TOEICの点数と内定獲得
TOEICの点数と内定獲得

ESでの語学資格欄、就活情報サイトに登録する際に登場するTOEICのスコア記入表など就活を進めていくと存在感の増すTOEICですが、実際のところ、TOEICの点数と内定獲得にはどのくらい関係があるのでしょうか。企業のTOEICへの意識をデータを使って検証し、有利となる点数も紹介していきたいと思います。

企業はTOEICのスコアを意識しているのか?

結論から言えば、TOEICスコアを重視している企業は多いです。また、TOEICのスコアは入社時だけでなく、昇格などキャリア形成の際に重要になることもあり得るようです。

7割の企業がTOEICのスコアをチェック

TOEICを実施しているIIBCの調査(2013)によると、TOEICのスコアを参考にすると答えた企業は27.6%、参考にすることがあると答えた企業が41.7%であり、合計すると69.3%と約7割になります。これを見ると、企業にとって英語力のある人材は必要であり、その分かりやすい指標であるTOEICのスコアを重視する傾向にあると言えるでしょう。

出典:2013年「上場企業における英語活用実態調査」

TOEICのスコアが昇進に影響?

TOEICのスコアが重視されるのは、入社する時期だけだとは限りません。TOEICスコアを昇進等の要件としている企業は15.8%とそこまで高くはありませんが、将来的に導入する可能性があると答えた企業は45.2%存在します。現在、要件にしていない企業も要件を視野に入れいている可能性があることを頭に入れておくほうがよいと言えます。

出典:2013年「上場企業における英語活用実態調査」

就活でのTOEICのスコア別評価

それでは、具体的にどのくらいのスコアをとれば、企業へのアピールポイントになるのでしょうか。TOEICは多くの就活生が受験しているため、企業側からすれば比較しやすいというメリットがありますが、就活生にとってはその分突出した点数を取っていない限り、ほかの就活生と差別化ができないというデメリットにもなっています。それでは「突出した点数」とはどのくらいになるのでしょうか。

TOEIC600点・700点以上

企業が新入社員に対して期待する入社時のTOEICスコアの平均が565点であるため、600点以上であればその平均以上ということになります。ですが、大企業の内定を目指す人にとって600・700点台だと周囲も同様の点数を取ってきている可能性が高いため、差別化を図ることは難しいです。そのため、600点は最低限必要な点数、700点台で平均並みだと考えられます。

TOEIC800点・900点以上

第235回のTOEICスコア取得状況を見てみると、800点以上は全体の約13%、900点以上は約3%になります。ここまでになると、取得している学生も少なく、英語力があることをTOEICを使って効果的に証明することができるといえるでしょう。

TOEICを受けるために

受験料

税込みで受験料5725円になります。インターネットで申し込んだ場合、一年後割引価格の5092円で受験することができます。

受験日程

注意が必要なのは申込期間です。TOEICでは受験日程の2-3か月前から申し込みが始まり、締切が1か月前程度となっております。そのため、早めに申し込まないとすでに申し込み期間が過ぎていたということになりやすいのです。直近の日程をまとめておきましたので、参考にしてください。

TOEICスコアを使って、企業にアピール

データを見ると、TOEICスコアを企業側が重視していることがよくわかります。入社後もTOEICのスコアが昇進の要件になる可能性を考えると、対策・受験をしておく方がいいでしょう。