仕事の辞めどきがわかる10のサイン!辞めた方が良いサインの見分け方

仕事の辞め時がわかる10のサインは?判断方法を解説!

「仕事を辞めどきのサインは?」

「仕事を辞めた方が良い時に何をすべきか知りたい」

仕事をしていると、辞めたいと思う時は誰にでもあるものです。このまま続けるべきなのか悩んでいて、決断できない人も多いはず。

そこでこの記事では、仕事の辞めどきがわかる10のサインを紹介しています。退職する流れや転職のコツなども解説しているので、仕事を辞めるか悩んでいる人は参考にしてください。

仕事を辞める際には、先に転職先を探すのがおすすめです。ビズリーチなら、優良企業の求人を多数扱っています。希望の条件にあった仕事を探せるので、是非利用しましょう。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

仕事を辞めた方がいいサイン10選

給与が安いまま上がらない

何年も同じ会社で働いているのに給与が安いまま上がらない場合は、仕事を辞めた方がいいです。給与が上がらない理由や状況にもよりますが、そのまま続けていても給与が上がる可能性が低いからです。

自分が成果を出せていない場合、仕事内容が合っていない可能性があります。適性がない業務を続けるよりも、自分に合った仕事を探すべきです。

成果を出しているなら、公平に評価されていない場合や、そもそも給与が低い会社・業界にいる事も考えられます。早めに見切りをつけて、転職先を探しましょう。

給与が上がらない主な理由

  • スキルが不足している
  • 仕事が自分に合っていない
  • 成果を過小評価されている
  • 会社が経営不振
  • 給与水準の低い業界にいる

同じような仕事ばかりで成長できない

同じような業務ばかり繰り返していて成長していないと感じるなら、仕事を辞めた方が良いでしょう。成長できないと、自分の市場価値が上がりません

変化を嫌う雰囲気がある職場や、単純作業ばかりの仕事、人を育てる気がないなどの状況なら、現在の会社で成長できる機会は少ないです。

定年まで同じ会社で働くなら問題ないかもしれませんが、現在では転職が当たり前になっています。現職で成長できない焦りを感じているなら、できるだけ早く転職をしましょう。

出勤前に体調が悪くなる

出勤前に体調が悪くなるのは、仕事を辞めた方がいいサインのひとつです。吐き気や頭痛、動悸などの症状がある場合は、強いストレスで自律神経が乱れている状態かもしれません

強いストレスを受ける職場で働き続けても、いずれ体を壊します。すぐに辞めるのが難しくても、病気になる前に休みを取ることをおすすめします。

また、何もする気が起きない休日が多い場合も、要注意です。体に異変がなくても、ストレスで疲労が溜まり、回復しきれない状態かもしれません。

仕事にやる気やモチベーションがない

仕事に対するやる気やモチベーションがないのも、会社を辞めた方がいいサインです。例えば「ミスをしても何も感じない」「終業時間ばかり気になる」といった状況なら、やる気がない状態です。

仕事にやる気が起きなければ、やりがいや達成感を感じることもありません。続けていても虚しいだけですし、成長もしないので、新しい転職先を探してみましょう。

まずは、自己分析して、やる気が起きない理由を明確にするべきです。理由が明確になれば、自分の能力を十分に発揮できる転職先を見つけやすくなります。

会社に尊敬できる人がいない・上司に活力が無い

会社に尊敬できる人がいない場合や、上司に活力が無いなら、仕事の辞めどきと言えます。尊敬できない上司・先輩と働いていても、モチベーションを維持できずに、やる気を失うでしょう。

また、目標となる人物がいないので、自分の将来が不安になってしまいます。もし、先輩や上司を見て「こうはなりたくない」と感じるようなら、すぐに転職するべきです。

残業や休日出勤が多い

長時間の残業や、休日出勤が常態化している場合、仕事を辞めることを考えましょう。働きすぎは精神面・健康面に悪影響があるからです。

労働基準法の時間外労働の上限規制では、残業時間の上限は原則として月45時間までと決まっています。また、月80時間の残業があると、健康障害との因果関係を認められやすい「過労死ライン」です。

もちろん月45時間以内の残業であっても、休日に何もする気が起きないぐらいに疲れているようなら、転職を考えましょう。

やりたい仕事ができていない

やりたい仕事ができていないなら、辞め時かもしれません。異動願いを何度出しても通らない、将来的にもできそうにない状況なら、別の会社への転職も考えましょう。

ただし、注意が必要なのは、目標の仕事が本当にやりたいことなのか、ちゃんと考えることです。希望が叶っても「やっぱり違った」ということにならないよう、冷静に考えておくべきです。

やりたいことの実現には、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。転職エージェントなら、実現するまでのキャリアプランが相談できます。

ハラスメントが横行している

ハラスメントが横行している職場なら、すぐにでも辞めるべきです。自分が対象ではないとしても、職場の雰囲気は悪くなりますし、自分がいつ被害にあうかもわかりません。

パワハラやセクハラは、職場の雰囲気が悪いだけに留まらず、法律にも抵触するものです。まともな会社なら防止措置や相談窓口があり、ハラスメントが横行する事態にはなりません。

法に触れる行為が横行している企業は、遵法意識に欠け、組織体制が整っていません。そんな会社は早めに辞めるべきです。

優秀な社員がやめていく

優秀な社員がどんどん退職している会社なら、辞めたほうが良いです。優秀な人が辞めていくということは、企業側に何らかの問題があります

また、優れた人材が辞めていけば、人手不足や生産性が下がるなどの問題が出てきます。そんな会社に長く居ても、待遇は悪くなるばかりなので、早めに辞めて転職しましょう。

仕事や会社に将来性を感じない

仕事や会社に将来性を感じていないなら、辞めた方が良いサインです。将来性のない企業に在籍しているよりも、早めに違う会社に転職したほうが、時間を無駄にしません

ただし、経営層と従業員の将来性の見方は違います。自分目線だけでなく、有価証券報告書で業績をチェックしたり、転職エージェントに将来性があるか、聞いてみると良いでしょう。

その上で転職をするなら、将来性のある企業を転職エージェントに調べてもらえば効率的です。候補の企業があれば、複数の転職エージェントから意見をもらうことで、より客観的な判断ができます。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

仕事を辞めたほうが良いサインに気づいた場合に取るべき選択肢

仕事を辞めたほうが良いサインに気づいた場合に取るべき選択肢

休みを取る

仕事の辞めどきのサインがあったら、まずは休みを取ってみましょう。一旦業務を離れて、仕事を辞めるべきなのか考える時間を取ることが大切です

また、状況によっては、一時的に会社を辞めたくなっているだけの場合もあります。忙しい状況では、冷静な判断ができないこともあるため、衝動的に辞めてしまって後悔しないようにするべきです。

落ち着いて考えた上で仕事を辞めると判断したなら、辞めるための行動を始めましょう。

信頼できる人に相談する

仕事の辞めどきのサインがあったなら、信頼できる人に相談することが大切です。上司や同僚、家族などに自分の状況や辞めたいと思う原因について話せば、改善策が得られたり、気持ちが軽くなります

もし、相談できるような相手がいないなら、ビズリーチなどの転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントは転職のプロなので、様々な状況の転職者を見てきています。

転職する前提ではなくても相談はできるので、会社をやめるか転職するかを相談すれば、プロ目線からの客観的なアドバイスが期待できます。

上司に相談する際の注意点

上司に相談をする場合、話すべき内容を具体的に整理しておきましょう。辞めるにしろ状況を改善するにしろ、曖昧だとどうしたいか伝わりませんし、何も状況は変わりません。

辞めることが前提ではないなら、まずは自分が問題と感じている内容を伝えるべきです。その上で、業務の割り振りや異動など、状況改善ができるかを聞いて、辞めるか判断します。

また、相談する際には、事前に相談したい旨があることを伝え、会議室などを抑えて時間をとってもらいましょう。

同僚に相談する際の注意点

同僚に仕事を辞める相談をする時には、信頼できる人に限定して相談するべきです。同僚から上司に話が伝わってしまったりすれば、無用なトラブルが起こることがあります。

また、同僚にその気がなくても、社内に噂が広がる可能性もあります。場合によっては不当な評価を受けたり、転職の妨害を受ける事もあるので、同僚への相談は慎重になりましょう。

家族・友人に相談するときの注意点

家族や友人に相談する際には、会社の現状や、自分が直面している問題の深刻度は伝わりづらいです。本当に追い詰められて辞めたいと相談しても、理解を得られない事もあります

どれだけ真剣に問題を語っても、一般的な感覚で「それくらいよくある」「今は我慢すべきじゃないか」などと言われることもあります。

最終的に、大切なのは自分の気持ちです。家族や友人に反対されても、辞めるかどうかは当事者である自分自身で決めるべきです。

待遇の改善を会社に交渉する

仕事を辞めたほうが良いサインがあっても、辞めたくないなら待遇の改善を交渉してみましょう。業務内容の変更や、部署異動で解決できることであれば、まずは上司に相談してみるべきです。

交渉をする際には、自分の状況や、希望する内容などをまとめておきましょう。また、希望が通るかは、今までの実績も大切です。実績があれば、会社は手放したくない人材として、ある程度の要望は飲んでくれます。

事態が切迫している時はすぐに退職する

事態が切迫している場合はすぐに退職しましょう。強いストレスを感じている場合や、仕事の影響で体調が悪くなってしまうような状況が当てはまります。

仕事を続けることによって、病気になったりすれば、転職をしようと思っても復帰が難しくなる可能性があります。何か心身に異常を感じているなら、すぐに会社を辞めましょう。

転職活動を始める

特別な事情がない限り、転職活動は在職中に行いましょう。離職中の求職者を企業は嫌いますし、収入がなく先の見えない状態での転職活動は、余計な焦りが生じ、転職に失敗するリスクの要因にもなります。

在職中に転職活動をする際にはビズリーチなどの転職エージェントの利用が必須です。転職エージェントは面接日の調整や年収交渉を行ってくれるので、転職活動を効率的に行なえます。

退職する際の注意点

退職する際の注意点

辞める理由は穏便に伝える

仕事を辞める理由を職場に伝える際、退職理由は穏便に伝えましょう。また、退職理由によっては、会社から引き止められる可能性があることも考慮すべきです。

例えば「人間関係に不満があるから」という理由の場合、会社から部署異動を勧められることもあります。辞める決意が固いなら「他のやりたいことに挑戦したい」など、ポジティブな理由を伝えるのがポイントです。

もし、会社に不満があって辞めるとしても、そのまま伝えるのはおすすめしません。仕事を辞めたとしても、退職後も予期しないところで関わりがあるかもしれないため、印象を悪くするのは避けましょう。

就業規則を確認する

仕事を辞める際には、就業規則を確認しておきましょう。ほとんどの場合、企業の就業規則には「退職する際は~日前までに申告すること」などの退職時のルールが記載されています

就業規則を確認せずに退職を進めようとすると、退職したいタイミングで辞められないといった、トラブルになる可能性があるので注意が必要です。

退職日に関する事以外にも、引き継ぎや有給消化に関するルールも確認して、辞めるタイミングを考えましょう。

貯金をしておく

退職をする前に、ある程度の貯金があると安心です。すぐに転職をする場合でも転職タイミングによっては1~2ヶ月程度収入が無い状態になるので、生活費を確保しておきましょう。

また、転職先によっては引越しなども必要なため、引越し費用も貯金できると安心です。

退職プランを立てる

仕事を辞める際には、退職日の日程や伝える時期、転職活動をいつやるかなどのプランを立てておきましょう。退職のプランを立てておけば、スムーズに会社を退職する事ができます

目標や退職日を決めて行動することで、ダラダラした退職・転職活動を避けられます。

退職の時期や転職活動のスケジュールは、転職エージェントに相談しながら決めるのがおすすめです。無料で専門家のアドバイスを受けられ、求人紹介・転職サポートはもちろん、退職交渉になどに関する助言も受けられます。

転職先が決まってから退職する

仕事を辞める際には、転職先が決まってから辞めるのをおすすめします。すぐに転職先が決まるとは限りませんし、収入が無いので生活が不安定になるからです

収入がない状態で転職先が決まらなければ、焦りから希望しない条件の内定を受けてしまい、転職に失敗する一因になります。

働きながら転職活動をするなら、ビズリーチなどの転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントは、条件に合った企業の紹介や面接日程の調整など、転職活動を効率的に進めるサポートをしてくれます。

仕事を辞めてすぐ転職しないなら失業保険を受ける

仕事を辞めて、すぐに転職をしないなら、失業保険を受給するのをおすすめします。失業保険は、2年以内に雇用保険に12ヶ月加入していれば受け取れます

自己都合での退職の場合、約2ヶ月感の給付制限期間があるので、すぐに失業保険を受け取れませんが、転職活動中に収入を確保できる手段なので、利用できるなら忘れずに申請しましょう。

また、特定受給資格者に認定されれば、給付制限期間はありません。会社都合の退職や、正当な理由のある自己都合退職であれば、特定受給資格者として認定されます。

失業保険を受ける条件

  • 失業状態である
  • 雇用保険の加入期間が12ヶ月以上
  • ハローワークに求職を申し込む

退職の流れ

退職の流れ

  • STEP1

    退職プランを立てる

    本当に会社を辞めるのか、転職活動は働きながらかなどを確認して退職のプランを考えます。転職活動に必要な期間や現職の繁閑期、有給消化などを考えて、退職までのスケジュールを立てましょう

  • STEP2

    退職意思の表示・退職願の提出

    会社を辞めることを決めたら、直属の上司に退職の意思を伝えます。退職意思は、必ずしも退職願という書面で伝える必要はなく、口頭でも大丈夫です。

  • STEP3

    退職届の提出

    退職が承認され、上司と相談して退職日を決めたら、退職する2週間前までに退職届を提出します。書式は会社によって決まっていることがあるので、上司や管理部に確認しましょう。

    ▶退職願・退職届の書き方はこちら

  • STEP4

    残務整理(有給消化)・引継ぎ

    円満に退職するためには、業務の引継ぎをしっかりと行いましょう。引継ぎを疎かにして退職をすると、上司や従業員に迷惑がかかり、円満退職とはいきません。

    業務のマニュアルを作成するなどして、引継ぎを楽にしてあげることがポイントです。また、有給が残っている場合は、上司と相談して残務処理・引継ぎに影響しないよう消化しましょう。

  • STEP5

    退職当日・退職後

    退職日には会社に返すもの、貰うものを確認しましょう。経費精算や他手続き、デスクの片づけもあるので、退職日は早めに出勤するのがおすすめです。また、社内外への退職の挨拶もきちんと行いましょう。

    当日は片付けの物以外に、餞別品を貰う可能性もあるので、普段と別のカバンなどがあると便利です。また、転職先が未定の場合、保険や年金の切替・申請が必要になります。

    協会けんぽを継続するなら、20日以内に保険組合や居住地の保険事務所で、国民健保や年金の切替については役所で14日以内に手続きが必要です。雇用保険に関しては1年以内にハローワークで手続きします。

    ▶退職日の挨拶マナー・タイミングを確認

退職代行サービスを使うのもあり

パワハラを受けていたりブラック企業にいて、どうしてもやめられない場合は退職代行サービスを利用するのも一つの手です。円満退職にはなりませんが、すぐに辞めたい時には考えてみましょう。

退職代行サービスは退職完了までの手続きを全て行ってくれます。たとえブラック企業であっても、民法627条により2週間以内に100%退職可能で、企業側は退職を拒否することができません。

ただし、退職代行サービスは最終手段です。上司や会社との関係は悪化することは間違いないので、まずは自分で退職の意思を伝えるようにしましょう。

おすすめの退職代行サービス

退職代行サービス 特徴
退職代行Jobs退職代行Jobs ・労働組合と連携しているから安心
・基本料金27,000円で利用可能
・無料の転職サポートあり

おすすめの退職代行サービスは、退職代行Jobsです。弁護士監修を受けているサービスなので安心でき、退職成功率はもちろん100%です。

また、料金は27,000円で利用できます。また、より円満な退職を希望する方向けに、労働組合が交渉に入る「安心パックプラン(29,000円)」も提供しています。

LINEで無料相談が可能なので、退職代行を依頼する前にまずは相談してみましょう。

仕事を辞めるべきではないケース

仕事を辞めるべきではないケース

理由が「辛い」だけ

程度にもよりますが、仕事を辞めたい時に、理由が「辛い」だけなら辞めるのはおすすめしません。どんな仕事でも大なり小なり辛いことはあるからです

例えば、自分のスキルが足りない場合は、働くのが辛いと感じるでしょう。しかし、それはスキルを向上させればいい話であり、会社を辞めるべきではありません。

もちろん辞めない方がいいケースは「辛い」と感じる原因によって違います。心身に影響があるような状況なら辞めるべきです。

改善の為の行動をしていない

現職で、仕事を辞めたい原因を改善するための行動をしていないなら、辞める決断をするのは早いです。

人間関係や業務内容に原因があるなら、部署異動を申し出る。パワハラ・セクハラなどがあるなら、会社の相談窓口に連絡するなど、今できることもあるはずです。

改善の為の行動をしてダメなようなら、仕事を辞めましょう。

辞めたい理由が明確になっていない

仕事を辞める前に、何故辞めたいのかは明確にしておくべきです。辞めたい理由が曖昧だと、転職をしたとしても同じ理由で辞めることになるかもしれないからです。

また、理由を明確にした結果、仕事を辞める必要がなくなる可能性もあります。一度冷静になって、何故辞めたいのかを振り返ってみましょう。

昇進・昇格が控えている

昇進・昇格が控えているなら、仕事を辞めるタイミングを遅らせるのがおすすめです。昇進すれば、転職市場における市場価値が上がります。転職を有利に進めるためにも昇進後に転職すべきです。

自分が今転職すべきかわからないなら、転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントは転職のプロなので、転職に最適なタイミングもわかります。

ビズリーチに登録すれば、複数のヘッドハンターとコンタクトが取れるので、何人かと面談してみるのがおすすめです。

また仕事を辞めた方がいいとならないための転職のコツ

希望条件の優先順位を決める

転職する際には、転職先に求める条件の優先順位を決めるべきです。希望する条件を全て満たす企業には、そう簡単には出会えないので、ある程度妥協する必要があるからです。

「収入」「やりがいや楽しさ」「働きやすさ」「スキルが活かせる」など重視したいポイントを見極めましょう。優先順位を決めることで、自分の希望とマッチした企業を見つけやすくなります。

優先順位の高い条件を満たす仕事なら、長く働くこともできるため、転職失敗のリスクを減らせます。

転職理由を明確にする

転職では、転職理由を明確にすることが重要です。転職後の企業とのミスマッチを防ぐためにも、転職によって何を実現したいのかを明確にして、自分に合った企業を探しましょう。

転職理由が曖昧だと、面接官に熱意が伝わりきらずに、採用にも繋がりづらいです。転職後に実現したいことや具体的な目標を定めておくことで、選考時に志望動機を伝える際にも役立ちます。

自分がなぜ転職したいのか、何を叶えたいのかを明確にしてから、転職活動に臨みましょう。

ポジティブな転職理由を伝える

転職活動の際には、希望する企業にポジティブな転職理由を伝えるのが鉄則です。もし、現職・前職に不満があって辞めるとしても、ネガティブな理由は「同じ理由で辞めるかも」と思われて良い印象は与えません

実際には、ネガティブな理由で仕事を辞めるケースは珍しくありませんが、ネガティブな理由をポジティブに切り替えられるかという点も、採用側には見られています。

どうしても転職理由をポジティブにできないようなら、ビズリーチマイナビエージェントなどの転職エージェントに相談しましょう。ヒアリングを通じて、採用側に伝えるべき転職理由の整理をサポートしてくれます。

企業研究を徹底する

転職では、企業研究の徹底が非常に重要です。企業研究を徹底することで、入社後のギャップを軽減でき、結果的に長く続ける仕事に就けるようになるからです。

求人情報に掲載されている業務内容や条件面だけを見て判断するのではなく、企業のオフィシャルサイトやプレスリリース・投資家向け情報・業界専門誌などをチェックして、仕事の特徴や社風を把握しましょう。

また、企業研究には転職エージェントも利用しましょう。転職エージェントは企業との繋がりがあるため、内部事情に詳しいです。

口コミサイトで情報収集をする

企業の情報収集をする際には、openworkなどの企業の口コミサイトもチェックしましょう。口コミサイトでは、従業員や元従業員の口コミが見られるため、実際の職場の雰囲気や働き方などがわかります

長く働ける職場なのか見極めるためにも、口コミで実際の職場の雰囲気をチェックしておくことが大切です。

自分のスキルや経験の棚卸をする

転職する際には、自信のスキルや経験の棚卸しはやっておくべきです。スキルセットや経験を整理すれば、転職先でのミスマッチを減らせます

また、面接では失敗の経験を聞かれることもあります。採用側は失敗から何を学んだのかを聞きたいので、失敗した経験とそこから何を学んで、成長や成功に繋げたのか話せるようにしておくべきです。

スキルや経験の棚卸の際は、転職エージェントを利用しましょう。転職のプロが、必要なスキルがどれかを教えてくれます。転職エージェントには、ビズリーチがおすすめです。

棚卸しする内容

  • 職務内容
  • 実績と評価
  • 保有スキル
  • やりがいを感じた経験
  • 失敗の経験

前職で「コミットした経験」「達成したこと」を具体的に伝える

前職での「コミットした経験」「達成したこと」を具体的に伝えられると、転職成功の可能性を上げられます。仕事で成果を出すために努力し、達成している人材は、転職先での活躍が期待できるからです。

面接では、できるだけ具体的に、成果がわかるエピソードを伝えましょう。どんな業務内容で、目標達成率がどれくらいだったのか、達成のためにどんな行動をしたのかをわかりやすく伝えるのが重要です

失敗を踏み台にして「誠実さ」を伝える

転職理由によっては、言い繕うのが困難な場合があります。その場合は無理にポジティブな転職理由へと変換するのではなく、失敗を認めた上で経験から学んだことを伝えましょう

失敗した経験をごまかさず丁寧に説明することで、むしろ誠実さをアピールできます。選考の場でも、「完全無欠な人物」を演じる必要はありません。

面接時に追及されたくない部分を自分から進んで話し、失敗を踏み台にして努力できることを伝えましょう。

転職エージェントに登録する

転職するなら転職エージェントの利用は必須です。転職エージェントは求人の紹介だけでなく、面接対策や年収交渉などのサポートを行ってくれるので、転職活動に役立ちます。

また、求職者では気付かないような採用者目線でのアドバイスが貰えるので、転職成功率が上がります。転職エージェントは、総合的なサービスと各業界に特化したサービスがあり、併用するのがおすすめです。

まずは、ビズリーチに登録しましょう。外資系含め、年収アップが狙える非公開求人が豊富です。

転職する際におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

よくある質問

退職後の失業保険はいつから受け取れる?

失業保険は、自己都合の場合は7日間の待機期間から2ヶ月後に受け取れます。会社都合の場合は待機期間後から受け取れます。

ハローワークで求職の申し込みをしてから待機期間に入るので、会社から離職票を受け取ったら、早めに手続きをしましょう。

退職金はもらえる?

会社に退職金制度があれば、勤続年数に応じた額をもらえます。ただし、勤続年数が短ければもらえる退職金は多くないでしょう。また、退職金制度がない会社もあります。

退職金については、会社の就業規定や労働契約を確認しましょう。記載がない場合は貰えないので、確認しておくべきです。

有給の残りはどうなる?

退職日までに消化できなかった有給の残りは消滅します。そうならないよう、会社と相談して有給を含めた退職日の調整をしましょう。

退職願と退職届の違いは?

退職願は会社に対して退職を願い出るものです。希望を伝えるものなので、却下・撤回ができます。退職届は退職を通告するもので、会社が却下することはできず、受理されれば撤回もできません。

退職届はいつ出す?

基本的には、退職を願い出て、退職日が正式に決定してから出します。法律上は退職する2週間前までに出せば良いとされていますが、会社の就業規定に則って提出しましょう。

引き継ぎができなかったら?

後任がいなくて引き継ぎができない場合、引き継ぎ書を作成しましょう。引き継ぎ書があれば、退職後に会社が引き継ぎを行えます。

退職代行を使ったら会社に行かなくても大丈夫?

退職代行を使えば、その日から会社に行かず退職できます。退職に必要な全手続きを代理で行ってくれるため、依頼後は会社に行く必要がありません。

ただし、退職代行は最終手段です。円満退職にはならないため、会社の人との関係性は悪くなることは覚悟しましょう。

退職代行でおすすめなのは退職代行Jobsです。弁護士監修のサービスで、労働組合と提携しており勤務先との交渉もしてくれます。

まとめ

この記事では、仕事の辞めどきがわかるサインや、辞めるべき時にするべき事について解説しました。仕事の辞めどきのサインに当てはまる項目があれば、会社を辞めて転職を考えてみましょう。

仕事を辞める際には、基本的に転職先を決めてから辞めるのがおすすめです。自分が仕事を辞めたい理由や原因をよく考えて、自分に合った転職先を選んでください。

希望の転職先を探すなら、転職エージェントを利用すべきです。特にビズリーチは、様々な業界に精通したヘッドハンターが在籍しているので、希望の条件に合った企業も探せます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス