27歳で転職は遅い?スキルなし・未経験で転職成功させるコツ

27歳の転職は遅い?

「27歳の転職は遅い?」

「未経験やスキルなしで転職可能か知りたい」

27歳で転職を考えている人は、今転職すべきなのか悩んでいる人も多いです。自分の強みがわからない人や、ポテンシャルや熱意だけで転職できるか、不安な方もいるでしょう。

そこでこの記事では27歳の転職について解説しています。27歳の転職が遅いのか、未経験やスキルなしでの転職ができるかなども掲載しているので、参考にしてください。

27歳の転職は、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントは履歴書の添削や面接対策などのサポートを行っているので、転職活動に役立ちます。

編集部おすすめ転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代の信頼度No1転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒に◎】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーターや離職中に!

20代向けおすすめ転職サイトはこちら

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

27歳の転職は未経験でもキャリアチェンジできる

27歳での転職は未経験でも可能

27歳は、未経験でも転職できます。27歳は20代として、ポテンシャル採用も多い年齢です

ただし、30代になると未経験採用の求人はかなり限られてしまうので、未経験の職種を考えている人は、30歳になる前に挑戦をしましょう。

27歳未経験で仕事を探すなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントのおすすめはマイナビエージェントです。未経験転職に強く、20~30代の若年層から高い支持を得ています。

27歳はスキルなしでも転職可能

27歳は、スキルなしでも転職は可能です。まだ若手なので、熱意や姿勢をアピールしたり、資格を取得して知識を示すことで、転職の可能性が上がります。

希望職種のスキルがない面は、評価としては不利になりますが、熱意や今後の将来性を示すことで、転職は可能です。

27歳での転職は年齢的に遅い?厳しい?

27歳での転職は遅くない

転職成功者の年代別割合

出典:コロナでどう変わった?転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

27歳での転職は遅くありません。dodaの調査によると、2021年転職成功者の割合は25~29歳が40.5%と最も多いです。

27歳は、社会人としての経験や、前職でのスキルが期待できます。企業としては受け入れやすく、転職市場価値の高いので、20代後半の転職者は多くなります。

27歳で転職を考えている人には、転職エージェントの利用がおすすめです。まずは20~30代の人気No.1のマイナビエージェントを利用しましょう。

即戦力が期待される

27歳での転職では、即戦力が期待されます。27歳なら、5年程度の経験やスキルがある事になり、特に1つの領域での専門性があれば、企業側も受け入れやすいです。

しっかりとスキルや経験を磨いていたなら、転職では大きな武器になります。武器があれば、27歳の転職は不利にはなりません。

27歳女性は転職するべき?

転職後すぐに妊娠や出産の予定がないなら、転職をすべきです。むしろ、将来的に妊娠や出産を考えているなら、早めに転職し、仕事に慣れておいたほうが良いでしょう。

また、転職先を探す際には、産休や育児休暇など、子育てと仕事を両立できる環境があるかをチェックして、転職先を選ぶことも大切です。

27歳で転職するメリット

  • ポテンシャルを見込まれることもある
  • 年収アップのチャンスもある
  • 職種によっては未経験転職も可能

ポテンシャルを見込まれることもある

27歳は、ポテンシャルを見込まれることもあります。20代後半と言ってもまだ若手なので、伸びしろが期待されるからです。

ポテンシャルを評価されるには、将来成果を挙げれるかや、リーダーや管理職の素質があるかが見られます。現職で自分が業務で何を行い、改善や成果に繋げたのかを具体的に話せるようにしておきましょう。

未経験での転職を考えているのであれば、ポテンシャル採用の可能性がある20代のうちに決断しておくのがおすすめです。

年収アップのチャンスもある

27歳の転職では、キャリアアップ・年収アップを狙えます。具体的には、前職よりも規模の大きい会社を狙うと良いでしょう

もし「今の会社では正当に評価されていない」「もっと自分が活躍できる職場があるはず」と感じているなら、転職による年収アップを狙ってみてください。

まずはマイナビエージェントに登録してみましょう。業界毎に専任のアドバイザーがいるので、業界を知る人しかわからない情報もキャッチアップしてくれます。

未経験職種への転職も可能

27歳なら、未経験転職も可能です。27歳は、まだ若手なので未経験枠で応募できる企業も多く、異業種への挑戦も可能です。

特に介護や運送業など、人材が不足しがちな業種は転職しやすいです。また、IT人材不足が続いているので、未経験エンジニアも求人が多くおすすめです。

明確なスキルがなく将来が不安なら、エンジニアへの転向も検討してみてください。エンジニアへの転職は、IT業界に強いレバテックキャリアや、ワークポートがおすすめです。

27歳で転職するデメリット

  • 年収が下がる可能性もある
  • 転職のライバルも多い
  • 人間関係がリセットされてしまう

年収が下がる可能性もある

転職後に年収が下がる可能性もあります。未経験の職種への転職や、大企業から中小やベンチャー企業への転職をする場合は、年収ダウンも覚悟しておきましょう

転職の際には自分の中で優先度を決め、入社後に後悔しないように注意してください。年収を維持しながら転職したい人は、転職エージェントを利用しましょう。

20~30代の若年層から支持されているマイナビエージェントと併せて、年収アップの実績が豊富なビズリーチもおすすめです。

転職のライバルも多い

政府の労働力調査によれば、25~34歳の転職者数は86万人を超え、どの年齢層よりも多いです。つまり同年代の人が転職市場には多く、ライバルが増えます。

必然的に、20代後半の年代の求人は倍率が高いです。「他の転職者と比べて、自分にはどのような強みや魅力があるのか」「他の転職者ではなく自分を採用することのメリットは何か」をしっかりアピールしましょう。

まずはマイナビエージェントに登録して、採用対策のサポートを受けるのがおすすめです。企業が見るポイントから客観的に自分の強みをアドバイスし、選考通過率の向上につなげてくれます。

人間関係がリセットされてしまう

27歳に限りませんが、転職すれば、今まで築いた人間関係はリセットされます。次の転職先では、ゼロから信頼を構築する必要があるため、新しい職場に馴染めなくて苦労する場合もあります

会社によっては「同い年の同僚がいない」ということも起こります。周囲とできるだけ早く馴染めるように、笑顔・あいさつなどの「基本的なコミュニケーション」大切にしましょう。

入社してすぐに良好な人間関係を築けるかどうかで、その先の仕事のしやすさに影響するので、注意してください。

27歳の転職を成功しやすい人の特徴

  • 前職で実績を出している
  • チームをまとめたことがある
  • 新しい職場に適応できる

前職で実績を出している

前職でアピールできる実績を残せているなら、他の候補者よりも転職活動を優位に進めることができます。

27歳といってもまだ20代なので、同世代では目立った実績がない人も多いです。

実績は「売上○円→売上○円(達成率○○%)」といったように、定量的かつ具体的に伝え、また「結果を出すために工夫したこと」も忘れずに話しましょう。

チームをまとめたことがある

20代でチームをまとめるリーダーの経験があれば、評価は高くなります。30代になるとリーダシップを発揮してチームをまとめるマネジメント職(管理職)を任される機会も増えてきます。

そのため「小さくでもチームをまとめたことがある」「メンターとして新卒の面倒をしっかり見ていた」などの経験は面接官に刺さるでしょう。

様々な企業でマネジメント人材は不足しがちなため、リーダーの素質のある20代は、転職に有利になります。

新しい職場に適応できる

転職の成功には、新しい職場に適応できる素質が重要です。新しい会社のルールや仕事の基礎が身につくまでは、素直さや謙虚さが必要となります。

前職の経験を活かせる部分と、新しい会社のルールに従う部分をうまく分けて、柔軟に対応しましょう。

反対に、どれだけ能力が高くても、職場に適応できずチームプレーが苦手な人は、採用を見送られてしまうリスクも高いので注意してください。

27歳で転職がうまくいかない理由

  • ポータブルスキルが身についていない
  • 理想のキャリアが描けていない
  • 「逃げの転職」をしている

ポータブルスキルが身についていない

ポータブルスキルの構成要素拡大する

出典:ポータブルスキル活用研修|人材サービス産業協議会

転職には、ポータブルスキルが重要です。ポータブルスキルとは、職種ごとの専門的なスキルの他に、業種や職種が変わっても「持ち運びができるスキル」のことです。

「仕事のし方」「人との関わり方」のどちらも身についていない人は、企業側も採用したくなりません。ポータブルスキルが身についていないと感じる人は、自身の仕事の様子を振り返ってみましょう。

仕事の中で、ポータブルスキルが発揮された経験はあるはずです。自身の経験を振り返り、新しい環境で生かせるものがないかチェックするべきです。

理想のキャリアが描けていない

27歳はポテンシャルを見込んで採用してもらえる分、今後どのようなキャリアを歩んでいきたいのか明確に言えないと採用は難しいです。

「将来どうなりたいのか?」というキャリアプランが明確なことが好ましいのは、たとえ困難な状況に陥ったとしても、将来の理想の姿に近づくための「試練」と捉えて踏ん張れるからです。

理想の姿を思い描き、そこから逆算して転職先を選んでいることをアピールできれば、企業側の納得感も高まります。

「逃げの転職」をしている

転職理由が、前職に対する不満など「逃げ」の理由だと、転職活動はなかなかうまく行きません。そもそも100%満足できる環境は、どこを探しても見つからないでしょう

不満があれば、他責にせず自ら変える姿勢が求められますが、それができない人に限って成果を出さないまま転職に逃げてしまう傾向にあります。

「前職のこれが嫌だった」ではなく「前職で出来なかったこれをやりたかった」というように前向きな理由を持つと良いでしょう。

【男女別】27歳の転職で気をつけるべきこと

【男性】家族を守れるだけの収入を期待できるか

将来家庭を持つことを考えている場合、転職先で家族を養えるだけの収入が期待できるかが大切です。入社と同時に年収アップが叶わない場合は、どのような成果をあげれば昇給できるのかについて、よく確認しましょう。

今の時代は共働きがスタンダードになりつつあるので、男性の稼ぎのみで生活するケースは減りつつありますが、それでも依然として家計における男性の収入割合は高いです。

一定水準の生活を送るために給与は大切なので、転職先での期待収入をきちんと把握しておきましょう

【女性】出産休暇や育児休暇を得られる職場か

将来的に子供が欲しいと考えている場合、転職先に産休・育休制度が整備されているかはよくチェックしておきましょう

厚生労働省の調査によれば、女性の育休取得率は8割を超えるものの、依然として育休取得数が少ない企業もあるのも事実です。

入社後の認識のズレがないよう、企業HPや転職エージェント、口コミなどから情報収集できると良いでしょう。

27歳で転職を成功させる5つのコツ

キャリア・スキルの棚卸しをする

キャリアを活かした転職の成功のためには、キャリア・スキルの棚卸しが重要です。現職(前職)での業務を整理して、何ができるのかを把握すれば、自己PRの強化に繋がります

同職種などであれば、キャリアアップという形で、レベルの高い仕事や役職を任せられるかもしれません。同じ領域でも面白さが全く異なるので、仕事へのやりがいが増す人も多いです。

スキルなし転職の場合

スキルなしの転職の場合は、仕事に対する熱意や姿勢をアピールしましょう。希望する職種のスキルがなくても、スキル取得のためにどう動いているかでも、熱意をアピールできます

また、希望の仕事に関連する資格を取得することも、スキルなしの転職をする場合に有効です。実務経験が無くても資格を取得することで、知識があることや熱意は伝わります

資格があれば必ずしも有利ではありませんが、資格が無いより有ったほうが評価は上がります。資格が取れる余裕があるなら、積極的に取得しましょう。

即戦力性とポテンシャルをアピールする

転職で、キャリアを活かす場合、即戦力であることと将来のポテンシャルをアピール出来ると効果的です。即戦力として具体的に成果を上げられるかと共に、今後の伸びしろがあることを示しましょう。

学ぶ意欲があることや、目標達成のためにどう行動したか、自分の弱点をどう克服したかなど、自分の経験を踏まえて伝えられようにしてください。

アピールできるポイントを探すためには、キャリアの棚卸しをしましょう。キャリアの棚卸しは、マイナビエージェントなどの転職エージェントを利用すると、効率的に行なえます。

自己分析を行う

転職の成功には、自己分析が必須です。転職する際には、何を軸に転職するかを明確にしておかないと、ミスマッチに繋がります

転職後に「思っていたのと違った」ということにならないよう、自己分析を行って、転職の軸を決めておきましょう。

将来のキャリア像をアピールする

27歳の転職を成功させるためには、将来のキャリア像があることが大切です。その会社に入って、自分がどう成長し、貢献していくかを具体的なキャリアプランとして示しましょう

キャリアプランを示すことで、成長意欲や、あなたが会社で活躍できるかを会社は判断しやすくなります。

転職エージェントを利用する

27歳で転職を成功させたい方は、転職エージェントは利用しましょう。転職エージェントでは、利用者専属のキャリアアドバイザーが、適性や強み、希望をすり合わせて求人を紹介してくれます

さらに履歴書・職務経歴書の添削や面接対策、更には年収交渉までサポートしてくれるので、転職エージェントの利用は必須です。

初めてのエージェント利用におすすめなのは、マイナビエージェントです。20代に信頼されている転生エージェントNo.1で、若年層から高い支持を得ています。

27歳の転職体験談

ツイッターでの投稿を見ても、27歳は転職市場価値が高く、また、ポテンシャル枠で採用してもらえるチャンスがあることがわかります。

ぜひ今の環境に満足していないなら、積極的に転職活動に挑みましょう。

27歳から始める仕事のおすすめ

フリーター・未経験におすすめ|営業職

営業職は、どの業界でも需要があり、特別な資格や経験が必要ないので、未経験でも挑戦しやすい職種です。営業のスキルを身につければ、業界を超えても通用します

自身の興味があった業界に、営業職から入ることで、他のキャリアにも繋げるきっかけを作ることが出来ます。

営業職に転職する際は、マイナビエージェントを利用しましょう。未経験歓迎の求人も多く、様々な業界の営業職を探せます。

未経験におすすめ|IT・Webエンジニア

IT・Webエンジニアも、需要が高まっている職種です。しかし、人員の供給が追いついていないので、未経験の求人が多い職種でもあります

未経験募集がある企業は、研修も手厚い企業が多く、仕事ができるか不安な人でも安心できます。エンジニアに興味のある人は、積極的に挑戦してみるべきです。

エンジニアに転職したい人は、IT系専門の転職エージェントを利用しましょう。経験があればレバテックキャリア、未経験ならマイナビITエージェントがおすすめです。どちらも、業界の知識が豊富です。

未経験におすすめ|コンサルティング

20代ならコンサルティング業に挑戦するのもいいでしょう。コンサルティングは自頭が良くないと務まりませんが、20代でも高収入が期待できる職種です。

ただし、コンサルティング業界は選考方法が独特で、未経験の場合は転職エージェントの利用が必須級です。異業種からコンサルに挑戦するなら、丁寧なサポートで定評のあるアクシスコンサルティングを利用しましょう。

フリーター・再就職におすすめ|介護職

介護業界は人手不足が懸念されており、未経験でも転職しやすい仕事です。体力は必要ですが、資格がなくとも応募でき、働きながら資格取得を目指せます

体を動かすことや、人とコミュニケーションを取ることが好きな人におすすめです。介護職への転職なら、介護職専門の転職エージェントのきらケアを利用しましょう。

フリーター・再就職におすすめ|事務職

事務職は、一般事務なら特別なスキルや資格が必要なく、未経験でも転職しやすい職種です。基本的なPCの操作ができれば良い場合も多く、身体的負担が少ない仕事です。

事務職は、他業界への転職でも役立ちます。どの業界でも事務の仕事はあるので、将来転職する際に、広い業界から仕事を選べます。

事務への転職を考えるなら求人数が多いリクルートエージェントを利用しましょう。条件の良い事務職を紹介してもらえる可能性があります。

フリーター・再就職におすすめ|製造業

製造業は人手不足の工場もあり、未経験からの転職先として狙い目です。ただし、期間工などの正社員でない扱いの場合もあるので、正社員採用や登用のある求人を狙って応募しましょう。

製造業への転職はマイナビエージェントや、製造業に特化したメイテックネクストがおすすめです。

27歳の転職でおすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

205,910件

非公開求人数

評価4

259,676件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。

求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

ハタラクティブ

平均2~3週間の内定スピード

ハタラクティブ

(出典:ハタラクティブ)

ハタラクティブのポイント

  • 未経験OKの求人が豊富
  • カウンセリング実績11万人
  • 大手企業の内定率80%超
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷/池袋/秋葉原/大阪/横浜/埼玉/名古屋/福岡/千葉

ハタラクティブのメリット

未経験でも応募可能な求人が豊富

ハタラクティブは、未経験でも応募可能な求人を豊富に扱っています。実際に、20代の転職者のうち、3人に2人が未経験での転職に成功しています。

内定獲得率が高いのも魅力で、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績を誇っています。経歴に自信が無い20代の方でも、転職できる可能性が十分あります。

転職者の86%が大企業に内定

ハタラクティブは、大企業への内定率が高い転職エージェントです。2020年8月から2021年1月までの約半年間の計測で、社員1,000名以上の大企業の内定を獲得した割合は86%です。

就活の結果に心残りがある方でも、ハタラクティブを利用すれば大企業に転職し、再出発できる可能性が高いでしょう。

内定まで最短2週間のスピード

ハタラクティブは、最短2週間で内定まで運んでくれるスピード感が魅力です。一般的な転職活動は、内定まで2~3ヶ月かかると言われていますが、ハタラクティブは平均2~3週間です。

いますぐに転職したいという20代の方に、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブのデメリット

求人数を公開していない

ハタラクティブは、求人数を公開していません。大手の転職エージェントは求人数を公開しているため、求人数が分からないのは不安に繋がるでしょう。

ただし、現にハタラクティブはカウンセリング数11万人、大企業の内定率86%など実績があります。20代向けの求人は間違いなく豊富にあるので、まずは無料登録してみましょう。

30代以降には不向き

ハタラクティブは、30代以降には不向きです。抱えている求人の多くが20代や未経験向けなので、キャリアアップや年収アップを重視したい30代以降の転職には向きません。

30代以降の方や、20代でもハイクラスな転職をしたい方なら、優良企業から直接オファーがもらえる「ビズリーチ」や、年収800万円以上の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

ハタラクティブの評判と口コミ

女性27歳

満足度

フリーターが正社員を目指すのにおすすめ

フリーターの方が正社員を目指すためのサービス。なので、フリーターの方の行っている仕事(飲食店のホール、コンビニのレジ打ち、など)から正社員に登用されるためのスキルの洗い出しを親身に行ってくれます。例えば「飲食店のホール→誰とでもコミュケーションを図れ営業のポテンシャルがあります」、など。

女性28歳

満足度

親身になって相談に乗ってくれた

担当の方がとても親切な方で丁寧な説明をしてもらえました。出来る限り私の要望に対して答えようとする姿勢があり、とても頼りになりました。数社紹介していただき、その中から転職先を見つけることが出来ました。

男性26歳

満足度

質の高い求人が多い

他の転職エージェントと比較すると質の高い求人が多いように思います。他では無かった非公開求人を案内してもらうことができたり、大手企業だけでなく中小企業も優良なものが多いので、安心してサービスを使うことができると思います。

男性28歳

満足度

あまり求人数が多くない

未経験の職場への転職ということもあってか、あまり求人数が多くありませんでした。勤務地や業界にこだわらなければありはしたのですが、他の転職サイトと比べても求人数の少なさは否めません。もっと多くの求人があれば文句の付け所はなかったのですが。

女性27歳

満足度

フリーター以外の転職には不向き

逆にいうと、フリーターの方が再起を図るのを応援できるタイプの企業の求人しか抱えていないということであり、ハタラクティブで一般的なスキルを持っている人が転職する場合にはいずれかの面で不満が残るかと思います。新卒・第二新卒・スキルアップの転職を目的とされる場合には、他の会社を利用することをオススメします。

関連記事
ハタラクティブの口コミ・評判

27歳の転職でよくある質問

転職でうまくいかない時はどうすればいい?

1人で転職活動を進めているなら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職がうまくいかない原因は「スキルや経験が足りない」「採用対策が不十分」「応募する求人の絞り込み過ぎ」などが考えられます。

転職エージェントは転職のプロなので、うまくいかない原因を突き止めるのに最適な相談相手です。

27歳で再就職は厳しい?

27歳の再就職は厳しくありません。27歳ならまだ若手なので、ブランクがあっても熱意があれば最就職は十分可能です。

まずはハタラクティブの利用がおすすめです。未経験に強い転職エージェントで、再就職の最適なサポートが受けられます。

転職が2回目や3回目でも大丈夫?

明確に何回までなら大丈夫といったことはありませんが、3回目以降になると、採用側は気になるでしょう。仕方がない事情がある場合を除いて、短期間で転職を繰り返すのはおすすめしません。

転職を繰り返している場合、なにか問題があるのではと疑われてしまいます。仕方なく転職を繰り返している場合は、転職理由をしっかり答えられるようにしておきましょう。

まとめ

27歳は転職適齢期です。一定の経験があり、かつ伸び代を期待されて採用もされやすい年齢です。リーダーシップの素質があれば、将来の管理職・マネジメント職候補としての採用可能性もあります。

しかしその分ライバルも多く、しっかり対策した上で転職活動に臨む必要があります。選考対策には、転職のプロであるエージェントを活用しましょう。

20代の幅広い転職ならマイナビエージェントがおすすめです。その他にもリクルートエージェントハタラクティブなど、複数の転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進められます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス