メガバンクの出世事情と給料事情について現役銀行員が語る

就職活動において上位大学の学生が就職していく先が、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のいわゆる「メガバンク」だ。

では、離職率や、出世事情はどうなっているのか。大手3行の中の若手エース行員との接触に成功し、インタビューを実施した。

なお、メガバンクをはじめとする大手金融機関に在籍している方には、ビズリーチへの登録をお勧めしている。多くの転職エージェントから連絡がきて、自らの市場価値や、自らを採用したい企業の情報を知ることができる。

金融機関に限らず、今在籍している会社はこれからどうなるかわからない。そこへの備えという意味でも、自らの価値を知って損はない。

また、ハイキャリアに強いJACリクルートメントなら、プロのキャリアコンサルタントがあなたの市場価値を丁寧に明らかにしてくれるだろう。

最近では、金融機関からコンサルへの転職も増えている。コンサルへの転職を考えているのであればアクシスコンサルティングに登録しておけば間違いない。

ビズリーチと同時に登録してほしい。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代~30代におすすめ】
  • ・20代が信頼するエージェントNo1
  • ・無期限の手厚い転職サポート
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

同期総合職は350人

-はじめまして。簡単に自己紹介をしていただけますか。

私立大学の理工学部で数学科を卒業後、メガバンクに入行しました。

周りは就職活動というより大学院に進む人が多かったのですが、研究があまり向いていなかったので、就職をすることにし、複数内定を獲得したうちの1つであった現在のメガバンクに入行しました。

-なぜ銀行に入ろうと思ったのでしょうか?

数学やコンピューターに関わる勉強をしていたのですが、経済やファイナンスに関わるモデルの研究を行っていたので金融に触れる機会が多かった関係で金融機関は就職先として自然と候補にあがってきました。

アクチュアリ―になるほど試験勉強に熱を上げれるわけではないし、クオンツになるほど勉強もしたくなかったのもありました。

商業銀行は融資を通してビジネスの血液的な存在であると感じていたので、商業銀行に入行することを決意しました。大手3行の中でも今の銀行にしたのは、内定が出るのが少し早かったからですね。

-入行してからはどのような仕事を?

多くの同期と同様に、支店に配属されます。ほんの一部コース別採用があり、本店勤務がありますが、同期約350人程度は支店に配属され多くは法人営業を担当します。

私は運よく23区の支店に配属され、営業を担当しました。同期の中には島根支店に配属されて、慣れない生活に苦しんでいる人もいました。東京育ちから地方に行くと遊ぶところに困るようです。

私は、都内の支店で法人営業として大企業から中小企業、新興のベンチャー企業まで多くの融資実績をあげました。その後、本店にうつり、為替のトレーディング業務に携わっています。英語ができない中で為替業務は大変です。

-融資とは具体的にどのような業務なのでしょうか?

パターンとしては新規と継続の二つがあります。すでにお客さんになっているところから追加の融資をたのまれる場合です。

経営状態がうまくいっていない会社もあるため、貸したけど倒産されては困るので厳しく審査します。時には社長の給料を下げたり、資産から返済したりということをやんわりと迫ります。

また新規の場合はメディア等でとりあげられて調子がよさそうな企業「当行からの融資を!」と営業します。成長している企業のメインバンクとなって融資を行えば実績も積め、返済される確率も高いので。

-もし企業の調子が悪くなったら?

半沢直樹で「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」という松下幸之助氏の言葉が使われています。

倒産してしまうことだけは避けたいので、急いでお金を引き上げようとします。その姿勢が松下幸之助から銀行をそう揶揄されたのかもしれません。

-仮に企業が倒産した場合はどうするのですか?

倒産した場合は、保証協会がいるので保証協会から補償がなされます。そのため銀行は実質的なリスクはあまり背負わなくていいです。

保証協会が債務者から家等の財産が担保となっている場合があるのでそこからお金を取るわけです。

特にベンチャー企業は、つぶれては別の会社が創業し、別のところでまたつぶれと、倒産、創業をたくさんの人が行っているのを目の当たりにしてきました。

-怖い世界ですね。法人融資で結果を出したのでしょうか。

多くの企業に融資を実行したり、中小企業の社長の個人的な相続資産といったりと融資以外の業務の成績もあり、表彰されることもありました。

非常にプレッシャーがかかる仕事だったのでつらいことも多かったです。もちろん運もありますが、プレッシャーのなかどれだけ工夫してがんばれるかが大事です。

-どういった点がつらかったでしょうか?

一番は上司から怒られることですね。私も仕事を間違えるととにかく怒られました。ちょっとのミスや、資料の細かいずれが許されない仕事なので、もし、そのミスを発見されようものなら上司の怒りが爆発していました。

-銀行は出世が厳しい世界と聞きますが、実際どのようになっているのでしょか。

銀行は昔は横並びと聞いていましたが、出世ですでに差がつきはじめています。最初の段階は成果が出せていない人が落ちているという印象で、20代後半からは出来る人が出世していき、出世競争の波にのまれていく感じでしょう。

メガバンクはどこもそうですが、合併後と合併前で出世の在り方が違う気がします。

-銀行は出世できるか比較的最初から決まっているとききますがそこらへんはいかがでしょうか。

実は、配属の時点である程度序列は決まっている気がしますがどうでしょうか。一般的に山手線の内側の店舗がいいと言われますが、一概には言えないでしょう。

地方でも、その銀行にとって古くから歴史や伝統がある店であったり、地方大型店であれば良いです。たとえば、京都の繁華街の支店などは優秀な人が集まる場所として知られていますね。

編集部
編集部
銀行への転職を考えるなら、大手銀行の求人があるビズリーチがおすすめです。

9年目で課長に、年収も1000万円に

-年収と、役職でいうとどれくらいのイメージ感でしょうか?

1年目は非常に安いです。総合職でも300万くらいですね。寮があるのと飲み代も支払いが多くはないので十分ですが、外資系と比べると安いです。その後、年100万くらいずつあがっていくイメージです。

7年目にメガバンクでいう調査役(リーダー)になり、年収が900万円を超えます。この調査役になれるかなれないかは今後の出世をうらなう上で非常に大きいです。

私は東京を中心とする勤務を続け、同期内でも上位だったのでなんとか滑り込むことができました。

また、今後は海外勤務も予定しており、ここまでは順調です。最速で9年目で課長職になり、その場合、年収1000万円を超えてきます。

その後は詳しく知りませんが、課長代理、課長、次長、部長といったポジションになっていきます。部長になると2000万円を超えるくらいですが部長になれる人は同期でもかなり限られてきます。

その後、役員クラスは同期に1人いるかいないかのかなり狭き門です。

-退職も多いのでしょうか?

3年で50人くらいが辞めましたが、それほど多くはないですね。証券の営業に比べると少ないのではないでしょうか。

リクルート等の大手事業会社に転職する人が最近増えている印象があります。また一部の専門職の方たちは投資銀行やファンドに行く人もいます。

-女性は多いのでしょうか?

女性の総合職は2割くらいですが、最近増やす傾向にあります。最近の新卒総合職は3割くらい女性ですね。

同期を見ていると、総合職同士で結婚した人もいますし、学生時代から付き合ってた人と結婚した等々、次のライフステージにいっていますね。

-今後はどのようなキャリアを目指していきたいのでしょうか?

頭取になりたいので、海外でキャリアを積み、実績を出したいです。MBAも行きたいのですが、まだ成果が出ていないなか上司の許可を取るのも厳しそうなので行くかどうかわかりません。

-MBAに行く人は多いのでしょうか?

MBAではなくても海外留学ならよくて、海外の大学のロースクールや金融工学の修士号といった色々な選考に留学できます。時代が変わってきてMBA一辺倒ではありません。

-銀行も多様なキャリアになってきているのですね。ありがとうございました。(以下追加取材)

編集部
編集部
キャリアアップの転職は、資格や経験によって企業からスカウトがくるビズリーチがおすすめです。

追加取材

-銀行も大きな変化をしている話を聞きました。取材から約1年たちましたが変化はありましたか。

そうですね。AIやリストラやら話がでていますが、目に見えた変化はないのが私の印象です。

-変わろうとはしているのでしょうか?

社内でよく話題になるのはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)です。ただ騒がれているほど、導入はすすんでおらず、変化は感じていないのが本音です。

一応話としてあがっているのは、RPAで人材が余るので、人材配置について再検討がなされるようです。

私は現在、本店勤務ですが、支店勤務の同期に本取材の前に話を聞いてみましたが目立った変化はないとのことでしたので支店レベルでもまだまだなのでしょう。

-そういえば人員削減に関して各メガバンクで話題になっていますがいかがでしょうか。

実際のところ、50代の世代が自然と辞めて、新入社員の人数が少なくなるだけで大規模のリストラになる予定はありません。

現在のメガバンクは様々な銀行が合併しているので、特に50歳前後の世代は人数が多いのは事実ですが、彼らが定年で辞めるだけです。

-転職に関してはいかがでしょうか?

まわりでそれほど目立った動きは聞きません。ネットの記事等では銀行員の転職が増えているとは拝見しました。

-お忙しいところ追加取材ありがとうございました。

取材後記

多くの人が毎年メガバンクに就職し高みを目指していっている。ただし、銀行員の転職相談が増えている。

転職をすでに考えている人は転職サイトに登録するところからはじめてほしい。まず、ビズリーチは絶対にはずせない。給与アップを目指すのであればビズリーチに登録後案件の給料をみてほしい。

転職サイトに登録している情報は会社にはばれないので安心してほしい。メガバンクの方は、ビズリーチ経由で転職する方が非常に多いので、登録しておいて損はないことだけは保証する。

銀行員からコンサルの転職も多いが、コンサルティング業界に行きたい場合はぜひアクシスコンサルティングがよい。転職サイトと併用してほしいが、コンサル業界の転職に強いのでぜひ使ってほしい。

他の業界に転職したい方は、グローバル案件や高年収のハイキャリアに強いJACリクルートメントに相談しよう。まずはビズリーチに登録し、好みの転職エージェントの面談にいくつか参加してみてほしい。

また、試験が得意な方が多いので、転職に躊躇している場合は英語力だけは伸ばしておいてほしい。英語力は裏切らない。

今この時間から勉強ができるスタディサプリ ENGLISHはすぐにはじめてほしい。また外資系等への転職を考えていたら、ライザップイングリッシュは一度説明に足を運んでいただきたい。

今日は以上だ。

また二卒での転職になるならばこちらを見てほしい。

就活生ならば早い段階からOBOG訪問をすることをすすめているのでビズリーチ・キャンパスに登録しよう。ビズリーチ・キャンパスは金融機関のOBOGによくあえる。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/12/06
  • メディア: 文庫

メーカーに関してはこちら。


編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス