体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
京都大学・文学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
損保ジャパン日本興亜
その他内定企業名
なし
説明会
7社
OB・OG訪問
およそ15人(3社)
ES・テスト
8社提出 → 8社通過
最終面接
3社
内定
1社
受験企業と選考結果
日本生命(最終面接落選)・明治安田生命(最終面接落選)・トーア再保険(最終面接落選)・みずほフィナンシャルグループ(1次面接辞退)・三井住友海上(1次面接辞退)・あいおいニッセイ同和損保(1次面接辞退)
インターン参加企業
損保ジャパン日本興亜(3日間)・三井住友海上(5日間)・あいおいニッセイ同和損保(5日間)・日本生命(3日間)・明治安田生命(1日間)・みずほフィナンシャルグループ(5日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト:寮生活=30:20:10:40
【寮】寮生活をしており、サークルには入っていませんでしたが、寮のつながりで学生団体において活動していました。
【学業】大学では社会学を専攻しており、ジェンダーやライフヒストリーなどに関して興味をもって勉強をしていました。その中でフィールドワークを行うなどしました。
【アルバイト】個別指導塾を2年間、私立高校の自習室のチューターバイトを2年ほど続けました。

就活の「軸」

最初から業界を保険業界に絞って活動していました。保険業界に選んだ理由は次の2つの「軸」です。
①ヒトや社会の不安を取り除くような公共性の高い仕事をしたかったということ。
②専攻の社会学のひとつの分野であるリスク社会学を通じ保険の成り立ちや根本を支える「相互扶助」という価値観に共感したから。

この業界・企業を選択した理由

上記2点目の理由に関しては、何とか自分の専攻分野との関連が見出せそうな職業に就きたいという点でどうしても譲りたくなかったので、最初からほとんど保険会社に絞り込んでいました。そのうえで、内定先企業は初めて参加したインターンで魅力に映った企業であり最初に内定を頂いたので、入社の意思決定をした。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

5月頃より徐々に焦りを感じ、就活講座やインターネットなどでインターンシップに関して下調べをしました。初めから保険業界を目指していたため、保険業界のインターンにいくつか応募し参加しました。

1月~2月(広報解禁前)

春休みに参加する予定だったインターンの準備をしていました。またいくつか見ていたベンチャー企業の説明会などに参加しました。比較的余裕のある時期であったため、比較的学業に専念していました。春休みにはインターンに参加しました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月はESの提出やテストの受験に追われていました。4月よりいろいろな選考が始まりバタバタしており、早期に最終まで進む企業もあったものの決まらず、残り少なくなった手持ち企業を検討していました。最終的に5月下旬に内定先企業に声をかけてもらい決心、就活を終了しました。

6月~(面接解禁後)

就職活動は唯一内定をもらった大手損害保険会社に決定しました。6月1日から4日まで拘束があり、精神的に辛いものがあった。周りは5月半ばくらいに就活を終えた者が多かったため、やや焦っていましたが内定後は心穏やかな日々でした。

損保ジャパン日本興亜を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

インターネットに転がっているいろいろなツールを片っ端から使ってみました。特に「16Personalities性格診断テスト」は当たっていそうな結果が出る気がするのでお勧めです。また友人などに自分がどのような性格であるか教えてもらうなどすると客観性が少し高まると思われるので、就職活動では友人を大切にされるとよいでしょう。

ESについて

私の場合は最初からESに書けるネタを自分から掴みに行っていました。何か自分が主体的に関わった出来事を用意しておく(作る)ことが大切です。大きなネタでなくとも、身近なものできちんと整理して理路整然と自分の言葉で語ることができるようにしておけば、話の規模はそれほど重要視されないように思います。なるべく新規性のある話題のほうが面接官は記憶してくれるかもしれません。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

志望動機や学生時代に頑張ったことを、しっかり自分の中で噛み砕いて伝えられるようにしておくことが肝要です。丸暗記ではなく要所要所を覚えておいて、その場で自分で組み立てながら喋ると自然な感じで良くなります。落ち着いてゆっくり、相手がわかる言葉で伝えると、よく伝わると思います。まれに会社に関して詳細な質問をされて撃沈することがあったので、あらかじめ会社案内などは読み込んでおくと良いでしょう。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

企業が提供してくれた機会を利用しました。相手は人事ではないと言いつつも、それなりに配慮した質問をこなす時間にしたほうが無難です。質問内容はその場で考えるのではなく、あらかじめ用意しておくと沈黙の時間が生まれなくて済みます。OBOG訪問で得られた情報は面接などで披露すると効果的なので、参考になりそうな情報を聞き出すよう努めましょう。

就活全般について

とりあえず興味のある企業はインターンに参加しておくと、早期選考のチャンスを獲得できるので参加すべきです。

就職活動中に失敗した経験

働くことに絶望しがちでした。適度に自分を甘やかし精神のバランスをとりましょう。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

日本の大企業は、これまでの基本的な流れとして、長く勤めれば一定程度の昇給・昇格が誰にでも見込めるという大きな魅力がありました。それゆえ人々は我慢大会かのように長く勤めることを是としていたように思います。しかしながら昨今の不確実な時代においては上記の限りではありません。新卒入社の企業で最後まで働けるなど考えないほうがよいのかもしれません。そのうえで自分のスキルを磨いておくことが大切であるように思われます。文系でもプログラミングなどをやっておけばどこかで役に立つかもしれません。

損保ジャパン日本興亜株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業