転職活動は落ちて当たり前?不採用の理由や傾向と対策を解説

転職活動は落ちて当たり前?

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

「転職活動は落ちて当たり前?」

「不採用になった理由が知りたい」

転職の際は、複数社にエントリーして活動を行う人が多いです。しかし、応募企業のほとんどに落とされたり、何社くらい応募したらいいのかわからず、不安になりますよね。

そこでこの記事では、転職活動は落ちて当たり前か解説します。不採用になる理由や、傾向と対策・落ちた際に行うことを記載しています。おすすめの転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

転職を成功させるなら転職エージェントを利用しましょう、年収アップを狙っているならビズリーチ、手厚いサポートを受けたいならマイナビエージェントへの登録がおすすめです。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

転職活動は落ちて当たり前?

転職活動は落ちて当たり前?

転職活動で選考に落ちるのは当たり前

転職活動で選考に落ちるのは当たり前です。多くの人は転職活動の際、落ちる前提で複数社にエントリーしています。中には、100社応募して落ちたという声も存在します。

なお、マイナビ転職の調査によると、転職での応募社数平均は8.4社のようです。応募した企業全てに受かる人はほとんどいないので、落ちるのは当たり前と言えるでしょう。

内定率を少しでも上げたい場合、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントの中でもビズリーチは、ヘッドハンターから転職アドバイスが受けられるので、転職時の不安を取り除いてくれます。

辛い・否定されたと感じる人は多い

転職活動で選考に落ちて、辛い・否定されたと感じる人は多いです。しかし、何社受けても落ち続けてしまったり、最終面接まで進んでも不採用になるケースは、よく起こることなので、気にする必要はありません。

たとえば、スキルが応募要件を満たしていても、企業のカルチャーにマッチしないことを理由に、採用を見送るケースもあります。選考に落ちても必要以上に落ち込まず、気持ちを切り替えて次の選考に臨みましょう。

また、何度も選考に落ち続ける場合は、選考に向けた「対策方法」や「準備」に問題があると考えられます。転職活動で落ち続けて悩んでいる人は、原因を突き止めて1つずつ対策していきましょう。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

「転職活動は落ちて当たり前」といわれる理由

「転職活動は落ちて当たり前」といわれる理由

  • 書類選考通過率が30~50%だから
  • 年齢が上がるにつれて応募社数平均が増加するから
  • 転職活動は複数応募が前提だから

書類選考通過率が30〜50%だから

企業に応募すると書類選考が行われますが、書類選考の通過率は30〜50%程度と言われています。つまり、書類選考の段階で、受かる人よりも落ちる人の割合のほうが高いのです。

通過率を踏まえると、「何社か応募したものの軒並み書類選考落ち」といった状況になったとしても、不自然ではありません。そもそも選考通過率が決して高くないことから、転職活動は落ちるのが当たり前と言われます。

年齢が上がるにつれて応募社数平均が増加するから

年齢が上がるにつれて、応募社数平均が増加することも「転職は落ちて当たり前」といわれる理由の1つです。転職は新卒採用とは異なり、保有スキルや業務知識・業界経験などが細分化された市場で戦う必要があります。

また、企業側の人材ニーズと、応募者の保有スキルが一致する確率も年齢とともに下がっていくことから、一般的に年齢が高いほど応募社数が多くなりがちです。

選考を受ける年齢によっては、10社以上に応募しなければ、内定を獲得できないケースもあります。こうした事情から「転職活動は落ちて当たり前」といわれるのです。

転職活動は複数応募が前提だから

転職活動で応募する企業は1社だけではなく、複数社へ同時に応募するのが一般的です。書類選考の通過率が30〜50%程度なので、書類選考から1次・2次面接へと進むには、6〜10社程度は応募しておくのが現実的です。

多くの人は、不採用通知を受け取る数が多くなることを想定した上で、応募社数を確保しているため、転職活動では結果的に「落ちるのが当たり前」と言えます。

沢山の企業に応募するなら、求人数の多いマイナビエージェントや、ハイクラス企業の非公開求人を保有しているビズリーチには登録しておきましょう。興味のある求人が見つかる可能性が上がります。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていませんか?年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することです。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高いです。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されています。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、ぜひ活用しましょう。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

転職活動で落ちる「意外な理由」とは?

転職活動で落ちる「意外な理由」とは?

企業カルチャーに合わなかったから

応募者のスキルが応募要件を満たしていても「企業カルチャーに合わない」と判断された結果、不採用になる場合があります。企業独自のカルチャーと応募者が合っているかどうかは、重要な採用基準の1つです。

ただし、企業カルチャーに合うかどうかは定量評価できないので、応募者の人材価値とは直接関係のない部分でもあります。なお、応募者が企業カルチャーに合うか、判断を下すのは採用担当者です。

そのため、実際にはスキル・カルチャーの両面で適した人材でも、採用担当者の実力不足で不採用になるケースもあり得ます。選考に落ちたとしても一概に応募者に原因があるとは限りません。

仕事スタイルが合わなかったから

仕事スタイルが合わないと判断されて不採用になる場合もあります。大企業で長年勤めてきた人材が、ベンチャー企業に応募した場合など、仕事の進め方が従来と大きく異なるため、ミスマッチが発生しやすいからです。

応募者にとっては当たり前の仕事の進め方が入社先では通用しないなど、お互いにストレスを抱える原因にもなりかねません。

たとえば、応募先企業が自社の部署や社風、現状のプロジェクト進行を鑑みて選考を進めている場合、スキルマッチする人材でも、「仕事スタイルが合わない」という理由で採用を見送るケースがあります。

転職活動で落ちる人・落ちまくる人の特徴

転職活動で落ちる人・落ちまくる人の特徴

  • ビジネスマナーを身に付けていない
  • 聞きたいことに答えられていない
  • 応募先企業で実現したいことを伝えられていない
  • 落ちる理由を「他責」で考えている
  • 自分の実力を過大評価している
  • ハイスペック過ぎて敬遠される

ビジネスマナーを身に付けていない

ビジネスマナーを身に付けていない人は、不採用になりやすいです。転職の際、企業は応募者を社会人経験者として扱うので、基本的なビジネスマナーは習得済みなのが前提です。

ビジネスマナーが問われる場面は、面接時の振る舞いだけに留まりません。応募時のメッセージの送り方や電話での受け答え、身だしなみに至るまで、あらゆる事項が評価対象になります。

採用担当者はあくまでも初対面の相手であるため、ビジネスマナーの1つ1つが第一印象に直結することを認識し、細心の注意を払う必要があります。

聞きたいことに答えられていない

質問に対して的確に答えられていないことは、不採用の原因になります。聞きたいことに答えられていない場合、コミュニケーション能力不足を疑われる恐れがあるからです。

面接では「話したいことを伝える」よりも「聞かれたことに答える」を優先しましょう。たとえば、前職での業務経験について聞かれているにも関わらず、「実績のアピール」ばかりしても仕方ありません。

具体的な成果を問われている場面で「非常に多くの」のような、抽象的な伝え方になっているケースも同様です。不採用が続いているようであれば、的確に質問事項に答えていたかどうかを振り返ってみましょう。

応募先企業で実現したいことを伝えられていない

応募先企業で実現したいことを伝えられていないのは、不採用の原因の1つです。採用担当者は「この人を採用することで、自社にどんなメリットがあるのか?」を常に考えています。

前職の実績をアピールしても、その経験が転職先でどう活かせるのかを伝えなければ、採用後のイメージが湧きません。入社後に実現したいことを伝えるために、応募先企業について十分にリサーチしておく必要があります。

企業研究を十分に行うために、転職エージェントは利用するべきです。ビズリーチなら、各企業に詳しい担当者がいるので、求人票からでは分からない内情なども教えてもらえます。

落ちる理由を「他責」で考えている

選考に落ちる理由を自分以外の何かに見出す思考は、不採用の原因となります。転職理由を上司や同僚のせいにしたり、今後のキャリアに関する決断を他人任せにすると、ネガティブな印象に繋がってしまいます。

また、他責思考は癖になりやすく、転職後に仕事がうまくいかなかった場合にも、外部要因のせいにしてしまいがちです。

もし選考に落ち続ける理由を「社会情勢が悪い」「時代が悪い」といった、自分以外の要素に見出している面があるなら、早急に改めましょう。

自分の実力を過大評価している

自分の実力を過大評価することは、不採用に繋がる原因です。現職までの実績をアピールすることは重要ですが、実績は自分1人で作り上げてきたものではありません

勤務先のネームバリューや商品のブランド力・取引先の技術力といった、さまざまな要因に支えられてきたことを認識する必要があります。

特にキャリアアップを目指して転職活動を進めている人は要注意です。実績を強調し過ぎてしまうと、自身を過大評価していると思われる可能性があることも意識しておきましょう。

ハイスペック過ぎて敬遠される

応募者のスキルが応募要件に対して高過ぎるなど、ハイスペック過ぎることが不採用の原因となるケースもあります。

優秀な人材が応募してくることは、企業にとってメリットのように思えますが、実際に採用した場合、その人物をマネジメントしなくてはなりません

優秀な人材ほど社内の問題点にいち早く気づいたり、マネジメントの力量不足を察知したりするものです。断定はできませんが1つの可能性として、「ハイスペック過ぎる」という理由から、不採用になるケースもあるでしょう。

書類選考で落ちまくっている人の傾向と対策方法

書類選考で落ちまくっている人の傾向と対策方法

  • 応募要件を満たしていない
  • 希望条件とマッチしない
  • 経験やスキルが足りない
  • 短期離職の回数が多い
  • 人柄や熱意が伝わらない
  • 書類に不備がある

応募要件を満たしていない

そもそも求人に記載されている応募要件を満たしていない場合、書類選考で落ちる確率が高くなります。応募要件を満たしていないと判明した時点で、採用候補者から外すケースが多いからです。

必須の資格や業務経験について、求人情報に記載されている場合は、条件を満たしているか十分に確認しましょう。ただし、応募要件を完全に満たしていなくても採用されることがあります。

求められている要件の代替となり得るスキルを持っていたり、応募先企業の業務知識が豊富だったりすれば、面接へと進める場合もあります。応募要件を満たしていない場合は、代替となるスキル・経験を必ず記載しましょう。

希望条件とマッチしない

企業の募集条件とマッチしない人は、書類選考で落とされがちです。例えば「全国転勤が可能な方」と、求人に記載されているにも関わらず「東京都内での勤務を希望」していると、求める人材の条件に合わないと判断されます。

自分にとって必須の希望条件を満たしていない求人は、応募を控えるほうが得策です。また、叶えたい条件は面接時に相談するなどして、応募書類に条件を多く書きすぎないようにしましょう

応募書類に記載されている条件は、必須条件と見なされる可能性があります。必要に応じて面接時に質問するなど、柔軟に対応するのがおすすめです。

経験やスキルが足りない

応募先企業が求める業務経験やスキルに満たない場合、書類選考の通過は難しいです。中途採用者に対して即戦力を求める企業も多いため、異業種出身者や職種未経験者は不利になりやすいです。

求人情報に応募要件が記載されている場合、経験年数や想定するスキルレベルも確認しておきましょう。実際には経験やスキルが応募要件を満たしているにも関わらず、応募書類でアピールし切れていない可能性もあります。

経験年数や具体的な業務内容を職務経歴書に記載し、客観的に伝わるようにアピールすることが大切です。経験やスキルをまとめて記載して、採用担当者の目に留まりやすくするなど、書き方を工夫することをおすすめします。

短期離職の回数が多い

短期間で転職を繰り返している場合、採用に際して難色を示される可能性があります。過去に短期離職を繰り返している人材は、転職後も再び短期間で退職するリスクが高いと見られやすいからです。

多くの企業は、せっかく採用した人材が、短期間で辞めるリスクを避けようとする傾向があります。短期離職の回数が多い人は、一定の判断軸に基づいて転職してきたことを明確に記載しましょう。

転職理由が一貫しており、かつ客観的に見て納得できる理由であれば、転職回数そのものは直接的な不採用の理由になりません。複数回の転職で得られたスキルや業務知識を、しっかり伝える工夫をしましょう。

人柄や熱意が伝わらない

応募書類は正式な人事資料ですが、あまりにも事務的な書き方に留めていると人柄や熱意が伝わらない恐れがあります。特に自己PR欄や志望動機欄は自分の言葉で記載できる項目のため、人柄や熱意を伝えるチャンスです。

例えば、志望動機が「応募先企業でなければならない理由」になっているか、よく確認しましょう。同じ業種・職種であれば実現できることを志望動機に記載しても、熱意は十分に伝わりません。

企業理念や社風について入念にリサーチし、その企業に「どうしても入社したい」という熱意を伝えるべきです。応募書類を通じて、一生懸命さや仕事に対する情熱が伝わることで、人柄を評価してもらえる可能性もあります。

書類に不備がある

応募書類に不備があると、選考を通過できない確率が高まります。志望度の高い企業であれば、提出前に十分に確認した上で送付するのが一般的な感覚です。

書類に不備がある時点で、「志望度が高くない」「優先順位が低い」と見なされる可能性があります。複数の企業で応募書類を使い回していると、書類の不備が発生しやすいです。

応募書類は必ず1社ごとに十分な見直しを行い、各社に合わせた追記事項を加えましょう。志望度の高い企業であれば、経歴や保有資格など、必要最小限の項目以外は新たに作成し直すのが理想です。

書類選考で落とされ続けるなら転職エージェントを利用する

書類選考で落とされ続ける人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。キャリアの棚卸や、文章の公正などを手伝ってくれるだけでなく、企業へのアピールポイントも教えてくれます

転職エージェントの中でもおすすめは、ビズリーチです。優秀なヘッドハンターから求人紹介以外に、職務経歴書の添削や面接の練習といった転職サポートもしてくれます。

面接で落ちまくっている人の傾向と対策方法

面接で落ちまくっている人の傾向と対策方法

  • 身だしなみが悪い
  • 清潔感がない
  • 覇気がない
  • 遅刻する
  • 声が小さく自信が感じられない
  • 感情を表に出しすぎる
  • 質問に対する答えを返していない
  • 質問に答えられず無言になる
  • 質問の答えが長すぎる・短すぎる

身だしなみが悪い

身だしなみは、第一印象を大きく左右する要素の1つです。面接に限らず、社会人として必ず注意を払うべきマナーのため、身だしなみが悪いと大きなマイナスポイントになりかねません

これまでに受けた面接で、身だしなみに問題がなかったか注意深く振り返ってみてください。例えば、普段から着ているスーツを面接に着て行く場合、面接の場にふさわしいかどうかを改めて確認しておきましょう。

柄の目立つスーツや、リクルートスーツなどは避けるのが無難です。全体として「身だしなみが整っている印象」を意識するのがポイントです。

清潔感がない

清潔感がない人は、面接官からの印象が良くないです。身につけているものが実際に清潔かどうかだけでなく、「相手から見て清潔さを感じてもらえるかどうか」を基準にチェックしましょう。

髪に寝癖がついていたり顔にかかりすぎていないか、メイクが明るすぎないかなど、身だしなみの基本に立ち返り、面接前に入念な確認を行っておくことが重要です。

全体として清潔感が感じられる健康的な印象を心がけましょう。

覇気がない

表情や話し方に覇気が感じられないと、「頼りない」「意欲が低そう」といった印象を与えがちです。声が聞き取りづらかったり表情が乏しかったりすれば、たとえ話している内容が良くても印象が薄くなってしまいます。

自分にとって普段通り話しているかどうかを基準に考えるのではなく、初対面の相手にどのような印象を与えるのかを重視するのがポイントです。

面接では少なからず緊張するため、普段よりもゆっくり・はっきりと話すことが大切です。自分が話している姿を動画に撮ってチェックするなど、客観的に自分の話し方を分析しておきましょう。

遅刻する

面接当日に遅刻するのは厳禁です。時間を守ることは社会人としてごく基本的なマナーのため、面接に遅刻した時点で大きなマイナスポイントとなるのは避けられません。

もし時間に遅れてしまったならば、不採用の直接的な原因になっていると考えられます。面接当日は時間に余裕をもって移動し、面接開始30分~1時間前には会社付近のカフェなどで準備しておきましょう。

事前に会場までの交通手段や道順、会場が何階かを確認し、当日の動きを把握しておくことが大切です。面接当日に不測の事態が起きても対処できるよう、時間に余裕をもって行動するのは基本中の基本と言えます。

声が小さく自信が感じられない

面接時に声が小さいと、自信がなさそうに映る原因となります。面接は単に必要事項を伝えるための場でなく、人柄や性格を把握するための場でもあることを、十分に理解しておくことが大切です。

声が小さくなってしまう人に多い傾向として、「相手に聞こえる声の大きさ」を基準にしてしまうことが挙げられます。面接担当者に聞こえてさえいれば問題ない、と感じた人は要注意です。

接客や営業といった、対人スキルが重視される職種以外であっても、ハキハキとした明るい人と一緒に働きたいと感じる人は多いでしょう。緊張すると声が小さくなりがちな人は、意識して大きな声で話すべきです。

感情を表に出しすぎる

面接中に感情を表に出しすぎると、セルフコントロールが苦手な人物と思われる恐れがあります。よくあるケースなのは、面接担当者から厳しい質問をされた際、答えづらそうなのを表情に出してしまう場合です。

採用担当者は、実際の顧客対応などを想定して、意図的にストレスフルな質問を投げかけることもあります。感情が表情や態度に出すぎてしまうと、感情を抑えられない人物だと判断される場合もあるのです。

面接中は落ち着いて冷静に対応することを基本とし、感情を表に出しすぎないように注意しましょう。あえて答えにくい質問をする場合もあることを知っておき、平常心で対応するのがポイントです。

質問に対する答えを返していない

面接では、質問されたことに対して答えるのが基本です。聞かれてもいないことを長々と話したり、質問に対して真正面から答えなかったりすると、コミュニケーション能力不足を疑われてしまいます。

質問と答えがちぐはぐになってしまう原因の1つに、あらかじめ用意しておいた答えを、そのまま伝えていることが挙げられます。

例え事前に用意していた答えがあったとしても、面接当日の質問内容を踏まえて、答えをアレンジするべきです。とっさに答えるには慣れも必要ですので、一定数の面接を受けて場数を踏んでおきましょう。

質問に答えられず無言になる

質問に答えられず、長時間無言になってしまうのは、不採用の原因となりがちです。面接では想定外の質問をされる場合があるため、多少言葉に詰まったとしても、ひと呼吸置いて答えれば問題ありません。

ただし、明らかな準備不足や情報収集不足が原因で、何を答えればよいのか分からなくなると、マイナスポイントです。無言の時間を作らないようにするには、事前の情報収集を徹底することが重要です。

企業研究や業界研究を十分に行い、面接時に多少踏み込んだ質問をされても答えられるように準備しておきましょう。企業ホームページだけでなく、直近のプレスリリースや投資家向け情報、業界情報誌などを見るべきです。

質問の答えが長すぎる・短すぎる

質問に対して答えが長すぎる・短すぎると印象が良くない可能性があります。Yes/Noで答えられる単純な質問に対して長々と答えてしまうと、話を論理的にまとめる能力が不足していると思われがちです。

反対に何を質問しても答えが一言しか返ってこないと、企業に対して関心が薄いと思われたり、意欲が低い印象を与えたりしやすいため注意しましょう。

質問に対して適切な長さで答えるには、結論から述べるのが鉄則です。理由や経緯といった周辺的なことから話し始めると、まとまりのない伝え方になりやすいため、時間が限られている面接では避けたほうが無難です。

面接で落ちまくる人は転職エージェントの利用がおすすめ

面接で落ちまくっているなら、転職エージェントは利用するべきです。転職エージェントは、面接練習にも付き合ってくれるので、話し方やアピールポイントなど、的確なアドバイスをくれます

中でも、マイナビエージェントは、手厚いサポートを行ってくれるため、転職者に人気のサービスです。エージェントに面接練習をしてもらい、合格の可能性をあげましょう。

転職活動で落ちたらすぐに行うべき4つのこと

転職活動で落ちたらすぐに行うべき4つのこと

  • 「自責思考」で落ちた理由を分析する
  • 不採用になった理由を複数考える
  • 企業の採用担当者に問い合わせる
  • 転職エージェントに相談する

「自責思考」で落ちた理由を分析する

不採用通知を受け取ったら、まずやるべきことは落ちた理由の分析です。分析は必ず自責思考で進めましょう。

「採用担当者は人を見る目がない」「面接の質問内容が良くない」といったように他責思考に陥ってしまうと、選考で落ちた本質的な理由を見失う恐れがあるからです。

採用選考で落ちるのは、決して気分の良いことではありませんが、必要以上に落ち込んでネガティブ思考に陥らないように注意してください。不採用になった原因を突き止め、次の選考に活かすことが先決です。

不採用になった理由を複数考える

不採用になった理由は1つとは限りません。実際、スキル面では問題なく応募要件を満たしていても、企業カルチャーと合わないことを理由に、不採用という判断を下すケースも珍しくないのです。

もしカルチャーが合わないことが不採用の理由だとすれば、自分には合わない企業で働くリスクを回避できたと言えます。不採用になったことで企業・応募者の双方にとって、良い結果になる場合もあります。

選考に落ちた理由を一面的に捉えず、複数の可能性を想定すれば、メンタル面のケアにも役立つでしょう。過剰な自責思考は精神的な負担にもなり得るため、気持ちを切り替える意味でも複数の不採用理由を想定するべきです。

企業の採用担当者に問い合わせる

不採用の理由がどうしても気になる場合、採用担当者に直接問い合わせてみるのは1つの方法です。採用担当者との関係性がうまく築けていれば、何らかのヒントを得られる可能性があります。

ただし、基本的に採用基準は社外秘事項です。もし実際に問い合わせたとしても、不採用になった詳細な理由は教えてもらえないケースが大半です。

不採用理由を問い合わせる際には、「詳しくは教えられない」という答えが返ってくる可能性が高いことを、想定しておく必要があります。

転職エージェントに相談する

不採用になった理由が分からなければ、転職エージェントに相談するのがおすすめです。1人では不採用理由の分析が偏ったり、見逃してしまう可能性がありますが、転職エージェントなら中立的な立場でアドバイスをくれます

自分では見落としていたマイナスポイントが見つかり、選考通過率が大きく改善する可能性も十分にあります。また、第三者に相談することによって気持ちが楽になり、より前向きな気持ちで転職活動に臨める場合もあります。

転職エージェントのおすすめは、ビズリーチです。職務経歴書の添削や面接の練習といった転職サポートをしているので、不採用理由の分析をしっかりと手伝ってくれます。

転職で落ちる人におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
リクルートエージェントリクルート
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

ビズリーチ

年収アップにおすすめの転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
評価 ★★★★★
求人数 90,369件
得意領域 ハイクラス
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島)

※2023年8月時点

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。登録すると過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージが届きます。

スカウトは厳選された優良企業やヘッドハンターから直接届きます。キャリアに自信がある求職者におすすめの転職エージェントです。

また、ビズリーチでは税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランで、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえます。まずは、無料プランから利用してみましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
ニックネームさん|20代後半|男性|ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)|2021.10.13
良い点
|自身のキャリアアップに繋がった
ビズリーチに掲載されているものは専門的でハイクラスな求人が多く、自身が望むようなキャリアアップにかなり繋がりました。また、ハイクラスな業務内容なため、前職よりも大幅に年収をアップすることに成功しました。
悪い点
|転職先が決まるまでに時間がかかった
基本的に企業からスカウトされるのを待つ形式なため、スカウトをもらえなければ、転職先が見つかるまでに時間がかかりました。私自身若手ということもあり、あまりアピールできる実績がなく、スカウトが来るまでに時間がかかりました。
男性アイコン
たかしさん|20代後半|男性|製造業|2021.05.07
良い点
|ヘッドハンターの数が多い
とにかくヘッドハンターの数が多く、誰を選んでいいのか迷うぐらいたくさんのヘッドハンターからのスカウトがありました。自分のやりたことと照らし合わせながらヘッドハンターを選べるのは良いと思いました。また、専門分野に特化したヘッドハンターもいて専門性を求める人には良いサービスだと思いました。
悪い点
|アフターフォローが今ひとつ
アフターフォローがもう少しあっても良いのではないかと思いました。登録後ビズリーチの担当から電話があり、今後の進め方などの説明がありましたが、それ以降何も連絡がなく、困った時にどこに問い合わせていいかわからなかったです。

マイナビエージェント

20~30代の転職なら断トツでおすすめ

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
評価 ★★★★★
求人数 非公開
得意領域 未経験、既卒・第二新卒
雇用形態 正社員、契約社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡)

※2023年8月時点

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、若手の求職者に人気の大手転職エージェントです。新卒就職で最大手のマイナビが運営し、着実に実績を積んできています。

志望業界ごとに専任のキャリアアドバイザーがいるので、業界の情報を踏まえて応募書類の添削や面接対策を丁寧にサポートしてくれるのが魅力です。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策をしてもらえます。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
そーさいさん|20代前半|男性|WEB業界|2021.01.31
良い点
|ヒアリングが丁寧でした
初回の面談時、まだ自分の中で転職の軸が定まっておらず、一からお話をすることになりました。 今の仕事の話で嫌なことや楽しいこと、大学時代の話や就職活動の時の話などを聞きながら、自分が何を大切にしているのか、なにが嫌なのかが明確になり、軸ができてきました。
悪い点
|レベル感が合わなかった
期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)「ちょっと挑戦的だけど、提案してみました」と言っていましたが、挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。
男性アイコン
ahoyさん|20代後半|男性|調理師・栄養士|2021.01.25
良い点
|転職エージェントの中では一番良かった。
大手と呼ばれるエージェントの中では一番親身で希望通りの求人を紹介してもらえました。担当者の方のレスポンスも早く、ストレスが無かったです。転職活動は上昇だけを目指して行っていたのでかなり贅沢な内容で探していましたが最後まで丁寧な対応でした。
悪い点
|後々に
後々に自分で見つけた求人の方がもしかして好条件ではって思うところがありました。勿論内情はしらないですしエージェントの方はプロですのでネットで拾えた求人より質は高いと信じていますが、そこだけが若干引っかかっている部分ではあります。
男性アイコン
しんさん|20代前半|男性|事務員|2021.01.16
良い点
|求人の多さ
求人は多く,他サイトと比較しても多く感じました。最初の希望だけは来てもらえた。メールで事前対応をしてもらったのですがそこは普通で特に不満な点はなかった。その他でいい点は特になかった。私自身の本位とは全くかけ離れた対応が目立った。
悪い点
|対応がひどい
面談を行ったが,私の目的を聞いても全く親身になってくれず,露骨にため息もつかれ最悪だった。志望する業界に対する知識不足感が素人目でも分かり,不信感が募るばかり。話し方も上から目線で偉そうで最低な対応。

リクルートエージェント

業界トップクラスの転職エージェント

リクルートエージェント

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 公開・非公開求人数が業界トップクラス
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーがサポート
  • 書類の添削や面接対策が手厚い
評価 ★★★★★
求人数 596,882件
得意領域 幅広い業界・年代に対応
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • 丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

※2023年12月時点

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは、求人数・転職実績ともに国内トップクラスの転職エージェントです。非公開求人数も20万件以上を誇り、豊富な選択肢の中から自分に合った転職先を探せます。

書類添削や面接対策が充実しており、選考を通過しやすい書類の書き方や企業が見る面接のポイントなど、転職成功率を高めるサポートが受けられるのが強みです。

キャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングや、求職者に寄り添ったアドバイスなども評判が良く、年齢や業界を問わずおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
27歳|男性
良い点
|転職サポートが丁寧
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
32歳|女性
良い点
|理想の求人に巡り合えた
大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|地方在住の大卒以外だと使いにくい
地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

「転職 落ちて当たり前」に関するよくある質問

面接時間の長さは採用に影響する?

面接時間が不自然なほど短い場合は、不採用の可能性が高いと考えられます。多くの採用担当者は不採用と決めた時点で、面接を切り上げる傾向があるからです。

面接の序盤で、不採用が確定する何らかの要因があったと考えてください。ただし、採用担当者の繁忙状況や応募者の人数によっては、面接時間が比較的短くなることもあり得ます。

よって、面接時間が選考通過率と確実に連動しているとは限りません。面接が短めだった場合も、落ち着いて結果を待つことが大切です。

転職活動の平均応募社数は?

マイナビ転職の調査によると、転職での応募社数平均は8.4社です。年齢が上がるごとに応募数も増加する傾向にあり、20代前半では6.3社、30代前半では8.2社、40代前半では10.1社になります。

不採用になる人の特徴は?

選考の基本を押さえていない人、転職に臨むスタンスに問題がある人は不採用になりがちです。

社会人としてのビジネスマナーや、質問されたことに答えるといった基本的な事項を守り、自身の人材価値を客観的に把握しておきましょう。

書類選考で何割の人が落ちる?

書類選考の通過率は30〜50%程度のため、裏を返せば50〜70%の人が落ちることになります。

特に応募者の多い企業では、書類選考の段階で候補者を絞り込む傾向があるため、受かる人よりも落ちる人のほうが多いこともあり得るのです。

書類選考になかなか通らない状況も想定できることから、転職活動では複数社に並行して応募することが大切です。書類選考で落ちるのは、決して珍しくないことを理解しておきましょう。

転職の面接で何割の人が落ちる?

面接の平均的な通過率は30%のため、70%程度の人が落ちることになります。最終面接までに候補者を絞り込む企業が多いとされる一方で、最終面接で50%程度の応募者を不採用とする企業もあるのです。

つまり、書類選考を通過して面接に進んだとしても、面接で不採用になる可能性は十分にあります。

在職中に転職活動を進める場合は日程の調整が難しいケースもありますが、面接は複数社を同時並行で受けるほうが転職成功率を高める上で有効です。

まとめ

転職活動の選考で落ちたことでショックを受けるのは自然なことです。しかし、選考通過率を踏まえれば「落ちるのはむしろ当たり前」とも言えます。

書類選考や面接をなかなか通過できない場合は、不採用と判断される何らかの原因があると考えてください。原因を的確に認識し、解消すれば選考通過率が高まる可能性も十分にあります。

原因を認識するために、転職エージェントを利用しましょう。ビズリーチならヘッドハンターから転職アドバイスが受けられるので、転職時の不安を取り除いてくれます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス