【仕事が辛い】原因とタイプ別の対処方法を紹介!辞めるべきかも解説

仕事が辛い

「仕事が辛いから辞めたい…」

「仕事が辛くて逃げるのは甘えだと思われるかも」

仕事が辛いから辞めてもいいのか、世間的に見て甘えと思われるんじゃないかと悩んでいる人は多いと思います。仕事が辛いと思う理由はたくさんありますが、甘えと思われるケースと思われないケースが何なのか気になりますよね…

そこでこの記事では、仕事が辛いと感じてしまう理由と対処方法について解説しています。仕事を辞めるべき人や、思い留めるべき人、辛い人に向けたタイプ別の対処方法を紹介しています。仕事が辛くてどうすべきか悩んでいる人は参考にしてください。

また、転職活動をする際は「ビズリーチ」や「リクルートエージェント」などの転職エージェントを利用しましょう。転職に関する相談ができるので、自分が転職するべきなのかも相談することができます。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート エージェント公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える

転職エージェントおすすめランキングはこちら

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

「仕事が辛いから辞めたい」は甘え?

「仕事が辛いから辞めたい」は甘え?

甘えではない

仕事が辛いのが原因で辞めたいと思うのは甘えではありません。辛いと感じながら仕事を続けることで、健康を害したり、メンタル面で追い詰められて、鬱病や精神疾患を患う可能性があります。

仕事が辛くて辞めたいなら、まずは仕事が辛い原因を考えて、解決のためにできることから始めましょう。例えば「上司や友人に相談する」「休日は仕事のことを一切忘れる」などをしてみるべきです。

多くの人が「仕事が辛い」と感じている

「仕事が辛いから辞めたい」という感情は、社会人になれば誰しもが1度は経験します。あまり「自分だけが」と思い詰めず、上司や同僚も同じ経験をしていると考えると気持ちが少し楽になるはずです。

辛いなら転職を考える

仕事が辛いなら転職を考えるのもありです。しかし、辛くなったからといって闇雲に転職をするのではなく、辛いことを克服できて今の職場に留まることが最善です。

対処できることをある程度試して、それでも改善されない場合は、転職を考えましょう

▼おすすめの転職エージェントはこちら

仕事が辛いと思う3つの理由

仕事が辛いと思う3つの理由

  1. 仕事内容の理由
  2. 自分自身の理由
  3. 職場環境の理由
仕事が辛いと思う3つの理由
▼仕事内容の理由 ▼自分自身の理由 ▼職場環境の理由

仕事内容の理由

ノルマが厳しい

職種によっては個人に厳しいノルマが設けられ、精神的に追い詰められて仕事が辛くなる場合があります。特に金融や商社といった業界は成果次第で報酬が変動するケースが多く、日々ノルマとの戦いになります。

過度なプレッシャーを受けながら仕事をしていると、仕事に対するやりがいや楽しさが薄れ、辛いと感じてしまいます。

仕事量が多く常に疲れている

仕事量が多く、日頃から長時間の残業をこなしていると、疲労からやる気が段々なくなってきて仕事が辛くなります。休日出勤も求められたりすると、さらに体を休める時間が取れなくなり、仕事をするのが億劫になります。

自分自身の理由

ミスをしてよく怒られる

仕事をしている中で、ミスをして怒られる経験は誰しもがあると思いますが、怒られ続けることで仕事が辛いと感じたり嫌になってしまうことがあります

怒られることに耐性があっても、自分のミスによって周りに迷惑がかかってしまうことで、仕事が嫌になる場合も存在します。

人間関係が上手くいかない

職場の人間関係が上手くいかないことで、仕事が嫌になったり、仕事に行くのが億劫になるケースがあります。退職理由でも職場の人間関係が原因というケースは多く、人間関係で思い詰めて精神的に病んでしまいます。

職場環境の理由

社風が合わない

会社が持つ特有の雰囲気や特徴、いわゆる「社風」と呼ばれるものが合わなかった場合、仕事が辛いと感じることがあります。人間関係と同じく、業務には直接的に関係なくとも、環境や雰囲気に溶け込むことができないと仕事に影響が出ます

ハラスメントを受けている

職場で「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」といったハラスメントを受けている場合、仕事が辛くなり、精神状態が不安定になります

仕事が辛くなる理由の中で最もセンシティブなものなので、ハラスメントを受けていると感じた場合は、行政の相談窓口や社内の対策室などで迅速に相談しましょう。

行政の相談窓口はこちら

待遇が悪い

給料や労働時間、賞与など、会社の待遇の悪さにストレスを抱え、仕事が辛くなることがあります。

給与は精神面で仕事のモチベーションに大きく関わり、労働時間は肉体的に大きな影響があります。転職をして給与を上げるか、部署異動などで労働時間に対する対策をとったりなどして、改善していきましょう。

【5つのタイプ別】仕事が辛い人の対処方法まとめ

【5つのタイプ別】仕事が辛い人の対処方法まとめ

【人間関係で仕事が辛い人】の対処方法

考えすぎない

人間関係で悩んでしまう要因として、考えすぎている点があげられます。1つ1つの言動に対して、どういう意図があるのか、悪い意味なんじゃないのかなど、考えることは大事ですが、必要以上に考えすぎるのはよくありません

考えすぎて思い悩んでしまうと、ネガティブな感情に陥りやすいです。あまり気を張らず言われたままの意味を汲み取るようにしましょう。

信頼関係は時間をかけて築いていく

信頼関係は、短時間で築いていこうとすると人間関係で躓くことが多く、じっくり時間をかけていくことをおすすめします。

同じ職場や部署では、チームワークが必要なことがあり、より早く信頼関係を築きたいと考えてしまいますが、急激に距離を縮めようとすると精神的に疲弊してしまいます。

【仕事ができなくて辛い人】の対処方法

同じミスを繰り返さないように意識する

仕事でミスをして怒られると、仕事が辛く感じてしまいます。同じミスを繰り返さないように、ミスした内容を改善して、わからないことがあれば積極的に質問しましょう

人からどれだけ怒られても平気な人は少ないです。ミスを減らしたり、繰り返さないことで怒られる回数は減らせば、辛いと思うことも減っていきます。

目標修正や業務の細分化

目標のハードルを修正して一つずつクリアしやすくしたり、業務を細分化・可視化して効率的に作業を行うことで、仕事に対する苦手意識を克服することが可能です。

現在掲げている目標が高すぎたり、業務を一括にして作業することで、精神的負担や改善策が見えてこなくなるため、仕事に対する負の連鎖が募っていきます。

【仕事がつまらなくて辛い人】の対処方法

「仕事」だと割り切る

仕事がつまらなくても、生活のために仕事をしていると完全に割り切ることで、つまらないという意識が薄まります。誰しもが楽しい仕事に就けるとは限らず、どちらかというと好きなことを仕事にしている人は少ないです。

しかし、割り切るというのは簡単なことではないため、最初から効果は出にくいです。「仕事はそもそもつまらないもの」と考えたりして、少しずつ仕事に対する意識を変えていきましょう

成果を出して承認欲求を満たす

仕事がつまらなくても、成果を出して褒められたり、仕事ができる人という立場になって尊敬の眼差しを向けられると、承認欲求が満たされて仕事に対するモチベーションは上がっていきます

つまらないと感じても、最初の方は辛いですが、成果がでるまでがむしゃらに頑張ってみる価値はあります。

実現したい未来を考える

将来的にこうなってほしいという未来の自分の姿を思い浮かべることで、実現に向けて頑張ることができます

例えば、「港区のタワマンに住む」「起業して会社を大きくする」「結婚して一軒家を購入する」など何でもいいので未来の自分を想像してみましょう。今の会社では未来を考えられないという人は転職するのもありです。

【労働条件がきつくて辛い人】の対処方法

昇給や昇格を狙う

給与面で不満を感じ、仕事自体が辛いと感じている人は、可能であれば昇給や昇格を狙って給与を上げましょう。上司や同僚などの給与を確認して、少しずつステップアップしていくのが現実的です。

また、思い切って転職するのもありです。今の会社よりも給与が高い会社がある場合は多く、手早く昇給を狙えます。

部署異動を試みる

会社によっては部署で労働時間や賃金が異なる場合があります。職種が変わったとしても、1からの環境でもいいという覚悟があれば部署異動を上司に打診してみましょう。

【理由がわからないけど辛い人】の対処方法

仕事が辛い理由を明らかにする

仕事が辛いと感じる理由がわからないままでは対処の仕様がないため、まずは理由を明らかにすることをおすすめします

自分の業務内容や人間関係、職場環境を振り返ったり、仕事やプライベートに対するストレスが言語化できるなら書き出してみるといいでしょう。必ず何かしらの理由が見つかるはずです。

