転職の一次面接の通過率は?成功のコツや対策方法も徹底解説!

転職の一次面接の通過率は?

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

「転職の一次面接通過率ってどれくらい?」

「転職の一次面接通過率を上げる方法が知りたい」

転職活動を続ける中で、企業へのエントリー後に絶対に避けて通れないのが一次面接です。一次面接を控えている人や実際に受けた人の中には、実際どれくらいの確率で一次面接を通過できるのか不安な人も多いですよね。

この記事では、一次面接の通過率や成功の方法を解説しています。転職時の面接でよく聞かれる質問や、回答例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

一次面接が不安な人は、マイナビエージェントなどの転職エージェントを利用しましょう。マイナビエージェントなら、一次面接についてのアドバイスや模擬面接など、通過率を上げるためのサポートが受けられるのでおすすめです。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

転職の一次面接通過率は何%?

転職の一次面接の通過率は何%?

転職の一次面接の通過率は30%

マイナビエージェントのデータによると、転職時の一次面接の通過率は30%とやや低めです。ただし、企業や職種によって通過率は前後します。あくまで参考程度に考えましょう。

一次面接では、応募者の経歴や志望動機のほか、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力が見られます。経験やスキルよりも、各企業の雰囲気や募集ポジションに合致しているかが評価のポイントです。

一次面接の通過率を上げるためにも、面接での振る舞いや、質問に対する受け答えなどの対策をしておきましょう。

書類選考や二次面接などの通過率

応募から内定までの選考通過率

マイナビエージェントのデータによると、書類選考の通過率は30%、二次面接の通過率は50%でした。

ひとつの求人に100人が応募すると、書類選考で30人、一次面接で約9人になり、最終面接で内定を得られるのは4~5人になる計算です。応募者の多くが一次選考までに落とされてしまうので、面接までに対策しましょう。

一人で面接対策をするのが不安な人は、転職エージェントの利用をおすすめします。マイナビエージェントなら、模擬面接で業界や企業に合わせた面接対策ができ、転職成功率が上がります。

転職の一次面接通過率が高いケース

転職の一次面接の通過率が高いケース

人手不足の企業

人手不足の企業は、一次選考の通過率が高いと言われています。人手不足の背景は企業によりますが、大量採用をしていたり、応募者が少ない企業などです。

例えば、創業して間もないベンチャー企業なら、競争率が低いので一次選考の通過率は高めです。また、事業拡大を考えている企業は、大量採用を行うことが多いです。

ただし、離職率が高い事を理由に大量採用を行う企業もいるので注意しましょう。

高いスキルや専門性が不要なポジション

専門的なスキルが必要ない職種やポジションは、応募者に一定のスキルを求めないため、一次面接通過のハードルが下がります。

応募のハードルが低い理由としては、企業が社員を一から育てる意向を持っている事が挙げられます。

例えばサービス業や営業職などの職種では、仕事の内容がしっかりとマニュアル化されています。入社時の研修や教育制度が整っていることも多いため、入社後も専門的スキルや資格の取得を求められることは少ないです。

人柄やコミュニケーション能力を重視した面接

人柄を重視した採用では、応募者の経験やスキルよりも、働く意欲や将来性を評価のポイントとするため、一次面接の通過率が高くなります。

人柄を採用の軸としている企業は、即戦力の採用ではなく、中長期的に育成できる人材の採用を採用活動のゴールとしています。面接官は、応募者が会社に定着する人材かを判断するために、仕事への意欲や協調性を重視します。

例えば社内の研修や教育体制が充実している企業では、意欲次第で社員が早期に戦力となり得るため、人柄を重視した採用を行うことが多いです。

転職の一次面接通過率が低いケース

転職の一次面接の通過率が低いケース

応募者が多い

大手企業では採用予定人数に対して応募者が多いため、一次面接の通過基準を厳しくする傾向があります。人数を絞ることを目的としているので、通過率は低いです。

また、大手企業では段階的に面接を行うことが多いため、一次面接以降の通過基準も高く設定されることが多いです。

専門的なスキルが求められる

専門スキルを要求する企業や、資格・学歴を重視する企業、即戦力を求めている企業は、一定のスキルや学歴を最低条件として設定しています

一次面接では、自分と同じスキルを持つ多くの応募者と、スキルや実務経験の差を比べられることになるので、一次面接通過のハードルが上がります。

また、スキルや実務経験を持っていても、職務経歴書の内容が淡白すぎるため、一次面接にたどり着くことができないケースも見受けられます。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

