【医者を辞めたい人必見】円満退職の方法や退職後のキャリアを紹介

医者辞めたい

「医者を辞めたいけど後悔しないか不安」

「医者にならなきゃよかった」

日々患者の対応に追われ、厳しい労働環境から抜け出したいという医者の方は多いです。近年ではコロナウイルスの影響もあり、心身をすり減らして仕事に取り組む方も数多く見受けられます。

しかし、医者は全職業の中でもトップクラスに高い年収を稼げる仕事であり、今の仕事を辞めたら後悔しないか、転職先がうまく見つかるか不安になりますよね。

そこでこの記事では、医者を辞める前に考えるべきことや、転職までの道のりをまとめています。医者での経験を活かせるおすすめの転職先や転職サービスも掲載しているので、参考にしてください。

編集部おすすめ転職サービス3選
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
デューダdoda公式サイト
  • 【転職者満足度No.1】
  • ・転職未経験でも安心の支援
  • ・全年代や職業でおすすめ

転職エージェント
おすすめランキングはこちら

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

医者を辞めたいという人は多い?

医者を辞めたいという人は多い?

医者を辞めたい人は約6割

2017年に実施された勤務医労働実態調査によると、全体の約6割の方が職場(病院)を辞めたいと回答しています。一人あたりの業務負担の増加や自身の健康面への不安、休日の少なさなど、様々な要因が考えられます。

医者はつらい?SNS上の口コミ

SNS上では「仕事がつらい」「自分に向いてない」などの理由で、医者を辞めたいという方が多いです。中には、医師免許を持っている以外の取り柄がなく、転職を不安視する声も見受けられます。

医者を辞めたい人によくある7つの理由

激務で体力的にきつい

医者を辞めたくなる大きな理由として、激務であることが挙げられます。医者の仕事は、外来の患者の診察や検査をはじめ、入院患者の経過観察や治療など多岐にわたります。

急患の対応や当直での夜間勤務など、時間外労働を強いられるケースも多いため、かなりの体力が必要です。

一部の診療科目では、過労死ラインとされる80時間を超えるほどの時間外労働を課せられる場合もあり(参考:勤務医労働実態調査)、体力的に限界を感じて、辞めたいと考える方が多いです。

精神的なストレスが多い

精神的なストレスが多いために、医者を辞めたいと考える人も多いです。医者は人命に関わる仕事であり、少しのミスも許されないため、大きな責任やプレッシャーが伴います

規模の大きな病院になるほど周りからの期待も大きくなるため、精神的疲労が募り、医者にならなきゃ良かったと考えてしまうケースが多いです。

コロナの対応に追われてしんどい

新型コロナウイルス感染者の対応に限界を感じ、退職を考える方も多いです。中でも、感染者の受け入れを行う医療機関では、ひっ迫した状況が続いており、日々対応に追われています。

医療機関内での集団感染も多く、感染のリスクを伴いながら業務にあたるため、体力、精神共に疲労が募りやすいです。

実際に、東京女子医科大学の付属病院では、コロナウイルスの影響により、100人を超える医師が一斉退職しています(参考:東洋経済オンライン)。

給与体系に不満がある

医者を辞めたいという方の中には、給与形態に不満があるという方も一定数います。

医者といえば高収入というイメージが強いですが、一般病院に勤務するまでの研修医の年収は300万~400万円であり、一般企業の同年代と比較しても大差はありません

研修医としての期間は2年間ですが、期間中は年収は変わらないため、仕事内容に見合わない報酬額に納得いかず、転職を考えるという方も少なくありません。

人間関係がうまくいかない

医者に限らず、仕事を辞めたくなる理由として多いのが、職場の人間関係です。中でも医者は、周囲の専門医や看護師と連携を取り合う仕事が多いため、互いの信頼関係がないと、うまく仕事を進められません

そのため、苦手な人が職場に1人でもいると、ストレスに感じ業務に支障をきたす場合があります。状況がまったく改善しないのであれば、転職を考えましょう。

女性が活躍しにくい

女性が活躍しにくい環境である点も、退職理由の1つです。働き方改革にて女性のキャリアアップが推進されてはいますが、日本の医療業界では、男性優位の傾向が強く残っています。

実際に、厚生労働省が令和2年に実施した統計調査によると、女医の割合は約22.8%です。子育てとの両立の観点から、医者としての活動に限界を感じ、退職するというケースが多く見受けられます。

転勤が多い

医局に所属している場合、転勤の多さが原因で、仕事を辞めたいと考える方も多いです。若手のうちは、配属先の人材不足の解消やキャリアアップのため、約1~3年の頻度で転勤し、様々な病院を経験します

転勤先の病院次第では家賃補助が出ない場合もあり、金銭的な厳しさから、医者にならなきゃよかったと考える方も多いです。

医者を辞めたくないと思う理由3選

医者を辞めたくないと思う理由3選

安定して高収入を稼げる

医者を辞めたくないと思う大きな理由は、安定して高収入を稼げる点です。

厚生労働省が令和3年に行った医療経済実態調査によると、一般病棟に所属する医者の平均年収は約1,468万円であり、日本の平均年収である433万円(参考:国税庁)の3倍以上の収入が見込めます

転職することで、収入が大きく下がるリスクがあるため、医者を辞めたくても辞められないという方が多いです。

大きなやりがいを得られる

医者はあらゆる病気や怪我に対し、培ってきた医療知識やスキルで最適な治療法を見つけ、患者を治療することに大きなやりがいを得られます。

時には、命に関わる施術を担当するケースも多く、患者が元気になる過程を見て嬉しさや大きな達成感を味わえるため、医者をなかなか辞められないという方が多いです。

担当した患者やその家族から感謝をされる機会も多く、仕事のモチベーションを高められます。

他業種へのキャリアの見通しが持てない

医者を辞めたくないという方の中には、医者以外の職業でのキャリアプランが想定できず、転職に踏み込めないというケースがあります。

医者になるためには、大学医学部での6年間の学習を経て国家試験に合格する必要があり、合格後に医者以外のキャリアや経験を積んでいる人は少ないです。

転職をしたいと考えても、民間企業などでの経験やスキルがないために、やむを得ず医者として勤務を続けているという方も見受けられます。

【転職する前に】現状の改善方法・考えるべきこと

【転職する前に】現状の改善方法・考えるべきこと

周りの人に相談する

転職する前に、一度周りの人に相談してみましょう。辞めたいという気持ちが先行して、何事にもポジティブに考えられない状態である可能性があります。

信頼できる上司や同僚、プライベートで仲の良い友人など、親身になってくれる人に相談するのがおすすめです。周囲の意見を聞くことで冷静になり、改めて現在の状況を整理できます。

医者のやりがいを再確認する

医者のやりがいを再確認するのも、気持ちを整理できるため効果的です。日々の激務が原因で、本来自分がやりたいことや成し遂げたい目標を見失っている可能性があります。

初心に戻って、なぜ医者になったのかを再確認できれば、仕事へのモチベーションの向上や活力を見出だせます。

ストレス発散方法を試してみる

自分なりのストレス発散方法を試して、気持ちをリフレッシュさせるのも効果的です。今はすべてをネガティブに捉えてしまい、一時的にストレスが溜まっている状態かもしれません。

また、ストレス解消に努めること自体にも価値があります。業種・職種問わず、仕事にはストレスがつきものです。

ストレスが溜まったときに発散する方法が無いと、転職先でもストレス解消できず、仕事がうまくいかない可能性があります。

不満点を洗い出してみる

転職を考える前に、一度不満点を洗い出して、自分を見つめ直してみましょう。洗い出してみると「意外と些細なことで辞めたいと思っていた」ということがよくあります。

不満点がすぐに解決できそうな内容であれば、一度踏みとどまるのも手です。また、自分が不満を抱くポイントは、転職先選びの参考にもなるため、いずれにしても不満点の洗い出しはやっておきましょう。

辞めた後の生活に困らないか

家賃の有無 平均支出(1ヶ月)
家賃あり 171,816円
家賃なし 142,449円

参考:家計調査(単身世帯)2021|総務省

仕事を辞める前に、その後の生活に困らないかを考えましょう。総務省の家計調査によると、家賃あり単身世帯の平均支出は、1ヶ月あたり約17万円です。

転職活動に半年ほどかかるとすれば、最低でも100万円以上は用意する必要があります。また、前提として、今の仕事を続けながら転職先を探すのが最善策です。

転職エージェントを利用すれば、空いた時間でサポートを受けたり、面接日程の調整なども行ってくれるので、仕事で時間を作りづらい方でも転職活動を円滑に進められます。

こんな場合は今すぐ辞めてOK

こんな場合は今すぐ辞めてOK

人間関係が悪い

人間関係が悪い職場環境の場合は、今すぐ辞めるべきです。相談できない環境や、いじめが横行するような環境では、仮に医者での活動そのものが楽しくなったとしても、つらくなる一方です

パワハラをする上司がいる

パワハラをする上司がいる職場は、早めに辞めてしまいましょう。過剰な仕事の割り振りや暴力、暴言によって心身ともにキツくなり、精神病の原因にもなりかねません

また、辞めることを伝える場合は、話を聞いてくれる上司に伝えたほうが良いです。パワハラをする上司に伝えたところで、まともに相手にされない可能性があります。

体力・精神的についていけない

日々の業務がつらく、体力・精神的についていけないと感じたら、今すぐ辞めましょう。無理して仕事を続けてしまうと、過労で深刻な症状を引き起こす可能性があります。

医療業界は慢性的な人材不足状態にあり、ブランクがあっても復帰は充分に望めるため、身体を労ることを優先すべきです。

【体験談】医者を辞めた人の声

辞めてよかったという人の声

医者を辞めてよかったという人の口コミでは、医者としての仕事が向いてなかったという声が圧倒的に多いです。仕事の向き不向きは、誰にでもあります。

実際に医者として働いてみて、自分にその資質がないと感じたら、転職を考えましょう。次の転職先で失敗しないためにも、自分が本当にしたいことを思い返して、転職に臨むことが重要です。

辞めて後悔した人の声

医者を辞めて後悔したという方は少ないものの、激務で体調を崩して思うように仕事ができず、やり残したことがあるという口コミがありました。

体調を崩してからの退職では、今後のキャリアにも大きな影響を及ぼすため、仕事がきついと感じた時点で心身を労ることが重要です。

円滑・円満に退職する方法とタイミング

円滑・円満に退職する方法とタイミング

辞めるタイミングは早いほうが良い

医者を退職する場合、辞めるタイミングは早いほど良いです。円満な退職をするなら、繁忙期以外に辞めるのが好ましいですが、医者は常に外来・入院患者の対応に追われています。

先延ばしにすると、いつまでも辞められない状態が続く可能性があります。退職するタイミングを見失わないためにも、早めの行動を心掛けましょう。

また、辞める旨を伝えるのは、上司の機嫌が良いときがベターです。機嫌が悪いときに伝えてしまうと、より機嫌を損ねて、まともに取り合ってもらえないことがあります。

退職理由はポジティブな理由で伝える

退職理由は、ポジティブな理由で伝えるようにしましょう。すべて本音で伝える必要は無いため、キャリアチェンジしたいなど、前向きな理由をメインに伝えます。

ネガティブな理由を話すと「解決のための工夫はしたのか」「その理由だと転職先でも失敗する」など、辞めさせない方向に話を持って行かれやすいです。

円満な退職の流れ

  • STEP1

    退職の意思を伝える

    円満な退職への第一歩は、退職の意思を伝えることです。退職の話をする際は、上司と2人で話せる場所で行いましょう。他の人に聞こえると、退職を阻止する人が増えます。

    また、退職の意思を伝えるタイミングは最低でも退職希望日の1ヶ月半前にして、引継ぎなどの余裕を持つことが大切です。

  • STEP2

    退職願・退職届を出す

    退職が承認されたら、退職願を出しましょう。書式は会社によって決まっていることもあるので、まずは管理部や採用部に確認してください。

    その後、退職願が受理されて、退職日が正式に決まったら退職届を出します。退職届も退職願と同じように、就業規則の中に「誰に・いつまでに」などが書かれている場合があります。

  • STEP3

    (告知が出たら)他の職員に伝える

    上司から「退職することを周りに伝えて問題ない」と話があったら、伝え方を上司と相談したうえで、他の職員にも伝えましょう

    先んじて伝えてしまうと、職員のモチベーションを下げてしまい、収集がつかなくなってしまうことがあります。円満に退職するのであれば、会社に迷惑がかからない行動を心がけることが大切です。

  • STEP4

    業務の引継ぎを行う

    円満に退職するためには、業務の引継ぎをしっかりと行いましょう。引継ぎを疎かにして退職をすると、上司や職員に迷惑がかかり、円満退職とはなりません。

    マニュアル作成などをして、引継ぎを楽にしてあげることがポイントです。

  • STEP5

    有給休暇が残っている場合は消化する

    有給休暇が残っている場合は、退職前に消化しましょう。有給消化は後ろめたい気持ちがあるかもしれませんが、職員の平等な権利なので、全て消化して退職日を迎えることをおすすめします。

    引継ぎに影響が出てしまうと消化が難しくなるため、退職日から逆算をして計画を立ててください。

  • STEP6

    備品の返却・退職書類の受け取り

    備品の返却は忘れがちなポイントです。支給されたパソコン・USBメモリー、更衣室のカギ、制服など、仕事の時に使っていたものは全て返却しましょう。

    また、備品とともに退職書類である離職票や雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票を受け取ることも忘れないでください。

退職後のキャリアの選択肢|民間企業への転職は可能?

退職後のキャリアの選択肢|民間企業への転職は可能?

民間企業(異業種)への転職は可能

医者から民間企業への転職は、可能です。ただし、未経験の場合は入社難易度が高くなったり、給料が前職よりも減るといったデメリットがあります。

そのため、民間企業への転職は、医者としての仕事がつらいという場合にのみ検討しましょう。やりたかった仕事に転職できれば、仕事が楽しくなり、やりがいも感じられるはずです。

同業種で職場を変える

臨床医以外で医師免許を活かせる職場

  • 研究医
  • 学校・産業医
  • 健康スポーツ医

同業種で職場を変える転職は「職場のパワハラがひどい」「人間関係が原因で辞めたい」など、退職した後も医師としてキャリアを続けたい場合におすすめです。

今まで培ってきた知識やスキルをそのまま活かせるので、即戦力として働くことができ、給与も大きく減らすことなく転職できます

また、研究医や学校・産業医等への転職は、医療へのプレッシャーや人間関係のトラブル等のリスクが少ないため、医師免許を活かせる職場としておすすめです。

独立する

開業医として自ら病院を営んだり、具体的に挑戦したいビジネスがある場合は、自ら起業することも選択肢の一つです。ただし、リスクが高いため、そもそも独立意識がなければおすすめしません

独立の準備を入念にしていなければ、まずは転職をしましょう。転職をして、他医療機関や民間企業でキャリアを積んでから、独立を考えても遅くはありません。

医者の経験を活かせる企業・職種

医者の経験を活かせる企業・職種

医療系ベンチャー

医療系ベンチャーは、医師の経験を活かして、様々なシステムや医療製品の開発、提供に関わりたいという方におすすめです。

最近では、最新のデジタル技術を利用して、医者の人材不足や過重労働といった医療課題を解決しようとする動きがあります。

新しいサービスの企画や開発において、実務経験から需要の有無を明確に判断できるため、よりニーズの高いシステムや製品の開発が可能です。

製薬会社(メディカルドクター)

メディカルドクターの主な仕事内容

  • 臨床開発
  • 安全性情報管理
  • メディカルアフェアーズ

製薬会社にて勤務を行うメディカルドクターは、医者の経験を活かせる転職先としておすすめです。メディカルドクターでは、新薬の研究開発や安全性、効果の検証、医療機関への情報提供等を行います。

医師免許が必要な職種であり、臨床医として3年以上の実務経験や高い英語力、博士号の有無が問われるなど、企業ごとに募集条件は様々です。

メディカルドクターの年収相場は、1,500万~1,800万円と言われており、転職後も安定して高収入を得られます。

医療コンサルタント

医者の経験を活かせる仕事として、医療コンサルタントが挙げられます。医療コンサルタントは、主に医療機関や関連企業を対象とし、顧客の悩みや問題を解決する業務です。

医療業界で培った知見を活かし、より専門的な観点でのコンサルティングや支援を実現できます。ビジネスや経営者としてのスキルも学べるため、将来的に開業・病院経営に携わりたいという方にもおすすめです。

医療関係での転職なら、現役医師から最も支持を受けているエムスリーキャリアエージェントを利用しましょう。

医者からの転職を成功させるコツ

医者からの転職を成功させるコツ

転職理由を明確にする

医師からの転職を成功させるポイントは、転職理由を明確にすることです。転職理由があいまいなままだと、転職先でも同じ悩みに直面してしまう可能性が高く、転職した意味が無くなります。

場合によっては、転職せずに済むこともあります。冷静に転職理由を考えた結果、今の仕事のまま解決できる悩みだった、というのはよくある話です。

また、転職理由を明確にすることは、面接対策のひとつでもあります。とくに現職の勤続年数が短い場合、転職理由に軸が無いと「採用してもすぐに辞めてしまうかも」という悪印象を与えかねません。

企業研究を入念に行う

他の医療機関または民間企業へ応募することを決めたら、企業研究を入念に行いましょう。

面接対策として、応募先について勉強するのはもちろんですが、企業研究をする中で、本当にその企業が自分に合っているかを見極める参考にもなります

事業内容や経営理念、社風、今後の事業方針は最低限チェックが必要です。また、その志望場所を決めた「最大の理由」は、面接の際に言葉にできるよう突き詰めて準備しましょう。

転職エージェント・サイトを活用する

転職活動の際は、転職エージェント・転職サイトを活用しましょう。中でも、転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが転職活動をサポートするため、条件の良い企業にも採用される可能性が高いです。

実際に、自己応募では書類選考で不採用になってしまう場合も、転職エージェントを活用すると上手くいくこともあります。異業種への転職は難易度も上がるため、転職エージェントや転職サイトを併用すべきです。

医者専門のおすすめ転職サービス3選

エムスリーキャリアエージェント

登録実績No.1の医師専門の転職サービス

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントのポイント

  • 登録実績10年連続No.1
  • 専任コンサルタントが全面サポート
  • 日本最大級の医療従事者サイトが運営
おすすめ年代
  • 30代
  • 40代
求人数

評価5

14,026件

非公開求人数 非公開
得意領域
  • 一般病棟
  • ケアミックス
  • クリニック
業務形態
  • 常勤
  • 非常勤
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
東京/大阪

エムスリーキャリアエージェントのメリット

医療機関の独自の情報を得られる
エムスリーキャリアエージェントは、31万人以上の医師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト「m3.com」が運営しており、医療機関との太いパイプを生かした独自の企業情報を得られます。

事前に志望先の給与相場や社風等を知れるため、自分に適した勤務先かどうかをいち早く判断できます。

関東圏の求人情報が豊富
エムスリーキャリアエージェントは、数多くの求人情報を保有しており、中でも関東圏内の約40%の医療機関をおさえています。

東京周辺の医療機関で働きたい、という方にはおすすめの転職サービスです。最近では、関東圏だけでなく、大阪や愛知の求人数も徐々に増加しています。

条件交渉に強みがある
エムスリーキャリアエージェントは、専任のコンサルタントによるサポートが受けられ、中でも条件交渉の代行が好評です。

自分から言いにくい給料や勤務形態の交渉をすべて任せられるため、ストレスなく転職活動を進められます。

エムスリーキャリアエージェントのデメリット

地方の医療機関への転職には不向き
エムスリーキャリアエージェントは、地方の医療機関で働きたいという方には不向きです。

全国の求人に対応してはいるものの、拠点は東京と大阪のみであり、地方の求人に精通していない一面があります。

エムスリーキャリアエージェントの評判と口コミ

エムスリーキャリアエージェント
公式サイトはこちら

リクルートドクターズキャリア

30年の歴史を誇る医師専門の転職サービス

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアのポイント

  • 高収入の求人情報多数
  • 非公開求人1万件以上
  • 人材業界トップシェアのリクルート運営
おすすめ年代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

17,011件

非公開求人数 非公開
得意領域
  • 一般病棟
  • クリニック
業務形態
  • 常勤
  • 非常勤
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
東京/名古屋/大阪/福岡

リクルートドクターズキャリアのメリット

高収入の求人が豊富
リクルートドクターズキャリアは、転職のプロが厳選した高収入の求人を豊富に取り揃えています。

転職業界最大手のリクルート運営のもと、大手企業・医療機関との取引を重ね、高待遇な求人情報を獲得している点が大きな特徴です。

中には、リクルートドクターズキャリアでしか扱っていないような非公開求人も多数あります。

医師転職に精通したスタッフのサポートあり
リクルートドクターズキャリアは、医師転職に精通したスタッフによる、書類準備や面接対策等のサポートを受けられます。

初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートがあります。手軽に利用できるので、転職が不安だという方はぜひ利用しましょう。

オーダーメイドの求人紹介を受けられる
リクルートドクターズキャリアのメリットは、専属のスタッフによるオーダーメイドの求人紹介を受けられる点です。

希望する勤務形態や勤務地、科目など、条件を細かくヒアリングし、それに適した求人情報を紹介してもらえます。

探す手間をかけず、自身の希望に沿った求人情報を紹介してもらえるため、転職活動を円滑に進められます。

リクルートドクターズキャリアのデメリット

担当者の対応にムラがある
リクルートドクターズキャリアは、担当者によって対応にムラがあります。医療業界の専任アドバイザーを設けているものの、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職サービスを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者の対応が悪いと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

リクルートドクターズキャリアの評判と口コミ

リクルートドクターズキャリア
公式サイトはこちら

マイナビDOCTOR

豊富な求人数とサポートを誇る転職サービス

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORのポイント

  • 医療機関の取引先20,000件以上
  • 様々な勤務形態に対応
  • 人材業界大手のマイナビ運営
おすすめ年代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価4

16,775件

非公開求人数 非公開
得意領域
  • 一般病棟
  • クリニック
業務形態
  • 常勤
  • 非常勤
  • スポット
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
東京/横浜/埼玉/名古屋/大阪/京都/福岡/札幌/仙台/神戸/広島/岡山

マイナビDOCTORのメリット

求人の種類が豊富
マイナビDOCTORは、取り扱う求人の種類が豊富で、様々な勤務形態や診療科目から転職先を見つけられます。また、利用者層も20代~50代まで幅広いです。

どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、マイナビDOCTORの強みです。

転職ノウハウを学べる
マイナビDOCTORでは、転職マニュアルや転職成功事例、業界ニュースなどがコラムとして掲載されており、転職ノウハウを学べます。

履歴書の書き方や面接対策の仕方など、基本的な情報を網羅しているため、転職経験がないという方にも安心です。

充実したアフターフォローも受けられる
マイナビDOCTORでは、転職活動中のサポートに限らず、充実したアフターフォローを受けられます。

現職の引き継ぎの進め方や退職交渉だけでなく、転職後の悩みついてにも相談ができ、新しい環境になかなか慣れないという方にも心強い存在です。

マイナビDOCTORのデメリット

担当者との連絡が取りづらい場合がある
マイナビDOCTORのデメリットは、担当者との連絡が取りづらい場合がある点です。多くの求職者を1人で担当していることが多いため、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

医療業界有数の転職サービスであるため、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合もあります。他の転職サービスもうまく併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

マイナビDOCTORの評判と口コミ

マイナビDOCTOR公式サイトはこちら

他業界・業種への転職におすすめの転職サービス3選

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

75,966件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

205,910件

非公開求人数

評価4

259,676件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職支援実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

doda

転職者満足度No.1

doda イメージ

(出典:dodaエージェント)

dodaのポイント

  • 転職者満足度No.1
  • 会員数が業界最大級の約600万人
  • 転職サイトと一体化して利用可能
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

139,098件

非公開求人数

評価4

38,373件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
東京/札幌/仙台/横浜/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡

dodaのメリット

転職者満足度No.1のサポート内容

dodaエージェントは、電通の口コミ調べで、転職者満足度No.1を獲得しています。サポートの質はもちろん、求人の質が高いのもdodaエージェントの魅力です。

応募書類の添削や面接対策は、個々に合ったサポートを受けられます。年収交渉や面接日程の調整なども、専門のキャリアアドバイザーが行ってくれるため、転職に慣れない20代でも安心です。

転職エージェントと転職サイトを同時登録

dodaは、転職エージェントと転職サイトを一緒に登録できます。他サービスは、転職エージェントと転職サイトのアカウントを別々に登録しなければいけない場合が多いです。

転職サイトを併用するメリットは、気になる求人を自分のペースで閲覧できることです。転職活動を効率良く進めるには、転職エージェントだけでなく、転職サイトも利用するのがおすすめです。

年収査定や履歴書作成ツールなど機能が豊富

dodaエージェントは、年収査定や履歴書ツールなど、無料で使える機能が豊富です。年収査定では、doda会員186万人のビッグデータに基づき、自分の適正年収とおすすめの求人を紹介してくれます。

履歴書作成ツールでは、ガイドに沿って入力するだけで、履歴書・職務経歴書を簡単に作成できます。WordやPDFでダウンロードできるので、提出もスムーズに行えます。

dodaのデメリット

1日に何十件も企業紹介メールが届く

dodaエージェントは、転職サイトも同時に登録されるため、1日に何十件も企業紹介メールが届きます。ブロックすると、dodaエージェント側からのメールも届かなくなるのが厄介です。

企業紹介メールは、希望条件に合った求人を送っている可能性が高いです。そのため、希望条件を絞るなどすると、届くメールの量が減るかもしれません。

サポート期間が3ヶ月限定

dodaエージェントは、面談から転職先が決まるまでのサポート期間を約3ヶ月としています。3ヶ月経ったら、自動的に退会になるわけではなく、あくまで目安として設けられているものです。

再度登録をすることも可能で、引き続きサポートをしてもらうよう申し出ることもできます。

dodaの評判と口コミ

女性28歳

満足度

親身にキャリアを考えてくれた

他の転職エージェントは、とにかくどんどん応募してくださいというスタンスで辟易していたが、dodaは真剣に「そのためには今後のキャリアでどのような企業に行くべきなのか」を、転職しない道も視野に入れてカウンセリングしてくれた点が高評価です。何度も電話など私に時間を使っていただき、信頼感が持てました。

女性33歳

満足度

担当者が熱心で対応が良い

面談時、どのような業種が良いのか、転職をするうえで外せない条件はあるか、など、真剣にヒアリングしてくれる対応に好感を持てました。 また初めての転職活動であることを伝えると、ご自身の体験談を交えながらアドバイスをして下さったことも。 電話終了後、迅速におすすめの求人を紹介してもらい、対応の速さにも満足です。

男性37歳

満足度

プロによる職務経歴書の添削が良い

初回の面談でオフィスに出向き、アドバイザーと面談しました。こちらの希望条件を伝えたり、職務経歴書を添削してくれました。 正直、職務経歴書は自分自身でしっかり作成できているほうだと思いましたが、修正の嵐。。プロの目線でアドバイスをもらえたので、本当に助かりました。

女性26歳

満足度

担当者の業界知識が浅い

転職のカウンセリングはたくさんしていただき、手厚いサポートを受けましたが、担当の方はそれぞれの企業の情報には詳しくないという印象を受けました。勧めてくれる企業がどんな企業風土なのか、またどのような人材を必要としているか、気になるところですが、HPベースでの情報提供しか無かったので、その点は少し残念に感じました。

男性38歳

満足度

希望しない職種を紹介してくる

キャリアアドバイザーからいくつか求人を紹介されたのですが、私が希望しない職種の求人ばかりでした。Twitterでも、希望しない職種を送ってくるとのツイートが多かったので、dodaに限らず他の転職エージェントもそうなのだと思います。

関連記事
dodaの口コミ・評判

▶転職エージェントおすすめランキングはこちら

まとめ

医者は、高収入を得られる代表的な職業であるものの、厳しい労働環境下にあります。コロナウイルスの影響もあり、退職者が続出していますが、中には退職して後悔したという声も見受けられます。

そのため、真っ先に医者を辞めようとするのではなく、一度気持ちをリセットし、現状を整理しましょう。信頼できる上司や友人にも相談を仰ぎ、本当に医者を辞めていいのかを判断すべきです。

転職をすると決めた場合は、転職サービスを活用しましょう。医者としてキャリアを続けたい方はエムスリーキャリアエージェント、他業界への転職を希望する方は、ハイクラス転職に強いビズリーチがおすすめです。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

編集部おすすめの転職サービス