 518万円
44歳以下 317万円 571万円
49歳以下 321万円 621万円
54歳以下 319万円 656万円
59歳以下 311万円 668万円

出典:民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁

年齢別の平均年収で見ると、女性は各年代を通して、平均年収が300万円台の前半が上限なのが分かります。女性で年収500万円をもらっていれば、平均よりかなり多く稼いでいると言えます。

女性が年収500万円以上を目指すなら、評価制度の整った企業への転職がおすすめです。まずはビズリーチに登録し、自分の市場価値を調べてみましょう。高年収の求人が多く、優良企業からのオファーも受けられます。

女性が年収500万を稼げる仕事は?

  • コンサルティング
  • 営業職
  • 看護師
  • 薬剤師
  • ITエンジニア

コンサルティング

女性が若いうちから年収500万円以上を目指すなら、コンサルティング業がおすすめです。コンサルティングは20代でも年収500万円以上を十分狙えます。

ただし、コンサルティング業界は選考方法が独特で、未経験の場合は転職エージェントの利用が必須級です。異業種からコンサルに挑戦するなら、丁寧なサポートで定評のあるアクシスコンサルティングを利用しましょう。

営業職

営業職は、女性でも年収500万円以上を目指しやすいおすすめの職業です。金融や不動産などの高額な商材を扱う営業であれば、より高収入が期待できます。

成果報酬型の給与制度が特徴で、性別問わず成果次第で青天井の報酬を得られることが特徴です。入社年数に関わらずインセンティブが付与されることもあり、若い年代でも年収500万円以上稼げます。

異業界や異業種からの転職もしやすく、資格等がなくても転職できる求人が多いです。営業職に転職したい場合は、サポートの手厚いビズリーチなどの転職エージェントを活用しましょう

看護師

看護師も年収500万円を目指せる女性におすすめの職業です。勤務自体はハードですが、専門性が高いので、ライフステージごとの転職や、休職からの復職がしやすいでしょう。

看護師の転職をするなら、専門の転職エージェントの利用がおすすめです。看護のお仕事は、LINEでのやり取りもできるので気軽に相談できるため、看護師転職なら今すぐ看護のお仕事に登録しましょう。

薬剤師

薬剤師の平均年収は580万円で、年収500万円以上を狙える職業です。女性の割合は約65%と、女性が多い職種でもあります。薬剤師は、薬局や病院、製薬企業や行政機関などの働き先があります。

勤務先によっても収入の幅がある職種なので、転職する際には慎重に選びましょう。転職時にはマイナビ薬剤師などの薬剤師専門の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

ITエンジニア

エンジニア職は、女性が年収500万を目指すのにおすすめの職業です。IT業界では慢性的な人手不足が続いており、他職種と比べてエンジニアを優遇する企業が多いため、給与水準が高く設定されています

開発経験やスキルによってベース給が定まるため、能力次第では若手でも高収入が狙えます。未経験から転職を目指す場合は、ITスクールへの通学やポートフォリオの作成など、エンジニアとしての実績が必要です。

エンジニアへ転職したい場合は、レバテックキャリアマイナビITエージェントなど、専門性の高い転職エージェントを活用しましょう。

年収500万以上稼ぐ女性の特徴8つ

  • 行動力がある
  • 論理的に考えられる
  • 自分に自信がある
  • 積極的にスキルアップする
  • 自分の意見を持っている
  • 常にアンテナを張っている
  • 専門性を持っている
  • プライベートでもきっちりしている

行動力がある

稼ぐ女性は、新しいことやできないことに対する行動力があります。積極的に行動することで、チャンスをものにする機会が多くなるためです。

昇進や転職などで、キャリアアップのチャンスがあるときに、自分のパフォーマンスに自信が持てず、一歩踏み出せないという方は多いです。チャンスと感じた時に挑戦できる行動力がある人が、稼げるようになっていきます。

論理的に考えられる

女性に限りませんが、論理的に考えられることが仕事において重要です。論理的に思考することで、仕事を効率的に進められますし、有意義に業務を遂行できます。

コミュニケーションをとる際にも、論理的に話すことで自分の考えを的確に相手に伝えられます。自分のものさしだけで判断せず、論理的に物事を考えるように日頃から心がけましょう。

論理的な思考方法は「ロジカルシンキング」といって鍛えることができます。勉強法は様々あるので、自分に合った方法で鍛えてみましょう。

自分に自信がある

稼げる女性は自分に自信を持っています。根拠のない自信ではなく、自分の経験やスキルに裏打ちされた自信です。

常に自分が何ができるかを考え、失敗があっても人のせいにせずに改善していくことで成長していきます。成長した結果が自信になり、周囲の信頼感も得られることで、キャリアアップに繋がるのです。

積極的にスキルアップする

年収500万円以上稼ぐ女性は、スキルアップを積極的に行います。自分のキャリアの行く先を見据え、必要な知識やスキルを吸収することでキャリアアップしていきます。

自分の意見を持っている

稼ぐ女性は自分の意見をしっかりと持っています。自分の考え方、理念があり、周囲に伝えられることが、周囲にも評価されます。評価されるということは、結果的に昇給につながります。

常にアンテナを張っている

稼げる女性は常にアンテナを張って情報を得ています。プライベートの時間でも、些細な情報からアイデアが生まれたり、仕事に活かせるヒントになることも多いです。

常に仕事モードで気を張る必要はありませんが、プライベートでも情報を吸収する貪欲さが仕事でも活かせます。

出勤前にニュース番組を見たり、ニュースサイトやブログをチェックするなどの習慣をつけるのがおすすめです。

専門性を持っている

稼げる女性の場合、高い専門性を持っています。自分の専門性を強みとして持っていれば、昇進や、より高い年収を目指しての転職が容易になります

また、専門性を持ちながら、必要であれば他のことも学ぶ姿勢が、稼ぐ女性の特徴です。

プライベートでもきっちりしている

稼げる女性はプライベートでもきっちりしています。単純に私生活でだらしない人は、仕事でもだらしなくなりがちだからです。

また、勉強やスキルアップの時間を取るためにも、自分の時間の管理が大切になってきます。自分のプライベートも自分でしっかり管理できる人は、成長が早く、収入も上がりやすいという事です。

まずは部屋の片づけから始めてみましょう。物を探す手間が無くなれば時短にもなるので、自分の時間が増やせます。

女性が年収500万以上稼ぐために必要なこと

スキルアップをする

年収を上げるためには、スキルアップが重要です。直接仕事に関することも重要ですが、将来取っておきたい資格やスキルの勉強を、早いうちにしておくのがおすすめです。

本を読んだり、スクールに通うなど、自己投資を惜しまずにスキルアップができる女性が稼げるようになっていきます。

資格の取得する

資格を取得することで、キャリアップがしやすくなります。職種によっては資格が必須になるので、自身のキャリアプランから逆算して、資格取得を目指しましょう

職種によっては、資格があると手当がもらえることもあるので、積極的に資格を取得しておくと良いでしょう。

ライフイベントをキャリアプランに入れる

女性の場合、結婚や出産などのライフイベントによって、転職や休職の必要が出てきます。ライフイベントで、自分に不利益にならないようにキャリアプランを立てておきましょう

専門性が高い仕事なら、実務経験を積んでおけば、一時的に職を離れていても復帰が容易なのが魅力です。女性が働きやすい制度を設けている企業を選択することも、収入アップのために重要です。

年収500万円の手取り額は390万円

 項目 ボーナスあり ボーナスなし
手取り年収 390万円 390万円
手取り月収 27万円 32万円
ボーナス額 70万円 なし

参考:税金・保険料シミュレーション|税金・社会保障教育

年収500万円の手取り額はおよそ390万円で、月収に換算すると約32万円です。ボーナスの有無で、月の手取り金額に5万円ほどの差が生じます。

ボーナス額を70万円で考えた場合、月の手取り額は27万円ほどです。

▼給与明細から学ぶ手取り額の計算方法(タップ)
年収500万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 416,666円 健康保険 20,110円
住宅手当 10,000円 厚生年金 37,515円
雇用保険 1,250円
所得税 11,650円
住民税 20,608円
総支給額 426,666円 控除額合計 91,133円
月の手取り額
325,532円

手取り金額は、総支給額(額面)-控除額=で計算できます。総支給額とは基本給に各種手当を足したもの、控除額は主に住民税と所得税、社会保険料です。

給与明細を確認すれば正しい手取り額が分かりますが、ざっくり計算したい場合は、総支給額から7.5割~8.5割計算したものが手取り額です。

年収500万円の独身女性の生活レベル|生活費の内訳

年収500万円の女性がどのような生活レベルかをご紹介します。年収500万円あれば、基本的に不自由のない生活が送れますが、何にどれくらいかかるかの管理は必要です。

今回は、手取り32万円かつボーナスがない場合の月の生活を想定し、算出しています。自分の生活状況に合わせて調整し、参考にしてください。

独身×実家暮らしの場合

項目 金額
支出 収入
月収
(手取り)
32万円
生活費
(家賃など)
0円
食費 3万円
光熱費 0円
通信費 1万円
交際費 3万円
保険・医療 1万円
美容費 4万円
衣服費 3万円
娯楽費 4万円
交通費 2万円
雑費 1万円
貯金 10万円

年収500万円の女性が実家暮らしをする場合は、生活費や食費、光熱費を抑えられるため、余裕のある生活を送れます

実家に毎月どの程度の金額を入れるかにもよるものの、趣味や娯楽、美容費や衣服費などに使えるお金を多めに設定しても十分貯金ができます。

独身×一人暮らしの場合

項目 金額
支出 収入
月収
(手取り)
32万円
生活費
(家賃など)
9万円
食費 5万円
光熱費 5,000円
通信費 5,000円
交際費 3万円
保険・医療 1万円
美容費 2万円
衣服費 1万円
娯楽費 2万円
交通費 2万円
雑費 1万円
貯金 5万円

一人暮らしをする場合は、家賃や食費などの大きな支出が加わりますが、それでも年収500万円であれば余裕のある生活を送れます

贅沢ができるというわけではありませんが、切り詰めなくても貯金ができるでしょう。女性の場合は美容費や衣服費にかかる金額で差が出やすいです。

美容費や衣服費はひと月にいくらまでと設定しておき、それ以上使わないように管理することが大切です。

年収500万円の人の家賃の適正価格は?

年収500万円の人が賃貸に住む場合、家賃10万円程度が妥当です。一般的に家賃の目安は、手取り額の3分の1程度です。

東京で単身で暮らすなら、1DKまでなら23区内のエリアでも探せるでしょう。広めの物件が良いなら、少し駅から離れた郊外や相場が安めのエリアで探す必要があります。

女性の場合、セキュリティ面も重視したいので、予算と設備のバランスを考えて家を選びましょう。

年収500万稼ぐ女性におすすめの節税対策

ふるさと納税を活用する

節税対策として「ふるさと納税」がおすすめです。ふるさと納税とはお好きな自治体に寄付をすることで、所得税の還付や返礼品がもらえる制度です。

実質自己負担額2,000円を差し引いた納税額が控除されます。また、ふるさと納税の上限額は年収によって定められており、家族構成によっても変わってきます。詳しくは各ポータルサイトで確認してください。

また、ふるさと納税のポータルサイトは、扱う返礼品が違ったり、ポイントが貯められるサービスがあります。ポータルサイトを比較してから利用するのがおすすめです。

▶ふるさと納税の申し込みはこちら

iDeCoやNISAで資産運用をする

iDeCoやNISAといった、非課税の投資制度を利用することで、資産形成をしながら節税対策も行えます。iDeCoは掛金が全額所得控除になり、運用益が非課税です。ただし、原則60歳までは引き出せません。

つみたてNISAは運用益と分配金が非課税となります。通常の投資信託では約20%の税金がかかるので、投資によって資産形成を考えているなら利用してみましょう。

非課税の投資制度以外でも、資産形成を収入アップのために覚えることはおすすめです。最近ではロボアドバイザーのように半自動で資産形成してくれるアプリもあるので、初心者の方でも簡単に投資をすることができます

年収500万稼ぐ女性におすすめの節約方法

  • 保険料の見直し
  • 出費や予算の管理
  • 食費を節約
  • ポイントやクーポンを活用
  • 通信費の見直し
  • 電気・ガスの見直し
  • 美容費の見直し

保険料の見直し

保険料は節約できる可能性があります。加入してから何年もそのままで、保険の見直しをしていない方はぜひ一度見直す機会を設けてみましょう。

定期保険は更新のタイミングで見直すことをおすすめします。自動更新されるものがあり、そのままにしておくと、年齢に応じて保険料が上がることがあります。本当に必要な保険に絞れば、無駄な支出を抑えられます。

出費や予算の管理

節約を進めるには、まず支出を把握しましょう。お金がいくら入ってきて、いくら出て行っているのかを管理することで、ムダな出費がわかります。

家計簿を使って1つ1つ記載するほか、最近ではクレジットカードや口座と連携した家計簿アプリなども多く、手軽に予算管理が可能です

食費を節約

食費は節約しやすい項目です。普段特に意識していないのであれば、ペットボトルの飲み物を買わずに、水筒を持ち歩くようにするだけでも1日300円、月9,000円節約できます

また、安い時にまとめ買いをして作り置きをする、外食を控えるなど、節約を意識すれば2~3万円節約することも可能です。

ポイントやクーポンを活用

ポイントやクーポンなどを活用することも節約につながります。最近ではキャッシュレスの開始とともに、さまざまな店でポイントを貯めたり使うことができます。

楽天ポイントやTポイントなど、普段利用しているサービスがあれば対象のお店を頻繁に使うことで、ポイントも貯められポイントで買い物も可能です

通信費の見直し

自宅のインターネット回線やスマホの通信費を見直すことで、毎月の固定費を抑えられます

最近では、スマホとのセット割が可能なインターネット回線が多く登場しているほか、格安SIMなどスマホ料金が大手キャリアの半分以下で利用できるので、一度見直しをしてみましょう。

▼おすすめの格安SIM(タップで開閉)
格安SIM 料金・特徴
OCNモバイルoneOCN
モバイルONE
【料金】
770円/1GB~
【特徴】
・業界最低水準の料金
・格安SIMトップクラスの回線速度
exciteモバイルexciteモバイル 【料金】
880円/~3GBなど
【特徴】
・使った分だけの支払い
・料金プランが豊富
y.uモバイルy.u モバイル 【料金】
1,070円/5GB~
【特徴】
・高コスパ価格で高速通信
・U-NEXTとのセットが魅力
▼おすすめの光回線(タップで開閉)
光回線 料金・特徴
ドコモ光ドコモ光 【料金】
実質2,781円/月~
【特徴】
・ドコモユーザーなら最安の光回線
・高性能ルーターが無料レンタル可
・利用者からの評価が極めて高い
auひかりauひかり 【料金】
実質2,827円/月~
【特徴】
auユーザーなら最安級の光回線
・auのセット割が使えてお得
・最大62,000円キャッシュバック
OCN光OON光 【料金】
実質3,300円~/月
【特徴】
格安スマホなら最安級の光回線
・月額料金が6ヶ月間無料になる
・初期費用が一切かからない

電気・ガスの見直し

現在、ガスや電気はさまざまな事業者で取り扱えるよう自由化が進み、消費者が好きに事業者を選べるようになったので、使っている事業者のプラン見直しで節約が可能です

ガスと電気の両方を申し込むことで割引きになったり、インターネットやスマホとのセット割引が可能なものなど、種類はさまざまあるので検討してみましょう。

美容費の見直し

節約が必要なら美容費も見直してみましょう。スキンケアや化粧品、美容室代や脱毛など、美容にかかるお金は多く、求めればきりがありません。仕事で必要な人もいるでしょうが、一般的には月1万円を目安にしておくと良いでしょう

スキンケアにお金がかかるという方は、食生活や生活習慣を改善すると肌質も変わります。ネイルサロンや脱毛サロンなどに通っている方は、頻度を少なくすることも考えてみてください。

