体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
慶應義塾大学・法学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
野村総合研究所
その他内定企業名
なし
説明会
33社
OB・OG訪問
4人(2社)
ES・テスト
7社提出 → 6社通過
最終面接
1社
内定
1社
受験企業と選考結果
野村総合研究所(内定)、農林中央金庫(3次面接辞退)、日本総合研究所(1次面接辞退)、みずほ情報総研(ES・テスト落選)、日本政策金融公庫(1次面接辞退)、首都高速(1次面接辞退)、JA三井リース(1次面接辞退)
インターン参加企業
野村総合研究所(5日間)、みずほ情報総研(3日間)、信金中央金庫(2日間)、日本政策金融公庫(1日間)、日本政策投資銀行(1日間)、中央労働金庫(1日間)、東京信用保証協会(1日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=70:25:5。
サークル……法律サークル。全国法律討論会に参加。
学業……会社法ゼミに入り、討論会係として合宿で行われるディベートや早慶討論会に向けての研究に向けて没頭。

就活の「軸」

「何かの下支えになれるような業界」であり、なおかつ、「狭い分野に縛られずより広い業界に関わることが出来る」という2点を軸として就職活動をしていました。具体的には、システム、金融、物流の三つを中心に見ていました。

この業界・企業を選択した理由

どの業界でも必ずかかわる分野が金融であり、なおかつ、その金融を支えているのはシステムであるため、金融システム業界を第一志望の業界として就職活動をしていました。その中で野村総合研究所を選んだ理由は、多くの会社を巻き込んだシステムを保有しているため、ここでならやりがいを持って働けると考えたからです。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

7月上旬までは特に就職活動をあまり意識していませんでしたが、周りの友達がインターンに続々と参加していくのを見たことで焦りを生じ、8月になりようやく就職活動をスタートさせました。

~年末

夏インターンに応募しなかったため面接経験が全くなく、その点が不安でした。そのため就活サイトに掲載されているインターン締切日を参考に少しでも興味のある企業にすべて応募し、面接経験を積むことにしました。

1月~2月(広報解禁前)

参加できるインターンにはすべて参加するようにしました。特に1dayのインターンは手軽にその企業をすることが出来るため、たくさん参加しました。また、志望動機や自己PRを友達や先輩に添削してもらい詰めていきました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月は毎日2社くらいを平均としてとにかく説明会に参加しました。ここで、志望動機の最終チェックを行い応募する企業を決め、3月後半から4月上旬にかけてその企業のESを作成し提出していきました。また、ネットを使い合格体験記を読み込んだりもしました。

6月~(面接解禁後)

決まっていたので特にありません。

野村総合研究所を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

身近な経験のなかから自分の価値観となる軸を見出す作業は本当に重要です。私は特にサークルでの立ち位置やこれまでの活動をすべて洗い出し確認し、就職活動の軸として設定しました。また、その自己分析の結果も必ずOBOG訪問などで共有し、その軸に見合った企業・職種選択ができているか社会人の目からチェックしてもらいブラッシュアップしてもいいかもしれません。

ESについて

ガクチカや自分のこれまでの歩みから派生する質問に対しては、まずは、時系列に沿って自分が今までやってきた活動について紙に書きだしてみることをおすすめします。意外と見落としていたりします。書き出したら幾つか使えそうなネタをピックアップし、更に掘り下げて書いてみるようにします。書く時の注意点としては、必ずなぜその活動をやろうと思ったのかを考えながら書くようにします。なぜなら、面接では、なぜその活動をしたのかについて聞かれる機会が多いうえに、うまく返答できないと何も考えずに行き当たりばったりで行動していると思われてしまうからです。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

まず、清潔感や喋り方に気を配るようにしましょう。面接は、ほとんどの場合短時間で終わるため、第一印象が占める割合は大きいです。次に、想定される質問をすべて書き出して、それのお答えを同じく書き出しましょう。そして、それを磨き続けましょう。これらをしたところ、面接で詰まることが少なくなりかなり面接が楽になりました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

志望度が高い企業のOB訪問は必ずするようにしましょう。説明会やwebでは知ることのできない、雰囲気や話をすることが出来ます。また、実際に社員さんに話を聞くことにより志望動機も固めやすくなります。なので、最初は勇気がいると思いますが、学校等を利用して、積極的にOB訪問の連絡をしてあってみることをお勧めします。

就活全般について

いきなり本選考で面接等を受けるとうまく力が発揮できなかったりするので、インターン等で練習を積むのが良いと思われます。インターンの面接はあくまで練習だと捉え、落ちても必要以上に気落ちせず、何がダメだったのかを考えるようにし、次につなげるようにしましょう。

またES対策や面接対策も大事ですが、まずは、テストセンターの対策をすべきです。テストセンターでは基本的な算数と国語しか出題されないとされていますが、解いてみると意外と難しいです。事実テストセンターで落ちている人はたくさんいました。また、苦手な人にとって一番時間がかかるのもテストセンター対策です。そのため、テストセンターの勉強を優先するべきだと思いました。

就職活動中に失敗した経験

緊張しすぎて、何をしゃべっているのかわからなくなったことがあります。これは、練習不足から起こるミスなので、本番前はかならず面接のイメージトレーニングをしてから望みましょう。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

就職活動を始めたばかりだと分からないことも多いため、漠然とした不安に駆られることがあると思いますが、それは誰しも同じことです。やはり、実際にインターン、本選考を経験していく中で、どのような準備をして面接に臨むべきなのか、また、自分の強みは何なのかということも明確になっていくはずです。つまり、一番伝えたいことは、不安に駆られる時こそ、実際に行動してみようということです。 

株式会社野村総合研究所の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業