休暇を取る

辛い理由がわからず、どうしたらいいかわからないという人は1度休暇を取るのもおすすめです。どこかに遠出してみたり、何も考えない時間を作ったりすることで、気持ちがリフレッシュされて何かしらの心境の変化が起きるかもしれません。

気づかない内に疲労が溜まってしまい、明白な理由もわからず辛いと感じてしまうパターンがあり、心身ともに休ませてあげることで辛い気持ちが安らぐことがあります

仕事の辛さが少しだけ楽になる手軽な方法

仕事の辛さが少しだけ楽になる手軽な方法

  1. 映画を観る
  2. 音楽を聴く
  3. 名言を読む

映画を観る

モチベーションが上がるおすすめの映画
・マイ・インターン
・イエスマン
・ウルフ・オブ・ウォールストリート
・プラダを着た悪魔
・LIFE!

映画に登場する主人公が、葛藤して苦悩しながらも頑張る姿を見て、仕事や人生のヒント、勇気をもらえます。人種や環境、職種は違えど、共感できる部分は多く、没入することができます。

音楽を聴く

労働讃歌 / ももいろクローバーZ
ええねん / ウルフルズ
俺たちの明日 / エレファントカシマシ

楽曲の持つメッセージ性が今の自分の励みになることがあります。元気をもらえるような鉄板の曲を聞くのもいいですが、自分にとって思い出深く、お気に入りの曲を聞くことでも元気ややる気を貰うことができます。

名言を読む

人から恨まれようが、憎まれようが、それで死ぬことはない。

近松門左衛門(歌舞伎作者)

働いたってどうもならんことがあるか。
働き方が悪いだけの話さ。

岸田國士(劇作家・小説家)

なるようになる。
すべてがなるようになる。
ただ人間は、それを愛しさえすればよいのだ。

ロマン・ロラン(フランスの作家)

どんなものも、その90%はカスである。

シオドア・スタージョン(アメリカのSF作家)

偉人や著名人の名言は、うわごとや理想論ではなく、成功者としての経験談をベースに語られています。説得力があり、前向きになれたり張り詰めた気持ちが緩和されます

仕事が辛い時にやってはいけないこと

仕事が辛い時にやってはいけないこと

  1. 冷静になる前に「辞める・辞めない」の判断をする
  2. 暴飲暴食
  3. 自分を責めたり無理に頑張る

冷静になる前に「辞める・辞めない」の判断をする

衝動的な感情で辞めることを決断して、冷静になった後に後悔しないようにしましょう。次の就職場所の目処が立っていなかったり、貯金がなかったりすると生活的にも精神的にもよくありません

辛い気持ちが克服されて、今の会社に残れるのであれば、それが1番の形でもあります。冷静になる前に「辞める・辞めない」を判断するのはやめましょう。

暴飲暴食

仕事が辛くなり、ストレスが溜まって暴飲暴食をしてしまうと、一時的なストレス解消にはなりますが、健康面でも経済面でもマイナスでしかありません

仕事が辛くてストレスを発散したい場合は、自暴自棄にならずに運動をしたほうが健康的でストレス解消になります。

自分を責めたり無理に頑張る

仕事が辛いと感じる時に、原因は全て自分にあると、自暴自棄になったり急速に改善しようと無理に頑張るのはやめましょう。辛いと感じることは決して甘えではありません。

自分が悪いと自己完結しても問題は解決されないどころか、自分を追い込んでしまい、精神的にますます仕事が辛く感じます。なぜ辛いと感じるのか、冷静になって原因を解明していかないと改善されません。

仕事が辛い人が辞めても良い4つのケース

仕事が辛い人が辞めても良い4つのケース

  1. ハラスメントを受けている
  2. 仕事量が多く休む時間が取れない
  3. 鬱などの精神疾患の傾向がある
  4. 会社の業績的に将来が不安

ハラスメントを受けている

社内で「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」等のハラスメントを受けている場合は、法的処置を検討した上で、やめることをおすすめします。

ハラスメント被害は、多額の損害賠償請求が認められるケースがあるため、必ず行政や社内の対策室に相談して、何かしらの対処を行うようにしましょう。

行政の相談窓口はこちら

仕事量が多く休む時間が取れない

サービス残業が多かったり、休日出勤が多いと、体を休める時間が取れず、ずるずると肉体的にも精神的にも疲弊して精神疾患を患ってしまいます

体が休まらず、疲労感が続くと、仕事に対するモチベーションも上がらないため、しっかりと休みがとれる会社に転職することをおすすめします。

鬱などの精神疾患の傾向がある

鬱病や急性ストレス障害、PTSDといった精神疾患の傾向が見られたら、今いる環境から抜け出すことをおすすめします。

急性ストレス障害やPTSDといった適応障害は、職場を離れることで症状が収まる可能性が高いため、休職などして様子を見るのもいいですが、鬱病は長い期間症状と向き合わなくてはいけないため、ひどくなる前に通院しましょう。

会社の業績的に将来が不安

会社の業績が悪く、将来倒産してしまったり、いつまで経っても給与が上がらない可能性が高い会社だと、経済的にも仕事に対するモチベーションが上がらず働くことが辛くなります

将来を見据えて、早い段階から会社を辞めるのは全然ありです。会社のことをよく調べて慎重に判断しましょう。

仕事が辛くても辞めないほうがいい2つのケース

仕事が辛くても辞めないほうがいい2つのケース

  1. 自分のスキル不足
  2. 給与高く待遇が良い

自分のスキル不足

自分のスキルが足りず、仕事が出来なかったり人間関係が上手くいってない場合は、改善の余地があるため、辞めないほうがいいでしょう。自分次第で仕事環境がいい方向に転ぶ可能性があるなら、できるところまでやってみる価値は充分にあります。

上司や仕事ができる同僚などの仕事を観察してスキルを盗んだり、改善点を見つけて目標を組み立ててクリアしていくことでスキル不足は解消されていきます。

給与や待遇が良い

仕事が辛くても、給与が高く待遇が良いと、仕事だと割り切りやすいです。1度割り切ることができれば、いつもなら考え込んでしまうことがあっても、さらっと受け流すことができたりします。

肉体面は割り切ったところで影響は少ないですが、精神面では少なくとも余裕が生まれて、余計なことを考えずに業務に没頭することが可能です。

仕事が辛いと感じている人の体験談

仕事が辛いと感じてきた人は、誰しもが甘えなんじゃないかと考えたことが多いようです。甘えという気持ちから、休むことや転職することに対して億劫になってしまったり、なかなか一歩を踏み出せない経験をしています。

繰り返しますが、仕事が辛くて逃げるのは甘えではありません。どうしようもない状況なら、休暇を取るなり転職なりを億劫にならずに考えましょう。

在職中に転職エージェントへ登録しよう

在職中に転職エージェントに登録しよう

転職活動をするなら、在職中に転職エージェントに登録しましょう。転職をするなら、在職中に行わないと、仕事を辞めてからの生活費や事故・病気などの急な出費に対応できなくなります。

仕事が忙しくても、転職エージェントなら面談などのスケジュールを組んでくれるため、在職中でも転職活動を進められます。

リクルートエージェント

転職者が初めに登録すべき転職サービス

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
おすすめ年齢 公開求人 非公開求人 料金
全年代 163,163件 239,473件 無料
ヒアリング力 提案力 親切・親身 サポート
3.9/5点 3.9/5点 4.0/5点 4.1/5点
拠点
全国16拠点 (丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超
リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。 また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。
利用者の6割が年収アップ
リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。 転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。
書類準備や面接対策のサポートが手厚い
リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。 また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる
リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。 リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。
利用期間は最大3ヶ月
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。 今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29
良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
ゆーさんさん|30代前半|女性|IT関連|2021.01.13
良い点
|求人数
初めての転職で利用したのがリクルートエージェントでした。 大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。 また求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。 聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|専門性
IT関連の転職で利用したのですが、総合型のエージェントのため、IT業界専門のエージェントと比べるとフォローや実務業務についての内容は薄いように感じました。 ただ、こちらの要望(年収や職種など)はヒアリングしていただき、反映していただけたので全体的には満足しております。

リクルートエージェント公式サイト

dodaエージェント

リクルートと共に登録すべきエージェント

dodaエージェント

dodaエージェントの特徴

  • 転職者満足度No.1
  • 会員数が業界最大級の約600万人
  • 転職サイトと一体化して利用可能
おすすめ年齢 公開求人 非公開求人 料金
全年代 123,145件 37,057件 無料
ヒアリング力 提案力 親切・親身 サポート
3.3/5点 3.2/5点 3.3/5点 3.5/5点
拠点
全国12拠点 (東京/札幌/仙台/横浜/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡)

dodaエージェントのメリット

転職者満足度No.1のサポート内容
dodaエージェントは、電通の口コミ調べで、転職者満足度No.1を獲得しています。サポートの質はもちろん、求人の質が高いのもdodaエージェントの魅力です。 応募書類の添削や面接対策は、個々に合ったサポートを受けられます。年収交渉や面接日程の調整なども、専門のキャリアアドバイザーが行ってくれます。
転職サイトも併せて登録できる
dodaエージェントは、転職サイト「doda転職」を一緒に登録できます。他サービスは、転職エージェントと転職サイトのアカウントを別々に登録しなければいけない場合が多いです。 転職サイトを併用するメリットは、気になる求人を自分のペースで閲覧できることです。転職活動を効率良く進めるには、転職エージェントだけでなく、転職サイトも利用するのがおすすめです。
年収査定や履歴書作成ツールなど機能が豊富
dodaエージェントは、年収査定や履歴書ツールなど、無料で使える機能が豊富です。年収査定では、doda会員186万人のビッグデータに基づき、自分の適正年収とおすすめの求人を紹介してくれます。 履歴書作成ツールでは、ガイドに沿って入力するだけで、履歴書・職務経歴書を簡単に作成できます。WordやPDFでダウンロードできるので、提出もスムーズに行えます。

dodaエージェントのデメリット

1日に何十件も企業紹介メールが届く
dodaエージェントは、転職サイトも同時に登録されるため、1日に何十件も企業紹介メールが届きます。ブロックすると、dodaエージェント側からのメールも届かなくなるのが厄介です。 企業紹介メールは、希望条件に合った求人を送っている可能性が高いです。そのため、希望条件を絞るなどすると、届くメールの量が減るかもしれません。
サポート期間が3ヶ月限定
dodaエージェントは、面談から転職先が決まるまでのサポート期間を約3ヶ月としています。3ヶ月経ったら、自動的に退会になるわけではなく、あくまで目安として設けられているものです。 再度登録をすることも可能で、引き続きサポートをしてもらうよう申し出ることもできます。

dodaエージェントの評判と口コミ

女性アイコン
Oharuさん|20代後半|女性|事務員|2021.01.21
良い点
|担当の方が親身になって自分のキャリアを考えてくれた
一般的な転職エージェントは、どうしてもエージェント側の利益や紹介したい企業を勧めてくる場合が多く、とにかくどんどん応募してくださいというスタンスである企業も多いが、真剣に「今後どうなっていきたいのか」「そのためには今後のキャリアでどのような企業に行くべきなのか」を転職しない道も視野に入れてカウンセリングしてくれた点がとても良かったです。何度も電話などでも話していただき、信頼感が持てました。
悪い点
|求人数は多いが担当レベルでの業界や企業への情報は浅い
転職のカウンセリングはたくさんしていただき、手厚いサポートを受けましたが、やはり求人数が多い分、担当の方はそれぞれの企業の情報には詳しくないという印象を受けました。勧めてくれる企業がどんな企業風土なのか、またどのような人材を必要としているか、また残業時間や給与などは企業に直接は聞きづらく、エージェントを介して聞きたい・気になるところですが、HPベースでの情報提供しか無かったので、その点は少し残念に感じました。
女性アイコン
名無しさん|30代前半|女性|金融|2021.01.28
良い点
|担当者が熱心で応対が良い
登録したらすぐに担当者からの連絡がありました。 どのような業種が良いのか、転職をするうえで外すことができない条件はあるかなどしかっりと聞き取りをしてくれました。 また初めての転職活動であることを伝えると、経験談を交えながらアドバイスをして下さり励ましてくれました。 電話終了後すぐにおすすめ求人を入れてくれており対応がはやいなと感じました。
悪い点
|都心部の仕事が多く田舎の求人が少ない
地方での転職活動でしたが求人情報が少なかったです。サポート体制がしっかりしていたので前向きに検討していたのですが、条件にあう求人が見つからずに断念しました。 営業やSEなどが多くもう少し事務の方充実させてもらえればなと思いました。

dodaエージェント公式サイト

ビズリーチ

転職者が初めに登録すべき転職サービス

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 年収600万円以上の求人多数
  • 優良企業から直接オファーが届く
  • TVCM人気で登録企業増加
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業界 70,437件 非公開
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.6/5点 3.5/5点

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。

普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。

年収600万円以上を狙いたい方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。営業職で培った経験やスキルを使い、転職を機に年収アップできる可能性が高いです。

現在年収が600万未満であっても、勤め先を変更することで年収アップできる可能性は充分にあり、スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。

有料プランでハイクラス求人が紹介される
ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

専門家
専門家
無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、転職サイトのリクナビNEXTdodaに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
ECC Jr.さん|30代前半|男性|営業|2021.03.01
良い点
|ヘッドハンターからアプローチしてもらえました。
常にヘッドハンターが駐在しており、自分の情報などを記載して提示しておくと、様々なヘッドハンターから声をかけてもらう事ができます。
ヘッドハンターは自分の興味がある業界に精通している人もいるので、その業界、その会社が求人を出しているかなどを詳しく教えてくれます。
悪い点
|スキルがあるから声をかけてもらえましたが
自分にはたまたま磨いてきたスキル(スキルといっても一芸のようなものですが)があったので、それを元にヘッドハンターから声をかけてもらいましたが、無かった場合中々声がけされにくいのではないかと思い、そういった場合にフォローがあまり無いように感じました。
男性アイコン
waveさん|30代前半|男性|営業|2020.12.10
良い点
|企業のかなり深い情報を把握している
良かったところは、担当者が私の転職希望先の会社情報をほとんど社外秘ではないか?と思うくらいたくさん持っていたことです。通常社内の雰囲気や公開していない社内制度などの入社しないと分かり辛い情報をたくさん教えてくれました。また面接で有利になる言い回しや表現なども細かく教えていただきました。
悪い点
|求人数はそこまで多くはなかった
悪かった点を強いてあげるのであれば、私の希望する条件での求人数が少なかったことです。年収、業種、役職、勤務地の全てに合致する条件はそこまで多くなったです。ただこれはエージェントが悪いのか、市場やタイミング的に悪かったのかは判断が難しいところです。

ビズリーチ公式サイトで詳細を見る

▶転職エージェントおすすめランキングはこちら

仕事が辛いと感じる人によくある質問

自分に原因があって辛いと感じる時はどうすればいいですか?

まずは自分のどこに原因があるのかを分析してみてください。あとは、職場内に仲のいい友人がいれば、自分の客観的評価や周りにどう思われているかを共有してもらって、全てを組みした上で改善していきましょう。

転職してもまた辛くなるんじゃないかと不安です

前の会社ではなんでつらい思いをしたのかを把握しておく必要があります。辛くなる要因、例えば残業が多かったのであれば、残業の少ない会社をピックアップして転職するのがいいでしょう。闇雲に会社を変えても何も変わりません。

どの会社に居ても辛くならないようにするにはどうしたらいいですか?

人間関係で辛くなってしまうのであれば、全てに対応するのは難しいです。価値観の違う人は必ずいますし、いかに気にしすぎず、考えすぎず立ち回れるかが肝になります。

まとめ

仕事が辛いと感じることは決して甘えではありません。人間関係や労働環境など、様々な理由で仕事が辛いと感じている人は多いです。

今の職場に留まれることが最善ですが、どうしても辛い気持ちを克服できない場合は、転職を考えてみましょう。働きながら転職活動をするのは非常に大変ですが、完全無料で利用できる転職エージェントを利用すれば、比較的簡単です。

転職エージェントは、自分の可能性を知ることができるので相談してみましょう。ビズリーチなら経験やスキルによってスカウトが受けられるのでおすすめです。

このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収800万円を超える求人が豊富
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【フリーター・第二新卒向け】
  • ・未経験者向けの求人が豊富
  • ・フリーター・離職中におすすめ
  • ・無料で使える
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス