年収

大卒の平均年収はどのくらい?年齢別・業界別の年収データや高卒との差も解説!

大卒の平均年収はどのくらい?

「大卒の平均年収はどれくらい?」

「自分の年収は低い?年齢別の年収を知りたい」

年収は働くうえで1番と言ってもいいほど重要なものです。しかし、世の中の平均年収を知らないと、人生の将来設計や自分の年収が適正か判断できません。

そこで、この記事では20代~50代の年齢別・性別の大卒平均年収データを紹介しています。業界別の年収データや、高卒との違いについても解説しているので、人生設計や就職・転職の参考にしてください。

【大卒の平均年収】男性470万円・女性345万円

大卒の平均年収

大卒者(大学院除く)の平均年収は、男性が約470万円、女性が約345万円です(令和2年)。月収にすると男性が約39万円、女性が約28.7万円です。

上記の年収データは賞与や残業代を含まない額で、年間の平均賞与約60万円と平均残業時間120時間(×1,000円)を加えると、男性542万円、女性417万円となります。(出典:厚生労働省)

また、手取りは一般的に収入の0.8倍になるので、賞与含めて男性は437万円、女性は334万円の手取りとなります。

大卒の年代別年収と月収一覧

年代別平均年収と平均月収一覧

年代 男性 女性
20代前半 年収:2,749,200円
月収:229,100円
年収:2,718,000円
月収:226,500円
20代後半 年収:3,194,400円
月収:266,200円
年収:2,992,800円
月収:249,400円
30代前半 年収:3,766,800円
月収:313,900円
年収:3,303,600円
月収:275,300円
30代後半 年収:4,382,400円
月収:365,200円
年収:3,578,400円
月収:298,200円
40代前半 年収:4,996,800円
月収:416,400円
年収:3,843,600円
月収:320,300円
40代後半 年収:5,538,000円
月収:461,500円
年収:4,090,800円
月収:340,900円
50代前半 年収:6,319,200円
月収:526,600円
年収:4,584,000円
月収:382,000円
50代後半 年収:6,198,000円
月収:516,500円
年収:4,575,600円
月収:381,300円

参考:新規学卒者の月収|厚生労働省

年代別の平均年収は、男女ともに50代前半まで上がっていき、50代後半になると下がる傾向にあります。男女の比較では、女性の月収の伸びが鈍く、男性の年収が最終的に倍以上の額になるのに対し、女性は50代でも2倍に届きません。

また、収入ごとの生活レベルを以下の記事で紹介しているので、参考にしてください。

【年代別】大卒の平均年収

年代別大卒の平均年収

※以下の数値は賞与、残業代を含んでいません

▼20代大卒 ▼30代大卒 ▼40代大卒 ▼50代大卒

20代大卒の平均年収​

年代 男性 女性
20代前半 2,749,200円 2,718,000円
20代後半 3,194,400円 2,992,800円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

20代大卒の平均年収は、男性が約275万円~320万円、女性が約272万円~300万円です。20代前半だと男女差は数万円の微々たるものですが、20代後半になると20万円ほどの差があります。男性の方が総合職に就く割合が多いことが原因と考えられます。

企業規模別

※大卒以外も含む

企業規模 20代前半 20代後半
大企業 2,647,800円 3,065,400円
中企業 2,517,000円 2,892,000円
小企業 2,429,400円 2,767,200円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

平均年収は企業の規模によって異なります。20代での平均年収を比べると、大企業の方が小企業と比べて10%程年収が高いです。

【企業規模とは】
厚労省の調査では、常用労働者1,000人以上を「大企業」100~999人を「中企業」10~99人を「小企業」に区分しています。

業界別

※大卒以外も含む

業種 20代前半 20代後半
建設 2,632,200円 2,968,200円
製造 2,335,200円 2,654,400円
情報通信 2,740,200円 3,186,600円
運輸・郵便 2,534,400円 2,793,000円
卸売・小売 2,493,600円 2,873,400円
金融・保険 2,676,000円 3,187,200円
宿泊・飲食 2,377,200円 2,599,200円
教育・学習 2,567,400円 3,086,400円
医療・福祉 2,677,200円 3,049,800円
サービス業 2,530,800円 2,757,600円

※参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

平均年収を業界別で見ると、20代前半では情報通信業が最も高いです。20代後半になると、金融・保険業が最も平均年収が高い業界ですが、情報通信業との差はほとんどありません。

30代大卒の平均年収

年代 男性 女性
30代前半 3,766,800円 3,303,600円
30代後半 4,382,400円 3,578,400円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

30代では、年齢を重ねるにつれ、男女の年収差が大きくなります。女性は出産・育児で、男性に比べ昇進・昇格が少ないためと推測されます。

企業規模別

※大卒以外も含む

企業規模 30代前半 30代後半
大企業 3,469,200 3,855,000
中企業 3,159,600 3,472,200
小企業 2,958,600 3,171,600

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

30代では企業規模別の平均年収差は20代より大きくなり、小企業では30代後半で得られる年収を、大企業では30代前半時点で上回っています。

業界別

※大卒以外も含む

業種 30代前半 30代後半
建設 3,264,000円 3,498,000円
製造 2,941,800円 3,237,000円
情報通信 3,697,800円 4,105,200円
運輸・郵便 2,992,800円 3,147,600円
卸売・小売 3,129,600円 3,448,800円
金融・保険 3,880,200円 4,626,600円
宿泊・飲食 2,839,200円 3,048,000円
教育・学習 3,630,000円 4,050,600円
医療・福祉 3,331,200円 3,555,600円
サービス業 2,955,000円 3,163,200円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

30代の平均年収は、前半・後半ともに金融・保険業界が最も高く、30代後半では宿泊・飲食業の1.5倍以上の年収です。

40代大卒の平均年収

年代 男性 女性
40代前半 4,996,800円 3,843,600円
40代後半 5,538,000円 4,090,800円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

40代の平均年収は、男女の差が30代より大きくなり、男性は女性に比べ3割ほど平均年収が高くなります。

男性は40代では管理職に就くことも多いことに対し、女性は子育てなどで昇進・昇格が遅く、また女性自身が管理職ポジションを考えていないことが推測されます。

企業規模別

※大卒以外も含む

企業規模 40代前半 40代後半
大企業 4,155,000 4,355,400
中企業 3,747,600 3,918,000
小企業 3,373,200 3,528,000

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

40代の平均年収を企業規模別で見ると、40代では規模ごとの乖離が大きくなっています。小企業の40代後半の年収より中企業の40代前半の年収が高く、更に中企業の40代後半の年収より大企業での40代前半の年収が高いです。

業界別

※大卒以外も含む

業種 40代前半 40代後半
建設 3,688,800円 4,050,600円
製造 3,480,600円 3,698,400円
情報通信 4,679,400円 5,056,800円
運輸・郵便 3,174,000円 3,229,800円
卸売・小売 3,739,800円 3,937,800円
金融・保険 5,246,400円 5,485,800円
宿泊・飲食 3,226,800円 3,259,200円
教育・学習 4,580,400円 4,913,400円
医療・福祉 3,789,600円 4,014,600円
サービス業 3,307,200円 3,353,400円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

40代の業界別平均年収は、30代と変わらず金融・保険業界が最も高いままです。20代前半の平均年収と比べると、運輸・郵便業が1.3程度の伸びなのに対し、金融・保険業は倍以上の平均年収になっています。

50代大卒の平均年収

年代 男性 女性
50代前半 6,319,200円 4,584,000円
50代後半 6,198,000円 4,575,600円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

50代の平均年収は、全年代で最も高いですが、他の年代と異なり50代後半では年収が下がることが特徴です。また、40代より男女差が更に広がり、50代前半では170万円以上の差があります。

企業規模別

※大卒以外も含む

企業規模 50代前半 50代後半
大企業 4,626,600 4,572,000
中企業 4,145,400 4,167,000
小企業 3,598,800 3,609,000

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

50代の平均年収を企業規模別で見ると、大企業以外ではわずかですが、50代後半になっても平均年収は上がっています。大企業では年収は下がりますが、退職金が中小企業より高額な傾向です。

▼企業規模別の退職金(タップで開閉)
企業規模 退職給付額
(退職一時金+企業年金)
大企業 44,680,000円
中企業 23,296,000円
小企業 データなし

参考:平成28年民間企業の勤務条件制度等調査|人事院

業界別

※大卒以外も含む

業種 50代前半 50代後半
建設 4,222,200円 4,164,000円
製造 3,927,600円 3,877,200円
情報通信 5,701,200円 6,117,000円
運輸・郵便 3,267,600円 3,202,800円
卸売・小売 4,213,800円 4,093,200円
金融・保険 5,725,800円 5,155,200円
宿泊・飲食 3,259,800円 3,097,200円
教育・学習 5,293,800円 5,590,200円
医療・福祉 4,461,600円 4,660,800円
サービス業 3,432,600円 3,343,200円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

50代前半の平均年収では金融・保険業界がトップですが、50代後半になると情報通信業界が1番高くなります。50代後半では、教育・学習業界が2番手になり、金融・保険業界は3番手にまで落ちます。

大卒と高卒の平均年収の違い

大卒と高卒の平均年収の違い

大卒 高卒
20代前半 2,733,600円 2,363,400円
20代後半 3,093,600円 2,607,600円
30代前半 3,535,200円 2,791,800円
30代後半 3,980,400円 3,007,800円
40代前半 4,420,200円 3,199,800円
40代後半 4,814,400円 3,403,800円
50代前半 5,451,600円 3,473,400円
50代後半 5,386,800円 3,526,200円

参考:厚生労働省|賃金構造基本調査

大卒と高卒で平均年収を比べると、20代前半から大卒の方が多くの年収を得ていることが分かります。両者の差は年齢が上がるごとに大きくなり、50代では1.5倍以上の差です。大卒と高卒では年収の上がり方も大きく異なります

大卒と高卒の初任給の違い

大卒と高卒の初任給の違い

大卒 高卒
男性 227,200円 179,500円
女性 224,600円 174,600円

参考:令和2年 新規学卒者の学歴別賃金|厚生労働省

大卒と高卒では、初任給が約4万円(20%以上)異なります。大卒の場合、初任給の男女差が高卒の場合に比べ、半分ほどなのも特徴です。また、賞与を含めずに考えると、年間約48万円の差があります。

業種別の大卒初任給

令和元年のデータのため参考程度にご確認ください。

業種 大卒男性 大卒女性
建設 218,200円 211,200円
製造 207,700円 204,400円
情報通信 218,300円 217,800円
運輸・郵便 203,400円 199,100円
卸売・小売 213,800円 207,000円
金融・保険 213,900円 201,700円
不動産 218,100円 207,300円
宿泊・飲食 203,700円 199,000円
教育・学習 215,300円 206,700円
医療・福祉 204,000円 208,100円
サービス業 204,900円 205,900円

参考:令和元年 賃金構造基本統計調査|厚生労働省

業界ごとに初任給も異なり、最も差のある大卒女性の「宿泊・飲食」と「情報通信」では、10%近い差が生まれています。給与の差は年齢が上がるにつれ大きくなるため、初任給が低い業界では、仕事を続けても高年収は期待しにくいです。

学歴別の平均初任給の年間推移

年度 大卒 高卒
男性 女性 男性 女性
2015 204,500円 198,800円 163,400円 156,200円
2016 205,900円 200,000円 163,500円 157,200円
2017 207,800円 204,100円 164,000円 158,400円
2018 210,100円 202,600円 166,600円 162,300円
2019 212,800円 206,900円 168,900円 164,600円

参考:賃金構造基本調査|厚生労働省

平均初任給は学歴・性別問わず年々上がっています。大卒と高卒では4万円程度の差があり、男女差は大卒・高卒ともに5,000円ほどです。

大卒と高卒の生涯賃金の差は約6,000万円

大卒と高卒の生涯賃金の差約6000万円

大卒 高卒
男性 27,200万円 21,300万円
女性 21,500万円 15,200万円

参考:労働政策研究・研修機構|ユースフル労働統計2020

大卒と高卒の生涯賃金の差は、男性で5,900万円、女性で6,300万円です。高卒の方が勤務年数は長いですが、生涯賃金では大卒者に大きく差をつけられています。大学の学費を考えても、生涯賃金は大卒の方が有利と言えます。

※生涯賃金:大学・高校を卒業後、60歳まで働いた際の給与と賞与の総額

まとめ

大卒の平均年収は、男性で約530万円、女性で約405万円と男女で100万円以上の差があります。全年代で大企業の方が平均年収が高く、年齢が上がるほど企業規模ごとの差は大きくなります。業界では情報通信と金融・保険業界の年収が高い傾向です。

もし自分の年収が低いと感じたら、転職を考えてみましょう。同じ仕事でも業界や企業規模が変わるだけで、年収が大幅にアップする可能性もあります。ビズリーチを使えば、豊富なハイクラス求人を探すことができ、優良企業からのオファーもあります。

転職を考えていなくても、自分の市場価値を知ることができるので、転職サービスの利用はおすすめです。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス