転職ノウハウ

50歳の転職は難しい?成功方法と失敗談

「50歳で転職できるか気になる」

「50歳で転職するならどの仕事がおすすめ?」

50歳を迎えて、早期退職や労働条件等で転職を考える人は多いです。しかし、年収が大きく下がることが不安で動けない人がいることも事実です。

そこで当記事では、50歳以上で転職成功できる方法はもちろん、成功例や失敗体験談を紹介しています。未経験転職のやり方やおすすめの仕事内容も記載してるので、50歳転職の参考にしてください。

50歳の転職!成功の秘訣

目次

50歳の転職は厳しい?

50歳の転職は厳しくない

50歳での転職は厳しいと言われていますが、転職を成功させた人は多くいます。厚労省の雇用動向調査によると、令和元年の50~54歳の離職率(6.0%)と転職入職率(6.3%)を比較すると、転職入職率が上回っているので転職成功率は高いです。

転職者の平均年齢は年々高くなる傾向にあり、今後50歳転職がさらに当たり前になってくる可能性すらあります。転職できる年齢に限界はないため、積極的に転職活動するべきだと言えます。

50歳の転職が難しいとされる理由

50歳転職が難しいと言われる3つの理由

  • 求人数が少ない
  • 履歴書で不合格にさせる
  • キャリアマッチした求人を見つけ辛い

50歳の場合企業側が求めるのは即戦力としての採用になります。そのため採用条件が厳しくなるので、50歳の転職は難易度が高くなります。また、年齢制限をもうけている会社もあるため、対象となる求人数が少なくなります。

もちろん、求人数が少ないからといって転職成功者が少ないわけではなく、例えばCMでお馴染みのビズリーチ社の調査では転職成功者のうち、40代以上が4割を占めています。50歳での転職が遅いということは決してありません。

転職エージェントを使えば50歳転職は怖くない

50歳で転職を効率的に行うためには、転職エージェントが必須です。転職サイトでは、まず履歴書や職務経歴書でふるいにかけられるのが普通ですが、エージェントは企業と密接な関係にあり、面接からスタートすることも多いです。

また、求職者のキャリアを整理した上で、ピッタリの会社を紹介してくれるためミスマッチも起こりません。転職エージェントを使うことで50歳での転職が難しいと言われる理由のほとんどをクリアすることが可能です。

質問
質問者
そもそも求人欄に年齢制限を書いてくれれば迷わなくて済むのに…
専門家
専門家
厚生労働省の雇用対策法によって、年齢を理由に応募を断ったり、書類選考や面接で年齢を理由に採否を決定するのはNG化されています。
なので、表立って年齢制限を書く会社はないんですよね。

50歳の転職にはエージェント利用が必須

転職エージェントとは

転職エージェントのサポート内容

  1. 求職者の就職支援
  2. 履歴書など提出書類の添削
  3. 面接対策
  4. 給与や待遇面などの交渉
  5. 就職後のアフターフォロー

転職エージェントは、求職者と企業をマッチングさせる就職支援のプロです。求職者が求める条件を明確化させたり、悩みを解決することで、最適な転職活動をサポートしてくれます。

50歳までに経験した様々なキャリアやスキルを棚卸しすることはもちろん、求職者にあった企業紹介、面接や履歴書対策、内定までの日程調整をすべて無料で行ってくれるサービスです。

50歳転職でよくある間違いを正してくれる

50歳での転職は、経歴書や面接に工夫が必要です。例えば、20代では「勉強するための入社」は許されることがありますが、50代では即戦力になるような発言をしないと不合格になりやすいです。

転職エージェントは、年齢ごとの転職で注意すべきポイントを熟知しているため、年齢にあわせた助言を行ってくれることが魅力です。

キャリアマッチした企業紹介

転職エージェントは、求職者にあわせた会社を紹介してくれます。転職サイトを使うと、企業ごとに定められている年齢制限を判別することは難しく、書類審査で落とされることがあります。

転職エージェントを使えば、事前に求人している会社が何歳まで採用範囲にしているかを把握しているので、50歳以上でも積極採用している会社を紹介してもらうことが可能です。

▼50歳におすすめの転職エージェント

50歳での転職を成功させる方法

キャリアの棚卸しを行う


50歳になると、過去様々な経験を積んでいることが多く、自分の強みが明確になりにくくなります。自分の強みが会社側に伝わりづらいと、他の50代の方と同列になり合格率が上げにくくなります。
まずは、今までのキャリアをすべて書き出し、応募した企業のニーズにあった強みをアピールできるように整理しましょう。転職エージェントを利用すれば、キャリアの棚卸しを一緒に行ってくれるのでおすすめです。

マネジメント経験や専門スキルがあると有利

50歳の転職で有利になるキャリアの1つがマネジメント経験です。若年層に比べ管理経験が豊富なことが多く、異業種転職であってもマネジメントスキルは活きるため、転職に有利です。

また、スキルや資格の数の豊富さも重要です。転職サイトではスキルを登録するプロフィールページがあり、スキルの数に応じて連絡がくる数が増えるなど、転職成功率を高めます。

業種・業界にこだわりすぎない

50歳で転職をしようとすると、どうしても過去経験した業界への転職のみ考えてしまいがちです。一方で企業側は、異業種での管理経験や、自社になりスキルをもつ人材を求めることが多いです。

狭い範囲で転職活動を行うと、本来自分を必要としてくれるはずだった企業と出会えないことはよくあります。できるだけ広い範囲で、転職先を探しましょう。

転職動機は「応募先企業の魅力」中心に書く

採用担当者に聞いた! 履歴書の内容で最も重視する項目は
参照:採用担当者に聞いた!履歴書の内容で最も重視する項目|DODA

職務経歴書を書く際には、転職動機(志望動機)欄の内容に注意すべきです。間違いがちなのは、「◯◯が学べる場と思い希望しました」系であり、勉強の場として転職志望したと書くパターンです。

企業側が50代転職者に求めるのは即戦力であり、自分視点で志望理由を書かれることを好みません。転職動機は、応募した企業の魅力と、自分であれば力を発揮できるといった貢献性のある内容を記載すべきです。

人脈や口コミを駆使する

20代~30代のうちに、人脈を形成できたのであれば、まずは信頼できるひとに、おすすめの会社を聞いてみましょう。想定外の情報を聞けたり、場合によっては書類審査なしで面接まで繋げてくれる人がいるかもしれません。

また、「Openwork」などの口コミサイトを見ることも重要です。実際に会社に勤務していた元従業員などから、「どういった人が活躍するのか」をリサーチすることができるため、転職成功する材料を集めることができます。

転職サービスを複数使う

転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

参照:リクナビNEXT調査|転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

転職に成功した人の70%以上が、複数の転職サイトや転職エージェントを利用しています。

最低でも2社以上は転職エージェントに登録を行い、自分にとってピッタリの担当者と出会って、良い転職活動を送れるようにしましょう。

50歳の転職で失敗する要因

50歳男性が転職で失敗する要因

【男性版】転職の失敗要因

  • 年収を重視しすぎる
  • 前職のネガティブを引きずる
  • 不十分な面接対策

年収を重視しすぎる

男性は、年収を上げるための転職を行うことが多いです。年収を高くすることは良いことですが、給与だけにとらわれると、やり甲斐や社風などのチェックがおろそかになり、入社後に後悔するケースがあります。

さらに、年収増を志望動機に面接してしまうと、「この人はお金を軸に転職してるから、またすぐ他社に転職する」と思われてしまう可能性が高いです。年収アップだけにとらわれないように注意しましょう。

前職のネガティブを引きずる

前職の退職理由が、上司や環境のネガティブであった場合、職務経歴書や面接時に心情を吐露してしまうことがあります。

前職時の不満を抱えていると、採用担当者は求職者に良い印象を持てません。転職するのであれば、できるだけポジティブに前向きな発言をして、心象を良くするように努めましょう。

不十分な面接対策

転職が失敗する理由の1つに、企業や業界勉強を怠ってしまっていることが上げられます。20代の転職と違い、50歳の転職者はポテンシャルよりも今現在の知識や経験を求められます。

しっかりと事前準備を行わないと、どれだけ能力が高くても、面接で期待値を下げてしまうため合格率は下がります。たとえ慣れた業界であっても、最新のニュースやトレンドを把握して面接に望みましょう。

50歳女性が転職で失敗する要因

【女性版】転職の失敗要因

  • 職場環境のミスマッチ
  • ライフスタイル重視を面接で話しすぎる
  • 希望企業のサービスを褒める

職場環境のミスマッチ

女性は、職場環境をしっかり整えてくれる企業に入社することが重要です。国を上げて女性活躍の場を盛り上げている昨今ですが、まだまだ企業によっては男性優位の職場があるのが事実です。

事前に「Openwork」などの口コミサイトをチェックして、職場環境をチェックしておきましょう。有給取得率や時短勤務などを確認したり、子持ちの方はどのように活躍しているかなど、細かな情報を入手できます。

ライスフスタイル重視を面接で話しすぎる

50歳以上になると、結婚や出産など、さまざまなライフステージに考慮した転職活動が必要です。しかし、あまりにライフスタイルに固執してしまうと、面接時などで不利益な印象を与えてしまうこともあります。

企業側は、自社にどのように価値提供してくれるかを求めてくるため、「転職してライフスタイルを充実させたい」ことをアピールしすぎないようにしましょう。

希望企業のサービスを褒める

個人向けのサービスや商品を展開する企業に対して、使い勝手などを褒めすぎるのもよくある失敗要因です。質の高くない褒め言葉は、あくまでもユーザーとしての感想になり、転職志望理由としては弱いです。

もし、サービスや商品について話をするのであれば、他社比較や自分の知見をプラスした改善策など、自分の長所や経験が希望企業先で活きることを伝えるべきです。

50歳におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

50代転職者が初めに登録すべき転職サービス

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 転職成功者の4割が50代
  • 50歳以上の転職後平均年収が910万円
  • TVCM人気で登録企業増加
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業界 127,000 195,000
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.6/5点 3.5/5点

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる
ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。運営元の親会社はマザーズに上場しているビジョナル株式会社であり、信用度も抜群です。

普通の転職サイトでは、自身で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージの連絡がきます。

年収600万円以上を狙いたい方におすすめ
ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。50歳までに培った経験やスキルを、転職を機に年収に繋げられる可能性が高いです。

現在年収が600万未満であっても、勤め先を変更することで年収アップできる可能性は充分にあり、スカウトがどれくらいくるかで自身の市場価値を確認することも可能であるため、まず登録してみることが重要です。

無料で充分活用できる
ビズリーチに無料の「スタンダートプラン」と優良の「プレミアムプラン」があります。優良にすることで年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになりますが、無料プランでも充分な連絡がもらえるため、まずは無料プランで試してみることをおすすめします。
ノーネーム
専門家
無料で連絡を待つだけという便利なビズリーチ。実際に登録直後から毎日3件~6件ほどのスカウトDMを頂きました!

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信がない方は不向き
ビズリーチでは、経験や実績を求められる求人が多いため、過去のキャリアに自信がない方は不向きです。現時点で経験不足を感じる場合は、リクナビNEXTやDODAに登録することを推奨します。
熱心な企業が多いのでDMが多いこともある
ビズリーチに求人を出している企業は、自らスカウトを送ることを前提にしているため、採用に熱量が高いです。ビズリーチに登録して1~2週間はたくさんのオファーを頂くため、人によっては煩わしく感じるかもしれません。

ビズリーチの評判と口コミ

女性アイコン
ろんさん|40代後半|女性|事務員|2021.04.26
良い点
|エージェントが良い
エージェントからのリクエストが多く、かなりしっかりしたエージェントが多かったです。面接からアフターフォローまで細部にわたりフォローしていただきました。正直他のサイトのエージェントは返信も遅く、こちらのサイトを利用してよかったと思います。
悪い点
|求人がハイクオリティー
求人がハイクオリティー過ぎて、わたしには向かないものが多かったです。現実味がないというか。もともとそういうサイトですのでしょうがないですが、結果よい転職ができたのでよかったです。転職できた今もこちらのサイトのアカウントだけは残してあります。
男性アイコン
hiro121さん|40代前半|男性|事務員|2021.01.27
良い点
|たくさんの情報量がある
様々な会社の転職エージェントがサイトに登録しているため、情報量は多いと感じた。したがって、自分が探している条件で検索して絞っていっても、ある程度の情報量が残るため、他のサイトと比べて使用頻度が自然と高くなった。色々なサイトを駆使して情報を集めるより1つのサイトである程度網羅できたほうがより効率的だしスピーディーだと思う。
悪い点
|大企業、上場企業が多い印象
掲載されている企業が大企業や上場企業が多い気がした。転職先にそこまで大規模ではない会社を探している方にとっては比較的情報量が少ないかもしれない気がする。もちろん非上場企業、上場準備の会社も情報としてはあるのですが相対的に少ない気がした。

ビズリーチ公式サイトはこちら

キャリアカーバー

求人数が圧倒的No.1の定番転職エージェント

キャリアカーバー

キャリアカーバーの特徴

  • ハイクラス向けのヘッドハンティングサービス
  • 転職決定年収は平均900万円以上
  • 3,000名以上のヘッドハンターが所属
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業界 73,326 10,317
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.8/5点 4.0/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

キャリアカーバーのメリット

質の高いハイクラス求人が豊富
キャリアカーバーは、ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職エージェントです。年収800万円を超える管理職や専門職、さらには年収2,000万円以上のCEO求人などが多数掲載されています。

ハイクラス求人に特化しているため、求人の質も高く、誰もが知っている大手企業や一般には公開されていない優良求人などに、安心して応募することができます。ビズリーチが使いにくい場合は、キャリアカーバーの利用をおすすめします。

自分でヘッドハンターを選択可能
キャリアカーバーでは、担当するヘッドハンターを自分で選んで指名することができます。希望する業種や職種、経験などから自分に合いそうなヘッドハンターを選んで依頼することが可能です。

キャリアカーバーはビズリーチよりもヘッドハンターの質は良いとされています。大手から個人のヘッドハンターがいるビズリーチに対して、キャリアカーバーはリクルートが運用しているので監視の目が行き届いていて安心して利用できます。

ハイクラス転職で希少な完全無料サービス
キャリアカーバーは全てのサービスを、初めから無料で利用することができます。同じくハイクラス転職サービスのビズリーチは、一手間かけないと完全無料利用ができないので、キャリカーバーのほうがかんたんにできるサービスだと言えます。

キャリアカーバーのデメリット

年収600万円未満の転職は難しい
キャリアカーバーは、年収800万円以上の求人を多く扱うハイクラス向けの転職エージェントです。どなたでも無料で登録できますが、現職での年収が600万円以下になると応募できる求人が限られてしまい、スカウトがこない可能性があります。
すぐに転職したい人には向かない
キャリアカーバーは、無料登録後にヘッドハンターや企業からのスカウトを待つスタイルで転職活動を進めるサービスです。自身で検索して応募することもできますが、他の転職エージェントに比べると短期間転職は難しいです。

一刻も早く転職をしたい方は、求人数の多い「リクルートエージェント」や、ハイクラス転職を狙うのであれば「アクシスコンサルティング」の利用を行うと、スピーディーな転職が可能です。

キャリアカーバーの評判と口コミ

男性アイコン
はじめさん|40代後半|男性|保険|2021.09.27
良い点
|ハイクラスな求人が多数
ハイクラスな求人が多数用意されているのがメリットだと思います。年収が800万円以上を期待できる企業の求人が多く、キャリアアップを目的とした転職の際にも役に立ってくれると思いますし、一般的には公開されていない求人もあるので、狙う目だと思います。
悪い点
|メールが多い
企業やヘッドハンターからのメールや連絡が多く寄せられてきて、それがちょっと迷惑になるのがデメリットだと思います。必要以上にくるのでややこしくなってしまいます。また、職務経歴書を書かなければいけないのですが、その作業が面倒くさかったです。

キャリアカーバー公式はこちら

リクルートエージェント

求人数が圧倒的No.1の定番転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 業種業界問わず幅広い紹介案件を持つ
強い業種業界 公開求人数 非公開求人数
全業種 112,458 182,458
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.8/5点 4.0/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントのメリット

50歳以上に向けた案件数も豊富
リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、50歳以上の方に合わせた求人数も随一です。幅広い業界を視野に入れた転職をするのであれば、確実に登録すべきエージェントだと言えます。
初めての転職にも便利なサポート
リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。
転職エージェントが年収などを交渉
転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。
ノーネーム
専門家
求人数が多いため、ビズリーチやキャリアカーバーにない求職案件に巡り会えます。

リクルートエージェントのデメリット

3ヶ月の期間限定
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。
紹介先の豊富さはデメリットにもなる
リクルートエージェントでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
tetsuさん|50代以降|男性|旅行関係|2021.01.23
良い点
|紹介内容の良さ
業界大手とあって紹介内容も多く大変満足しました。担当者の方も大変分かりやすい説明と内容にて親身に相談にのってくれたとおもいますた。紹介後のアフターフォローも良かったと思われます。メールの対応に関しても良かったと思われます。
悪い点
|担当者のスキル
紹介件数が年齢的に少ない為に担当者の方が対応に苦慮していたと思われます。
もう少し幅を広げて探して頂ければ良かったと思われます。
担当者の方が若干若かった為か、相談内容の把握度が今ひとつだった様な気がします。
男性アイコン
シルシルさん|40代前半|男性|事務員|2021.01.22
良い点
|圧倒的な紹介求人数
業界最大手だけあって紹介される案件数はほかのエージェントと比べて圧倒的に多いです。また、幅広い業種の案件の紹介を受けられるので、様々な業種の中から希望の求人を見つけることができます。ただし、こちらの指定した条件以外の案件も紹介してくるので中身の精査が必要となります。
悪い点
|担当者のスキルは玉石混交
担当者によってスキルにばらつきがあるように思います。また、コミュニケーションも逐一連絡をくれる担当者もいればこちらから連絡しない限りコミュニケーションをとってこない担当者もいます。こちらから積極的にコミュニケーションをとって必要な情報を引き出し、要望をしっかり伝えてこちらの要望通りに担当者を動かすくらいの気持ちが必要だと思います。

リクルートエージェント公式はこちら

転職サイトより転職エージェントを使うべき

50歳での転職を成功させるためには、必ず転職エージェントを利用すべきです。年齢での書類審査落としや、キャリアマッチした求人が探しにくいため、リクナビなどの転職サイトだけの転職活動は非効率です。

転職エージェントであれば、自分にピッタリの企業を探してもらえるうえに、在職中であっても全ての転職活動をサポートしてくれるため、使わない理由がありません。

1位 2位 3位
ビズリーチビズリーチ キャリアカーバーキャリアカーバー リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式 公式 公式
4.0
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.9
★★★★☆

50歳の転職体験談

スキルや経験を活かして転職|50歳男性

男性アイコン 50歳男性
前職の会社で早期退職者を募集していたのを機に転職活動を始めました。その会社ではリクルートと組んで転職サポートもしてくれました。リクルートの担当者はベテランで、話をきちんと聞いてくれて、親身に相談に乗ってくれました。
職種は前職は金融でしたが、現職は医療機関での事務職です(事務長候補)。年収はわずかにアップしました。勤務地が東京から関西へ変わり、初めて単身赴任をしています。家族には負担を掛けていますが、割り増し退職金とわずかにアップした給料で納得してもらっています。
ある程度裁量も認めてもらっており、今のところ転職してよかったと思っています。

50歳の未経験転職ですが「リクルートエージェント」を使って年収アップの転職に成功している人の体験談です。

事務長候補ということで、前職のマネジメントスキル・経験を評価されての転職に成功しています。他社でも通用するスキルを活かして、50歳でも未経験転職で年収アップが可能です。

条件を緩めて転職成功|50歳男性

男性アイコン 50歳男性
勤めていた会社が倒産してしまったため、リクナビNEXTを使って転職しました。
前職では経理業務を行っていたため条件に合う会社がほとんど見つからず、諦めかけていたのですが、検索条件を変更して「副業可能な経理業務」を探したところ、目標としていた年収の半分程度でしたが見つかり、そこへ入社することにしました。
新しく入社した会社は給料が安い分だけ仕事量が少なく、残業もほとんどする必要がないため、不足した年収分は帰宅後にインターネットを使った副業で補っています。
高齢になると職探しが大変ですが、副業をやることを前提に目標収入を減らして探してみると、意外とたくさん見つかることが分かりました。

副業で収入を補うことを前提に、転職先の幅を広く見て転職サイトで求人を探すことで、転職に成功した人の体験談です。働き方が多様化しているため、柔軟な思考で転職先を探すことで転職が上手くいきます。50歳だと求人は確かに少ないので、幅広く構えることが重要になります。

転職サイトで見つからなかった職種に転職成功|50歳男性

男性アイコン 50歳男性
転職サイトでは私の転職したい業種の仕事(製作、デザイン系)が少なく、希望通りの募集に出会えませんでした。「そういう独特な仕事は中々見つからない」と、言われてしまいました。ですが、ハローワークで見つけることが出来ました。
子供のお絵かき教室講師から、一点物のインテリアを製作する会社への転職だったので、同じ美術、デザイン界と言うこともあり、自ら作品を何点か持参し、面接に挑みました。
無事に転職でき、年収はそんなに変化がありませんでしたが、人間関係は悪化しました。ワンマン社長だったので、インテリア製作時に1から指示され、自分らしさを出せる職場ではありませんでした。

転職したい職種が転職サイトでは見つからず、ハローワークに通って転職を成功させた人の体験談です。

年収は変化しなかったものの、自分が就きたい職種に転職できています。転職サイトで全ての職種が網羅できているわけではないため、もしサイトで希望の職種が見つからなかった場合は、ハローワークの利用など、選択肢を増やせばと見つかることも充分ありえます

人脈を使って転職|50歳男性

男性アイコン 50歳男性
10年ほど前に町工場で就職をしていましたがリーマンショックの影響で退職を余儀なくされ、知り合いの飲食店のオーナーさんに相談したところ面接をして頂きアルバイトからではありましたが採用としてもらい現在社員として働かせて頂いております。 工場勤務から一転して全く畑違いの職場での活動で全てが納得という事もないですが、他人との関わり合いがある事で新しい考え方や違う視点での物事の見方を養えている現状です。 また新しく繋がりが増えていくことで知らない世界に触れることが出来ているのも良い点です。

会社都合で退職し、急に職を失いながらも、人脈を活かして転職できた人の体験談です。転職サービスがなくても、それまでに培った人脈も転職に活かすことが可能です。

50歳だと求人が減ることは事実なので、転職には人脈も含めて、自身のネットワークを積極的に利用して転職活動に取り組みましょう。

50歳の転職に関する口コミ

転職成功した人の口コミ

良い口コミ ・転職の理由が明確に出来ればチャンス
・過去の経験を生かせば通過しやすい
・50代でも成長を感じられる

転職失敗した人の口コミ

悪い口コミ ・前職の看板を自分の実力と勘違い
・転職先の人間関係に悩む
・転職後の収入が少ない

40代と50代の転職の違い

50代から正社員の雇用率が下がる

年代別採用状況

参照:50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること?|ミドルシニアマガジン

50代と40代までの大きな違いは、正社員としての雇用率が下がることです。40代と50代では、経験や専門性等、求められる能力が似通っています。転職するうえで待遇や会社の規模などの変化を受け入れないと、正社員としての転職は厳しいです。

さらに、50歳以上になると、転職サイトのスカウト受信数が落ちやすい傾向があります。転職サイトだけでなく、50歳以上でも採用歓迎を行ってる企業と精通した、転職エージェントの利用をおすすめします。

年収が上がりづらい

転職者の年収増減割合
40代前半 50代前半
40代前半の転職後年収増減割合拡大する 50代前半の転職後年収増減割合拡大する
転職入職者の賃金変動状況
年齢 増加 変化なし 減少
40代前半 39.7% 31.4% 28.9%
50代前半 32.9% 29.2% 37.9%

厚労省のデータを基にキャリハイ転職で編集

50代の転職で注意すべきなのは、転職後の収入の減少です。キャリアアップを目指していなくても、前職が長ければ年収にギャップが生じやすくなります。

厚労省の令和2年雇用動向調査結果によると、40~44歳は転職の際に39.1%が賃金が増加しているのに対し、50~54歳は32.6%です。また、50~54歳は賃金が減少した人が37.6%と増加した人より多いので、年収が下がるリスクを考慮しましょう。

「ビズリーチ」のような転職プラットフォームを利用することも重要です。ビズリーチでは、転職成功者のうち、40代以上が4割以上、さらに転職後平均年収が910万円という実績があり、評価がしっかりしている企業と出会える可能性が高いです。

50代転職の現状調査まとめ

50代の転職回数を調査

年齢別の転職回数参照:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態|リクナビ

転職回数 50代の転職回数割合
なし 34%
1回 21%
2回 17%
3回 11%
4回~5回 16%
6回 2%

50代の転職回数は、若年層に比べれば転職回数は平均的に多くなり、2回目以降の転職活動を行う方が50%以上います。30歳、50歳は人生の節目と捉える人が多く、転職を経験する方が増加しているからです。

転職回数は何回目から不利になる?

50歳で転職回数が気になるのは4回目からだとされています。また、近年では転職が当たり前化してきているため、転職回数よりも辞めた理由を重視して、転職回数を気にかけない企業が増えてきています。

50歳の転職理由を調査

順位 自己都合による転職理由 割合
1位 労働条件(賃金以外)がよくなかったから 27.4%
2位 満足のいく仕事内容でなかったから 23.8%
2位 人間関係がうまくいかなかったから 23.8%
4位 賃金が低かったから 21.3%
5位 会社の将来に不安を感じたから 19.7%
6位 能力・実績が正当に評価されないから 15.9%
7位 他に良い仕事があったから 10.9%
8位 介護・看護のため 7.9%

参照:平成27年転職者実態調査の概況|厚生労働省

50歳の転職理由は、「労働条件(賃金以外)」が27.4%です。理由として介護が8位にあるように、生活環境の変化があるタイミングで会社の労働条件が合わなくなり、転職活動を始める方も多いです。

また、50歳だと、責任がある役職で人間関係に悩むこともあり、最後の転職としてより自分に合った環境で力を発揮したいという印象があります。

50歳の転職は未経験でも可能?

アピールポイントがあれば問題ない

50歳で未経験の転職は可能です。俗に言うスキルなし転職であっても、例えば管理職としての経験は異業種でも活かすことができますし、営業経験は対人関係すべてに活きます。

男性女性問わず、手に職をつけるために、初挑戦の業界に転職することはよくあります。自分の強みや経験を、上手に希望企業のニーズに合わせましょう。

50代で異業種転職は可能?

年齢 業種・職種を変えた割合
30代 35.4%
40代 24.8%
50代 11.0%

参照:キャリアチェンジにおける年代別のポイント、成功のために準備すべきこととは?|ビズリーチ

50歳を機に新たな業界に挑みたい、しかし「50代の異業種・異職種への転職は難しいのではないか。」と思う方は多いです。実際、ビズリーチが行った調査によると、業種・職種共に変えた年代は50代が11.0%と低いです。

しかし、職種は変えずに業種を変えている50代の割合は50%もいます。異業種への転職では同じ職種で、自分の専門性を生かすほうが成功しやすくなります。

例えば、人事の経験を生かして、流通系の会社から人材紹介会社へ転職や、営業経験を生かしてメーカーからIT系の会社などに転職する人がいます。

資格を取得しておくと転職有利になる仕事

業界 有利になる資格
不動産・建築業界 宅地建物取引士
建築士
施工管理
電気工事士
マンション管理 管理業務主任者
ビル設備管理技能士
介護・福祉業界 介護福祉士
社会福祉士
金融業界 証券アナリスト

未経験であっても、資格取得している方は、有利に転職活動することが可能です。特に不動産関連の資格は、保有しているだけで基本給がアップする会社もありおすすめです。

在職中に資格取得を目指して勉強し、実際に資格を得てから活動することで、リスクなく転職するのが良いです。

50歳から始める未経験におすすめの仕事

営業職・接客業

未経験歓迎の代名詞とも言える職業です。今までに培ったコミュニケーション能力や人脈を生かしやすい業種なので、50歳までの経験が活かせます。

年収が高い不動産業界や金融業界でも、常に営業は求められています。人と接する仕事の接客業も、対人スキルを活かした活躍が可能です。

介護職

人手不足の業界であり、特別必要な資格もないため、未経験入社しやすい職種です。少子高齢化が進む昨今、ますます需要は増していきます。

さらに、職場の数も日本中に増えているため、人と話すことが得意な人は、積極的に採用されていく傾向にあります。

警備員

警備業界は平均年齢が高く、50代60代の社員が中心です。50歳は相対的に若手になるため、即戦力として企業側も未経験入社を歓迎しています。

「警備員指導教育責任者」など、一定の資格をとることで給与アップが約束されている会社もあり、頑張りに応じてしっかりと給与反映される点もおすすめのポイントです。

まとめ

50歳での転職は難しく言われがちですが、まったく問題なく転職可能です。とくにビズリーチやリクルートエージェントでは、50歳以上の転職成功実績が多く、おすすめです。

50代の転職も年々増加傾向にあり、豊富な経験を求める企業も多くあります。転職エージェントに相談して、自分にマッチする会社を紹介してもらって、転職を成功させましょう。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
10016doda公式サイト
  • 【転職者満足度No.1】
  • ・転職サポートが充実
  • ・キャリア相談セミナーも充実
  • ・無料で使える
関連記事
編集部おすすめの転職サービス