キヤノンマーケティングジャパンの平均年収は?初任給やボーナスを解説!

キヤノンマーケティングジャパン平均年収は?_

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

「キヤノンマーケティングジャパンの年収は高い?」

「初任給やボーナスがどれくらいか知りたい」

キヤノンマーケティングジャパンは、グループ会社であるキヤノンの製品を販売しているメーカー系専門商社です。国内でのマーケティング活動やITソリューション事業に取り組んでいます。

優良企業として知られているキヤノンマーケティングジャパンですが、どれくらい稼げるのか、仕事に見合った収入を得られるのか気になる人は多いでしょう。

そこでこの記事では、キヤノンマーケティングジャパンの平均年収やボーナスを解説します。初任給や評価制度についても掲載しているので、参考にしてください。

大手ホワイト企業に強い転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収-1

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収は857万円

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収は約857万円(参考:2022年度有価証券報告書)です。日本の平均年収である458万円(参考:国税庁)の2倍近い収入が見込めます。

キヤノンマーケティングジャパンは月給制の給与形態です。基本給に加えて、年2回のボーナスと各種手当が支給されます。残業が少なく、基本給とボーナスが収入の大きな割合を占めているのが特徴です。

キヤノンマーケティングジャパンの平均手取り額

年間の平均手取り額 636万円
毎月の平均手取り額 53万円

※参考:税金・保険シミュレーション
※20歳以上40歳未満、配偶者を扶養、賞与を基本給の2ヶ月分とした場合の手取り額を算出

キヤノンマーケティングジャパンの年間の平均手取り額は636万円、1ヶ月あたり53万円です。額面から所得税や住民税、社会保険料が引かれるため、年間約221万円が控除されます。

ただし、上記の手取り額は、有価証券報告書に記載されている平均年収857万円が、ボーナス2ヶ月分を含んでいると仮定した場合のものです。

キヤノンマーケティングジャパンではボーナス額を公表していないため、実際の手取り額と異なる可能性があります。あくまで参考程度に留めてください。

キヤノンマーケティングジャパンの控除額一例

控除額
厚生年金 792,782円
健康保険 433,214円
雇用保険 51,420円
所得税 468,900円
住民税 463,200円
合計 2,209,516円

※参考:税金・保険シミュレーション
※20歳以上40歳未満、配偶者を扶養、賞与を基本給の2ヶ月分とした場合の手取り額を算出

キヤノンマーケティングジャパンの過去5年間の平均年収

平均年収
2018年度 830万円
2019年度 830万円
2020年度 793万円
2021年度 866万円
2022年度 857万円

出典:有価証券報告書|キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンマーケティングジャパンの5年間の平均年収は、793~866万円を推移しています。2022年度の平均年収は前年度から9万円下がっているものの、過去5年間で比較すると高いです。

2020年度は売上高と営業利益の低下に伴い、平均年収が大きく下がっています。新型コロナウイルスによる外出規制の影響で、主要製品のオフィス機器やデジタルカメラなどの販売数が減少したことが大きな要因です。

2021・2022年度は、テレワーク関連機器の売上拡大によって最高益を記録しており、給与アップを実現しています。

キヤノンマーケティングジャパンの役職別の平均年収

キヤノンマーケティングジャパンの役職別の平均年収については、コーポレートサイトにて公開されていませんでした。

役職ごとの平均年収について知りたいなら、転職エージェントへの相談がおすすめです。転職エージェントは企業との繋がりがあるため、キャリアアドバイザーを介して大まかな年収目安を把握できます。

大手ホワイト企業に強い転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

キヤノンマーケティングジャパンのボーナスはいくら?

キヤノンマーケティングジャパンのボーナスはいくら?

キヤノンマーケティングジャパンのボーナスに関して、具体的な金額は公開されていませんでした。コーポレートサイトによると、ボーナス額は個人の成果や業績に応じて変動します。

ボーナスの支給回数は、6月と12月の年2回です。

キヤノンマーケティングジャパンの学歴別初任給

キヤノンマーケティングジャパンの学歴別初任給

初任給 年収目安
修士了 260,500円 3,126,000円
学部卒 237,000円 2,844,000円
高専卒 210,500円 2,526,000円

出典:新卒基本採用情報|キヤノンマーケティングジャパン
※年収目安はボーナスを含めない

キヤノンマーケティングジャパンの初任給は、修士了で260,500円、学部卒で237,000円、高専卒で210,500円です。総合職や一般職の差がなく、誰もが様々なキャリアを目指せる環境があります。

なお、国内の学歴別初任給の平均は、修士了で23万8,900円、学部卒で21万200円、高専卒で18万4,000円です(参考:厚生労働省)。

比較すると、キャノンマーケティングジャパンの初任給は、国内平均よりも2~3万円ほど上回っています。平均年収と同様に、給与水準の高さがうかがえます。

キヤノンマーケティングジャパンと他社との年収比較【専門商社】

平均年収
キヤノン
マーケティングジャパン
857万円
伊藤忠エネクス 952万円
阪和興業 884万円
岡谷鋼機 863万円
メディパルHD 787万円
加藤産業 701万円
アルフレッサHD 696万円
三菱食品 691万円
PALTAC 643万円
スズケン 612万円
東邦HD 601万円

出典:各社有価証券報告書

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収857万円は、専門商社の競合他社と比較すると高いほうです。

専門商社とは、特定の商品やサービスに特化したマーケティングに力を入れている企業を指します。専門商社の平均年収は約700万円と言われており、他業界よりも給与水準が高いです。

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収は専門商社の平均よりも高いため、就職・転職できれば十分勝ち組と言えます。

▶専門商社の売上・年収ランキング
▶2024年版ホワイト企業ランキング
▶キヤノンの平均年収はこちら

キヤノンマーケティングジャパンの評価制度

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収

キヤノンマーケティングジャパンでは、担当する仕事や役割の価値によって等級・賃金が決定される「役割給制度」を導入しています(参考:労働慣行|キヤノンMJグループ)。

役割給制度は、年齢や性別問わず「仕事基準」で報酬が設定される仕組みです。年に1回の昇給機会があり、事前に設定した目標や業績などを加味して評価が決定します。

キヤノンマーケティングジャパンでは、年功序列の傾向はあまり見られません。在籍年数に関わらず、継続的に成果を挙げることで早期昇給・昇格が見込めます。

キヤノンマーケティングジャパンの平均残業時間

キヤノンマーケティングジャパンの平均残業時間

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースによると、キヤノンマーケティングジャパンの残業時間は8.2時間です。週2日のノー残業デーの定着を図っており、所定時間内での効率的な働き方を推進しています。

なお、上記は所定外労働時間(7.5時間)を基準とした場合の数値です。法定労働時間(8時間)を基準とすると、残業は0時間になります。

職種・雇用別の平均残業時間

平均残業時間
営業職 9.7時間
スタッフ職 7.6時間
技術職 5.1時間
契約社員 0.1時間

出典:女性の活躍推進データベース

キヤノンマーケティングジャパンの職種・雇用別の平均残業時間は、営業職が最も多く9.7時間でした。スタッフ職や技術職は企業平均よりも少なく、契約社員は残業がほとんどありません。

また、上記の残業時間も所定労働時間(7.5時間)が基準となっています。法定労働時間(8時間)で考えると、どの職種・雇用形態でも残業はほとんど発生しません。

キヤノンマーケティングジャパンの有給休暇取得率

キヤノンマーケティングジャパンの有給休暇取得率

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースによると、キヤノンマーケティングジャパンの有給休暇取得率は75%です。

キヤノンマーケティングジャパンは、休暇制度が充実しているのが特徴です。30分単位で取得できる「時間単位休暇」や5日連続で休みが取れる「フリーバカンス制度」などを導入しています。

また、国内企業の有給休暇取得率の平均は62.1%(参考:厚生労働省)です。比較すると、キヤノンマーケティングジャパンはワークライフバランスが充実していると言えます。

キヤノンマーケティングジャパンの福利厚生

キヤノンマーケティングジャパンの福利厚生

キヤノンマーケティングジャパンでは、企業年金や共済会など、入社から退職後まで安心して生活できるような福利厚生があります。

健康診断では、がんや脳心臓、乳がん・子宮がんなどの幅広い健診に対して費用補助を実施しています。また、社員本人だけでなく、配偶者の健康診断でも費用を補助してもらえるのも嬉しい点です。

ただし、キヤノンマーケティングジャパンでは寮や社宅の提供がありません。家族手当や住宅手当などの手当面もやや手薄なため、他社と比較すると実質年収が低いと感じる場合があります。

福利厚生一覧

  • 社会保険制度
  • 企業年金
  • 共済会
  • 社員持株会
  • 財形貯蓄
  • グループ生命保険
  • 健康診断

参考:新卒採用FAQ|キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンマーケティングジャパンの育児休暇取得率

キヤノンマーケティングジャパンの育児休暇取得率

育児休業取得率
男性 27.2%
女性 100%

出典:女性の活躍推進データベース

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースによると、キヤノンマーケティングジャパンの育児休業取得率は男性が27.2%、女性が100%です。

子どもが満3歳になるまで利用できる「育児休業制度」や、小学校3年生修了まで適用される1日2時間以内の「育児短時間勤務制度」など、様々な育児制度を導入しています。

キヤノンマーケティングジャパンでは、育児休業からの復職率も96.1%とかなり高いです(参考:統合報告書2022)。性別問わず、長期間働ける環境が整っていると言えます。

キヤノンマーケティングジャパンの企業情報

会社名 キヤノンマーケティング
ジャパン株式会社
設立 1968年2月1日
代表者 代表取締役社長 足立 正親
本社所在地 東京都港区港南2-16-6
資本金 733億300万円
従業員数 連結:15,973名
単独:4,653名
(2022年12月31日時点)
平均年齢 48.8歳
平均勤続年数 25.3年

キヤノンマーケティングジャパンは、キヤノン製品の独占販売に強みがある専門商社です。キヤノングループの一員として、自社製品の販売やサービス、マーケティングに取り組んでいます。

50年以上の業務実績や高いブランド力があり、営業基盤が安定しているのが特徴です。近年では、ITソリューションの提供やヘルスケア分野への展開など、独自事業として様々な取り組みを実施しています。

キヤノンマーケティングジャパンの業績推移

売上高 営業利益
2018年度 6,216億円 289億円
2019年度 6,211億円 324億円
2020年度 5,451億円 313億円
2021年度 5,521億円 397億円
2022年度 5,881億円 499億円

出典:主な業務の推移|キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンマーケティングジャパンの過去5年間の業績をまとめました。2022年度の売上高は5,881億円で、過去3年間で最も高いです。

また、営業利益については2021・2022年度で過去最高益を記録しています。経費削減や既存事業の見直しによって、収益性の向上に成功しています。

キヤノンマーケティングジャパンの事業内容

キヤノンマーケティングジャパンの事業領域は「コンスーマ、エンタープライズ、エリア、プロフェッショナル」の4つに分かれています。以下では、各部門の事業内容について詳しく解説します。

コンスーマ

コンスーマ部門では、個人顧客を対象に、デジタルカメラやインクジェットプリンターなどのキヤノン製品、外部商品を販売しています。2023年度の売上高は1,347億円で、全体の22%です。

イメージング技術を活かした商品やサービスを提供して、生活を便利なものに変えていくことを目的としています。

エンタープライズ

エンタープライズ部門では、経営・業務課題の解決に必要なキヤノンの入出力機やシステム開発、ITインフラサービスなどのITソリューションを提供しています。主に大手や準大手、中堅企業を対象とした事業です。

エンタープライズ部門の2023年度の売上高は2,203億円で、全体の35%を占めています。

エリア

エリア部門では、主に全国の中小企業に向けて、経営・業務課題の解決に必要なキヤノン製品やITソリューションをワンストップで提供しています。

エリア部門の2023年度の売上高は2,339億円で、全体の37%を占める主要事業です。

プロフェッショナル

プロフェッショナル部門では、プロダクションプリンティング・産業機器・ヘルスケアの専門領域にて、キヤノン製品やITソリューションの提供に取り組んでいます。

プロフェッショナル部門の2023年度の売上高は、402億円です。他事業と比較すると少ないですが、市場の拡大が最も期待されている領域です。

キヤノンマーケティングジャパンに転職する方法

キヤノンマーケティングジャパンに転職する方法

転職エージェントから応募【おすすめ】

キヤノンマーケティングジャパンに転職するなら、転職エージェントを利用して応募するのがおすすめです。応募書類の書き方指導や面接対策をしてくれるうえに、面接の日程調整や給与交渉までサポートしてくれます。

中でも、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどは、ハイクラス企業への転職実績が多いおすすめの転職サービスです。

求人数も多いので、キヤノンマーケティングジャパンはもちろん、同じ業種・職種の紹介を受けられる可能性もあります。

転職サイトから応募

転職エージェントに次いでおすすめなのは、リクナビNEXTdodaなどの転職サイトを使って応募することです。転職サイトでは、キヤノンマーケティングジャパンの求人情報を自分で探して応募します。

転職サイトのお気に入り登録や通知機能などを使えば、求人の応募や企業とのやり取りをスムーズに進められます。

ただし、キヤノンマーケティングジャパンのような大企業は、非公開求人として募集することが多いです。求人情報が見つからない可能性もあるため、転職エージェントとの併用がおすすめです。

コーポレートサイトから応募

キヤノンマーケティングジャパンでは、公式サイトの「キャリア採用」から基本情報を登録して、求人に応募できます。企業のリクルートページから応募するやり方で、最も一般的なエントリー方法です。

ただし、企業HPからの申し込みは応募者が殺到し、難易度が高くなるためおすすめしません。まずは転職エージェントに登録して、プロのサポートを受けながら有利に転職活動を進めましょう。

キヤノンマーケティングジャパンへの転職におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
リクルートエージェントリクルート
エージェント
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア

ビズリーチ

年収600万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチのバナー

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
評価 ★★★★★
求人数 90,369件
得意領域 ハイクラス
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島)

※2023年8月時点

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。登録すると過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージが届きます。

スカウトは厳選された優良企業やヘッドハンターから直接届きます。キャリアに自信がある40代におすすめの転職エージェントです。

また、ビズリーチでは税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランで、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえます。まずは、無料プランから利用してみましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス向けの転職エージェント

リクルートダイレクトスカウトのバナー

(出典:リクルートダイレクトスカウト)

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収750万円以上の方向け
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
評価 ★★★★★
求人数 241,298件
得意領域 ハイクラス
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

※2023年8月時点

リクルートダイレクトスカウトの特徴

リクルートダイレクトスカウトは、質の高いハイクラス求人が豊富です。年収800万円を超える管理職・専門職の求人や、年収2,000万円以上のCEO求人など多数掲載されています。

また、スキルや経歴をまとめた匿名レジュメを見て、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受け取れます。ヘッドハンターは3,000名以上在籍しており、自分に合った仕事を代わりに探してくれます。

加えて、希望する業種や職種、経験などから自分に合いそうなヘッドハンターを選んで依頼も可能です。40代でハイクラスの転職を目指すなら、登録しておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性31歳

満足度

魅力的なスカウトが多数!

私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトが多数来ました。またコンサルタントが、面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、今回登録してよかったと思っています。

男性33歳

満足度

圧倒的な求人数

転職活動を行う中で、様々な転職サイトを利用しましたが、リクルートダイレクトが圧倒的に求人数がありました。自分の求める勤務地、勤務体系、職種といった求人を定期的に教えていただけるのも非常に良いと感じました。

男性29歳

満足度

担当の方の対応が良かった!

担当者の方が自分の要望をしっかりと聞いていただき、希望にマッチした求人や企業の提案や企業選びのアドバイスをいただきました。在職中の転職活動でしたので、仕事中に私が電話に出られない時はメールなどを活用してご連絡いただき、とても配慮されていると感じました。転職活動がやりやすかったので、機会があれば次回も使いたいと思います!

男性31歳

満足度

経歴によっては求人が来ない

私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのか、アドバイザーからあまり連絡がきませんでした。稀に連絡がとれても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末です。

男性34歳

満足度

フォロー体制が整っていない

最初は何度か担当者とのやり取りができたが、日付が経つにつれて求人の紹介のみの連絡となり、あまりフォローをしてくれなかったのが残念でした。 また、試験対策や面接対策に関しても、他の転職サイトの担当者と比べて、ややフォロー体制が良くないと感じました。

キヤノンマーケティングジャパンへの転職を成功させるコツ

転職を成功させるコツ

キャリア・スキルの棚卸しをする

キヤノンマーケティングジャパンへの転職を成功させるなら、キャリア・スキルの棚卸しをしましょう。現職(前職)でどんな業務をしてきたのか、何ができるのかを整理することで、企業へのアピールポイントを明確にできます。

企業側が求職者に求めるのは「即戦力」です。現職(前職)で役に立ったスキルも、転職先の業務で活かせなければアピールポイントにはなりません。

一般的に、マネジメントやリーダー経験があれば、どの業種・職種でも選考が有利になります。また、キヤノンマーケティングジャパンでは、営業経験やITスキルなどがあると評価されやすいです。

転職理由を明確にする

キヤノンマーケティングジャパンへの転職を成功させるためには、転職理由を明確にすべきです。仕事で達成したいことや目標などを洗い出すことで、自分のキャリアにとって何が大切なのかを確認できます。

転職して何がしたいのか、どうなりたいのかが曖昧なままでは、前職と変わらないような仕事に就いてしまう可能性が高いです。

また、転職理由を明確にすることは、面接対策のひとつでもあります。とくに現職の勤続年数が短い場合、転職理由に軸が無いと「採用してもすぐに辞めてしまうかも」という悪印象を与えかねません。

企業分析を入念にする

キヤノンマーケティングジャパンへの転職を成功させるためには、入念に企業分析をすることが重要です。企業について深く理解することで、選考対策に加えて、企業が自分に合っているかを見極める参考にもなります。

企業の採用ページや口コミサイトをチェックして、事業内容や社風などを把握しましょう。

また、企業の情報収集にはビズリーチのような転職サービスも役立ちます。企業との繋がりがあるため、内部事情に詳しいです。会社のリアルな職場の雰囲気や業務内容など、様々な情報を得られます。

キヤノンマーケティングジャパンの採用大学ごとの就職者数

キヤノンマーケティングジャパンの採用大学ごとの就職者数

就職者数
青山学院大学 6人
明治大学 6人
芝浦工業大学 5人
中央大学 5人
同志社大学 5人
近畿大学 5人
日本大学 4人
南山大学 4人
関西大学 4人
横浜国立大学 3人
名古屋大学 3人
法政大学 3人
立教大学 3人
東京農工大学 2人
東京海洋大学 2人
横浜市立大学 2人
大阪市立大学 2人
慶應義塾大学 2人
國學院大学 2人
上智大学 2人
東海大学 2人
明治学院大学 2人
関西学院大学 2人
甲南大学 2人
武庫川女子大学 2人

出典:2023年 企業ごとの大学別就職者数|大学通信ONLINE

大学通信ONLINEがまとめている、キヤノンマーケティングジャパンの採用大学ごとの就職者数です。

キヤノンマーケティングジャパンへの就職者で最も多かったのは、青山学院大学と明治大学で6人です。次いで芝浦工業大学や中央大学、同志社大学などが挙げられます。

まとめ

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収は857万円で、競合他社と比較しても高いです。近年では業績を大きく伸ばしており、社員全体の給与アップが期待できます。

キヤノンマーケティングジャパンは、福利厚生による経済的な支援は少ないですが、他社よりも基本給やボーナスが高いです。少ない残業で高収入が期待できるため、入社できれば勝ち組と言えます。

キヤノンマーケティングジャパンに転職するなら、転職エージェントの利用がおすすめです。ハイクラスに強いビズリーチを利用すれば、充実した選考対策を受けられるため、転生成功率を上げられます。

企業×年収関連記事

企業×年収別の関連記事
アクセンチュア 味の素 アステラス製薬
アビーム
コンサルティング
伊藤忠商事 NTTデータ
NTTコミュニケーションズ エムスリー オリックス
キーエンス キオクシア キヤノン
Google ゴールドマン
サックス
サイバー
エージェント
SUMCO サントリー セールスフォース
ソフトバンク ディスコ データX
デンソー 電通 東京
エレクトロン
東京海上日動 凸版印刷 トヨタ
ニトリ 日立システムズ 日立製作所
ビズリーチ PwC
コンサルティング
ファナック
富士ゼロックス 富士通 freee
プルデンシャル ベイカレント
コンサルティング
マネー
フォワード
みずほ銀行 三井住友銀行 三菱ケミカル
三菱商事 三菱電機 メルカリ
楽天 リクルート
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス