年収500万円の手取りはいくら?実際の生活レベルや男性女性の割合などを解説

年収500万円の手取りは?

「年収500万円の手取りはいくら?」

「年収500万円の人の割合は?」

年収500万は、日本の平均年収443万(国税庁調べ)よりも高い年収です。しかし、勝ち組と言えるのか、稼ぐには夢見すぎな年収なのか、詳しく分からない人も多いですよね。

そこで、この記事では年収500万の手取り額や生活レベルを紹介します。年収500万円の男女別の割合や、税金・保険料の計算方法なども記載しているので、年収500万円を目指している人はぜひ参考にしてください。

年収UPにおすすめの転職サイト3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代~30代におすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・無期限の手厚い転職サポート
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

年収500万円の手取りは約386万円

年収500万円の手取りは約386万円

ボーナスなし ボーナスあり
年収 500万円
うちボーナス額 100万円
手取り年収 約386万円~ 約384万円~
手取り月収 約32.2万円~ 約25.9万円~

参考:税金・保険料シミュレーション|税金・社会保障教育

年収500万円は手取り年収に換算すると約386万円です。所得税や住民税、社会保険料などが給料から天引きされるため、500万円をすべてもらえるわけではありません。

ボーナスなしで年収500万円に達している場合だと1ヶ月あたりの手取りは約32.2万円です。

一方で、仮にボーナスが年収のなかに含まれている場合は、手取り額が変わります。例えば100万円のボーナスで年収500万円になる場合は、手取り年収が約384万円で、手取り月収は約25.9万円です。

ただ、手取り額は家族構成や年齢によっても変化します。上記の表の金額は、手取り額が最も少なくなる、40歳以上の独身者を想定して計算しています。あくまで参考程度にとどめてください。

▼手取り額の計算方法(タップで開閉)
年収500万円の給与明細の例
支給 控除
基本給 396,666円 健康保険 23,472円
住宅手当 20,000円 厚生年金 37,515円
雇用保険 2,083円
所得税 11,233円
住民税 20,191円
総支給額 416,666円 控除額合計 94,494円
月の手取り額
322,172円

参考:税金・保険料シミュレーション|税金・社会保障教育

手取り金額は、総支給額(額面)‐控除額=で計算できます。総支給額とは、基本給に各種手当を足したもので、控除額は主に所得税、社会保険料を指します。

給与明細を見れば正確な値は分かりますが、ざっくり計算したい場合は、総支給額の75%~85%が手取りです。

世帯ごとの手取り額

同じ年収500万円でも、世帯によって手取り額は変動します。所得税と住民税は、家族構成や扶養者の年齢、収入によって変わるので、家庭の状況を確認しましょう。

今回は、扶養者の年齢を20~40歳とし、配偶者の収入を103万円以下・子供の年齢を16歳・ボーナスを年100万円で計算しています。

子供が16歳未満の場合は、扶養控除はありません。子供手当ができたため、年少者は扶養対象から外れます。

※以下、表記がない場合は税金・保険料シミュレーションで計算

独身の場合は約388万円

控除 金額
所得税 136,600円
住民税 244,100円
厚生年金 464,820円
健康保険 249,174円
雇用保険 25,000円
控除額合計 1,119,694円
手取り額 3,880,306円

独身の手取り額は約388万円で、控除額の合計は約112万円です。配偶者控除や扶養控除は適用されないので、控除額が大きいです。

夫婦のみの場合は約395万円

控除 金額
所得税 98,600円
住民税 211,100円
厚生年金 464,820円
健康保険 249,174円
雇用保険 25,000円
控除額合計 1,048,694円
手取り額 3,951,306円

夫婦のみの場合、手取り額は約395万円で、控除額は約104万円です。配偶者控除が受けられるため、独身よりも手取りが増えます

夫婦+子供(16歳以上)1人の場合は約400万円

控除 金額
所得税 79,000円
住民税 178,100円
厚生年金 464,820円
健康保険 249,174円
雇用保険 25,000円
控除額合計 996,094円
手取り額 4,003,906円

16歳以上の子どもが1人いる夫婦の場合、手取り額は約400万円で、控除額は約100万円です。配偶者控除と扶養控除の両方が受けられるため、夫婦のみよりも手取り額が多いです。

扶養控除は、扶養親族の人数が増えるほど大きくなるので、扶養親族が増えるにつれて手取り額も増えます。

年収500万円の人の割合は?

年収500万円の人の割合は?

年収500万円以上の割合は全体の約31.5%

年収 全体 男性 女性
100万円以下 8.1% 3.5% 14.3%
200万円以下 13.3% 6.7% 22.5%
300万円以下 14.8% 10.5% 20.9%
400万円以下 17.4% 16.9% 18.0%
500万円以下 15.0% 17.5% 11.4%
600万円以下 10.5% 13.8% 5.9%
700万円以下 6.7% 9.4% 3.0%
800万円以下 4.6% 6.8% 1.7%
900万円以下 2.9% 4.4% 0.8%
1,000万円以下 1.9% 3.0% 0.4%
1,500万円以下 3.5% 5.4% 0.8%
2,000万円以下 0.8% 1.3% 0.2%
2,500万円以下 0.3% 0.4% 0.1%
2,500万円超 0.3% 0.5% 0.1%

参考:令和3年分民間給与実態統計調査|国税庁

年収500万円以上の人口の割合は、全体の約31.5%です。約3人に1人の割合で、年収500万円以上を稼ぐ人は多いのが分かります。また、500~600万円を稼ぐ人の割合は10.5%です。

国税庁の調査によると、日本の平均年収は443万円です。年収500万円は、国内の平均年収よりも50万円以上高いため「すごい」と言えます。その分、昇給や昇格での到達は難しいレベルでもあります。

年収500万円を目指したい人は、転職でキャリアアップを図りましょう。ビズリーチという転職エージェントは、ハイクラスの求人を中心に扱っているため、年収500万円以上を狙えておすすめです。

年収500万円以上の男性の割合は44.7%

年収500万円以上の男性の割合は、44.7%です。男性の半分近くは、年収500万円以上を稼いでいます。男性の中では、500万円はあまり高い年収ではありません。

年収500万円以上の女性の割合は12.9%

年収500万円以上の女性の割合は12.9%です。約8人に1人が500万円以上を稼いでおり、女性で500万円以上を稼いでいるのは少数派なのが分かります。

世帯年収500万円以上の割合は44.2%

世帯年収 割合 累積割合
50万円未満 0.7% 0.7%
100万円以下 4.7% 5.4%
150万円以下 6.2% 11.6%
200万円以下 7.0% 18.6%
250万円以下 6.7% 25.2%
300万円以下 6.7% 31.9%
350万円以下 7.1% 39.0%
400万円以下 6.4% 45.4%
450万円以下 5.5% 50.8%
500万円以下 5.0% 55.8%
600万円以下 8.3% 64.1%
700万円以下 7.9% 72.1%
800万円以下 6.0% 78.0%
900万円以下 5.3% 83.4%
1,000万円以下 4.0% 87.3%
1,000万円超 12.7% 100%

出典:国民生活基礎調査の概況(令和3年)|厚生労働省

世帯年収500万円以上の割合は、全体の44.2%です。およそ半分の世帯が、世帯年収500万円を得ています

年収500万は45~49歳の平均年収

年代 全体 男性 女性
19歳以下 133万円 152万円 113万円
20〜24歳 269万円 287万円 249万円
25〜29歳 371万円 404万円 328万円
30〜34歳 413万円 472万円 322万円
35〜39歳 449万円 533万円 321万円
40〜44歳 480万円 584万円 324万円
45〜49歳 504万円 630万円 328万円
50〜54歳 520万円 664万円 328万円
55〜59歳 529万円 687万円 316万円
60〜64歳 423万円 537万円 262万円
65〜69歳 338万円 423万円 216万円
70歳以上 300万円 369万円 210万円

参考:令和3年分民間給与実態統計調査|国税庁

年収500万は、45~49歳の男女平均年収です。男性のみの場合、35~39歳の時点で平均年収500万円を超えます。30代前半までに、年収500万円を稼いでいる男性は高収入です。

一方女性は、全年齢を通して平均が500万円を超えることが無いため、女性で500万円を貰っていれば高収入と言えます。

業種別の平均年収はいくら?

業種分類 平均年収
全体 男性 女性
金融 454万円 551万円 383万円
メーカー 453万円 488万円 372万円
総合商社 446万円 496万円 366万円
IT/通信 436万円 465万円 383万円
建設/プラント/不動産 421万円 455万円 357万円
インターネット
/広告/メディア
412万円 455万円 370万円
専門商社 411万円 450万円 348万円
メディカル 400万円 481万円 348万円
サービス 366万円 405万円 326万円
小売/外食 351万円 390万円 309万円

引用:平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】|doda

業種別の平均年収で最も高いのは、金融の454万円です。全体の平均年収が500万円を超えた業種はありませんが、男性のみでは、金融が年収500万円を超えています。

他にも、総合商社やメーカー・メディカルなど、年収500万円に近い業種も存在するので、男性で年収500万円を狙うことは可能です。

しかし、女性はどの業種でも平均年収が400万円を超えないので、年収500万円を狙うのは難しいと言えます。

年収500万円の生活レベル

年収500万円の生活レベル

総務省の家計調査の結果を参考に、年収500万円の人がどのような生活レベルかを、家族構成ごとにご紹介します。

同じ年収でも、生活環境や扶養家族の有無によって生活レベルは大きく変わるため、単身者、既婚者それぞれのケースにおける支出の内訳を確認しましょう。

今回は、すべてのケースにおいて手取り32万円かつボーナスがない月の生活を想定し、算出しています。

独身×実家暮らしの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 32万円
家賃 5万円
食費 3万円
光熱費 0円
通信費 1万円
交際費 2.5万円
保険
医療
1万円
衣服
理美容費
2万円
娯楽費 2.5万円
交通費 1万円
雑費 2万円
貯金 12万円

独身で実家暮らしの場合は、余裕のある生活ができます。実家に家賃として、5万円を入れる想定で支出を計算していますが、月12万円を貯金に回せます

また実家では、家賃の他に光熱費や食費をカットできるので、浮いたお金を趣味や外食に充てても良いでしょう。

独身×1人暮らしの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 32万円
家賃 8万円
食費 5万円
光熱費 0.5万円
通信費 0.5万円
交際費 3万円
保険
医療
1万円
衣服
理美容費
2万円
娯楽費 2万円
交通費 1万円
雑費 2万円
貯金 7万円

独身で1人暮らしの場合、支出が増えますが生活は可能です。家賃や光熱費・食費など、自分で支払う必要があります。ある程度貯金をするために、実家暮らしよりは節約を意識しましょう。

貯金は7万円に設定していますが、将来的に結婚やマイホームを持つ予定のある人は、大きな出費に備えて家賃の安い家に住むなどして、貯金額を確保するべきです。

既婚×子供なしの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 32万円
家賃 9万円
食費 6万円
光熱費 1万円
通信費 1万円
交際費 2万円
保険
医療
1.5万円
衣服
理美容費
3万円
娯楽費 2万円
交通費 2万円
雑費 2万円
貯金 2.5万円

家庭を持って2人暮らしを始めた場合、生活は苦しくなります。2人分の生活費を支払う必要があるので、節約を意識しないと貯金ができません

また、子供を持ったり、マイホームの購入を考えたりしている人は、パートナーとの共働きや転職をして収入を増やすのも視野に入れましょう。

既婚×子供ありの場合

項目 金額
支出 収入
月収(手取り) 32万円
パートナーと共働きを想定
+10万円
家賃 10万円
食費 7万円
光熱費 2万円
通信費 2万円
交際費 3万円
保険
医療
2万円
養育費 2万円
衣服
理美容費
2万円
娯楽費 2万円
交通費 1万円
雑費 2万円
貯金 7万円

家庭を持って子供もできた場合、1人の収入では生活が厳しいです。3人での生活のため、家賃や食費以外にも出費がかさみます。そのため、パートナーとの共働きを考えるべきです。

共働きで10万円程度稼げれば、生活に余裕ができます。共働きをしない場合は、節約も選択肢です。郊外などで家賃が安い場所に住むか、自炊をメインにして食費を削るなどしましょう。

また、転職で収入を上げる事も可能です。転職の際は、転職エージェントを利用しましょう。中でもビズリーチは、転職後の平均年収が800万円を超えるので、大幅な手取りアップが狙えます。

貯金はどれくらい可能?

貯金はどれくらい可能?

パターン 貯金額目安
独身×実家暮らし 12万円
独身×1人暮らし 7万円
既婚×子供なし 2.5万円
既婚×子供あり 0万円

年収500万円では、実家暮らしであれば10万円以上の貯金が可能です。1人暮らしの場合でも、節約は意識しなくて良いですが、結婚してからは節約を意識する必要があります

子供ができると、1人の収入では生活ができない可能性があるので、パートナーと共働きをしたり転職をしたりして、収入を増やしましょう。

年収500万円の家賃目安や住宅ローン

年収500万円の家賃目安や住宅ローン

年収500万円の家賃目安は約11万円

年収500万円の人の家賃目安は、約11万円です。一般的に、家賃の目安は手取り額の3分の1程度が良いと言われています。単身なら、都心でも物件を見つけられますが、結婚している場合は郊外に出て家を探すべきです。

都心でファミリー向けの物件に住みたい場合、共働きや転職で収入を増やして、家賃に充てる金額を増やしましょう。

▼都心と郊外の家賃比較(タップで開閉)
エリア 単身 ファミリー層
郊外の平均的な
家賃相場
4~7万円台 6~12万円台
都心の平均的な
家賃相場
11~12万円台 25~36万円台
差額 4~8万円 13~30万円

出典:東京郊外の家賃の相場|URくらしのカレッジ
※データは2021年3月時点のもの

年収500万円の借入額の総額目安は約3,500万円

年収500万円の借入額の総額目安は、約3,500万円です。年収の7倍程度を目安にすると良いと言われています。3,500万円を借り入れられれば、注文住宅の購入も可能です。

また、フラット35の基準では、4,650万円まで借入が可能ですが、収入の半分以上をローンの支払いに費やすので、おすすめはできません。

▼全国の住宅の平均価格(タップで開閉)
項目 平均価格
マンション 4,528万円
土地付き注文住宅 4,455万円
建売住宅 3,605万円
注文住宅 3,572万円
中古マンション 3,026万円
中古戸建 2,614万円

参考:フラット35利用者調査|住宅金融支援機構

年収500万円の人におすすめの節税対策

年収500万円の人におすすめの節税対策

ふるさと納税

年収500万円におすすめの節税対策は、ふるさと納税です。節税をしながら返礼品が貰えるので、非常にお得です。

ちなみに、ふるさと納税とは「自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度」です。

▶ふるさと納税の申し込みはこちら

▼ふるさと納税の控除額の目安(タップで開閉)
独身または共働き 61,000円
夫婦または共働き+子供1人(高校生) 49,000円
共働き+子供1人(大学生) 44,000円
共働き+子供1人(高校生) 40,000円
共働き+子供2人(大学生+高校生) 36,000円
夫婦+子供2人(大学生+高校生) 28,000円

出典:ふるさと納税ポータルサイト|総務省

iDeco・つみたてNISA

iDeCoやNISAなどの、非課税の投資制度を利用するのもおすすめです。iDeCoは、原則60歳まで出金できませんが、掛金が全額所得控除になり、運用益が非課税になります。

つみたてNISAは、運用益と分配金が非課税です。通常の投資信託では約20%の税金がかかるため、投資によって資産形成を考えている場合は利用してみましょう。

最近では、ロボアドバイザーのような半自動で資産形成してくれるアプリもあるため、初心者の方でも気軽に投資に挑戦できます

年収500万円の人におすすめの節約術

年収500万円の人におすすめの節約術

家計簿をつける

節約の際は、まず家計簿をつけて支出を管理しましょう。家計簿で支出を把握すれば、無駄な出費がどれなのか洗い出せます

手書きの家計簿を使って1つ1つ記載するのも良いですが、最近ではクレジットカードや口座と連携した家計簿アプリなども多く、スマホで手軽に予算管理ができます。

毎月一定の貯蓄を継続するために、無駄な出費は意識的に抑えるべきです。

固定費を見直す

見直したい固定費

  • 通信費
  • 保険・医療費
  • 車のローン
  • ガスや電気などの光熱費
  • サブスクリプションの契約代

毎月必ず支払う固定費を見直せば、支出を抑えることに繋がります。中でも、見直しが簡単にできる固定費は、通信費や車のローンです。

スマホの利用料などの通信費は、一番簡単にコストを削減できる固定費で、流行りの格安SIMに乗り換えることで、家族で毎月1〜2万円程度の節約ができます

そのほかにも、数年に一度は保険の見直しをしたり、利用していないサブスクリプションを解約したりと、こまめに固定費を見直すことが重要です。

▼おすすめの格安SIM(タップで開閉)
格安SIM 料金・特徴
OCNモバイルoneOCN
モバイルONE
【料金】
770円/1GB~
【特徴】
・業界最低水準の料金
・格安SIMトップクラスの回線速度
exciteモバイルexcitemモバイル 【料金】
880円/~3GBなど
【特徴】
・使った分だけの支払い
・料金プランが豊富
y.uモバイルy.u モバイル 【料金】
1,070円/5GB~
【特徴】
・高コスパ価格で高速通信
・U-NEXTとのセットが魅力
▼おすすめの光回線(タップで開閉)
光回線 料金・特徴
ドコモ光ドコモ光 【料金】
実質2,781円/月~
【特徴】
・ドコモユーザーなら最安の光回線
・高性能ルーターが無料レンタル可
・利用者からの評価が極めて高い
auひかりauひかり 【料金】
実質2,827円/月~
【特徴】
auユーザーなら最安級の光回線
・auのセット割が使えてお得
・最大62,000円キャッシュバック
OCN光OON光 【料金】
実質3,300円~/月
【特徴】
格安スマホなら最安級の光回線
・月額料金が6ヶ月間無料になる
・初期費用が一切かからない

キャッシュレス決済を活用する

キャッシュレス決済のメリット

  • ポイントを貯めて決済に利用できる
  • 引き出し・振り込みなどの手数料がかからない
  • 支出履歴を簡単に確認できる

キャッシュレス決済を活用することも、節約方法の1つです。決済時にポイントが付与されるサービスがほとんどで、獲得したポイントは次回以降の支払いに活用できます。

また、通信会社と連携して行われるサービスや定期的に実施されるキャンペーンでは、多くのポイントを獲得できる機会があり、現金での決済よりもはるかにお得です。

買い物をした日時や金額、場所もしっかり履歴として残るため、支出管理も簡単にできます。スマホだけで簡単に始められるため、まだ利用したことがないという方は、積極的に活用しましょう。

年収500万円を目指す方法

年収500万円を目指す方法

  1. 昇進昇格で給与を上げる
  2. 副業を行う
  3. 起業・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収500万円を目指すなら、昇進昇格で給与を上げるのが一番現実的です。年収500万円は、30代後半の男性の平均年収よりも低い給与なので、特別高い給与と言うわけではありません。

会社の給与制度によっては、狙える可能性は高いです。そのため、昇給の条件などは上司に確認しておきましょう。資格取得で手当てを貰える職種もあるので、積極的に資格は取得するべきです。

2.副業を行う

副業を行うのも、手取りを増やせる手段です。最近では、クラウドワークスやランサーズなどの、クラウドソーシングサービスで仕事を得られます

ネット社会の現在では、ECサイトに個人で出品も容易にでき、ブログなどで稼いでいる人もいます。副業は、体力や時間の消耗が少ないものを選びましょう。体に負担をかけすぎては、本業がおろそかになってしまいます。

ただし、副業が禁止の企業も存在します。現職で副業が可能かどうか、会社の規則を読んで確認をしてから副業を行うべきです。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業・フリーランスとして働く

起業やフリーランスとして働くのも、手取りを増やせる手段です。成功すれば、大幅な収入アップが望めますが、その分リスクも大きいです。

特に起業の場合、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながらというのは非常に困難です。さらに、起業してから5年後にも会社が残っている確率は10~15%と言われています。

エンジニア経験があるならフリーランスエンジニアがおすすめです。求人案件が非常に多いレバテックフリーランスや週2案件が豊富で副業おすすめのITプロパートナーズなどが登録無料で使えます。

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資で収入を増やす方法もあります。元金が減るリスクがあり、すぐに大きな収入にもなりませんが、手間をかけずに収入を増やせる可能性が高いです。

ロボアドバイザーのように、半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

年収500万円の場合、多額の投資資金を用意するのは難しいので、将来のための資産運用として、小額から始めてみましょう。

5.転職する

転職は、手っ取り早く手取りを増やす方法です。企業によって給与体系が異なるので、同じ業種へ転職するだけで年収がアップする可能性もあります

dodaの調査によれば、転職で年収アップに成功した人で最も多かったのは、異業界・同職種の転職者でした。年収アップのための転職には、現在の経験やスキルを活かしましょう。

転職をする際には、転職エージェントの利用がおすすめです。例えば、ビズリーチなら、ハイクラス向けの求人が多いので、同職種で給与が高い求人も紹介してもらえます。

年収500万円を稼げる仕事・職業

年収500万円を稼げる仕事・職業

コンサルティング

コンサルティング業は、20~30代で500万円以上の年収を狙えます。コンサルタントには、外資・経営・ITなど、様々な業種や領域が存在します。

年収1,000万円を超えるケースも多いので、能力次第ではかなりの高収入が期待できます。最近のコンサル業界は、未経験者を積極的に採用しているため、転職成功の可能性は高いです。

コンサルタントへの転職は、アクシスコンサルティングのような、コンサル専門の転職エージェントを利用しましょう。コンサルの転職への知識が豊富なので、未経験でもサポート体制が整っています。

ITエンジニア

エンジニア職は、年収500万を目指すのにおすすめの職業です。IT業界では慢性的な人手不足が続いており、他職種と比べてエンジニアを優遇する企業が多いため、給与水準が高く設定されています

開発経験やスキルによってベース給が定まるため、能力次第では若手でも高収入が狙えます。未経験から転職を目指す場合は、ITスクールへの通学やポートフォリオの作成など、エンジニアとしての実績が必要です。

エンジニア転職ならIT特化の転職エージェントがおすすめ

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【エンジニア経験者向け】
  • ・IT/WEB業界の中でエンジニア特化
  • ・初回提案での内定率90%
マイナビITエージェントマイナビ
IT AGENT
公式サイト
  • 【IT業界全般おすすめ】
  • ・IT/WEB業界出身アドバイザー多数
  • ・年収アップも狙える
リクルートエージェントITリクルート
エージェントIT
公式サイト
  • 【IT業界実務経験者向け】
  • ・IT業界の幅広い職種に対応
  • ・業界最大級250,000件以上の求人

エンジニアの転職時に、絶対に登録すべきサービスは「レバテックキャリア」「マイナビITエージェント」「ワークポート」の3つです。転職エージェントは、複数登録することで効率よく転職活動を進められます

レバテックキャリアは、IT業界でもエンジニア特化の転職エージェントです。ハイクラス求人が中心ですが、未経験者向けの求人も少なくありません。

マイナビITエージェントはマイナビのIT部門で、豊富な求人や転職ノウハウ、初めてでも安心の手厚い支援が魅力です。ワークポートは、若年層のIT転職に強みがある他、無料スクールも併設しており、未経験者なら外せません。

営業職

営業職は、男女問わず年収500万円以上を目指しやすい職業です。成果報酬型の給与制度なので、性別問わず成果次第で青天井の報酬を得られます

金融や不動産などの高額な商材を扱う営業であれば、より高収入が期待できます。入社年数に関わらずインセンティブが付与されることもあり、比較的若い年代でも年収500万円以上稼げます。

異業界や異業種からの転職もしやすく、資格等がなくても転職できる求人が多いです。営業職に転職したい場合は、ハイクラス転職に強いビズリーチを活用し、現職以上のキャリアアップを図りましょう。

年収500万円を目指すのにおすすめの転職サイト・エージェント

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職成功実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

277,380件

非公開求人数

評価4

276,080件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職成功実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

年収500万円に関するQ&A

個人事業主やフリーランスの手取りは?

個人事業主やフリーランスの手取りは、約381万円です。年金が安い代わりに、所得税や住民税が会社員よりもかかるので、手取りが会社員よりも少ないです。

年収500万円は夢見すぎ?

年収500万円を狙うのは夢を見すぎではありません。年収500万円は、日本の平均年収である443万円よりも高いですが、30代後半の男性の平均年収より低いので、目指せる額です。

出産・子育ては可能?

年収500万円で出産・子育ては不可能ではありません。生活費がかさむので、節約が必須にはなりますが、共働きなどの選択を取れば貯金も可能です。

しかし、妊娠から出産にかけて、40万円程費用が掛かります。出産育児一時金や、育児休業給付金などの経済的支援を活用しましょう。

給付金 参考にすべき国の施策
出産一時金 厚生労働省
出産一時金の支給額・支払方法
出産育児一時金 全国保険協会
産まれたときの出産育児一時金
育児休業給付金 厚生労働省
育児休業給付に関するQA
経済支援条件表 厚生労働省
産前産後、育児休業中の経済

まとめ

年収500万円の手取りは、約384万円です。手取り月収は、ボーナスが100万円で約25.9万円、ボーナスなしで約32.2万円です。手取り額はボーナスの有無や家族構成・年齢によって変動するので、参考としてご覧ください。

年収500万円は、30代前半までに稼げれば高収入と言える給与で、少ない給与ではありません。しかし、結婚したり子供を持つと、生活が苦しくなる場合があります。

年収500万円を稼ぎたい人は、転職エージェントを利用しましょう。おすすめはビズリーチで、登録しておくだけでスカウトが来るので、自身の市場価値が分かります。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス