体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
慶應義塾大学大学院大学・理工学研究科学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
西日本旅客鉄道
その他内定企業名
ジャパニアス
説明会
10社
OB・OG訪問
1人(1社)
ES・テスト
8社提出 → 6社通過
最終面接
3社
内定
2社
受験企業と選考結果
西日本旅客鉄道株式会社(内定)、東日本旅客鉄道株式会社(最終面接落選)、東海旅客鉄道株式会社(ES・テスト落選)、日本航空株式会社(1次面接辞退)、東京急行電鉄株式会社(GD落選)、P&G(1次面接落選)、ORBIC(ES・テスト落選)、jeki(GD落選)
インターン参加企業
なし(-)

大学生活の過ごし方

部活:学業:アルバイト=40:30:30
部活動……土日を中心に活動。幹部代のときは、パート練習メニューを考えたり、OBOG向けの渉外活動や学生代表を担当。
学業……理系なので、講義とレポート課題などを友人と一緒に大学の図書館でしっかりと取り組みました。
アルバイト……予備校チューターとして週1日勤務。

就活の「軸」

①40年間働ける会社か、という点。昨今、AIの技術進歩は凄まじく、これまで人間がやっていた職種の多くは機械に代替されるという懸念があります。そのため、AIに奪われないであろう業種・職種を予想しました。
②やりがいを感じれる業種、職種か、という点。落ち着いた人生を送りたいと考えているため、転職はしたくありませんでした。そのため、働くことのモチベーションが保てるよう、自分がやりがいを感じれるかを吟味しました。
➂会社の雰囲気。社風、施策をみて、自分にあっているかを吟味しました。

この業界・企業を選択した理由

幼い頃から好きで、自分が仕事としてこだわりを求め続けることができる、鉄道業界を中心に就職活動をしてきた。その中で、2020年の東京オリンピック開催と2025年大阪万博博覧会の誘致案が頭をよぎった。2020年は、私が入社して2年目に当たる年になる。すなわち、そこまでのポストでない状態で迎える。対して2025年は、入社して7年目に当たる。すなわち、万博圏内インフラ業界の代表として、やりがいがある仕事を任せてもらえる可能性があると考えた。このことから、鉄道×関西ということで、最終的に企業を決定した。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

就職活動を意識することはなく、OB・OG訪問もしませんでした。研究室の先輩たちが「行きたい企業以外はインターンに行く必要はない」と言っていたため、その言葉を真に受けてインターンの応募などは真剣に検討したことはなかったです。丁度この頃、研究テーマを変えたこともあり、バタバタしていました。

~年末

インターンは真剣に検討せず。外資系の会社の説明会に予約はしたものの、結局不参加。
大学が行った就職説明会ガイダンスに参加してから就活生としての自覚が少し芽生え、大学キャンパス内であった小規模の合同説明会に一度だけ友達と参加しました。

1月~2月(広報解禁前)

大学主体の就職ガイダンスやセミナーの機会が増えてきて、就活生としての自覚は大分芽生えてきました。興味がある業界に勤めているOBOGに話を聞くなどはしましたが、自らネットなどで情報を調べたりはしませんでした。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月1日と同時に、適当に大手企業にプレエントリー。その後、自己分析をきっかけに、自分の就職活動の軸を決めようと考えました。
当時第1志望であった企業の面接を4月上旬に受け、選考ルートから外れてしまったと感じ、準備不足を痛感しました。
改めて視野を広げ、数社ほど説明会に参加したり、パンフレットを取り寄せたり、ESを提出したりする日々が5月2週目くらいまで続いた。

6月~(面接解禁後)

5月に選考が進んでいた企業から、6月1日に最終面接の案内を受けました。当日を迎える前に両親にその旨を伝え、コンセンサスをとりました。当日面接を終え、無事、内々定をもらえたので、承諾し就活を終了。

西日本旅客鉄道を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

よくある、いわゆる自己分析を行った後、自分が後悔のない選択ができるよう以下の3点を深掘りしました。
①40年間働ける会社か、という点。昨今、AIの技術進歩は凄まじく、これまで人間がやっていた職種の多くは機械に代替されるという懸念があります。そのため、AIに奪われないであろう業種・職種を予想しました。
②やりがいを感じれる業種、職種か、という点。落ち着いた人生を送りたいと考えているため、転職は避けたい。そのため、働くことのモチベーションが保てるよう、自分がやりがいを感じれるかを吟味しました。
➂会社の雰囲気。社風、施策をみて、自分にあっているかを吟味しました。

ESについて

ESはその企業に求められている事、すなわち企業の理念や方針に合うよう、エピソードを選定し、そこから得た経験や考え方について、深掘りして記入しました。「〇〇な経験から、△△な仕事をしたいと考え、そのため弊社を志望します/弊社の××部署で働きたいと考えています。」などと書いた。そのため、様々なエピソードを用意しておくことが重要であると思います。私はリクルーターの人にES添削をしてもらったりもしたので、可能ならしてもらうべきだと思います。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

面接に当たって用意しておくべきことは大きく分けて2つあります。1つ目は、目上の方に対して物怖じせず自信をもって話すことに慣れておくこと。2つ目は、話す内容について準備しておくこと。私の場合、前者については経験がありましたが、後者については志望動機(特に同業他社と比べてなぜその企業なのか)について、しっかりと準備できずに臨んでしまいました。そのため、1度面接についても、経験がある人に練習してもらう方がよいと思います。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

私は一般公開のOB・OG訪問サービスや学校などのOB・OG訪問サービスについては利用していませんでした。今から考えると利用してもよかったと思います。その代わり、私は元々繋がっていた、興味がある業界の社会人の先輩にお会いする機会を作っていただきました。その場で、実際に面接で何が聞かれるか、ESには何をどのように記入すべきか等を相談しました。

就活全般について

3月の情報解禁前はほぼ就職活動をしていなかったので、特に外資系の企業は、部署によっては既に選考が締め切られていました。外資でなくても、インターンからの選考ルートが少なからずあるので、前年の夏ごろから一度全体を見ておくとよいと思います。

就職活動中に失敗した経験

元々第1志望群であった企業に対して、選考フローを早く短めでやってもらえるようにお願いしました。その結果、リクルーター面談の次にもう、人事部長含む、50歳ほどの年配の方2人と個室で面談することになり(振り返ればおそらくこれが実質最終面接であったと思うが)、しっかりと志望動機(特に「同業他社に対してなぜ当社なのか」)を述べられず、悔しい思いをしました。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

私自身の失敗は、就活の準備がまだしっかりできていないときに、第一志望群の面接が早い時期にあり落ちてしまった経験です。企業によっては、優秀な学生には通常の選考フローとは異なる特別選考フローが設けられていることがあります。早期であっても、しっかり詰まった内容を話せるように、早い時期からES、面接の仕上げを行うべきであると思いますう。後悔の無いように、エンジンをかけ始める時期を間違えないように、就職活動を頑張っていただければと思います。

西日本旅客鉄道株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業