内定コレクターにインタビュー
内定コレクターにインタビュー

『内定コレクターにインタビュー』今回はサマーインターンに参加する際心がけること、サマーインターンで身に付くものについて聞いてみました!総合商社、自動車メーカー、外資系・日系コンサルティングファーム、ITメガベンチャーなどの超人気企業16社から内定をもらった無双就活生・デュエルマスターに就活のテクニック、方法などをインタビューしていきます!どこに就職を決めたかは記事を読んでからのお楽しみです。

ベンチャーとコンサルのインターンは違う

–デュエルマスターさんはどういった企業のサマーインターンに参加したんですか?
コンサル2社とベンチャー企業のサマーインターンに多数参加しました。どちらも「尖っている」イメージがありますが、社風はかなり異なりました。
–サマーインターンに参加するにあたり、気を付けていたことはありますか?
コンサルとベンチャーではサマーインターンの意味合いが違うので、意識を変えていました。ベンチャーのインターンはあくまでインターンですが、コンサルのインターンは本選考・内定の入り口です。ベンチャー企業にはスキルを身に付ける目的で参加していましたが、コンサルのインターンは選考を突破することが目的でした。
–コンサルでは具体的にどのようなことを意識していましたか?
評価されるために個性を殺す、ということです。コンサルではとにかく論理的であることが求められます。そのため、本来の自分の持ち味よりも論理性を第一優先していました。一方で、コンサルのインターンに参加している学生はとにかく頭が良い学生ばかりです。そういった学生と比べると自分には論理性が足りていませんでしたが、個性であるリーダーシップとコミュニケーション能力が評価され最終的には内定をもらうことができました。なので、あくまで論理性を重視した上で個性も出すことが重要だと思います。
–頭の良さは大前提として、その中で別の強みを持つ学生が評価されるということですね。

サマーインターンで身に付くもの

–次に、サマーインターンで身に付くものを教えてください
僕は社会人としてのスキル、業界・企業知識、そして友人の3つだと思っています。

社会人としてのスキル

–まず社会人としてのスキルって具体的にどんなものですか?
具体的には極限状態に追い込まれた時の思考力とリーダーシップです。特にベンチャーのインターンではほとんど眠れない、チームもバラバラになるという極限状態に追い込まれました。そこでいかに力を発揮するかというスキルが身につきました。これは実際に社会に出てからも必要な力だと思います!
–このスキルは就活でも活かせましたか?
かなり活かせたと思います。大手企業や難関企業はポテンシャル採用を行なっていて、辛い時に頑張れる人材を求めています。後に参加する大手の冬インターンで辛い時もこのサマーインターンを思い出して乗り切ることができ、そこが人事からも評価されました。

業界知識

–次に業界知識とのことですが、具体的にどういうことですか?
コンサル業界についての知識についてはもちろんですが、ベンチャーのインターンにでは幅広い業界について知ることができました。というのも、ベンチャー企業は様々な業界の最先端にいます。インターンに参加することで様々な業界のトレンドがわかるんです。また、ベンチャー企業の多くはIT企業でしたがITはどの業界とも関わる分野です。大手企業のインターン選考や本選考でもIT業界の知識は「世の中をよく知っている」と評価され、役立ちました。

友人

–最後に、友人もサマーインターンで得たものの一つということですが…。
ベンチャーのインターンは辛かったですが、自分の素を出さなければいけない環境なので終わったあとはとても仲良くなれました。今でもたまに遊んだりしています。
–インターンは大変なだけじゃないんですね!

長期インターンと大手企業に興味

–では、サマーインターンに参加して感じたことを教えてください。
サマーインターンを経て、「長期インターン」と「大手企業」に興味を持ちました。まず、短期インターンに参加して感じたのが短期インターンでは就活に勝つ力しか身に付かないということです。付け焼き刃の力ではなく就職してからも使える能力が欲しい、と思いそれには長期インターンしかないと思いました。また、コンサル業界とベンチャー企業のインターンに多く参加したことで、逆に一般的な日系大手企業に少し興味を持つようになりました。

1社でも参加すべき

–最後に、サマーインターンへの参加を後輩にも勧めますか?
僕は強くおすすめします。人生でもなかなかできない経験ができますし、ベンチャー企業のインターンは価値観が変わるので楽しいです。いわゆる「当たり前の就活」を疑うきっかけにもなるので、ぜひ1社だけでも参加してみてください!
–ありがとうございました。次回は長期インターンと自己分析についてインタビューします!