26歳の平均年収はいくら?手取り・中央値や男性・女性別の平均などを紹介!

26歳平均年収

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

「26歳の平均年収を知りたい」

「東京や大卒の平均はどれくらい?」

26歳は一般的には第二新卒の期間も過ぎ、社会人として本格的に独り立ちの年齢です。そのため、他の26歳の給料や、自分の年収は平均と比較してどうなのか気になりますよね。

そこで、この記事では、26歳の平均年収や手取り額について紹介しています。中央値や男性・女性別、学歴別、東京と地方の26歳平均年収に関しても掲載しているので、自身のキャリアを考える参考にしてください。

もし収入アップのために転職したいなら、複数の転職サービスを活用することが重要です。ハイクラスの非公開求人を扱っているビズリーチや、若手の転職に強いマイナビエージェントを併用すれば、転職成功率は大幅に上がります。

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

26歳の平均年収は384万円

h2-26歳の平均年収_v2

※特に記載がなければデータは全て厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査を基に当サイトで推計

平均年収(賞与込) 384万円
平均賞与 62万円

26歳の平均年収は384万円です。厚労省のデータを基にした、ボーナスや残業代込の当サイトによる推計です。ボーナスを除いた月給では、平均で26.8万円です。

手取り平均年収は303万円・月21万円

26歳の手取り平均は独身だと303万円です。家族構成や扶養者の数で多少の変動はありますが、税金や保険料で80万円ほど引かれます。また月あたりの手取りでは25万、ボーナスを除いた手取り月給では21万になります。

詳しい計算は省きますが、年収の80%がおおよその手取りと考えて構いません。

26歳の年収中央値は373万円

年収(賞与除く) 311万円
平均賞与額 62万円
373万円
【平均値と中央値の違い】
・平均値:対象者の年収計を対象者数で割ったもの
・中央値:年収を順に並べた際に、ちょうど順番が真ん中になる値

26歳の年収中央値は373万円、平均年収より約10万円低い程度で、年収に極端なバラつきはないと考えられます。なお、賞与額に関しては中央値のデータがなく、平均額で代用しており、賞与を除いた年収中央値は311万円です。

年収アップにおすすめの転職サービス
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【転職後の平均年収840万円】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP

【条件別】26歳の平均年収一覧

【条件別】26歳の平均年収

条件別目次
▼男女別 ▼学歴別 ▼雇用形態別
▼企業規模別 ▼業界別 ▼東京と全国の差

【男女別】26歳の平均年収

26歳の平均年収
男性 406万円
(内賞与67.4万)
女性 359万円
(内賞与56.1万)

26歳男性の平均年収は406万円

26歳男性の平均年収は406万円で、ボーナスを除いた月当たりの収入は28.2万円です。

26歳女性の平均年収は359万円

26歳女性の平均年収は359万円で、ボーナスを除くと303万円です。女性は「非正規率の高さ」や「勤続年数の短さ」などから、男性より年収が低い傾向にあり、26歳時点でも差が広がり始めています

【学歴別】26歳の平均年収

26歳の平均年収
院卒 473万円
(男:482万、女:447万)
大卒 415万円
(男:433万、女:395万)
高専/短大卒 365万円
(男:411万、女:348万)
専門卒 351万円
(男:359万、女:348万)
高卒 348万円
(男:375万、女:294万)
中卒 331万円
(男:352万、女:282万)

学歴別での26歳の平均年収では、学歴順で年収が高くなっており、大学院卒が最も高い平均年収で、中卒が最も低いです。特に院卒の平均年収は高く、院修了後2年目の年齢ですが女性でも大卒男性以上の年収となっています。

また、学歴間の差では、大卒以上と高専・短大以下で差が大きいです。大学に進むかどうかがその後の年収や、生涯賃金に大きく関わるのは事実のようです。

【雇用形態別】26歳の平均年収

26歳の平均年収
正規 397万円
非正規 276万円

雇用形態別に26歳の平均年収を見ると、正規雇用は397万円、非正規雇用では276万円となっています。非正規雇用は賃金水準が低く、給与が上がりにくいなどの理由で、正規雇用と大きな差が生まれています。

また、正規雇用には福利厚生や社会的信用性などもあり、金額では見えない非正規との差があり、可処分所得では更に大きな差があると考えられます。

ただし反対に、非正規の場合は正社員になるだけで所得アップが見込めると言えます。収入アップを目指すなら、20~30代の転職に強みがあるマイナビエージェントを利用するのがおすすめです。

【可処分所得とは】
給料の内、自分の生活費に使える額

【企業規模別】26歳の平均年収​

26歳の平均年収
大企業 431万円
中企業 372万円
小企業 335万円

※大企業は従業員1,000人以上、中企業は従業員100~999人、小企業は従業員10~99人で分類

企業規模別の26歳の平均年収は、大企業で431万円、中企業で372万円、小企業では335万円となっています。年収だけでなく、大企業は福利厚生が整っていることも多く、実質的にはより大きい差があるでしょう。

中小企業で年収アップを狙うなら、現職での昇給だけでなく、大手狙いの転職もおすすめです。目の前の年収だけでなく、各種手当やキャリアアップを考えても、早めに大手へ転職した方がトータルで高収入を狙えます。

スキルや経験にもよりますが、中小からの大手転職も難しい話ではなく、自身がどういった企業や年収を狙えるのか、一度ビズリーチなどの転職エージェントで話を聞いてみる価値はあります。

【業界別】26歳の平均年収​ランキング

26歳の平均年収
電気・ガス・水道 475万円
金融 449万円
学術研究
専門サービス
431万円
建設 419万円
IT・情報通信業 417万円
メディカル 415万円
不動産 410万円
小売・卸売り 389万円
運輸・郵便 388万円
メーカー(製造業) 378万円
サービス 313万円
宿泊・飲食 308万円

業界別の26歳の平均年収では、インフラ系や専門サービスなど就職難易度が高い業界では年収も高いです。最も高い「電気・ガス・水道業」と最も低い「サービス業」では約170万円の差があります。

業界による差は職種に関係なく存在し、同じ業務内容でも、業界が異なると年収も大幅に異なります。年収アップを狙うなら、同じ職種で高年収の業界を目指すのがおすすめです。

【東京と全国の差】26歳の平均年収​

26歳の平均年収
東京 422万円
北海道 338万円
大阪 390万円
福岡 372万円
沖縄 303万円
全国 384万円

最低賃金に差があるように、26歳の平均年収は地域で異なります。東京都内の26歳平均は422万円ですが、最低賃金の最も低い沖縄では、26歳の平均年収は303万円です。

また北海道や福岡などの大都市のある地域でも、全国平均を下回っており、東京や大阪などの大都市圏の年収の高さが伺えます。家賃など生活費は上がりますが、収入だけを考えれば、東京や大阪などへの転職を考えるべきです。

東京都内の平均年収が高い理由

給与水準の高い大企業や外資系企業は大都市、特に首都東京に集中するため、東京の平均年収が高くなります。人口や経済規模が大きい地域で効率的に活動できるため、企業の給与水準も上がります。

年収アップにおすすめの転職サービス
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【転職後の平均年収840万円】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP

26歳に近い年代の平均年収(全体・男性・女性)

26歳に近い年代(21~31歳)の平均年収をまとめました。それぞれの年齢をタップ(クリック)すると、対応する解説記事に移動できます。

平均年収
(全体)
平均年収
(男性)
平均年収
(女性)
21歳 315万円 331万円 302万円
22歳 327万円 340万円 313万円
23歳 338万円 347万円 326万円
24歳 360万円 371万円 347万円
25歳 362万円 381万円 340万円
26歳 384万円 406万円 359万円
27歳 404万円 427万円 373万円
28歳 419万円 447万円 382万円
29歳 432万円 461万円 392万円
30歳 407万円 436万円 368万円
31歳 445万円 481万円 387万円

26歳の平均生活レベル|手取り21万

生活費の内訳例

金額 備考
家賃 70,000円
水道光熱費 12,000円
食費 40,000円 1日1,000円計算
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 10,000円
娯楽費・交際費 30,000円
雑費 15,000円 生活雑貨など
貯金 23,000円

※一人暮らしを想定

26歳の平均手取り21万円は、一人暮らしが可能な金額です。ただし、貯金をしたい場合には、自炊中心の生活にして食費を4万円以下に抑えるのが望ましいです。

また、家庭を持つには厳しい手取りです。子育て時には家賃の安いエリアへの引越しや、共働きなどを考える必要があります。将来を考えると、節約しながら貯金することも検討すべきです。

家賃の目安は7万円

26歳で手取り21万円の場合、家賃の目安は7万円です。家賃の目安は、毎月の手取りの1/3と言われています。

一人暮らしで家賃7万円なら、東京都内でもワンルームや1Kの部屋が見つかります。また、少し郊外にでれば、大きな部屋がある賃貸物件に住むことも可能です。

あくまで目安のため、一人暮らしなら多少家賃が高くても問題ありません。しかし、家賃はできるだけ抑えて、貯金や投資などに回すことをおすすめします。

食費の目安は4万円

26歳で手取り21万円の場合、食費の目安は4万円です。収入が少ないうちは、自炊を多くして食費を抑えることで、お金の使い道が広がります。

1ヶ月4万円は、1日当たりの食費が1,300円前後ということです。外食をするとすぐにオーバーしてしまう金額なので、どうしてもというとき以外は自炊しましょう。

貯金の目安は2.3万円

26歳で手取り21万円の場合、貯金の目安は2.3万円です。一般的に、貯金の目安は手取りの10~20%と言われています。少なくとも、毎月2.1万円ほど貯金に回すのが理想です。

ただし、二人世帯以上になると、手取り21万円では貯金が厳しくなります。普段はなんとか生活を送れても、突発的な出費に対応できません。

そのため、昇給や共働き、転職などなんらかの収入アップ方法を模索する必要があります。

26歳の年収アップにおすすめの方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収アップを目指すなら、昇進・昇格を狙うのが1番現実的です。余程賃金水準の低い業職種でなければ、この記事を読んでいる人は仕事で実績を出して昇進・昇格して、平均以上の収入は得られるでしょう。

昇給や昇格を考える場合は、基準をきちんと確認し、上司との約束を取り付けましょう。評価制度があいまいだと、具体的な目標を立てられず、人事評価でも不透明な理由で昇進できない可能性があります。

何を達成したら昇格、昇格したら給与はいくら、といった約束は上司と交わしておくべきです。

資格やスキルを習得する

資格手当などがあれば、取得のために勉強に励むのもおすすめです。手当だけでなく、昇進・昇格や副業・転職にも活かせるため、積極的に取り組みましょう。

自身の市場価値アップにもつながりますし、普段の仕事の幅も広がるでしょう。

2.副業を行う

副業も手取りを増やせる手段です。ネット社会の現在は普通のバイトだけでなく、クラウドワークスやランサーズなどでも仕事を得られます。ECサイトへの出品も個人で容易にでき、ブログで稼ぐ方法など、副業の種類は多彩です。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもなりません。自身の価値を上げるには、現在の仕事につながる仕事や、フリーランス、起業・転職につながる副業を選ぶ必要があります。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業やフリーランスも、手取りを増やすために考えられます。成功すれば大幅な収入アップも望めますが、その分リスクも大きいです。特に起業の場合、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながらというのは非常に困難です。

起業・フリーランスを考えているのなら、まず副業としてビジネスを始めて、見通しがついてから独立といった道を選ぶべきです。

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資で収入を増やす方法もあります。ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

倹約家で貯金や普段の生活に余裕があるなら、勝手にお金が増えていくためおすすめです。ただし、一般的に手取り20万の場合は、金融投資よりも自己投資に回して、将来的な収入アップを目指すことを勧めます

5.転職する

転職は手早く、堅実に手取りを増やす方法です。同じ業務でも、企業規模や業界が異なれば給与体系も変わります。また年功序列で努力によって給与を上げられない場合や、賃金ベースが低い企業でも転職を考えるべきです。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、見込みがなければ給料が高い企業への転職は、最も現実的な選択肢です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを活用しましょう。

26歳なら未経験職種への転職も歓迎されます。第二新卒としては受け入れられないことが多いですが、新たな挑戦には十分有利な年齢です。給与が高いなど、気になっていた仕事があるなら、積極的に挑戦しましょう。

年収アップにおすすめの転職サービス
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【転職後の平均年収840万円】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP

26歳は転職のチャンス

26歳は転職のチャンス

26歳は第二新卒の対象からは外れることが多いですが、ポテンシャル採用や経験を活かした転職で、年収を上げられるチャンスの高い年齢です。

独り立ちした社会人として十分若く、求人も豊富なため、現職で活躍していれば、優秀な若手を求める好待遇な企業へ転職できます。

自身の市場価値を把握する

26歳で転職を考えた際は、まず自身の市場価値を把握しましょう。目標にすべき年収や必要な経験・スキルを認識すれば、転職に向けて現職での働きぶりを変えて、転職を有利に進められます。

未経験転職であっても、周りの転職者を確認して、自身のポテンシャルがどの程度評価されるのか確認しておけば、求人を探しやすくなり、企業との年収交渉にも使えます。

自身の市場価値を知るには、ビズリーチで受け取るスカウトや、dodaの年収診断ツールが便利です。自分の転職市場での評価を把握して、効率的に転職活動を進めましょう

経験のある仕事に転職して年収アップ

年収アップ業界・職種

出典:doda

年収アップを第一に希望するなら、今までの経験やノウハウを活かした転職をすべきです。dodaの調べでも、転職で年収アップに成功した人で、最も多かったのは異業界・同職種の転職者でした。

例えば、営業経験が長くあるなら、別業界、例えば平均年収の高いIT業界で営業職を勤めるだけで年収が上がりやすいです。同じように管理職の経験があれば、成長産業に転職することで年収を上げやすいです。

過去培った経験を活かすことで、転職による年収アップ確率を上げられます。同じ仕事でも、業界や企業規模が変わるだけで、大きく年収が変わります。ビスリーチを使って自身の市場価値を調べてみましょう。

大企業や成長業界は年収アップを狙いやすい

同じ仕事でも、給与は業界や企業の規模によって大きく異なります。年収アップが転職の一番の目的なら、より大手の企業や給与水準の高い業界へ、経験のある仕事で転職するのが効率的です。

特にコンサル業界はポテンシャル採用でも高年収を期待でき、成長産業のため、地頭や学歴に自信があり、年収アップを狙うならおすすめです。

興味があればアクシスコンサルティングアサインなど、コンサル転職に強い転職エージェントで、一度話を聞いてみましょう。

▶第二新卒こそコンサルティング業界へ転職しよう

26歳の年収事情で気になるQ&A

公務員の26歳平均年収は?

26歳の公務員の平均年収は約360万円+残業代や各種手当と推計できます。特別高くはありませんが、公務員は豊富な各種手当が魅力です。また、国家公務員と地方公務員で差はほとんどありません。

参考:総務省| 令和3年地方公務員給与実態調査結果等の概要人事院|令和3年国家公務員給与等実態調査

26歳で年収800万以上の割合は?

dodaの調査では、20代で年収800万円以上の人の割合は0.5%です。30歳手前の人も含めたデータなので、26歳では更に少ないと考えられますが、決して存在しないわけではありません。

参考:厚労省|令和元年賃金構造基本統計調査

26歳で年収1,000万稼げる?

可能です、dodaの調査でも僅かですが20代で年収1,000万を得ている人は存在しています。難易度は高いですが、外資系エリート企業やインセンティブ比率の高い営業職なら、26歳でも年収1,000万は十分狙えます。

▶年収1,000万円を稼げる職業一覧

まとめ

26歳の平均年収は384万円で、手取りだと303万円です。ただし、年収は性別や業種、企業規模、地域によって大きく異なり、東京や大卒以上の場合は平均で400万円を超えています。

平均年収と比べて「自分の年収が少ない」「もっと年収を上げたい」などと感じたら、転職も考えてみましょう。26歳は転職のチャンスで、経験職やポテンシャル採用で年収を上げられる期待が高いです。

転職の際、26歳にはビズリーチマイナビエージェントなどがおすすめです。市場価値の把握ができ、無料の手厚いサポートで、年収アップの確率を上げられます。

年代別の関連記事(20代)
22歳の転職 23歳の転職 24歳の転職 25歳の転職
26歳の転職 27歳の転職 28歳の転職 29歳の転職
転職したいけどスキルがない(20代)

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収200万 年収250万 年収300万 年収350万
年収400万 年収450万 年収500万 年収550万
年収600万 年収650万 年収700万 年収750万
年収800万 年収850万 年収900万 年収950万
年収1000万 年収1100万 年収1200万 年収1300万
年収1400万 年収1500万 年収1600万 年収1700万
年収1800万 年収2000万 年収2500万 年収3000万
女性の年収別の関連記事
年収300万
(女性)
年収400万
(女性)
年収500万
(女性)
年収600万
(女性)
年収700万
(女性)
手取り別の関連記事
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万 手取り20万
手取り21万 手取り22万 手取り23万 手取り24万
手取り25万 手取り26万 手取り27万 手取り28万
手取り29万 手取り30万 手取り31万 手取り32万
手取り33万 手取り35万 手取り40万 手取り45万
手取り50万 手取り60万
月収別の関連記事
月収14万 月収15万 月収16万 月収17万
月収18万 月収19万 月収20万 月収21万
月収22万 月収23万 月収24万 月収25万
月収26万 月収28万 月収29万 月収30万
月収32万 月収33万 月収35万 月収40万
月収45万 月収50万 月収55万 月収60万
月収70万 月収80万 月収100万
年齢別の平均年収の関連記事
22歳の年収 23歳の年収 24歳の年収 25歳の年収
26歳の年収 27歳の年収 28歳の年収 29歳の年収
30歳の年収 31歳の年収 32歳の年収 33歳の年収
34歳の年収 35歳の年収 36歳の年収 37歳の年収
38歳の年収 39歳の年収 40歳の年収 42歳の年収
43歳の年収 45歳の年収 46歳の年収 47歳の年収
50歳の年収

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事