体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
早稲田大学・社会科学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
NHK(日本放送協会)
その他内定企業名
NTT東日本・アクティオ・極洋・OBC
説明会
30社
OB・OG訪問
1人(1社)
ES・テスト
20社提出 → 17社通過
最終面接
9社
内定
6社
受験企業と選考結果
サカタのタネ(最終面接落選)、日本政策金融公庫(最終面接落選)、新日鉄住金ソリューションズ(最終面接辞退)、東洋水産(2次面接落選)、ニッポン放送(2次面接落選)、FM東京(1次面接落選)、キーエンス(1次面接落選)、テレビ東京(ES・テスト落選)、シマノ(ES・テスト落選)、マルハニチロ(ES・テスト落選)
インターン参加企業
アクティオ株式会社(1日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=40:30:30
サークル……釣りサークル。大学二年次には年間100日以上を海で過ごすほど没頭。
アルバイト……魚の調理を学ぶために、週2回ほど都内の鮮魚店に勤務。
学業……環境経済系のゼミに所属。日本の魚食文化・養殖技術を研究。

就活の「軸」

今までの人生との接点。「釣り・魚」というテーマは、就職活動においても大きな「軸」でした。そのため、主要釣り具メーカー・水産会社の志望度は高かったです。さらに、サークル活動のなかで、かいぼり番組(環境調査)に協力する機会が多くあったため、おのずとメディア系への志望度も高まっていきました。

この業界・企業を選択した理由

内々定をいただいた企業から1つ選ぶ過程は本当に悩みました。先輩や上司など、いろいろな方から意見をいただきながら決めました。失礼な話ですが、内定者親睦会などにも積極的に参加し、企業の雰囲気や内定者の雰囲気を知ろうとしました。その中で、「内定者の多様性」「職種の豊富さ」などが魅力的に感じた企業を選びました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

就職活動を始めたのは、2月のインターンシップからでした。そのため、3年生の夏休みはサークルに没頭しており、焦りも全く感じませんでした。

~年末

外資系企業やテレビ局のES提出が既に始まっていることを知り、初めて焦りを感じました。

1月~2月(広報解禁前)

初めてインターンシップに参加しました。9時~16時の1dayインターンシップで、グループワークがメインであり、周りの動きにただただたじろぐ一日となりました。しかし、初めて同期の仲間と就職活動の進展などについて情報交換できたことは、大きな収穫でした。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月の説明会解禁・4月の面接解禁と、まったく遅れをとらずに乗って行けたことは、本当に良かったと感じています。ただ、大学の講義があるにもかかわらずかなりタイトなスケジュールを組んでしまい失敗した記憶があります。

6月~(面接解禁後)

5月くらいから、6月の面接に向けて大手のリクルーター面談などが始まりました。4月から面接を重ねていたため、いつものようにこなすことができたと思います。

NHK(日本放送協会)を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

グループ面接は、とにかく自分の思い通りにいかず苦しみますが、「この人うまいな」という就活生もいるので、非常に参考になります。グループ面接に限らず、失敗も成功も次につなげるようなステップを踏めると、日々楽しめるかもしれません。

ESについて

ESは、とにかく書き溜めて、少しずつ修正していくと良いと思います。ESと面接の時期が離れている企業も多く、内容の矛盾を防ぐためにも、面接の前に自分の書いたESを確認しておくと良いでしょう。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

朝一番をおススメします。夕方の面接は、面接官も疲労しているのか、等閑な態度が目立ちました。内定をいただいた企業の全てが、先方指定の午前面接でした。決してオカルトではなく、午前に吉ありだと思います。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

特別、意識する必要はないかと思います。行きたい業界・企業が絞られている場合は、積極的に動くのも良いかと思います。

就活全般について

レクミーはじめ大型のイベントは、軸が絞られていない時期に非常に有効だと思います。短時間で多くの情報が得られます。

就職活動中に失敗した経験

最終面接で、自分の味方の面接官を見極められなかったこと。数人の役員と一人で対峙するような面接では、必ず人事の方が一人参加されます。その方は自分を最終まで進めてくれた方なので、基本的には味方であり、その方からの質問はたいてい助け舟です。しかしその助け舟を壊すような強気な発言をしてしまいました。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

とにかく、メモを取りデータを少しでも残しておいてください。たった3か月の間で何百人もの方とお話しします。できるだけ名前や部署を覚えることで、円滑なコミュニケーションができると思います。
また、少しでも関心のある企業は受けるべきだと思います。就職活動において一番怖いのは、5~6月中に残弾数がなくなることです。手広く進めていくべきです。

日本放送協会(NHK)の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業