就活において企業からの服装指定には様々なものがありますが、「スーツでお越しください」「オフィスカジュアルでお越しください」などは基準があるのでわかりやすいですよね。その中で最も困るのが「あなたらしい服装でお越しください」というもの。この記事では最も難しい服装指定にどのような服装で参加すればいいのか検討してみたいと思います!

企業が「あなたらしい服装」を指定する意図

そもそも、なぜ企業はただの「私服」でも「オフィスカジュアル」でもなく「あなたらしい服装」を就活生に指定するのでしょうか。

普段の姿を見ることで就活生の素を知りたい

最も考えられるのが、普段の服装を知ることで就活生の素を知りたいという意図です。就活生全員に全く同じリクルートスーツを指定するとそれぞれの個性も見えづらく、就活生自身も自分を取り繕うとしてしまいます。普段から着ている服なら学生もかしこまりすぎず、素の姿を面接官に見せてくれる可能性が高くなります。

就活生の常識力が知りたい

続いて、企業の意図として考えられるのが「就活生の常識力が知りたい」というものです。企業は「あなたらしい服装」と言いながら就活生にTPOを考えて選考やイベントの服装を選ぶよう求めている場合もあります。このような場合、あまりに奇抜な服装やカジュアルな服装などはマイナス評価となってしまうかもしれません。

私服とあなたらしい服装の違い

「私服でお越しください」と「あなたらしい服装でお越しください」の差は一体何なのでしょうか。前述の企業の意図について、「私服でお越しください」の場合は就活生の常識力を測っている可能性が高いです。就活生にリクルートスーツよりもリラックスしてもらうことを意識しながらも、同時にTPOの判断ができるかどうかも確認しています。一方で「あなたらしい服装」を指定している場合、普段大学に通っている服装で参加してもらうことを望んでいる企業が多いです。実際に筆者が「あなたらしい服装」を指定された際、周りの就活生はスニーカーやデニムなどの服装でイベントに参加していました。

企業によって使い分ける「あなたらしい服装」

「あなたらしい服装」は大学に通っているような普段着を指している場合が多いと述べましたが、企業によって参加する就活生の服装は異なります。場合によっては「あなたらしい服装」を指定されていても、オフィスカジュアルの学生が多いこともあります。

日系大手企業の場合

日系大手企業の場合、「あなたらしい服装」を指定されてもう普段着で参加する学生は少ないです。リクルータースーツで参加する学生もいますが、この場合はリクルートスーツは好ましくありませんので避けるようにしましょう。オフィスカジュアルなどのいわゆる「きれいめ」の服装が無難です。スニーカーにデニム、といったカジュアルすぎる服装は周りの就活生から浮いてしまう可能性もあります。

外資系企業の場合

外資系企業の場合、「あなたらしい服装」を指定することで自由な社風を就活生にアピールしています。外資系企業の場合、日系企業よりもカジュアルな服装でイベントや選考に参加しても問題なさそうです。ただし、金融やホテルなどの業界は日系企業よりも厳しいルールがある場合があるのでオフィスカジュアルが無難です。IT業界などは普段の私服でも問題がなさそうですが、最も良いのはその企業で働いている人の服装を参考にすることです。そうすることで企業の中で浮かずに済みます。

ベンチャー企業・アパレル企業の場合

日系のベンチャー企業・アパレル企業の場合、「あなたらしい服装」を指定された時にリクルートスーツで参加すると確実に浮きます。特にその人のファッションセンスやファッションの傾向を重要視するアパレル企業の場合はマイナスに評価されることも多いです。ベンチャー企業・アパレル企業の場合はスニーカーやデニムでも問題ありません。普段着ている通りの私服で臨みましょう。どうしても不安な方はオフィスカジュアルで参加すると無難です。

「あなたらしい服装」にサブカルファッションはあり?

企業が指定する「あなたらしい服装」にサブカルファッションはありなのでしょうか。大手日系企業や外資系企業では確実に避けた方が良いです。女性の場合はいわゆる「コンサバ系」のファッションをおすすめします。ベンチャー企業・アパレル企業には個性的な服装で参加する就活生も多いので、サブカルファッションでも問題はなさそうです。

「あなたらしい服装」の本当の意味を理解しよう

このように、一言で「あなたらしい服装」と言っても企業によって求められている服装は異なります。企業の真意を理解し、正しい服装選びを心がけましょう!