アクセンチュアは誰でも入れる?大量採用の理由や転職のコツを解説

アクセンチュアは誰でも入れる?

「アクセンチュアは誰でも入れると聞いた」

「アクセンチュアが大量採用する理由は?」

アクセンチュアは世界的な大手コンサルファームで、近年は「多すぎ」と言われるほど、社員の大量採用を行っていることで話題です。大量採用で、誰でも入れるとまで言われますが、実情はどうなのか気になりますよね。

そこで、この記事ではアクセンチュアは誰でも入れるのか、採用事情を解説します。大量採用の理由や入社がおすすめな人、転職のコツについても解説しているので、アクセンチュアへの転職の参考にしてください。

また、アクセンチュアへの転職では、アクシスコンサルティングなどの、コンサル特化の転職エージェントがおすすめです。特にアクシスコンサルティングは、豊富な業界知識や転職実績があり、高い転職成功率を期待できます。

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

コンサル業界におすすめの転職サービス
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万以上の方向け
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1
おすすめ関連記事
コンサルに強い
転職エージェント
外資・日系コンサル
ランキング
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

アクセンチュアは誰でも入れる?

アクセンチュアは誰でも入れる?

誰でも入れるわけではない

アクセンチュアは誰でも入れるような会社ではありません。確かにアクセンチュアは大量採用を行っており、倍率は下がりましたが、誰でも入れる訳ではなく、入社には一定の素養が求められます

また、大量採用を行っているのはIT部門が中心で、戦略コンサルなどは採用が大きく増えてはいません。戦略志望の人は特に、大量採用だからと甘く見ないようにしましょう。

ただし、ITコンサルなど高卒でも転職可能な求人がありますし、前職までの経験は不問な場合もあり、契約社員もいるなど、転職の門戸は広く開かれています

アクセンチュアの社員数推移|社員数は6年で3倍に

アクセンチュア 社員数推移

※引用:ダイヤモンドオンライン

アクセンチュアは、近年人員の大量採用を進めており、社員数は2021年までの6年で3倍に増えています。人数では1万人以上増えており、誰でも入れるとは言えずとも、採用数の多さでは転職しやすいと言えます

社員数は多い|競合他社と比較

企業 社員数
アクセンチュア 約19,000人
野村総合研究所 約16,000人
アビームコンサルティング 約7,000人
デロイトトーマツコンサルティング 約4,000人
PwCコンサルティング 約3,000人
ベイカレントコンサルティング 約3,000人
KPMGコンサルティング 約1,300人

アクセンチュアの社員数は約19,000人と、競合のコンサルファームやSIerと比べてもトップクラスの人数です。元社員も含めれば、アクセンチュアの経歴を持つ人はかなりの数で、誰でも入れる印象を与えている可能性はあります。

アクセンチュアの入社難易度|新卒・中途共通

難易度 企業
超高 マッキンゼー・アンド・カンパニー
超高 ベイン・アンド・カンパニー
超高 ボストンコンサルティンググループ(BCG)
A.T.カーニー
アーサー・D・リトル(ADL)
ローランド・ベルガー
アクセンチュア
デロイトトーマツコンサルティング
PwCコンサルティング
EYストラテジー&コンサルティング
KPMGコンサルティング
アビームコンサルティング
ベイカレントコンサルティング

アクセンチュアはコンサルファームとしては、新卒・中途共に入社難易度は高くはありません。あくまでコンサルファームの括りでの難易度のため、一般的な入社難易度では高い部類に入ります。

ただし、難易度は職種により異なります。戦略コンサル部門はコンサルの中でも高い部類に入り、IT系の素養があれば特にですが、ITコンサル職の入社難易度は低めです。

また、入社しやすいかは企業の採用動向と、個人の適性やスキル次第で変わります。難易度の低い企業に落ちても、適正や企業の採用需要が合えば難関企業に受かることはあります。難易度ランキングなどは、参考に留めましょう。

アクセンチュアに転職しやすい人

  • IT経験のある人
  • 学歴に自身のある20~30代
  • 大手企業勤務の人
  • 英語力がある人

アクセンチュアへは、IT経験がある、地頭が良く英語力がある人などは転職しやすいです。また、最新のアクセンチュアの採用動向については、転職エージェントを利用して情報を得るのがおすすめです。

中でも、アクシスコンサルティングはコンサル転職でNo.1の実績があり、アクセンチュアへの転職ではまず利用すべき転職エージェントです。

IT系の経験がある人

アクセンチュアは近年IT部門の成長が大きく、IT分野の経験がある人は転職しやすいです。特にシステム開発の要件定義やコーディング、業務統合ソフトの導入などの経験がある人は、積極的に採用されているため転職しやすいです。

経験がなくとも独学やプログラミングスクールなどで知識を学べば、転職の成功率を上げられます

▶おすすめプログラミングスクール

学歴に自信のある20~30代

アクセンチュアはコンサルティングファームであり、職種によっては高いレベルでの地頭の良さが求められます。未経験の場合は今後の成長性や、業務知識の吸収力にも期待されるため、高学歴の若年層だと転職しやすいです。

▼アクセンチュアの採用大学(タップで開閉)
採用実績
<大学院>
青山学院大学、大阪大学、お茶の水女子大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、上智大学、創価大学、中央大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、名古屋大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学
<大学>
青山学院大学、大阪大学、お茶の水女子大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、上智大学、創価大学、中央大学、津田塾大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京女子大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、名古屋大学、日本女子大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学
<海外大>
Cornell University、Lakeland College、Paul Smith’s College 、Saint Johns University、Stanford University、UC Berkeley、University of California, Los Angeles、Yonsei University 他

大手企業勤務の人

前職がアクセンチュアの顧客となるような大企業の人は、アクセンチュアに転職しやすいです。顧客企業や業界の知識や慣習を知っており、前職と同じ領域の担当になれば、いち早く業務に馴染んで活躍できると見込まれます。

英語力がある人

英語力がある人は、アクセンチュアに転職しやすいです。アクセンチュアはグローバルに展開するコンサルファームのため、英語力があれば活躍の場が広がります

入社に英語力は必ずしも必須ではありませんが、ビジネスレベルの英語力があれば選考で有利になります。

アクセンチュアが大量採用している理由

アクセンチュアが大量採用している理由

事業が急成長しているため

アクセンチュアは、IT分野を中心に事業が急拡大しており、規模が大きくなるのに併せて採用人数も増えています。アクセンチュアの世界売上はここ10年で約2倍、日本に限っても毎年2桁成長を遂げています。

提供する分野も拡大しており、コンサルが一般的に扱うITシステムの導入だけでなく、Webコマースやメタバースなど多様で、必要な人材も多くなっています。

労働(知識)集約型の産業のため

アクセンチュアの事業は、人ありきの労働(知識)集約型の産業です。機械による生産ではなく、人間による知的生産が必要なため、急成長する事業拡大に併せて人員の大量採用を行っています。

働き方改革による労働時間の制限

アクセンチュアでは、働き方改革を積極的に進めており、労働時間の短縮が大量採用の一因として考えられます。

かつては激務のイメージだったアクセンチュアも、働き方改革の取り組みで管理職未満の残業時間は1日1時間未満に収まっています。

労働時間の短縮を可能にした要因は、仕事の効率化や管理職へのしわ寄せだけではなく、大量採用による労働時間の分散も背景にあるでしょう。

アクセンチュア以外も採用数増

アクセンチュア以外も採用数増

アクセンチュアに限らず、コンサルやSIer業界では採用数が増えており、転職活動時は競合他社も積極的に候補に入れるべきです。

実際、日本IBMが1,000人以上の採用計画を立てていたり、アビームや野村総研が300人以上の新卒採用を行っているなど、業界の採用動向は活発です。

また、戦略コンサルのボストンコンサルティングやマッキンゼーも、ITや業務コンサルなど、戦略以外に領域を広げ採用数が増えています。コンサル転職特化のアクシスコンサルティングなどで相談しながら、転職を進めましょう。

アクセンチュアに入社すべき人・おすすめな人

アクセンチュアに入社すべき人・おすすめな人

高年収を狙う人

高年収を狙う人に、アクセンチュアはおすすめです。アクセンチュアの平均年収は860万円(参考:OpenWork)で、日本の平均年収443万円(参考:国税庁)の倍近い高さです。

また、未経験でも年収500万円以上を見込める求人もあるほど、給与水準は高いです。昇進を重ねれば数千万の年収も目指せる企業のため、高年収を得たい人、年収アップを狙う人におすすめです。

市場価値を高めたい人

自身の市場価値を高めたい人にも、アクセンチュアはおすすめです。アクセンチュアに限りませんが、コンサルでは課題発見・解決能力や、数値分析・改善能力など、ビジネスマンとして価値の高いスキルを早期に身に付けられます

また、部門によってはITやWebに関する専門知識・スキルも得られます。未経験者でも多く採用している分、教育制度も整っており、外資系ながら丁寧な研修で着実に成長できる可能性が高いです。

アクセンチュアに転職したい、年収や市場価値アップを狙う人には、アクシスコンサルティングの利用がおすすめです。コンサル転職支援No.1の転職エージェントで、アクセンチュアへの高い転職成功率を期待できます。

アクセンチュアへの転職のコツ

アクセンチュアに転職するコツ

選考対策を入念に行う

コンサルへの転職を成功させるためには、入念な選考対策が必要です。クライアントの課題解決が仕事のコンサルの選考では、問題解決能力の前提となるロジカルシンキングが重視されます。

IT以外のコンサルの面接では、論理的整合性やケース問題を問われるため、対策なしで挑んでは選考通過は望めません。また、志望動機も、なぜコンサルか?アクセンチュアなのかを論理的に答えられる必要があります。

アクセンチュアの公式HPでも、ケース面接の心得などの選考対策が載っています。転職体験談や仕事内容など、アクセンチュアへの転職に役立つ記事が多く記載されているため、選考突破には必読です。

【フェルミ推定やケース問題とは】
フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。
ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。

書類は成果や役割を数字を用いて書く

応募書類では、数字を用いながら自身の役割や成果を書くと良いです。アクセンチュアの書類選考では、組織だけでなく個人としての成果が重視されます。

誰に対して何を、どんな役割や方法で成果を挙げたのかをよく見られるため、営業での数字やマネジメント人数など、具体的な数字を交えて記載しましょう。

また、熱意のアピールとして、職務経歴書以外の内容で、自己PR欄を数字を使って充実させるのも有効です。

他ファームを受けて練習する

アクセンチュアが第一志望でも、他ファームの選考を先に受けて、面接の練習をしておくべきです。

面接には慣れも必要なので、練習する気持ちで選考をいくつか受けるのがおすすめです。面接に自信があっても、面接は志望度の低いファームから受けましょう。

現職で成果を出す

現職で業務効率化を図った経験や、課題発見・解決の経験を得るなど、現職で成果を挙げていれば選考で有利になるでしょう。選考では過去の問題解決経験や、考え方が重視されます

過去の問題解決の経験、考え方がファームでも活かせると判断されれば、選考を通過できる可能性が高まります。

大きな成果でなくとも、現職での問題をあぶり出し、論理的な手法で問題解決に導く経験を得られるよう職務に励みましょう。

転職エージェントを利用する

アクセンチュアを始めとするコンサル業界への転職には、転職エージェントの利用が必須です。コンサル特有のケース面接やフェルミ推定などは1人での対策が難しく、専門家のアドバイスなしでの選考突破は困難です。

また、転職エージェントは最新の採用動向や、自身に向いたコンサルファームの紹介などの相談、ファームへの推薦も受けられるため、利用しない手はありません。

専門家のアドバイスを得るには、アクシスコンサルティングなど、コンサル特化の転職エージェントを利用すべきです。業界の最新情報・裏情報にも詳しく、転職成功率が上がるでしょう。

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント

アクシスコンサルティング

コンサル業界No.1転職エージェント

アクシスコンサルティング イメージ

(出典:アクシスコンサルティング)

アクシスコンサルティングのポイント

  • コンサル転職支援実績No.1
  • 未経験からのコンサル転職実績多数
  • 非公開求人率77%
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

東京/大阪

アクシスコンサルティングのメリット

コンサル特化でNo.1の転職実績
アクシスコンサルティングは、コンサル業界特化のエージェントで、No.1の実績を誇る転職エージェントです。 コンサル経験者のキャリアアドバイザーが、幅広い知識や経験で、未経験の人含めコンサル転職へのサポートをします。平均支援期間が3年と、長く活用できるのが特徴です。 コンサル特化の充実した支援が特徴で、フェルミ推定やケース問題などコンサル特有の面接対策や転職後のキャリアサポート、フリーランスのコンサルタントの支援まであります。

【フェルミ推定やケース問題とは】 フェルミ推定:調査をしても明確化することが難しい数値を、最低限の知識や根拠をもとに論理的に概算することです。例えば、「日本で今スマホを見ている人の人数」や「地球上に蟻は何匹いるか」などがあります。 ケース問題:与えられた問題に対して課題解決策や経営戦略を提案するもので、例えば「テイクアウトの売上を増やすには?」などの設問が与えられます。
優良企業の非公開求人が多数
アクシスコンサルティングの求人は、77%が非公開の求人です。一般に非公開求人は優良求人であることが多く、他転職エージェントで見つからなかった、希望に沿った求人が見つかる可能性があります。
キャリアアドバイザーの情報を閲覧できる
アクシスコンサルティングは、キャリアアドバイザーの経歴や利用者の口コミなどの情報を見ることができます。自分でアドバイザーの質や相性を、事前に判断できるので安心感があります。
専門家 専門家 コンサルへの転職を考えているなら、まず登録すべき転職エージェントです。

アクシスコンサルティングのデメリット

メールが多い
アクシスコンサルティングは、1日に数件のメールが来ます。 スカウトのお知らせだけでなく、Web履歴書の更新の催促や、転職エージェントの面談の日程調整などの内容が送られてくるため、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。 メールの配信は会員登録をしている間は止められないので、メールがたくさん来るのが苦手だという方にはデメリットです。
求人の閲覧には会員登録が必要
アクシスコンサルティングは、求人の閲覧には会員登録が必要です。会員登録不要で求人情報を閲覧できる転職エージェントが多い中、相対的にデメリットです。

アクシスコンサルティングの評判と口コミ

男性21歳

満足度

コンサル業界に強い

現役コンサルタントの転職実績がNo.1ということもあり、コンサル転職に関して深い情報が聞けて、コンサルでは欠かせないと言っていいほど素晴らしいサービスだと思います。業界を熟知しているエージェントと繋がることができ、非常に転職をする上では頼りになりました。

男性46歳

満足度

情報精度が高い

私が転職を希望している経営企画職や新規事業企画職について、情報精度が高かったことが挙げられます。私が紹介された案件について、その会社の新規ビジネスについての考え方(事業開始から3年以内に黒字化しなければ撤退、投下資本利益率は20%以上)を教えてもらい、きちんと情報を入手できていて頼もしく感じました。

男性29歳

満足度

コンサル業界の信頼度が高い

担当頂いた方が、コンサルに詳しい優秀なアドバイザーで、親身になって対応してくれました。書類選考や面接対策はもちろん、企業の細かな情報まで吸い上げていただき、教えてくださりました。ここまでやって頂き、無料というのは信じられません。

男性24歳

満足度

コンサル業界以外の求人数が少ない

コンサルタント業界に特化しているサイトでもあるので、それ以外の業界の求人は少ないですし、かなり偏りがあるのがデメリットだと思いました。コンサルタント業界以外の転職を考えている方にはおすすめできないと思います。

男性27歳

満足度

自分に強みがないと厳しい

前の会社で、ある程度のコンサルのキャリアや専門性、実績を身に着けておかないと、紹介される求人数が異なると感じた。コンサル業界未経験者には、おすすめできない転職サービスだと思う。

アクシスコンサルティング公式

関連記事
アクシスコンサルティングの口コミ・評判

ビズリーチ

年収UPや市場価値把握のために必ず登録

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターからオファーメッセージが届く転職サイトです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。 普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。 希望職種をコンサルにすることで、コンサルに強いヘッドハンターやコンサル企業からのスカウトが望め、転職活動を効率的に進められます。
コンサル転職で年収600万円超を狙う方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。現在年収が400~500万クラスであっても、コンサルへの転職で年収アップできる可能性は充分にあります。 スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。
無料で充分活用できる
ビズリーチに無料の「スタンダートプラン」と有料の「プレミアムプラン」があります。 有料にすることで年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになりますが、無料プランでも充分な連絡がもらえるため、まずは無料プランで試してみることをおすすめします。
NOIMAGE専門家 無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、リクナビNEXTやDODAに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。 ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

ビズリーチ公式

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートエージェント

転職初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職成功実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

277,380件

非公開求人数

評価4

276,080件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

全国でコンサル求人が見つかる
リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約40万件の求人数を誇り、コンサル求人も豊富に扱います。 求人件数だけ見ても、転職初めに登録すべきエージェントだと言えます。
初めての転職にも便利なサポート
リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。 簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。
転職エージェントが年収などを交渉
転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。 リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。
NOIMAGE専門家 日本が誇る会社だけあってユーザー評価が段違いに良い!コーディネータも愛想が良く、面談内容も高品質だと評判です。

リクルートエージェントのデメリット

3ヶ月の期間限定
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。
紹介先の豊富さはデメリットにもなる
リクルートエージェントでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。 もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

リクルートエージェント公式

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

アサイン

JAPAN HEADHUNTER AWARD最優秀賞

アサイン イメージ

(出典:アサイン)

アサインのポイント

  • コンサルOBが創業
  • アプリ登録者数3万人以上
  • オーダーメイドの転職サポート
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数 非公開
非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

東京

アサインのメリット

若手ハイエンドの転職に特化
アサインは、若手ハイエンドの転職に特化した転職エージェントで、特にコンサル転職に強みをもっています。

創業メンバーは全員コンサルOBで、コンサル企業各社の特徴や社風、内部事情を把握しているため、個々人に適した紹介や面接対策が行えます。

オーダーメイドの長期キャリア支援
アサインは必ずしも転職を前提とはせず、個々人の話をじっくり聞き、長期的なキャリア戦略立案のサポートをします。

単なる転職支援ではなく、応募者が幸せな人生を送るために、どういった仕事で人生を歩むべきかを一緒に考えます。

AI転職アプリVIEWでキャリア支援
アサインは、独自のノウハウとAIエンジンを融合させたキャリアシミュレーションアプリ「VIEW」を展開し、転職サポートを行っています。

登録は3分で行え、経歴や価値観を入力することで、歩むべきキャリアのシナリオを提示してくれます。

専門家 専門家 代表の小瀬村氏のインタビュー記事はこちら

アサインのデメリット

急ぎの転職には向かない
アサインは応募者の話をじっくり聞き、長期的な支援をする転職エージェントなので、転職までには時間が掛かります。

初回面談での求人紹介もなく、書類や面接対策も入念に準備を行います。早急な転職希望の人は、リクルートエージェントやdodaで急ぎ転職の旨伝えて対応してもらいましょう。

創業まだ5年と歴史は短い
アサインは、創業5年のベンチャー転職エージェントのため、歴史のある大手に比べると実績は乏しくなります。歴史や実績で信用できるか判断したい人にとっては、デメリットになり得ます。

アサイン公式

関連記事
アサインの口コミ・評判

アクセンチュアの概要

アクセンチュアの概要

アクセンチュアの企業概要

アクセンチュア イメージ

売上 4兆8,449億円
営業利益 845億円
時価総額 212,689,427千ドル
平均年収 860万円
従業員数 約19,000人
公式サイト アクセンチュア

参考:アクセンチュア公式、年収はOpenWorkのデータを参考

アクセンチュアは世界最大規模のコンサルファームで、経営・業務・ITコンサルの他、業務委託事業など広く業務展開しています。また、近年ではクリエイティブ領域にも進出しているなど、コンサル業界をリードする存在です。

アクセンチュアの年収水準|平均年収860万円

職位 勤務年数
(目安)
平均年収
マネージング
ディレクター
個人による 2,000万円~
シニア
マネージャー
10年 1,500万円~
マネージャー 5~7年 1,000万円~
コンサルタント 2~6年 600~1,000万円
アナリスト 1~4年 450~600万円
全社平均 860万円

アクセンチュアの年収は高水準で、残業代込ですが1年目から500万円弱の収入が見込め、平均年収は860万円です。残業代もマネージャー未満はしっかり払われ、管理職のマネージャー以上も深夜残業手当は受けられます。

給与体系としては、コンサルタントまでは賞与が少ない代わりに基本給が高く、マネージャー以上は賞与が大きく上がることが特徴です。他に月3万円の住宅手当が受け取れ、場合によっては入社祝い金を貰えることもあります。

また、以前は戦略コンサル部門は給与水準が高く、テクノロジー部門は低いといった違いもありましたが、現在は組織構造と共に、それぞれの給与水準もまた変わっているようです。

評価体系は実力主義

評価体系は年功序列ではなく、実績が評価されます。若手の内から活躍して、高給を得たい人にはおすすめできる環境です。

また、コンサルタント職には「Up or Move」の風潮があり「決められた年数で昇進できなければ異動」という制度になっています。

アクセンチュアの激務度合い|残業時間

全期間平均 37時間
2022年 26時間

※参考:OpenWork

アクセンチュアの平均残業時間は全期間で37時間、2022年に限ると26時間です。激務の定義は人それぞれですが、一般的な残業上限の45時間は下回っています。

アクセンチュアは独自の働き方改革「Project PRIDE」を進めており、急速にホワイト化していると評判です。離職率も取組前に比べ半減しており、激務具合は以前ほど心配するものではないでしょう。

アクセンチュアに関するQ&A

アクセンチュアへの中途転職で学歴は問われる?

求人によります。戦略コンサルなど大卒以上の学歴が求められる職種もありますが、IT系職や契約社員での採用など、学歴が問われない求人もあります。

アクセンチュアからの内定はすごい?入社難易度は?

アクセンチュアからの内定はすごいと言えるでしょう。大量採用で入社難易度は下がっているとはされますが、東大など難関大学の学生からも依然人気の高い企業で、難関企業には変わりないと言えます。

入社してもついていけないと聞く

アクセンチュアでは、入社後レベルの高い業務を行うため、入社後仕事についていけない場合もあり得ます。

ただし、仕事についていけないことでクビになることは少なく、適切な指導や異動などのサポートを受けられる企業です。

アクセンチュアの離職率は?

アクセンチュアの離職率は公表されていませんが、1桁%です。独自の働き方改革で、取組前の2桁%の離職率から現在は半減しています。ただし、平均勤続年数は4.8年に留まります(2020年度、マイナビ2023より)。

アクセンチュアは社員を使い捨てにしていると聞く

アクセンチュアが社員を使い捨てにしていることはなく、むしろ労働環境や待遇改善のため積極的に活動しています。ただし、平均勤続年数は4.8年と短いのは事実で、長く勤める人は少ない企業ではあります。

コンサルタントが死亡したと聞いた

アクセンチュアは違法な過重労働で書類送検されたことや、関連会社の社長が事故で亡くなったことなどの事例はありますが、アクセンチュアのコンサルタントが死亡したといったニュースはありません。

アクセンチュアには追い出し部屋がある?

もちろん公式にあると明言はされていません。ただし外資系で取り入れられている、成績の悪い人が対象のPIP(業務改善計画)の研修が、アクセンチュアに限らず追い出し部屋と言われることはあります。

まとめ

アクセンチュアは、近年大量採用を続けていますが、誰でも入れる企業ではありません。ただし、採用の間口が広がっているのは事実で、IT経験のある人や高学歴の若年層は転職しやすいでしょう。

アクセンチュアが「誰でも入れる」と言われる一因の大量採用の背景には、業績の急速な成長があります。成長に伴って刺激的な仕事ができるチャンスもあり、自身のスキルを伸ばしたい人や年収アップを狙う人におすすめです。

また、アクセンチュアへの転職には、ケース面接などコンサル独特の選考が課される場合があります。アクシスコンサルティングなどの、コンサル特化の転職エージェントで、専門家に相談しながらの転職を勧めます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事