転職ノウハウ

47歳転職の現実は厳しい?体験談や成功ポイントを解説

「47歳で転職するのは厳しい?」

「未経験で転職するのは無謀?」

40代後半に差し掛かり、50歳を迎える前に転職したいという人は多いです。しかし、転職するにも「40歳限界説」を聞いたり、年収が大きく下がることが不安で動けない人がいることも事実です。

そこで当記事では、47歳で転職成功できる方法はもちろん、成功例や失敗体験談を紹介しています。未経験転職のやり方やおすすめの仕事内容も記載してるので、47歳転職の参考にしてください。

47歳の転職!成功の秘訣

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
関連記事
46歳転職 48歳転職

【結論】47歳の転職は厳しいが可能

未経験で転職成功した方も多い


47歳で未経験の業界に転職成功した方は多いです。株式会社ビズヒッツが、40代で未経験の仕事に転職した人を対象に「40代の転職に関する意識調査」を実施したところ、転職理由の19.9%が「やりたい仕事・新しい仕事への挑戦」でした。

47歳で新しい仕事で挑戦をするのは一見難しく思えますが、アンケートやTwitterなどでも47歳の転職経験者が多く見受けられるので、未経験の転職も可能であると言えます。

経験者であれば47歳でも厳しくない


経験者採用で転職する際は、47歳でも厳しくありません。50代の求人募集は年々増えているため、50代手前の47歳はまだまだ需要があると言えます。

ただし、応募者の中には若い方も多くいるため、手を抜かずに自分の経験をアピールすることが大切です。自信がなければ、転職のサポートをしてくれる転職エージェントの利用をおすすめします。

47歳が転職に成功した体験談

相性の良い転職エージェントが転職成功の鍵|47歳男性

男性アイコン 47歳男性
数年前にリクルートエージェントにより、転職をしました。担当者の方はとても親身で色々と相談に乗ってくれる上、面接員役になって面接の予行練習をしてくれました。
その結果のフィードバックをしてくれるので、面接スキルを徹底的にあげることができました。提案された転職先の会社も自分の要望にマッチした会社ばかりで、大変満足でした。
職種の変化はありませんでしたが、第2希望の会社に転職することができました。年収は下がりましたが前職よりも残業時間は大幅に減り、ストレスがかなり減り、結果的には満足でした。

自分に合った転職エージェントを見つけて、個人に合った充実したサポートや提案を受けることで転職に成功した人の体験談です。

面接対策に注力して、転職エージェントとの面接の予行練習が転職成功の鍵になっています。同じ職種のまま、残業時間が減り、前職よりも労働環境が良い企業へ転職できています。

人脈を使って転職成功した|47歳男性

男性アイコン 47歳男性
職種の変化は、会社が変わった以外ありません。 転職を考えていた時、応募したいがキャリア(人材業界で、営業コーディネーター)は12年あっても、年齢(当時47歳)で難しいのではないかと悶々としておりました。
転職を考えた理由は、上司との仲が最悪だったこと以上に、待遇が悪かったことに不満があったからです。当時、勤めていた会社は経営者のお気に入り以外は薄給で、ベテラン20年組でも40代半ばで年収は400万前半でした。
そんな中、以前から仲良ししていただいた取引先の方に相談したところ、「この会社で、社員募集しているけど、話し聞いてみない?」と 紹介されたのが、現在の会社です。紹介してもらった現会社は、代表とは面識があったのですが、まさか、社員募集をしているのは思わず、まずは打ち合わせの場を設けていただきました。その打合せで、代表からは「貴方の事は知っているし、問題ないから、うちに来てほしい」と言われましたが、このまま尻尾をまいて逃げるようにして辞めるのもと思っていたところ、ある事件が発端で険悪な馬鹿上司と軋轢が生じる事件勃発。今まで、この馬鹿の為にどれだけ振り回されてきたかと思うと憤りを感じた瞬間、転職することを決意。
その日の夕方、「お世話になります」と代表に申し出をしました。今の会社に入社して5年目になりますが、大成功だと思っています。一番希望していた年収が大幅にアップしたからです。初めて、年末調整の時に受け取った源泉徴収票を見て愕然としました。周囲から、「あんたの年収は安い」と言われてましたが、まさか、ここまで安いとは思いもよらず。
そして、三年前にある大企業へM&Aされたお蔭で、さらに年収がアップ。どのくらいアップしたのかと言うと、前の会社より、170万円の年収アップです。ちなみに、前の会社は私が退職した年(年末)に倒産しました。本当に、心から脱出出来てよかったと実感しています。

会社に不満がある中で、人脈をきっかけに転職を成功させた人の体験談です。社会経験の豊富さと、これまでに築き上げてきた人脈によって転職が成功したのは、40代後半だからこその転職方法でしょう。

転職サイトや転職エージェントを利用することで転職が有利になりますが、自分に合ったサービスに出会えない場合や、現職の都合で転職活動に充分時間が取れない人は、人脈を活用することで転職成功できることもあります。

努力次第で40代のポテンシャル採用も|47歳男性

男性アイコン 47歳男性
JACリクルートメントを利用していました。担当者がとても私のポテンシャルを重視してくれ、経験のない職種でも、勉強中のスキルを活かせそうなポジションも多く紹介してくれました。
サポートも良く、ステップが進むにつれて、そのステップに応じたアドバイスを頂けたり、会社の細かい情報を頂けたりしたため、転職後のイメージがしやすかったです。職種は、テクニカルライターをしていたのですが、戦略を立てたりするプロダクトマネージャーに職種変更しました。年収は50万程度上がりました。

転職エージェントのサポートを利用して、未経験の職種でもポテンシャルを生かして転職を成功させた人の体験談です。

未経験の職種に挑戦したい場合、個人的な努力次第では、スキルやポテンシャルをアピールした転職のサポートをしてくれることもあります。職種を変えることによって年収も上がり、未経験というハンデを超えることができます。

オファー機能を活用して転職成功|47歳男性

男性アイコン 47歳男性
利用した転職サイト:doda
対応者の対応:あまりレスポンスは良くなかった。基本、メールでのやり取りですが、あまり反応が早くはなかった。
苦労したポイント:職務経歴書等、なかなか上手く纏める事ができなかった。
年収の変化:前職から30万UP 基本的に転職するにあたって前職からの年収UP+アルファが無ければ転職サイトを使う意味はあまり無いと思い色々と探していたところ、経歴書をアップロードしていたところ、オファーを頂き転職出来た。

転職サイトのオファー機能を使って、転職成功した人の体験談です。転職エージェントは合わなかったようですが、転職サイトではオファー機能など転職を成功できる機能が充実しています

企業の相性だけではなく、転職サービスとの相性も転職では重要です。自分に合ったサービスを活用することで40代後半であっても、前職よりもいい条件の企業へ転職が可能です。

47歳転職が厳しいと言われる3つの理由

求人数が少ない

47歳の転職が厳しいとされる理由は、求人数が少ないことです。未経験でも応募できるポテンシャル採用の対象は20代が多いため、40代だと必然的に求人数が減ります。

また、書類審査の足切りラインは「40歳以上」で設定している企業も多いです。即戦力採用の求人は一定数あるものの、未経験者の求人はかなり少ないと覚えておきましょう。

求められるスキルが高い

40代後半は一般企業だと課長~副部長クラスのため、40代後半に対しては企業が求めてるレベルが高くなります。

今すでに課長クラスの役職であれば問題ありませんが、役職がついていないと、厳しい戦いになるでしょう。役職がついてなくてもマネジメント経験がある場合は、職務経歴書でアピールすることが大切です。

家族がいる47歳だと、年収など待遇面で企業側と折り合いがつかないことが多々あります。また、家族がいなくても、社会人経験を沢山積んでいるというプライドから、自分の市場価値よりも高く見積もってしまうこともあるでしょう。

47歳で転職する際は、前職よりも待遇が良くなることを期待してはいけません。ただし、即戦力であれば別です。転職エージェントの「ビズリーチ」であれば、ハイクラス求人が豊富なので、今よりも年収上げられる可能性もあるので、まずは登録してみましょう。

47歳での転職を成功させる方法

キャリアの棚卸しをして強みを見つける

47歳までに経験した業務や備わったスキルを棚卸して、自分の強みを見つけましょう。40代は若年層に比べて経験が豊富なので、面接などでアピールする材料になります。

もし強みが見つからない場合は、転職エージェントに相談して、棚卸を手伝ってもらいましょう。コミュニケーション力など、自分では身に付けにくい強みを見つけてくれます。

業種・業界にこだわりすぎない

47歳は求人数が少ないため、業種や業界にこだわりすぎないようにしましょう。転職時期が伸びれば伸びるほど不利になっていくので、こだわりを捨てる期日やルールを設けることが大切です。

転職サービスを複数使う

転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

参照:リクナビNEXT調査|転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

転職に成功した人の70%以上が、複数の転職サイトや転職エージェントを利用しています。特に、47歳で応募できる求人情報は少ないため、より多くの情報を獲得できる状況を作ることが大切です。

まずは、転職エージェントに2社登録してみましょう。転職エージェントなら求人情報を送ってくれるだけなので、現職が忙しくても安心です。

47歳の転職で失敗する原因

  • 年収を重視しすぎる
  • 不十分な面接対策

年収を重視しすぎる

年収を重視しすぎると、転職失敗してしまう原因になります。47歳の求人数は少ないため、年収が高い求人を選り好みしてしまうと、応募できる企業がかなり限定されます。

また、せっかく面接に進んでも、年収の交渉を申し出たことで不採用になるケースもあります。交渉自体は悪くないですが、求人数は少ないことを頭に入れて転職活動をしましょう。

不十分な面接対策

面接対策が不十分だと、転職の失敗に繋がります。他の応募者は自分よりも年齢が若い方も多いため、少しでも自分のアピールポイント伝えられるようにしましょう。

キャリアが長く、応募要件を満たしている場合でも、面接対策は怠ってはいけません。もしどうすれば良いかがわからなければ、転職エージェントに登録して相談してください。

47歳の転職にはエージェント利用が必須

転職エージェントとは

転職エージェントのサポート内容

  1. 求職者の就職支援
  2. 履歴書など提出書類の添削
  3. 面接対策
  4. 給与や待遇面などの交渉
  5. 就職後のアフターフォロー

転職エージェントは、求職者と企業をマッチングさせる就職支援のプロです。求職者が求める条件を明確化させたり、悩みを解決することで、最適な転職活動をサポートしてくれます。

47歳までに経験した様々なキャリアやスキルを棚卸しすることはもちろん、求職者にあった企業紹介、面接や履歴書対策、内定までの日程調整をすべて無料で行ってくれるサービスです。

▼47歳におすすめの転職エージェント

47歳転職でよくある間違いを正してくれる

47歳での転職は、経歴書や面接に工夫が必要です。例えば、20代では「勉強するための入社」は許されることがありますが、40代では即戦力になるような発言をしないと不合格になりやすいです。

転職エージェントは、各年齢での転職注意点を熟知しているため、年齢にあわせた助言を行ってくれることが魅力です。

キャリアマッチした企業紹介

転職エージェントは、求職者にあわせた会社を紹介してくれます。転職サイトを使うと、企業ごとに定められている年齢制限を判別することは難しく、書類審査で落とされることがあります。

転職エージェントを使えば、事前に求人をもとめる会社が何歳まで採用範囲にしているかを把握しているので、40代後半でも積極採用している会社を紹介してもらうことが可能です。

47歳におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

40代転職者が初めに登録すべき転職サービス

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 転職成功者の4割が40代
  • 40歳以上の転職後平均年収が910万円
  • TVCM人気で登録企業増加
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業界 127,000 195,000
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.6/5点 3.5/5点

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。

普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。

年収600万円以上を狙いたい方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。47歳までに培った経験やスキルを、転職を機に年収に繋げられる可能性が高いです。

現在年収が600万未満であっても、勤め先を変更することで年収アップできる可能性は充分にあり、スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。

無料で充分活用できる
ビズリーチに無料の「スタンダートプラン」と優良の「プレミアムプラン」があります。優良にすることで年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになりますが、無料プランでも充分な連絡がもらえるため、まずは無料プランで試してみることをおすすめします。
専門家
専門家
無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、リクナビNEXTやDODAに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

女性アイコン
ろんさん|40代後半|女性|事務員|2021.04.26
良い点
|エージェントが良い
エージェントからのリクエストが多く、かなりしっかりしたエージェントが多かったです。面接からアフターフォローまで細部にわたりフォローしていただきました。正直他のサイトのエージェントは返信も遅く、こちらのサイトを利用してよかったと思います。
悪い点
|求人がハイクオリティー
求人がハイクオリティー過ぎて、わたしには向かないものが多かったです。現実味がないというか。もともとそういうサイトですのでしょうがないですが、結果よい転職ができたのでよかったです。転職できた今もこちらのサイトのアカウントだけは残してあります。
男性アイコン
hiro121さん|40代前半|男性|事務員|2021.01.27
良い点
|たくさんの情報量がある
様々な会社の転職エージェントがサイトに登録しているため、情報量は多いと感じた。したがって、自分が探している条件で検索して絞っていっても、ある程度の情報量が残るため、他のサイトと比べて使用頻度が自然と高くなった。色々なサイトを駆使して情報を集めるより1つのサイトである程度網羅できたほうがより効率的だしスピーディーだと思う。
悪い点
|大企業、上場企業が多い印象
掲載されている企業が大企業や上場企業が多い気がした。転職先にそこまで大規模ではない会社を探している方にとっては比較的情報量が少ないかもしれない気がする。もちろん非上場企業、上場準備の会社も情報としてはあるのですが相対的に少ない気がした。

ビズリーチ公式サイトはこちら

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)

求人数が圧倒的No.1の定番転職エージェント

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • ハイクラス向けのヘッドハンティングサービス
  • 転職決定年収は平均900万円以上
  • 3,000名以上のヘッドハンターが所属
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業界 73,326 10,317
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.8/5点 4.0/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のメリット

質の高いハイクラス求人が豊富
リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職エージェントです。年収800万円を超える管理職や専門職、さらには年収2,000万円以上のCEO求人などが多数掲載されています。

ハイクラス求人に特化しているため、求人の質も高く、誰もが知っている大手企業や一般には公開されていない優良求人などに、安心して応募することができます。ビズリーチが使いにくい場合は、リクルートダイレクトスカウトの利用をおすすめします。

自分でヘッドハンターを選択可能
リクルートダイレクトスカウトでは、担当するヘッドハンターを自分で選んで指名することができます。希望する業種や職種、経験などから自分に合いそうなヘッドハンターを選んで依頼することが可能です。

リクルートダイレクトスカウトはビズリーチよりもヘッドハンターの質は良いとされています。大手から個人のヘッドハンターがいるビズリーチに対して、リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運用しているので監視の目が行き届いていて安心して利用できます。

ハイクラス転職で希少な完全無料サービス
リクルートダイレクトスカウトは全てのサービスを、初めから無料で利用することができます。同じくハイクラス転職サービスのビズリーチは、一手間かけないと完全無料利用ができないので、キャリカーバーのほうがかんたんにできるサービスだと言えます。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のデメリット

年収600万円未満の転職は難しい
リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を多く扱うハイクラス向けの転職エージェントです。どなたでも無料で登録できますが、現職での年収が600万円以下になると応募できる求人が限られてしまい、スカウトがこない可能性があります。
すぐに転職したい人には向かない
リクルートダイレクトスカウトは、無料登録後にヘッドハンターや企業からのスカウトを待つスタイルで転職活動を進めるサービスです。自身で検索して応募することもできますが、他の転職エージェントに比べると短期間転職は難しいです。

一刻も早く転職をしたい方は、求人数の多い「リクルートエージェント」や、ハイクラス転職を狙うのであれば「アクシスコンサルティング」の利用を行うと、スピーディーな転職が可能です。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判と口コミ

男性アイコン
はじめさん|40代後半|男性|保険|2021.09.27
良い点
|ハイクラスな求人が多数
ハイクラスな求人が多数用意されているのがメリットだと思います。年収が800万円以上を期待できる企業の求人が多く、キャリアアップを目的とした転職の際にも役に立ってくれると思いますし、一般的には公開されていない求人もあるので、狙う目だと思います。
悪い点
|メールが多い
企業やヘッドハンターからのメールや連絡が多く寄せられてきて、それがちょっと迷惑になるのがデメリットだと思います。必要以上にくるのでややこしくなってしまいます。また、職務経歴書を書かなければいけないのですが、その作業が面倒くさかったです。
女性アイコン
かなさん|40代前半|女性|流通|2021.08.01
良い点
|質の良い求人がたくさんあります。
私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトがたくさん来ました。またコンサルタントが面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、登録してよかったと思っています。
悪い点
|コンサルタントは当たり外れがあるかも。
よいコンサルタントは勿論いるのですが、私が当たったコンサルタントは約束の時間に連絡をしても繋がらず、約束の時間から1時間遅れてやっと返信の連絡がありました。多少の遅れならともかく一時間はあり得ないと思いました。コンサルタントはたくさんいるので当たり外れがあると思います。

リクルートダイレクトスカウト公式はこちら

リクルートエージェント

求人数が圧倒的No.1の定番転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 業種業界問わず幅広い紹介案件を持つ
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業種 112,458 182,458
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.8/5点 4.0/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントのメリット

40歳以上に向けた案件数も豊富
リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、40歳以上の方に合わせた求人数も随一です。幅広い業界を視野に入れた転職をするのであれば、確実に登録すべきエージェントだと言えます。
初めての転職にも便利なサポート
リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。
転職エージェントが年収などを交渉
転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。
ノーネーム
専門家
求人数が多いため、ビズリーチやリクルートダイレクトスカウトにない求職案件に巡り会えます。

リクルートエージェントのデメリット

3ヶ月の期間限定
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヶ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。
紹介先の豊富さはデメリットにもなる
リクルートエージェントでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
シルシルさん|40代前半|男性|事務員|2021.01.22
良い点
|圧倒的な紹介求人数
業界最大手だけあって紹介される案件数はほかのエージェントと比べて圧倒的に多いです。また、幅広い業種の案件の紹介を受けられるので、様々な業種の中から希望の求人を見つけることができます。ただし、こちらの指定した条件以外の案件も紹介してくるので中身の精査が必要となります。
悪い点
|担当者のスキルは玉石混交
担当者によってスキルにばらつきがあるように思います。また、コミュニケーションも逐一連絡をくれる担当者もいればこちらから連絡しない限りコミュニケーションをとってこない担当者もいます。こちらから積極的にコミュニケーションをとって必要な情報を引き出し、要望をしっかり伝えてこちらの要望通りに担当者を動かすくらいの気持ちが必要だと思います。
女性アイコン
manami022さん|40代前半|女性|専業主婦(夫)|2021.01.10
良い点
|親切なカウンセリングときめ細やかな対応
初めてリクルートエージェントを利用しました。
カウンセリングの日時を決めて、聞きたい内容を
あらかじめ伝えます。
その後、カウンセリングの電話を受けて、今までの経歴や
希望の職種、条件などを聞かれます。
その後に、職務経歴書などのアドバイスをもらえます。
職務経歴書はリクルート独自のをダウンロードできると
教えていただき、助かりました。
前向きな言葉も頂いて、他の転職サービスよりもポジティブな
印象があります。
職務経歴書の書き方のアドバイスも、大変参考になりました。
悪い点
|アフターフォローが今イチ
最初の登録から、1週間以上経ちましたが、連絡が何もありません。
あとは自分で応募して活動して下さいということでしょうが、
もう少しフォローがほしかったです。
メールや電話、オンラインチャットなどで、アドバイスが
もらえたら心強かったと思います。

リクルートエージェント公式はこちら

転職サイトより転職エージェントを使うべき

転職エージェント 転職サイト 比較表

47歳での転職を成功させるためには、必ず転職エージェントを利用すべきです。年齢での書類審査落としや、キャリアマッチした求人が探しにくいため、リクナビなどの転職サイトだけの転職活動は非効率です。

転職エージェントであれば、自分にピッタリの企業を探してもらえるうえに、在職中であっても全ての転職活動をサポートしてくれるため、使わない理由がありません。

1位 2位 3位
ビズリーチビズリーチ リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式 公式 公式
4.0
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.9
★★★★☆

47歳から始める未経験におすすめの仕事

営業職・接客業

未経験歓迎の代名詞とも言える職業です。状況や相手にあわせてコミュニケーションをとるため、47歳までに養った対応力が活かせます。

年収が高い不動産業界や金融業界でも、常に営業は求められています。人と接する仕事の接客業も、対人スキルを活かした活躍が可能です。

ITエンジニア職

経験が求められそうなエンジニア職ですが、未経験採用をしている企業はたくさんあるのでチェックすべきです。IT業界では、人手不足の状態が長い間続いているので、40代後半でも内定にたどり着く可能性は充分あります。

優良企業になると、まず育成プログラムで最低限の知識をつけてくれてから、就業させてくれることもあり、未経験だからといって志望しないのはもったいない職種です。

介護職

人手不足の業界であり、特別必要な資格もないため、未経験入社しやすい職種です。少子高齢化が進む昨今、ますます需要は増していきます。

さらに、職場の数も日本中に増えているため、人と話すことが得意な人は、積極的に採用されていく傾向にあります。

警備員

警備業界は平均年齢が高く、50代・60代の先輩社員が中心です。47歳は相対的に若手になるため、企業側も未経験入社も歓迎しています。

「警備員指導教育責任者」など、一定の資格をとることで給与アップが約束されている会社もあり、頑張りに応じてしっかりと給与反映される点もおすすめのポイントです。

まとめ

47歳での転職は厳しいと思いがちですが、実際は問題なく転職可能です。業種・職種によっては未経験を歓迎している場合もあり、人材育成やマネジメント経験においては、20代などの若い世代より有利にはたらくでしょう。

ビズリーチリクルートエージェントでは、40歳以上の転職成功実績も多いのでおすすめです。まずは転職エージェントに登録し、自分にマッチする会社を紹介してもらい、転職を成功させましょう。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス