年収500万はすごい?勝ち組?手取りや生活レベル・割合を解説

年収500万円の生活レベルは?

「年収500万の手取りや生活レベルを知りたい」

「年収500万は勝ち組?すごいほうなの?」

年収500万は、日本の平均年収433万(令和2年|国税庁調べ)と比べると多い年収だ。年収500万を目標にする人や、既にもらっていて自分が勝ち組と言えるのか知りたい人もいるだろう。

そこで、この記事では年収500万の手取り額や生活レベルを紹介する。年収500万が実際にはどのような暮らしになるのか、具体的な生活費とその金額を知っておこう。

家族構成の違いなど4パターンを取り上げ、平均的な生活費の内訳を紹介する。節約・節税策や年収500万を目指せる職種なども紹介しているので参考にしてほしい

編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス

高収入が狙える転職サービス3選

リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト

  • 【ハイクラス向け転職サービス】
  • ・年収800万円超の求人多数
  • ・転職決定年収が平均900万円以上
  • ・ヘッドハンターが3,000名以上在籍
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016doda公式サイト
  • 【転職者満足度No.1】
  • ・リクルートに次ぐ10万件の求人数
  • ・転職未経験も安心の手厚いサポート
  • ・無料で使える

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

年収500万円の手取り金額は?

ボーナス無しなら月の手取りは約33万円

額面年収 手取り年収 額面月収 手取り月収
約500万円 約400万円 約42万円 約33万円

年収500万円は手取り年収約400万円になる、月約33万円の手取りがもらえれば達成できる金額だ。

額面の年収と手取りの年収は違う。税金や社会保険料などが額面収入から引かれて残るのが自分の収入(手取り)だ。手取りは額面収入のおよそ8割だと覚えておくと良いだろう。

税金は、所得税と住民税。社会保険料は健康保険、年金と雇用保険の保険料だ。税金と社会保険料は年収や扶養家族数によってその支払額が決まるため、一人ひとりの状況によって支払額は大きく異なる。

▼手取り額の計算方法(タップで開閉)

総支給額-控除額=手取り額

手取り33万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 416,100円 健康保険 21,648円
住宅手当 10,000円 厚生年金 40,260円
雇用保険 1,278円
所得税 11,975円
住民税 20,933円
総支給額 426,100円 控除額合計 96,095円
月の手取り額
330,005円

手取り金額は、総支給額(額面)-控除額=で計算できる。総支給額とは基本給に各種手当を足したもの、控除額は主に住民税と所得税、社会保険料を指す。

給与明細を見れば分かるが、ざっくり計算したい場合は、総支給額の8割が手取りになる。

総支給額の内訳

手取り33万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 416,100円 健康保険 21,648円
住宅手当 10,000円 厚生年金 40,260円
雇用保険 1,278円
所得税 11,975円
住民税 20,933円
総支給額 426,100円 控除額合計 96,095円
月の手取り額
330,005円

総支給額は、基本給に各種手当(住宅手当や交通費など)や、残業代を足したものだ。

例えば残業代は、所定の労働時間外で働いた時間に対して支払われる。しかし、会社によっては「みなし残業」があり「規定時間は毎月超過する前提で、基本給に規定間分の給与を組み込んでいる」こともある。

みなし残業制度を採用している場合は、みなし残業時間を超えた時間から残業代が追加発生するので、覚えておこう。ただし、ブラック企業の場合、残業代が支払われないケースもあるので注意が必要だ。

控除額の内訳

手取り33万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 416,100円 健康保険 21,648円
住宅手当 10,000円 厚生年金 40,260円
雇用保険 1,278円
所得税 11,975円
住民税 20,933円
総支給額 426,100円 控除額合計 96,095円
月の手取り額
330,005円

控除額には、健康保険や厚生年金などが含まれる。控除額に含まれている所得税と住民税は、年収が上がれば税率が上がる仕組みなので、所得が高い人ほど控除額は高くなっていく

参考:月収と年収の手取り計算|給与シミュレーション

ボーナスありなら月の手取り約25万円

ボーナスの有無 賞与あり 賞与無し
額面年収 約500万 約500万
手取り年収 約400万 約400万
額面月収 約31万 約42万
手取り月収 約25万 約33万
賞与額 約100万 0

ボーナス(賞与)がある場合、月の手取りが大きく変わってくる。一般的にボーナスがある場合は、2ヶ月~4ヶ月分の月収額が年に2回に分けられて支給されることが多い

2ヶ月分のボーナスが年2回出る場合、月の手取りが25万円あれば年収500万円になる計算だ。

年収500万円の人の割合は?男性・女性別

年収500万円は全体の約10%

年収 全体 男性 女性
100万円以下 8.4% 3.6% 15.2%
200万円以下 13.8% 7.0% 23.4%
300万円以下 15.5% 11.5% 21.3%
400万円以下 17.4% 17.5% 17.3%
500万円以下 14.6% 17.3% 10.7%
600万円以下 10.2% 13.4% 5.7%
700万円以下 6.5% 9.2% 2.6%
800万円以下 4.4% 6.5% 1.5%
900万円以下 2.8% 4.1% 0.8%
1,000万円以下 1.8% 2.8% 0.4%
1,500万円以下 3.4% 5.2% 0.7%
2,000万円以下 0.7% 1.1% 0.2%
2,500万円以下 0.2% 0.4% 0.1%
2,500万円以上 0.3% 0.4% 0.1%

出典:民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁

国税庁の調査によると、年収500万円~600万円の人の割合は全体の10.2%だ。男性の場合は13.4%、女性は5.7%となっている。

年収500万円以上の男性の割合は43.1%

男性の場合は43.1%が年収500万円以上をもらっている。約半数は年収300万円~600万円の間で、ボリュームが最も多かった。

「結婚相手に年収500万は夢見すぎ」などとも言われているが、実際は男性の約半数が年収500万を稼いでおり、夢見すぎというほどではないことが分かる。

年収500万円以上の女性の割合は12.1%

女性の場合は年収500万円以上の割合は12.1%だ。女性で年収500万円を稼いでいるなら、上位に入る年収という事になる。

年収500万円は、男性で見ると勝ち組とまでは言えないだろうが、女性なら十分勝ち組と言える年収だ。

年齢別の平均年収

年齢 男性 女性
19歳以下 146万円 115万円
24歳以下 277万円 242万円
29歳以下 393万円 319万円
34歳以下 458万円 309万円
39歳以下 518万円 311万円
44歳以下 571万円 317万円
49歳以下 621万円 321万円
54歳以下 656万円 319万円
59歳以下 668万円 311万円

出典:民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁

年齢別の平均年収で見ると、男性は35歳を超えると平均年収500万円を超える。35歳より前に年収500万円に到達していれば、平均より高い年収をもらっていることになる。

女性の場合は各年齢を通して平均年収が500万円を超えることが無いため、女性で年収500万円をもらっていれば平均よりかなり多く稼いでいると言える。

年収を上げるなら転職がおすすめだ。まずはビズリーチに登録して自身の市場価値を調べてみましょう。高年収の求人が多く、優良企業からのオファーも受けられる。

年収500万円の生活レベル

年収500万の生活レベルは、子供がいると多少苦しいだろう。家族構成を3パターンに分類し解説する。現状と比較したり、将来の参考にして欲しい

基本的に平均的な金額を記載しているため、贅沢可能・プチ贅沢なら可能・贅沢をする余裕はないなどの付加条件については、個別に加算してほしい。

年収が500万円の場合、手取りを400万円と仮定し、12ヶ月の給与でボーナスなしの手取り額33万円で計算している。

独身×一人暮らしの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 33万円
家賃 10万円
水道光熱費 1万円
食費 4.5万円
通信費 1万円
交際費 4万円
貯金 12.5万円

独身でも一人暮らしの場合には全ての費用を自分の収入でまかなう必要がある。家賃や水道光熱費、通信費などの固定費をどのあたりに設定するかがポイントだ。

特に家賃は金額が大きいため、物件は慎重に選ぶことをおすすめする。一般的に家賃の上限額は、手取り額の約1/3といわれている。

配偶者あり×子ども無しの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 33万円
家賃 12万円
水道光熱費 2万円
食費 7.5万円
通信費 2万円
交際費 4万円
貯金 5.5万円

結婚をしていても子どもがいない場合、独身時代に比べて支出額で大きく変わってくるのは家賃だ。一人暮らしの物件では手狭なので、二人または将来的に子どもを設けることも見据えて広い物件を選ぶというケースが該当する

水道光熱費や食費も二人分になるとかさむかもしれないが、浪費家だった場合は配偶者のおかげで節約できる可能性もある。

また、年間のボーナスが100万円で年収500万円の場合は、手取りが25万円になる。その場合は月の手取りでは貯金は難しく、節約が必要になるので注意してほしい。

配偶者あり×子どもありの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 33万円
家賃 12万円
水道光熱費 3万円
食費 8万円
通信費 2万円
交際費 2万円
保険代 2万円
養育費 2万円
貯金 2万円

子どもがいると食費が増加する。子どもの習い事代は教育費。万が一に備えて生命保険に加入するのは子どもが生まれてからというケースが多い。

夫婦のみと比較すると支出項目や支出額が増えるため、貯金に回すお金が少ないというのもあるあるのひとつだ。また、ボーナス込みで年収500万円の場合は、手取り額が下がるので貯金が難しくなるだろう。

年収を上げて余裕ある暮らしをしたいなら、転職も考えよう。年収500万円以上のレベルならハイクラス求人が豊富なビズリーチがおすすめだ。

年収500万の家賃相場は10万円

手取り金額の33%が相場

年収500万円(=手取り33万円)の収入がある場合、10万円前後の家賃が相場だ。一般的に手取り金額の3分の1程度が家賃目安と言われている。手取り月収の1/3を超えると食費を削ったり、貯金がしにくくなったりするだろう。

年収で考えるなら20%から25%が家賃相場

手取り金額から家賃相場を計算するのが面倒な場合は、年収の25%を目安に家を借りよう。例えば年収500万円であれば、25%である125万円を12ヶ月で割った数である10万円が家賃目安だ。

家賃は、条件によって変わってくるが、管理費込み10万の場合、東京であれば1R~1Kが平均的と言える。もし、1K以上に住みたい場合は、郊外、もしくは駅から遠いなど多少の妥協は必要になってくる。

年収500万の気になるQA

貯金はできる?

年収500万円なら貯金は十分可能だ。独身なら月に10万円は貯金に回せるだろう。結婚したとしても2人なら無理をしなくても貯金に回せる余裕はある。

子どもが生まれると、節約をしないと貯金に回すのは厳しくなる。急な出費も増えるため、共働きのうちにできるだけ貯金をしておくことをおすすめする。

結婚相手に年収500万求めるのは夢見すぎ?

年収500万は男性の平均的な年収であり、決して夢見すぎではなく、結婚は可能だ。そもそも結婚すること自体は年収に関わらず可能である。結婚に際して重要なのは、二人がどのような結婚生活を描いているかだろう。

お金があるかどうかで生活の自由度が変わることが現実だ。共働きすることで収入を増やすことや、年収と支出のバランスを整えることが重要と言える。

出産・子育てはできる?

出産・子育てのポイント

  • 一時的に40万~100万円は費用がかかる
  • 補助金を利用することが大事
  • 勤め先があった場合、育休金は必ず申請

年収500万円で出産・子育ては可能だ。自由なお金は多くないが、最近では年収300万円時代といわれているので、金額でみたら子育ては十分可能だろう

しかし、妊娠から出産にかけて40万円ほどは一時的に費用がかかる。補助金を活用し経済的支援を受けることが重要なポイントだ。

出産育児一時金は、病院などで案内され子供一人につき一律で42万円もらえる。他にも、ちゃんとした会社に妻が努めていた場合、育児休業給付金として月給の約50%~66%を1年間受け取ることもできるので、活用しよう。

項目 参考にすべき国の施策
出産一時金 厚生労働省
出産一時金の支給額・支払方法
出産育児一時金 全国保険協会
産まれたときの出産育児一時金
育児休業給付金 厚生労働省
育児休業給付に関するQA
経済支援条件表 厚生労働省
産前産後、育児休業中の経済

マイホームは可能?住宅ローンは組める?

年収500万円で家を買うことは十分可能だ。頭金をいくら入れるか、ローンの返済期間をどう考えるかにもよるが、3,400万円以内のマイホームを持つことが現実的だろう。

マイホームと賃貸には毎月の支払いのほかにかかる費用に違いがあることも押さえておこう。

マイホームの場合には、何か修繕が必要になった場合にはその都度実費が必要なことに加えて、業者も自分で手配する。

住宅ローンは3,400万前後が妥当

年収500万円で賃貸を借りる場合、家賃相場は10万円だ。住宅ローンの返済額を同じく10万円、返済期間を35年で計算した場合、金利1%だと借入可能額は約3,400万円になる。

住む場所にもよるが、一軒家を持ちたいのであれば、郊外のほうが良いだろう。マイホームを検討している場合、以下のシミュレーションツールを使い、返済金額などを確認しておくといい。

参考:フラット35 年収から借入可能金額を計算
参考:月々の支払い可能額から借入可能額を計算

年収500万円におすすめの節税・節約術

おすすめ節約方法

  • ふるさと納税を活用
  • 出費や予算の管理
  • 食費を節約
  • ポイントやクーポンなどを活用
  • 通信費の見直し
  • 電気・ガスの見直し
  • 保険の見直し

ふるさと納税を活用

ふるさと納税とは、現住所ではないほかの自治体に寄付をすることで、税金の優遇が受けられる制度のことだ。

実質上の納税にあたることから納税と呼ばれている。軽減(=控除)されるのは所得税と住民税だ。納税先の自治体からお礼品が届くというメリットもある

ふるさと納税には納税の上限額があり、その上限は年収によって決まっている。年収500万なら約11万円だ。この記事で取り上げている家族構成の場合、控除額がどうなるか見てみよう。

ふるさと納税・控除額例

  • 独身×実家暮らし(一人暮らしを含む)
    納税上限額11万円 控除額6万円
  • 妻帯×子無しの場合
    納税上限額11万円 控除額47,000円
  • 妻帯×子ありの場合
    納税上限額11万円 控除額6万円

出費や予算の管理

節約を進めるには、まず支出を把握しよう。お金がいくら入ってきて、いくら出て行っているのかを管理することで、ムダな出費に気づくことができる。

家計簿を使って1つ1つ記載するほか、最近ではクレジットカードや口座と連携した家計簿アプリなども多く、手軽に予算管理が可能だ

食費を節約

食費は節約しやすい項目だ。普段特に意識していないのであれば、ペットボトルの飲み物を買わずに、水筒を持ち歩くようにするだけでも1日300円、月9,000円節約できる

また、安い時にまとめ買いをして作り置きをする、外食を控えるなど、節約を意識すれば2~3万円節約することも可能だろう。

ポイントやクーポンなどを活用

最近ではキャッシュレスの開始とともに、さまざまな店でポイントを貯めたり使うことができるようになっている。

楽天ポイントやTポイントなど、普段利用しているサービスがあれば対象のお店を頻繁に使うことで、ポイントも貯められポイントで買い物も可能だ

通信費の見直し

自宅のインターネット回線やスマホの通信費を見直すことで、毎月の固定費を抑えられる

最近では、スマホとのセット割が可能なインターネット回線が多く登場しているほか、格安SIMなどスマホ料金が大手キャリアの半分以下で利用できるので、一度見直しをしてみよう。

電気・ガスの見直し

現在、ガスや電気はさまざまな事業者で取り扱えるよう自由化が進み、消費者が好きに事業者を選べるようになったので、使っている事業者のプラン見直しで節約が可能だ

ガスと電気の両方を申し込むことで割引きになったり、インターネットやスマホとのセット割引が可能なものなど、種類はさまざまあるので検討してみよう。

保険の見直し

生命保険や医療保険など、毎月固定で支払っている費用も、定期的に見直しを図ることで家計の節約に繋げられる。

保険のプランも年々新しくなっているほか、自身のライフステージも日々変わってくる。定期的にプランの見直しをすることで、前よりも安いプランに切り替わることがある

節約しても余裕が無ければ転職も検討する

もし、節約をしても余裕がないなら、転職も考えよう。収入を上げるためには転職が一番の近道だ。

まずはビズリーチに登録しよう。扱っているのは年収500万円以上の求人がほとんどで、年収500万円以下でも登録は可能だ。

関連記事
ビズリーチの評判・口コミ

年収を増やす方法

収入を手取り25万円以上に増やす方法1

  1. 昇進昇格で昇給する
  2. 副業を行う
  3. 独立・起業する
  4. 投資する
  5. 給料が高い会社に転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収500万円を目指すなら、昇進昇格で給与を上げるのが一番現実的だ。ただし、役職手当などの給与が上がる職場環境で働いていることが前提となる。

昇給の条件などは会社によって異なるので、上司に確認しておくことをおすすめする。資格取得で手当てをもらえる職種もあるため、その場合は積極的に資格を取得していきたい。

しかし、それでも昇進昇格が望めなかったり、昇給したとしても年収500万円に届かないようであれば転職することをおすすめする。年収アップの実績豊富なビズリーチなどの転職エージェントを利用してみよう。

2.副業を行う

副業を行うのも収入アップの1つの手だ。フリーランス向けのサイトなどで、副業を行いやすい社会になってはいるが、副業が許されている会社であることと、副業できる時間が確保できることが必須になってくる。

副業にも種類があるので、体に負担がかからないかつ、収入が高い副業をみつけよう。しかし、副業ができる前提の話なので、副業が許されていない、時間が確保できない場合は、昇進昇格を目指すのが良いだろう。

副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

独立起業することで、利益を年収に反映させることも選択肢の1つだ。自分で会社をつくれば、会社では他の従業員の給与など様々なコストによって利益が減るが、利益を上げやすいのは確実だ。

しかし、起業したからといって、必ず成功するとは限らない。起業してから5年たって会社が生き残る確率は10~15%、10年後までに存続できる起業は5%前後と言われているため大きなリスクがある。

そのため、起業やフリーランスとして働くなら、今までの知識やスキルを使える業種業界にしよう。

フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資を活用した資産形成で、年間の収入を増やすことも考えられる。最近ではロボアドバイザーのように半自動で資産形成してくれるアプリもあるので、初心者の方でも簡単に投資をすることができる

また、つみたてNISAやiDeCoのように、少額でローリスク・ローリターンな資産形成をしていくことも可能だ。

とはいえ、投資に絶対はない、もともとの掛け金から減ってしまうこともあり得るが、資産形成を収入アップのために覚えることはおすすめだ。

5.給料が高い会社に転職する

収入アップの為には、転職が最も有効な手段だ。もちろん現職で給与が上がる見込みがあれば、転職するリスクをとらない方が懸命かもしれないが、大幅に給与が上がる可能性は低いだろう。

今までの経験やスキルを活かせる転職をすれば、収入アップが期待できる。ただし、未経験への転職は収入を下げる可能性が高いので注意が必要だ。

まずはビズリーチに登録し、自分が市場でどれぐらいの価値があるのかを確認してから、転職するのをおすすめする。市場価値を知ってからの方が効率的に転職活動を進められ、年収アップのチャンスが増える。

年収500万円を目指せるおすすめの仕事・職業

①コンサルティング

20〜30代で500万円以上の年収を得ていくためには、コンサルティング業に就いていくことをおすすめする。コンサルティングは20代でも年収500万円以上を十分狙える業種だ。

ただし、コンサルティング業界は選考方法が独特で、未経験の場合は転職エージェントの利用が必須だ。異業種からコンサルに挑戦するなら、丁寧なサポートで定評のあるアクシスコンサルティングをおすすめする。

②ITエンジニア

IT業界では、人手不足が長い間続いているので、未経験でも内定を得られる可能性は十分ある。経験を積めば実力によって年収が上がりやすい業界なので、転職を考えるなら早めにした方が良いだろう。

業界の年齢ごとの年収では、20代が約360万円程度だが、30代が約490万円、40代では約590万円となっている。実力があればキャリアアップの転職がしやすいのでおすすめの職種だ。

ITエンジニアの転職は、専門性が高い転職エージェントのレバテックキャリアマイナビITエージェントを利用しよう。

③不動産営業

営業に自信のある方は、不動産営業に挑戦してみるのもいいだろう。基本給はそこまで高くないが、インセンティブによって給与が増えるのが特徴だ。

営業マンとしての能力があれば、年収1,000万円以上を狙える場合もある。ただ、インセンティブの額などは会社毎に差があるので、転職前に確認しておこう

不動産営業への転職を考えるならビズリーチリクルートダイレクトスカウトをおすすめする。営業経験があるなら様々な企業からのオファーが期待できる。

年収UPにおすすめの転職サイト・エージェント

転職で年収アップを目指すなら、転職サービスを使うことをおすすめする。手厚いサポートを受けながら転職活動を進められるのは、在職中の人にとっては非常に大きな利点だ。

転職サービスには転職サイトと転職エージェントがあるが、特に転職エージェントは年収交渉をしてくれるので、積極的に活用しよう

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス向けの転職エージェント

リクルートダイレクトスカウト イメージ

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収800万円を超えるハイクラス求人多数
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

182,422件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
なし

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人が豊富

リクルートダイレクトスカウトは、質の高いハイクラス求人が豊富です。年収800万円を超える管理職・専門職の求人から、年収2,000万円以上のCEO求人など多数掲載されています。

誰もが知る大手企業や、非公開の優良求人に応募できるのが、リクルートダイレクトスカウトの強みです。

登録後はスカウトを待つだけでOK

リクルートダイレクトスカウトは、登録したらスカウトを待つだけでOKです。スキルや経歴をまとめた匿名レジュメを見て、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受ける仕組みです。

ヘッドハンターは3,000名以上在籍しており、自分に合った仕事を代わりに探してくれます。担当するヘッドハンターは、自分で指名して依頼することも可能です。

顧問として働くチャンスがある

リクルートダイレクトスカウトでは、知識や経験を活かして企業を支援する「顧問求人」のスカウトサービスを開始しています。近年、多くの企業で「顧問」人材が求められています。

顧問求人を受けることで、これまで培ったスキルや経験を他企業で活かすことができ、副収入を得られるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

転職サポートが無い

リクルートダイレクトスカウトは、一般的な転職エージェントにある転職サポートがありません。書類準備や面接対策などが受けられないので、自分で準備する必要があります。

転職経験が浅く、書類や面接対策に不安がある方は、転職サポートが充実している転職エージェントも併用しましょう。無難におすすめなのは「リクルートエージェント」と「dodaエージェント」です。

すぐに転職したい人は不向き

リクルートダイレクトスカウトは、すぐに転職したい人には不向きです。ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つ仕組みなので、自分のペースで動きにくいのがデメリットです。

また、ハイクラス求人が多いこともあり、年収が低い人やスキル・経験が浅い人はスカウトがなかなか来ない可能性もあります。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性アイコン
飯田おじさんさん|30代前半|男性|その他|2021.06.06
良い点
|魅力的な求人は多いと感じました。
WEB上で閲覧している限りは興味を持てるような案件は多かったと思います。ここなら力になれるかもしれない、というところからここは少し背伸び気味だな、という幅のある中で見る事が出来るのは良い点だと思います。
悪い点
|担当者からの返信がほとんどない
私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのかアドバイザーに直接連絡をしてもほとんど返信がありませんでした。稀にあったとしても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末。 当然、転職をすれば今よりも条件が下がるかもしれないという事は理解していますしそうだとしてもプロの話を聞きたいと思っている側としては寂しい対応だなと感じました。
女性アイコン
かなさん|40代前半|女性|流通|2021.08.01
良い点
|質の良い求人がたくさんあります。
私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトがたくさん来ました。またコンサルタントが面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、登録してよかったと思っています。
悪い点
|コンサルタントは当たり外れがあるかも。
よいコンサルタントは勿論いるのですが、私が当たったコンサルタントは約束の時間に連絡をしても繋がらず、約束の時間から1時間遅れてやっと返信の連絡がありました。多少の遅れならともかく一時間はあり得ないと思いました。コンサルタントはたくさんいるので当たり外れがあると思います。

リクルートダイレクトスカウト公式サイト

関連記事
リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

70,437件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
TATさん|30代前半|男性|営業|2021.11.16
良い点
|企業側とダイレクトに繋がれるメリット
企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。また、仲介業者を挟むことがないので、双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。
悪い点
|企業案件ではなくエージェントからのメールが多い
企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。
男性アイコン
usagitukimiさん|40代前半|男性|経営者・役員|2021.10.14
良い点
|自分に合った仕事を紹介して貰えました
年収UPが目的でこのサイトを利用しました。提案される求人は全て待遇の良い物ばかりです。 求人の数も多く私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えました。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。
悪い点
|求められるスキルや経験が高すぎるものもあります
求人の内容を見ると私にはそぐわない高度な技術やスキルが求められる職もありました。 もう少し選別してスカウトしてくれれば良かったです。また、中には適切な説明が受けられない求人もありました。有料会員になっていたのでこの点だけは残念です。

ビズリーチ公式サイト

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

163,163件

非公開求人数

評価4

239,473件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29
良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。
分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
ゆーさんさん|30代前半|女性|IT関連|2021.01.13
良い点
|求人数
初めての転職で利用したのがリクルートエージェントでした。
大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。
聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|専門性
IT関連の転職で利用したのですが、総合型のエージェントのため、IT業界専門のエージェントと比べるとフォローや実務業務についての内容は薄いように感じました。
ただ、こちらの要望(年収や職種など)はヒアリングしていただき、反映していただけたので全体的には満足しております。
女性アイコン
べにちゃんさん|20代後半|女性|製造業|2021.01.25
良い点
|学歴不問で誰でも登録できます
ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。
悪い点
|首都圏在住の大卒者以外だと使いにくい
地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

まとめ

年収500万円は、20代、30代の若手なら平均以上の年収だ。独身や2人暮らしなら余裕のある生活が送れるだろう。だが、将来的なことを考えると、収入アップの為の転職も視野に入れてほしい

年収UPを見据えて転職をするなら、まずはビズリーチに登録しよう。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできる。

また、業界ごとに専任のキャリアアドバイザーがいるマイナビエージェントもおすすめする。業界の情報を踏まえて、応募書類の添削や面接対策を丁寧にサポートしてくれる。

関連記事
ビズリーチの評判・口コミ

年収・手取り関連記事

年収別の関連記事
年収300万 年収350万 年収400万 年収450万
年収500万 年収600万 年収700万 年収800万
年収900万 年収1,000万 年収1,200万 年収1,500万
年収2,000万 年収3,000万
手取り別の関連記事(10万円台)
手取り13万 手取り14万 手取り15万 手取り16万
手取り17万 手取り18万 手取り19万
手取り別の関連記事(20万円台)
手取り20万 手取り21万 手取り22万 手取り23万
手取り24万 手取り25万 手取り26万 手取り27万
手取り28万 手取り29万
手取り別の関連記事(30万円~)
手取り30万 手取り31万 手取り33万 手取り35万
手取り40万 手取り45万 手取り50万 手取り60万
月収別の関連記事
月収30万

このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収800万円を超える求人が豊富
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス