業界研究:その他

フロムスクラッチの平均年収を徹底解説! 年代別や役職別の年収も公開

フロムスクラッチの平均年収を徹底解説! 年代別や役職別の年収も公開

フロムスクラッチは、ビッグデータと人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジー企業だ。マーケティングに必要なソリューションとして「b→dash」の開発を手がけたことで知られている今注目のITベンチャー企業なのだ。

そこで気になってくるのが、フロムスクラッチの平均年収だ。フロムスクラッチの年収は450〜700万円ほどと予想される。

こちらの記事では、フロムスクラッチの平均年収をもとに、年代別や役職別の年収についても解説していく。

このような方たちにおすすめ
  • フロムスクラッチの年代別・役職別の年収が気になる
  • フロムスクラッチはボーナスは支給されるの?
  • フロムスクラッチの昇給や昇格のタイミングは?

フロムスクラッチの年収は450〜700万円!

株式会社フロムスクラッチは、2010年創立のIT企業だ。主な事業は、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発や導入支援だ。

細かな年収などは公開されていないため、ここ数年の推移をうかがい知ることができないが、公開されている売上高を見る限りデータマーケティングは今とても需要の高い分野といえるだろう。

さらに、マーケティングオートメーションツールを提供する競合他社と比較してみよう。

株式会社セールスフォースの平均収入は約450 〜1090万円、そしてSATORI株式会社の平均収入は約350〜800万円と、フロムスクラッチの平均年収とほぼ同等の印象だ。

また、20代を中心とした若手が多く活躍する企業であることから、ある程度の経験をつめば役職者として活躍できるチャンスも広がっており、昇給の可能性を秘めているといえるだろう。

フロムスクラッチの職種別年収

こちらの章では、フロムスクラッチの職種別年収についてみていく。現在募集されている職種の推定年収を参考にまとめてみた。

ソリューションセールス:364〜560万円

ソリューションセールスとは、いわゆる営業のことをいい、お客様の抱える問題点やニーズを把握し、それらの問題解決を行っていく職種だ。

フロムスクラッチでは、毎月1000件以上の問い合わせがあるため、基本的に問い合わせ対応をしていくことが中心となるようだ。

カスタマーサクセス:364~780万円

カスタマーサクセスとは、いわゆる法人営業のことをいい、b→dashの導入支援やマーケティング施策の提案、そしてマーケティングのPDCAの策定と実行支援を行う職種だ。

経営戦略:500万円〜800万円

経営戦略では、事業企画部門においてb→dash事業のブレインとなるとても重要な職種だ。今後は海外進出も計画しているとのことで、国内外問わず活躍できる人材が求められている。

プロダクトマネージャー:300〜900万円

プロダクトマネージャーとして、マーケティングプラットフォームの企画・立案をはじめ、要件定義から導入まで一連の流れを任される重要なポジションだ。

幅広い知識と経験が求められ、国内外問わずにプロダクトの責任者として活躍を期待される職種なのだ。

フロムスクラッチの役職別年収

こちらの章では、フロムスクラッチの役職別年収についてみていこう。口コミや実際の求人などを参考に算定した年収をまとめてみた。

新入社員:450万円

新入社員の年収はおよそ450万円程度と推定される。平均的な新卒の年収額が200〜250万円とされているため、高水準な年収といえるだろう。

係長:不明

係長とは、ともに仕事を行う主任以下の社員を取りまとめる役割を持つポジションだ。一般的な係長の平均年収は550〜770万円といわれているが、フロムスクラッチで実際の係長職での年収額を確認することはできなかった。

課長:不明

課長とは、所属する課を取りまとめる役割を担うポジションだ。課長から上の役職がいわゆる「管理職」と呼ばれる役職者となる。一般的な課長の平均年収は932万円といわれているが、こちらも同様にフロムスクラッチでの実際の課長職での年収は確認することができなかった。

部長:不明

部長とは、所属している部門や部署において、経営の戦略を立てていくために重要な役割を持つポジションだ。部下のスキル管理や人材管理の整備など、その業務は多岐にわたる。

一般的な部長の平均年収は1,000万円と1,000万円の大台に乗る役職なのだが、こちらも同様にフロムスクラッチの部長職での年収は残念ながら確認することができなかった。

フロムスクラッチのボーナスはどのくらい?

こちらの章ではフロムスクラッチのボーナスについてみていこう。

ボーナスは年2〜4回支給?

フロムスクラッチのボーナスは年2〜4回支給されているようだ。口コミサイトなどでしか現時点では確認することができないためはっきりとした内容を紹介することができない。

しかし、年に4回ある昇給・昇格のタイミングで報酬アップを狙うことができるのはうれしいポイントといえるだろう。

第二新卒・中途で入社時の年収イメージ

第二新卒:目安450万円程度

第二新卒でフロムスクラッチに転職した場合の推定年収は450万円程度だ。前職での経験というよりもポテンシャルで採用されることの多い第二新卒の場合は、新卒採用の方たちと同じような年収となることが予想されるだろう。

中途(在籍3年未満):550万円程度

例えばコンサルタント職で在籍3年未満の場合の年収は550万程度という口コミも見られた。20代が多く活躍する企業であるため、前職の経歴やスキルによってはかなりの高収入が期待できるだろう。

中途(在籍3〜5年):目安620万円程度

さらに調査を続けると、セールス職で在籍3〜5年の場合の年収にて620万円程度という口コミも見つけることができた。在籍年数的にも役職者としての登用の可能性がとても大きく、スキル次第では高収入が見込めるといえるだろう。

まとめ

フロムスクラッチの平均年収について解説してきた。ベンチャー企業にも関わらず、マーケティングソリューションの分野での知名度が高い企業だ。

20代を中心とした若手の人材が多く活躍していることと、年4回に渡る昇給や昇格の制度があることからも、実力次第では年収アップが期待できる環境といえるだろう。

様々な職種での募集がされているため、興味のある方はぜひチェックしていただければと思う。

※本記事の平均年収等の情報は、「民間給料実態統計調査」「賃金構造基本統計調査」等の各省庁や業界団体が公表・提出している資料や「有価証券報告書」、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です。ご理解いただいた上で、ご参考ください。

編集部のおすすめ転職サービスランキング