エントリーシート戦略
エントリーシート戦略

ES提出をもって本エントリーとされる企業が多いなか、そのタイミングに関しては就活生の中で様々な憶測が飛び交います。この記事では、早めに出すことのメリットや二次締切での選考通過率など、就活生の気になる疑問を中心に検証し、ES提出の時期について戦略を考案していきます。

「早めのエントリー」は効果があるのか?

じっくり読まれるという憶測について

一次締め切りの中でも、早期の段階でES提出を行えば、じっくり読まれるというのが、就活での定説のようです。これについては断言することはできませんが、確かなことは、企業は限られた時間に膨大な量のESすべてに目を通すということです。こうした事情を踏まえると、企業が先に来た順からESを見ておく行為は、ごく自然なことです。そして、同じような評価のエントリーシートがあった場合、先に見た方が印象には残りやすいかもしれません。

特別なイベントへの招待

ES提出は、何回かに分けて行われますが、筆者は早くから行われている選考ほど、特典があると思っています。というのは、一次選考は早い段階で行われるため、面接解禁日までに時間があります。その間に、ESの段階で優秀だと判断された就活生向けに、座談会やリクルーター面談を設けている企業は少なくないのです。選考の難易度に差はなかったとしても、そうした機会に巡り合うためには、不可欠なことなのです。

二次締切は不利か?

諸刃の剣

就活生の中では、企業に提示されたESの締切が最後だと思い込み、慌ててESを提出してしまうという例も少なくありません。筆者も初期はそうでした。ところが、多くの企業は複数の選考を設けています。これに応じて、多数の企業の集中するES提出期間を分散する目的があります。
そうした情報は、インターネットには掲載されてない場合も多いので、OB訪問や説明会などを通じて、情報を得ることを心掛けましょう。
このように、複数用意されている選考ではありますが、就活生にとって有用であるために、さまざまな憶測が飛び交います。その最たるものが「選考通過率の差」です。
これは以下の三つの議論に大別されます。

志望度の高さ

一つ目は、企業側は、一次締切から目指してくれている学生に、志望度が高いという印象を受けるということです。しかし、これには反論があります。就活を遅く始めた人、業界を変えた人が二次締切を行うと思われますが、そうした人は稀ではありません。そして、志望業界・企業を変えた人の方が、志望度が低いと考えるのは、早急です。そうした事情があることも企業側は理解しています。

二次締切の枠

二つ目は、二次締切の枠は、一次締切の結果により埋まってしまう場合がある、というものです。これに関しては、ないとは言い切れないというのが筆者の意見です。多くの企業は最終的な採用人数の計画を持っているため、一次締切に優秀な人材が集中すれば、二次締切で内定者を減らしてしまうことは否めません。
たしかに、例年採用活動を行っている企業はそうしたことに熟知しているため、それを踏まえてもなお二次締切を開催しているということもあります。この場合上記の問題はありませんが、どの企業にも不測の事態は起こりえます。その場合、やはり二次締切以降は柔軟性をもたせる対象になる可能性が高いです。

周りのレベルの高さ

三つ目は、後に行う選考の方がESの完成度は高いということです。もともと、就活生はESの完成度を高めるために、ES提出を遅らせる傾向にあります。そのため、周りのESの完成度が高まっていく中で、自身もレベルを上げなければ、埋もれてしまう可能性も否定できません。就活は決して相対評価ではありませんが、そうした印象は避けることができないものです。
このように二次選考には、多くの憶測があり、なかには単なる憶測だというように片付けられないものもあります。

ES提出時期に関する戦略のまとめ

ここまで考察を重ねた結果、一次締切に比べて二次締切は不利だという可能性が残る結論になりました。このことは企業、人によって違うとはいえ、二次締切はあくまで間に合わなかったときのセーフティネットだと考えたほうがよいようです。したがって、就活生は早めのエントリーが無難な選択になります。とはいっても、企業のES提出締切が集中する時期であれば、完成度の高いESを一気に提出することが現実的に難しいときもあります。そのため、自身の体調や能力を鑑みて、なるべく早期のエントリーを試みるようにしましょう。