年収1000万円を稼ぐ人の割合は?生活レベル・手取りや目指す方法を解説

年収1000万円を稼ぐ人の割合は?

「年収1,000万円の生活レベルはどんなもの」

「個人で年収1,000万円稼ぐ人の割合は?」

年収1,000万円は高収入の目安で、誰もが憧れる年収帯です。実際、日本には年収1,000万を稼ぐ人がどれくらいいるのか、手取りや生活レベルなどが気になりますよね。

この記事では、年収1,000万を稼ぐ割合をまとめ、家賃・貯金・税金などの実態を深掘って解説しています。

年収1,000万円を目指す方法や、目指せる職業も紹介しているので、年収1,000万を実現したい人は参考にしてください。

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

高収入が狙える転職サービス3選

リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト

  • 【ハイクラス向け転職サービス】
  • ・年収800万円超の求人多数
  • ・転職決定年収が平均900万円以上
  • ・ヘッドハンターが3,000名以上在籍
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

年収1,000万円は何人に一人?世帯年収だと何%?

年収割合グラフ

年収1,000万円以上の割合は4.6%

年収 全体 男性 女性
100万円以下 8.4% 3.6% 15.2%
200万円以下 13.8% 7.0% 23.4%
300万円以下 15.5% 11.5% 21.3%
400万円以下 17.4% 17.5% 17.3%
500万円以下 14.6% 17.3% 10.7%
600万円以下 10.2% 13.4% 5.7%
700万円以下 6.5% 9.2% 2.6%
800万円以下 4.4% 6.5% 1.5%
900万円以下 2.8% 4.1% 0.8%
1,000万円以下 1.8% 2.8% 0.4%
1,500万円以下 3.4% 5.2% 0.7%
2,000万円以下 0.7% 1.1% 0.2%
2,500万円以下 0.2% 0.4% 0.1%
2,500万円以上 0.3% 0.4% 0.1%

参考:民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁

国税庁の調査結果によると、年収1,000万〜1,500万円台を稼いでいる給与所得者の割合は全体のおよそ3.4%、年収1500万円以上の数も足すと全体の4.6%です。約20人に1人は年収1,000万円以上を稼いでいることになります。

日本の平均年収が433万円と比べ、年収1,000万円は倍以上の年収なため、かなりの高年収であることが分かります。また、年収1,000万円以上の人は男性がほとんどで、女性の割合は男性の半分以下です。

現実問題、企業によっては年収1,000万円を昇給、昇格で目指すのはかなり難しいです。年収1,000万を目指すなら、転職後の平均年収が900万円を超えるリクルートダイレクトスカウトなどを利用して、転職も考えるべきでしょう。

20代で年収1,000万は0.1%

20代で年収が1,000万以上の人は0.1%(doda調べ)で、1,000人に1人程度しかいません。20代ではそもそも平均年収自体も低いため、20代で年収1,000万円を超えるのはごく一部です。

大手企業でも20代で年収1,000万円を狙えるのは、金融・総合商社・コンサル・マスコミや外資などに限られ、20代では年収1,000万円を狙えもしない業界や企業が多いです。

30代で年収1,000万は0.9%

年収1,000万円以上の人の割合は、30代でも0.9%(doda調べ)です。30代になれば自動的に年収1,000万円という大企業も珍しくはなく、20代に比べれば約10倍の割合にはなっていますが、全体の割合からすればかなり少ないです。

世帯年収1,000万円の割合は上位12.3%

世帯年収 割合 累積割合
50万円未満 1.2% 1.2%
100万円以下 5.2% 6.4%
150万円以下 6.3% 12.7%
200万円以下 6.3% 19.0%
250万円以下 6.9% 25.9%
300万円以下 6.7% 32.6%
350万円以下 7.1% 39.7%
400万円以下 5.7% 45.4%
450万円以下 5.6% 51.0%
500万円以下 4.9% 55.9%
600万円以下 8.7% 64.6%
700万円以下 8.1% 72.6%
800万円以下 6.2% 78.8%
900万円以下 4.9% 83.7%
1,000万円以下 4.0% 87.7%
1,000万円以上 12.3% 100%

出典:国民生活基礎調査の概況 統計表|厚生労働省

世帯年収1,000万円以上の割合は、全体の12.3%です。およそ8世帯に1世帯が、世帯年収1,000万円を得ている計算になります。

年収1,000万円の手取りはどのくらい?

月の手取りは43~65万円

 ボーナス有無 ボーナスあり ボーナスなし
手取り年収 700〜780万円 700〜780万円
手取り月収 43〜48万円 58〜65万円
ボーナス額 180万円 なし

年収1,000万円の手取りは700〜780万円で、月収に換算すると約43〜65万円となります。ボーナスの有無によって月の手取りに大きく差が生じ、ボーナス180万円で考えると、月の手取り額は50万円未満です。

▼給与明細から学ぶ手取り額の計算方法(タップ)

手取り額の計算方法【総支給額-控除額=手取り額】

手取り50万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 664,217円 健康保険 33,456円
住宅手当 10,000円 厚生年金 59,475円
雇用保険 2,023円
所得税 40,408円
住民税 38,850円
総支給額 674,217円 控除額合計 174,212円
月の手取り額
500,005円

手取り金額は、総支給額(額面)-控除額=で計算することができます。総支給額とは基本給に各種手当を足したもの、控除額は主に住民税と所得税、社会保険料を指します。

給与明細を見ればパっと見で分かりますが、ざっくり計算したい場合は、総支給額から7.5割~8.5割計算したものが手取りになります(総支給額300,000✕0.85など)。

税金で200万~300万円引かれる

税金・保険料 個人年収1,000万 世帯年収1,000万
所得税 約80万 約40万
住民税 約60万 約50万
社会保険料 約150万 約150万
合計 約290万 約240万

年収1,000万円になると、年間200万~300万円の税金や社会保険料がかかり、手取りは700万~800万円ほどです。

共働きなど世帯年収で1,000万円を稼ぐ場合のほうが、引かれる税金は少なくなるため、1人で1,000万円を稼ぐ場合よりも手取りは多くなります。

ちなみに、手取りで1,000万円を稼ごうと思うと、額面では1500万円ほど必要で、全体での割合も1%強ほどになります。

年収1,000万の生活レベル|生活が苦しいという噂は本当?

年収1,000万の生活レベルをみると、1人暮らしならかなり贅沢な生活ができます。しかし、複数の子供を大学に通わせたりする場合などは、生活が苦しいこともあります。

総務省の家計調査の結果を参考に、年収1,000万円の方がどのような生活レベルかを、家族構成ごとに解説します。

※全てのケースで、ボーナスの無い月の手取り50万円で計算

家族構成別の生活レベル
▼既婚×子供なし ▼既婚×子供あり
▼独身×実家暮らし ▼独身×1人暮らし

既婚×子ども無しの場合

出費 金額 備考
家賃 180,000円
水道光熱費 30,000円
食費 75,000円 1日2,500円計算
携帯代含む通信費 15,000円 家族割加入
交通費 8,000円
趣味含む娯楽費 4,000円
雑費 10,000円
貯金 140,000円

夫婦2人暮らしの場合、単身者と比較して単純に考えて支出が2倍になるため、最終的に残る貯蓄額が単身者よりも少なくなります。

ただし、生活費をかなり多めに見積もっても月々14万円、年間150万円以上の貯蓄ができるため、2人暮らしのケースで、どちらかが専業主婦(夫)をしながらでも、余裕のある生活が送れるでしょう。

既婚×子どもありの場合

出費 金額 備考
家賃(ローン) 200,000円
水道光熱費 35,000円
食費 90,000円 1日3,000円計算
携帯代含む通信費 16,000円 家族割加入
交通費 9,000円
養育費 20,000円
保険代 20,000円
雑費 10,000円
貯金 100,000円

※4人家族の場合の内訳

年収1,000万円の世帯で子供がいる場合でも、かなり裕福な生活が送れる収入レベルですが、生活環境や子どもの教育費などによっては節約を強いられるケースも考えられます。

私立の学校に進学する場合だけでなく、毎月の習い事の月謝などの支出が家計を圧迫することもあるため、必要な項目に必要な分だけお金を使うことへの意識が必要です。

子供が2人とも私立の大学に進学して1人暮らしする場合などまで考えると、年収1,000万円でも生活が苦しくなることも考えられます。長期的に見て、将来の出費に備えておく必要があります。

独身×実家暮らしの場合

出費 金額 備考
家賃 80,000円 実家に入れる分
水道光熱費 0円
食費 50,000円 外食費
携帯代含む通信費 5,000円
交通費 15,000円
趣味含む娯楽費 50,000円
雑費 5,000円
貯金 300,000円

年収1,000万円で実家暮らしの場合は、かなり裕福な生活が送れます。余裕のある状態でそれぞれの支出を見積もってはいますが、それでも毎月30万円以上を貯蓄に回すことができる計算です。

車などの高額な趣味・娯楽や外食など、自分の好きなものに対してお金を費やすことができ、充実したプライベート時間を過ごせるでしょう。

独身×一人暮らしの場合

出費 金額 備考
家賃 150,000円
水道光熱費 20,000円
食費 45,000円 1日1,500円計算
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 50,000円
雑費 5,000円
貯金 216,000円

実家暮らしと比較して、家賃や光熱費、通信費などの費用が加わります。しかし毎月50万円の手取りがあれば、家賃などの支出が加わってもかなり余裕のある生活が可能です。

実家暮らしの際の計算と同様、それぞれの支出についてかなり余裕を持って見積もったとしても、月々の貯蓄額は20万円を超えます。

しかし、将来的に家庭を持った際を考えると、年収1,000万でも生活が圧迫されることも考えられるため、贅沢はしすぎずに貯蓄にもお金を回して置くのをおすすすめします。

年収1,000万円の家賃とマイホームの相場は?

年収1,000万の家賃目安は15~20万

年収1,000万では、家賃は15~20万円が上限の目安です。家賃は手取りの1/3が目安とされており、ボーナスの捉え方にもよりますが、手取り50~60万程度で考えると、家賃は高くても15~20万の範囲に収めるのがベターです。

また賃貸には審査があり、年収1,000万だと年収の1/36、約28万円が審査に通る目安です。28万円を超える家賃だと審査に落ちる可能性が高まり、生活も苦しくなる恐れがあります。

年収1,000万の住宅購入相場は6~7,000万

年収1,000万円では、6,000万~7,000万円代の住宅価格が目安です。住宅購入時、多くの場合はローンを組みますが、ローン借入額は年収の7倍程度、返済比率は手取り額の20〜25%が無理のない返済ができる範囲とされています。

頭金の額によって月々の返済額は大きく変わりますが、35年ローンで借り入れをした場合、年間140万円〜190万円、月に12万~16万程度の返済になります。予算と支払い計画を念頭に置いて物件選びをしましょう。

▼地域別マンションの平均価格(タップで開閉)
地域 平均価格
首都圏 6,260万円
近畿圏 4,562万円
全国 5,115万円

 

出典:NHK|新築マンション 去年全国で発売の平均価格 初の5000万円超え
※データは2021年のもの

マンションの平均価格は、全国で約5,000万円です。首都圏(一都三県)の新築マンションの平均価格(2021年)を見ても、年収1,000万なら、神奈川・埼玉・千葉エリアでは余裕を持って購入ができます。

ただし、地域を23区に限定するとマンション価格は8,000万円を超えるため、場所によっては中古マンションも検討する必要があります。

▼地域別土地付注文住宅の平均価格(タップで開閉)
 エリア 建築費用
首都圏 5,162万円
近畿圏 4,540万円
全国 4,397万円

出典:フラット35利用者調査

土地付きの注文住宅は、全国平均で4,397万円前後、坪単価では約130万円です。マンションに比べると平均価格が安く、比較的広い家に住めるため、自身の生活スタイルや好みに合わせて戸建てかマンションか選びましょう。

おすすめハウスメーカーランキング

年収1,000万円の平均貯蓄額とは?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、年収750〜1,000万円の世帯の平均金融資産保有額は2,045万円で、中央値は800万円です。

さらに対象世帯のおよそ20%の方たちが毎月10〜15%の手取り額を貯蓄しています。一方で、年収750〜1,000万円の方たちで貯蓄額100万円以下の世帯は、全体のおよそ5%です。

これらの結果からも、年収1,000万円世帯の多くの方たちが、継続的に安定的な貯蓄ができているようです。

年収1,000万円の年金受給額は約19万円

年収1,000万円の人の年金受給額は約月19万円です。現役時代に比べて毎月の収入が大幅に減るので、老後資金を考えた貯金や投資が重要です。勤務先の確定拠出年金やiDeCo、NISAを利用した資産形成も積極的に考えましょう。

2022年4月時点で35歳の男性、22歳~60歳まで勤務の想定で試算(三井住友銀行年金試算シミュレーションを利用)すると、厚生年金が12.7万円と基礎年金が6.4万円の計19.1万円/月になります。

仮に同条件で年収500万円の場合で試算すると、月の年金額は16.2万円なので、現役時代の収入で受け取る年金額にはそれほど差はでません。

関連記事

年収1,000万になるには?おすすめの業界・職種

  • 超大手企業
  • 規制産業(金融・通信・医療など)
  • 国家資格が必要な職種(士業やパイロットなど)

年収1,000万円を目指すのはそう簡単なことではありませんが、業職種によっては年収1,000万円が当たり前の仕事もあります。

会社員として日本国内で年収1,000万円を稼げる職種や業界は、大きく分けると超大手企業や規制産業など3つです。その中でも、おすすめの3つの職種について紹介します。

①ITコンサルタント

ITコンサルタントは、IT戦略の専門家として幅広い知識や経験を元に、顧客の問題解決を行うスペシャリストです。現在もこれから先も需要の高い職種で、年収1,000万円以上を目指せます

IT業界は深刻な人材不足が続いているため、能力の高いコンサルタントであれば相場よりも高めの給与設定がされることも多い職種です。

コンサル業界に転職を考えているなら、コンサル業界専門の転職エージェント、アクシスコンサルティングがおすすめです。

②大手広告代理店社員

高所得のイメージが強い大手広告代理店も年収1,000万円を狙える職種です。制作に関わるクリエイティブ部門と、会社の顔として営業活動を行う営業部門があり、どちらの部門も高収入を狙えます。

異業種からの転職者も多いため、難易度は高いものの未経験でも挑戦しやすい職種といえます。

マスコミ・メディア業界へ転職したい場合、求人数の多いリクルートダイレクトスカウトビズリーチなどの、ハイクラス向け転職サービスの利用がおすすめです。

③大手金融企業社員

大手銀行や保険会社、証券会社などの大手金融企業は安定的に高収入が得られ、年収1,000万円も狙えます。大手金融企業や外資系金融企業の場合は、20代や新卒でも年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。

中でもおすすめなのが「営業職」で、金融に関する専門的な知識や経験はもちろん、語学力などが求められることが多いですが、比較的転職しやすい職種です。

金融・保険関連へ転職したい場合、求人数の多いリクルートダイレクトスカウトビズリーチなどの転職エージェントを利用するのがおすすめです。

年収1000万円を稼げる仕事一覧

年収1,000万円を実現する方法

年収上げの方法

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収1,000万円以上を目指すなら、大企業であれば昇進・昇格を狙うのが1番現実的です。社内を確認して、年収1,000万円を目指せる環境なら、仕事で実績を出して昇進・昇格の努力をしましょう。

給与について曖昧なことが多い日本で、昇給を目指すなら、上司と目標の共有を行い、年収1,000万円を達成できる給与の約束をすべきです。

2.副業を行う

副業も手取りを増やせる手段です。クラウドワークスやランサーズなど仕事を得る手段も増えており、ネット社会の現在はECサイトに個人で出品も用意にでき、ブログなどで稼いでる方もいます。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもなりません。

自身の価値を上げるには、現在の仕事につながる仕事や、フリーランス、起業・転職につながる副業を選んで真面目に取り組む必要があります。

副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業やフリーランスとして働く方法も、手取りを増やすために考えられます。成功すれば大幅な収入アップも望めますが、その分リスクも大きいです。

特に起業の場合、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながらというのは非常に困難です。

起業・フリーランスを考えているのなら、まず副業としてビジネスを始めて、見通しがついてから独立する選択肢を検討しましょう。

フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資で収入を増やす方法もあります。ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクがあり、大幅に収入が増えるものでもありませんが、手間を掛けずに収入を増やせる可能性が高いので、余裕資産は投資に回しておくのをすすめます。

5.転職する

転職は手早く、堅実に手取りを増やす方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、大きく給与体系が異なります。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、見込みがなければ給料が高い企業への転職は、最も現実的な選択肢です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを活用しましょう。

経験を活かしたキャリアチェンジを推奨

年収アップ業界・職種

出典:doda

年収アップのために転職するのであれば、現在の経験やスキルを活かすべきです。dodaの調べでも、転職で年収アップに成功した人で、最も多かったのは異業界・同職種の転職者でした。

例えば、営業経験が長くあるなら、別業界、例えば平均年収の高いIT業界で営業職を勤めるだけで年収が上がりやすいです。同じように管理職の経験があれば、成長産業に転職することで年収を上げやすいです。

同じ仕事でも、業界や企業規模が変わるだけで、大きく年収が変わりますリクルートダイレクトスカウトなら自身のスキルや経験から市場価値がわかるので、登録しておきましょう。

年収1,000万円におすすめの節約・節税方法とは?

節約術|固定費を見直し無駄を削減

  • 電気・ガスなどの光熱費
  • 通信費
  • 車のローン代
  • 保険料
  • サブスクリプションなどの月会費

毎月コンスタントに支出される固定費ですが、面倒だからと見て見ぬふりをされる方も多いでしょう。しかし、意外と無駄な出費が多い項目でもあるので、ぜひこの機会に固定費の見直しをおすすめします。

見直しする際の判断基準は「本当に必要なものかどうか」です。電気やガスなどのインフラ系はもちろん必要な出費ですが「電気とガスの自由化」によって、好みの会社を選択できるようになりました。

その他にも、動画配信サービスやスマホアプリなどのサブスクリプション、都市部なら車の必要性なども見直しをし、必要のない場合は解約をしていきましょう。

節税対策|ふるさと納税を活用する

ふるさと納税も節税対策におすすめです。ふるさと納税とは好きな自治体に寄付をすることで、所得税の還付や返礼品がもらえる制度です。支払額から、実質自己負担額2,000円を差し引いた納税額が控除されます。

コロナ禍の影響もあり、ここ最近の利用者数が一気に増え、ふるさと納税のポータルサイトの種類も増えてきました。また年々自治体の返礼品のクオリティもアップしているので、ぜひ利用して節税対策をしていきましょう。

また、ふるさと納税の上限額は年収によって定められており、家族構成によっても異なります。詳しくは各ポータルサイトでご確認ください。

節税対策|資産運用をはじめる

節税対策として、iDeCoやつみたてNISAなどの資産運用がおすすめです。iDeCoは、任意で加入する積立式の個人年金のことで、自分で拠出した掛金を自ら運用をし資産形成をしていくスタイルの資産運用です。

掛金のすべてが全額所得控除されるため、毎年の所得税や住民税の減税が可能です。その他にも、分配金などの運用利益も非課税なことや受け取り時の手数料も一定額までかからないといったメリットがあります。

つみたてNISAは、長期積立や分散投資を推奨・支援するための非課税制度です。年間40万円まで投資が可能で、最長20年もの間、利益に税金がかかりません。

関連記事

年収1,000万を稼げる企業

企業名 年収 売上高 平均勤続年数 平均年齢 従業員
三井商事 1,678万円 12.8兆円 18.4年 42.7歳 5,725人
伊藤忠商事 1,627万円 10.3兆円 17.9年 41.6歳 4,215人
三井物産 1,482万円 8兆円 18.3年 42.1歳 5,587人
住友商事 1,356万円 4.6兆円 18.1年 42.7歳 5,240人
東京海上日動火災保険 1,292万円 5.4兆円 18.1年 43.7歳 811人
三菱地所 1,267万円 1.2兆円 15年 41.3歳 953人
三井不動産 1,273万円 2兆円 11年 40.8歳 1,776人
野村総合研究所 1,225万円 5,503億円 14.7年 40.5歳 6,507人
第一三共 1,116万円 9,625億円 19.6年 44.4歳 5,703人
丸紅 1,192万円 6.3兆円 17.5年 42.2歳 4,389人
東京エレクトロン 1,179万円 1.3兆円 17.6年 44.3歳 1,670人
MS&ADインシュアランスグループ 1,074万円 4.8兆円 22.9年 47.8歳 423人
中外製薬 1,100万円 7,869億円 16.9年 43.3歳 4,876人
アステラス製薬 1,051万円 1.2兆円 17.1年 43歳 4,647人
東急不動産 1,071万円 9,077億円 15.7年 42.5歳 74人
双日 1,095万円 1.6兆円 15.4年 41.5歳 2,551人
ファナック 1,098万円 5,512億円 14.2年 40.2歳 4,105人
三菱ケミカル 1,011万円 3.2兆円 17.6年 45.6歳 201人
野村不動産 1,011万円 5,806億円 15.4年 43.1歳 261人
ソフトバンクグループ 1,405万円 5.6兆円 8.9年 40歳 241人

商社・不動産・製薬系の企業が多い

平均年収が1,000万円を超えている企業は、取引額の大きい商社・不動産・製薬系といった業種に多いです。高度なスキルや専門性が求められる業種のため、成果を挙げられる人材が限られる分、給与が高くなっています。

年収1,000万を目指せる転職エージェント3選

転職エージェント 公式 おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数 総合評価 ヒアリング力 提案力 親切・親身 サポート 対応エリア 特徴 評判・口コミ 運営会社
リクルート
ダイレクトスカウト
公式 30代~40代 229,775件 非公開 3.6
★★★★☆
3.5
★★★★☆
3.8
★★★★☆
3.4
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
国内16拠点 ハイクラス向けの転職エージェント 詳細を見る リクルート
ビズリーチ 公式 30代~40代 75,966件 非公開 3.5
★★★★☆
3.3
★★★☆☆
3.6
★★★★☆
3.3
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
全国8拠点 年収1,000万円超の求人多数 詳細を見る ビズリーチ
JACリクルートメント 公式 30代~50代 11,562件 17,343件 3.2
★★★☆☆
3.6
★★★★☆
3.6
★★★★☆
3.5
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
国内9拠点 キャリアアップや年収アップにおすすめ 詳細を見る ジェイエイシーリクルートメント
▼ランキング評価基準詳細(タップで開閉)
ランキング評価基準詳細
  • ・ヒアリング力
  • ・提案力
  • ・親切親身
  • ・サポート
  • ・求人数

ハイクラス転職におすすめの転職エージェントについて、上記5項目にその他ハイクラス転職への対応力や、口コミなどを加え総合評価を算出しています。

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス向けの転職エージェント

リクルートダイレクトスカウト イメージ

(出典:リクルートダイレクトスカウト)

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収800万円を超えるハイクラス求人多数
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

229,775件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

なし

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人が豊富
リクルートダイレクトスカウトは、質の高いハイクラス求人が豊富です。年収800万円を超える管理職・専門職の求人から、年収2,000万円以上のCEO求人など多数掲載されています。

誰もが知る大手企業や、非公開の優良求人に応募できるのが、リクルートダイレクトスカウトの強みです。

登録後はスカウトを待つだけでOK
リクルートダイレクトスカウトは、登録したらスカウトを待つだけでOKです。スキルや経歴をまとめた匿名レジュメを見て、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受ける仕組みです。

ヘッドハンターは3,000名以上在籍しており、自分に合った仕事を代わりに探してくれます。担当するヘッドハンターは、自分で指名して依頼することも可能です。

顧問として働くチャンスがある
リクルートダイレクトスカウトでは、知識や経験を活かして企業を支援する「顧問求人」のスカウトサービスを開始しています。近年、多くの企業で「顧問」人材が求められています。

顧問求人を受けることで、これまで培ったスキルや経験を他企業で活かすことができ、副収入を得られるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

転職サポートが無い
リクルートダイレクトスカウトは、一般的な転職エージェントにある転職サポートがありません。書類準備や面接対策などが受けられないので、自分で準備する必要があります。

転職経験が浅く、書類や面接対策に不安がある方は、転職サポートが充実している転職エージェントも併用しましょう。無難におすすめなのは「リクルートエージェント」と「dodaエージェント」です。

すぐに転職したい人は不向き
リクルートダイレクトスカウトは、すぐに転職したい人には不向きです。ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つ仕組みなので、自分のペースで動きにくいのがデメリットです。

また、ハイクラス求人が多いこともあり、年収が低い人やスキル・経験が浅い人はスカウトがなかなか来ない可能性もあります。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性アイコン
飯田おじさんさん|30代前半|男性|その他|2021.06.06
良い点
|魅力的な求人は多いと感じました。
WEB上で閲覧している限りは興味を持てるような案件は多かったと思います。ここなら力になれるかもしれない、というところからここは少し背伸び気味だな、という幅のある中で見る事が出来るのは良い点だと思います。
悪い点
|担当者からの返信がほとんどない
私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのかアドバイザーに直接連絡をしてもほとんど返信がありませんでした。稀にあったとしても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末。 当然、転職をすれば今よりも条件が下がるかもしれないという事は理解していますしそうだとしてもプロの話を聞きたいと思っている側としては寂しい対応だなと感じました。
女性アイコン
かなさん|40代前半|女性|流通|2021.08.01
良い点
|質の良い求人がたくさんあります。
私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトがたくさん来ました。またコンサルタントが面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、登録してよかったと思っています。
悪い点
|コンサルタントは当たり外れがあるかも。
よいコンサルタントは勿論いるのですが、私が当たったコンサルタントは約束の時間に連絡をしても繋がらず、約束の時間から1時間遅れてやっと返信の連絡がありました。多少の遅れならともかく一時間はあり得ないと思いました。コンサルタントはたくさんいるので当たり外れがあると思います。

リクルートダイレクトスカウト公式サイト

関連記事
リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

75,966件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収1,000万円以上を狙える
ビズリーチは、年収1,000万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が800万円以下でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される
ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1
コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査によると、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き
ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある
ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
TATさん|30代前半|男性|営業|2021.11.16
良い点
|企業側とダイレクトに繋がれるメリット
企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。また、仲介業者を挟むことがないので、双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。
悪い点
|企業案件ではなくエージェントからのメールが多い
企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。
男性アイコン
usagitukimiさん|40代前半|男性|経営者・役員|2021.10.14
良い点
|自分に合った仕事を紹介して貰えました
年収UPが目的でこのサイトを利用しました。提案される求人は全て待遇の良い物ばかりです。 求人の数も多く私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えました。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。
悪い点
|求められるスキルや経験が高すぎるものもあります
求人の内容を見ると私にはそぐわない高度な技術やスキルが求められる職もありました。 もう少し選別してスカウトしてくれれば良かったです。また、中には適切な説明が受けられない求人もありました。有料会員になっていたのでこの点だけは残念です。

ビズリーチ公式サイト

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

JACリクルートメント

キャリアアップや年収アップにおすすめ

JACリクルートメント イメージ

(出典:JACリクルートメント)

JACリクルートメントのポイント

  • ハイクラス人材の転職に特化
  • 外資系・海外企業の求人も多数
  • キャリアアップしたい人におすすめ
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価4

約12,000件

非公開求人数

評価4

約17,000件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
東京/埼玉/神奈川/愛知/静岡/大阪/京都/兵庫/広島

JACリクルートメントのメリット

ハイクラス求人が多数
JACリクルートメントが取り扱う求人は、コンサルを始め、外資系や管理職など待遇が良くハイクラスな求人が多数あります。

求人の8割が年収800万円で、年収アップを狙った転職が可能です。キャリアに自信のある40代の方は、ぜひ登録すべき転職サイトです。

人に勧めたいと答えた転職者が94.7%
JACリクルートメントを実際に利用した転職者の中で、94.7%の方が知人や友人にJACを勧めたいと回答しました。

利用者の満足度も高く、ハイキャリアを目指すなら利用必須と言って良いサービスです。

JACリクルートメントだけの限定求人
JACリクルートメントでは独占求人を多く抱えています。

豊富な経験を持つ人材を採用する場合は、企業もエージェントやヘッドハンターを活用することが多くなるため、役職が上がるほど、求人がサイト上に公開されなくなります。

JACリクルートメントの求人のうち60%は非公開求人なので、他では紹介してもらえない求人を多数紹介してもらえる可能性があります

JACリクルートメントのデメリット

年収600万円以下の転職には向かない
JACリクルートメントは、年収600万円以下の転職には向きません。
今のキャリアを活かして転職をする方向けの転職エージェントのため、年収600万円以下の場合、紹介できる求人が少ないためです。
転職の意思が弱い人には向かない
JACリクルートメントで扱う求人はハイクラス求人がほとんどなので、転職に熱心に取り組まない人には向きません。

「何事にも熱心に取り組めない人」とみなされ、すぐに見切りをつけられてしまう可能性があるからです。

そのため、JACリクルートメントを利用して転職をする場合は「年収アップをしたい」「キャリアアップをしたい」という明確な目標と、転職への熱心な気持ちが重要です。

JACリクルートメントの評判と口コミ

男性アイコン
ももともさん|40代前半|男性|IT関連|2021.06.05
良い点
|キャリアアドバイザーの質が高い
製造業のITエンジニア求人を探していたのですが、キャリアアドバイザーの質が高いので面談での説明が分かりやすく安心しました。また、求人ごとに専門の担当者が付き基本的にはその方とのやり取りになりますので、その求人への質問をしてもレスポンスが早かったです。
悪い点
|アフターフォローがイマイチ
大手のエージェントサービスと比較して求人数は少ないかと思います。どちらかというと大手エージェントサービスと併用する方が良いと思います。また、書類選考に通過しなかった際、そのあとの担当者のフォローがほとんどなく若干冷たく感じました。
女性アイコン
名無しさん|40代前半|女性|事務員|2021.05.19
良い点
|事前に電話で自分の希望を伝えておくとスムーズ
登録のための連絡を入れた時点で、これまでの経験や希望などをおおまかに伝えておいてから訪問しました。一連の流れに沿って登録・面談を行い、その場ですぐに電話で伝えた希望と面談時に付け加えた詳細から数社候補を挙げてもらえました。社内の人間関係など、事務として一日社内で過ごす身にとってとてもありがたい情報まで伝えてくれました。
その事前の情報のおかげで快適に仕事ができています。
悪い点
|担当者の力量によるところが大きい
元々の担当者以外の人から別企業の案内の連絡がありました。ですが、不得意としている分野もただ紹介してくるし、やんわり断っても、何とかなりますよ、というとても他人事なコメントしかしない人と話したことがあります。結局最初から不安材料しかなかったので、その人と面談することも、その人が紹介した企業に訪問することもありませんでした。

JACリクルートメント公式サイト

関連記事
JACリクルートメントの口コミ・評判

 

まとめ

年収1,000万円を稼ぐ人の割合は5%未満と少なく、目指すのもそう簡単なことではありませんが、経験やスキルを十分に活かせる仕事に転職をすることでその可能性は大きく広がります。

転職活動をスタートする際は、リクルートダイレクトスカウトなどの転職サービスの複数利用がおすすめです。複数サービスを利用することで、優良求人に出会える可能性が上がります。

他に併用では、優良企業からの直接オファーがあるビズリーチJACリクルートメントをおすすめです。自身にあったサービスを上手く活用して、年収1,000万円を目指してください。

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収300万 年収350万 年収400万 年収450万
年収500万 年収550万 年収600万 年収650万
年収700万 年収750万 年収800万 年収850万
年収900万 年収1,000万 年収1,200万 年収1,500万
年収2,000万 年収3,000万
手取り別の関連記事(10万円台)
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万
手取り別の関連記事(20万円台)
手取り20万 手取り21万 手取り22万 手取り23万
手取り24万 手取り25万 手取り26万 手取り27万
手取り28万 手取り29万
手取り別の関連記事(30万円~)
手取り30万 手取り31万 手取り33万 手取り35万
手取り40万 手取り45万 手取り50万 手取り60万
月収別の関連記事
月収17万 月収18万 月収19万 月収20万
月収21万 月収22万 月収23万 月収30万
月収35万
このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収800万円を超える求人が豊富
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス