26歳の転職は遅い?メリット・デメリットや未経験転職のコツ

26歳の転職は遅い?

「26歳の転職は遅い?」

「転職を考えるが、何をしたいか分からない」

26歳で転職を考えている人は、今のタイミングで転職したいと考える人は多いです。しかし、26歳は第二新卒としては遅く、まだ目立った実績などがない場合、何が強みになるのかわからず、不安に感じる方もいるでしょう。

そこでこの記事では26歳の転職について解説しています。26歳の転職が遅いのかや、未経験の転職が出来るのか、転職成功の方法なども解説しているので、転職を考えている方は参考にしてください。

編集部おすすめ転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代~30代におすすめ】
  • ・20代が信頼するエージェントNo1
  • ・無期限の手厚い転職サポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万以上の方向け
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

26歳での転職は年齢的に遅い?|26歳の転職事情

26歳での転職は年齢的に遅い?26歳の転職事情

26歳の転職は遅くない

転職入職率2021

転職者割合
25~29歳 11.5% 13.3%
20~24歳 15.3% 12.9%
30~34歳 9.2% 11.0%

26歳での転職は遅くありません。25~29歳の転職者の割合は男性11.5%、女性13.3%で、年代別では男性は3位、女性は2位の割合の高さです。

dodaの調べでも、転職者の平均年齢は31.7歳で、26歳の転職は決して遅くありません。20代後半は、一定期間仕事を経験して社会人基礎力があるので新卒より教育コストが安く、柔軟性や伸びしろがあるとされます。

そのため、会社としては受け入れやすく、前職での経験やスキルも期待できる人材です。転職を考えるなら、まずは20代の転職者の支持率No.1のマイナビエージェントに登録しましょう。

26歳は未経験転職も歓迎される

26歳は未経験の転職も可能です。まだポテンシャルが評価される年齢なので、未経験でも熱意がアピールできれば、採用される可能性は十分あります。

また、前職までの経験には、異業界・異職種でも活かせる武器は必ずあります。希望する業界や職種についてしっかり調べて、自分の強みが活かせるポイントをアピールできれば、採用の可能性が高まります。

第二新卒として扱われることもある

26歳は、第二新卒として転職できる場合もあります。一般に第二新卒は大卒後3年以内とされますが、明確な定義はなく、5年目までは第二新卒として歓迎する企業なども多くあります

26歳で転職するメリット

26歳で転職するメリット

  • 企業側にとって魅力的な年齢
  • ポテンシャルと実務経験のいいとこどり
  • 熱意・ポテンシャルがまだ評価される年齢
  • 未経験職種にチャレンジしやすい

企業側にとって魅力的な年齢なので採用されやすい

26歳は企業にとって魅力的な年代であり、非常に採用されやすいです。ビジネスマナーや社会人としての基礎スキルがついている上、今後の伸びしろが期待できる「教育コストが低いフレッシュ人材」として重宝されています

新卒や第二新卒人材は教育コストが高く、逆に社会人歴の長いベテラン社員は柔軟性に欠け職場に馴染まないことも多いです。26歳という年代は、新卒・第二新卒とベテラン社員の両方の良さあり、採用されやすい年代です。

26歳はポテンシャルと実務経験のいいとこどりである

26歳は、ポテンシャルと実務経験の両方が評価されます。第二新卒で見られるポテンシャルと、中途採用で見られる実務経験の両面でアピールできる可能性があり、他の年代より武器が多いと言えます。

つまり、26歳は転職にはベストなタイミングです。実績面で自信がなくても、社会人経験で活かせる部分は多くあるので、今までの業務経験を掘り下げ、自分の強みを探してみましょう。

未経験職種にチャレンジしやすい

26歳は未経験職種にチャレンジしやすい年齢です。第二新卒としての時期は過ぎていますが、26歳なら未経験採用に応募できる企業も多く、異業種への挑戦も可能です。

特にITエンジニアは業界全体として人手不足なため、未経験者の採用にも積極的です。明確なスキルがなく将来が不安なら、エンジニアへの転向もキャリアの一つとして検討してみてください。

ITエンジニアの転職では、IT特化のマイナビITエージェントや、無料プログラミングスクール併設のワークポートがおすすめです。

熱意・ポテンシャルがまだ評価される年齢

26歳は、熱意・ポテンシャル面でも評価される年齢です。現職で目立った実績などが無くても、社会人としての基礎スキルや熱意を伝えられれば、採用の可能性は高いです。

30歳以降になると「専門性」や「即戦力」を期待されるようになり、それなりの成果・経験が求められます。もし、キャリアチェンジがしたい場合や環境を変えたいなら、20代のうちに行動に移しましょう

未経験転職が可能な職種は、年を取るにつれ限られてくるため、異職種への転職は今のうちに決断すべきです。未経験の転職を考えるなら、若年層の転職に強く、未毛行け歓迎の求人が豊富なマイナビエージェントがおすすめです。

26歳で転職するデメリット

26歳で転職するデメリット

  • 3回目以上の転職なら厳しい
  • 築いてきた人間関係がリセットされる
  • 給料ダウンの可能性がある
  • 同年代の転職ライバルが多い

3回目以上の転職なら厳しい

26歳で3回目以上の転職なら、転職活動に苦戦する場合があります。若いうちから早期退職を繰り返す人材は「ジョブホッパー(仕事をころころ変える人)」と呼ばれ「どうせまたすぐに辞める」と思われてしまうからです。

2回目の転職の場合、すぐやめる人材だと思われないよう、これまでの退職理由の説明については細心の注意を払いましょう。どれだけ能力があったとしても、早期でやめるリスクの高い人材は、積極的に採用したいと思いません。

現職で実績を積んでからの方が、転職がうまくいく場合もあります。マイナビエージェントなどの転職エージェントは、転職するべきかも相談できるので、話を聞いてみてもいいでしょう。

築いてきた人間関係がリセットされる

転職すれば、これまでの職場の人間関係はリセットされます。次の転職先では、ゼロから信頼を構築する必要があるため、新しい職場に馴染めなくて苦労する場合もあります

新しい職場に馴染むまでは、少し謙虚すぎるくらいの振る舞いがちょうど良いです。笑顔・あいさつなどを始めとする「基本的なコミュニケーション」を大切にして、職場での信頼を得ていきましょう。

間違っても前職での成果をひけらかしたり、周りのレベルを見て横暴な態度をとるようなことはしないように、注意してください。

給料ダウンの可能性がある

26歳の転職で、未経験の場合は特に、年収ダウンの恐れがあります。一定の社会人経験を積んだとしても、そこまで大きな成果を出せる年齢ではなく、実績や経験を基に転職で年収は上げにくいです。

未経験転職の場合は、経験を活かしにくいため、年収減の可能性は更に高いです。

同年代の転職ライバルが多く内定競争が激しい

26歳は転職に有利な年齢ですが、その分同年代のライバルも多いです。政府の労働力調査によれば、25~34歳の転職者数は66万人を超え、どの年齢層よりも多いです。

さらにdodaによる調査では、年齢割合も25歳から29歳が一番高い結果となっており、この年代の転職の倍率は高いです。そのため、第一志望一点張りにするのではなく、複数社を同時並行で受けて内定チャンスを増やしましょう。

他の人よりも転職活動を有利に進めたいのなら、転職支援サービスを積極的に活用してください。はじめての転職活動でキャリアに自信のない人にはマイナビエージェントがおすすめです。

26歳での転職の判断ポイント

26歳での転職の判断ポイント

転職すべき人

キャリアチェンジしたい人

26歳で新たにやりたいことができた、成長できる・稼げる業界に行きたいなど、キャリアチェンジを考えている人は転職すべきです。26歳なら、転職であまり経験を問われることなく、キャリアの修正をしやすいです。

26歳は第二新卒として扱われるかギリギリの年齢です。年を取ると、転職で今までの経験や実績の関連性を問われるようになり、未経験職種への挑戦はやや厳しくなります。他の仕事に興味があるなら早めの行動を勧めます。

現職に問題がある人

パワハラ・セクハラなどの問題がある職場はもちろん、現職が辛い・きつい人、向いてないと感じる24歳も転職すべきです。不満を抱えたまま働いていても実績を挙げにくく、会社のためにも自身のためにもなりません。

26歳は同じ業職種はもちろん、未経験転職も容易なので、現職の不満に耐えられないようなら、早い内に転職すべきです。ただし、年功序列の企業で年収に不満がある場合は慎重になりましょう。

26歳だと転職先での年収アップも見込みにくく、転職後に「前の会社なら~万貰えてたはず」と後悔する人もいます。将来的に高給が見込めるなら、将来的な収入や安定も熟慮して転職を検討する必要があります。

転職すべきでない人

現職で成長の余地がある人

現職で成長の余地がある人は、現職でやり切ってから転職すべきです。選考でも「やり通せない人」との印象を与えかねず、成長のための努力をしていないと判断される恐れがあります。

また、現職でできることをやり切った人の方が、転職市場での価値が高く、有利な転職が可能です。「現職での成長が見込めない」「成長速度の遅い職場に不満」などでなければ、一旦現職で頑張ってみるべきです。

転職理由が曖昧・やりたいことがない人

現職に大きな不満がなく転職理由が曖昧な人や、やりたいことが分からない人は、転職には慎重になるべきです。転職理由が不明瞭だと、転職の軸がなく、求人探しや選考で苦労します。

現職に嫌な感じがある、という人はマジキャリなどのコーチングサービスの利用も検討すべきです。理想のキャリアの言語化や、やりたいことが分からない人向けのサポートを受けられます。

マジキャリ公式はこちら

26歳の転職体験談

26歳の転職体験談

【男性】複数の転職サービスを利用して転職

男性アイコン 20代後半男性
利用した転職サイトはリクナビネクスト、マイナビ、RE就活、DODAなどさまざまな転職サイトを利用しました。その中でリクナビネクストとDODAさんの転職エージェントを利用しました。どちらの方も親身に自分に合った就職先の相談や紹介をしていただきとても助かりました。また履歴書、職務経歴書などの書き方や作成した後の添削もしっかりとしていただけるのでそこの不安はないと思います。苦労したところは面接の志望理由をたくさん考えなければいけなかったことや前職をやめた理由について深堀されたりしたときは苦労しました。

多くの転職サービスを利用した方の体験談です。複数を利用したことで、書類の作成や面接対策は苦労したようですが、履歴書の書き方や添削などのサポートを受けたことで、不安になること無く転職活動を進められています

複数のサービスを利用すれば、それぞれの対応が必要になるので時間的に忙しくなりますが、多くの視点からアドバイスが受けられます。後から利用するサービスを絞る事もできるので、自分に合ったサービスを探してみましょう。

【女性】転職エージェントから紹介された企業へ転職

女性アイコン 20代後半女性
マイナビエージェントと数社登録していましたが、マイナビで斡旋してくれた企業に決めました。簿記と社労士の資格があり、中小の会社で勤務していましたが、給与アップが期待できないのが職性上、知ることとなり、大手の会社の総務部門を希望していました。担当者は熱心に希望に叶う会社を見つけてくれるし、その数も他社よりも圧倒的に多かったです。人気の大手上場企業と太いパイプがあるように感じました。だから求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や今まさに欲しい「人材像」を説明してくれたのには驚きました。頼りにしていい会社かと思いました。

マイナビエージェントを利用して転職した方の体験談です。熱心な担当者から、希望に沿う企業を多数紹介してもらえ、紹介された企業に転職をしています。

また、企業の内部事情や求める人物像などの、個人ではなかなか得られない情報を得られたことが好印象だったようです。転職エージェントなら、企業とのパイプがあるため、企業の詳しい情報を得られるのは大きなメリットです。

26歳の転職を成功しやすい人の特徴

26歳の転職で成功できる人の特徴

  • ポータブルスキルを身に着けている
  • 実績・成果を出している
  • 転職先の企業・業界についての知識がある

ポータブルスキルを身に着けている

ポータブルスキルの構成要素拡大する

出典:ポータブルスキル活用研修 |人材サービス産業協議会

転職には、ポータブルスキルが重要です。ポータブルスキルとは、汎用性が高くどこでも通用するスキルを指します。成果を上げるための行動や、社内外の対応スキルなどのポータブルスキルが身についていれば、転職は有利です。

ポータブルスキルが身についていないという人でも、ポータブルスキルが発揮された経験があるはずです。改めてこれまでの仕事の中で活躍した場面を振り返り、新しい環境で活かせないかチェックしましょう。

実績・成果を出している

26歳の転職者は大学卒業して3.4年ほどなので、まだ目立った実績がない人も多いですが、その中でも何か成果を残しているなら、ぜひ積極的にアピールしていきましょう。

同年代の多くがポテンシャルや熱意をアピールする中、実績をアピールできれば他の候補者との差別化になります。実績は「売上○円→売上○円(達成率○○%)」といったように、定量的かつ具体的に伝えましょう

また「結果を出すためにこんなことを工夫した」「こうすれば、もっと良い成果が出せた」など、そこに至るまでのプロセスを話せると良い印象を与えられます。

転職先の企業・業界の知識がある

転職先の企業・業界について多くの知識があれば転職は有利です。転職エージェントや「OpenWork」などのサイトを利用して、転職先についての多角的な知識を得ておきましょう

どの企業も採用を決める上で「多くの企業がある中、なぜ当社を選んだのか、なぜ当社でなければならないのか」を重要視します。その必然性を伝えるためには、その企業のことをしっかり理解することが必要です。

複数社の選考を受ける場合、1社1社の情報を調べてインプットするのは大変ですが、しっかりリサーチ・対策すれば、他の人と差別化になります。

【男女別】26歳の転職を失敗しやすい人の特徴・注意点

男女別26歳の転職を失敗しやすい人の特徴・注意点

【男性】26歳での転職失敗の特徴

対策が不十分

26歳の転職の場合、転職対策が不十分な場合があります。初めての転職で、新卒の就活と同じような対策をしていると、1つの企業に対する掘り下げが甘くなる事があります。

多くの企業を受ける就活とは違い、転職では希望する企業を見定め、なぜその業界や企業を選ぶのかを深掘りしておきましょう。

採用対策をするなら、転職のプロのアドバイスを受けるのがおすすめです。まずは、若手の転職に強いマイナビエージェントを利用してみてください。

中長期的なキャリアが描けていない

キャリアプランが明確でないと、転職を失敗する可能性が有ります。「自分はどんなキャリアを歩んでいきたいのか?」を上手く言語できないと転職成功は厳しいです。

キャリアプランが明確でないと、目の前の困難な状況に陥った時に踏ん張れず、早期離職になってしまう可能性が高くなります。

また、自分のキャリアプランが、会社の方針とマッチしていることも大切です。独りよがりな目標ではなく、会社の成長にどのように貢献できるのかについても話せるようにしましょう

転職理由がネガティブである

後ろ向きな理由で転職する場合、なかなかうまくいきません。前職に不満があり、マイナスな転職理由を並べられても「他責にする人材」「転職しても満足しないのではないか」と思われてしまいます。

また、いつまでも不満を引きずっていると、次の企業でもネガティブな点ばかりに目が行ってしまいます。「前職のこれが嫌だった」ではなく「前職で出来なかったことにチャレンジしたい」という前向きな理由を持ちましょう

家庭を持ちたいならそれなりの収入が必要

将来結婚し家庭を築くことを考えている場合、今よりも多くのお金が必要になります。男性の平均初婚年齢は29歳なので、まだ先のように感じられるかもしれませんが、結婚の時期はいつ来るかわかりません。

近年では共働きが多くなり、男性の稼ぎのみで生活するケースは減りつつありますが、それでも依然として家計における男性の収入割合は高いです。「転職したら年収が上がるかどうか」も考えるポイントにしてください

結婚後にある程度豊かな生活ができるよう「成果に応じて収入が上がっていく企業に転職して成果を出す」「正社員にこだわった転職をする」など、長く将来を見据えた転職活動をしましょう。

【女性】26歳での転職失敗の特徴

ワークライフバランスを重視しすぎる

ワークライフバランスを重視しすぎるのも転職失敗の要因の一つです。自分のライフステージや私生活を考慮するのは大切ですが、ワークライフバランスを気にしすぎていると良い印象を与えないこともあります。

企業側は、自社にどのような価値提供をしてくれるかを見ているため「転職してライフスタイルを充実させたい」ことだけでなく、自分が何をできるのかもしっかりアピールしましょう。

職場環境のミスマッチ

女性の場合、職場環境のミスマッチが転職失敗の要因です。入社前に想像していた環境と、実際の職場環境に大きな差を感じてしまう場合があります。

そうならないために、事前に「OpenWork」などの口コミサイトを確認して、職場環境について調べておきましょう。女性や子持ちの方が活躍できる職場か、育休取得率や時短勤務などを確認したり、細かな情報を入手できます。

専門性が身につかない職場を選ぶ

女性の場合、専門性が身につかないと転職に苦労する事があります。出産や子育てなどのライフイベントで仕事を離れた後でも、専門性があれば仕事への復帰が楽になります

そのため、将来を見据えて専門性が身につけられる職場を選びましょう。専門性を高めていけば、ライフイベントに関係なく転職も有利になるので、おすすめです。

家庭と仕事を両立できそうか

将来的に、子育てと仕事の両立を考えている場合、家庭と仕事を両立できそうかの確認が重要です。「転職先に産休・育休制度が整備されているか」「時短勤務やリモート勤務などを認めているか」を確認しておきましょう。

厚生労働省の調査によれば、女性の育休取得率は8割を超えるものの、依然として育休取得数が少ない企業もあるのが事実です。

入社後の認識のズレがないよう、企業HPや転職エージェント、企業口コミサイトのOpenWorkなどで情報収集しておきましょう。特にマイナビエージェントは20代の転職に強く、26歳の女性向けの企業情報も詳しく得られます。

26歳の転職成功ポイント5つ

26歳の転職成功ポイント5つ

自己分析・企業研究をしっかり行う

転職の成功には、自己分析や企業研究が必須です。自分が仕事において「なにがしたいか」を深掘りし、転職の軸を明確にする必要があり、選考では企業研究で軸に合った企業を見つける必要があります。

しっかり自己分析をしておかないと、転職後に「思っていたのと違った」ということになりかねません。また転職をすることにならないよう、自己分析を行って、優先順位を決めておきましょう。

自身のスキル・経験を明確にする

転職では自身のスキル・経験を明確にする事が重要です。企業にアピールできるように、キャリア・スキルの棚卸し、自己PRの強化に繋げてください

現職(前職)でどんな業務を行ってきたのかを振り返り、強みやスキルを整理しておきましょう。また、ビズリーチマイナビエージェントなどの転職エージェントを利用すれば、キャリアの棚卸を一緒に行ってくれるのでおすすめです。

業種・業界にこだわりすぎない

転職の際は、業種・業界にこだわりすぎないことも大切です。業種・業界にこだわって、自分に合った企業を見つけられないのは効率が悪くなります。

26歳なら、仕事をしてきた中で、自分の適性などが見えてきている頃です。自分の適性やスキルに合った仕事を見つけるため、広い視野で転職先を探しましょう

将来のキャリア像をアピールする

転職を成功させるためには、将来のキャリア像があることが大切です。企業は、将来的に成長していく人材を求めています。その会社で自分がどう成長したいかなどの具体的なキャリアプランを考えておきましょう

キャリアプランを示すことで、成長意欲や熱意をアピールできるので、企業側は評価しやすくなります。

転職サービスを複数使う

転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

参照:リクナビNEXT調査|転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

転職の際には、複数の転職サービスを利用しましょう。転職に成功した人の70%以上が、複数の転職サイトや転職エージェントを利用しています。

複数のサービスを利用すれば、より多くの情報を得られるので、転職活動が効率的に行なえます。

まずは、転職エージェントに2社登録してみましょう。転職エージェントなら求人情報を送ってくれるだけなので、現職が忙しくても安心です。

26歳の転職におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
ビズリーチビズリーチ
リクルートエージェントリクルート
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査によると、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職成功実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

277,380件

非公開求人数

評価4

276,080件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職成功実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

26歳の転職でよくある質問

20代の転職回数は何回までなら大丈夫?

明確に何回までといった基準はありませんが、20代のうちに短期間で転職を繰り返すのはおすすめしません。

転職を繰り返している場合、なにか問題があるのではと疑われてしまいます。現状で仕方なく転職を繰り返している場合は、転職理由をしっかり答えられるようにしておきましょう。

26歳は第二新卒で応募できる?

第二新卒で応募できるかは企業によります。第二新卒としての扱いは企業によって違うので、希望する企業HPの採用情報で確認しましょう。

一般的には、卒業後2~3年までが第二新卒と呼ばれます。ただ、26歳なら第二新卒でなくとも、転職に不利になるわけではありません。

26歳から公務員になれる?

26歳は公務員も可能です。経験者採用試験なら59歳まで受験可能なので、実質年齢制限はありません。

ただし、地方公務員は地域によっては年齢制限を設けている場合があります。地方公務員を目指す場合は各自治体のHPを確認しましょう。

26歳は社会人何年目?

26歳は大卒なら4~5年目、高卒なら8~9年目にあたります。

未経験転職は何年目まで可能?

一般には30代前半が未経験転職のリミットとされます。ただし、30後半以降は未経験歓迎などの求人が減るだけで、未経験職への転職自体は何年目でも可能です。

30代後半以降の未経験転職は、専門性の低い業種が多くなるため、幅広い業種の選択肢が欲しいなら30代前半までに転職すべきです。

26歳の転職で持っていると有利な資格はある?

有利な資格は業職種によりますが、英語などの語学力は汎用的に使えるスキルです。TOEIC800点以上のスコアがあれば、ハイクラス求人でも転職で不利になることはないでしょう。

まとめ

26歳は、転職市場価値の高い年齢で、転職時期としては遅くありません。未経験転職も可能なので、キャリアチャンジを考えているなら積極的に転職活動を行いましょう。

しかし一方、転職市場にライバルも多いです。しっかりとした対策が必要なので、選考対策には、転職のプロである転職エージェントを活用してください

まずはマイナビエージェントがおすすめです。20代~30代の若い層から高い支持を得ている転職エージェントで、未経験歓迎求人が多く、新たなキャリアアップを目指すのにぴったりの転職サービスです。

年代別の関連記事(20代)
22歳の転職 23歳の転職 24歳の転職 25歳の転職
26歳の転職 27歳の転職 28歳の転職 29歳の転職
年齢別の平均年収(20代)
22歳の年収 23歳の年収 25歳の年収 26歳の年収
27歳の年収 28歳の年収 29歳の年収
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス