50代からの転職がすぐ決まる人の特徴を解説!転職成功のコツも紹介

アイキャッチ-50代からの転職すぐ決まる人の特徴

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

「50代からの転職ですぐ決まる人は?」

「50代からの転職は厳しい?」

50代になると、早期退職から再就職を目指す人や、職場環境や労働条件を変えたくて転職を考える人は多いです。しかし、50代からの転職はすぐ決まるのか、50代だから採用されないかもしれないなど、不安に感じると思います。

そんな不安を解決するために、この記事では、50代からの転職ですぐ決まる人の特徴を紹介します。50代の転職事情や成功のコツなども紹介しているので、参考にしてください。

50代からの転職は、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどの転職サービスを活用すれば、転職が決まりやすいです。無料で書類・面接対策などのサポートや、非公開求人の紹介も受けられるので活用をおすすめします。

大手ホワイト企業に強い転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

50代からの転職ですぐ決まる人の特徴

50代からの転職ですぐに決まる人の特徴

自分の価値に合った企業に応募している

自分の価値を把握し、応募すべき企業を理解している人は転職がすぐ決まります。企業のニーズに合った自分の強みをアピール出来れば、選考が進みやすいからです。

そのためにやっておくべきことは、キャリアの棚卸しです。今まで経験した業界やポジションを具体的に整理し、そこで意識したことや、どんな結果を出したかなど、自分の強みを洗い出しましょう。

自分の価値に合った企業を探したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチに自分の経験やスキルを登録しておけば、優良企業からのスカウトが届くので、自分に合った企業を効率的に見つけられます。

転職活動の準備を入念にしている

50代からの転職がすぐ決まる人は、転職活動の準備を入念にしている人です。50代の転職が難しい事を理解し、全力で向き合うことが重要です。

現在、管理職に就いているからといって転職活動の準備をしないと、面接時に自分の職歴しか伝えられなくなってしまいます。

「高い役職に就いている自分は企業から求められている人材だ」と、思い込まないことが大切です。過去の経験をもとに企業に貢献できるポイントをアピールできる人は、転職が決まりやすいです。

転職活動で準備すること

  • キャリアの棚卸し
  • 転職方針を決める
  • 企業分析をする
  • 書類対策や面接対策をする

高いマネジメントスキルと行動力がある

高いマネジメントスキルと行動力がある人は、企業から必要とされます。今までの経験やノウハウをもとに、自ら率先して行動できる人なら、会社に貢献できると見られるからです。

管理職経験や部下の教育経験などのマネジメントスキルだけでなく、率先して事業を推進した経験や、現場での活躍などを伝えられるようにしましょう。

マネジメントスキルはあるけど行動力を示せない、という人は小さなことから率先して行動すると、転職成功に繋がっていきます。

企業にアピールできる経験や実績がある

転職活動をするうえで、企業にアピールできる経験や実績があると、転職がすぐ決まりやすいです。

社内表彰されたことや売上達成率など、企業にアピールできる実績や、そのためにした工夫を洗い出しておきましょう。

面接でアピールする際は、結論、実績の具体例、その経験がどう活かせるかの順でアピールすると「この人は物事を的確に伝えられる」と好印象を与えます。

適応力が高く謙虚に学ぶ姿勢がある

新しい環境にすぐに適応でき、謙虚に学ぶ姿勢を持っていると、企業に好印象を与えます。転職先の会社でも、すぐに活躍が期待できるからです。

50代は、プライドが高く変化を嫌う印象を持たれがちです。今までのやり方に固執せず、柔軟に学ぶ姿勢を持ちましょう。

学習意欲の高さや、新しい仕事への姿勢などをアピールして、変化に対して前向きだと印象付けると転職成功しやすいです。

どんな人とも円滑にコミュニケーションがとれる

50代からの転職者で、どんな人とも円滑にコミュニケーションがとれる人は転職がすぐ決まりやすいです。

前職では上のポジションだったとしても、新しい会社で偉そうな態度を取るのは厳禁です。周囲の人から避けられてしまい、チーム作業が進みにくくなります。

年齢や役職、性別に関わらずどんな人とも敬意を持って関われる人は、チーム力の底上げになると考えられるため転職が決まりやすいです。

大手ホワイト企業に強い転職サービス
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイキャリア向けのスカウト】
  • ・転職後の平均年収938万円
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ハイクラス非公開求人が届く
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

50代からの転職ですぐに決まらない人の特徴

50代からの転職ですぐに決まらない人の特徴

希望年収が高すぎる

50代からの転職で希望年収が高すぎると、転職活動が長期化します。50代からの転職を考えている人の多くは、高い役職に就いていたり、年功序列制度によって現在の年収が高いことが多いです。

一方で、最近では勤続年数ではなく、仕事内容によって年収を決める「ジョブ型雇用制度」を採用している企業が増加してます。年齢に関係なく給与が決まるので、企業と求職者で年収のギャップが生まれ、転職が決まりにくいです。

企業やポジションにもよりますが、50代の転職では、年収ダウンも視野に入れて求人を探しましょう。

希望条件が多い

希望する役職や労働条件、勤務地などの条件が多いと転職活動がスムーズにいきません。現在の役職と同等以上の役職を求めても、転職先ではすでに役職が埋まっていたり、役職が下がる可能性があります。

希望条件が多いと、自分の希望を満たす企業が見つけるまでに時間が必要です。

転職活動では、今の役職が下がってでも働きたいと思える会社を探すことや、最初に希望条件の優先度を決めると、転職活動がスムーズに進みます。

転職の目的があいまい

「今よりもっといい会社で働きたいから転職したい」など、転職の目的があいまいだと、自分に合った企業を見つけるのが難しく、転職活動が長引きます。

「裁量が大きい仕事をしたい」や「労働環境が整っている職場で働いて、私生活を豊かにしたい」など転職の目的が明確になると、志望する企業も定まりやすいです。

まずは、なぜ転職をしようと思ったのかについて考え、そのあとに希望条件の優先度を決めると転職の目的が明確になります。

自己分析や企業分析をしていない

「今さら自己分析や企業分析なんて必要ない」そう考えている人こそ、転職が決まりにくいです。自分の強みをうまくアピールできないですし、企業のことを理解していないと、志望度が低いと見られてしまいます。

50代からの自己分析では、今までの仕事で印象深い出来事を書き出して、今ならどんな選択をするか考えてみましょう。それにより自分の強みが理解できます。

そのうえで自分の強みを活かせる企業を探し出し、自分の強みとマッチする企業に応募すると転職活動が成功しやすいです。

面接対策や書類対策をしていない

「採用経験があるから面接対策は必要ない」と考えたり「長年働いているから書類の書き方は分かっている」と油断した状態で転職活動をしてもうまくいきません

面接では自分の実績を簡潔に伝えて、書類を作成する際は、企業が求めていることを的確に書くことを意識しましょう。

ビズリーチなどの転職サービスを利用すれば、面接対策や書類対策が苦手という方でもスムーズに転職活動を進みます。

コミュニケーション方法に問題がある

コミュニケーション方法に問題がある場合は、転職活動が長引きます

普段からプライドが高く、年下の人に対して偉そうな態度を取ってしまう人は、業務に支障をきたしたり、トラブルの原因になると思われるからです。

転職回数が多い

転職回数が多い人は採用側からすると印象が悪いため、転職が決まりにくいです

転職回数が5回以上あると「すぐに転職してしまわないか」や「忍耐力がない」など、マイナスなイメージを与えてしまいます。

もし転職回数が多いなら、その理由や、それに見合った経験や実績など好印象を与えるような説明ができるようにしましょう。

50代からの転職の実態

50代からの転職の実態

50代の転職入職率

入職率 男性 女性
25~29歳 14.7% 11.6%
30~34歳 9.1% 9.6%
35~39歳 6.8% 9.9%
40~44歳 5.4% 7.9%
45~49歳 4.9% 7.7%
50~54歳 4.5% 8.2%
55~59歳 5.0% 6.1%

出典:転職入職者の状況(令和4年)|厚生労働省

厚労省の転職入職者の状況によると、50~54歳の男性の転職入職率は4.5%、55~59歳の男性は5.0%です。50~54歳の女性の入職率は8.2%、55~59歳の女性は6.1%となっています。

男性の転職入職率は40歳から減少傾向にあり、女性は50代から減少します。50代の転職入職率は他の年代と比べるとやや低いです。

50代で転職した人の年収変化

年収の増減 増加 変化なし 減少
50~54歳 24.9% 37.4% 36.1%
55~59歳 29.1% 28.4% 39.9%

出典:雇用動向調査結果(令和4年)|厚生労働省

厚労省の雇用動向調査によると、50~54歳は36.1%の割合で、55~59歳は39.9%の割合で年収が減少しています。

50代で転職した場合の年収変化は、増加するよりも、変化しないか減少する割合が高いです。

50代に多い転職理由

50代に多い転職理由

  • 職場の人間関係が好ましくなかった
  • 会社都合
  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった
  • 仕事の内容に興味を持てなかった

出典:雇用動向調査結果(令和4年)|厚生労働省

50代に多い転職理由は、男性・女性ともに個人的理由では「職場の人間関係が好ましくなかった」が最も多いです。

その他の理由として、会社都合や労働時間、休日等の労働条件が悪かったこと、仕事の内容に興味を持てなかったが挙げられています。

面接では「上司との相性が悪かった」と伝えても、印象が悪いです。例えば「上司と相談しながら仕事に取り組みたいと感じた」など前向きな表現で伝えると転職がしやすいです。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていませんか?年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することです。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高いです。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されています。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、ぜひ活用しましょう。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

50代からの転職者に対して企業側が思うこと

50代からの転職者に対して企業側が思うこと

自社の課題に対処できるスキルや能力を持っていることへの期待

50代の転職者に対して企業側が求めることは、自社が抱える課題を解決してくれる力です。

企業の事情は、結果を出せる人員が不足している、マネジメント層が薄いなど様々です。経験者を採用することで、自社課題の解決を期待します。

過去の経験をもとに自分の強みを把握し、企業が求める能力を的確にアピールできれば、採用される可能性が高まるでしょう。

転職後の環境に馴染めるか不安視される

50代ともなれば、自分なりの仕事の進め方やコミュニケーション方法があると思いますが、企業側からするとそれが不安要素になります。

自分なりのやり方があるのは構いませんが、面接で頑固だと思われたら、落ちてしまう可能性が高まるでしょう。

若い世代の仕事のやり方で、良いと思えることを参考にして取り入れたことをアピールして、企業側の不安を取り除くことが大切です。

長期的な戦力として期待できない

50代の人材を雇用する場合、10数年程度で定年退職してしまうため、長期的な戦力として期待されません。

社会経験やキャリアを持つ50代の従業員は、現在高い給与を得ていることが考えられます。企業は、高額な人件費に対してメリットがあるか検討するため、選考は慎重です。

ビズリーチなどの転職サービスを活用すれば、求職者の年齢に合った求人を提案してくれるため、年齢で選考落ちする不安がなくなります。

50代からの転職をすぐに成功させるコツ

50代からの転職をすぐに成功させるコツ

転職の目的を明確にする

50代からの転職をすぐに成功させるコツは、転職で実現したい目的を明確にすることです。

例えば「自分のスキルを活かしたい」「残業時間を減らしたい」「リモートワークがしたい」など、転職の目的を具体的にしておきましょう。

そのうえで優先順位をつけ、譲れない条件と妥協できる条件を決めておくと効果的です。転職の目的が明確になれば、転職活動がスムーズに進み、希望に適した企業とのマッチングを実現できます。

スキルや経験の棚卸しを行う

50代での転職を成功に導くためには、まず自分のキャリアの整理が重要です。キャリアの棚卸しを行うことで、自身の経験やスキルを整理し、明確な強みを把握できます。

特に、50代での転職においては、マネジメント経験があると非常に有利です。異業種転職であってもマネジメントスキルは求められるため、大きな強みとなります。

キャリアの棚卸しをするなら、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどの転職エージェントの利用がおすすめです。専門家の助けを得ながらキャリアの棚卸しができます。

在職中に転職活動を行う

50代からの転職を成功させる秘訣は、在職中に転職活動を行うことです。退職後に転職活動を始めると、経済的な不安から急いで転職先を選んでしまう可能性があります。

在職中に活動すれば、経済的な心配が軽減されるだけでなく、計画的に動けるため、うまくいかなかったときのリスクにも備えられるでしょう。

また、企業は離職中の求職者に対して慎重な傾向があるので、在職中に転職活動を進めると、雇用主に対する信頼性が高まり転職活動がスムーズにいきます。

面接・書類対策を行う

転職の成功には、面接・書類対策は必須です。選考書類の書き方や面接での受け答えひとつで、転職の成功率は大きく変わります。今までの経験があるから大丈夫と油断せず、50代の転職に合わせた対策をしましょう。

自分の強みと企業のニーズが一致しているのが重要で、それが書類に反映されていないと企業は魅力を感じません。応募書類は都度、企業の視点から再構成する必要があります。

面接・書類対策なら、ビズリーチなどの転職エージェントを利用しましょう。転職のプロ目線からのアドバイスがもらえるので、転職成功率が高まります。

同業種・同職種をメインに応募する

50代向けの求人では、企業は即戦力の人材を探しており、同業種や同職種を選ぶことで転職がうまくいきやすいです。

同じ分野に転職すると、蓄積した経験や知識を最大限に発揮でき、スムーズに即戦力として活躍できます。

業界や職種が同じなら、業務の流れを把握しやすいです。転職活動では、自分の強みと企業のニーズを一致させるのが、転職をすぐに成功させる鍵になります。

リファラル採用を活用する

50代からの転職では、リファラル採用を活用すると転職活動がスムーズにいきます。リファラル採用とは、企業が自社の社員の紹介によって、人材を獲得する採用方法のことです。

転職活動を始める際は、名刺や同窓会名簿、年賀状など仕事関係に関わらず、連絡を取ってみて自分が転職活動中であることをアピールしましょう。

リファラル採用は知人の紹介で入るため、内定をいただいたら断りづらいということを留意しておいてください。

複数の転職エージェントを活用する

50代からの転職をすぐに成功させるには、複数の転職サービスを活用が重要です。

リクナビNEXTの調査では、転職に成功した人の70%以上が、複数の転職エージェントやサイトを利用しています。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなど、複数の転職エージェントに登録すれば、自分に合う担当者と出会いやすく、満足のいく転職活動を送れる可能性が高いです。

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

50代で転職すべきでない人

50代で転職すべきでない人

年収を下げたくない人

50代で転職すべきでない人は、年収を下げたくない人です。50代からの転職の年収変化は、増加するより、変化しないか減少する割合が高いためです。

「転職すれば今よりも年収が上がるに違いない」と勢い任せに転職を始めても、いい結果には結びつきません。

50代からの転職の年収変化について納得したうえで、それでも働きたいと思える企業を見つけたら、転職活動を始めるのをおすすめします。

今の会社で成果を残していない人

今の会社で成果を残していない人は、転職をおすすめしません。企業は50代の転職者に対して、自社の課題を解決できる人材を求めてるからです。

その判断材料として、転職者の経験や実績を確かめます。今の会社で成果を残していない場合、企業が求めることとマッチしないため転職活動がうまくいきません。

今の会社で成果を残していないという人は、小さな成果から積み上げていきましょう。自分で課題解決ができると思った際は、率先的な行動が大切です。

家族に転職することを伝えてない人

50代で転職すべきでない人は、家族に転職することを説明していない人です。50代の転職者のなかには家族を持っている人がいると思います。

「家族に余計な心配をかけたくないから、転職が決まってから伝えよう」という気持ちも理解できますが、家族からすると「どうして相談してくれなかったのだろう」と思うかもしれません。

伝えるタイミングが分からないという人は、転職を考え始めたときに、なるべく早めに相談しましょう。気が楽になると同時に、家族からの応援によって転職のモチベーションが高まります。

転職の目的がネガティブな人

「残業時間が多いから」や「職場の人間関係に疲れた」など、ネガティブな理由から転職を考えるのは悪いことではありません。しかし、転職の目的がネガティブなだけの人は、採用される可能性は低いです。

逃避から転職を考えている場合、他責思考になっている場合があります。「会社が悪い」「自分だけ評価されない」など、不満を理由に転職しても、同じ理由で転職を繰り返すことになるかもしれません。

まずは、なぜ転職をしたいのかを深掘りしてみましょう。ネガティブな理由の背景がわかれば、転職すべきなのかも見えてきます。

職種を変えたい人

50代で転職するなら「人生も後半戦になるので、やりがいのある仕事がしたい」という人もいるでしょう。しかし、50代で職種を変えるのは難しく、高いリスクがあるのでおすすめしません。

企業側の視点を考えたとき、過去の経験やスキルを存分に発揮してほしいことや、50代の人に新しいことを教えるのは気を遣うことが考えられます。

どうしても採用ハードルは高くなりますし、採用されたとしても大幅に年収は下がります。そういったリスクを考慮したうえでなら、キャリアチェンジに挑戦してみても良いでしょう。

50代からの転職方法

50代からの転職方法

企業ホームページから直接応募する

50代からの転職方法として、企業ホームページから直接応募が1つです

直接応募のメリットとして、転職サイトや転職エージェントでは紹介されていない企業への応募や、志望意欲の高さをアピールできます。

すでに応募したい企業が見つかっている場合は、企業ホームページに掲載されている採用情報から応募メッセージや書類を送りましょう。

リファラル採用を活用する

50代からの転職では、今まで築いてきた人脈を活かしてリファラル採用を活用もおすすめです。

応募企業を検討する際に、知人から企業の実態を詳しく知れるので、入社後のギャップがうまれにくいです。

書類選考なしで選考が進む場合もあるので、転職活動がスムーズに進むでしょう。

転職サイトを利用する

50代からの転職方法として、転職サイトを利用が挙げられます。

転職サイトには様々な業界や業種、企業が多数掲載されているので、自分の希望条件に合った企業を見つけやすいです。現在の職種や経験を登録しておくと企業からスカウトメールが届くため、企業とのマッチ率が高まります。

自分で転職活動を進めたいという人は、転職サイトの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用する

50代からの転職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめです。

自分で転職準備をするのが苦手という人でも、求人紹介、面接の日程調整、書類の添削、面接対策、年収交渉など手厚くサポートしてくれるため、転職が成功しやすいです。

ビズリーチなどの転職サービスを利用すれば、転職活動の準備を整えてくれるので、うまく活用して転職成功を目指しましょう。

50代からの転職におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査によると、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス向けの転職エージェント

リクルートダイレクトスカウト イメージ

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収800万円を超えるハイクラス求人多数
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

182,422件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
なし

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人が豊富

リクルートダイレクトスカウトは、質の高いハイクラス求人が豊富です。年収800万円を超える管理職・専門職の求人から、年収2,000万円以上のCEO求人など多数掲載されています。

誰もが知る大手企業や、非公開の優良求人に応募できるのが、リクルートダイレクトスカウトの強みです。

登録後はスカウトを待つだけでOK

リクルートダイレクトスカウトは、登録したらスカウトを待つだけでOKです。スキルや経歴をまとめた匿名レジュメを見て、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受ける仕組みです。

ヘッドハンターは3,000名以上在籍しており、自分に合った仕事を代わりに探してくれます。担当するヘッドハンターは、自分で指名して依頼することも可能です。

顧問として働くチャンスがある

リクルートダイレクトスカウトでは、知識や経験を活かして企業を支援する「顧問求人」のスカウトサービスを開始しています。近年、多くの企業で「顧問」人材が求められています。

顧問求人を受けることで、これまで培ったスキルや経験を他企業で活かすことができ、副収入を得られるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

転職サポートが無い

リクルートダイレクトスカウトは、一般的な転職エージェントにある転職サポートがありません。書類準備や面接対策などが受けられないので、自分で準備する必要があります。

転職経験が浅く、書類や面接対策に不安がある方は、転職サポートが充実している転職エージェントも併用しましょう。無難におすすめなのは「マイナビエージェント」と「dodaエージェント」です。

すぐに転職したい人は不向き

リクルートダイレクトスカウトは、すぐに転職したい人には不向きです。ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つ仕組みなので、自分のペースで動きにくいのがデメリットです。

また、ハイクラス求人が多いこともあり、年収が低い人やスキル・経験が浅い人はスカウトがなかなか来ない可能性もあります。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性31歳

満足度

魅力的なスカウトが多数!

私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトが多数来ました。またコンサルタントが、面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、今回登録してよかったと思っています。

男性33歳

満足度

圧倒的な求人数

転職活動を行う中で、様々な転職サイトを利用しましたが、リクルートダイレクトが圧倒的に求人数がありました。自分の求める勤務地、勤務体系、職種といった求人を定期的に教えていただけるのも非常に良いと感じました。

男性29歳

満足度

担当の方の対応が良かった!

担当者の方が自分の要望をしっかりと聞いていただき、希望にマッチした求人や企業の提案や企業選びのアドバイスをいただきました。在職中の転職活動でしたので、仕事中に私が電話に出られない時はメールなどを活用してご連絡いただき、とても配慮されていると感じました。転職活動がやりやすかったので、機会があれば次回も使いたいと思います!

男性31歳

満足度

経歴によっては求人が来ない

私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのか、アドバイザーからあまり連絡がきませんでした。稀に連絡がとれても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末です。

男性34歳

満足度

フォロー体制が整っていない

最初は何度か担当者とのやり取りができたが、日付が経つにつれて求人の紹介のみの連絡となり、あまりフォローをしてくれなかったのが残念でした。 また、試験対策や面接対策に関しても、他の転職サイトの担当者と比べて、ややフォロー体制が良くないと感じました。

50代からの転職者を求める業界

IT業界

50代からの転職者を求める業界は、IT業界です。現在IT業界では、豊富なスキルを持った人材のニーズが高まっています。

豊富なスキルに加え、現場のプロジェクトを円滑に進める力や、マネジメントポジション経験があると、転職が決まりやすいです。

先端ITスキル(Iot、AI)を有していたり、新しい知識を意欲的に学ぶことができるという方にはおすすめです。

IT業界で求められる特徴

  • 自発的に学習できる
  • 論理的思考ができる
  • マネジメントスキルがある

コンサルティング業界

コンサルティング業界は、50代からの転職者を求めています。経営全般に関する知識やM&Aに関する知識など、コンサルに関する専門的な知識がある人はニーズが高いです。

また、コンサルティングに関しての知識がなくても、特定の業界についての高い専門性が求められる場合もあります。ただし、ヒアリングスキルや、論理的思考スキルが必要なため、転職は簡単ではありません。

コンサルティング業界を目指す際は、自分のキャリアとコンサル業界との適性を考えてから転職活動を始めるとよいでしょう。コンサルへの転職をするなら、コンサル特化のアクシスコンサルティングがおすすめです。

コンサルティング業界で求められる特徴

  • 経営全般に関する知識がある
  • 傾聴力がある
  • 誰にでも敬意を持って関われる

50代からの転職におすすめの企業

豊富な経験や人脈を求めるベンチャー企業

50代からの転職では、ベンチャー企業がおすすめです。これから事業の拡大を考えているベンチャー企業では、豊富な経験や人脈を持つ50代を求めます。

即戦力としてはもちろん、ビジネスの中核を担う存在としての活躍が期待できると、採用に繋がりやすいです。今後の会社の成長に貢献できる点をアピールすれば、幹部クラスでの転職も可能でしょう。

最後の転職になる可能性が高いから、裁量が大きい仕事にチャレンジしたいという人にはおすすめです。

中途採用を積極的に行っている中小企業

事業規模 中途採用率
5~299人 76.7%
300~999人 41.5%
1,000~4,999人 40.4%
5,000人以上 37.4%

出典:中途採用に係る現状等について(令和元年)|厚生労働省

50代からの転職なら、中小企業も視野に入れましょう。中小企業は中途採用を積極的に行っている企業が多く、大手企業と比べてライバルも多くありません。

実際に、事業規模別の中途採用率を見ると、従業員が300人以上の企業は採用率が40%前後なのに対し、300人未満の企業は76.7%と大きな差があります。

50代からの転職活動をスムーズに進めるためには、大企業だけでなく、中小企業にも応募するのがおすすめです。

50代からの転職に関する質問

50代からの転職で未経験からでも採用される?

50代からの転職で、未経験だったとしても採用される可能性はあります。

男性は警備関係や営業職、女性は介護や接客業などであれば未経験からでも採用されやすいです。

なぜなら警備関係や接客業などは、特別な資格や経験を必要とせず、人材が不足しがちなので、採用される可能性は十分あります。

転職エージェントは無料で使える?

転職エージェントは無料で使えます。

エージェント側は、採用が決まった際に、企業から成功報酬として支払われるため、利用者は無料で使うことができます。

転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントやサイトに登録すると自分に合った担当者と出会いやすいので、複数のサイトに登録しましょう。

転職時期が未定でも、転職エージェントに登録しても大丈夫?

転職時期が未定でも、転職エージェントに登録しても大丈夫です。

登録後、キャリアアドバイザーにその旨を伝えると、転職者に合ったペースで転職活動をサポートしてくれます。

まずはビズリーチなどの転職サービスに登録してみて、担当者と転職活動の方針を決めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

50代からの転職ですぐ決まる人の特徴は、自分の価値に合った企業に応募している人です。

50代からの転職を成功させるには、キャリアの棚卸しを行い、自分の価値に合った企業に応募が重要です。転職目的を明確にすることや、書類・面接対策など準備をおこたらないことで転職成功率は高まります。

50代からの転職を成功させるためには、転職エージェントやサイトに登録すべきです。50代の転職成功実績が多いビズリーチリクルートダイレクトスカウトを利用し、転職活動をスムーズに進めましょう。

年代別の関連記事(50代)
50歳の転職 52歳の転職 53歳の転職 54歳の転職
55歳の転職 56歳の転職 57歳の転職 58歳の転職
59歳の転職
50代におすすめの転職エージェント比較
編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス