年収を上げる単純な方法8選|最も簡単に給与を上げるには?

年収を上げる方法

「給料を上げたい」

「簡単に年収を上げる方法を知りたい」

「給料が低い」というのは、転職をする理由のナンバーワンです(doda調べ)。「金じゃない、やりがいだ!」という人もいますが、現実には給与は仕事における重要なファクターで、年収を上げたいと思う人がほとんどでしょう。

今回の記事では、年収・給料を上げる8つの方法を解説しています。方法としては出世や副業、転職など単純なものですが、注意点や上手い立ち回りなどがあるので、詳しく解説しています。

また転職する際は、ビズリーチリクルートエージェントなどの、転職エージェントは必ず利用しましょう。キャリア相談から書類・面接対策、非公開求人の紹介、年収交渉まで無料で行ってくれるので、使わなければ損です。

年収UPにおすすめの転職サイト3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

年収を上げる8つの方法|どうやって年収を上げる?

年収を上げる8つの方法

社内で昇進昇給する

役職 平均年収
役職なし 445万円
係長級 622万円
課長級 762万円
部長級 900万円

参考:令和3年賃金構造基本統計調査

年収を上げる最も一般的・単純な方法は社内での昇進・昇給です。厚労省の調査でも、役職なしの平均年収と役職者の平均年収では、大きな差があります。

しかし、昇進・昇給で年収を上げるには、短くとも半年~1年以上の時間が必要で、短期的な年収アップは難しいです。また、年功序列制の企業では、自身の努力での昇格は見込みにくいです。

昇進・昇格を狙う際は、まず会社の給与テーブルを確認しましょう。会社や業界自体の給与水準が低く、昇進しても狙った年収を得られない場合があるので、状況に応じて転職など、他の選択肢も適切に検討してください。

会社と交渉する

会社と交渉して年収を上げる方法もあります。給与テーブルの決まっていないような、中小企業やベンチャーなら、上司や経営陣との話で給料が上がる可能性があります。

給料を上げてほしい旨の言い方のポイントは、自身の成果や功績を具体的な数字を交えて伝えることです。単純にお願いしても、上げる理由がなければ交渉になりません。

退職カードを切る手もある

中小企業やベンチャーでは退職を切り出すのも手です。中小企業やベンチャーは人が足りないだけでなく、採用に係るコストも大きく、給与を上げてでも退職を引き留めようとする可能性があります。

ただし本人の能力が足りない場合など、失敗する可能性もあるので、実際に引き留めにあった人や給与が上がった話がある場合のみ、退職カードを使いましょう。

また、慰留されない場合は無職になるだけなので、転職活動を先に行っておく必要があります。転職しやすい求人の多いリクルートエージェントなどで、転職先を確保してから交渉に臨みましょう。

異動・残業を増やす

給与の高い部署に異動したり、残業代で年収を上げるのも方法の1つです。多くの場合、部署ごとに給与や業務量が異なるので、異動するだけで年収が上がる可能性があります。

「今の部署が自分に合っていない」「異動先でなら活躍できる」などの背景があれば、異動先の方が昇進・昇給も見込めますし、業務量の多い部署なら残業代を稼げます。

残業規制も厳しくなってきており、会社の異動制度にもよるため、誰にでも当てはまる方法ではありませんが、チャンスがあるなら検討すべき方法です。

副業をする

年収を上げる方法として、副業は一般的です。本業でいきなり5万や10万も給料を増やすのは難しいですが、副業なら難しくありません。退勤後や休日などの自分の時間は減りますが、確実に年収は上げられます。

現在は通常のバイト以外にも、クラウドソーシングで仕事を受けたり、ネットで個人販売も簡単に行えるなど、副業の種類は多彩です。スキマ時間に働いたり、在宅可の仕事も増えており、本業と両立しやすい環境が整っています。

ただし、会社の副業規定には注意しましょう。無許可で副業を行うと、逆に懲戒などで本業の収入が減る恐れもあります。副業するなら何がいいかは、こちらの記事で紹介しているので、参考にしてください。

関連記事
副業おすすめランキング11選

スキルや資格を得る

スキルや資格を得るのも、年収アップには有用です。会社の資格手当を貰ったり、海外駐在・出張などのチャンスが増え、年収アップを図れます。また、昇進・昇給や転職にも有効的に使えるでしょう。

年収以外にも、社内や顧客からの信用獲得にもつながるので、中長期的に有利に働きます。ただし、スキルや資格の習得には時間が掛かるため、手早く年収を上げるには向いていません

▼年収が上がりやすいスキル

起業・独立やフリーランスになる

起業・独立やフリーランスとして働くのも、年収を上げる方法ではあります。ただし、成功時のリターンは大きいですが、相応のリスクもあり、会社員より収入は不安定です。

また、成功するにもスキル・経験や営業力、人脈などが必要で、思い付きで始めるのは難しいです。本格的に始めるなら、体力・時間的にも本業との両立は困難です。

起業やフリーランスとして働くなら、まずは副業的に小さく始めて、見通しが立ってから本格的に始めましょう。

投資する

投資をして収入を増やす方法もあります。最近では、ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクや、すぐに大きな収入にならないという欠点がありますが、手間をかけずに収入を増やせる可能性が高いです。月1万でも、余裕資産は投資に回すことをおすすめします。

ただし、収入によっては自己投資に回すべきこともあります。日本の平均年収(約443万円)以下の場合などは、投資する分を自身の成長に使い、元手を増やした方が投資は効率的です。

転職する

転職は手早く、堅実に年収を上げる方法です。給与水準の高い業界・会社に転職することで、効率的・簡単に給料を上げられますし、少なくとも半年は掛かる昇進・昇給と異なり、転職は数ヶ月で済みます。

給与水準は業界や企業規模ごとに異なるため、同じ仕事内容でも転職するだけで年収を上げられます。経理・人事などの管理業務だけでなく、営業や企画などの職種も他業界でそのまま生かせます。

また、マネジメント経験や課題発見・解決能力などは、どの企業でも使えるスキル・経験です。職種以外の経験も活用して、より給与の高い企業への転職できます。どんな仕事を狙えるか、ビズリーチなどで確認してみましょう。

年収が上がる人の特徴

年収が上がる人の特徴

年収を上げる努力をしている

年収が上がる人の特徴は、努力を重ねていることです。仕事に関する自己研鑽を怠らず、家でも仕事の勉強をしたりなど、努力をしている人は年収が上がりやすいです。

よく働く・仕事をする

勤勉によく働くことが、年収が上がる人の特徴です。早くに出社し、主体的に動いて、目標以上の仕事をこなしている人は収入が上がりやすいです。

会社への貢献度が評価され給与が上がるだけでなく、真面目さや主体性、人より先に動くといった行動は他社でも評価されます。汎用的に使える基礎能力として評価されるため、よく働くことは転職でも有利に働きます。

コミュニケーション力が高い

コミュニケーション力が高い人は年収が上がりやすいです。報告や連絡をきちんと行える人は仕事ができますし、周りからの信頼を得られます。

飲み会や他部署との交流などでも、積極的にコミュニケーションを取ることで、気に入られた上司に引き上げてもらったり、稼げる部署にスムーズに異動できたりします。

「年収・給料を上げたいから転職したい」は転職理由で最も多い

「年収・給料を上げたいから転職」は転職理由で最も多い

給料がもっとほしい、だから転職という転職理由は非常に多く、dodaの調べでも転職理由の1位は「給料が低い」です。逆にお金が絡まない転職が少ない方ですが、日本人は遠慮がちなので、直接お金が欲しいとは中々言いません。

しかし、年収を上げたいなら、もっと給与について話していくべきです。転職時の年収交渉や、中小・ベンチャーなら上層部と積極的に話すことで、交渉しない人より年収は上げられます。

また、交渉するなら提示する根拠も必要なので、根拠作りのために職務にもっと励むようになるはずです。給与についてもっと考えて行動する、転職時の年収交渉でも積極的になることで、年収アップのチャンスが増えます。

年収が低い人に共通する3つの理由

年収が低い人に共通する3つの理由

年収(給料)が低い業界で働いている

アニメーターといったクリエーター業界や介護士、飲食業など、業界としてベース給が低い場合、年収アップを望むのは難しいです

もしその業界で年収アップを実現しようと思ったら、業界トップにいくまで有名になるか、あるいは経営者として会社を立ち上げるしかありません。

年収(給料)が低い会社で働いている

ベンチャー企業など、給料が低い会社で働いているのも年収が低い理由です。また、メーカーなど年功序列で給与が上がる会社は、20代など若手のうちは給与が低いことが多いです。

給与が低い会社は、構造的に高い給与が貰えないことが多く、給与の低い会社は将来的にも高給は望みにくいです。低付加価値産業で、労働集約的な仕事の傾向にあるため、仕事もキツいのに年収が低いことも珍しくありません。

年収の低い会社で働いている場合、「年功序列で将来的には高給が見込める」「独立やキャリアアップにつながる経験が得られる」などでなければ、年収アップには転職すべきです。

同期に比して、出世が遅れている

同期よりも出世に出遅れているのも、年収が低い理由になります。出世が遅れているのは、あなたがその会社にフィットしていない、もしくは根本的に仕事ができない可能性が高いです。

すでに出世から遅れている場合は、異動や転職など主体的にアクションを起こし、自分だけのキャリアを追い求めるべきです。他部署や他社に移った後に、恐ろしいほどの活躍をすることは実際にあります。

転職でどの程度の年収が見込めるかは、ビズリーチのスカウトやdodaの年収査定が便利です。転職エージェントでは、向いてる仕事や、どの業界へ行くべきかのアドバイスを無料で受けられるので、登録して損はありません。

年収が上がりやすいスキル・資格

転職に有利な年収が上がりやすい資格

  • 中小企業診断士
  • 日商簿記2級以上
  • ファイナンシャルプランナー
  • 宅地建物取引士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 公認会計士

現職に関連した資格や語学などのスキル、ポータブルスキルと言われる汎用的に使える能力があれば、年収アップを見込みやすいです。税理士や公認会計士などは難易度が高いですが、高確率で高年収が狙えます。

また、資格やスキルではありませんが、公務員を狙うのも1つの手です。国家公務員・地方公務員ともに、平均年収が600万円を超えており、平均程度の年収からなら、収入アップを狙えます。

▼ポータブルスキル例(タップで開閉)
ポータブルスキル例 説明
課題設定 課題発見のための情報収集力
社内外対応 社内外で良好な関係を築く力
マネジメント メンバーの指導・教育
タスク管理能力

転職で年収を上げるコツ

転職で年収を上げるコツ

自分の市場価値を把握する

年収を上げる転職をするには、まずは自分の市場価値を把握することが大切です。市場価値が分かれば、効率的に求人探しができますし、的確な年収交渉もできます

市場価値については、ビズリーチで受け取るスカウトや、ミイダスdodaの年収診断ツールが便利です。自分が転職市場でどれほど評価されるのかを把握して、効率的に転職活動を進めましょう。

キャリアを活かせる業職種・企業へ転職する

年収アップ業界・職種

いままでの経験やノウハウを活かせる職種や企業に転職することで、効率的に年収を上げられます。dodaの調べでも、転職で年収アップに成功した人で、最も多かったのは異業界・同職種の転職者でした。

営業職で他業界に転職したり、同業他社の企画に移るなどの転職は、培ったキャリアを活かせるため、年収を上げられる可能性が高いです。

年収アップが1番の目的なら、職種を変えずに業界を変える、同じ業界で職種を変えるといった、自身のキャリアを生かした転職をすべきです。

コンサルなど年収の高い業界へ転職する

コンサルやITなど、給与水準の高い業界へ転職するのが、年収を上げるコツです。給料は個人の能力や努力よりも、会社がどれくらい伸びているか、利益率の高い業界であるのか、といった要素の方が大きいです。

人事や経理など、同じような仕事でも、業界や企業が変われば、給与も異なるため、転職するだけで年収が上がる可能性はあります。成長産業では、コンサルやITが未経験者も積極的に募集しており、おすすめです。

さらに、給与の高い業界は、稼ぐ仕組みができているため、年収だけでなくワークライフバランスの改善も期待できます。アクシスコンサルティングワークポートなど、業界に強い転職エージェントで話を聞いてみましょう。

年収が高い業界

全業種平均 489万円
電気・ガス・水道 693万円
金融業・保険業 639万円
学術研究・専門サービス 630万円
IT・情報通信業 620万円
教育 589万円
建設 537万円
不動産・リース 530万円
メーカー・製造業 492万円
卸売業・小売業 480万円
運輸・郵便 453万円
医療・福祉 445万円
サービス・娯楽 373万円
宿泊・飲食 362万円

参考:厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査

年収が高い業界としては、インフラ系や金融業界、コンサルなどの専門サービス業界が挙げられます。全業種の平均より100~200万ほど高い平均年収を誇ります。

反面、宿泊・飲食やサービス・娯楽業界は平均年収が低く、大卒初任給レベルに留まります。業界ごとの賃金水準があるため、業界にこだわりがなければ、年収の低い業界からは他業界へ移るべきです。

大手企業・上位企業に転職する

給与水準は企業規模でも異なり、大手・上位企業へ転職できれば、安定的な年収アップを見込めます。賃金の低い業界でも、規模が大きければそれなりの年収が見込めるので、同業の大手他社への転職も考えるべきです。

ある程度の大きさの業界なら、必ず自身の経験を活かせる職があるはずです。人手不足が問題の現在なら、下位企業から上位企業への転職はチャンスです。

ビズリーチなら同業他社の求人で、かつ年収の高い案件を見れます。無料プランで十分活用できるので、求人閲覧や市場価値の確認のためだけにでも使うべきです。

企業規模ごとの平均年収の違い

大企業 568万円
中企業 477万円
小企業 415万円

※大企業は従業員1,000人以上、中企業は従業員100~999人、小企業は従業員10~99人で分類

企業規模ごとに、年収には差があり、大企業と小企業では150万円以上の開きがあります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントの利用で、年収アップの確率を上げられます。転職エージェントは転職のサポートだけでなく、年収交渉も代行してくれます。

転職者の年収が上がれば転職エージェントの報酬も上がるため、転職エージェントも年収交渉を積極的に行ってくれます

年収が上がる企業への転職サポートだけでなく、個人では難しい年収交渉の代行もあるため、年収アップには転職エージェントを使うべきです。

年収アップにおすすめの転職エージェント

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

75,966件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

205,910件

非公開求人数

評価4

259,676件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。 また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。 また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。 他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。 地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

転職して年収(給料)が上がる割合

転職して年収給料が上がる割合

年齢 転職による年収増減
増加 変化なし 減少
25~29歳 37.2% 30.3% 32.3%
30~34歳 41.1% 26.7% 31.9%
35~39歳 37.4% 27.2% 33.7%
40~44歳 39.1% 31.0% 28.5%
45~49歳 37.7% 34.0% 28.0%
50~54歳 32.6% 28.9% 37.6%
55~59歳 21.4% 30.0% 47.7%

出典:雇用動向調査結果(令和2年)|厚生労働省

厚労省の調査では、50代後半を除き、30~40%の人が転職で年収アップしています。中には年収アップが目的でない人も含まれるため、給与に絞って転職すれば年収アップは難しくありません

ただし、年収だけを条件にした転職はおすすめしません。年収が良いだけのブラック体質な企業に当たる可能性があり、上がった分の給与に見合わない業務量になる恐れがあります。

年収だけに引っ張られるのではなく、転職エージェントを活用して、業務内容や勤務時間なども確認・相談しながら転職先を決めましょう。

年収を上げる方法についてのQ&A

20代・30代で年収を上げるには?

将来的に昇給の見込みがあるなら、現職で職務に励む、資格を散るなどで年収アップを目指すべきです。また、プライベートに余裕のある仕事なら、副業で稼ぐのもいいでしょう。

将来性が見えない場合は、転職活動を積極的に行うべきです。20代なら未経験でも歓迎の企業は多いので、給与水準の高い企業・業界への転職も容易です。ただし、30代になるとマネジメント経験が重視されます。

30代で昇進が見えているなら、すぐの転職より、マネジメント経験を積んでからの方が、年収が上がる可能性があります。個々人で状況は異なるので、転職エージェントに相談しながら、活動しましょう。

女性で年収を上げたい場合は?

女性の場合でも、年収を上げる方法は「昇進・昇給」「資格取得」「副業」「転職」がメインです。また、女性の場合、看護師の仕事が復職しやすく、給与レンジも高めのため人気です。

学費は掛かりますが、30代以降でも看護師になるチャンスはあります。社会人入試を行っている看護師学校も増えてきており、受験勉強の必要なく入学も可能です。

年収が上がるタイミングは?

企業が年収を上げるタイミングとしては、年1回の昇給なら4月、年2回10月の昇給が多いです。転職活動での年収交渉は、入社前・内定時のタイミングで行います。

まとめ|年収(給料)を上げる最も早い手段は転職

年収を上げる方法は昇進や副業など複数ありますが、転職が最も手っ取り早く体力的な負担が少なく、リスクなしで年収を上げられるおすすめの方法です。

転職で年収を上げるコツは「自身の市場価値を知る」「キャリアを活かす」「転職サイトを利用する」ことです。

ビズリーチなどの転職サイトでは、書類や面接の対策や非公開求人の紹介、キャリア戦略の立案・相談などのサポートを受けられます。年収交渉の代行などもあり、無料でも利用できるので、活用して年収を上げましょう。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス