SCSKの平均年収は747万円!勝ち組?初任給やボーナスも解説

SCSK株式会社平均年収は?

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

「SCSKの平均年収はいくら?」

「SCSKの年収は他社より低いの?」

SCSKは住友商事グループの大手SIer企業です。転職・就職先として人気が高いですが、年収がいくらもらえるのかわからないと不安になると思います。そこで、この記事ではSCSKの平均年収や初任給を解説していきます。

また、SCSKと他社の年収比較やボーナスの詳細、おすすめの転職エージェントも紹介しているので参考にしてください。

もし、ITエンジニアとしてSCSKに転職を考えているならレバテックキャリアを利用しましょう。IT業界に特化した転職エージェントなので、技術や市場を知り尽くしたアドバイザーがサポートをしてくれます。

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

SCSKの平均年収は747万円

SCSKの平均年収は747万円

SCSKの平均年収は747万円です(2023年度有価証券報告書)。日本の平均年収である458万円(参考:国税庁)と比較すると、280万円以上の収入を得られます。

給与形態は月給制で、基本給+業務手当+ボーナス年2回+各種手当の構成です。業務手当とはみなし残業代のことです。総合職(若手層)は20時間、基幹職(リーダー層)は34時間を超えると別途の残業代が支給されます。

SCSKに転職するなら転職エージェントを活用しましょう。IT・Webに特化したレバテックキャリアなら業界に関する知識が豊富なので、SCSKの内部情報を教えてくれます。

SCSKの手取りは年間で557万円

年間の手取り(平均) 557万円
月額の手取り(平均) 46.4万円

参考:税金・保険シミュレーション

SCSKの手取りは年間で557万円、1ヶ月あたりでは46.4万円です。ただし、実際の手取りはボーナスの割合や家族構成、年齢などによって変わります。あくまで参考程度に考えてください。

手取りとは、総支給額(基本給に各種手当を足したもの)から、所得税や住民税、社会保険料などの控除額を引いた金額です。

一般に手取り額は総支給額の80%程度とされますが、年収747万円の場合、累進課税により税率が上がり、総支給額の76%程度になります。

SCSKに勤めた場合の平均的な税金や保険料

控除 金額
所得税 380,900円
住民税
414,200円
厚生年金
680,760円
健康保険
372,000円
雇用保険 44,802円
控除額合計 1,892,662円
手取り額 5,574,338円

参考:税金・保険料シミュレーション

過去10年間のSCSKの平均年収

年度 平均年収
2022年度 747万円
2021年度 752万円
2020年度 753万円
2019年度 736万円
2018年度 726万円
2017年度 726万円
2016年度 727万円
2015年度 721万円
2014年度 700万円
2013年度 689万円

出典:各年度の有価証券報告書

SCSKの平均年収は、過去10年間で689~753万円を推移しています。2014年度までは700万円を下回っていましたが、2021年度以降から平均年収が750万円ほどに上がりました

新型コロナウイルスの流行が始まった2020年以降も平均年収は750万円前後です。大きな社会変化でも年収が下がらなかったので、安定した収入が得られる企業と言えます。

SCSKの職種・役職・年齢別の平均年収

SCSKの職種・役職・年齢別の平均年収

SCSKの職種別の平均年収

役職 年収の目安
営業 580万円
ITエンジニア・SE 580万円
システム開発 530万円
ネットワーク
サーバー・インフラ系
520万円
システム
ソフトウエア開発
510万円
プロジェクト
マネージャー
750万円
企画 650万円
コンサルタント 600万円
管理 650万円

※復数の口コミサイトを基に年収の目安を算出

SCSKの職種別平均年収で最も高かったのは、プロジェクトマネージャーの750万円でした。一番低いシステム・ソフトウエア開発が510万円なので、210万円の差が開いています。

SCSKは働く職種によって年収に差が開いているのがわかります。

SCSKの役職別の平均年収

役職 年収の目安
基幹1等級
(総合職、若手層)
380万円
基幹2等級
(総合職、若手層)
500万円
基幹3等級
(総合職、若手層)
650万円
基幹4等級
(リーダー、課長代理)
750万円
基幹5等級
(マネージャー、課長)
800万円
基幹6等級
(部長)
900万円
基幹7等級
(部長)
1,000万円

※復数の口コミサイトを基に年収の目安を算出

SCSKでは役職を7段階に設定しており、基幹4等級から課長やリーダーといった役職が付くようです。30代は3~5等級、40代は4~6等級まで上がる人が多いようです。

「毎年の昇給額が少ないので年収を上げるためには昇進を目指すしかない」という意見を口コミサイトで多く見かけました。

SCSKは年功序列ではなく、実力で年収アップを狙えるIT企業のようです。

SCSKの年齢別の平均年収

年齢 年収の目安
~25歳 380万円
26~30歳 500万円
31~35歳 600万円
36~40歳 650万円
41~45歳 700万円
46~50歳 750万円
51~55歳 760万円

※復数の口コミサイトを基に年収の目安を算出

SCSKの年齢別の平均年収をまとめました。SCSKの平均年収747万円を超えるようになるのは40代以降のようです。

SCSKは30代から役職に就くことが多いので年収の大幅アップに期待できます。ただ、50代以降は昇進が難しくなるので、昇給額が少なくなる場合が多いです。

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート

SCSKの年収モデル

年収モデル 内訳
総合職(若手層)
想定年収500万円
・基本給:298,700円✕12
・業務手当:51,300円✕12
・予定賞与:800,000万円
※業務手当は残業20時間相当分
基幹職(リーダー層)
想定年収700万円
・基本給:363,600円✕12
・裁量労働手当:105,300円✕12
・予定賞与:1,404,400円
※裁量労働手当は残業34時間相当分

参照:募集要項|SCSK

SCSKの募集要項ページには、500万円と700万円の年収モデルが掲載されています。それぞれの役職や基本給、予定賞与など確認できるので転職する際の参考にできます。

また、SCSKの月給は業務手当や裁量労働手当という名目でみなし残業代が含まれています。

総合職は20時間、基幹職は34時間を超えないと超過分の残業代が支払われません。

SCSKは勝ち組?競合他社との年収比較【IT業界】

社名 平均年収 企業概要
ジャストシステム 1,439万円 日本語入力システム「ATOK」等ソフトや法人業務システムなどを展開。
ソフトバンク
グループ
1,340万円 大手通信キャリアの持ち株会社。戦略的持株会社として、子会社への投資事業などを行う。
野村総合研究所 1,242万円 金融系に強みがある日本を代表するSIer・コンサル会社。
電通国際情報
サービス
1,128万円 電通グループの一員のユーザー系SIer。
日本オラクル 1,127万円 ソフトウェア大手、米オラクルの日本法人。
SRA
ホールディングス
1,126万円 独立系ソフトハウス、金融機関や研究機関向けの業務用ソフトウェア開発・システム運用を行う。
ベイカレント
コンサルティング
1,118万円 日本に本社を置く、日系最大級の総合コンサル会社。
ソニーグループ 1,102万円 世界的電機メーカーであるソニーを傘下に置く持株会社。
メルカリ 1,036万円 フリマアプリ「メルカリ」を運営する企業。
伊藤忠テクノ
ソリューションズ
1,029万円 伊藤忠商事グループの主要子会社でSIer大手。
三菱総合研究所 1,025万円 日本の大手シンクタンク、コンサルティングITサービスも提供。
オービック 1,006万円 独立系SIer企業、「OBIC7」を代表とする業務用ソフトウェア開発も行う。
CAC Holdings 1,005万円 システム構築サービスやシステム運用サービスを提供するCACグループの持株会社。
構造計画研究所 986万円 建築関連のエンジニアコンサルティング、製造関連のプロダクツサービス事業を行う。
PHC
ホールディングス
981万円 日本発のグローバルヘルスケア企業、電子カルテシステムやヘルスケアITシステムなどを提供する。
NTT 972万円 通信事業最大手企業、ドコモやNTT東日本・西日本などを傘下に置く。
エムスリー 949万円 日本最大級の医療従事者専用サイトを運営する。
KDDI 943万円 大手通信事業企業、auブランドを中心とした携帯電話事業を行う。
東芝 926万円 大規模発電設備の建設やインフラ設備関連が中心、情報ソリューション・データ活用事業も行う。
シンプレクス
ホールディングス
916万円 金融業界に特化したITソリューションを提供する企業、金融システム開発やコンサルティング業務を行う。
日立製作所 916万円 大手総合電機メーカー、エネルギー事業やSIerとしてデジタルソリューション事業も行う。
LINEヤフー 913万円 「LINE」や「Yahoo! JAPAN」を運営するネットサービス大手企業。
AnyMind
Group
910万円 企業やクリエイター向けに、ECサイト構築やマーケティング支援などを行う。
フリークアウト
ホールディングス
894万円 広告・マーケティング企業、DSP領域やSSP領域へ事業展開を行う。
横河電機 886万円 工業計器国内首位の電気機器メーカー、生産設備向けのシステム開発も行う。
トレンドマイクロ 885万円 「ウイルスバスター」を主力とするセキュリティソフト開発会社。
富士通 879万円 ITサービス国内シェアNo.1の総合エレクトロニクスメーカー。
日鉄
ソリューションズ
870万円 日本製鉄グループのユーザー系SIer、横浜にシステム研究開発センターを持つ。
ビジョナル 867万円 傘下に転職サイト「ビズリーチ」を持つ。人材活用システムや人材管理システムを提供。
NTTデータ
グループ
867万円 NTTグループのITサービス大手企業。データ通信やシステム構築などを行うSIer。
都築電気 866万円 通信ネットワークと情報システムの両面からサービスを提供する独立系SIer。
安川電機 863万円 産業用ロボットやインバータなどで高いシェアを持つ電気機器メーカー。
IMAGICA GROUP 861万円 映像制作大手企業、映像システム事業も行う。
ディー・エヌ・エー 857万円 ゲーム開発、ライブ配信などを高く展開するインターネット関連企業。横浜DeNAベイスターズを有する。
大塚商会 857万円 ITサービス大手企業、SI事業や事務用品の販売も行う独立系SIer。
アバントグループ 845万円 連結会計システムを開発するソフトウェア会社。
NEC 843万円 ITサービス事業を主力とする電機メーカー。海底ケーブルの世界シェアトップ3のひとつ。
リコー 839万円 複写機・複合機を主力とするメーカー。ソフトウェア開発やソリューションの提供も行う。
JBCC
ホールディングス
838万円 クラウド、セキュリティ、クラウドデータ連携に強みを持つITサービス企業。
ビジネス
エンジニアリング
830万円 製造業向けERPシステムのパイオニア、システム開発やソリューション事業を行う。
三菱電機 827万円 大手総合電機メーカー、重電システムや産業メカトロニクスを主力として、12の事業分野を行う。
日本製鉄 825万円 製鉄事業を主力で粗鋼生産で世界シェア上位、システム・ソリューション事業なども行う。
オークネット 824万円 中古車やバイクなどのBtoBのネットオークション事業を展開。
三谷商事 819万円 セメント、生コン販売量日本一の商社。独立系SIerとしても事業を展開する。
サイバーエージェント 817万円 メディア事業やネット広告事業、ゲーム事業などを行う。
BIPROGY 816万円 大日本印刷株式会社のグループ企業、ITソリューションサービスを提供する。
イノテック 815万円 半導体設計用ソフトウェアや半導体用の検査装置の製造・販売を手掛ける商社兼メーカー企業。
グリー 811万円 SNSサイト「GREE」を運営、ゲーム事業やメタバース事業などを展開する。
インテージ
ホールディングス
807万円 パネル調査国内最大手企業、システムインテグレーション事業も行う。
ソフトバンク 805万円 ソフトバンクグループ傘下の国内大手電気通信事業者「ソフトバンク」「ワイモバイル」を展開する。
楽天グループ 797万円 日本最大級のECサイト「楽天市場」を運営。通信サービス、ネット銀行、ネット証券など様々な業種を展開する。
ポールトゥウィン
ホールディングス
788万円 ゲームのデバッグ企業大手、メディア・コンテンツ事業なども行う。
インフォコム 787万円 医療系に強みを持つユーザー系SIer。電子コミック配信サービス「めちゃコミック」も運営する。
テクマトリックス 787万円 トータルセキュリティソリューションを提供する、ネットワークインテグレーター。
図研 780万円 プリント基板設計用CAD/CAMシステムで国内No.1のシェアを持つ。
アズビル 780万円 制御・自動化機器の大手メーカー、空調自動制御分野に強み。
スターティア
ホールディングス
771万円 スターティアグループの持株会社、ITインフラ事業としてネットワークインテグレーションSIなどを提供する。
TKC 769万円 情報処理サービス大手、会計事務所や地方公共団体など向けに情報サービスを提供する。
アスクル 769万円 事務用品通販サイト「アスクル」を運営。
セゾン情報 ステムズ 768万円 金融系システム開発や流通システム開発などを行うユーザー系SIer。
ITbook
ホールディングス
766万円 官公庁や民間企業等に対するコンサルティング事業や、システム開発事業などを行う。
ネットワンシステムズ 766万円 ネットワーク基盤の設計・構築・運用に強みを持つネットワークインテグレーター。
NECネッツエスアイ 764万円 NECグループ傘下の企業、ネットワークをコアとするICTシステムに関する企画・コンサルティングを行う。
デジタルガレージ 763万円 電子決済サービスやデジタルマーケティング事業などを行う。
JFEシステムズ 759万円 JFEスチールグループのSIer企業、製造・流通向けのシステム構築なども行う。
SBテクノロジー 757万円 ソフトバンクグループ企業でICTサービス事業を行うSIer。
ウイングアーク1st 753万円 帳票・文書管理事業を主力とするソフトウェア開発企業。
TIS 752万円 決済領域で国内トップシェアを持つ総合ITサービス企業。独立系SIer大手。
ヒトコミュニケーションズ
ホールディングス
749万円 EC支援事業で、ブランド等のオフィシャルECサイトの開発を行う。
SCSK 747万円 住友商事グループのSIer。製造、通信、エネルギー、流通などの産業にITソリューションを提供する。
インターネット
イニシアティブ
741万円 インターネット接続サービスを主力とした電気通信事業者。
MIXI 739万円 「モンスト」などのデジタルエンターテインメント事業を主軸としたIT関連企業。
内田洋行 739万円 オフィス関連家具の開発・製造・販売を行う他、業務システムやネットワーク構築サービスも提供する。
フューチャー 734万円 ITコンサル事業とビジネスイノベーション事業の2軸でビジネスを展開する情報システムコンサルタント企業。
サイバネットシステム 730万円 企業・研究機関・大学向けにソフトウェアや技術サービスを提供するソフトウェア開発企業。
OKI 729万円 ATMで高いシェアを持つ情報通信機器メーカー。
JMDC 727万円 医療向けのビッグデータ事業を行う。
デジタルホールディングス 727万円 インターネット広告事業を行う株式会社オプトを傘下に持つ持株会社。
沖縄セルラー電話 726万円 KDDIの連結子会社で、沖縄の総合通信事業者。
兼松
エレクトロニクス
723万円 兼松グループのSIer、企業の情報システム設計・運用やシステムコンサルティングを行う。
SRE
ホールディングス
720万円 ソニーグループ株式会社のグループ会社で、不動産仲介事業やAIクラウド&コンサルティング事業を展開する。
チェンジ
ホールディングス
718万円 ビッグデータ・AIを用いてデジタル人材育成支援などの事業を展開する。
八洲電機 716万円 プラント事業や産業・設備事業、交通事業を展開するエンジニアリング企業。
アルゴグラフィックス 712万円 大手製造業を中心にIT技術をベースとした製品やサービスを提供するテクニカル・ソリューション・プロバイダー。
YE DIGITAL 710万円 通信・製造業向けに強みがあるソフトウェア開発企業。
アルテリア
ネットワークス
704万円 大容量光ファイバーケーブル・ネットワークを構築する電気通信事業会社。
ラクスル 703万円 ネット印刷「ラクスル」を主軸として、様々なプラットフォームを展開する。
電算 702万円 行政向けシステムに強みを持つ独立系SIer。
CARTA HOLDINGS 700万円 電通グループを親会社に持つ持株会社、マーケティングソリューション事業やアドプラットフォーム事業などを行う。
Sansan 700万円 法人向け名刺管理サービス最大手の企業。
協栄産業 695万円 半導体・FA事業とシステム開発事業など行う。
オービック
ビジネスコンサルタント
694万円 業務ソフトの「奉行」シリーズを展開するソフトウェアメーカー。
NCS&A 691万円 システム開発やシステムサポート、自社ソフトの販売などを行う独立系SIer。
ビジネスブレイン
太田昭和
690万円 経営会計×ITソリューションに強みを持つコンサルティングファーム。
アイネス 690万円 金融・保険業、流通業、製造業、地方公共団体に強みを持つ独立系SIer。
扶桑電通 689万円 企業、通信事業者、自治体などにICTサービスをワンストップで提供するユーザー系SIer。
サーバーワークス 686万円 AWSに特化したシステム開発を行うクラウドインテグレーター。
フリー 685万円 個人事業主向けの統合型経営プラットフォーム「freee」などのクラウドサービスを提供する。
アマノ 685万円 就業システムや駐車場機器などの時間管理機器大手、ゲート式駐車場国内シェア60%を誇る。
カカクコム 685万円 価格比較サイト大手「価格.com」を運営する。

全部見る

※各社の有価証券報告書から抜粋(調査日:2023/11/28)

SCSKと同業他社であるIT業界の平均年収をランキング上位から並べました。1位のジャストシステムと70位のSCSKでは約2倍の差があります。SCSKは勝ち組とは言えない企業のように見えます。

ただ、IT業界の平均年収が638万円(参考:動向サーチ)なので、SCSKなら約109万円ほど多く稼げます。

▶IT企業の年収・売上ランキングの詳細

SCSKの初任給詳細

SCSKの初任給詳細

学歴 初任給 初年度の
年収の目安
(ボーナスを除く)
大卒 310,000円
※業務手当44,200円含む
3,720,000円
院卒 330,000円
※業務手当47,000円含む
3,960,000円

参考:募集要項|SCSK

SCSKの初任給は大卒が31万円、院卒で33万円です。国内の学歴別初任給の平均は大卒が21万200円、院卒は23万8,900円(参考:厚生労働省)なので、SCSKの給与水準の高さがうかがえます。

ただ、SCSKの月給にはみなし残業代(業務手当)が含まれています。残業時間が月に20時間を超えた場合、超過分の残業代が支給されます。

SCSKのボーナスはいくら?

SCSKのボーナスはいくら?

SCSKの予定賞与は総合職(若手層)が80万円、基幹職(リーダー層)が104万円です。キャリア採用の募集要項に公表されていました。

支給月は6月と12月の年2回です。

SCSKはホワイト企業?残業代・残業時間の詳細

SCSKはホワイト企業?残業代・残業時間の詳細_

「健康経営優良法人2023(ホワイト500)」に7年連続で認定される

SCSKは経済産業省が認定している「健康経営優良法人2023(ホワイト500)」に7年連続で認定されました。優良な健康経営を実践している企業を顕彰する制度なので、SCSKは労働者の健康を大事にしていると言えます。

大規模法人部門では2,676社が健康経営優良法人に認定されましたが、SCSKは上位500社に選ばれたのでホワイト500を付加されています。

SCSKの平均残業時間は月間22時間

SCSK 残業時間と有給取得率のグラフ

引用:なるほど!SCSK|SCSK

2022年度のSCSKの平均残業時間は月間22時間です。厚生労働省の毎月勤労統計調査(令和4年)によると、就業者全体の残業時間の平均は1ヶ月あたり10.1時間なのでSCSKは2倍ほど残業しています。

ただ、2010年度の残業時間が27時間だったのに対して、2014年度には18時間まで減少できました。

2020年度以降、残業時間が20時間を超えていますがオフィスワークとリモートワークの組み合わせて新しい働き方の実現を目指しています。

SCSKの残業時間の推移詳細

年度 平均残業時間
2022年度 22時間00分
2021年度 21時間43分
2020年度 20時間59分
2019年度 18時間15分
2018年度 17時間41分
2017年度 16時間22分
2016年度 17時間47分
2015年度 18時間00分
2014年度 18時間16分
2013年度 22時間03分
2012年度 26時間10分

引用:統合報告書2023|SCSK

SCSKは基本給にみなし残業代が含まれている

SCSKでは基本給に業務手当や裁量労働手当という名目でみなし残業代が含まれています。みなし分の残業時間であれば追加の給料は支払われません。

総合職は20時間、基幹職は34時間のみなし労働時間が設定されています。みなし労働時間の超過分については別途支給されます。

みなし残業代が含まれていても残業を必ず強要されるわけではありません。時間内に仕事を終わらせた人より、進捗の遅い人が残業代を多くもらう不公平を防げる側面もあります。

SCSKの評価制度

SCSKの評価制度

SCSKの評価制度は新卒や中途、社歴に関わらず実績に基づいて公平にしているようです。「貢献度」「行動」「役割」「専門性」の4つの視点で評価をしています。

期初に上司と目標設定面談をおこない、成果を上げていくための役割や行動を確認します。期末の評価面談で目標を達成できたか確認する仕組みです。

また、専門性の評価を「SCSKキャリアフレーム」に基づいて7段階のレベルに設定しています。目指すレベルとのギャップを把握させて、社員の成長を促しています。

SCSKの福利厚生

SCSKの福利厚生

福利厚生 通勤手当全額支給、社会保険完備、退職金制度、企業年金、財形貯蓄、従業員持株会、慶弔見舞金、育児休業、介護休業、フレックスタイム、在宅勤務、通年カジュアルスタイル、ノー残業デー など
休日休暇 年次有給休暇、完全週休2日制、メモリアル休暇、マタニティ休暇、配偶者の出産休暇 など
その他 独身寮、リラクゼーションルーム、社内診療所、カウンセリングルーム、レジャー施設の割引、受動喫煙防止措置 など

参照:募集要項:SCSK

SCSKでは、大企業ならではの充実した福利厚生が設定されています。育児・介護支援や独身寮、レジャー施設の割引など、業務やプライベートの充実を図る施策が豊富です。

リラクゼーションルームにはあんま指圧マッサージ資格保有者が常駐しています。社員の健康を増進するとともに、仕事の効率化を目指しています。

加えて、独身寮は自宅からの通勤が120分を超えていれば入居できます。男子寮と女子寮があり、通勤時間の削減と併せて、家賃負担も軽減できます。

SCSKはどんな会社?

SCSKはどんな会社?

会社名 SCSK株式会社
設立 1969年10月25日
本社所在地 東京都江東区豊洲3丁目2番20号
従業員数 単体8,470名
連結15,328名(2023年3月31日現在)
資本金 21,285百万円

SCSK株式会社は、住友商事グループのSIer(システムインテグレーター)企業です。「ITハード・ソフト販売」「ITマネジメント」「コンサルティング」「システム開発」など、幅広く事業を展開しています。

三菱地所や住信SBIネット銀行、丸紅、本田技研工業などの大企業もSCSKのサービスを利用しており、「不動産」「金融」「商社」「製造」など様々な業種にも対応しています。

▶Sier企業の売上・年収ランキングはこちら

SCSKの事業内容

サービス 概要
BPO 顧客業務の一部を受託し、コンタクトセンターやECフルフィルメントサービスを提供
ITハード
ソフト販売
キュリティ、ネットワークなどのプロダクトの販売、構築、サポートを提供
ITマネジメント さまざまなITシステムの保守運用と継続的改善をITサービスマネジメントを提供
ITインフラ構築 ITインフラの設計・構築および安定利用に向けた運用設計などを提供
コンサルティング IT戦略策定、業務領域ごとのIT企画の立案、IT戦略の実現をサポート
システム開発 SoRからSoEまで幅広い開発ニーズに対応
検証サービス 長年培った経験、独自の検証理論、最新の技術を駆使してソフトウェアの評価や検証を提供

参照:事業内容|SCSK

SCSKは7つのIT事業を展開しており、ビジネスで必要なITサービスを一社で全て請け負える企業です。世界38か国200以上の地域にシステムを導入した実績があり、グローバルな展開もしています。

2023年3月期は全ての売上区分において増収となり、売上高は4,459億円です。前年度より318億円増加となりました。

製造・流通・金融・通信業が主なクライアントで、約8,000社のITニーズに応えてきました。

【SoRとは】 System of Recordの略、記録を目的としたシステム(参考:NTTコミュニケーションズ)
【SoEとは】 System of Engagementの略、顧客や取引先との関係を強化するシステム。顧客情報ややり取りを蓄積したりなど(参考:NTTコミュニケーションズ)

SCSKに転職する方法

SCSKに転職する方法

転職エージェントから応募【おすすめ】

SCSKへの応募は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。応募書類の書き方指導や面接対策をしてくれるうえに、面接の日程調整や給与交渉までサポートしてくれます。

特におすすめなのが、IT業界に特化したレバテックキャリアです。エンジニアとしての技術や市場を知り尽くしたアドバイザーにより、求職者と企業を的確に分析します。

求人数も数多く取り揃えており、SCSKに限らず、同じ業種・職種の紹介を受けられる可能性もあります。

転職サイトから応募

転職エージェントに次いでおすすめなのは、リクナビNEXTdoda(デューダ)などの転職サイトを使った応募です。転職サイトでは、SCSKの求人情報を自分で探して応募します。

転職サイトのお気に入り登録や通知機能などを使えば、応募や企業とのやり取りをスムーズに進められます。

ただし、SCSKのような大企業は、非公開求人として募集することが多く、求人情報が見つからない可能性もあるので注意が必要です。

コーポレートサイトから募集

SCSKでは、企業サイトの「キャリア採用」から直接求人に応募できます。企業のコーポレートサイトから応募するやり方で、最も一般的なエントリー方法です。

ただし、企業サイトからの申し込みは応募者が殺到し、難易度が高くなるのでおすすめしません。まずは無料で使える転職エージェントに登録し、プロのサポートを受けながら有利に転職活動を進めましょう。

SCSKへの転職におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
レバテックキャリアレバテック
キャリア
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
リクルートエージェントリクルート
エージェント

レバテックキャリア

ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1

レバテックキャリア イメージ

(出典:レバテックキャリア)

レバテックキャリアのポイント

  • 初回提案での内定率90%超え
  • 年収600万円以上の求人80%
  • 業界特化の専任アドバイザーが在籍
評価 ★★★★☆
求人数 22,351件
得意領域 IT/web業界、エンジニア
雇用形態 正社員、契約社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (東京/大阪/名古屋/福岡)

※2023年8月時点

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリアは、IT・WEB業界の中でもエンジニア職に特化した転職エージェントです。エンジニアとしての技術や市場を知り尽くしたアドバイザーにより、求職者と企業を的確に分析します。

高いマッチング精度で、初回の提案での内定率は90%を超えています。

専任のキャリアアドバイザーは、求職者とマンツーマンで求人紹介から応募書類の添削、面接対応まで徹底的に対応し、スピーディーな転職をサポートします。

レバテックキャリアの評判と口コミ

男性アイコン
みつをさん|30代後半|男性|IT関連|2021.11.05
良い点
|紹介された求人のマッチ率が高い
他のエージェントを使っているとマッチ率の高さに驚きます。よく希望に近い求人を紹介できるなと、どういう基準で求人を選んで紹介してくれるのかも気になってしまいます。カウンセリングの時間も他社とも特に変わっているように感じないので、マッチする求人を紹介してもらいたいならこちらは良いと思います。
またLINEを使って連絡することになるので、メールより改まった感じがせずに気楽に連絡ができるのもよかった。
悪い点
|求人数が少ないので情報収集目的だとがっかり
求人数が少ないので情報収集目的だとがっかりすると思います。また、応募して面接に進めなかった場合は担当者に連絡して他の求人をリクエストしたり連絡することが他社より多かったように思います。その手間が気にならなければよいサービスだと思います。
女性アイコン
名無しさん|30代前半|女性|IT関連|2020.12.20
良い点
|LINEでサクサクやりとりできる
今回、Webデザイナーとして転職をするためにレバテックキャリアを利用しました。メール添付で書類をお送りした後、実際に担当の方と会ってお話したのですが、担当のキャリアアドバイザーは30代前半くらいの女性の方で、サイトにもIT・Web業界のエンジニアやデザイナーの転職情報多数と書かれているだけあり、業界への知識は豊富だと感じました。面談後のやりとりは、基本的にLINEを使用することになるのですが、一々メールを開く手間が省けるので助かりました。
悪い点
|サポート体制、アフターフォローが微妙
いくつか求人を送っていただいたのですが、気になる求人は少なく…私の場合、書類選考のみでしたので、落選した際のご連絡も簡潔なものでした。結果的に他のエージェント経由で転職先を見つけたのですが、そのことをご報告した後に転職の状況を確認するテンプレートメールが届き、少々残念な気持ちになりました。

ビズリーチ

年収アップにおすすめの転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
評価 ★★★★★
求人数 90,369件
得意領域 ハイクラス
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島)

※2023年8月時点

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。登録すると過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージが届きます。

スカウトは厳選された優良企業やヘッドハンターから直接届きます。キャリアに自信がある求職者におすすめの転職エージェントです。

また、ビズリーチでは税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランで、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえます。まずは、無料プランから利用してみましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
ニックネームさん|20代後半|男性|ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)|2021.10.13
良い点
|自身のキャリアアップに繋がった
ビズリーチに掲載されているものは専門的でハイクラスな求人が多く、自身が望むようなキャリアアップにかなり繋がりました。また、ハイクラスな業務内容なため、前職よりも大幅に年収をアップすることに成功しました。
悪い点
|転職先が決まるまでに時間がかかった
基本的に企業からスカウトされるのを待つ形式なため、スカウトをもらえなければ、転職先が見つかるまでに時間がかかりました。私自身若手ということもあり、あまりアピールできる実績がなく、スカウトが来るまでに時間がかかりました。
男性アイコン
たかしさん|20代後半|男性|製造業|2021.05.07
良い点
|ヘッドハンターの数が多い
とにかくヘッドハンターの数が多く、誰を選んでいいのか迷うぐらいたくさんのヘッドハンターからのスカウトがありました。自分のやりたことと照らし合わせながらヘッドハンターを選べるのは良いと思いました。また、専門分野に特化したヘッドハンターもいて専門性を求める人には良いサービスだと思いました。
悪い点
|アフターフォローが今ひとつ
アフターフォローがもう少しあっても良いのではないかと思いました。登録後ビズリーチの担当から電話があり、今後の進め方などの説明がありましたが、それ以降何も連絡がなく、困った時にどこに問い合わせていいかわからなかったです。

SCSKへの転職を成功させるコツ

SCSKへの転職を成功させるコツ

キャリア・スキルの棚卸しをする

SCSKへの転職を成功させるなら、初めにキャリア・スキルの棚卸しをしましょう。現職(前職)で行った業務を振り返ることで、企業へのアピールポイントが明確になります

また、企業は即戦力になる人材を求めています。「1ヶ月で◯◯万円の売上を出す」「◯◯人のチームリーダでプロジェクトを成功させた」など、具体的な実績をアピールするのがおすすめです。

加えて、業種・職種でも使えるスキルとして、マネジメントやリーダー経験があれば有利になります。

転職理由を明確にする

SCSKへの転職を成功させるなら、転職理由を明確にしましょう。転職理由が曖昧なままではSCSKでも同じ悩みに直面する可能性が高いので、転職する意味がなくなります

転職理由を明確にしていくと、本当にSCSKへ転職すべきなのか判断できます。実は、現職を続けたほうが年収・キャリアアップが望める可能性も見つかります。

また、転職理由を明確にすると、面接対策でも役立ちます。特に、現職の勤続年数が短い場合では明確な理由がないと「採用してもすぐに辞めそう」といった、悪印象を持たれてしまいます

企業分析を入念に行う

SCSKへの転職を成功させるなら、企業分析は入念に行いましょう。面接では志望動機をよく聞かれるので、企業分析をしないと曖昧な回答をしてしまい評価が落ちてしまいます

面接対策としてSCSKについて勉強するのはもちろんですが、企業研究をする中で本当にSCSKが自分に合っているかの判断材料にもなります。

SCSKの事業内容や経営理念、社風、今後の事業方針などを公式サイトから深掘りしておきましょう。

SCSKの採用大学ランキング

2023年のSCSKの採用大学で、最も多いのは明治大学で24人でした。次いで東京理科大学、中央大学となっています。

大学名 就職者数
明治大学 24人
東京理科大学 21人
中央大学 17人
法政大学 17人
早稲田大学 13人
成蹊大学 11人
青山学院大学 10人
関西学院大学 9人
関西大学 7人
九州工業大学 6人
芝浦工業大学 6人
立命館大学 6人
東京都市大学 5人
大阪大学 4人
和歌山大学 4人
熊本大学 4人
横浜市立大学 4人
立教大学 4人
同志社大学 4人
近畿大学 4人

出典:大学通信|企業ごとの大学別就職者数

まとめ

SCSKの平均年収は747万円です。日本の平均年収である458万円と比較すると、280万円以上の収入を得られます。

また、「健康経営優良法人2023(ホワイト500)」に認定されているので従業員の健康を大事にしている企業です。福利厚生も充実しており、業務やプライベートの充実を図る施策が豊富です。

SCSKに転職するなら転職エージェントを活用しましょう。IT・Webに特化したレバテックキャリアなら業界に関する知識が豊富なので、SCSKの内部情報を教えてくれます。

企業×年収関連記事

企業×年収別の関連記事
アクセンチュア 味の素 アステラス製薬
アビーム
コンサルティング
伊藤忠商事 NTTデータ
NTTコミュニケーションズ エムスリー オリックス
キーエンス キオクシア キヤノン
Google ゴールドマン
サックス
サイバー
エージェント
SUMCO サントリー セールスフォース
ソフトバンク ディスコ データX
デンソー 電通 東京
エレクトロン
東京海上日動 凸版印刷 トヨタ
ニトリ 日立システムズ 日立製作所
ビズリーチ PwC
コンサルティング
ファナック
富士ゼロックス 富士通 freee
プルデンシャル ベイカレント
コンサルティング
マネー
フォワード
みずほ銀行 三井住友銀行 三菱ケミカル
三菱商事 三菱電機 メルカリ
楽天 リクルート
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事