転職ノウハウ

手取り20万円生活レベルは?きつい?額面・年収・職業を徹底解説!

手取り20万円の暮らしとは? 具体的な仕事と生活水準について徹底解説!

20代の若い世代の方にとって、手取り20万円は果たして十分な収入といえるだろうか?

結論から申し上げると、手取り20万円の収入は、実家暮らしはもちろん、一人暮らしの場合でも十分生活していける金額だ

しかし、結婚相手や子どもを養う場合は、かなり厳しい収入といえるだろう。

今回は、手取り20万円という金額でどの程度の生活を送っていけるのか、そして手取り20万円でどのような職種があるのかについて詳しくみていこうと思う。

・将来結婚して家族を扶養しても多少余裕があり、子どもを安心して育てられる生活を望む場合

・現在は手取り20万円で十分でも、将来的な昇給が望めない場合

は、年収UPを考え転職を検討することを勧める。

年収UPを見据えて転職をするなら、まずはビズリーチに登録してほしい。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできるからだ。まだ転職するかどうか決めていない人も、ビズリーチに登録して自分の市場価値を知ることが何よりも重要だ。

転職経験がない方は、業界最大手で選考対策が手厚いリクルートエージェントが良いだろう。

ビズリーチ
BIZREACH
厳選された優良企業からオファー
年収上げなら圧倒的におすすめ
 
リクルートエージェント
リクルートエージェント
業界最多の約30万件の求人数!
転職初めに登録したいNo.1エージェント
 
dodaエージェント
転職者満足度1位!
サポート力の高い転職エージェント
 

手取り20万円の月収と年収

手取りとは、額面金額(総支給額)から税金や社会保険などを抜いたもので、実際に毎月手元に支払われる金額だ。 社会保険料や税金は、家族構成や住んでいる地域によっても異なる。

毎月の手取りが20万円の場合、額面では約24万円だ。

年収は、ボーナスがない場合は約300万円弱、ボーナスがあれば400万円前後だ。

月々の額面が同じであっても、ボーナスの金額や算出方法によって年収に差が出てくる。実際の収入や保険料・税金は、年末調整後に雇用主から発行される源泉徴収票に記載されているので気になる方はチェックしてみてほしい。

また、国税庁の調査によると年齢階層別の年収平均は、20代後半で370万円、30代前半で410万円だ。

手取り20万円は、年収にすると約300万円〜400万円程度となるため、平均的、もしくは平均よりも少し低めの金額といえるだろう。

手取り20万円ではどんな生活ができるか

手取り20万円ではどんな生活ができるか

同じ収入であったとしても、以下の条件によって生活水準は大きく異なってくる。

  • 家賃をどの程度負担しているか
  • 1人暮らしなのか
  • パートナーとの共同生活なのか、ファミリー世帯なのか

こちらの章では、 手取り20万円の方の家賃や生活費の目安について詳しくみていこうと思う。

家賃の目安

まず、家賃を払うケースについてお話ししていこう。

家賃の目安は、一般的に手取り金額の3分の1程度といわれている。手取りの3分の1以上の家賃を支払う場合は、食費や娯楽費などを節制していく必要がある上、貯金をする余裕がなくなってくるため注意が必要だ。

つまり、手取り20万円の方の場合の家賃の目安は、手取りの3分の1である6万6000円以下の物件が妥当といえるだろう。

都内23区内の場合、管理費込みで6万円代で住める物件は、20㎡程度のワンルームもしくは1Kや2Kの間取りがほとんどだ。都内23区よりも郊外になれば多少条件はよくなるが、格段に条件がよくなることはあまりないと考えておこう。

築年数や間取り、駅からのアクセス、周辺環境など、物件を選ぶ際のポイントは様々だ。そして重要視するポイントも、人それぞれによって異なってくる。しかし、いずれにしても都心やその周辺において家賃6万円代で2DK以上の部屋を借りるのは難しいといえるだろう。

ここからは、手取り20万円での実際の暮らしについて、家賃負担の有無や世帯人数別に分けて、それぞれのケースをみていこうと思う。

実家暮らしの場合

家賃出費がかからない実家での生活の場合、ご実家に生活費をいくらか入れたとしても、余裕のある生活ができるはずだ。お金の使い方次第にはなってくるが、毎月5万円程度の貯金もしていくこともできるだろう。

家事なども家族にお願いすることで、仕事以外の時間も有意義に使える上、お金の節約にもなる。ご実家に頼ることができる場合は、無理して一人暮らしをする必要はないかもしれない。

一人暮らしの場合

一人暮らしの方を想定して固定費などについてみていこう。

管理費込みの家賃負担を6万円代にした場合、自由に使えるお金は単純計算で14万円を切る。

一人暮らしの月々の出費は、どのような生活スタイルを送っていくかによって大きく異なってくる。積極的に節約をしていきたい方、余裕のある生活をしたい方など、それぞれの生活スタイルでの出費例は以下の通りだ。

節約スタイル
食費 25,000円
光熱費 5,000円
通信費 3,000円
交際費 10,000円
その他 20,000円
合計 63,000円

 

ほどほど節約スタイル
食費 30,000円
光熱費 7,000円
通信費 5,000円
交際費 20,000円
その他 30,000円
合計 92,000円
少し余裕ありスタイル
食費 45,000円
光熱費 10,000円
通信費 10,000円
交際費 30,000円
その他 45,000円
合計 140,000円

かなり節約を頑張った場合の月々の固定費が63,000円ということは、その分貯金や保険費用に回せるお金もかなり余裕が出てくるといえる。しかし、趣味や習い事、ショッピングや旅行など、お金の使い方を意識していかないと出費は一気に増えていってしまう。

余裕のある生活を望む方の場合は、出費がかなりかさむため、貯金がほとんどできないことがわかる。結婚式などに招待されたり、旅行にいくなど大きな出費も考えられるため、毎月3〜5万円の貯金ができると安心といえるだろう。

そのため、一人暮らしで家賃費用がかかる場合は、できる範囲で節制していくことをおすすめしたい。

パートナーと二人暮らしの場合

結婚相手や交際相手との共同生活の場合についてみていこう。

パートナーとの共同生活を送っていくには、パートナーの方の収入がポイントとなる。

お相手の方もご自分と同じ程度の収入があれば、かなり余裕のある生活を送っていけるだろう。

家賃も、2人の収入の総額の3分の1となるため、倍の金額を家賃に当てることが可能となる。そのため、住む地域はもちろん、間取りや築年数など、好みの物件を選んでいくことができる。

お互いがそれぞれ貯金することもできるし、毎月自由に使うことのできるお金も十分あるといえるだろう。

しかし、パートナーの収入がない場合はかなり条件が異なってくるため、節約を意識した生活を送る必要がある。

都心の場合は、家賃6万円代のワンルームや1K、2Kでの共同生活となるため、プライベートな空間を確保できない上、かなり窮屈な生活を送ることとなる。また食費をはじめとしたそのほかの出費も単純計算で2倍になってきてしまう。

先ほどご提示した金額の倍額がかかってくると想像すると、かなり金銭面でタイトになっていくことが容易に想像できるはずだ。

部屋の広さを求めて家賃をあげてしまうと、その分生活費や娯楽費などを削っていく必要があるため、より厳しい生活になってしまうだろう。

配偶者・子どもと家族暮らしの場合

配偶者・子どもと家族暮らしの場合

お子さんがいるご家庭の場合についてもみていこう。

パートナーやお子さんを養う必要がある場合、先ほどの2人暮らしの場合と同様、パートナーの収入が同額程度であれば、ある程度余裕のある生活スタイルを送ることができるだろう。

しかし、手取り20万円の金額だけで家族全員を養うのは、住む地域などにもよってくるが、かなり厳しいというのが現状だ。

夫婦2人の生活費に加え、子どもの生活費や養育費もかさむ。市町村や国からの補助金が出たとしても、ある程度の収入は確保していく必要がある。そのため、パートナーとの共働きをすることが理想といえるだろう。

また家族3人以上の場合、都心に住居を構えるとなると家賃6万円代の物件で広い物件を探すのはとても困難だ。

狭い空間でも生活ができるのは子どもが赤ちゃんのうちだけだ。行動範囲が広くなればなるほど、狭い空間での生活はしにくくなっていく一方だろう。

急な出費への備えも必要

先ほども少し触れたが、月々の固定費や貯金などとは別に、冠婚葬祭や病気などの出費に対する備えも必要となってくる。

特に、20〜30代の方の場合は結婚式に参列する機会も多い世代だ。一回の出席で3〜5万円程度のご祝儀代や参列する際の洋服代など、まとまった金額が必要となるのだ。

また、急な病気や怪我で入院したり、長期間仕事ができないことも考えられる。そのような事態になったとき、ある程度の蓄えを持っておくと安心できるだろう。

ボーナスがある方の場合は、ボーナス月に臨時支出費用をまとめて貯金しておくこともおすすめだ。

手取り20万円の仕事にはどのような仕事があるか

手取り20万円は、年収にすると約300万円~400万円程度だ。その年収額程度の仕事とはいったいどのような職種が考えられるだろうか? 

こちらの章では具体的な職種についてまとめてみたので、ぜひチェックしていただければと思う。

20代は営業職やIT業界での仕事がおすすめ

30代前半の方の場合は、手取り20万円はそんなに難しい条件ではない。30代前半の平均年収は約400万円とされており、ボーナスがある場合は手取りが25万円程度だ。

そのため、それまでの職歴やスキルを十分に生かすことのできる職種であれば、手取り20万円を目指すことは十分可能といえるだろう

しかし20代の場合は、20代前半か後半かによって条件が大きく変わってくる。新卒の方の場合や未経験の職種の場合は手取り20万円に届かないケースもあるが、多くの方の場合手取り20万円は十分狙える月収だ。

なかでも、IT、メディア、金融関係やコンサル業界は、業界全体の年収が高い傾向にあるため、高収入が狙えるおすすめの業界である。特にIT業界は今格好の売り手市場のため、転職を希望する方たちにとってよいタイミングといえるだろう。

月収20万円を狙うことができる職種は、具体的に以下のようなものが考えられる。

インセンティブが付与される営業職

営業職は、経験がなくともポテンシャル採用をしてもらいやすい職種の代表格だ。そのため、未経験者でも挑戦できるケースが多くある。

また、若手の採用を積極的に行っている企業も多くあり、20代から30代前半の若手世代にとって売り手市場といえるだろう。

営業の収入は、固定給が低く設定されていることが多いが、その分インセンティブを得ることができる。そのため、自分の成績次第でいくらでも高収入を狙うことができるのだ。やった分だけ収入に反映されるのは営業職の醍醐味といえるだろう。

さらに、最近ではIT業界の営業職の募集が多くされている傾向にある。IT関連の需要は今後も高まりつつあるため、ぜひ異業界からの転身もおすすめしたい。

ITエンジニア

IT関連のエンジニアは、職種によっても異なるが平均収入が400万円〜450万円程度とされているため、手取り20万円の月収を得ることができる職種といえるだろう。

なお、エンジニアとしての経験を積むことで、その後のキャリアアップやより高待遇なジョブチェンジも図っていくことができるだろう。

ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーなどへの転身ができた場合、かなりの高年収を得ることができるだろう。

資格取得を目指しながら働くことも

将来に向けたキャリアアップのために、資格取得の勉強をしながら働くことを選択する方も多いはずだ。資格を保有していることでその後の収入や職歴に大きく影響してくるため、早めに行動することをおすすめしたい。

具体的には、税理士や会計士、弁護士などの資格取得を目指しながら、それぞれの事務所に所属してアシスタントとして実務をこなしていくこともできるのだ。

そのような場合であっても、手取り20万円は十分目指せる金額といえるだろう。

手取り20万円からの転職で考慮すべきこと

手取り20万円からの転職で考慮すべきこと

今回は、手取り20万円の生活水準や具体的な仕事内容について解説してきた。

一人暮らしや実家暮らしの場合は、あまり贅沢はできないかもしれないが、十分生活していくことのできる収入といえるだろう。

しかし、家族を扶養する場合や、趣味にお金を投じたい方、そして車や自宅を購入したいと考える方にとっては、手取り20万円という金額は現実的にかなり厳しいレベルといえるだろう。

生活をするのにいっぱいいっぱいの状況や、最悪の場合赤字になってしまうことも大いに考えられる。

年功序列で昇給していく企業の場合は、手取り20万円でも問題ないかもしれない。しかし、将来的にあまり昇給が望めない場合は、5年後10年後の生活を見据えてキャリアを考えてみた方が良い。

近い将来を見据えて、結婚して2人で生活をした際でも多少のぜいたくができ、子どもを安心して育てられるような生活を望むのならば、年収UPを考え転職を検討することを勧める。

また、転職する際には応募時の年収だけでなく、昇給率も考慮するべきだ。

転職エージェントは、自分で行うには難しい年収交渉や昇給率の確認、給与だけが高いブラック企業の排除等を代わりに行ってくれる。転職エージェントを積極的に活用するのが、年収UPにつながる転職を成功させる秘訣だ。

年収UPを目指すなら、まずは王道のビズリーチに登録しよう。登録するだけで、企業の採用責任者やエージェントから直接スカウトが受けられるので、忙しい方でも手軽に情報収集できる。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントや、高年収案件に強いキャリアカーバーのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。

複数のサービスを活用すると、希望の転職先を効率よく、網羅的に探すことができる。ビズリーチには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

同業種へ転職する場合

現在の職種で手取り20万円以上を目指すことができる方の場合は、より専門性を高めるためにも同職種内での転職をおすすめしたい。その際は、ぜひ今よりも条件のよい企業への転職を目指していこう。

それまでの実績や経験がしっかりあれば、転職先でもきちんと評価してもらえるはずだ。即戦力として活躍していけると判断された場合、高待遇での転職も夢ではないはずだ。

そのためにも、ご自分の強みや担当した業務内容などをきちんと分析し、応募先企業にアピールしていけるよう事前準備をしていこう。

未経験職種へ転職する場合

一方で、現在の職種から未経験職種への転職を目指したいという方は注意が必要だ。

未経験職種への転職は「年齢」がとても重要となってくる。

20代までであれば、ポテンシャルで採用されるケースも多いのは事実だ。しかし、年齢が上がるとともに未経験での挑戦が難しくなってくるのが現状だ。そのため、異業界への転職は遅くても30代前半までに済ませておこう。

未経験でも比較的採用されやすく、手取り20万円以上の収入が見込める職種でおすすめなのは、インセンティブのある営業職だろう。営業職としてキャリアを積むことで、その後異業界への転職もしやすくなる。

このように、未経験職種への転身を考えている場合は、なるべく早い段階で動き出すことをおすすめする。

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部のおすすめ転職サービスランキング
編集部おすすめの転職サービス