転職の一次面接で不採用になる理由

転職の一次面接で不採用になる理由

基本的なビジネスマナーが不足している

ビジネスマナーが守れていないと、面接官にあまり良い印象を与えることができません。転職時の一次面接では身だしなみや話し方など、基本的なビジネスマナーを身につけているかが重視されます

面接での評価対象は幅広いため、行動のひとつひとつに気を配ることが必要です。普段何気なくしていたことが、マイナス評価評価に繋ってしまうこともあります。

身だしなみの面では、ボサボサの髪の毛やシワのあるシャツなどはだらしない印象を持たれます。また「なるほどですね」「了解しました」などの間違った敬語表現を使わないよう気をつけましょう。

質問にしっかり答えられていない

質問の意図から外れた回答や、話の要点がわからない回答は減点の対象となります。

一次面接では応募者のコミュニケーション能力が問われるため、聞かれた質問に対して的確に答えなければなりません。

面接では、会話のキャッチボールを意識することが大切です。一方的にならず、コミュニケーションを取ることを意識して臨みましょう。

転職・退職理由が漠然としている

転職・退職理由が漠然としていると一次面接で落とされてしまいます。転職の目的が明確になっていないと、会社にとっては採用すべき人材なのか、判断できないからです。

また、転職理由が曖昧だと、志望動機やキャリアプランと一致せず、ちぐはぐな印象を与えることもあります。真面目に転職を考えていないと思われれば、面接官に悪い印象を与えたり入社意欲が低いと捉えられてしまいます。

面接官は質問に対する具体的な回答を求めているので、抽象的な回答はできるだけ避けましょう。

前職の不満を言う

面接で前職の不満を述べるのは絶対にやめましょう。面接官からは良い印象を持たれませんし、他責思考の人だと思われれば、評価は低くなります

企業は即戦力を探すだけでなく、会社に長く定着してくれる人も探しています。ネガティブな転職理由を伝えてしまうと、同じ理由でまた退職してしまう可能性はないかと、嫌煙されてしまうでしょう。

転職では前職に不満があるのは当然ですが、不満だけで終わらせず、転職先でどうしたいかに繋げるように伝えるのが大切です。

応募する企業が合っていない

求人情報から仕事内容や労働条件を把握していなかったり、募集していないポジションへのアピールをしてしまうと良い印象を与えることができません。

書類選考を通過したとしても、面接時のアピール内容によっては面接官に情報収集不足と判断されてしまいます。

応募すべき企業を判断するためには、事前に情報収集が必須です。企業について調べるなら、内部事情に詳しいマイナビエージェントなどの転職エージェントを利用しましょう。

能力やスキルが不足している

能力やスキルが不足している場合は、一次面接で不採用になります。

職種によっては実務経験やスキルの有無によって、一次面接の合否が判断されるからです。

中途採用を行う企業は、即戦力を求めている傾向があります。必要なスキルや経歴については、応募用件に記載があるので、しっかり確認してから臨みましょう。

転職の一次面接の通過率を上げるためのポイント!

転職の一次面接の通過率を上げるためのポイント!

予想質問に対する回答を考えておく

面接で聞かれる定番の質問にはあらかじめ答えられるようにしましょう。

職歴や自分の強み、キャリアプランなどを予め言語化しておくことで、採用担当者に向けて働く意欲をアピールすることができます。

本番でよどみなく話せるよう、面接で話す内容を実際に声に出して練習してみるのもおすすめです。

基本的なビジネスマナーをおさらいする

採用担当者は受け答えの内容だけでなく、挨拶や姿勢など基本的なビジネスマナーもチェックしています。

一次面接ではコミュニケーション能力や、ビジネスマナーの有無を合否の判断材料にしているからです。

身だしなみに清潔感はあるか、ビジネスパーソンとしてふさわしい言葉遣いができているか確認してから面接に臨みましょう。

真摯な姿勢・態度を示す

面接の場では、今後自分がどう成長していきたいか、どう貢献していきたいか、真摯な姿勢を示しましょう。

仕事に対する前向きな姿勢を示すことで、入社への意欲や熱意を採用担当者に印象づけることができ、面接での良い評価に繋がります。

同業他社との違いや企業ならではの魅力など、自分の応募理由を面接までに言語化しておきましょう。転職が単なるキャリアの一環ではないことを伝えることが大切です。

質問には端的に答える

質問に答えるときは、結論から話すことを意識しましょう。結論から話すことで、話の内容が伝わりやすくなります

回答が淡白にならないよう、結論を述べた後に補足として自分の考えや理由を述べても問題ありません。

結論の周辺情報から話してしまうと、回答の内容がずれてしまうので注意しましょう。

好印象を与える話し方を意識する

多少言葉に詰まったりしても問題ないので、笑顔でゆっくり話すことを意識しましょう

明るくハキハキと大きな声で話すことで、好印象に繋がります。話す時に身振り手振りを使うのもおすすめです。

話す内容を録音して聞いてみるなど、自分の話し方を客観的に聞いてみると改善点が見つかります。

転職エージェントと面接対策を行う

転職エージェントを活用し、業界や企業に合わせた面接対策をしましょう

エージェントとの模擬面接で客観的な視点からアドバイスを貰うことによって、受け答えの内容改善に繋がります。

転職エージェントを使用する際は、マイナビエージェントの登録がおすすめです。エージェントとの模擬面接で業界や企業に合わせた面接対策ができ、転職成功に近づきます。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

転職の一次面接でのよく聞かれる質問と解答例

転職の一次面接でのよく聞かれる質問と解答例

自己紹介

自己紹介に関する質問には、応募者の人柄を知りたい、話しやすい雰囲気作りをしたいという面接官の狙いがあります。また、この質問で応募者のコミュニケーション能力や簡潔に話すスキルがあるかどうかを判断します。

回答するときは、職務経歴や自分のスキルについて合わせて紹介しましょう。経歴や経験について話す際、実際の成果や実績を合わせて紹介することで「もっと知りたい!」という面接官の興味に繋がります。

また、自己紹介は内容を端的にまとめて1分程度で話しましょう。意気込みを述べた後は、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」などの挨拶で締めくくると好印象です。

【質問例】
「簡単に自己紹介をしてください」
「これまでの職歴・経歴を教えてください」


【回答例】
「〇〇と申します。△△大学を卒業し、その後□□で数年間〇〇の職務に携わってきました。特に〇〇の分野を得意とし、〇〇のプロジェクトでは□□のスキルを活かし△△の売上目標達成に貢献しました。御社では○○サービスの展開を強化されていくと伺い、私の経験が活かせると考えて応募いたしました。本日はどうぞよろしくお願いいたします」

志望動機

説得力のある志望動機をもとに「なぜ応募したのか?」という質問の意図に沿って答えることが重要です。

応募企業の特徴を把握していなければ、明確な志望理由を話すことはできません。企業分析のうえ、自分がその企業でしか成し遂げられないことや貢献したいことをベースに回答しましょう。

【質問例】
「当社を志望した理由を教えてください」


【回答例】
「前職では〇〇の経験を積んでまいりましたが、転職を考えるにあたり、HPで△△のような挑戦的なプロジェクトや貴社の〇〇に対する姿勢を拝見し、御社の〇〇に魅力を感じました。採用頂いた際は、自分の〇〇のスキルや〇〇などを駆使して御社の〇〇に貢献したいと考えています」

転職・退職の理由

応募者が同じ理由でまた退職してしまう可能性はないか、応募者と自社との相性は良いかを確認するための質問です。

たとえネガティブな理由で退職したとしても、前職の愚痴を述べてはいけません。回答時は自身のキャリアプランや転職の軸をベースに前向きな理由で転職活動をしている旨を伝えるよう心がけましょう。

【質問例】
「転職、退職の理由を教えてください」
「なぜ今の仕事を退職しようと思ったのですか?」


【回答例】
「異なる企業文化や働き方に触れ、新しい環境での仕事に挑戦したいと考えたためです。御社が取り組んでいる〇〇などの事業領域に強い興味を抱いており、その中での成長や貢献ができると感じました。また、御社の△△などの特徴は私のキャリア目標に合致しており、挑戦的な環境で自分を高めたいと考えています」

自分の強み・弱み

面接官は、応募者の経験やスキルがどれくらい企業に合致するかを見極めています。

強みに関して質問された際は、自分が持っているスキルや経験をアピールしましょう。エピソードや経験、強みが応募先でどう活かせるかと考えているか、結論の裏付けを加えながら回答する事が重要です。

一方で弱みを聞かれた際は、現状で足りていないスキル・キャリアに関して素直に述べましょう。結論として現状自分が抱えている弱みを述べた後、弱みに対する改善策や自身が取り組んでいることを伝えるのがベストです。

【質問例】
「あなたの強みと弱みを教えてください」


【回答例】
「私の強みとして、新しい環境や変化に迅速に適応できる柔軟性があります。これまでの経験で、異なるプロジェクトや役割に柔軟に対応してきました。また、新しい技術やトレンドに常に興味を持ち、自己学習能力を活かして常にスキルを向上させています。これにより、最新の情報を取り入れて業務に反映させています」

「弱みとしては、自分の仕事に対して高いクオリティを求めるあまり、時に細かな点にこだわりすぎることがあります。これを改善するために、大局的な視点を持ちながらも細部も見逃さないバランスを取るよう心がけています」

今までの実績・評価・業績

応募者が前職でどのような経験を積んでいたのかを聞く質問です。自己紹介と同様に端的な回答を求められる一方で、規模や経験、成果などのアピールポイントを抑えて要素を深掘らなくてはいけません。

回答するときは、これまでの経験を時系列にまとめ、具体例や規模感の分かる数字を織り交ぜつつ述べましょう。面接官が「もっと聞いてみたい」と感じるポイントを意図的に作れるとベストです。

【質問例】
「これまでの職務経歴について教えてください」
「これまでの経験を踏まえ、簡単に自己PRをお願いします」
「当社に入社していただいた際に生かせる経験やスキルは何ですか?」


【回答例】
「前職の株式会社〇〇では□□の職務に従事し、プロジェクトの効率的な運営とチームの生産性の向上に注力しました。 チームメンバーのスキルと経験を考慮してタスクを割り当て、個々の能力を最大限に引き出しました。メンバーのフォローに回れるよう定期的なミーティングを開催し、プロジェクトの進行状況を共有し、問題が発生した場合は迅速に対応しました。その結果、チームの生産性を20%向上させ、プロジェクトの成功率を大幅に改善しました。また、リーダーとしてチームの士気を高め、離職率を5%減少させました。前職で得たリーダーシップや〇〇や〇〇などのスキルを駆使して、御社の〇〇に貢献させていただきます」

今後のキャリアプランに関する質問

キャリアプランとは、将来的に仕事を続けるなかで何を目指し、どのようにキャリアを重ねていくかを設計・計画していくことを指します。

企業は応募者が即戦力かどうかを見極めるだけでなく、応募者のキャリアプランと企業の用意するポジション・キャリアパスが合致するかどうかを面接で判断しています。

回答する際は、自分が今後どんなキャリアプランを思い描いているのかを明確に、具体的に伝えましょう

【質問例】
「弊社にご入社いただいた際どのようなキャリアを歩みたいかを教えてください」


【回答例】
「今後のキャリアプランにおいて、まずは御社での業務を通じて新しいスキルを身につけ、△△のプロジェクトに参加することで〇〇の経験を積みたいと考えています。また、将来的には〇〇のポジションに挑戦し、貴社の成長に寄与していきたいと思っています」

転職の一次面接での逆質問ではこれを聞くべき!

転職の一次面接での逆質問ではこれを聞くべき!

一次面接で逆質問を求められたときは、働くときの具体的なイメージをもって質問することで、入社意欲や熱意をアピールできます。

逆質問の内容が選考結果を大きく左右することはありません。しかし、面接官は質問の有無や内容によって入社の意思を最後にチェックしています。逆質問を求められたときは必ず何か質問するようにしましょう。

自分が主導で話せるチャンスなので「特にありません」は絶対にNGです。また、給与や福利厚生、待遇などの労働条件に言及するのは避けましょう。仕事内容や会社よりも、条件面を重視する人だと思われてしまいます。

逆質問の例

  • 1日の業務スケジュールを教えてください
  • 社員に求める人柄やミッションを教えてください
  • 他部署との交流はありますか?

転職の一次面接を成功させるコツは?

転職の一次面接を成功させるコツは?

しっかりと自己分析を行う

自己分析を行うことで、面接官から聞かれた質問に対して明確に回答できるようになります。自己分析によってスキルや強み、経歴などのアピールポイントを改めて整理し、言語化できるからです。

例えば、自らの経験を深掘りした中に具体的な成果や数字があれば、それらを織り交ぜながら話すことで回答に説得力が生まれます。

自己分析は回答の裏付けを得られるだけでなく、自分の志向性の明確化にも繋がります。

キャリアの棚卸しをする

キャリアの棚卸しをすると、企業の求める人物像にマッチしていることを、様々な側面からアピールすることができます。自分の経歴を客観視することで、具体的なエピソードがより話しやすくなり、面接準備の土台になるからです。

未経験の業界に応募する際も、キャリアの棚卸しによって過去の経験を掘り下げることで、応用できるスキルや経験を見つけられることがあります。

また、どんな意識をもって仕事に取り組んできたのか、仕事に対する考え方をアウトプットしておくのもおすすめです。

転職の軸を明確にする

一次面接までに、転職したい理由や目的といった、自分の転職の軸を洗い出しておくことが重要です。現在の状況や今後のキャリアプランに絡めて志望動機を伝えられます

企業は転職の軸を応募者に質問することで、社風やキャリアパスがマッチするかを判断します。しっかりと答えられるよう、事前に準備しておくべきです。

洗い出しを行うときは、優先度を設定することをおすすめします。まず転職したい理由や目的、仕事に当たる中で大事にしたいことを明確にしてから、待遇や年収などの条件面を検討しましょう。

ポジティブな転職理由を伝える

ポジティブな転職理由を述べることで、自己成長やキャリア向上への意欲を面接官に伝えることができます。

企業は応募者のキャリアプランや転職の軸を重視するので、前向きな姿勢を見せることは良い評価に繋がります

転職理由をどう述べたら良いかわからなくなってしまったら、自己分析も兼ねて素直に書き出してみましょう。ネガティブイメージは、見方次第でポジティブな言葉に変換することもできます。

将来のキャリア像をアピールする

将来のキャリア像をしっかりと回答することで、積極性をアピールでき、面接官に好印象を与えることができます。

企業がキャリア像について質問するのは、応募者が目標を立てて計画的に行動できる人物か、判断したいからです。

企業に求められる立場によっては、キャリアプランを見直す必要があります。自分の持っているスキルや知識、ライフステージなどと照らし合わせて、キャリアプランを設計することをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用すれば、今後のキャリア目標や志向の言語化をサポートしてくれるため、一次面接の通過率向上に繋がります。

面談やカウンセリングを通じて、自分の経歴やスキルについて掘り下げれば、面接で聞かれた質問に対して明瞭に回答できるようになります。

転職エージェントに登録する際は、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントに登録することで、面接を円滑に進めるためのサポートを受けることができ、スムーズな転職活動が可能となります。

おすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
ビズリーチビズリーチ
リクルートエージェントリクルート
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

マイナビエージェント

20~30代の転職なら断トツでおすすめ

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
評価 ★★★★★
求人数 非公開
得意領域 未経験、既卒・第二新卒
雇用形態 正社員、契約社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡)

※2023年8月時点

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、若手の求職者に人気の大手転職エージェントです。新卒就職で最大手のマイナビが運営し、着実に実績を積んできています。

志望業界ごとに専任のキャリアアドバイザーがいるので、業界の情報を踏まえて応募書類の添削や面接対策を丁寧にサポートしてくれるのが魅力です。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策をしてもらえます。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
そーさいさん|20代前半|男性|WEB業界|2021.01.31
良い点
|ヒアリングが丁寧でした
初回の面談時、まだ自分の中で転職の軸が定まっておらず、一からお話をすることになりました。 今の仕事の話で嫌なことや楽しいこと、大学時代の話や就職活動の時の話などを聞きながら、自分が何を大切にしているのか、なにが嫌なのかが明確になり、軸ができてきました。
悪い点
|レベル感が合わなかった
期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)「ちょっと挑戦的だけど、提案してみました」と言っていましたが、挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。
男性アイコン
ahoyさん|20代後半|男性|調理師・栄養士|2021.01.25
良い点
|転職エージェントの中では一番良かった。
大手と呼ばれるエージェントの中では一番親身で希望通りの求人を紹介してもらえました。担当者の方のレスポンスも早く、ストレスが無かったです。転職活動は上昇だけを目指して行っていたのでかなり贅沢な内容で探していましたが最後まで丁寧な対応でした。
悪い点
|後々に
後々に自分で見つけた求人の方がもしかして好条件ではって思うところがありました。勿論内情はしらないですしエージェントの方はプロですのでネットで拾えた求人より質は高いと信じていますが、そこだけが若干引っかかっている部分ではあります。
男性アイコン
しんさん|20代前半|男性|事務員|2021.01.16
良い点
|求人の多さ
求人は多く,他サイトと比較しても多く感じました。最初の希望だけは来てもらえた。メールで事前対応をしてもらったのですがそこは普通で特に不満な点はなかった。その他でいい点は特になかった。私自身の本位とは全くかけ離れた対応が目立った。
悪い点
|対応がひどい
面談を行ったが,私の目的を聞いても全く親身になってくれず,露骨にため息もつかれ最悪だった。志望する業界に対する知識不足感が素人目でも分かり,不信感が募るばかり。話し方も上から目線で偉そうで最低な対応。

ビズリーチ

年収アップにおすすめの転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
評価 ★★★★★
求人数 90,369件
得意領域 ハイクラス
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島)

※2023年8月時点

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。登録すると過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージが届きます。

スカウトは厳選された優良企業やヘッドハンターから直接届きます。キャリアに自信がある求職者におすすめの転職エージェントです。

また、ビズリーチでは税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランで、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえます。まずは、無料プランから利用してみましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
ニックネームさん|20代後半|男性|ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)|2021.10.13
良い点
|自身のキャリアアップに繋がった
ビズリーチに掲載されているものは専門的でハイクラスな求人が多く、自身が望むようなキャリアアップにかなり繋がりました。また、ハイクラスな業務内容なため、前職よりも大幅に年収をアップすることに成功しました。
悪い点
|転職先が決まるまでに時間がかかった
基本的に企業からスカウトされるのを待つ形式なため、スカウトをもらえなければ、転職先が見つかるまでに時間がかかりました。私自身若手ということもあり、あまりアピールできる実績がなく、スカウトが来るまでに時間がかかりました。
男性アイコン
たかしさん|20代後半|男性|製造業|2021.05.07
良い点
|ヘッドハンターの数が多い
とにかくヘッドハンターの数が多く、誰を選んでいいのか迷うぐらいたくさんのヘッドハンターからのスカウトがありました。自分のやりたことと照らし合わせながらヘッドハンターを選べるのは良いと思いました。また、専門分野に特化したヘッドハンターもいて専門性を求める人には良いサービスだと思いました。
悪い点
|アフターフォローが今ひとつ
アフターフォローがもう少しあっても良いのではないかと思いました。登録後ビズリーチの担当から電話があり、今後の進め方などの説明がありましたが、それ以降何も連絡がなく、困った時にどこに問い合わせていいかわからなかったです。

リクルートエージェント

業界トップクラスの転職エージェント

リクルートエージェント

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 公開・非公開求人数が業界トップクラス
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーがサポート
  • 書類の添削や面接対策が手厚い
評価 ★★★★★
求人数 596,882件
得意領域 幅広い業界・年代に対応
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • 丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

※2023年12月時点

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは、求人数・転職実績ともに国内トップクラスの転職エージェントです。非公開求人数も20万件以上を誇り、豊富な選択肢の中から自分に合った転職先を探せます。

書類添削や面接対策が充実しており、選考を通過しやすい書類の書き方や企業が見る面接のポイントなど、転職成功率を高めるサポートが受けられるのが強みです。

キャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングや、求職者に寄り添ったアドバイスなども評判が良く、年齢や業界を問わずおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
27歳|男性
良い点
|転職サポートが丁寧
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
32歳|女性
良い点
|理想の求人に巡り合えた
大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|地方在住の大卒以外だと使いにくい
地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

一次面接の通過率に関するQ&A

質問への回答が思いつかないときはどうしたら良い?

うまく話せなかったり、多少言葉に詰まっても、自分の言葉で思いを伝える姿勢を見せましょう

面接官は、全ての質問に対して完璧な受け答えを求めているわけではありません。

面接時のビジネスマナーや応募者が話す内容など、さまざまな要素をチェックして合否を決定します。

答えづらい質問が来たらどうする?

完璧に答えることを意識しすぎず、答えられる範囲で回答しましょう。黙り込んでしまったりすると、評価が下がってしまう可能性があるからです。

回答時に「自分の考えですが~」「個人的には~」と前置きを入れるのもポイントです。また、回答できないこと、回答したくないことはその場では回答を控えても問題ありません。

考えても答えが出なかったときは、早々に切り替えて「わかりません」「うまく答えられません」と答えるのも一つの方法です。気持ちを切り替えて、次の質問で挽回しましょう。

面接に遅刻したときはどうすればいい?

すぐに連絡し、素直に遅刻の理由を伝えましょう。面接する担当者側も予定の変更や調整が必要になるからです。この時、企業に連絡をしないまま面接を欠席することだけは絶対にやめましょう。

遅刻したことが必ずしも不採用に繋がるとはいえません。諦めず適切に対処すれば、採用に繋がる可能性もあります。重要なのはその後の対応です。

やむを得ない出来事により遅刻をしてしまった時は、気持ちを切り替えて冷静に対応しましょう。また、日頃から社会人としてスケジュールを調整したり、体調管理を徹底することを心がけてください。

面接後のお礼メールは送るべき?

お礼メールは、必ず送らなければいけないわけではありません。お礼メールの有無が、選考結果に影響することもほとんどありません。

しかし、応募者の印象が強く残っているうちに感謝を伝えることで、少なからず好印象を与えられます。面接のお礼だけでなく、入社意志をメールの文面に加えることで積極性をアピールすることもできます。

面接で聞きそびれたこと、確認したいことなどがあれば、お礼メールを送るときに質問しても構いません。

Web面接で気をつけるべきことは?

Web面接では、カメラの画角や部屋の明るさに注意しながら、大きなリアクションを心がけましょう。画面越しだと表情が分かりづらく、環境によっては暗い印象を与えてしまいかねないからです。

また、接続環境が悪いと声が届きにくくなったり、タイムラグが発生してしまうなどのトラブルに見舞われる可能性もあります。

面接中のトラブル発生を避けるためにも、事前に端末の設定や通信環境の準備をしてから面接に臨みましょう。

二次面接の案内メールには返信した方がいい?

二次面接の案内メールが来たときは、必ず返信しましょう。「○月○日○時に伺います」と時間や場所を記載して返信することで、採用担当者とお互いに日程の確認ができます。

メールを受信してから、少なくとも24時間以内に返信しましょう。返信が遅いと志望度が低いと思われてしまう可能性があります。

また、二次面接の案内メールへ返信する時は面接通過へのお礼も伝えましょう。簡潔な文章で当日の意気込みを添えておくと、企業に志望意志がより伝わります。

面接会場にはどれくらい前に到着していればいい?

面接会場には5~10分前に到着するのがベストです。到着がギリギリになってしまうと、企業にマイナスな印象を与えてしまいます。移動時間を事前に想定したうえで行動しましょう。

また、あまりにも早く到着してしまうと、採用担当者の業務に差し支える恐れがあります。面接は応募者だけの時間ではありません。常に相手の立場を考え、配慮することが必要です。

もし10分以上前に到着してしまった場合は、面接の最終確認をしたり、身だしなみを整えたりして待ちましょう。

面接の結果はいつわかる?

面接の結果が応募者に届くまで、およそ1週間から10日前後とされています。しかし、企業によっては一週間以内に連絡が来たり、連絡まで10日以上かかることもあります。

面接結果の通知が遅くなる理由としては、企業の選考スケジュールの長期化が考えられます。合否連絡が遅くても、必ずしも不合格だとは限らないので、注意しましょう。

心配な時は、面接時に「選考結果のご連絡はいつ頃を予定していますか」など期日に関する質問を行い、企業に期日の目安を聞きましょう。また、メールや電話での問い合わせを検討しましょう。

面接の選考はどのくらいの回数行うの?

転職時の選考回数は、平均2回とされています。面接が段階的に行われる理由としては、企業が応募者の適性や能力を把握したり、ミスマッチを防ぐことを目的としています。

職種や業界によって、面接の回数は変わります。例えば金融業界や規模の大きい企業は、様々な役職者が段階的に面接を行うことが多いため、面接回数が平均より多く設定される傾向があります。

一方、医療系職種や技術系職種は面接回数を少なく設定する傾向があります。個人のスキルを重視する業界では、書類選考の段階で技術力や職務経験を確認しています。

まとめ

一次面接の平均通過率は30%とやや低いですが、対策を行うことで通過率を飛躍的に上げることができます。今回解説した内容を踏まえて面接にチャレンジすることで、転職成功につなげていきましょう。

一次面接対策が不安な人は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。例えばマイナビエージェントでは、一次面接の対策やキャリアの棚卸しの手伝いなど、充実した転職サポートを受けることができます。

マイナビエージェントは、転職が成功するか不安な人の心強い味方です。これから一次面接の対策を始める人や、一次面接が突破できず悩んでいる人は、ぜひ登録してみてください。

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事