マネーフォワードの平均年収は? 気になる年齢別や役職別の年収を大公開!

マネーフォワードの平均年収は? 気になる年齢別や役職別の年収を大公開!

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

最近CMでも見かける「マネーフォワード」は、個人向けの会計ソフト「​マネーフォワード ME​」や、SaaS型サービスプラットフォーム「​マネーフォワード クラウド」などの金融系のWebサービスを提供している企業だ。

2020年のマネーフォワードの有価証券報告書によると、全社員の平均年収は614万円だ。

今回は、マネーフォワードの年収について詳しく解説していく。

マネーフォワードをはじめとするベンチャー企業、IT企業への転職を検討する方は、まずはビズリーチに登録しよう。企業の人事や、ベンチャー・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届く。

ビズリーチと併用してほしいのは、IT企業に強い転職エージェントだ。レバテックキャリアマイナビエージェントにも登録しておこう。

IT業界に強い転職サービス
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

マネーフォワードの平均年収は614万円

マネーフォワードは2012年に創立され、家計簿アプリ「マネーフォワード ME」をはじめ、お金のプラットフォームとして事業拡大をし続けている企業だ。

個人向けのサービス提供をしているイメージが強い一方、企業向けのサービスやコンサルティング業務など幅広く事業を展開しており、今では子会社・グループ会社を14社持つメガベンチャー企業なのだ。

マネーフォワードの会社概要は以下だ。

  • 従業員数:865名
  • 平均年齢:33歳
  • 平均勤続年数:2.3年

2017年から4年間の、平均年収の推移は以下だ。

2017年 614万円
2018年 611万円
2019年 607万円
2020年 614万円

会計ソフトを開発・提供している競合他社の平均年収と比較してみよう。

「会計freee」などを運営し、2019年末に上場した「freee」は686万円と、上場前よりも年収が大きく上昇している。

「弥生会計オンライン」を運営する「弥生株式会社」は、現在オリックスの子会社になっているため公開されている年収は存在しないが、中途の採用情報や口コミから推定すると400〜700万円だ。

そして「勘定奉行クラウド」を運営する株式会社オービックビジネスコンサルタントは686万円だ。

これら競合の会計ソフト開発会社と比較すると、マネーフォワードは平均的な年収であることがわかる

マネーフォワードへの転職なら、ビズリーチに登録しよう。筆者自身、ビズリーチでマネーフォワードからスカウトを受け取ったことがあるので、転職のチャンスを掴めるのは間違いない。

マネーフォワードの年齢別年収

マネーフォワードの年齢別の年収についてみていこう。独自の調査で算出した数値をもとに解説していく。

年代別の平均年収に関しては、国税庁発表の「令和4年民間給料実態統計調査」に基づいている。

30歳:推定540万円

マネーフォワードの30歳の推定年収は540万円だ。

「令和4年 民間給料実態統計調査」によると、30代前半の平均年収が425万円であることと比較しても、かなり高水準の年収が得られることがわかる。

若い世代が活躍している企業だからこそ、結果を出した分給与に反映されているのだろう。

35歳:推定600万円~800万円

マネーフォワードの35歳の推定年収は600万円~800万円だ。マネーフォワードの平均年齢は32歳なので、35歳というと中堅である。

チームを牽引していくポジションや役職につく方も多い世代であることから、給与にも反映されているのだろう。

40歳:推定600万円~900万円

マネーフォワードの40歳の推定年収は600~900万円だ。一般企業だと40代前半は、課長や部長クラスのポジションにつく方も多く、管理職として多くの社員をまとめる役職につく方もいる。

平均年齢の低いマネーフォワードではなおさら、リーダー的な役割を果たしている方が多いだろう。

40代の平均年収450万円と比較しても、かなり上回る年収が期待できることがわかる。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていないだろうか?実は、年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することだ。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高い。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されている。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、活用するのがおすすめだ。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

マネーフォワードの職種別年収

マネーフォワードが現在募集している求人情報を参考に算出した、役職別の年収について解説していく。

デザイナー職(BXデザイナー):推定500〜1000万円

UI/UXデザインのスペシャリストとして、ビジュアル表現全般のアートディレクション、デザインを担う職種だ。

これからマネーフォワードが成長していく上で、一貫したブランドイメージを発信していくためにとても重要な役割を果たしていくポジションといえるだろう。

経験やスキルによっては、年収1000万円以上を狙うこともできる。

バックエンドエンジニア職:推定500〜1000万円

個人向けアプリ「マネーフォワード ME」、法人向けサービス「マネーフォワード クラウド」などのサービスの開発に加え、サービス運営に必要な管理画面など各種プロダクトのサーバーサイド開発を担う職種だ。

Webアプリ開発に関わった経験や、Webアプリのメンテナンスや運用の経験者が優遇される。

エンジニア転職ならIT特化の転職エージェントがおすすめ

IT業界に強い転職サービス
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP

マネーフォワードのバックエンドエンジニア職へ応募するなら「レバテックキャリア」がおすすめだ。IT・WEB業界のエンジニア系職種に特化しており、14,000件以上の異例の求人数を誇る。

レバテックキャリア」以外にも「マイナビエージェント」「ワークポート」を登録しておこう。転職エージェントは、複数登録することで効率よく転職活動を進められる

経理職:推定500〜1000万円

通常の経理業務はもちろんのこと、自社ソフトのプロジェクトに関わる機会も多いため、経理業務の枠を超えて、次世代の経理財務業務の設計を担うポジションだ。

経理の実務経験や申告対応などの税務業務や、公認会計士資格の保有者が優遇される。

セールス:推定400〜700万円

会計事務所などに対し、会計ソフトや確定申告ソフトなどの導入提案やサポート業務を担うポジションだ。そのほかにも、アプリやwebサービスの広告サービスの企画営業も担当する。

金融業界での経験やベンチャー企業での就労経験はもちろん、ITサービスの取り扱い経験なども優遇されるポジションだ。

マネーフォワードの役職別年収

マネーフォワードの役職ごとの年収についても、独自の調査で算出した数値をもとに解説していく。

役職なし:400~500万円

マネーフォワードの役職がついていない20代後半の推定年収は460万円と推測される。

マネーフォワードの社員の平均年齢が33歳と比較的若いこともあり、20代でもスキル次第では、責任のあるポジションや役職につくことができるだろう。その場合は、年収もかなり増えていくことが考えられる。

係長:600~800万円

マネーフォワードにおける「リーダー」は、一般企業で言う「係長」程度だ。一般的には係長に昇進する平均年齢は30代中盤であることから、係長は20代後半から30代前半の方たちがまず目指す役職だろう。

平社員と係長の業務の違いは、一般的な業務に加え、部下のマネージメントが加わることだ。

係長として求められるスキルとしては、リーダーとしての率先力はもちろん、より高度な仕事テクニックや交渉力、そして部下たちの管理能力などが挙げられる。

そのため、係長の背負う責任は一般社員に比べ格段に増えるといえるだろう。

マネージャー:700~1000万円

マネーフォワードにおける「マネージャー」は、一般企業で言う「課長」程度だ。

一般的に課長とは、所属する課全体を取りまとめる役職であり、企業の成長を支えていくための重要なポジションだ。

具体的な業務内容としては、課のマネジメントはもちろん、ご自分の将来の昇格に向けて様々な実績を積んでいくことが求められる。

一般的に課長に昇進する平均年齢は40歳前後とされており、30代の方たちの多くが目指すポジションだろう。マネーフォワードの場合は、社員の平均年齢から考えても30代中盤でも十分目指すことのできる役職といえるだろう。

部長:1,000万円

部長の役割には、大きく分けて以下の2つがある。

  1. 経営資源を管理する
  2. 利益を生み出す仕組みをつくる

部長の管理する経営資源とは、「人材=社員」、「商品・商材」、「資金」の3つのことを指し、それぞれの持ち味を活かし、会社の経営を支えていくのが部長としての役割だ。

また、会社の業績を上げ、利益を生み出すための仕組みづくりも部長の重要な業務だ。どのような人材を雇用していくかという人事関連の業務や事業に対する予算配分など、経営の舵取りをしていく。

責任もかなり大きくなっていくため、部長という役職がつくと年収1000万円を超えてくるのだ。

転職を考えるならビズリーチを利用しよう。質の高いハイクラス求人数が豊富で、登録しておけばスカウトも受けられる。

マネーフォワードでボーナスはもらえるの?

マネーフォワードは、完全年俸制だ

社員の口コミによると、賞与制度は存在するが、業績連動のため、ほとんど賞与をもらったという話は聞かないようだ。なお、ピアボーナス制度(社員同士で少額の謝礼を送り合う制度)は存在している。

しかし、今注目を集めているフィンテック系(金融と技術を組み合わせたビジネスのこと)の企業であることから、一般的な年収と比較してもかなり高水準の金額を得ることができるだろう。

子会社・関連会社の年収は?

マネーフォワードの主なグループ会社は以下だ。

  • マネーフォワードケッサイ株式会社
  • マネーフォワードホショウ株式会社
  • 株式会社クラビス
  • マネーフォワードファイン株式会社
  • マネーフォワードフィナンシャル株式会社
  • マネーフォワードi株式会社
  • 株式会社ナレッジラボ
  • Money Forward Vietnam Co., Ltd.
  • マネーフォワードシンカ株式会社
  • スマートキャンプ株式会社
  • マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社
  • 株式会社アール・アンド・エー・シー
  • ADXL株式会社

これらの企業の中から、求人募集が確認できた3社の年収をご紹介していこう。

マネーフォワードケッサイ:500〜1000万円

マネーフォワードケッサイは、企業間後払い決済サービス「マネーフォワード ケッサイ」や売掛金早期資金化サービス「マネーフォワード ケッサイ アーリーペイメント」の開発・提供を行っている。

2017年に設立されたマネーフォワード100%出資の子会社だ。

年収はマネーフォワードと同レベルで、マネーフォワードから出向してくる社員も多くいるようだ。

クラビス:400〜1000万円

クラビスは、「紙証憑の自動記帳サービス・STREAMED(ストリームド)」を提供している、マネーフォワード100%出資の子会社だ。

領収書や通帳などの証憑画像をスキャンするだけで、1営業日以内に仕訳データを納品するビジネスを展開しており、現在2600を超える企業や事業所で利用されている。

過去に募集されていたエンジニア採用では、予定年収400~800万円とスキルによる年収幅の差は大きかった。

スマートキャンプ:400〜1000万円

スマートキャンプは、国内最大級のSaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL(ボクシル)」を開発、運営するマネーフォワードのグループ企業だ。

職種によって年収にばらつきがあるが、エンジニア職の場合、スキルや経験によっては年収1000万円以上稼ぐことも可能だ。

第二新卒・中途で入社時の年収イメージ

第二新卒や中途採用をされた際の年収について、独自の調査で算出した数値をもとに解説していく。

第二新卒:目安400〜500万円

第二新卒である20代前半の方が転職した場合、推定年収は400万円前後だ。

マネーフォワードには新卒・既卒の区別がないので、あくまで第二新卒の年齢帯・経験値と捉えていただきたい。

マネーフォワードでは教育体制があまり整っていないという過去の在籍者の口コミもあるが、上場を経て、今後はより整っていくのではないだろうか。

中途(20代後半):目安450~550万円

20代後半で転職した場合の推定年収は450〜550万円だ。

マネーフォワードは、ビジョンへの共感と、成果の両面を重視する社風であることから、結果を出さないと報酬アップを狙うことが厳しい。ご自分のスキルや経験を存分に活かせる職種を選んで転職活動を進めていこう。

中途(30代前半):目安500~800万円

30代前半で転職した場合の推定年収は500〜800万円だ。社会人として10年近く経験をしている方が多いため、責任のあるポジションや役職へ転身できる可能性も高い。

それまでの職歴やスキルはもちろんのこと、チームをまとめるリーダーシップや、コミュニケーション能力が求められることが多い。

そのため、前職での実体験をもとにそれらのスキルをアピールしていくことが重要といえるだろう。

おすすめの転職エージェント

レバテックキャリア

IT・WEBの中でもエンジニアに特化

レバテックキャリア イメージ

レバテックキャリアのポイント

  • 初回提案での内定率90%超え
  • 年収600万円以上の求人80%
  • 業界特化の専任アドバイザーが在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価4

16,497件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

東京/大阪/名古屋/福岡

レバテックキャリアのメリット

エンジニアに特化した豊富な求人数
レバテックキャリアは、IT・WEB業界のエンジニア系職種に特化した転職エージェントです。16年以上エンジニアに特化した実績により、特化型エージェントとしては14,000件以上の異例の求人数を誇ります。

専門領域の求人数は2021年9月時点で1位であり、IT特化であることから情報の専門性が高く、同業界への転職であれば必ず登録すべきエージェントだと言えます。

職種別の専門チームと業界特化の専任アドバイザー
レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、エンジニア経験者やIT業界経験者が多く、他の転職エージェントと比べても業界知識の深さに定評があります。

実務経験に基づいたアドバイスができるほか、技術理解の高いコンサルタントが求職者の経験とスキルを深くまでヒアリングしてくれます。

レバテックキャリアは、IT領域のエンジニア・クリエイター人材業で上場した「レバレジーズ」が親会社であり、常に業界の情報をアップデートし、求職者それぞれの得意分野やプロジェクト相性を見抜いてくれます。

職務経歴書やポートフォリオ作成術を指導
レバテックキャリアでは、キャリア相談だけでなく、企業側の採用担当が会いたくなるような資料作成のやり方も教えてくれます。

多くの転職エージェントでは経歴書の添削のみですが、レバテックでは専門アドバイザーや現役エキスパートエンジニアから、Githubやポートフォリオのフィードバックを受けられます。

企業毎に異なる対策を伝授してくれるからこそ、常に高い企業マッチング率を維持することができています。

レバテックキャリアのデメリット

転職可能な地域が少ない
レバテックキャリアは、東京・大阪・名古屋・福岡の4拠点を中心に求人が掲載されているため、転職可能な地域が限られています。

広いエリアで求人をチェックしたい場合は、ビズリーチマイナビエージェントのような総合型の転職エージェントと併用しながら、求人を探すことをおすすめします。

未経験者の転職には弱い
レバテックキャリアで取り扱っているIT業界やエンジニア職は、経験やスキルを重視されるため、掲載されている求人も経験者向けのものが中心です。

即戦力を求めている企業も多いことから、未経験者からの転職は難しい場合もあります。

ただし、経験者採用に比べれば少ないですが、未経験求人も常時300件以上あります。また、就活生向けの特化サービス「レバテックルーキー」も運営しているため、登録して話は聞いてみるべきです。

レバテックキャリアの評判と口コミ

男性49歳

満足度

アドバイスが適切です

現在の職種がWeb関連なので、Web関連の求人で相談しました。レバテックキャリアはIT関連の求人に強いと聞いていただけあって、相談したスタッフも知識が豊富で、こちらの求める条件や相談に対して適切に回答してくれました。

女性32歳

満足度

LINEでサクサクとやりとりできる

今回、Webデザイナーとして転職をするためにレバテックキャリアを利用しました。メール添付で書類をお送りした後、実際に担当の方と会ってお話したのですが、担当のキャリアアドバイザーは30代前半くらいの女性の方で、サイトにもIT・Web業界の、業界への知識は豊富だと感じました。面談後のやりとりは、基本的にLINEを使用することになるのですが、一々メールを開く手間が省けるので助かりました。

女性46歳

満足度

豊富な案件数に大満足

とにかく求人数の多さには満足しました。私自身、給与の水準のことはもとより、福利厚生面の充実など多くのリクエストを出しましたが、合致する案件の紹介をたくさんしてくれました。レバテックキャリアはおすすめですよ。

男性49歳

満足度

IT以外の職種は求人少ない

メインはIT関連の求人で相談しましたが、別の職種も経験してみたいという思いや、今後の定年後の再雇用も見据え、IT以外の職種でも相談しました。しかし、IT以外の職種についてはあまり強くないのか、紹介された会社はあまり多くありませんでした。

女性32歳

満足度

サポートアフターフォローが微妙

いくつか求人を送っていただいたのですが、気になる求人は少なく…私の場合、書類選考のみでしたので、落選した際のご連絡も簡潔なものでした。結果的に他のエージェント経由で転職先を見つけたのですが、そのことをご報告した後に転職の状況を確認するテンプレートメールが届き、少々残念な気持ちになりました。

マイナビIT AGENET

マイナビのIT業界専門転職エージェント

マイナビITAGENTのトップ画像

マイナビITエージェントのポイント

  • 非公開求人率80%で優良企業に出会える
  • ITやWEB業界出身のアドバイザーが多数在籍
  • エンジニア職へ転職したい人におすすめ
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビIT AGENETのメリット

マイナビのIT業界専門部門
マイナビIT AGENETでは、マイナビエージェントの中でも、IT・WEBエンジニアへの転職を熟知した専任アドバイザーのサポートを受けられます

専任制であることで、業界を知る人しかわからない情報もキャッチアップしてくれるため、転職に向けたプランが立てやすくなります。

応募書類や面接対策の手厚いサポート
マイナビIT AGENETは、職務経歴書や応募書類の添削や推敲を無料でサポートしてくれます。企業が見るポイントから客観的にアドバイスし、選考通過率の向上につなげています。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策を取ることができます。

企業の情報収集をバックアップ
マイナビIT AGENETには、リクルーティングアドバイザーという企業への営業担当がいます。担当している企業へ通うことで、企業の情報収集を徹底的に行います。

どんな人材が欲しいのか、社内の雰囲気はどうなのか、求人票だけでは知りえない情報をキャリアアドバイザーへ共有し、企業と求職者のマッチングに役立てます

マイナビIT AGENETのデメリット

ハイキャリア求人は多くない
マイナビエージェントは、応募するにあたっての年齢制限はありませんが、20代~30代の若手層向けの求人が多い傾向にあります。

そのため30代後半の方や、ハイキャリアを目指して転職活動を行う方には、求人数が少なくサポートも物足りないと感じる可能性があります。

企業担当アドバイザーとの連携不足
マイナビエージェントには、企業に訪問して求人を取ってくる営業担当と、求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーがおり、両者で連携して最新の企業情報を求職者に伝えて応募の参考にしています。

しかし担当によっては、営業とキャリアアドバイザー間での連携がうまくいかず、知識のズレにつながることもあるため、もらった情報に不満や疑問がある場合はしっかり確認しましょう

マイナビIT AGENETの評判と口コミ

男性34歳

満足度

サポート体制の充実

こまめに連絡をくれたり、進捗を確認してくれたりとサポート体制が充実していました。また、親身に話を聞いてくれたので非常にやりやすかったです。
対応の丁寧さがあったので、転職に対する不安というものは感じないで済みました。

男性32歳

満足度

転職へのサポート体制

転職サイトをいくつか登録して転職活動を継続しておりましたが、なかんか良い会社に巡り合えず、当サイトに登録いたしました。担当の方が親身になってアドバイスしていただき、
自身の特徴やアピールできる点を見出してくださったおかげで、履歴書や面接の際に過去の仕事経験をいかしてアピールをすることができた。また、サイト自体も見やすく、スムーズに活動することができた。

男性33歳

満足度

適切な距離感覚を

任せる場面は任せてもらいたいという点を感じました。手厚いサポートはうれしかったのですが、ニーズに合わせたサポートを展開してもらえると、より良かったと思います。
また、連絡が重複してしまう場面が何度かあったので、連絡をする際に困ったことが何度かありました。

男性31歳

満足度

求人数が少ない

サイトのサポート体制が充実していたが、他社の転職サイトと比較すると、転職する求人数が少ないように感じました。
また、希望の条件の絞り込みなどで、もう少し、カテゴリーなどを絞り込みことができれば、より効率的に求人を探すことができたのではないかと感じましたので、マイナス点といたしました。

ワークポート

転職決定人数No.1の転職エージェント

ワークポート イメージ

ワークポートのポイント

  • 未経験からの挑戦におすすめ
  • 非公開求人が圧倒的多数
  • 無料でプログラミングを学べる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

約54,000件

非公開求人数

評価4

約21,000件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

東京/札幌/仙台/高崎/埼玉/横浜/千葉/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/高松/北九州/福岡/熊本/韓国

ワークポートのメリット

業界特化の転職相談サービス
ワークポートは、様々な業界に特化した転職アドバイザーが在籍しており、中でもIT業界に強みがあります。

実際に勤務経験のあるIT業界専門の担当者のサポートを受けられ、業界に特化したサービスを行っているため、2021年下半期の転職人数ではNo.1を獲得しました。

70~95%が非公開求人
ワークポートの求人は時期によっては最高95%が非公開です。非公開求人は、一般公開されない優良企業の求人であることが多く、他サービスでは見つからなかった理想の仕事が見つかる可能性があります。
無料のエンジニアスクールで学べる
ワークポートは未経験からプロのエンジニアを目指すための無料エンジニアスクールを用意しています。PHPやJava、インフラエンジニアの知識をオンラインで学べます。

転職が決まるまで、教材費や受講料、転職相談など全てのサービスを無料で受けられるため、未経験者には特に魅力的です。

ワークポートのデメリット

求人紹介が大量に届く
ワークポートのコンシェルジュから紹介される求人数は、1度に10件以上届くこともあり、質より量を重視している傾向があります。そのため、自分にマッチした求人をじっくり見極めたいという方や、求人情報を選別するのがめんどくさいという方にはワークポートはストレスに感じます。
ハイクラス層の求人は少ない
ワークポートは年収1,000万円以上の求人が少なく、上位ハイクラス層の転職には不向きです。未経験者や20~30代の転職がメインのため、年収重視の方はビズリーチを利用しましょう。

ワークポートの評判と口コミ

男性39歳

満足度

専門性の高いエージェント

専門性の高いエージェントでクリエイティブ系の求人は豊富でした。クリエイターの方々にはオススメできるエージェントです。
担当者との連絡をアプリ上から取り合い、非常にレスポンスも良かったです。担当者の対応は、しっかり面談で確認した内容に沿ったものを提案していただき信頼できるものでした。

女性33歳

満足度

話しやすい空間

入った瞬間とてもキレイな個室で、話しやすい空間だなという印象でした。空間から求職者に対しての配慮が感じられました。
担当をしてくれた方は私と歳が近く、同じ子持ちだったので親身になって話を聞いてくれました。難しい要望もできる限り近い形で色々な案件を提案してくれて選びやすかったです。

男性44歳

満足度

担当の方の真剣さが伝わりました

若い女性コンシュルジュの方に担当していただいたのですが、いま置かれている状況を親身になって話を聞いていただけて、仕事に対する真剣さが伝わってきました。
仕事に対して誇りを持って取り組んでおられて、とても信頼できる方でした。

男性39歳

満足度

映像系は少ない

クリエイティブ系の専門性は高いのですが、その中でゲーム系が豊富で、映像系求人はそんなに多いとは言えないかな、と思いました。もう少し映像系の求人があるといいと思います。
途中で担当者が変わり、直接面談した担当者でなくなってしまうのが残念に思いました。

女性34歳

満足度

職種によっては求人が少ない

希望条件やキャリアプランも聞いていただけたのですが、私の希望していた職種の求人が少ない印象がありました。3人の子供がいて近場でないと時短勤務になってしまうのでなかなか難しい条件だから仕方ないのかもしれませんが、
もう少しあれば良かったなと言う印象があります。

まとめ

マネーフォワードの年収について解説してきた。2017年には上場も果たし、子会社やグループ会社を多く持つメガベンチャーとして成長し続けている企業だ。

マネーフォワードでは、一般的な平均よりもかなり高水準の年収を得られることがわかった。しかし、成果主義の社風や社員同士の競争意識が高いことから、ご自分の実力を試したいという方におすすめの企業といえるだろう。

現在、募集中の職種も複数あるため、気になる方はぜひマネーフォワードの求人情報をチェックしていただきたい。

また、転職活動にはビズリーチワークポートなどの転職サービスの利用がおすすめだ。書類添削や面接対策などのサポートがあり、非公開求人の閲覧もできる。

また、エンジニア職への転職なら、ITエンジニアに特化したレバテックキャリアマイナビエージェントも利用しよう。

企業×年収関連記事

企業×年収別の関連記事
アクセンチュア 味の素 アステラス製薬
アビーム
コンサルティング
伊藤忠商事 NTTデータ
NTTコミュニケーションズ エムスリー オリックス
キーエンス キオクシア キヤノン
Google ゴールドマン
サックス
サイバー
エージェント
SUMCO サントリー セールスフォース
ソフトバンク ディスコ データX
デンソー 電通 東京
エレクトロン
東京海上日動 凸版印刷 トヨタ
ニトリ 日立システムズ 日立製作所
ビズリーチ PwC
コンサルティング
ファナック
富士ゼロックス 富士通 freee
プルデンシャル ベイカレント
コンサルティング
マネー
フォワード
みずほ銀行 三井住友銀行 三菱ケミカル
三菱商事 三菱電機 メルカリ
楽天 リクルート

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事