化粧品は、プチプラコスメの併用がおすすめです。気合を入れなくていい日に使ったり、部分的に安い化粧品に変えるなどで節約しましょう。

節約しても余裕が無ければ転職も検討する

もし、節約をしても余裕がないなら、転職も考えよう。収入を上げるためには転職が一番の近道です

まずはビズリーチに登録しましょう。扱っているのは年収500万円以上の求人がほとんどで、年収500万円以下でも登録は可能です。

関連記事
ビズリーチの評判・口コミ

女性が年収500万円を実現する方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で給与を上げる
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収500万円以上を目指すなら、昇進・昇格を狙うのが1番現実的です。現在働いている企業が年収500万円を目指せる環境なら、仕事で実績を出して昇進・昇格の努力をしましょう。

給与について曖昧なことが多い日本で昇給を目指すなら、上司と目標の共有を行い、年収500万円を達成できる給与の約束をすべきです。

2.副業を行う

副業を行うことも手取りを増やせる手段です。クラウドワークスやランサーズなど仕事を得る手段も増えており、ネット社会の現在ではECサイトに個人で出品したり、ブログなどで稼いでる方もいます。

またYouTuberとして活躍し、大金を得る方法も現代ではあります。ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもなりません。

自身の価値を上げるには、現在の仕事につながるものや、フリーランス、起業・転職につながる副業を選んで真面目に取り組む必要があります。

副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業や独立、フリーランスとして働く方法も、手取りを増やすために考えられます。成功すれば大幅な収入アップも望めますが、その分リスクも大きいです。

特に起業の場合、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながらというのは非常に困難です。起業・フリーランスを考えているのなら、まず副業としてビジネスを始めて、見通しがついてから独立する選択肢を検討しましょう。

フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資をして収入を増やす方法もあります。最近では、ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクや、すぐに大きな収入にならないというデメリットもありますが、手間を掛けずに収入を増やせる可能性が高いので、余裕資産は投資に回すことをおすすめします。

年収500万円の場合、多額の投資資金を用意するのは難しいので、将来の為の資産運用として小額から始めてみましょう。

5.転職する

転職は手早く、堅実に手取りを増やす方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、大きく給与体系が異なります。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、見込みがなければ給料が高い企業への転職が最も現実的な選択肢です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを活用しましょう。

経験を活かしたキャリアチェンジを推奨

年収アップ業界・職種

出典:doda

年収アップのために転職するのであれば、現在の経験やスキルを活かすべきです。dodaの調査でも、転職で年収アップに成功した人で最も多かったのは、異業界・同職種の転職者でした。

例えば、営業経験が長くあるなら、平均年収の高いIT業界で営業職を勤めれば年収が上がります。同じように管理職の経験があれば、成長産業に転職することで年収を上げやすいです。

いずれにしても、未経験職に就くより、過去に培った経験を活かすことで、転職による年収アップの確率を上げられます

まとめ

今回は、年収500万円を稼ぐ女性の特徴や職業、生活レベルなどを解説しました。年収500万円以上を稼ぐ女性は、女性全体の12.1%と少ないので、達成できれば勝ち組と言えるでしょう。

その分ハードルが高く、それなりの努力が必要になってきます。キャリアプランを考え、スキルや経験を積んで、年収アップを実現してください

年収UPの実現は、転職が一番の近道です。ビズリーチなどの転職サービスを活用しましょう。優良求人の紹介やサポートが充実しているため、転職をスムーズに進められます。

関連記事
リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収300万 年収350万 年収400万 年収450万
年収500万 年収550万 年収600万 年収650万
年収700万 年収750万 年収800万 年収850万
年収900万 年収950万 年収1000万 年収1100万
年収1200万 年収1300万 年収1400万 年収1500万
年収1600万 年収1700万 年収1800万 年収2000万
年収2500万 年収3000万
手取り別の関連記事
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万 手取り20万
手取り21万 手取り22万 手取り23万 手取り24万
手取り25万 手取り26万 手取り27万 手取り28万
手取り29万 手取り30万 手取り31万 手取り33万
手取り35万 手取り40万 手取り45万 手取り50万
手取り60万
月収別の関連記事
月収17万 月収18万 月収19万 月収20万
月収21万 月収22万 月収23万 月収24万
月収25万 月収26万 月収28万 月収29万
月収30万 月収33万 月収35万 月収45万
月収50万 月収55万 月収70万 月収80万
月収100万
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス