東京エレクトロンの平均年収は?学歴・職種別の給与やボーナスを紹介

東京エレクトロンの平均年収は?

「東京エレクトロンの年収は高い?低い?」

「東京エレクトロンは激務でやばいと聞いた」

東京エレクトロンは、主に半導体製造装置の開発・製造などを行う、大手電気機器メーカーです。しかし、年収がどれほどなのか、仕事に見合った収入を得られるのか分からないですよね。

そこで、この記事では東京エレクトロンの職種・役職ごとの平均年収や学歴別の初任給を掲載しています。他社との年収比較や実際に働く社員の口コミ、東京エレクトロンに転職する方法も解説しているので、参考にしてください。

東京エレクトロンのようなメーカー企業への転職では、マイナビメーカーエージェントの利用がおすすめです。メーカーに特化した転職サービスで、求人紹介や選考対策など充実したサポートを受けられます。

メーカー転職におすすめのサービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
メーカー
エージェント
公式サイト
  • 【メーカー業界の転職に特化】
  • ・エンジニアや技術者の転職に精通
  • ・書類添削や模擬面接など充実
  • ・転職後の定着率97.5%
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【ITやWeb職に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

東京エレクトロンの平均年収は1,285万

東京エレクトロンの平均年収は1285万

東京エレクトロンの平均年収は、1,285万円です(2022年6月有価証券報告書)。日本の平均年収である443万円(参考:国税庁)と比較すると、3倍近くの年収を得られます

給与形態は月給制を採用しており、基本給+年2回のボーナス+各種手当で構成されています。基本給が比較的少ないものの、ボーナスが年収の大きな割合を占めている点が特徴です。

メーカー企業への転職は、マイナビメーカーエージェントを利用しましょう。業界に精通したアドバイザーによる手厚いサポートがあり、キャリアの悩み相談から選考対策まで、幅広く対応しています。

東京エレクトロンの平均年収推移

年度 平均年収
2021 1,285万円
2020 1,179万円
2019 1,149万円
2018 1,272万円
2017 1,077万円

出典:各年度の有価証券報告書

東京エレクトロンの平均年収は、2017年から2021年度の間で、約200万円ほど上昇しています。新型コロナウイルスの影響による業績不振に伴い、2019年度には平均年収が約130万円ほど下がりました。

しかし、2019年以降は、半導体需要の増加によって右肩上がりで業績を伸ばしており、2021年の平均年収は、直近の5年間で最も高いです。

【総合職】東京エレクトロンの学歴別初任給

学歴 1年目の
推定平均年収
初任給
博士卒 390万円 243,700円
修士卒 350万円 205,500円
学部
高専専攻科卒
330万円 190,300円
短大
高専本科卒
300万円 165,100円

出典:採用情報|東京エレクトロン
※推定平均年収はボーナスを含めず、各種手当を考慮して算出

東京エレクトロンの総合職の初任給は、博士卒で243,700円、修士卒で205,500円、学部・高専専攻科卒で190,300円、短大・高専本科卒で165,100円です。

日本の学歴別の初任給の平均は、修士卒が238,900円、学部卒が210,200円(参考:厚生労働省)であり、初任給に関しては、やや低い給与水準であることが分かります。

【一般職】東京エレクトロンの学歴別初任給

学歴 1年目の
推定平均年収
初任給
学部卒 東京:340万円
熊本:300万円
東京:200,000円
熊本:170,000円
短大卒 東京:315万円
熊本:290万円
東京:179,000円
熊本:155,000円

出典:採用情報|東京エレクトロン
※推定平均年収はボーナスを含めず、各種手当を考慮して算出

東京エレクトロンの一般職の初任給は、勤務地で大きく異なり、東京と熊本では2.4万円~3万円ほど給与の差があります

一般職に関しても、日本の学歴別初任給の平均を下回っており、入社直後から高収入を得ることは難しいです。

東京エレクトロンの職種別平均年収

職種 平均年収 年収範囲
営業 720万円 370万~1,300万円
エンジニア・SE 746万円 340万~1,500万円
事務 753万円 360万~1,360万円

東京エレクトロンの職種別平均年収は、営業職が720万円、エンジニア・SE職が746万円、事務職が753万円です。

職種による給与の差は少なく、どの職種においても高収入が狙えます。

東京エレクトロンの年齢別平均年収

年齢 平均年収
25歳 500万円
30歳 650万円
35歳 750万円
40歳 860万円
45歳 1,080万円

東京エレクトロンの年齢別平均年収は、25歳~45歳で500万~1,080万円です。25歳~45歳は、役職または管理職への昇格機会が多く、右肩上がり平均年収が上昇しています。

役職者の割合が高い40代後半では、安定して1,000万円以上の収入が見込めます。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていませんか?年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することです。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高いです。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されています。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、ぜひ活用しましょう。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

東京エレクトロンと他社の年収比較

東京エレクトロンと他社の年収比較

競合他社との年収ランキング

企業名 平均年収
東京エレクトロン 1,285万円
レーザーテック 1,379万円
ディスコ 1,140万円
ローツェ 1,123万円
アドバンテスト 1,019万円
東京応化工業 860万円
信越化学工業 854万円
SCREEN
ホールディングス
823万円
ニコン 812万円
住友重機械工業 807万円
日本電子 774万円

引用:各社の有価証券報告書

東京エレクトロンは、半導体製造装置メーカーの中でもトップクラスの年収です。半導体製造装置事業において、日本だけでなく世界でも高いシェアを獲得しています。

最も平均年収が高かったのは、半導体マスクの検査装置の製造・販売において、世界トップシェアを誇るレーザーテックでした。

半導体関連事業は将来性が高いため、今後もさらなる売上の増加や平均年収の底上げが期待できます。

東京エレクトロンと同等の年収を稼げる企業一覧

企業名 年収 業界 売上高 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
東京エレクトロン 1,285万円() メーカー 2兆円() 16.4年 44.0歳 1,771人
住友商事 1,356万円() 総合商社 4.6兆円() 18.1年 42.7歳 5,240人
東京海上日動
火災保険
1,292万円() 金融・保険 5.4兆円() 18.1年 43.7歳 811人
三菱地所 1,267万円() 不動産 1.2兆円() 15年 41.3歳 953人
三井不動産 1,273万円(-) 不動産 2兆円() 11年 40.8歳 1,776人
野村総合研究所 1,225万円() IT・情報通信 5,503億円() 14.7年 40.5歳 6,507人
第一三共 1,116万円() 医薬品・化粧品 9,625億円() 19.6年 44.4歳 5,703人
丸紅 1,192万円() 総合商社 6.3兆円() 17.5年 42.2歳 4,389人

東京エレクトロンと同等の年収を稼げる企業は、総合商社や不動産など、各業界を代表する日本の大企業が挙げられます。

他業界の大企業と比較しても、東京エレクトロンの平均年収は高いです。平均勤続年数も16.4年で長期的な勤務が期待でき、安定してキャリアアップが狙えます。

大手企業への転職は、転職エージェントがおすすめ。
マイナビメーカーエージェントなどの業界特化サービス利用で、志望企業の選考対策を万全に行えます。

東京エレクトロンは昇給・昇格しやすい?

東京エレクトロンは昇給・昇格しやすい?

東京エレクトロンは昇給・昇格しやすい

東京エレクトロンは、年功序列ではなく実力主義であるため、昇給・昇格しやすいです。年齢や学歴に関係なく、成果を挙げられれば、東京エレクトロンでは評価されます。

役職が上がるにつれ、ボーナスがたくさん貰えて年収が高くなる仕組みなので、主体的に仕事を進められる人であれば、早期昇給・昇格が望めます。

評価制度が曖昧な部分がある

東京エレクトロンの社員の中には、評価制度が曖昧なために、昇給・昇格の面で不満を感じている方が見受けられます。

評価制度の変更があり、絶対評価を取り入れているものの、昇格の決定は上司の裁量が大きいです。口コミのように、実績やスキルの優劣を問わず、主観的な判断で評価が決まるケースがあります。

そのため、主体的に評価基準を聞く姿勢や、普段から上司とのコミュニケーションを取ることが、昇給・昇格のコツです。

メーカー転職におすすめのサービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
メーカー
エージェント
公式サイト
  • 【メーカー業界の転職に特化】
  • ・エンジニアや技術者の転職に精通
  • ・書類添削や模擬面接など充実
  • ・転職後の定着率97.5%
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【ITやWeb職に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

東京エレクトロンのボーナス・残業代はいくら?

東京エレクトロンのボーナス・残業代はいくら?

ボーナス(年) 約40万~750万円
残業代(月) 約3万~25万円

東京エレクトロンのボーナスは約40万~750万円

東京エレクトロンでは、年2回のボーナスが設定されており、約40万~750万円の報酬を得られます。

日本経済新聞のデータによると、2022年夏のボーナス平均額は約290万円であり、全企業の中で2番目に多い支給額であることが分かりました。

会社全体の業績に応じてボーナス額は変動し、約5か月前後の基本給分の金額が支給されるようです。基本給に応じて報酬額は変動するため、役職が上がるほど高額なボーナスを得られます。

東京エレクトロンの残業代は約3万~25万円

東京エレクトロンの残業代は約3万円~25万円です。残業管理を徹底しているため、働いた時間分の残業手当を得られます

基本給がやや低めであるため、残業代で収入を多く稼いでいるという人は多いです。近年は、働き方改革により、残業時間そのものが減少しつつあります。

東京エレクトロンの福利厚生

東京エレクトロンの福利厚生

福利厚生
  • ・各種社会保険完備
  • ・各種有給休暇制度
  • ・住宅補助
  • ・保養所、宿泊施設の優待利用
  • ・育児支援
  • ・健康診断、予防接種サービス
  • ・社員持株会
  • ・社内クラブ活動支援 など

出典:東京エレクトロンHP

東京エレクトロンでは、大企業ならではの充実した福利厚生が設定されています。

中でも、健康診断実施や人間ドッグ、予防接種の無償化、宿泊・レジャー施設の優待利用など、社員の健康やプライベートの充実を図ったサービスが多いです。

育休・産休制度等の育児支援も充実しており、女性でも長期的なキャリアを目指せる環境が整っています。

東京エレクトロンに転職する方法

東京エレクトロンに転職する方法

転職エージェントから応募【おすすめ】

東京エレクトロンへの応募は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。応募書類の添削や面接対策をはじめ、面接の日程調整や給与交渉まで、応募者と企業の間に入ってサポートしてくれます。

中でも、マイナビメーカーエージェントビズリーチは、メーカー企業への転職成功実績が多いおすすめの転職エージェントです。

求人数も多いので、東京エレクトロンに限らず、同じ業種・職種の紹介を受けられる可能性もあります。

転職サイトから応募

転職エージェントに次いでおすすめなのは、リクナビNEXTdoda(デューダ)などの転職サイトを使った応募です。転職サイトでは、東京エレクトロンの求人情報を自分で探して応募します。

転職サイトのお気に入り登録や通知機能などを使えば、応募ややり取りをスムーズに進められます。

ただし、東京エレクトロンのような大企業は、非公開求人として募集することが多く、求人情報が見つからない可能性もあるので注意が必要です。

コーポレートサイトから応募

東京エレクトロンHP(コーポレートサイト)から応募することもできます。企業のリクルートページから応募するやり方で、最も一般的なエントリー方法です。

ただし、企業HPからの申し込みは応募者が殺到し、難易度が高くなるのでおすすめしません。まずは無料で使える転職エージェントに登録し、プロのサポートを受けながら有利に転職活動を進めましょう。

東京エレクトロンへの転職におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える
ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される
ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1
コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査によると、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。
(出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き
ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある
ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

マイナビメーカーエージェント

メーカーエンジニア職の転職に特化したサービス

マイナビメーカーエージェント イメージ

(出典:マイナビメーカーエージェント)

マイナビメーカーエージェントのポイント

  • 転職後の定着率97.5%
  • あらゆるメーカーの技術職求人を保有
  • 転職業界大手のマイナビが運営
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 事務
  • IT・web
  • 機械系エンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • 電子機器・部品エンジニア
  • 光学デバイスエンジニア
  • 製造業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
銀座/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビメーカーエージェントのメリット

メーカーエンジニア・技術者に特化したサポート
マイナビメーカーエージェントでは、エンジニア・技術者に特化したサポートを受けられる点が大きなメリットです。

メーカー出身者をはじめとした、エンジニア・技術者の転職に精通した専門チームを設置し、求職者の実績に基づいた求人、キャリア戦略の提案を行います。

応募企業に合わせた書類添削や模擬面接などの選考対策、キャリアの相談等にも対応しており、一般的な転職エージェントよりも高い内定率が期待できます。

メーカー求人を豊富に取り揃えている
マイナビメーカーエージェントは、非公開や独占求人を含む、様々な業界のメーカー求人が豊富です。機械や自動車、半導体などのメーカーに対応しており、幅広い業界の転職に対応しています。

非公開・独占求人は、公開求人よりも質が高い傾向にあり、一般に公開されていないため競争率が低いです。また、非公開求人は経営戦略的に重要なことも多く、事業戦略に関わるポストに就けるチャンスがあります。

独自の求人・企業情報を保有している
マイナビメーカーエージェントのメリットは、他では見つからない独占求人や独自情報を得られる点です。業界の成長企業や領域を把握しており、求人票だけでは分からない、求人企業の考えや戦略方針を知れます。

求職者のヒアリングも徹底しているため、企業と求職者のマッチ度を把握した求人紹介を受けられる点も魅力です。企業のニーズを把握し、求職者の魅力を的確に相手企業に伝えるため、高い内定率や満足度の高い転職が見込めます。

マイナビメーカーエージェントのデメリット

ミドル世代以上の転職には不向き
マイナビメーカーエージェントは、ミドル世代以上の転職には向いていません。マイナビ自体が20代~30代がメインのサービスのため、若年層に比べると中高年の支援実績が少ないです。

アラフォー以上の人は、ビズリーチなどのハイクラス向けの転職サービスの併用がおすすめです。

未経験者向けの求人は少ない
マイナビメーカーエージェントに限らずですが、メーカーのエンジニア職は、未経験者向けの求人が少ないです。エンジニアの仕事の特性上、専門的な知識やスキルが求められるため、業界未経験者の転職はやや難しいです。

第二新卒であれば、未経験歓迎の企業は多少増えますが、ほとんどの場合で理工系の学部の卒業や実務経験、最低限のスキル・知識等が求められます。

マイナビメーカーエージェントの評判と口コミ

男性26歳

満足度

転職以外も含めたキャリアアドバイス

社内異動も含めたキャリアアドバイスをいただいたことで、一度冷静になって自分のキャリアを見つめ直すことができました。利用させていただいて良かったです。
転職活動当初は不安でしたが、サポートのおかげで良いご縁をいただくことが出来ました。感謝しております。入社後も、選んだキャリアを正解に出来るよう精一杯頑張ります。本当にありがとうございました。

女性27歳

満足度

企業担当の話で応募先の情報が分かる

事務所がきれいでアクセスがよく、面談予約もすぐに設定頂けてありがたかったです。転職するかどうか迷っている立場だったので、このスピード感が後押しになったように感じました。無理やりな強要もなく、自分のペースで進めてよかったです。また、担当アドバイザーだけでなく、会社相手の営業の方とも連絡取らせて頂き、相手方の情報をよく知ることが出来たのも良かったです。

男性28歳

満足度

面倒なことを代行してもらえた

転職に際して、履歴書など何をどうすれば良いのか分からなかった中で、1から10までしっかりとご説明いただけたのはありがたかったです。また、企業への連絡や内定断りなどやりづらいことを代行してくれたことで転職活動のストレスも少なかったです。利用して本当に良かった、これに尽きます。

男性47歳

満足度

電話でのサポートが嬉しい

他社エージェントと違い、TELで連絡をくれる頻度が多かったです。メールだけのやり取りよりも気持ちが楽になりました、ありがとうございました。お陰様で当初の予定通り、2020年内に内定を頂くことができました。

東京エレクトロンへの転職を成功させるコツ

東京エレクトロンへの転職を成功させるコツ

キャリア・スキルの棚卸しをする

転職活動を始める前に、キャリア・スキルの棚卸しをしましょう。現職(前職)でどんな業務を行ってきたのか、何ができるのかを整理することで、転職先を考える参考になります。

また、企業側が求職者に求めるのは「即戦力」です。現職(前職)では役に立ったスキルも、転職先で即戦力とならなければ、まったくアピールポイントになりません

どの業種・職種でも使えるスキルとして、マネジメントやリーダー経験があれば有利になります。他にも、英語力やコミュニケーション能力なども、東京エレクトロンでは評価されやすいです。

転職理由を明確にする

東京エレクトロンへの転職を成功させるコツは、転職理由を明確にすることです。転職理由があいまいなままだと、転職先でも同じ悩みに直面してしまう可能性が高く、転職した意味が無くなります。

場合によっては、転職せずに済むこともあります。冷静に転職理由を考えた結果、今の仕事のまま解決できる悩みだった、というのはよくある話です。

また、転職理由を明確にすることは、面接対策のひとつでもあります。とくに現職の勤続年数が短い場合、転職理由に軸が無いと「採用してもすぐに辞めてしまうかも」という悪印象を与えかねません。

企業分析を入念に行う

東京エレクトロンの求人に応募することを決めたら、企業研究を入念に行いましょう。

面接対策として応募先の企業について勉強するのはもちろんですが、企業研究をする中で、本当にその企業が自分に合っているかを見極める参考にもなります

事業内容や経営理念、社風、今後の事業方針は最低限チェックが必要です。また、その会社に決めた「最大の理由」は、面接の際に言葉にできるよう突き詰めて準備しましょう。

東京エレクトロンに関するよくある質問

評価制度は何が重要視される?

東京エレクトロンの評価では、業務成績が最も重要視されます。コンスタントに成果を上げることが、キャリアアップへの近道です。

社員になるには学歴は必要?

東京エレクトロンへの入社は、新卒採用の場合、短大または高専卒以上の学歴が必要です。中途採用の場合、学歴は問われないものの、少なくとも3年以上の実務経験や高い英語力が問われます。

面接ではどんなことが聞かれる?

東京エレクトロンの面接では、自己PRや志望動機の他に、企業への理解度や英語力が問われる質問が多いです。東京エレクトロンでは、グローバルに活躍できる人材を求めています。

自己分析や企業研究を行い、競合他社との違いや自身の強みをアピールできるよう、十分に対策をしてから面接へ臨みましょう。

東京エレクトロンは激務でやばい?

東京エレクトロンは、事業の内容によって忙しさは異なりますが、残業時間の少なさから一概に激務とは言えません。

近年では、働き方改革の一環で残業時間の削減が進められており、ワークライフバランスへの取り組みを強化しています。

まとめ

東京エレクトロンの平均年収は1,285万円で、日本平均よりもはるかに高いです。成果主義であるため、昇給・昇格が狙いやすく、45歳では安定して1,000万円以上の年収が見込めます

充実した福利厚生や風通しの良い職場環境が特徴で、長期的なキャリア形成が可能です。半導体関連事業は、今後も高い需要が見込まれるため、さらなる売上の向上や平均年収の底上げも期待できます。

東京エレクトロンに転職するなら、転職エージェントを活用しましょう。マイナビメーカーエージェントのような、業界に特化したサービスを利用することで、転職成功率をより高められます。

関連記事
マイナビメーカーエージェントの評判・口コミ

企業×年収関連記事

企業×年収別の関連記事
アクセンチュア オリックス サントリー
セールスフォース ソフトバンク マネーフォワード
楽天 プルデンシャル Google
エムスリー トヨタ メルカリ
キーエンス ゴールドマン
サックス
日立製作所
富士ゼロックス みずほ銀行 サイバー
エージェント
リクルート ベイカレント
コンサルティング
ディスコ
キオクシア 東京
エレクトロン
日立システムズ
三井住友銀行 東京海上日動 三菱ケミカル
アビーム
コンサルティング
NTT
コミュニケーションズ
PwCコンサルティング
SUMCO デンソー ニトリ
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス