PwCコンサルティングの年収930万円は妥当?初任給やボーナスがいくらか解説

pwcコンサルティングの平均年収

「PwCコンサルティングの年収は安い?」

「初任給やボーナスがいくらなのか知りたい」

PwCコンサルティング合同会社は、ロンドンに本拠地を置くPwC(プライスウォーターハウスクーパース)の日本におけるコンサルティング会社です。総合的なコンサルティングを行っており、ネームバリューもあります。

しかし、PwCコンサルティングの年収や給料がどれくらいなのか、ボーナスがいくら貰えるのか分からないですよね。

この記事では、PwCコンサルティングの平均年収を役職・年齢別にまとめています。初任給やボーナス・残業代の有無、他社との年収比較も掲載しているので参考にしてください。

コンサル業界におすすめの転職サービス
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万円以上の求人多数
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

PwCコンサルティングの平均年収は930万円

PwCコンサルティングの平均年収は930万円

平均年収 930万円
年収範囲 450万円~2,500万円

出典:OpenWork

PwCコンサルティングの平均年収は930万円です(2022年6月時点)。月給制が採用されており、年1回ずつ業績賞与と昇給があります。法人業績・個人評価によって特別賞与が支給され、支給額は50万円前後です。

平均年収が1,200万を超える、MBBなどに比べれば安いように見えますが、日本の平均年収である433万円(参考:国税庁)と比較すると、倍以上の年収です。

評価システムはゾーン式賃金に似た物で、職位ごとに3段階のゾーンが設定されています。5つの評価項目のうち、3つ以上で良い評価を取ると次のゾーンへ上がれます。昇進の他に、ゾーンを上げるのも昇給の手段です。

【ゾーン式賃金とは】
一定の範囲給をいくつかのゾーンに分け、ゾーンごとに評価による昇降給パターンを変える賃金システムのこと

出典:重本コンサルティングオフィス

PwCコンサルティング新卒の初任給

採用種類 平均年収(1年目) 初任給
新卒入社 550万円 約38万円

PwCコンサルティングの初任給は推定38万円です。1年目の平均年収である550万円から、業績賞与を考慮して推定しました。大卒の初任給は、平均21万円(参考:厚生労働省)なので、比較すると17万円の差があります。

PwCコンサルティングの役職別年収

役職 年収(推定)
アソシエイト 530万~790万円
シニアアソシエイト 700万~1,200万円
マネージャー 900万~1,550万円
シニアマネージャー 1,350万~2,000万円
ディレクター 2,000万円~
パートナー 5,000万円~

参考:OpenWork

PwCコンサルティングでは、6つの役職ごとに大まかな給与範囲が定められており、ボーナスによって大きく給与が変動します。OpenWorkの口コミから、PwCコンサルティングの役職別の年収を推定しました。

特に、パートナーは給与に上限がなく、業績次第では億単位まで稼げます。ディレクターやパートナーへの昇進は実力次第なので、業績によっては早い段階での昇進も可能でしょう。

アソシエイト

アソシエイトの年収範囲は530万~790万円です。入社1~3年目あたりの方が多い役職です。基本的なことを学ぶ段階の職位ですが、優秀な方は最短1年半で昇進できます。

シニアアソシエイト

シニアアソシエイトの年収範囲は700万~1,200万円です。入社3~8年目で昇進する方が多いです。しかし、能力不足の人は、シニアアソシエイトから上がれずに、留まり続けるケースがあります。

マネージャー

マネージャーの年収範囲は900万~1,550万円です。管理職扱いになる職位で、入社5~10年目の方が多いです。マネージャーから、年収1,000万円以上を達成している方がかなり増えてきます。

シニアマネージャー

シニアマネージャーの年収範囲は1,350万~2,000万円です。基本的には入社10年目以降の方がなる職位で、年収2,000万円も見えてきます。

ディレクター

ディレクターの年収は2,000万円以上です。年次に関係なく、実力のある人がなる職位で、若手でも実力次第でスピード出世が狙えます。

パートナー

パートナーの年収は5,000万円以上と言われています。実力次第でなれる職位ですが「ファームの顔」と言われるだけあって、昇進にはかなりの実績を出さなければいけません。

PwCコンサルティングの年齢別年収推移

年齢 平均年収 年収範囲
25歳 662万 491~892万
30歳 799万 593~1,077万
35歳 980万 728~1,321万
40歳 1,197万 888~1,612万
45歳 1,406万 1,044~1,895万
50歳 1,519万 1,127~2,046万

出典:OpenWork

PwCコンサルティングの年齢別平均年収は、25歳で662万円、40歳で1,197万円、50歳で1,519万円です。

25歳時点で得られる年収は、日本における平均年収の1.5倍以上です。また、40歳の時点で年収1,000万円を超える方が多く、50歳では2,000万円以上を稼いだ人もいます。年齢が高いほど平均年収は上がります。

PwCJapanグループの年収

グループ企業名 平均年収
PwCコンサルティング合同会社 930万円
PwCあらた有限責任監査法人 753万円
PwC税理士法人 752万円
PwCアドバイザリー合同会社 980万円

出典:OpenWork

PwCJapanグループでは、PwCアドバイザリー合同会社の平均年収が1番高いです。OpenWorkから100人以上の方が、年収について回答している企業をまとめました。回答者1,688人の平均年収は853万円となります。

【PwCJapanグループとは】
日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称のこと

参考:PwCホームページ

BIG4内での年収比較

企業名 平均年収
PwCコンサルティング合同会社 930万円
デロイト トーマツ
コンサルティング合同会社
925万円
KPMGコンサルティング株式会社 887万円
EYストラテジー・アンド・
コンサルティング株式会社
870万円

出典:OpenWork

PwCコンサルティングは、4大会計事務所(BIG4)の中で、平均年収が1番高いです。PwCは賞与が他企業より多く、マネージャーまでで最高600万円程貰えます。なお、PwCが業績好調の際は臨時賞与も出ます。

KPMG、EYとは最高値で400万円程の差です。デロイトは、評価によっては賞与がないですが、最高400万円と他2企業よりはPwCに近いです。

PwCコンサルティングのボーナス・残業代はいくら?

PwCコンサルティングのボーナス・残業代はいくら?

PwCのボーナスは業績によって変動

ボーナスの幅が極めて大きく、会社の業績や個人の業績によって年度別に100万円単位で差が出てくる。

引用:OpenWork

PwCコンサルティングのボーナスは、業績によって大きく変動します。OpenWorkの口コミから推定すると、マネージャー以下のボーナス額は100万~600万円の範囲です。

ディレクターやパートナーについては、さらに多額と推測できます。年収の30~50%がボーナスとすると、1,000万円を超える方も多いでしょう。

また、ボーナスは年に1回支給されます。支給額は年に2回の評価会議によって決まります。

PwCの残業代は5~15万円|残業時間は平均51.8時間

PwCコンサルティングでの残業代は5~15万円程度で、平均残業時間は51.8時間です。みなし残業代が30時間分基本給に入っており、30時間を超えて残業をしないと、残業代がつきません

みなし残業時間は年々変わっており、2018年ではみなし残業が50時間だったという口コミも散見されました。

PwCコンサルティングの福利厚生

福利厚生一例 ・年次有給休暇
・各種社会保険加入
・退職金制度
・慶弔見舞金
・資格取得支援制度
・ベビーシッター補助
・カフェテリアプラン
・カウンセリング制度

PwCコンサルティングは、各種社会保険への加入や退職金制度など、基本的な福利厚生が揃っています

中でもカフェテリアプランは、旅行や健康維持のための、物品購入などに使えるポイントが付与されるものです。健康診断での追加検査など、様々な用途に使用でき、非常に充実しています。

資格の取得や育児にも補助があり、スキルアップをしたい方や、子供ができた方も安心でしょう。

PwCコンサルティングはどんな会社|事業・仕事内容

PwCコンサルティングはどんな会社|事業・仕事内容

PwCコンサルティング合同会社は、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)の、日本におけるコンサルティング会社です。PwCはロンドンに本拠地を置く、プロフェッショナルサービスファームです。

企業の成長戦略の策定から実行までをサポートする、総合的なコンサルティングサービスを提供しています。

ストラテジーコンサルティング

サービスおよびプロダクトのデジタル化に向けた支援や、デジタルサービス/プロダクトを、いち早く市場に投入して成長させるための支援、進化し続けるデジタル技術に即応するための支援を行います。

デジタル化で行うのは、ビジネスモデルを転換するための構想策定や、迅速なプロトタイピングでの価値検証です。サービスの市場投入以降の改善や成長まで支援します。

参考:PwCコンサルティングホームページ

マネジメントコンサルティング

バリューチェーン全体をカバーするサービスで、顧客・クライアントを理解したエキスパートが、プロジェクトの企画から実行までを支援します。

生産性向上や変化への対応に加え、ダイバーシティやSDGsと言った要素についても、実現させるために、オペレーションの高度化を行っています。

参考:PwCコンサルティングホームページ

テクノロジーコンサルティング

先端テクノロジーの力を使い、デジタル化した社会の中で、俊敏性と柔軟性に富んだ未来志向の成長戦略を打ち出せるように、企業側を支援しています。業務の効率化やコスト削減が対象です。

参考:PwCコンサルティングホームページ

エクスペリエンスコンサルティング

PwC独自のアプローチで、ビジネスモデルからプロダクト、サービス、ブランドの開発までデジタルテクノロジーの力で実現を目指すサービスです。

「直感的に面白く、これまでにない顧客体験」を創造することを目的としています。経営ビジョンの策定やAIの活用までを行います。

参考:PwCコンサルティングホームページ

PwCコンサルティングの口コミ

PwCコンサルティングの口コミ

年収・給与についての口コミ

口コミ
  • ・新卒としては非常に大きな額が貰える
  • ・昇進をしないと昇給はゼロ
  • ・評価制度としては平等とは言いにくい

新卒としては非常に大きな額が貰える

新卒としては非常に大きな額がもらえます。プロジェクト、チームにもよりますがみなし残業30時間を超えて、かなり残業するため、残業代でも大きく稼げます。

引用:OpenWork

昇進をしないと昇給はゼロ

半年に1回昇進のチャンスがあり、半期しっかりと仕事をこなしていれば昇進と共に昇給していく。年次はまったく考慮されないため、昇進しないと昇給はゼロのため注意。

引用:OpenWork

評価制度としては平等とは言いにくい

評価制度としては、平等とは言いにくい面もある。上長に、気に入られるか否かによって評価は大きく変わるイメージ。

引用:OpenWork

PwCコンサルティングの年収や給与の口コミを見ると、新卒としては非常に大きな額が貰えるようです。半年に1回の昇進チャンスもありますが、評価が属人的なため平等感が薄いという声もあります。

仕事内容に関する口コミ

口コミ
  • ・クライアントからの感謝が働き甲斐
  • ・グローバル案件に携わる機会が多い
  • ・自分の好きに仕事が進められる

クライアントからの感謝が働き甲斐

クライアントとともにプロジェクトを推進し、クライアントから感謝もしていただけることに働きがいを感じる。

引用:OpenWork

グローバル案件に携わる機会が多い

グローバル案件に携わる機会が多く、年次が関係なく語学力やファイナンスまたITスキルなど、他人より勝るかつプロジェクトに貢献できるポイントがあると重宝される。

引用:OpenWork

自分の好きに仕事が進められる

上司によるが裁量が大きくある程度自分の好きなように仕事を進められる。

引用:OpenWork

PwCコンサルティングは、顧客と深くかかわるため、顧客からの感謝が働き甲斐という人も多いようです。また、世界中にグループ企業があるので、グローバル案件も多く、語学スキルなどを活かせるのが好評です。

上司によりますが、若いころから裁量権が大きく、仕事を自分で考えられるのも働き甲斐に繋がっています。

社風に対する口コミ

口コミ
  • ・互いを尊重しあうが人間関係はドライ
  • ・コンプライアンスに敏感すぎる
  • ・男性中心社会だが女性でも活躍できる

互いを尊重しあうが人間関係はドライ

企業文化については、風通しも良く互いを尊重しあう文化である反面、一般的な事業会社やほかのコンサルティングファームと比べて人間関係は希薄・ドライであると個人的には感じており、新型コロナによるリモートワークの推奨が更に後押しする形となっている。

引用:OpenWork

コンプライアンスに敏感すぎる

会計事務所系の総合コンサルティングファームとして、独立性などのコンプライアンスに過度に敏感になっている。そのため、あらゆる業務でコンプライアンスのチェックが過度に入っており、社内オペレーションでがんじがらめになってしまう傾向が強い。

引用:OpenWork

男性中心社会だが女性でも活躍できる

男性が8割なので、かなり男性中心社会である。

一方明らかにセクハラ発言をしてくる人はいないという意味では働きやすいかもしれない。

女性だから仕事を任せられないということはない。

引用:OpenWork

PwCコンサルティングの社風は、社内の風通しは良いものの、コンプライアンスに過度に敏感なようです。社員の人柄が良い、と好印象な意見は多いですが、人間関係がドライという声も散見されます。

また、女性でも働きやすい環境でもあり、多様化が推し進められています。

PwCコンサルティングへ転職をするには

PwCコンサルティングへ転職をするには

転職エージェントから応募【おすすめ】

PwCコンサルティングへの転職は、転職エージェントからの応募がおすすめです。応募書類の書き方指導や面接対策、面接の日程調整や給与交渉まで、応募者と企業の間に入ってサポートしてくれます。

中でも、アクシスコンサルティングは、コンサルタント業に特化したエージェントで、非常におすすめです。ビズリーチのような、ハイクラス企業への転職実績が多いエージェントもおすすめです。
コンサルタントを目指している方は、まずアクシスコンサルティングに登録しておくと、同業種の紹介を受けられます。

転職サイトから応募

転職エージェントに次いでおすすめなのは、リクナビNEXTdoda(デューダ)などの転職サイトを使った応募です。転職サイトでは、PwCコンサルティングの求人情報を自分で探して応募します。

転職サイトのお気に入り登録や、通知機能などを使えば、応募ややり取りをスムーズに進められます。

ただし、PwCコンサルティングのような大企業は、非公開求人として募集することが多く、求人情報が見つからない可能性もあるので注意が必要です。

コーポレートサイトから応募

PwCコンサルティングのHP(コーポレートサイト)から応募することもできます。企業のリクルートページから応募するやり方で、最も一般的なエントリー方法です。

ただし、企業HPからの申し込みは応募者が殺到し、難易度が高くなるのでおすすめしません。まずは転職エージェントに登録し、プロのサポートを受けながら有利に転職活動を進めましょう。

PwCコンサルティングへの転職におすすめの転職エージェント

アクシスコンサルティング

コンサル業界No.1転職エージェント

アクシスコンサルティング イメージ

(出典:アクシスコンサルティング)

アクシスコンサルティングのポイント

  • コンサル転職支援実績No.1
  • 未経験からのコンサル転職実績多数
  • 非公開求人率77%
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

東京/大阪

アクシスコンサルティングのメリット

コンサル特化でNo.1の転職実績
アクシスコンサルティングは、コンサル業界特化のエージェントで、No.1の実績を誇る転職エージェントです。

コンサル経験者のキャリアアドバイザーが、幅広い知識や経験で、未経験の人含めコンサル転職へのサポートをします。平均支援期間が3年と、長く活用できるのが特徴です。

コンサル特化の充実した支援が特徴で、フェルミ推定やケース問題などコンサル特有の面接対策や転職後のキャリアサポート、フリーランスのコンサルタントの支援まであります。

【フェルミ推定やケース問題とは】
フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。
ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。
優良企業の非公開求人が多数
アクシスコンサルティングの求人は、77%が非公開の求人です。一般に非公開求人は優良求人であることが多く、他転職エージェントで見つからなかった、希望に沿った求人が見つかる可能性があります。
キャリアアドバイザーの情報を閲覧できる
アクシスコンサルティングは、キャリアアドバイザーの経歴や利用者の口コミなどの情報を見ることができます。自分でアドバイザーの質や相性を、事前に判断できるので安心感があります。
専門家 専門家 コンサルへの転職を考えているなら、まず登録すべき転職エージェントです。

アクシスコンサルティングのデメリット

メールが多い
アクシスコンサルティングは、1日に数件のメールが来ます。

スカウトのお知らせだけでなく、Web履歴書の更新の催促や、転職エージェントの面談の日程調整などの内容が送られてくるため、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

メールの配信は会員登録をしている間は止められないので、メールがたくさん来るのが苦手だという方にはデメリットです。

求人の閲覧には会員登録が必要
アクシスコンサルティングは、求人の閲覧には会員登録が必要です。会員登録不要で求人情報を閲覧できる転職エージェントが多い中、相対的にデメリットです。

アクシスコンサルティングの評判と口コミ

男性21歳

満足度

コンサル業界に強い

現役コンサルタントの転職実績がNo.1ということもあり、コンサル転職に関して深い情報が聞けて、コンサルでは欠かせないと言っていいほど素晴らしいサービスだと思います。業界を熟知しているエージェントと繋がることができ、非常に転職をする上では頼りになりました。

男性46歳

満足度

情報精度が高い

私が転職を希望している経営企画職や新規事業企画職について、情報精度が高かったことが挙げられます。私が紹介された案件について、その会社の新規ビジネスについての考え方(事業開始から3年以内に黒字化しなければ撤退、投下資本利益率は20%以上)を教えてもらい、きちんと情報を入手できていて頼もしく感じました。

男性29歳

満足度

コンサル業界の信頼度が高い

担当頂いた方が、コンサルに詳しい優秀なアドバイザーで、親身になって対応してくれました。書類選考や面接対策はもちろん、企業の細かな情報まで吸い上げていただき、教えてくださりました。ここまでやって頂き、無料というのは信じられません。

男性24歳

満足度

コンサル業界以外の求人数が少ない

コンサルタント業界に特化しているサイトでもあるので、それ以外の業界の求人は少ないですし、かなり偏りがあるのがデメリットだと思いました。コンサルタント業界以外の転職を考えている方にはおすすめできないと思います。

男性27歳

満足度

自分に強みがないと厳しい

前の会社で、ある程度のコンサルのキャリアや専門性、実績を身に着けておかないと、紹介される求人数が異なると感じた。コンサル業界未経験者には、おすすめできない転職サービスだと思う。

アクシスコンサルティング公式

関連記事
アクシスコンサルティングの口コミ・評判

ビズリーチ

年収UPや市場価値把握のために必ず登録

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

75,966件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターからオファーメッセージが届く転職サイトです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。

普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。

希望職種をコンサルにすることで、コンサルに強いヘッドハンターやコンサル企業からのスカウトが望め、転職活動を効率的に進められます。

コンサル転職で年収600万円超を狙う方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。現在年収が400~500万クラスであっても、コンサルへの転職で年収アップできる可能性は充分にあります。

スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。

無料で充分活用できる
ビズリーチに無料の「スタンダートプラン」と有料の「プレミアムプラン」があります。

有料にすることで年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになりますが、無料プランでも充分な連絡がもらえるため、まずは無料プランで試してみることをおすすめします。

NOIMAGE専門家 無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、リクナビNEXTやDODAに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。

ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

ビズリーチ公式

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウト

リクルートのハイクラス向けサービス

リクルートダイレクトスカウト イメージ

(出典:リクルートダイレクトスカウト)

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収750万円以上の方向け
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

229,775件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

なし

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人数が豊富
リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職エージェントです。

コンサル求人はもちろん、年収800万円を超える管理職や専門職、さらには年収2,000万円以上のCEO求人などが多数掲載されています。

ハイクラス求人に特化しているため、求人の質も高く、誰もが知っている大手企業や一般には公開されていない優良求人などに、安心して応募することができます。

自分でヘッドハンターを選択可能
リクルートダイレクトスカウトでは、担当するヘッドハンターを自分で選んで指名することができます。コンサルOBやコンサル中心の求人が多い、好みのヘッドハンターを選んで依頼することが可能です。

リクルートダイレクトスカウトと提携している転職エージェントや、ヘッドハンターのランキングも定期的に展開しており、様々な部門から評価の高いヘッドハンターを見つけて、担当者のページへ直接進めます。

ハイクラス案件を自由に検索
リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけではなく、転職者自身で検索して希望の求人へ応募することができます。

業種や職種、勤務地に希望の年収を入力して、気になるコンサル企業の求人をチェックして応募できるので、スカウトを待つ間にも積極的に転職活動が可能です。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

ヘッドハンターと相性が悪い場合がある
リクルートダイレクトスカウト自体には転職サポートがなく、ヘッドハンターにお願いする必要がありますが、ヘッドハンターとの相性が悪い場合、自分で新しいヘッドハンターを探す必要があります。

応募書類の添削や面接対策を自身で行う自身がない方は、転職サポートが充実している転職エージェントと併用して、万全な対策を取って転職活動に臨むことをおすすめします。

年収600万円未満の転職は難しい
リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を多く扱うハイクラス向けの転職エージェントです。コンサル転職で年収を一気に上げたいと考えている場合には、使いにくいサービスです。

どなたでも無料で登録できますが、現職での年収が600万円以下になると応募できる求人が限られてしまい、スカウトがこない可能性があります。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性31歳

満足度

魅力的なスカウトが多数!

私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトが多数来ました。またコンサルタントが、面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、今回登録してよかったと思っています。

男性33歳

満足度

圧倒的な求人数

転職活動を行う中で、様々な転職サイトを利用しましたが、リクルートダイレクトが圧倒的に求人数がありました。自分の求める勤務地、勤務体系、職種といった求人を定期的に教えていただけるのも非常に良いと感じました。

男性29歳

満足度

担当の方の対応が良かった!

担当者の方が自分の要望をしっかりと聞いていただき、希望にマッチした求人や企業の提案や企業選びのアドバイスをいただきました。在職中の転職活動でしたので、仕事中に私が電話に出られない時はメールなどを活用してご連絡いただき、とても配慮されていると感じました。転職活動がやりやすかったので、機会があれば次回も使いたいと思います!

男性31歳

満足度

経歴によっては求人が来ない

私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのか、アドバイザーからあまり連絡がきませんでした。稀に連絡がとれても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末です。

男性34歳

満足度

フォロー体制が整っていない

最初は何度か担当者とのやり取りができたが、日付が経つにつれて求人の紹介のみの連絡となり、あまりフォローをしてくれなかったのが残念でした。 また、試験対策や面接対策に関しても、他の転職サイトの担当者と比べて、ややフォロー体制が良くないと感じました。

リクルートダイレクトスカウト公式

関連記事
リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

PwCコンサルティングに関するよくある質問

よくある質問 目次
▼PwCコンサルティングは激務? ▼入社にはどれくらいの学歴が必要? ▼中途採用での入社は可能? ▼離職率はどれくらい?

PwCコンサルティングは激務?

PwCコンサルティングは、ジョブやプロジェクトによっては激務になる可能性があります。スタッフ職は比較的休みをとれますが、管理職になると夜遅くまで残業になる場合もあるようです。

PwCコンサルティングの採用大学は?

PwCコンサルティングでは、採用に関して高学歴にこだわりません。しかし、実際に採用されている方は、高学歴であるケースが多いので、偏差値の高い大学の方が有利です。

中途採用での入社は可能?

PwCコンサルティングは、中途採用も行っています。研修カリキュラムが設定されており、コンサル未経験者にも十分な教育が施されます。

研修はかなりのボリュームなので、心が折れてしまう人もいるようです。

離職率はどれくらい?

PwCコンサルティングの正確な離職率は、公表されていません。人員の流動が激しく、OpenWorkの口コミから、離職率は30%程度と考えられます。

なお、ボーナスの支給月である7月には退職者が増えるようです。

まとめ

PwCコンサルティングの平均年収は930万円で、日本の平均年収である433万円の倍以上です。初任給でも550万円を稼げるので、かなり高水準な収入と言えます。

ボーナスの比率が高く、自身の業績によって年収が上がることに働き甲斐を見出している方もいました。プロジェクトの合間に長期休暇を取れる場合もあり、ワークライフバランスは悪くないです。

PwCコンサルティングに転職するなら、コンサルの転職に強いアクシスコンサルティングか、ハイクラス求人が多いビズリーチに登録するのがおすすめです。

企業×年収関連記事

企業×年収別の関連記事
アクセンチュア オリックス サントリー
セールスフォース ソフトバンク マネーフォワード
楽天 プルデンシャル Google
エムスリー トヨタ メルカリ
キーエンス ゴールドマン
サックス
日立製作所
富士ゼロックス みずほ銀行
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス