24歳の転職は遅い?高卒・大卒・男女別に成功のコツを解説

24歳で転職はできる?
こんな人におすすめ
  • 24歳で転職は早いのかな…と悩んでいる人
  • 転職したいが、入社数年間で実績が作れておらず心配な人
  • 「第二新卒」のうちに転職活動を有利に進めたい人

この記事を読んでいるあなたは24歳で転職を考えているのではないだろうか?

第二新卒(新卒入社から3年以内に退職)に当てはまる24歳は、転職適齢期だ。

24歳という年齢は、ポテンシャル採用での需要が多く、加えてスキルや実績があれば転職はますます有利に進むだろう。

この記事を最後まで読むことで、「24歳のあなたは、今後どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

編集部おすすめ転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代の信頼度No1転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒に◎】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーターや離職中に!
  • ・無料で使える

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

データで検証!24歳での転職割合はどのくらい?

昨今、新卒として入社した社員の約3割が3年以内に退職していることから、24歳などの第二新卒での転職は多くなりつつある。

2019年の労働力調査によると、転職者比率は男女共に15~24歳が最も高い。働き始めの年代にもかかわらず、男性は11.1%,女性は13.6%という高い割合を占めている。

企業は、若手をなかなか確保できない悩みを抱えている。よって社会人経験をしている若手の24歳の採用ニーズは、とても高いと言えるだろう。

24歳での転職がしやすいと言われている理由

①柔軟な考え方ができる

24歳という年齢は、社会人としてはまだまだ若手で新しい知識を吸収しやすい状態である。

前職に染まりきっていない状況での転職は、新たな社風やカルチャーに馴染みやすいと、前向きに受け入れられる傾向にある。

同時に、すぐに新しい文化やルールに適応できる年代としても、企業からの需要は高い。若いうちの方が教えも素直に受け入れやすく、伸びしろも大きいと見られる傾向がある。

このように、柔軟な考え方ができる若手を積極的に採用したい企業が増えているのである。

②研修・教育コストがかからない

新卒者を採用するのと違い、24歳の転職者は、すでに1〜3年程度の社会人経験があることがほとんどだ。

よって企業は、基本的な社会人マナーなどの研修や指導の時間やコストを削減できる。これは、企業側から見て採用しやすい理由の1つである。

自社のやり方を教えるだけで、すぐに即戦力として活躍できると見込まれるのだ。研修する負担の少なさから、24歳の転職は成功率が高くなっている。

③プライベートよりも仕事に集中しやすい

平均的に24歳は、結婚や出産といったライフイベントとは重なりにくく、仕事に集中しやすい年齢ともいえる。

結婚や出産といったライフイベントは、仕事へのモチベーションを上げることが多い。しかし結婚による引越しで退職するケース、出産による休職など、時に人材不足というマイナス面にもなりうるため、企業側はライフイベントを慎重に捉えやすい。

ライフイベントが重なりにくい24歳という年代は、長期的な活躍が期待できるため受け入れられやすい。

新しいことを受け入れ、仕事に集中しやすい年代と環境であるため、24歳という人材のニーズは高いと言えるだろう。

24歳での転職で求められるスキル・能力は?

①実務経験がある

24歳は、一通りの実務経験があることが、新卒と大きく異なるところだ。社会人を数年経験して獲得したスキルは、若手の採用で企業が求めるポイントである。

基本的な社会人マナーをすでに身につけて、コミュニケーションを取りながら仕事ができる。

また職種によるが、繁忙期や決算期など、大体の企業の1年間の流れを理解している。

こういった実務経験は、転職の際に企業から求められるスキルの1つである。逆に言うと、社会人経験が浅い24歳の転職者に対し、専門的なスキルが求められることはほぼないので安心して欲しい。

②リーダー資質を持っている

年齢に関わらず、リーダー資質を持った人材の需要は高い。

リーダーシップが取れると、将来の管理職候補として選ばれる可能性が高い。仕事は個人で進める以上に、周りとの協調性や企業としての成長を一番に考えられる力が必要だ。

リーダー経験がある場合は、積極的にアピールすることをおすすめする。高いスキルと同様に、リーダーシップも身につける努力をしていこう。

③伝える力がある

若手の転職はポテンシャル採用が多いが、とりわけ求められるのは伝える力、いわゆるコミュニケーション能力である。

まず身に付けるべきコミュニケーション能力は、基本中の基本である「報連相」だ。報告、連絡、相談は、どれも「伝える」という基本のコミュニケーションである。

上司や同僚だけではなく、取引先に対しても必要になる能力であり、信頼関係にもつながる。

同時に、転職の面接などの際も、自分の言葉で熱意ややる気、過去の経験などをアピールできるよう、「伝える力」をつけておきたい。伝える力、コミュニケーションスキルが高いことで、企業の採用率も高くなるだろう。

24歳で転職に「成功」する人の特徴は?

①企業が求める人材像を理解している

企業が求める人材を事前に理解することは大切だ。転職活動の自己アピールは、企業のニーズに合致している必要がある。

企業の経営方針や経営状況はもちろんのこと、どのような人たちが働いているかできるだけ多くの情報を網羅していたい。

必要なスキルをあらかじめ知ることは、面接時の強い味方にもなるはずだ。インターネットなどを通じて、実際に働く人の声を調べるのもおすすめである。

より多くの情報を集め、企業が求める人材に対して、自分がどのように貢献できるかアピールする準備が重要だ。しっかりと理解する事で面接などでも自信が持てるだろう。

②自己分析ができている

企業に自分をアピールする際、自己分析がしっかりできているかが重要なポイントとなる。まずは、自分の強みと弱みを両方とも理解する事が大切だ。

たとえ社会人経験が浅くても、過去に得たスキルをどう活かすか、しっかり話せるようにしておきたい。転職の目的や自分のアピールポイントを明確にしておく必要がある。

アピールポイントは具体的かつ簡潔に準備してほしい。自己分析をしっかり行う事が転職で成功するポイントになるだろう。

③焦らず計画的に活動する

24歳での転職は焦る必要はない。たとえ転職がなかなか決まらなくても、急ぐと冷静な判断ができず後悔することが多い。十分に時間をかけて準備を進めてほしい。

転職を考える際は、内定をもらってから現職の退職準備を進めてほしい。内定が決まる前に退職すると、収入面などの不安要素が出てくる可能性もあるため、極力避けるべきである。

計画的に転職活動をするためには時間も必要だ。転職の際は、自分の希望条件を満たしているかなど、じっくり納得のいくまで検討していこう。また、転職する際は、マイナビエージェントなどの転職エージェントの利用が必須だ。希望の企業に入れるかの確度が変わってくる。

24歳で転職に「失敗」する人の特徴は?

①自信がなさすぎる

いざ転職活動をすると不安要素も出てくるだろう。しかし自信がないまま活動しても、良い結果にはつながらない。

成功するか分からない間は、メンタルも不安定になりやすい。面接が怖い、アピールできるスキルがないと思い込んでいると、さらに悪循環につながる。企業には、自分と働きたいと思わせることが大切だ。

自信を持って転職活動を行うために、面接などの事前準備をしっかり行うことが重要だ。ポジティブな発言ができるように繰り返し話す練習も良いだろう。失敗を恐れずチャレンジして、満足できる転職活動をしてほしい。

②自力だけで転職活動・情報収集を行う

社会人経験が浅い24歳では、自分のアピールポイントや自己分析をうまくできず、自力で転職しようとすると失敗することが多い。ぜひ転職のプロであるエージェントやサイトを利用してほしい。

エージェントやサイトから、より多くの求人情報を入手することで、企業のニーズが見えるだろう。

また面接対策で、自分の強みや弱みを知ることができれば転職を成功させる近道にもなる。

転職活動を有利に進めるために、転職のプロを必ず活用してほしい。

24歳の転職のポイント|高卒・大卒

【高卒】社会人経験が有利にはたらく

高卒で24歳の場合、最大5年ほどの社会人経験があるため、大卒よりも有利に転職活動を進められるだろう。学歴よりも、社会人としてのスキルや経験を重視する企業は多い

これまでの職歴で培ったスキルをアピールし、職務経歴書や面接に活かすのがおすすめだ。24歳高卒の転職なら、20代転職に強いマイナビエージェントや、高卒の転職実績が豊富なハタラクティブに今すぐ登録しよう。

【大卒】転職理由が気にされる

24歳大卒の転職では、転職理由を面接官に聞かれる可能性が高い。新卒で入社した後、1~2年での転職になるため「またすぐ辞めてしまうのではないか」と、人事は疑ってくる。

転職面接では、その疑念を払しょくするため、次は長続きすることを提示する必要がある。20代に強いマイナビエージェントや、業界最大手のリクルートエージェントなら、入念な面接対策を受けられるのでぜひ利用しよう。

24歳で転職を成功させるためにやるべきこと

①自分を過度に高く評価しない

前職でトップの成績を出したとしても、それがそのまま転職先で通用すると考えない方が良い。仕事のやり方もメンバーも全く異なる新しい職場で、今までと同じように活躍できるとは限らないからだ。

また、過去の実績は必ずしも自分一人での結果とは限らないことも忘れてはならない。

本当の自分の力はどれくらいか、今後どのくらい活躍できるか、それに見合ったキャリアを考えよう。客観的に判断するために、自分をよく知る周りの人や先輩などに、アドバイスをもらうのも良いだろう。

転職先で思ったよりも活躍できないと、自分が一番苦しい思いをする。自己を過大に評価することなく、冷静に客観的に自分の実力を見直すことが転職を成功させる近道だ。

②前向きな転職理由を伝える

たとえ前職を忙しさや人間関係といったマイナスな理由で辞めたとしても、マイナス面を積極的に伝えることはおすすめしない。企業に後ろ向きの印象を与えてしまえば、企業側も採用していいのかと不安を覚えるだろう。

転職理由を話す時は、自分を売り込むチャンスであることを覚えておきたい。よって、自分の能力を活かしたい、次のステージに進むための転職である、といった前向きな理由を伝えてほしい。

すでに重ねた業務経験や、過去に得たスキルなど今後活かせることを積極的にアピールし転職活動をスムーズに進めてほしい。

③転職エージェントやサイトを活用する

転職活動に慣れていない時は、転職エージェントや転職サイトを積極的に使うべきである。求人の紹介はもちろんだが、内定を勝ち取るための支援や内定後の手続きなど一貫してサポートしてくれるだろう。

転職のプロの手厚い支援を受けることで、転職成功の可能性も高くなる。まずは複数のサイトに登録するところから始めてみよう。おすすめはマイナビエージェントdodaエージェントの組み合わせだ。第二新卒であればハタラクティブも検討しよう。

24歳での転職成功談・失敗談を紹介!

ここからは、24歳での転職活動に関するツイートを紹介していく。実際の体験談を見ることで、転職のイメージが湧くはずだ。

転職成功談

3回の転職をしてきたけど失敗続きで頑張る事を諦めかけていた過去の自分に言いたい。
「成功は失敗という下積みの上に成り立つ。だから前を見続けろ。」
24歳という年齢で転職を繰り返していた自分に嫌気がさしていたけども、あきらめずに動き続けた結果、自分らしさを出せる会社に入れた。

https://twitter.com/tsukku_job/status/1112236538505551872

転職失敗談

仕事をクビになり転職も失敗し大学中退無資格フリーターのお前に仕事がある訳ないと派遣会社でさえ言われ、藁に縋る思いでハロワやら人材募集広告見て電話しまくって。それが24歳の一年だった気する。

https://twitter.com/ronegray/status/485099236053098496

24歳は企業で働きながら、空き時間で転職サイトや転職エージェントの助けを借りて長期的な目線で活動してほしい。納得する転職ができる可能性が高まるだろう。

男性編:24歳での転職において気をつけるべきこと

①ライフプランをイメージしておく

今後のライフプランをイメージしておくことは、キャリアプランを考えるのと同じくらい重要である。

仕事のことだけを考えて転職するのはおすすめしない。例えば結婚をするなら時期はいつにするか、その後、家族とはどのような人生設計を立てるかなど、具体的に考えてみてほしい。

転職という節目をきっかけに一度仕事以外のライフプランの計画を立ててみよう。

人生の大きな目標を決めてから、24歳で実現したいことに焦点を絞ると考えやすいため、おすすめである。

②実力が評価される職場を目指す

24歳という年齢は、若さゆえに上手くいく場面も多いだろう。そこで見据えるべきは、数年後のキャリアアップである。

今だけを見るのではなく、将来的に自分が成長できる企業を選んでほしい。

1つの基準として、年功序列ではなく実力が評価される職場を選ぶと良いだろう。実力が評価される環境は、モチベーションが上がって努力しやすくなる。数年後、数十年後のキャリア形成がより良い方向に向かっていくだろう。

女性編:24歳での転職において気をつけるべきこと

①理想のワークライフバランスを考えておく

転職の際に、女性が考えるべきことの1つが、理想のワークライフバランスである。結婚や出産を考えているのであれば、仕事を優先できないタイミングを意識して、転職の計画を立ててほしい。

もし産休や育休を取得するのであれば、いつ頃になるか、またいつからどのくらい取得できるかなど具体的に考えてみよう。

理想の人生設計を立ててみる良い機会でもある。パートナーがいる場合は、相談してみるのも良いだろう。

②女性の復職率と満足度を見て選ぶ

転職先で結婚や出産などのライフイベントが重なる確率が高いのがこの年代である。

長期的に働きたい場合は、事前にその職場での働き方をリサーチしておこう。産休からの復職率や満足度なども含めて、できる限り調べておくことをおすすめする。必要な情報を集めて働きやすい職場にいく努力をしてほしい。

また、女性専用の転職エージェントの利用も視野に入れよう。おすすめは特化型の女性の転職(WomanWill)だ。親身になってくれるので、女性特有の相談もしやすい。

24歳で転職するなら絶対に使いたいおすすめ転職エージェント

自分が受かりやすい企業を効率よく探すには、転職サイト・転職エージェントの活用が早い。ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
そーさいさん|20代前半|男性|WEB業界|2021.01.31
良い点
|ヒアリングが丁寧でした
初回の面談時、まだ自分の中で転職の軸が定まっておらず、一からお話をすることになりました。 今の仕事の話で嫌なことや楽しいこと、大学時代の話や就職活動の時の話などを聞きながら、自分が何を大切にしているのか、なにが嫌なのかが明確になり、軸ができてきました。
悪い点
|レベル感が合わなかった
期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)「ちょっと挑戦的だけど、提案してみました」と言っていましたが、挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。
女性アイコン
きつねさん|30代前半|女性|その他|2021.01.14
良い点
|掲載数の多さは大手ならでは
転職求人サイトといえばの大手の一つと言うだけあって、掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐに担当の方がついてこちらの希望などのカウンセリングをしてくれます。 対応も早く、個々の履歴書の作り方まで、とても丁寧サポート体制が整っていました。
悪い点
|毎回同じ求人をすすめてくる
時期にもよるのかもしれませんが、常に同じところの求人が出ている状態で、掲載している職種に偏りがあるように見受けられました。こちらの希望とは異なる一般事務系の求人ばかりが目立ち、自分の希望には合いませんでした。専門的分野で探している方で、短期間での転職を考えている方には、あまりおすすめできないと感じました。
男性アイコン
じむさん|30代前半|男性|メディア|2021-01-26
良い点
|ケアがしっかりしている
かなりしっかりと就職までの道を敷いてくれます。求人も信用度がたかいもので、紹介してくれる数も多いです。その分野のプロでもあるエージェントが手厚くケアしてくれるので安心できました。スタッフの対応はかなり丁寧です。まめに電話での連絡もしてくれるので最後まで安心して取り組むことができました。向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。
悪い点
|不得手な分野もやはりある。
使用した感じでは、IT関係、メーカーの求人に強いサービスだと思いました。やはりまんべんなく職種を抑えることは難しく、先に上げた2つの分野以外では、求人が少ないこともあります、求人に偏りがあることは惜しい点でした。

マイナビエージェント公式サイト

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

163,163件

非公開求人数

評価4

239,473件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。

求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29
良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。
分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
ゆーさんさん|30代前半|女性|IT関連|2021.01.13
良い点
|求人数
初めての転職で利用したのがリクルートエージェントでした。 大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。 また求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。 聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|専門性
IT関連の転職で利用したのですが、総合型のエージェントのため、IT業界専門のエージェントと比べるとフォローや実務業務についての内容は薄いように感じました。 ただ、こちらの要望(年収や職種など)はヒアリングしていただき、反映していただけたので全体的には満足しております。
女性アイコン
べにちゃんさん|20代後半|女性|製造業|2021.01.25
良い点
|学歴不問で誰でも登録できます
ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。 他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。
悪い点
|首都圏在住の大卒者以外だと使いにくい
地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。 地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

ハタラクティブ

平均2~3週間の内定スピード

ハタラクティブ

(出典:ハタラクティブ)

ハタラクティブのポイント

  • 未経験OKの求人が豊富
  • カウンセリング実績11万人
  • 大手企業の内定率80%超
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷/池袋/秋葉原/大阪/横浜/埼玉/名古屋/福岡/千葉

ハタラクティブのメリット

未経験でも応募可能な求人が豊富

ハタラクティブは、未経験でも応募可能な求人を豊富に扱っています。実際に、20代の転職者のうち、3人に2人が未経験での転職に成功しています。

内定獲得率が高いのも魅力で、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績を誇っています。経歴に自信が無い20代の方でも、転職できる可能性が十分あります。

転職者の86%が大企業に内定

ハタラクティブは、大企業への内定率が高い転職エージェントです。2020年8月から2021年1月までの約半年間の計測で、社員1,000名以上の大企業の内定を獲得した割合は86%です。

就活の結果に心残りがある方でも、ハタラクティブを利用すれば大企業に転職し、再出発できる可能性が高いでしょう。

内定まで最短2週間のスピード

ハタラクティブは、最短2週間で内定まで運んでくれるスピード感が魅力です。一般的な転職活動は、内定まで2~3ヶ月かかると言われていますが、ハタラクティブは平均2~3週間です。

いますぐに転職したいという20代の方に、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブのデメリット

求人数を公開していない

ハタラクティブは、求人数を公開していません。大手の転職エージェントは求人数を公開しているため、求人数が分からないのは不安に繋がるでしょう。

ただし、現にハタラクティブはカウンセリング数11万人、大企業の内定率86%など実績があります。20代向けの求人は間違いなく豊富にあるので、まずは無料登録してみましょう。

30代以降には不向き

ハタラクティブは、30代以降には不向きです。抱えている求人の多くが20代や未経験向けなので、キャリアアップや年収アップを重視したい30代以降の転職には向きません。

30代以降の方や、20代でもハイクラスな転職をしたい方なら、優良企業から直接オファーがもらえる「ビズリーチ」や、年収800万円以上の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

ハタラクティブの評判と口コミ

女性アイコン
ななこさん|20代後半|女性|広告|2021.03.12
良い点
|フリーターの正社員登用にはバッチリ!
フリーターの方が正社員を目指すためのサービス。なので、フリーターの方の行っている仕事(飲食店のホール、コンビニのレジ打ち、など)から正社員に登用されるためのスキルの洗い出しを親身に行ってくれます。例えば「飲食店のホール→誰とでもコミュケーションを図れ営業のポテンシャルがあります」、など。
悪い点
|フリーター以外の転職には不向き
逆にいうと、フリーターの方が再起を図るのを応援できるタイプの企業の求人しか抱えていないということであり、ハタラクティブで一般的なスキルを持っている人が転職する場合にはいずれかの面で不満が残るかと思います。新卒・第二新卒・スキルアップの転職を目的とされる場合には、他の会社を利用することをオススメします。
男性アイコン
Seiさん|20代後半|男性|自由業・フリーランス|2021.01.22
良い点
|親身になって相談に乗ってくれた
担当の方がとても親切な方で丁寧な説明をしてもらえました。出来る限り私の要望に対して答えようとする姿勢があり、とても頼りになりました。数社紹介していただき、その中から転職先を見つけることが出来ました。
悪い点
|あまり求人数が多くない
未経験の職場への転職ということもあってか、あまり求人数が多くありませんでした。勤務地や業界にこだわらなければありはしたのですが、他の転職サイトと比べても求人数の少なさは否めません。もっと多くの求人があれば文句の付け所はなかったのですが。

ハタラクティブ公式サイト

関連記事
ハタラクティブの口コミ・評判

まとめ

転職エージェントは24歳の転職はもちろん、大手企業に強いコネクションをもつ転職エージェントが多数ある。

また、複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができる。マイナビエージェントリクルートエージェントは必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

転職エージェントおすすめランキングはこちら

年代別の関連記事(20代~)
22歳の転職 23歳の転職 24歳の転職 25歳の転職
26歳の転職 27歳の転職 28歳の転職 29歳の転職

このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収800万円を超える求人が豊富
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス