新人を育てない職場にいるなら早く抜け出すことをおすすめする

新人を育てない職場は早く抜け出すのがおすすめ

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。

こんな人におすすめ
  • 上司や先輩から十分な新人教育を受けられず、わからないことが多い人
  • 企業の人材育成のシステム(人事部)に不満を抱えている人
  • 自分の力を発揮してもっと生き生き成長できる環境に行きたい人

新人が育たなければ企業の未来につながらないのに、新人を育てない職場が存在するのはなぜか。

今回は、新人を育てない職場(企業)の特徴と、個人ができる対処方法をまとめた。あなたが今いる環境が、これらの特徴に当てはまっていないか確認してほしい。

もし教育体制が整っていない企業にいるならば、できることを実践して生き生き成長するために、転職も検討して動くことをおすすめする。

転職活動は、まずビズリーチに登録すべきだ。 ビズリーチは優良企業の求人を確認したり、企業からのスカウトを受けたり、自分の市場価値を知ることができるなど利点がたくさんある。

また、他にも転職エージェントを併用するのがおすすめだ。複数登録することで、理想の転職先に出会える確率が上がる。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

新人を育てない職場の現状

新人を育てて一人前にするのは企業の将来にとって不可欠だ。しかし、その当たり前を行わない職場がある。

ここで重要なのは、人事部などが行う新人研修といった教育体制が整っていることは大切だが、現場の教育は各職場や部署で行われる割合が大きいことだ。

新人が育つためには、上司や先輩などの存在が必要不可欠である。新人本人のやる気や能力も影響するが、新人の未知の能力を引き出すためには、職場として取り組む必要がある。

新人を育てないことは、企業にとってマイナスでしかない。人が育たないことには、上司や先輩社員の仕事の負荷も減らず、企業の成長は見込めないだろう。

これは新人を育てる重要性を理解していないからという単純な話ではない。企業が理解はしても取り組めない原因があるのだ。それを理解してから、解決策を見出す必要がある。

解決が難しい場合は転職するのも手だ。今の世の中、早期退職や転職は全く珍しいことではない。会社に不安がある場合は、早めに見切りをつけて転職するのも、賢い選択と言える。

少しでも転職を考えているなら、ビズリーチに登録してみよう。自分から積極的に活動しなくても、優秀なヘッドハンターがあなたに合った企業を紹介してくれる。

スカウトが来るまで待つだけなので、なんとなく転職を考えている人にもおすすめだ。

新人を育てられない職場の特徴

新人を育てない、育てられない企業には同じような特徴がある。その結果、新入社員が入社してもすぐに辞める悪循環を招く場合が多い。

教育体制が整っていない

一番多く見受けられるのは、教育体制やシステムが整っていない企業だ。

教育マニュアルやスケジュールがないと、上司はその場その場で仕事の指示を与えるため、新人は全体像を理解できないまま、言われた業務をこなすだけになる。

新人にいきなり能力以上の業務を任せてしまうことも、少なくない。基本を教えずに指示を出したところで、新人が対応できるはずもなく、成長できずに自信を失い辞めてしまうことになりかねない。

人手不足で新人教育に手が回らない

また、教育体制が整っていても、先輩社員が業務を抱えすぎて多忙だと、新人教育がおろそかになることがある。人手不足で仕事が回らない場合も、それぞれの通常業務が優先されて、新人教育に手が回らない。

教え方が雑だったり、新人が質問しづらい環境を作ってしまったりすると、新人は不安な状態で働き続けて、いつまで経っても仕事に自信を持つことができない。

新人を育てられない職場の負担は、新人が抱えこんでしまうケースが多いのが現状だ。

人が育つかどうかは上司や先輩社員にも関係する

人が育たず新人の定着率が低いケースには、人間関係が大いに影響している。上司や先輩社員の教育能力がそもそも不足していると、新人は育たない。

人を育てる意識が薄い企業、例えば社内で比較的暇な社員をとりあえず教育係として立てている企業は意外に多い。

特別な説明をせず、資料の確認や電話対応といった指示のみで新人を長時間放置するパターンが見受けられる。これでは、新人の実務レベルはいつまでたっても上がらない。

新人教育を周りに押し付けて育てる責任を放棄する上司や、我関せずというスタンスの先輩社員が在籍する職場も要注意である。

人間的にも、能力的にも問題のある社員に教育を任せること自体が、企業として新人を育てる意識が低い証である。企業の未来を左右する新人教育の重要性を、しっかりと理解している企業こそが働きやすい企業である。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

育ててもらえない新人はどうなるか

右も左もわからない新人にとって、上司や先輩社員から放置されるのは辛いことだ。仕事もろくに教えてもらえず、同じような日々が続くと精神的にも参ってくる。

上司や先輩社員に気を遣い、尋ねることさえためらい、さらに萎縮してしまう傾向も伺える。自分が職場に大切にされていないと不安を感じると、仕事に行くこと自体も嫌になる可能性が高い。

また配属先の上司によって、新人教育の熱量に差があることも多い。同期の状況を比べたときに、放置されがちな新人は不安や怒りを覚えて、負の連鎖が起こりやすい。

仕事を覚えた同期が成果を出し始めると、さらに焦り、ますますプレッシャーを感じてしまう悪循環が起きる。

意欲を高く持って入社したとしても、配属先は自分の思い描いた環境とはまるで異なり、十分な教育を受けられなければ、モチベーションは下がる一方である。

本来の能力が発揮できなければ、キャリアアップは見込めない。自分の目指す理想が実現できないと感じたら、その恵まれない環境を離れることも検討すべきだ。

退職を伝えづらいなら退職代行Jobs

上司に退職の旨を自分で伝えづらいと思っている人には、退職代行Jobsがおすすめだ。弁護士監修の退職代行業者がサポートをしており、最短当日に退職が可能な場合もあるので、ぜひ気軽に相談して欲しい。

退職代行Jobsでは、無事に退職できるようサポートしていますが、万が一退職できなかった場合は「全額返金」してもらえます。利用料の支払後も返金保証の対象となるので、安心して利用可能です。

退職代行Jobs公式サイトで詳細を見る

関連記事
退職代行おすすめランキング

恵まれない環境に置かれたときにできることはあるか

上司や先輩社員から十分に仕事を教えてもらえず、教育体制も整っていない環境におかれたときに、個人でできることはあるのだろうか。

周りがいくら何もしてくれなくても、自分も動かずにただ時間を過ごしていては、企業からは使えない社員とレッテルを貼られかねない。

そもそもその企業を選んで入社したのは自分なのだから、主体的に社会人生活を送る必要もある。

自分から上司や先輩に声をかける

新人の場合、仕事内容がわからないのは当然だ。教えてもらえないのであれば、勇気を出して直接上司や先輩社員に聞いてみよう。

またすることがなかったら、何かできることがないかと自分から声をかけてみよう。主体的な声がけは人間関係を構築する第一歩である。

仕事に関連する知識を蓄える

オフィス仕事であれば、過去の資料、ネット検索などを活用して、業界の勉強や仕事に関係する知識を蓄えることもしておきたい。

オフィス業務以外の場合は、自主的に上司や先輩社員の後ろについて、仕事を見ながら覚えることが必要だ。

ただこのやり方は、大切な基礎や本質が理解できないまま、我流だけで仕事を覚えることにつながりかねないため、危険な成長の仕方でもある。

曖昧でわからない部分は、自己判断で動かず、大きなミスにつながる前に確認をしてほしい。

1番良くないのは、何もせず無駄な時間を過ごして、会社に居づらくなることだ。その前に自ら動いて環境を変える努力はしてほしい。最終的に、自分にマイナスにならないように、今後も見据えて状況の改善に努めてほしい。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていないだろうか?実は、年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することだ。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高い。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されている。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、活用するのがおすすめだ。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

新人を育てない職場は辞めた方がいい理由

企業、職場自体に新人を育てる気がない場合は、新人だけに関わらず、社員を使い捨てにする傾向が高い。

社内全体で新人を育てる意識のない企業は、将来の投資に目を向けられていない。長く働く企業としては不適当であるから、早期に自分がどうすべきか、転職も視野に入れて考えてほしい。

何も身につかないまま、時間だけが流れるほど無駄なことはない。

入社3年以内であれば、第二新卒として転職が可能だ。第二新卒の転職であれば、経験やスキルはそれほど重視されない。

同年代の人と差がつく前に、自分が活躍できる環境に身をおいた方が確実に将来につながる。自分の市場価値に合った環境を見つけてほしい。

転職活動については、ビズリーチどの転職サイトを利用しよう。優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届くため、1人で活動するよりも良い企業とつながる可能性が高い。

新人を育てる企業を見極めるコツ

新人教育体制の有無は、企業の将来性を測る指針になるので重要だ。具体的な新人研修の内容や期間などは、できれば入社前に確認しておきたい。

また経営者が人材を大切にしているかも、企業の今後の在り方に関係するため、必ず事前に知っておきたい。

ホームページなどで経営者の挨拶や、企業理念などから、どのくらい人材を大切にして育てる意識を持っているかが伺える。

社員が助け合い、共に高めあう文化がその企業に浸透していれば、教育制度がなくても働きやすい場合もある。

しかし、それらを個人で事前に把握するのは容易ではないため、事前に調べる際には転職エージェントといった専門機関を利用すべきである。

優れた企業は存続のために、収支計画と同じくらい新人や人材の育成計画も大切にしている。

優秀な人を採用して活躍させるまでには、時間とお金がかかるからこそ、人材を育てることを重要視すべきなのだ。人を大切にする優良企業を積極的に見つけて身をおき、本来の能力を存分に発揮してほしい。

教育体制が整った企業への転職におすすめのサービス

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

教育体制が整った企業への転職を考える

新人をしっかり育てて、社員を大切にする企業こそが将来有望な会社なのだ。人材が育たなければ、世代が変わったときにその企業はそこで終わる。今いる企業で、自分がどれだけ成長できるか見直してほしい。

新人時代の環境は一生のキャリアに影響する。上司がどんな人か、職場にどんな人がいるかは初めから自分ではコントロールできない。

しかし、それが新人時代に最も影響する事項であり、自分の未来につながる。だからこそ、そういった環境に身をおいてしまった場合は、危機感を感じて行動につなげてほしい。

人材育成をテーマに、気になる求人情報をストックしておけば「自分はいつでも転職が出来る」と、前向きになれるはずだ。転職サイトで最初に登録して欲しいのは、ビズリーチだ。

また、個々に合わせたプロのアドバイスを受けられる転職エージェントも活用するのがベストだ。

転職経験者の大半が利用したことがあるというマイナビエージェント、余裕があれば、リクルートダイレクトスカウトアクシスコンサルティングにも登録してほしい。

幅広い経験談や育成システムを熟知したプロが相談にのってくれるはずだ。

今日は以上だ。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス