第二新卒でトヨタ自動車に転職できる?難易度や受かりやすい人を解説

トヨタ自動車は、世界でもトップクラスの販売台数を誇る自動車メーカーだ。ハイブリッドカーのプリウスや、高級車のレクサスなどを筆頭に多くの車を開発・販売している。

また、業界を超えて活用されている、改善(カイゼン)、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式などの生産・経営手法を確立してきたことでも有名だ。

直近では、人々の暮らしを支えるあらゆるモノ、サービスが情報でつながっていく時代を見据えたビジネスを展開している。

なお、トヨタ自動車をはじめ、第二新卒で転職したい方がまず登録すべきなのは、マイナビエージェントだ。大手企業、メガベンチャー、スタートアップなど、各業界の優良求人が多く掲載されている。

また、転職エージェントに並行して登録し、相談してほしい。若手の方であればリクルートエージェントが、ハイキャリアの方にはリクルートダイレクトスカウトがお勧めだ。

第二新卒におすすめの転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代~30代におすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・無期限の手厚い転職サポート
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒に◎】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーターや離職中に!
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1

関連記事 第二新卒を採用する大手優良企業
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

第二新卒はトヨタ自動車へ転職できるのか?

トヨタ自動車への第二新卒での転職は可能だ。

コーポレートサイトの採用ページには「新卒採用」と「キャリア採用」があり、第二新卒はどちらからも応募可能だ。

「新卒採用」の募集要項には、

  • 「国内大学(修士・学士)、高等専門学校博士(国内・海外問わず)を2017年4月から2021年3月までに卒業(見込)・修了(見込)の方」
  • 「海外大学(修士・学士)を2017年4月から2021年9月までに卒業(見込)・修了(見込)の方」

が新卒採用の対象と記載されている。(2020年7月現在)

ただし、本年度については上記対象者向けの選考は既に締め切られている。

また、「キャリア採用」の募集職種へも、応募に必要なスキル・経験・年数などを満たしていれば、第二新卒でも応募可能だ。第二新卒可と記載のある職種も多く見られる。

ただし、「キャリア採用」からの応募は、経験豊富な応募者と同じ選考条件で、これまでに身につけた経験やスキルを評価されることとなるため、選考ハードルは高い。

トヨタ自動車への応募方法

企業HPから応募する

冒頭に述べたように、トヨタ自動車のコーポレートサイトにある「新卒採用」もしくは「キャリア採用」のページから直接応募することができる。どちらの場合も、第3希望まで希望の職種をエントリーすることが可能だ。

「新卒採用」での応募を考える場合は、あらかじめ選考スケジュールを確認する事が必須だ。なお、本年度の選考は既に締め切られている。

コーポレートサイトの「キャリア採用」から応募する場合は、応募書類の準備や面接対策、日程調整など、自分自身で行う必要がある。また、コーポレートサイトに記載されていること以上の情報を得ることができないのが難点だ。

2020年7月現在、コーポレートサイトでの事務系職種の募集は、内部監査スタッフのみだ。一方で、技術系職種のページには応募可能な職種が複数掲載されているため、一度確認することを勧める。文系大卒でも応募可能な職種もある。

また、「キャリア登録」という登録方法も可能だ。今すぐ転職を考えていない場合や、応募したい職種が決まっていない場合、希望の職種の募集がない場合などに活用できる。

必要事項を登録することで、希望の職種の募集が開始したり、イベントが開催されたりする場合に、連絡がくる仕組みとなっている。キャリア登録の有効期間は登録後1年間だ。

転職サイトの求人から応募する

転職サイトには、コーポレートサイトに掲載されていない非公開の求人が掲載されている場合がある。

また、トヨタ自動車に限らず他社の求人も併せて確認できるため、他社と比較したい際に活用できる。

ただし、転職サイトを通じての応募も、結局は自分で応募することになるため、コーポレートサイトから直接応募する場合と同様、応募書類の準備や面接対策、日程調整など、自分自身で行う必要がある。

▶20代向け転職サイト・エージェントはこちら

転職エージェントの紹介で応募する

キャリア採用の内定率が最も高い応募方法が、転職エージェントを通じての応募だ。

転職エージェントは、トヨタ自動車のキャリア採用の担当者と直接やりとりをしているため、コーポレートサイトや転職サイトに掲載されていない詳細な情報をリアルタイムに多く入手している。

そのため、選考に関わるスケジュール管理だけでなく、書類の添削や面接の対策など、トヨタ自動車のキャリア採用担当者に近い視点から支援してもらうことが可能だ。

また、エージェントにのみ特別に公開されている非公開求人を持っている場合もある。

ただし、転職エージェントも数多くいるため、トヨタ自動車との関係が深く、あなた自身が信頼でき、コミュニケーションを取りやすいエージェントを見極めることが重要だ。

なお、一度応募してしまったら、1年以内の同一職種への再応募は別の手段であっても不可であるため、注意が必要だ。

つまり、コーポレートサイトから直接応募して一次面接で落ちてしまったからといって、エージェントを通して応募し直すことはできない。前回の応募から1年以上経過している場合は再応募可だ。

▶第二新卒向け転職エージェントはこちら

トヨタ自動車へ第二新卒で転職するメリット

トヨタ自動車で働くことの誇り

トヨタ自動車では、世界一のモノづくりに関わっていることを実感しながら、一流の技術とビジネスを経験することができる。

また、自分が携わった製品が世界中で評価されているという誇りをもって働くことができる。日本を代表する企業で働くことが叶うのがトヨタ自動車だ。

常に改善の意識を持って仕事に取り組むなど、現状に満足することなく仕事を進めていく社員が多く、一緒に働くことで自らを成長させることも可能だ。

働きやすい環境

年収が高水準で、福利厚生も充実しているため、ワークライフバランスのとりやすい会社だ。

また、Positive Actionとして女性の積極採用に取り組んでいる。在宅勤務の制度や事業所内託児所設置、保育費用補助など、女性が働きやすい環境整備を行なっており、実際に、仕事と家庭を両立している女性が多く働いている。

トヨタ自動車の事業内容

トヨタ自動車は、世界でも販売台数トップクラスを誇る自動車メーカーだ。

次世代自動車の進化の方向性を示す「CASE」を意識した事業展開を図っている。

ICT端末としての機能を有するコネクテッドカーの開発や、自動運転開発をはじめ、異業種とのさまざまな連携を進めている。

「CASE」とは下記用語の頭文字をつなげた造語だ。

  • C(Connected):通信機能
  • A(Autonomous):自動運転
  • S(Shared & Services):シェアリング
  • E(Electriced):電動化

さらに、トヨタ自動車は、単なる「自動車をつくる会社」から、モビリティに関わるあらゆるサービスを提供し多様なニーズに応えられる「モビリティカンパニー」へのモデルチェンジを目指している。

「未来のモビリティ社会」の実現に向けて、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスがつながるスマートシティのプロジェクトを立ち上げている。

トヨタ自動車の求人内容(職種・年収など)

先に述べたように、第二新卒では、「新卒採用」と「キャリア採用」と、どちらからでも応募可能だ。

新卒採用

募集職種

新卒採用では、応募時に希望職種を第3希望までエントリーすることができる。

主な職種は下記の通りだ。

事務職

商品企画、マーケティング・営業企画、販売事業支援、アフターサービス企画、資材・部品調達戦略、新車プロジェクトマネジメント、物流企画、生産企画、経理・財務、原価企画、企業法務、海外事業体支援、渉外広報、人事など

技術職

先端研究、先行開発、量産開発、生産技術開発、生産ライン設計・導入、製造・品質管理、デザイン、品質保証、カスタマーサービス、情報システム、知的財産、建築設備技術など

給与

初任給は、学部卒業相当が月給20万8000円、修士修了相当が月給23万円、博士修了相当が月給26万4000円だ。

キャリア採用

コーポレートサイトに記載のあるキャリア採用の募集職種のうち下記3職種を紹介する。

なお、想定年収については、いずれの職種についても上記新卒の初任給以上で、経験、能力等を考慮し決定される。

  • 内部監査スタッフ 
  • 人工知能技術、ビッグデータに関わるコーポレート戦略&研究戦略立案、および人工知能技術、ビッグデータを活用した、新ビジネス創出、業務改革 
  • 海外販売代理店・販売店向けアフターサービス施策の企画 

内部監査スタッフ

国内外の子会社を含む内部監査を行う。

【業務詳細】

以下のアシュアランス・コンサルティング

SOX法対応、ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンス、社会課題、業務執行、不正防止、SDGs/ESG、安全保障経済政策、デジタルエコノミー、サイバー、子会社、新規事業領域、コネクティッドデータ、経営戦略

【必須要件】

学士卒以上、第2新卒可

下記に関するアシュアランス・コンサルティングのご経験のいずれか

ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンス、子会社全般、新規事業、提携事業、M&A事業、ESG、ストラテジック(戦略)、レピュテーション(評判)、レギュラトリー(規制)、ファイナンシャル(金融)、オペレーショナル、サイバー、IT、技術、安全保障貿易、不正、SOX

【勤務地】

本社(愛知県豊田市)

人工知能技術、ビッグデータに関わるコーポレート戦略&研究戦略立案、および人工知能技術、ビッグデータを活用した、新ビジネス創出、業務改革

モビリティカンパニー、コネクティッドシティの実現に向けて、最先端の人工知能とビッグデータの活用に取り組む。

【業務詳細】

以下3つの取り組みを行う。

グローバル研究戦略:コーポレートレベルでの研究、技術開発戦略を立案。

データ活用&ビジネス化:クルマから得られる様々なデータを活用し、社会課題を持続可能に 解決するビジネス創出に挑戦。

業務改革:人工知能技術、ビッグデータを活用して、クルマの開発プロセスを改革。

【必須要件】

修士卒以上、第2新卒可、文系大学出身者可

  • 下記のいずれかの経験
  • 人工知能(機械学習、Deep Learning)
  • コンピュータサイエンス
  • コンピュータビジョン
  • データサイエンス
  • 人工知能、データサイエンスに関わるコーポレート戦略企画

【勤務地】

東京オフィス(東京都千代田区)、本社(愛知県豊田市)

海外販売代理店・販売店向けアフターサービス施策の企画

・全世界のトヨタ自動車・レクサス販売店へ入庫されるお客様へ、正確で親切な整備・修理が確実に提供されるように、170以上の 海外販売代理店に対して様々なアフターサービスの施策・支援を展開

・主な業務として、アフターサービス施策の企画・立案、点検・修理体制確立、サービス全般における海外販売代理店へのサポート等

【業務詳細】

  • より多くのトヨタ自動車ファンづくりに向けたアフターセールス施策の立案
  • コネクテッド、自動運転を見据えた新サービスの企画
  • シェアリング等、新規ビジネス向けのサービス施策の企画

【必須要件】

学士卒以上もしくは同等の経験、文系大学出身者可

TOEIC700点以上、海外出張や海外勤務可能で下記のいずれか

  • 自動車会社・関連会社での業務経験
  • IT(自動運転、コネクティッド等)の業務経験
  • 物流、流通、商社で海外関係業務経験

【勤務地】

名古屋オフィス(愛知県名古屋市)

トヨタ自動車への転職で受かりやすい人は?

トヨタ自動車への転職で有利な業界・職種は?

「キャリア採用」から応募する場合は、各職種でそれぞれ必要な経験やスキルが異なっている。

異業種からの転職も可能だが、多くの職種では同職種の経験を必須としているため、同職種からの転職が有利といえる。

未経験からでも転職できる?

先にも述べたように、第二新卒は卒業年が該当すれば「新卒採用」での応募が可能だ。

「新卒採用」からの応募であれば、未経験職種への応募が可能だ。

トヨタ自動車が求める人物像は?

トヨタ自動車が求めている人物像は、「自ら高い目標を掲げ、周囲を巻き込んで挑戦していく人」だ。自ら高い目標を掲げ、現在の状況を客観的に把握し、愚直に主体的にやり抜いていける人を求めている。

また、自分の考えや価値観を押し付けるのではなく、他の価値観を尊重し、意見に謙虚に耳を傾けることで、チームワークを大切にできるかどうかも重視している。

グローバル企業であるため、文化や価値観も異なる世界の人々とチームワーク築ける力が求められている。

また、他社でこれまで積み重ねてきた経験や技術を強みに、トヨタ自動車の社風・文化に染まらず、自我を貫き通しながらトヨタ自動車のアイディンティティと自身の見識や技術、情熱を掛け合わせ、シナジーを生むことを期待されている。

持っていると有利なスキル・資格は?

多くの職種で、ビジネスレベルの英語力を必須要件としている。職種によっては、ビジネスレベル以上の英語力がないと応募できないものもある。

トヨタ自動車の選考内容

新卒採用の場合

新卒採用からの応募の場合は、期間が決まっているため注意が必要だ。あらかじめ決められたスケジュールに沿って、下記のようなフローで選考が進む。

  • エントリーシート
  • 適性検査・学力検査
  • 希望本部登録
  • 二次選考
  • 最終選考

また、上記フロー以外にも、リクルーター面談を経て選考が進む場合がある。

説明会でのアンケートの回答内容で志望度合いが高いと判断され、在籍校が上位校の場合はリクルーターがつき、リクルーター面談の通知が届く。

リクルーター面談のフロー

  • 説明会参加 
  • リクルーター面談 複数回
  • エントリーシート
  • 適性検査・学力検査
  • 二次選考
  • 最終選考

リクルーター面談のポイント

基本的に、「学生時代に頑張ったこと」と「志望動機」の2つを深堀りされる。

複数回面談が行われるが、面談するリクルーターの間で面談の情報が共有されており、その成長度合いを見られている。リクルーターからのアドバイスは素直に聞き入れ、次回の面談でそのアドバイスを受けた応答ができることが肝要だ。

リクルーター面談では、面談でのやりとりから、人間性やモチベーションの源泉を見られている。そのため、マニュアルを丸暗記したような回答は無意味であり、自然体で面談に臨めるよう、しっかりと準備をすることを勧める。

また、カジュアルな雰囲気で行われる面談だが、あくまでも選考であることを忘れてはならない。

面接のポイント

面接では、「トヨタに入社したいと言う熱意」「なぜ他社ではなくトヨタなのか」について、自分の言葉で根拠をもって伝えることが重要だ。

実際の面接では下記のような質問が一つ一つ深堀される。

  • 大学時代に最も力を入れて取り組んだこと
  • チームを巻き込んで成果を出した経験
  • 志望動機ややりたい仕事について
  • 事務系社員としてトヨタで成し遂げたいこと

キャリア採用の場合

キャリア採用の場合は、応募の経路によって多少の違いはあるが、基本的には下記フローにそって選考が進む。

適性検査は、一次面接の3日前までにWEB上で受験するよう案内される。

  • 書類選考
  • 適性検査 
  • 一次面接
  • 最終面接

面接のポイント

面接では、なぜ?どうして?をかなり聞かれるため、根拠をもって論理的に答えることが求められる。

また、トヨタ自動車の社風を理解し、社風にマッチする人物であることを面接を通してアピールすることが大切だ。

トヨタ自動車は、典型的な日本の大企業の良さを残しており、真面目に素直に学んで共に成長していくという社風だ。一方で、社内のコミュニケーションは活発で、自ら手をあげチャレンジすることも歓迎される一面もある。

面接では、大きな組織の中で細分化された業務において、自らの強みを発揮し、周囲を巻き込んで結果を残せる人物であるかどうかを判断される。

また、競合他社についても研究し、「なぜトヨタ自動車か」に対する答えを明確にしておくことは必須だ。

「同業他社と比較したときの志望理由」や「トヨタでやりたいこと」を深く問われ続ける。「なぜ、今回の転職でトヨタなのか」ということを論理的に伝えなければならない。

実際の面接では下記のような質問がされている。

  • なぜトヨタ自動車を志望するのか?
  • 周囲を巻き込んで成果を出した経験は?
  • 学生時代に力を入れたことは?困難だったことは?

トヨタ自動車への転職するには転職エージェントがおすすめ

トヨタ自動車への転職難易度は非常に高いため、書類や面接対策等、万全な準備が必要だ。そのため、転職エージェントからの応募を勧める。

転職エージェントは、トヨタ自動車の面接で実際に聞かれた内容や、面接を通過した人の共通点など、求人票には掲載されていない情報を豊富に持っている。

ただし、様々な転職エージェントがいるため、トヨタ自動車の採用状況の実態をよく知っているエージェントを見極め、そこからの支援を受けるのがベストだ。

▶第二新卒向け転職エージェントはこちら

トヨタ自動車の企業情報

業績(売上・営業利益)

2020年3月期の売上高は、29兆9,299億円(前期比増減1.0%)、営業利益は、2兆4,428億円(前期比増減-1.0%)だ。

引用元:2020年3月期決算説明会

従業員数

トヨタ自動車の連結従業員数は370,870人、単独従業員数は74,515人だ(2019年3月31日現在)。

自動車業界トップの従業員数だ。

平均年齢

トヨタ自動車の平均年齢は39.4歳だ。

本田技研工業が45.6歳、日産自動車が41.8歳と、競合他社と比較すると若い水準といえる。

平均勤続年数

トヨタ自動車の平均勤続年数は15.7年だ。

上場企業の平均勤続年数12年と比較するとやや長い。車・輸送用機器業界平均16.2年と比べるとやや短い。

平均年収

トヨタ自動車の平均年収は851万円だ。

車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収の630.9万円より高く、同業界ではTOPの平均年収だ。

トヨタ自動車の職種別の平均年収は以下の通りだ。

  • 技術職 約500万円〜900万円
  • 事務職 約600万円〜1220万円

また、役職別の平均年収は以下の通りだ。

  • 主任クラス 約700万円〜1000万円
  • 係長クラス 約850万円〜1200万円
  • 課長クラス 約1100万円〜1600万円
  • 部長クラス 約1100万円〜2500万円

平均残業時間

トヨタ自動車の月の平均残業時間は18.7時間程度だ。

年間360時間以内(月30時間)以内に抑えるように定められ、月間45時間、年間360時間を超える残業を行う場合には、会社へ申請が必要だ。

時間外労働を行わなず、時間内で業務を終える能力が求められている。

職種

職種には、事務職と技術職があり、それぞれ下記のような職種がある。

事務職の主な職種は以下の通りだ。

  • 国内営業
  • 海外営業
  • 生産管理
  • 調達
  • 総務人事
  • 経理
  • 渉外広報

技術職の主な職種は以下の通りだ。

  • 車両系技術コース
  • パワートレーン系 技術コース
  • 車両系 生技製造コース
  • パワートレーン系 生技製造コース

事務系・技術系協同型の職種は以下の通りだ。

  • コネクティッド
  • カスタマーファースト
  • 情報システム

トヨタ自動車の福利厚生

トヨタ自動車では、従業員の多様なニーズに応え、職場で存分に力を発揮できるように、選択型福利厚生制度を取り入れている。

従業員が平等に受けられる福利厚生である「コアメニュー」と、自分自身のライフスタイルやライフステージに応じて、決められたポイントの範囲内で必要な福利厚生メニューを自分で選択して利用できる「セレクトメニュー」がある。

各メニューの一例を以下に挙げる。

コアメニュー

  • 健康づくり(各種健康診断、健康相談、健康づくり活動、トヨタスポーツセンター)
  • 退職後・資産形成(退職金、DC年金、マイホーム融資、すまいるプラン、財形貯蓄、ライフプランセミナー)
  • 結婚(結婚情報サービス)
  • 介護(介護に関する講演会、介護融資制度)
  • 保険・共済会(団体自動車保険、団体火災保険、マイホーム共済会)
  • 育児(事業所内託児施設)
  • リフレッシュ(保養所利用サービス、連続年休制度、勤続記念休暇制度)
  • 自動車関連(車両購入資金貸付制度)
  • ボランティア(トヨタボランティアセンター)
  • 慶弔(結婚・出産祝金、育児休業給付制度、災害見舞金)
  • 通勤(通勤費補助)
  • 日常生活(寮・社宅利用サービス、持家借上げ制度)

セレクトメニュー

  • 健康づくり(人間ドッグ受診料補助、フィットネスクラブ利用費補助)
  • 資産形成(定年後プラン(積立補助)、ライフプランセミナー参加費補助、従業員持ち株会(積立補助))
  • 介護(介護積立、介護サービス利用費補助、在宅介護サービス利用費補助)
  • 育児(育児施設利用費補助、育児サービス利用費補助)
  • 子女教育(教育ローン提供サービス)
  • リフレッシュ(個人企画旅行費補助)
  • 自己啓発(語学教室利用費補助、資格取得利用費補助)
  • 日常生活(給食補助、引っ越しサービス利用費補助)

まとめ

トヨタ自動車は、年収も高く、働く環境も整っており、成長する機会にも恵まれている。そのため、ワークライフバランスを大切にしながら安心して働くことを重視している人にはかなり魅力的な企業だ。

トヨタ自動車への転職にチャレンジする際は、非公開求人などタイムリーで豊富な情報を持っている転職エージェントを活用することを強く勧める。

おすすめな転職サービスは、マイナビエージェントだ。優良企業から直接オファーがもらえるため、キャリアマッチした求人に出会いやすい。

また、エージェントも必須で登録しよう。直接、自分の経歴やスキルを伝えることで、よりマッチ度の高い企業や、あなたを評価してくれる企業を教えてくれるかもしれない。おすすめは、あなたの特徴に合うところを選ぶことだ。

もし、まだ広く業界を見て検討したいならば、業界最大級のエージェント、リクルートエージェントがおすすめだ。

一方で、年収アップを狙っている人はJACリクルートメントが良いだろう。

転職エージェントをうまく活用し転職活動を成功させよう。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス