44歳の平均年収はいくら?手取り額や男性・女性別の平均も解説

44歳の平均年収は?

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

「44歳の平均年収はいくら?」

「44歳で年収800万円は目指せる?」

44歳は、役職に就いて責任のある仕事をしている人もいる年齢です。しかし、同世代と比較して現在の年収が平均や中央値よりも多いのか気になりますよね。

この記事では、44歳の平均年収がいくらか解説します。男性、女性別の手取り額や、平均貯金額についても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

年収アップのために転職をするなら、複数の転職サービスを併用するのがおすすめです。ハイクラス求人が豊富な、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトに登録しましょう。

大手ホワイト企業に強い転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

44歳の平均年収は543万円

44歳の平均年収まとめ

※特に記載がなければデータは全て厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査を基に当サイトで推計

44歳の平均年収は543万円です。厚労省のデータを基に推計した平均年収で、ボーナスを含んでいます。現状で平均年収に届かないとしても、企業の規模や業界によって平均年収は変わります。

44歳の平均手取り年収は417万円

44歳の平均手取り年収は417万円です(参考:税金・保険料シミュレーション)。年収に0.7~0.8をかければ、おおよその手取りが計算できます。

手取り額は、額面から税金や保険料が126万円ほど引かれる計算です。扶養家族の有無によって控除額が変わります。パートナーを扶養に入れると、手取り額は424万円まで増加します。

また、40歳以降は介護保険料が引かれるので、30代よりも税金の負担が大きいです。44歳独身の場合は、年間4.8万円が介護保険料としてかかります。

44歳の年収中央値は506万円

年収(賞与除く) 404万円
賞与額 102万円
506万円

44歳の年収中央値は506万円です。なお、ボーナスは中央値のデータがないため、40~45歳の平均値を基に算出していますが、大きなズレはありません。

中央値の506万円は平均年収の543万円よりも低く、37万円ほどの差です。高所得者によって、平均値が引き上げられていると考えられます。

【平均値と中央値の違い】
平均値:対象者の年収計を対象者数で割ったもの
中央値:年収を順に並べた際に、ちょうど順番が真ん中になる値

44歳の平均月収は36.8万円|手取り額28.6万円

44歳の平均月収は36.8万円で、手取り額は28.6万円です。手取り額は独身の場合で計算しました。配偶者や16歳以上の扶養親族の数によって、手取り額は増えます。

二人暮らしまでなら余裕のある生活ができます。子ども1人なら節約を意識すれば貯金も可能です。

しかし、子どもの学費や不測の病気・事故のことを考えると、十分な貯金額とは言えません。共働きをして貯金額を増やすことも考慮しましょう。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていませんか?年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することです。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高いです。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されています。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、ぜひ活用しましょう。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

【条件別】44歳の平均年収一覧

条件別目次
▼男女別 ▼学歴別 ▼雇用形態別
▼企業規模別 ▼業界別 ▼東京と全国の差

【男女別】44歳の平均年収

44歳の平均年収
男性 607万円
女性 426万円

44歳男性の平均年収は607万円

44歳男性の平均年収は607万円です。労働者全体の平均458万円(出典:国税庁)よりも149万円高いです。

子どもを持っても節約すれば1人の稼ぎで生活できる収入なので、所得としては高いと言えます。

44歳女性の平均年収は426万円

44歳女性の平均年収は426万円で、男性よりも181万円少ないです。

女性の場合、結婚や子育てのために非正規雇用や勤続年数が短い場合が多いので、年収は男性よりも下がる傾向です。

【学歴別】44歳の平均年収

学歴 平均年収
院卒 848万円
大卒 642万円
高専/短大卒 492万円
専門卒 484万円
中卒 470万円
高卒 467万円

44歳の学歴別平均年収は、院卒が848万円で最も高いです。最も低いのは高卒で、467万円です。

院卒と高卒の差は381万円で、大卒と高卒の差は175万円とかなり大きく開いています。一方で、高専/短大卒と高卒の差は25万円と小さいです。

大卒以上か否かで採用や社内での待遇が異なることも多々あり、学歴による差が生まれています。ただし、中途の転職では学歴以上にスキルや経験が重視されるため、心配しすぎる必要はありません。

【雇用形態別】44歳の平均年収

44歳の平均年収
正規 572万円
非正規 295万円

雇用形態別の44歳の平均年収は、正規雇用で572万円、非正規雇用で295万円です。年収では277万円、月収では23.1万円の差があります。

非正規雇用は正規雇用と比べると、勤続年数による給与の増加が少なくボーナスが支給されない場合もあります。非正規雇用で収入アップを狙うなら、正社員を目指しましょう。

【企業規模別】44歳の平均年収

44歳の平均年収
大企業 642万円
中企業 528万円
小企業 458万円

企業規模別の44歳の平均年収は、大企業が642万円、中企業が528万円、小企業が458万円です。企業規模によって年収に大きな差が生まれます。

現職の企業がどの規模なのか確認して、平均以下の場合は転職も視野に入れましょう。より規模の大きい企業に転職できれば、年収アップが見込めます。

転職エージェントを使えば、働きながら転職活動ができるのでおすすめです。特にビズリーチリクルートダイレクトスカウトはハイクラス求人が豊富なので、大企業の平均以上の年収アップに期待できます。

【業界別】44歳の平均年収

44歳の平均年収
電気・ガス・
熱供給・水道業
752万円
金融・保険 714万円
学術研究・
専門サービス
706万円
情報通信業 685万円
教育・学習支援 617万円
鉱業 613万円
不動産 610万円
建設業 568万円
製造業 552万円
卸売・小売 543万円
運輸・郵便 503万円
医療・福祉 480万円
宿泊・飲食 433万円
サービス・娯楽 429万円

業界別の44歳の平均年収は「電気・ガス・熱供給・水道」が最も高い752万円です。業界ごとの差が大きく、最も年収の低い「サービス・娯楽」は429万円です。

年収を上げたい人は、同職種の大企業や成長業界への転職を目指しましょう。同じ業務内容でも業界が異なれば、年収に差が生まれます。自分のスキルを活かしつつ、効率的に年収アップを目指しましょう。

【東京と全国の差】44歳の平均年収

44歳の平均年収
東京 661万円
大阪 593万円
愛知 588万円
全国 543万円

44歳の地域ごとの平均年収は、東京が最も高く661万円です。全国平均よりも118万円以上高いです。東京は給与水準が高い大企業や外資系企業が集中しているので、平均年収が高くなります。

また、愛知や大阪のような人口の集中している地域のほうが平均年収が高い傾向です。年収を上げるなら転職や引っ越しの際に、三大都市圏を検討するのがおすすめです。

44歳に近い年代の平均年収(全体・男性・女性)

44歳に近い年代(39~49歳)の平均年収をまとめました。それぞれの年齢をタップ(クリック)すると、対応する解説記事に移動できます。

平均年収
(全体)
平均年収
(男性)
平均年収
(女性)
39歳 519万円 573万円 414万円
40歳 527万円 588万円 411万円
41歳 543万円 598万円 434万円
42歳 541万円 601万円 424万円
43歳 544万円 606万円 422万円
44歳 543万円 607万円 426万円
45歳 559万円 632万円 430万円
46歳 562万円 643万円 426万円
47歳 564万円 636万円 432万円
48歳 571万円 641万円 446万円
49歳 575万円 645万円 441万円

44歳の平均年収から見る生活費

項目 出費 備考
手取り 286,000円
家賃 95,000円
水道光熱費 22,000円
食費 57,000円 1日1,900円計算
携帯代含む通信費 10,000円 格安SIM利用
交通費 12,000円
養育費 25,000円
保険料 15,000円
雑費 10,000円
貯金 50,000円

※3人暮らしの家庭を想定

44歳の月の平均手取り額である28.6万円は、3人暮らしまでなら1人で家族を養える収入です。各項目の支出額を多めに見積もっても、手取り収入の10%以上を貯金に回せます。

ただし、4人家族になると、1人の収入で家族を養うのはやや厳しいです。生活に余裕を持たせるなら、節約または共働きなどが求められます。

家賃・ローンの目安は9.5万円

月の平均手取り額が28.6万円の場合、家賃・ローンの目安は9.5万円です。一般的に、家賃やローンは手取り額の1/3程度が良いとされています。

9.5万円では、東京23区内で生活するのはやや厳しいです。23区外や郊外であれば、家賃・ローン目安に合った物件を見つけやすいです。

▼地域別の家賃相場(タップで開閉)
  • エリア 一人暮らし (1K/1DK) 2人暮らし (1LDK/2K/2DK) 3人・4人家族 (2LDK/3K/3DK)
    東京23区 7~9万円 9~12万円 10~15万円
    東京23区外 5~7万円 7~10万円 8~12万円
    首都圏 (神奈川・埼玉・千葉) 5~7万円 6~9万円 7~10万円
    主要都市 (大阪・名古屋・福岡) 4~6万円 6~8万円 7~10万円

    参考:全国の家賃相場|SUUMO

食費の目安は5.7万円

月の平均手取り額が28.6万円の場合、食費の目安は5.7万円です。食費は、月の手取り額の15~20%が目安と言われています。

ただし、総務省の家計調査によると、3人家族の平均の食費は約7.7万円です。そのため、食費5.7万円を目指すには、それなりの節約が必要です。

貯金の目安は2.8万円以上

月の平均手取り額が28.6万円の場合、貯金は2.8万円以上が望ましいです。貯金の目安は、月の手取りの10~20%と考えておくと良いでしょう。

貯金の目標を20%にした場合、金額は5.6万円ほどです。毎月5.6万円の貯金を目指すなら、食費や水道光熱費などの節約や保険料の見直し等が求められます。

また、子どもが成長するにつれて、養育費は増えていきます。より貯金を殖やすには、給与水準が高い、または福利厚生が手厚い企業に転職するのがおすすめです。

44歳の年収アップにおすすめの方法

44歳の年収アップにおすすめの方法

  1. 昇進昇格で給与を上げる
  2. 副業をする
  3. 起業する・フリーランスとして働く
  4. 投資する
  5. 転職する

1.昇進昇格で給与を上げる

年収を上げたいなら、昇進・昇格を狙うのが現実的です。積極的に成果を上げて会社からの評価を得れば、昇進・昇格で年収を上げられます。

注意点として、給与テーブル・昇給・昇格の基準は確認しておきましょう。給与テーブルによっては、目指す収入に届かないこともあり、昇格基準が曖昧だと努力したのに昇格に繋がらない場合もあります。

また、44歳の場合、企業によっては若手を優先して役職に就かせる可能性もあります。現職の企業で昇進・昇格の見込みがなければ転職を考えましょう。

資格やスキルを習得する

資格や語学などのスキル習得は、昇進・昇格だけでなく、副業・起業や転職にも活かせるためおすすめです。英語や中国語などの語学は汎用的に使え、簿記といった資格も身に付けておいて損はありません。

また、企業によっては資格取得で数千円から数万円の手当が付くこともあります。

働きながらの資格取得は大変ですが、ユーキャンなら通学不要で手軽に資格の勉強ができます。仕事と勉強を両立する向上心は、現職だけでなく転職活動でも評価されます。

2.副業をする

副業も手取りを増やせる手段です。一般的なバイト以外にも、クラウドワークスやランサーズなど仕事を得る手段も増えており、せどりやブログなどで稼ぐ方法もあります。

他にも、ウーバーイーツのようにスキマ時間に働く方法や、NFTゲームで稼ぐなど、現代では収入を得る方法は多様です。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、本質的な収入アップにもなりません。自身の価値を上げるには、現在の仕事につながる仕事や、フリーランス、起業・転職につながる副業を選ぶ必要があります。

関連記事
副業おすすめランキング

3.起業する・フリーランスとして働く

起業やフリーランスも、手取りを増やすために考えられます。成功すれば大幅な収入アップも望めますが、その分リスクも大きいです。特に起業の場合、時間・体力的な制約もあり、現職を続けながらというのは非常に困難です。

ただし起業やフリーランスは収入が不安定で、特に起業の場合、初めは収入が下がる可能性が高いです。家族との相談や許可も必要になり、そもそものスキルや経験、人脈も求められます。

エンジニア経験があるならフリーランスエンジニアがおすすめです。求人案件が非常に多いレバテックフリーランスや週2案件が豊富で副業おすすめのITプロパートナーズなどが登録無料で使えます。

関連記事
フリーランスエージェントおすすめ

4.投資する

投資で収入を増やす方法もあります。ロボアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

元金が減るリスクがあり、大幅に収入が増えるものでもありませんが、平均年収以上を目指すなら副収入としておすすめの手段です。

5.転職する

転職は手早く、堅実に手取りを増やす方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、大きく給与体系が変わります。

現職で昇給の見込みがあるなら別ですが、なければ転職して年収アップを目指すのは、最も現実的な選択肢です。転職を成功させるためには、在職中に転職活動を行い、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

また、44歳でも未経験転職は可能ですが、年収アップは難しく、職種と業界どちらかだけを変える転職をすべきです。転職エージェントでは、無料でキャリア戦略の立案も行ってくれるので、積極的に活用しましょう。

▶44歳の転職事情についてはこちら

年収アップなら経験のある仕事に転職する

年収アップなら経験のある仕事に転職する

出典:転職で年収アップするのはこんな人|doda

年収アップを目的として転職をするなら、今までの経験やノウハウを活かすべきです。dodaの調べによると、転職で年収アップに成功した人で、最も多かったのは異業界・同職種の転職者です。

平均年収は業界毎に違うため、同じ職種でも別の業界にいけば年収は変わります。例えば、営業なら保険業界などで働けば年収が上がる可能性が高いです。管理職の経験がある人は、成長産業で働くと年収を上げやすいです。

年収アップのために業界を変えるのは、おすすめの方法です。どの業界でも広く使えるスキルがあるなら、他業界への転職成功率が上がります。まずはビズリーチリクルートダイレクトスカウトで市場価値を調べてみましょう。

44歳におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査によると、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス向けの転職エージェント

リクルートダイレクトスカウト イメージ

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収800万円を超えるハイクラス求人多数
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

182,422件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
なし

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人が豊富

リクルートダイレクトスカウトは、質の高いハイクラス求人が豊富です。年収800万円を超える管理職・専門職の求人から、年収2,000万円以上のCEO求人など多数掲載されています。

誰もが知る大手企業や、非公開の優良求人に応募できるのが、リクルートダイレクトスカウトの強みです。

登録後はスカウトを待つだけでOK

リクルートダイレクトスカウトは、登録したらスカウトを待つだけでOKです。スキルや経歴をまとめた匿名レジュメを見て、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受ける仕組みです。

ヘッドハンターは3,000名以上在籍しており、自分に合った仕事を代わりに探してくれます。担当するヘッドハンターは、自分で指名して依頼することも可能です。

顧問として働くチャンスがある

リクルートダイレクトスカウトでは、知識や経験を活かして企業を支援する「顧問求人」のスカウトサービスを開始しています。近年、多くの企業で「顧問」人材が求められています。

顧問求人を受けることで、これまで培ったスキルや経験を他企業で活かすことができ、副収入を得られるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

転職サポートが無い

リクルートダイレクトスカウトは、一般的な転職エージェントにある転職サポートがありません。書類準備や面接対策などが受けられないので、自分で準備する必要があります。

転職経験が浅く、書類や面接対策に不安がある方は、転職サポートが充実している転職エージェントも併用しましょう。無難におすすめなのは「マイナビエージェント」と「dodaエージェント」です。

すぐに転職したい人は不向き

リクルートダイレクトスカウトは、すぐに転職したい人には不向きです。ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つ仕組みなので、自分のペースで動きにくいのがデメリットです。

また、ハイクラス求人が多いこともあり、年収が低い人やスキル・経験が浅い人はスカウトがなかなか来ない可能性もあります。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性31歳

満足度

魅力的なスカウトが多数!

私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトが多数来ました。またコンサルタントが、面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、今回登録してよかったと思っています。

男性33歳

満足度

圧倒的な求人数

転職活動を行う中で、様々な転職サイトを利用しましたが、リクルートダイレクトが圧倒的に求人数がありました。自分の求める勤務地、勤務体系、職種といった求人を定期的に教えていただけるのも非常に良いと感じました。

男性29歳

満足度

担当の方の対応が良かった!

担当者の方が自分の要望をしっかりと聞いていただき、希望にマッチした求人や企業の提案や企業選びのアドバイスをいただきました。在職中の転職活動でしたので、仕事中に私が電話に出られない時はメールなどを活用してご連絡いただき、とても配慮されていると感じました。転職活動がやりやすかったので、機会があれば次回も使いたいと思います!

男性31歳

満足度

経歴によっては求人が来ない

私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのか、アドバイザーからあまり連絡がきませんでした。稀に連絡がとれても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末です。

男性34歳

満足度

フォロー体制が整っていない

最初は何度か担当者とのやり取りができたが、日付が経つにつれて求人の紹介のみの連絡となり、あまりフォローをしてくれなかったのが残念でした。 また、試験対策や面接対策に関しても、他の転職サイトの担当者と比べて、ややフォロー体制が良くないと感じました。

44歳の転職で収入アップを目指すコツ

自身の市場価値を把握する

44歳で転職を考えている人は、年収を上げるためにも自身の市場価値を確かめましょう。自分の市場価値を確認することで、自分のスキルが求められている業界や企業が見えてきます

自分の市場価値を確かめたい人は、ビズリーチdodaの年収査定を試してみましょう。受け取るスカウトやビッグデータから、自分の市場価値や評価が把握できるので、転職活動の助けになります。

年収アップなら経験のある仕事に転職する

年収アップを狙うなら、経験職種を選びましょう。同じ仕事でも業界や企業が変われば、年収も大きく異なるため、大手や成長業界へ移れば年収アップを効率的に狙えます

また経験を活かしやすく、企業にスキルをアピールし、年収交渉もしやすいメリットもあります。ビズリーチは、高年収求人が多く、年収アップの実績も高いおすすめの転職サイトです。

優良企業からの直接オファーを受けたり、ヘッドハンターから経歴や希望を基にした最適な仕事の紹介を受けられます。

福利厚生の充実している企業を選ぶ

44歳の転職で収入を上げるコツは、福利厚生の充実している企業を選ぶことです。家賃補助や家族手当などが充実していると、可処分所得が増えるので、実質の給与が高くなります。

基本給が変わらなくても、年間で数十万の差が所得に生まれるので、事前に福利厚生の有無や内容を確認しておきましょう。

44歳の年収事情で気になるQ&A

44歳で年収800万円の割合は?

dodaの調査によると、40代で年収が800万円以上の人は全体の11.9%です。44歳に絞り込むと割合はさらに少なくなります。

44歳の公務員の平均年収は?

44歳の公務員の平均年収は、748万円です。国家公務員給与実態調査(令和5年)の行政職俸給表(一)から算出しました。

国家公務員は年2回、期末・勤勉手当というボーナスがあり、44歳の平均である約200万円も計算に入っています。手当の金額は、月収の4.4倍です。

まとめ

44歳の平均年収は543万円で、手取りでは417万円です。男性は607万円で、女性は426万円です。平均年収は男女差や企業規模、学歴などで変わります。また、中央値は506万円で、平均よりも37万円ほど低いです。

平均年収や中央値と比べて、自身の年収が少ないと感じた人は転職を考えましょう。43歳はスキルや経験を重視されるため、自身がどの企業に求められているか見極めるのが重要です。

転職エージェントを使えば、自身に合った業界を紹介してもらえます。ビズリーチではヘッドハンターや企業が経歴をもとにスカウトを送るので、効率よく転職活動ができます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス